※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ・一般的な観光旅行に用いられることの多い、キャスターの付いた大型の入れ物。
  サイドバッグ装備のキャリアの上に乗せると幅がぴったり合うということや、
  いろいろな物をレイアウトを考えずに突っ込めることなどからいつの間にか
  サークル内で広く普及し、夏合宿などにおいて本来とは間違った使い方で
  用いられることになった。

  片方のサイドバッグを収納できることから、輪行のさいには非常に便利であると
  されている。だが、サイドバッグ二つよりもかなり多くのスペースを必要とするため、
  周囲への迷惑度が大きくなるという側面も持ち合わせている。

  サークル内で単に「キャリーケース」と呼称する場合、コムサで売っている1890円の
  キャリーケースのことを指す。キャリーケースとしてはかなり安価な部類に入るが、
  耐久性は低い。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|