変革の序曲-ハジマリ-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ざわ……ざわ……。
伊藤カイジの耳に、人がざわつく声が聞こえる。
薄れている意識が少しずつ覚醒していく。

「あれ……ここは……」

目を開けて、体を起こすと、そこは西洋風の大きなホール。
床には赤い高そうなカーペットが広げられており、壁には高級そうな絵がかけられていた。
しかし、カイジが一番驚いたのは、そのホールにいる大勢の人間だった。
大人の男や、女性。良く見ると子供もいた。

「なんだ……ここ……」

自分は何故ここにいるのか。
そもそもここはどのなのか。
カイジには、今自分が置かれている状況が理解できなかった。
と、それを考え始めようとした直後だった。



「はぁっはははははははは!!」



ホールの電気が消え、どこからか男の声がした。
やがてどこからかスポットライトが当てられ、そこには白衣を着た科学者の様な男がいた。

「新しい目覚めはどうかな?諸君」

「いったいなんなんだよ、アンタは!?」

カイジの後ろから、赤い服を着た青年が叫ぶ。
彼はシン・アスカ。ザフト軍ミネルバ隊所属のエースパイロットだ。

「ふふふ……。私の名前は、ジェイル・スカリエッティ。
 君たちには、とあるゲームをしてもらう。いや、実験とでも言えばいいかな?」

「ゲームっ……!」

カイジはその言葉を聞いて、ある会社を思い出した。
帝愛グループ。消費者金融を主体とする日本最大規模のコンツェルン。
裏で負債者の人権・命を奪う拷問じみた凶悪なギャンブルを行なわせており、カイジもまた、それに参加していた。
――まさか、彼は帝愛の?
カイジはそんな思いを抱いた。

「実験!?」

「そうだ。そしてこの実験は、君たちが実験台となってもらう」

「何の実験なんだ!?」

「……『殺し合い』」

その場にいた誰もが、凍りついた。

「そうさ、殺し合い。この極限状態の中で、君たちはどう動くのか?それが気になるのだよ」

「な……そんなっ……!」

殺し合いと言う言葉が出た時点で、カイジは既に気力を失っていた。
今までカイジはこんな状況に陥った事はあった。
だが、純粋に殺し合いをしろと言われた事は無かった。だからこそ、驚いていた。

「そんな……こんな事やめて、今すぐここから帰してください!」

どこかで、高校の制服を着た女子生徒が立ち上がってそう言う。

「待て、ムギ!そんな事言っても……」

「……ふふ、私に逆らおうと言うのか?面白い」

白衣の男は、不気味な笑みを浮かべると、ポケットから小型携帯端末――PDAを取りだす。

「丁度いい。君は第一の実験台となってもらおう。諸君、彼女の首を見ていたまえ」

「えっ……?」

男がPDAを操作すると、ムギと言われた少女の首につけている首輪から赤いランプが点滅し始めた。
さらに、

『PDAの特殊機能によって、首輪が30秒後に爆破します。繰り返します――』

首輪が、爆破?首に付けてある首輪が……。
その瞬間、カイジはこれから何が起こるか察してしまった。
それはカイジ以外も察したらしく、ムギ――琴吹紬の周りから離れ始める。
だが最後まで、離れようとしなかった少女がいた。
平沢唯。彼女の親友。
だが、周りにいた者たちが、紬に向かおうとする唯を必死に止める。

「ムギちゃん!ムギちゃん!!」

「唯ちゃん!お願い、たすけ――」



ポン



パシュ



血が、唯の頬にこびりつく。
その血の出どころである、紬は、頭と体が離れていた。首輪の爆発によって。

「あ……あ……ムギ……ちゃ……」

「ははははは!素晴らしい!これが友情というものか!」

「て、テメエ……!」

カイジは拳は握り、今にもとびかかりそうな衝動を必死に抑えている。
心のどこかで、紬の様になりたくない。そう思っているから。

「さて、ゲームについて説明をしてやろう……。と思ったが、さっきのアクシデントにより時間がない。詳しい説明は現地で行おう」



始まる。



「さあ、始めよう」



悪夢の。



「君たちにとって地獄。私にとっての天国の……」



殺し合い。



「……『バトルロワイアル』を」




その瞬間、カイジの意識は再び途切れた。





【琴吹紬@けいおん! 死亡】
【残り61人】



【GAME START】



GAMESTART 時系列順 切れ者同士
GAMESTART 投下順 切れ者同士
GAMESTART 伊藤カイジ [[]]
GAMESTART シン・アスカ [[]]
GAMESTART 平沢唯 [[]]
GAMESTART 琴吹紬 GAMEOVER
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。