やはり、人ってのはどんな状況でも変わらない…多分


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

5話 やはり、人ってのは変わらない…多分



「さあて…良い武器も手に入れたし…どこかにい女はいないか…フフフ…」

コルトパイソンを手にした長谷川は自分の欲望のままに歩き回っていた。
生還できないだろうというのは分かっている。
だからせめて、欲望に生きてやろうと。

「……!」

長谷川は標的を見つけ、物陰に隠れる。
視線の先には、女が一人。

○ ○ ○ ○ ○

国分 由貴(こくぶん ゆうき)は悩んでいた。
入っていた武器はフォークとスプーン。
食事でもしろというのか…と言いたくなるような武器だった。
仕方なく、頼れそうな人を探そうとするが…。

「動くな」

いきなりピンチだった。
現状を説明。男に銃を突きつけられている。以上

「死にたくなかったら、俺の言うとおりにしろ…!」
「ひ……」

そして、何故かそこらの住宅街に誘拐されていった。









「おら!さっさと脱げ!」
「ひ……」
「もたもたすんな!」
「キャッ…」

長谷川は蹴りを入れて急かす。
しかし、由貴はおびえて動けなかった。
イライラする長谷川は、自分の力で服を破り取った。

「ひやぁ……」
「ひひいひ…大丈夫だ…すぐにお前も気持ち良くなる…」

長谷川は下半身を露出し、由貴を抑える。
恐怖におびえる顔を見て喜んでいた。

「へっへへ…じゃあ行くぜ…」
「や、…やめ」
「嫌だね!」
「き、きゃああああああああああああああああああああああ!!!!」

前座もなく、いきなりナニを挿入する。

「ぎ、い、、いたいぃぃ…」
「ぐ、へへwwこりゃあいいなwwww」

長谷川が腰を動かすとともに、由貴は体を痙攣させる。

「グ…」
「は…あ、はぁ…はぁ…」

そして、長谷川はとうとう限界に達する。

「う、グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!」
「あ、ああ、ああ…」

全て終わり、国分も長谷川ぐったりとなる。

「気持ちよかったぜ…そうだな……」
「こ、これい、じょう…なに、するの?」

「奴隷にしてやるよ…お前を」

バックから瓶を取り出し、それを由貴に飲ませる。
少しの間彼女は意識を失い、意識を取り戻した時はもう彼女ではなかった。

「……」

ただ眼を虚ろにして、長谷川だけを見ていた。

「成功…か」
「……」

長谷川はロープを持ってきて、由貴の首輪にくくりつける。
そして、そのロープを持ち移動をする準備を始めた。

【一日目/朝/D-2住宅街】
【長谷川祐治】
[状態]肉体的疲労(中)
[装備]コルトパイソン(6/6)
[所持品]基本支給品、357マグナム弾(18)、精神操作剤(残り4個)
[思考・行動]
基本:優勝はしたい。女は気に入ったら奴隷にし、気に入らなかったら殺す
1:準備をする。
【国分由貴】
[状態]肉体的疲労(大)、精神操作されて奴隷状態、体中体液濡れ、首輪にロープがつけられている
[装備]なし
[所持品]基本支給品、フォーク、スプーン
[思考・行動]
基本:長谷川について行く。

【オリキャラ紹介】

【国分由貴】
17歳:女:茶色の長髪、スタイルがいい
普通の高校生、父から性的暴行を受けて一人暮らしとなっている。
本当は精神崩壊用キャラのはずだったが、最初の被害者となった。

走る走る、約一名 目次順 対主催の要ほどロクなアイテムをもらえない

狂った二人の主催する殺し合い 長谷川祐治 [[]]
START 国分由貴 [[]]
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。