私の知らない物語?


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「次はどいつだ」

紅麗はいう。
彼はまだ自身の心の中にいた。
見た感じ放送を聞いていたとは思えないが…。

「次はおま――――――」

言葉が次に続かなかった。
彼が死んだから。
さて。
ではその理由を見て見ようか。


ザーザーザー

放送が終わったようだな。
ふむ。朋也たちは無事なようだな。
しかしここは危険なようだな…。
一回マクアヌに退くか。
ってなんだあれは?
鏡?しかしなんだあれは?
しかし何にしたって何故あのようなものがここに…?
…触ってみるか。そうでなければわかるもんもわからないだろう。

フッ。

触れた。

パリーン。

倒れた。
ついでに割れた。
………。

「――――えっ?」

我ながら間抜けな声だ。
しかし出てしまったものは仕方が無いだろう。
あれー?そんなに力を出したつもりは――――。
――あぁ。そういえば今の私は変身しているんだったな。
力が予想以上に出てしまったのだろう。
…。
さてどうしよう!?
こういうときはどうすればいいんだ!?
朋也だったらどうする?
そうだな。

「逃げようっ!」

私はそう高らかに宣言した。




【紅麗@烈火の炎:ログアウト(死亡)】
【残り24人】

【1日目/朝/隠されし 渦越しの 聖域】
【坂上智代@CLANNAD】
[状態]健康、騎士化、
[ステータス]
LV:22 HP:640/640 SP:54/54
ATK:56 DEF:47 SPD:37
[装備]
[道具]支給品一式、空瓶、快速のタスマリン×4
[所持金]502
[思考]
基本:生き残る
1:朋也たちを探そう

悪性拡大 投下順 地味な奴らの分からない終わり
紅麗の望むもの 紅麗 GAME OVER
彼女の本気 坂上智代 悪魔と聖者
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。