英雄<ヒーロー>戦記


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

24話 英雄<ヒーロー>戦記


D-5平野で一方通行は放送を聞いていた。

『まずは禁止エリア設定!』

「……どこもここから近くはねェなァ」

注意するとしたらE-4だろう。
そして死亡者発表に入るが…。




「俺の知っている名前はねェな」




知ってる人間とは。
御坂美琴、打ち止めを生み出した原因、理由の一人だ。
学園都市最強のレベル5の第三位。
  レールガン
『超電磁砲』

そう呼ばれている女だった。
このとき彼は上条当麻の名前は知らなかった。


そして、これからが本番である。




『フフフ…さあ…ここからが本番だよ…じゃあ始めましょう…







動機の提示を!』



(動機…だと?)




そして一方通行のバックから電子音が鳴る。

『電子生徒手帳を見てください、電子生徒手帳を見てください』


一方通行は言われた通り電子生徒手帳を見た。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆


幸せに暮らしていたマンション…。
終わる事が無かったはずの戦い。
それでも一方通行は一人の女の子のために戦う事を決意しました。

しかし


それとともにモザイクがかかり、元に戻ったころには。



そのマンションがつぶれていた。
木っ端微塵に。跡形もなく。


さあ…一体何が起こったんでしょうか…。




その女の子は無事なんでしょうか…?






正解は…………。
















優勝の後で!!!!!!!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「……」

一方通行は何が起きたかすぐには理解できなかった。
少なくとも、彼女らといた時間は幸せだった。
しかし、それを。


完全に、その少ない幻想を。間違った意味で『殺されてしまった』のだ。

「ふざけやがって…この三下がぁぁぁ!!!!!!!!!!」

一歩通行は叫ぶ。そして力を抜き、笑った。
一方通行の顔は、あの時と同じ、殺人者の顔になった。




「あわわ……ヨッシーアイランドが…こんな事に…」

こちらはヨッシー。彼に見せつけられた動機は『ヨッシーアイランドの崩壊』だ。
しかし、それでもヨッシーの考えは変わらなかった。
マリオとルイージとキノピオを見つけ、絶対に生還する事。
それだけしか考えてなかった。

ヨッシーは立ちあがり、歩き出そうとすると、叫び声が聞こえた。
危険なのは分かってたが。ヨッシーは迷わずその方向に向かった。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「そこの人!どうかしたんですか!?」

ヨッシーが一方通行を見つけ声をかけた。
しかし、一方通行の反応はなかった。
ヨッシーは不安になりながらも、一方通行に近づく。

「!!」

ヨッシーは一瞬で吹っ飛ばされた。
そして地面を転がり続ける。

「え…?なん…で?」
「さぁて、ここで問題です」


「体中の血液を逆流させると人間は死にますが、お前みたいなやつはどうなるんでしょうかァ?」




☆ ☆ ☆ ☆ ☆


その後、その場には一人の男が立っていた。
その男は肉塊になった物を見向きもせずに立ち去った。

【ヨッシー@マリオシリーズ 死亡】
【残り 28人】

【一日目/黎明/D-5】
【一方通行@とある魔術の禁書目録】
[状態]返り血(大)、ベクトル変換使用不可(残り50分間)
[装備]なし
[所持品]基本支給品×3 不明支給品2~8(未確認)
[思考・行動]
基本:全員ぶっ殺して。あのクマをぶっ殺す。
1: 全員ぶっ殺す。
2:打ち止め…クソ…
[備考]
※16巻終了後からの参戦です。

第一回放送(DOL2nd) 時系列順 揺るがぬ二人の心
第一回放送(DOL2nd) 投下順 揺るがぬ二人の心

油断は一時の失敗。しかし進展すると死 一方通行 とある悪魔の一方通行
狂いに狂った駄目な人間 ヨッシー 死亡
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。