この世界に自重と言う言葉は一応存在するが


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

20:この世界に自重と言う言葉は一応存在するが

「この殺し合い、変態ばかりって主催っぽい二人が言っていたけど、
本当だったんだなぁ」
「私が変態だって言いたいの?」
「ワイバーンのチ○ポ自分から進んで下の口に入れようとするんだから、
健全では無いでしょほのかちゃんは」
「人間の女の子に欲情するあなたはどーなのよカイテル」
「変態だな…俺は変態飛竜だ。だが そ れ が い い」

埋立地、海岸沿いの公園。青姦に励む飛竜と少女がいた。
飛竜、カイテルが地面に仰向けに寝て、その上で少女、百瀬ほのかが上下運動を行う。

「やべー気持ち良い」
「私もよ」
「根元まで入ってるけど大丈夫なの」
「平気」
「ほう」
「それで、これが終わった後どうしようかカイテル。そのまま二発目行っても良いけど」
「取り敢えず役場の方行ってみようぜ。首輪の方も何とかしたいし……俺、
実を言うと結構機械に詳しいんだ」
「へぇ? ワイバーンなのに?」
「趣味で機械いじったりしてっから……うっ! ちょ、ちょっと待って、一回動くの止めて」
「出そう?」
「うん……」

カイテルに言われほのかが動きを止める。
飛竜は何かに耐えるようにしばらく目を閉じて震えていた。
ほのかは体内のカイテル自身がビクビクと脈打つのを感じていた。

「…ふぅ、もう大丈夫。あのさ、俺が攻めに回って良い? そうすると俺もっと興奮出来る」
「良いけど、あんま乱暴にしないでよ」
「分かってるってwww」

カイテルは結合したままほのかを地面に仰向けにさせ、
俗に言うま○ぐり返しと言う体勢にさせ、涎を垂らしながら腰を打ち付け始めた。

「やっぱ良いなこの体位」
「ちょっと背骨きついんだけど。まあ気持ち良いけどね」
「子宮の奥に出してあげるよ」
「そう言えば今日私危険日だった」
「ktkr」
「ワイバーンの子供孕むのも良いかもww」
「今思ったけどシュールな会話だ」
「気にしたら負け」
「把握、そして発射するおww」
「おk」


「ヴゥッ!!!」


「はぁ…濃いのが大量に出たぜ」
「これで私も母親になるのね…」
「大丈夫、責任は取る」
「それじゃあ、役場でもう一発」
「了解した」


【早朝/G-6埋立地】
【カイテル】
[状態]良好
[服装]無し(服を着る習慣無し)
[装備]無し
[道具]基本支給品一式、???、???
[思考]
1:殺し合いからの脱出。首輪を調べたい。
2:ほのかと行動。絶対守る。責任を取る。
[備考]
※特に無し。

【百瀬ほのか】
[状態]良好、カイテルの子を妊娠
[服装]全裸(ニーソと靴のみ、他は脱ぎ捨ててある)
[装備]無し
[道具]基本支給品一式、???、???
[思考]
1:殺し合いはしたくない。生き残りたい。
2:カイテルと行動。私、赤ちゃん出来たっぽい。
[備考]
※妊娠しました。


【名前】カイテル
【性別】♂
【年齢】23歳
【職業】野生の飛竜、森の配達屋
【身体的特徴】赤色の飛竜
【性格】斜めに構えた感じ
【備考】人間の女の子にしか欲情出来ない。機械いじりが趣味

【名前】百瀬ほのか(ももせ-)
【性別】女
【年齢】16歳
【職業】高校一年生
【身体的特徴】青髪ツインテ巨乳美少女
【性格】奔放
【備考】好色淫乱、獣とも人ともヤるが妊娠はした事が無い(上手く避妊していた)


幸せな夢を 時系列順 静かに舞う緋色の糸
幸せな夢を 投下順 静かに舞う緋色の糸

ゲーム開始 カイテル 慟哭と去りぬ
ゲーム開始 百瀬ほのか 慟哭と去りぬ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。