黄色の天を砕く魔術師


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「っ畜生っ!!何なんだよお前!?」

カラーギャング、黄巾族の”将軍”、紀田正臣はひたすらに走っていた。

追ってくるのは、陰鬱そうな表情を浮かべた大柄の男。速度は決して速くはないのだが、距離を明らかに飛ばされている。正臣は混乱していた。

無理もない。追ってくる男「荒耶宗蓮」は、魔術師であったのだから。

「少年よ。無駄なことだと知れ。我の構築する世界のため、散るがよい」

「誰がだバーカ!俺は沙希のところに帰らなくちゃならねえんだよ!!」

至急品のマシンガンで正臣は荒耶を撃つが、見えない障壁を張っているのだろうか、弾丸は一発も通っていない。

荒耶はもう飽きたというような素振りを取ると、低い、重々しい声で呟いた。

「終わりにしてやろう」

荒耶は至急品の木製バットをゆっくりと構える。正臣と荒耶の距離は10メートル近くある。正臣は脚の速さで、荒耶に負けるとは思えなかった。

しかし、荒耶は、正臣の正面に立っていた。

ドゴッ、という鈍い音が響いた。

「が、は」

正臣は、倒れていた。額から血を流して。それでも、荒耶を敵意の篭った視線で、毅然と睨み付けていた。

荒耶は、正臣の背中に勢いよくバットを振り下ろす。数発、振り下ろしたころ。荒耶は、眉をひそめて言った。

「何故死なぬ。死すれば楽になるというものだが」

「うるッ……せぇんだよ、てめえは!俺は……お前みたいなクソ野郎に殺されるわけにゃあ……いかねぇんだよ!!」

正臣は、ゆっくりと、立ち上がる。背骨と腰の骨は間違いなく折れている。それでも、正臣は立ち上がった。

だが、バキッ、という音と共に、正臣の側頭部にバットが叩き込まれていた。もう、正臣は動かない。荒耶はフン、と吐き捨てると、

「貴様の起源は”不屈”。我に出会ったのが最大の不幸だったな」

【一日目/am2:00/a-2】
【荒耶宗蓮@空の境界】
[状態]主催転覆狙い
[装備]御坂妹のサブマシンガン
[所持品]基本支給品
[思考・行動]
基本:主催者を転覆させ、自らが主催者となる。
[備考]
※第五章”矛盾螺旋”、式に殺害された後からの参戦です。
※バットは折れました。
※正臣からサブマシンガンを奪いました。

【紀田正臣@デュラララ!!】   死亡確認

                         【残り26/30人】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。