黒桐鮮花の役割


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A-3の殺風景な荒地の中にある一軒のボロ小屋。

その中に、黒桐鮮花は座っていた。彼女は一見普通の少女だが、彼女はれっきとした魔術師である。

「どうしようかな…。幹也には死んでほしくないし、藤乃も居るみたいだし…………。まあ、式はどうでもいいけど。どうせ殺されたりはしないんだろうし」

殺し合いに乗るということは、自分の友人と、殺しても死なないような”化け物”と、そして鮮花の最愛の兄を殺すことにも繋がってしまう。

鮮花は、兄の黒桐幹也に恋愛感情を抱いている。属に言うブラザー・コンプレックスというやつだ。―――――――もっとも、その兄はもうこの世にはいないのだが。

「乗らない」

簡潔に、だが強い意志を持って、そう呟いた。

デイバックから、一丁のショットガンを取り出し、右手に持つ。

殺人者には容赦しない。

それが、黒桐鮮花の役割なのだと信じて。

【一日目/am1:07/a-3】
【黒桐鮮花@空の境界】
[状態]対主催
[装備]ショットガン
[所持品]基本支給品
[思考・行動]
基本:殺し合いには乗らないが、殺人者には容赦しない。
1:幹也が殺されたら………?
[備考]
※アニメ、玄霧皐月と会話したあたりからの参戦です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。