OP(俺得ロワ4th)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

0話:OP(俺得ロワ4th)


暗い、冷たい空気が漂う小部屋。
なぜか、身体が全く動かない。立っている事は分かるが、まるで金縛りにあっているように、
手も足も首も動かす事が出来ない。

目の前には砂嵐が映されている古びたブラウン管テレビが置いてある。
部屋の明かりはそのテレビの画面の光のみだった。

ブツッ……。

突如、砂嵐が止んだが、画面には真っ白な何も無い場面が映されるのみ。
しかししばらくすると、画面に文字が映し出され始めた。
白い画面によく映えるよう、血のように赤い文字で。


『ようこそ、選ばれた四十三人の皆さん』

『皆さんには今からゲームをして貰います』

『最後の一人になるまで、殺し合って下さい』

『どんな手を使っても良いので、最後の一人になって下さい』

『最後の一人になった人が、優勝となって』

『家に帰れます』

『また、好きな願いを一つだけ叶えられます』

『ゲームを成立させるために首輪をはめさせて貰いました』

『その首輪は絶対に無理矢理外そうとしたりしないで下さい』

『首輪には爆弾が入っていますので、下手な事をすると』

『爆発します』

『逃げようとしても、同じです』

『詳しい事はゲームが始まった時に渡す持物の中に入っている』

『ルールを書いた小冊子を見て下さい』

『持物の中には武器などの役に立つものも入れてあるので』

『必ず確認して下さい』

『でも役に立たないものが入っていた時は』

『自分で何とかして下さい』


『では、健闘を』


ブツッ……。

そのメッセージを最後にテレビの画面は消えた。
小部屋が暗闇に包まれた。そして、次第に意識が遠退いて行った。


【ゲーム開始  残り43人】


ゲーム開始 時系列順 知ってはならない事実も存在する
ゲーム開始 投下順 知ってはならない事実も存在する
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。