身体交われど血は交われず


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

43話:身体交われど血は交われず


A-4、B-4境界線付近に存在する焼き肉屋店内。
何度もの行為を一旦止め衣服を整えた葉月と黒狼レックスはここで放送を聞いた。

「もうそんなに死んでるのか…何てこった」
「うう……」

二人はお互い以外に知り合いなどいなかったが、
予想以上の死者の数にレックスも葉月もショックを受けた。

「この辺は禁止エリアにはなってないからすぐ動く必要は無いみたい」
「そうだな……何回もヤって、ちょっと腹減ったし…飯にしようよ葉月」
「うん」

それぞれ支給された食糧を取り出し、食事を取る事にした。
レックスはおつまみ用と思われる焼き豚、葉月はカレーパンである。

「むぐ…食べた後はどうしようか…」
「そうだな…まっすぐ北に行くと公民館らしいし、行ってみない? どうせ宛ても無いしさ」
「ショッピングセンターの方が近くない?」
「そうだけど…もぐ…何か俺の勘が行かない方が良いと告げている」
「把握した」
「食事が終わったら一発ヤらせてね」
「オーケー」

次の行き先を公民館に定めた黒狼と赤髪の女性は、食事を終えた後、
個室内で激しく交わり始めた。



エイミス・フロリッヒャーはエリアB-5住宅街の一角にある民家に潜み放送を耳にした。
三人の知人の内二人の死を確認する。
いや、一人、エルザ・ウェイバーに関しては放送前にその死亡を確認していた。
隠れている場所のすぐ近くの路上にて、頭部を何度も殴られ殺された彼女の死体を発見したためだ。

「エルザだけじゃなくてフォナも死んだのね…レイは生きてるみたいだけど…」

知人一人は無事のようだが、今どこにいるかなど見当も付かない。

「…どうする私。もういっその事…殺し合いに乗ろうか」

今まで特に行動方針を決めていなかったが参加者人数が約半分にまで減ったと聞き、
エイミスはここに来てようやく行動方針を決めるに至った。
生き残りの知人、レイ・ブランチャードは特に親しい訳では無く殺す事には躊躇は無かった。

「食事を取った後に…獲物捜しと行きますか」

エイミスは自分のデイパックから適当に食べ物を取り出し始めた。



【一日目/朝方/A-4、B-4境界線付近の市街地。焼き肉店】

【レックス】
[状態]興奮、稲垣葉月と結合中
[装備]無し
[持物]基本支給品一式(食糧微量消費)、狩猟ナイフ、皐月眞矢の巫女服
[思考]
 基本:殺し合いをする気は無い。
 1:あああああ! 気持ち良い! 気持ち良いよぉぉぉ!!
 2:自分の身、葉月の身を守るためなら戦う。
[備考]
 ※平崎吉治(名前は知らない)の外見を大まかに記憶しました。
 ※巫女服についた皐月眞矢の匂いを何となく記憶したかもしれません。

【稲垣葉月】
[状態]興奮、レックスと結合中
[装備]S&WM10(6/6)
[持物]基本支給品一式(食糧微量消費)、.38スペシャル弾(18)、ケモノデ○ルド(狼)
[思考・行動]
 基本:レックスと一緒にいる。
 1:もっとぉぉぉ! もっと激しくしてぇ!!
 2:リュードに注意。
[備考]
 ※リュードの外見を記憶しました。


【一日目/朝方/B-5住宅街・石原家】

【エイミス・フロリッヒャー】
[状態]肉体的疲労(中)
[装備]コルトAR-15(20/20)
[持物]基本支給品一式、コルトAR-15マガジン(4)、トカレフTT-33(8/8)、
 トカレフTT-33マガジン(2)、スローイングナイフ(5)
[思考・行動]
 基本:殺し合いに乗る。優勝を目指す。
 1:食事を取った後、獲物を捜す。
[備考]
 ※稲苗代儀重(名前は知らない)を死んだと思っています。




廃墟探索に気を付けなければイケナイ事の一つ=崩落 時系列順 その道が正解とは限らないから
廃墟探索に気を付けなければイケナイ事の一つ=崩落 投下順 その道が正解とは限らないから

アザヤカナキセキ レックス カウントダウンBR
アザヤカナキセキ 稲垣葉月 カウントダウンBR
第三者の介入 エイミス・フロリッヒャー カウントダウンBR
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。