バエル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


メジェノルト悪魔たちの騎獣として最初に造った模造竜
そのため『真鍮竜の長子』とも呼ばれる。作品としての出来もよく
最初の真鍮竜でありながら、後に続く『兄弟』たちと比べても非常に質が高い。

嵐を呼ぶ力があり、投じるとブーメランのように戻ってくる二つの稲妻を操る。

翼を持たない。蜘蛛の脚を持ち、頭部の数は三つ。
蟇蛙の間にの頭がついている。

メジェノルトの真鍮竜の製作リストをそのまま『序列』と解釈しており、
自らを『』とみなして、真ん中の人の形の頭に冠をかぶっている。

心臓を食べる太陽と結託していたことがあり、
いがつぢの存命中はまさにこの世の春を謳歌していた。
いがつぢが許すまま、世界中からを招くことができ、
当時は真鍮竜の中で最強といってもあながち間違いではなかった。

いがつぢが滅んだ後、現れた二代目はバエルに雷を思うがままにすること
を許さなかった。バエルは必死に己が領分を守ろうとし、
何とか二本までは手元においておくことに成功した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。