金田光子


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


幼少の頃の金田紅牙は、其の類人猿的な体躯と容姿を
理由に虐められていた。いじめとからかいに反撃し、
逆にそうする者たちをたばね支配するボスとなった金田紅牙
初めてぶちのめした女が金田光子である。紅牙よりも2歳年上では
あったが、体格は標準的であり規格外な紅牙に勝るようには
見えなかった。しかし彼女は技でもって軽くいなしてしまう。
しかも金田光子は端麗な容姿を持ち、
当時から自分の姿にコンプレックスを感じ、
力のみを支えとしてきた紅牙にとっては歯痒い存在であった。

この時から紅牙の自分の身を削るような激しい鍛錬が始まった。
常に一歩も二歩も前を往く光子を乗り越えることが彼女の生きる目的となった。
この点で紅牙に最も大きな影響を与えた人物と言える。
だが、実力が拮抗し、追いつこうという時に若くして死んでしまった。
模造竜フェネクスとの戦いでの戦死であった。
光子を失った紅牙は、強さ・力を自他に対して証明するため
新たな克服対象を求めるようになる。

銀田和鬼とは家の対立を超えて愛し合っていた恋人。
紅牙の和鬼への執念には、彼が光子を腐らせた、という
意識によるものが少なからずある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。