納豆魔術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


納豆を用いた魔術の総称。
納豆は其れだけでは唯の食べ物だが、魔術を行う事に拠って便利な道具・武器になった。
納豆の改良により、魔術を行わなくても納豆魔術と同等の性能を発揮する納豆が現れたが、納豆魔術は健在である。

歴史

嘗て、外なる神バチルキーナに依って納豆が齎された。
納豆は食物として優秀な他に、納豆を用いる事でバチルキーナの力を簡単に借りる事ができた。バチルキーナの力は触媒となる納豆を強化し、便利な武器・道具とした。此れが納豆魔術の始まりである。
バチルキーナが此の世界から去ると納豆魔術は大きく弱体化した。
併し、バチルキーナの力を借りた納豆魔術を再現しようとした人々が居た。彼等の活躍により、納豆魔術の再現に成功。以降、此れが納豆魔術と呼ばれる様に為る。
納豆自体は普通の食べ物で、魔術に拠る強化が無ければ、道具や武器として使う事はできなかった。併し、原料となる大豆・納豆菌の品種改良、製法の進化により、食用には足らないが、魔術を行う事無く納豆魔術と同等の力を発揮する納豆が作られ、肉体派納豆使い達を生み出すことと為る。

種別

真納豆魔術
納豆の神バチルキーナの力を借りる魔術。納豆を自在に操る事ができる。バチルキーナが此の世界から去ってから大きく弱体化した。
木精霊納豆魔法
木精霊に嘆願して大豆及び納豆菌を強化・操作してもらったり、木精霊の力を借りて自ら大豆及び納豆菌を強化・操作する魔法。
納豆精霊魔法
納豆精霊に嘆願して納豆そのものを強化・操作してもらったり、木精霊の力を借りて自ら納豆そのものを強化・操作する魔法。

方法

大抵は納豆を掻き混ぜながら詠唱を行う。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。