7-073 反逆の狼煙


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

173 名前:反逆の狼煙 1/3 投稿日:2006/07/15(土) 16:38:35
「お前、何故それを扱える?」
木の根元に座り込んで探知機を弄っていた凌統は、唐突に声を掛けられて顔を上げた。
「え?」
「その探知機、正直取扱説明書なしですぐに扱えるものじゃないぞ。
 嫌がらせみたいに人間の直感の逆をいく操作を要求しているから」
馬謖は懐から探知機に付属していた分厚い説明書を取り出し、ばっさばっさと振る。
お世辞にも操作が単純とは言えないその機械を、凌統は平然と使いこなしていた。
「だってこれ前にも使った事が―――」
……使った事がある?
さらりと言いかけて凌統は動きを止めた。
まさか。こんな非常識な装置、初めて見たはずだ。
「前にも使った事がある、のか? ……それはいつだ。思い出せ」
相変わらず威丈高な口調ではあるが、妙に真剣な目付きの馬謖に問われて凌統はうろたえた。
しばらく頭を抱えて唸ってみたが、全く思い出せない。
「……無理」
「そうか。まあ馬鹿そうだしな、お前」
「殴るぞ」
「図星だったと認めるということになるな」
「……!」
むっときて立ち上がった凌統の足元に、仔犬が目を覚まして擦り寄ってきた。
きゅうぅん、と「ケンカはやめて」と訴えるつぶらな瞳に毒気を抜かれて、凌統は再び座り込んだ。
仔犬は凌統のあぐらを組んだ足に陣取って、再び気持ち良さそうに眠りにつく。
「だけど、こいつらを見たとき、何か変な既視感は覚えたな」
仔犬の柔らかい毛を撫でながら、凌統は呟いた。
「なんか、姫様、孫尚香様に関係してたような気がしなくも無い。
 あと誰かをやっつけたいと思ってたような気がするけど、誰だか思い出せない」
「そうか」
しばらく沈黙が続く。


174 名前:反逆の狼煙 2/3 投稿日:2006/07/15(土) 16:41:22
「凌統、このゲームとやら、どう思う」
「どうって……腹立つ?」
「そうだな。最後に残った1人は生き残るというのも怪しいものだ。
 そもそも何のためにこんなことしてるんだと思わないか?」
「……思うかも」
「たしかあの献帝らしき奴は『生き残った優秀な将には首輪を外してあげて、この世の全てを与えましょう』
 と言っていた。だがそうすると献帝はどこに行くんだ? そもそも優秀な人材が死に絶えた世なんて
 何の面白味のないと思わないか。お前の友だった将たちも大概死んでるんだぞ」
「確かに……その通りだな」
「ここまで聞いた上で、お前このゲームに乗れるか?」
「乗らない。けど……」
「もちろん襲われたらやり返す。だけど乗ってない奴も案外多いはずだ。……そこでだ」
ふふん、と得意げに人差し指を立てた馬謖だが、そのまま凍りついたように動かなくなった。
「……おい? どうした?」
馬謖は青い顔で凌統の脇にしゃがみ込むと、探知機の画面の明かりを頼りに地面に字を書いた。
(今気が付いたんだが この会話 献帝らに盗聴されてるかも)
「なにー!?」
(声出すな 私の首輪 王允殿みたいになってないか)
「誰だそれ」
(献帝に逆らってはじめに爆発した)
「あぁあの可哀相な爺さんか! や、とりあえず大丈夫っぽいけど?」
はあぁ~、と息をついて馬謖はへたれこんだ。
「お前偉そうな割にびびりだな」
「やかましい黙れ氏ね! ……それはともかくとしてだな」
馬謖は再び地面に文字を書き始めた。


175 名前:反逆の狼煙 3/3 投稿日:2006/07/15(土) 16:48:21
(乗ってない信用できそうな奴を集めて献帝を襲撃する
 人数は不明だがあちらは基本的に雑魚と見えた
 武勇に優れた将が数人居れば勝機はある)
(どうやってだよ あの城周辺禁止エリアだぞ)
(それは後で考える 乗ってなさそうで信用できそうな奴は居るか)
「そうだなぁ……周瑜様、陸遜殿、呂蒙殿あたりかな」
「そうか。こちらはやはり孔明様だろうか」
「ちょっと軍師系に寄りすぎてないか? 武将も必要だろ」
「孔明様たちを慕う奴に期待しよう。頭使ったから疲れた、私は寝る。お前見張りしろ」
「じゃんけんとか無しかよ」
「五月蝿い、天才の私に逆らうな。おやすみ」
「おやすみっておいどんだけ強引なんだよお前……寝首掻くぞコラ」

地面の字を掻き消して溜息をつく凌統をよそに、夜は更けていく。
聞こえるのは馬謖と犬たちの寝息、遠くに低い鳥の声だけの平和な夜。
しかし別の場所では、今まさに殺し合いが行われているのだ……。


【陸遜 生存確認】

<<既視感を追う旅/2名>>
凌統【???、犬の母子】&馬謖【探知機】
※主催者側に攻め込む事を企んでいます。まずは仲間集め
※とりあえず諸葛亮、周瑜、陸遜、呂蒙との合流を目指します
※しばらくしたら馬謖を叩き起こして、交代で休憩を取ります。探知機で近づく人間を察知可能
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。