7-033


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

74 名前:1/3 投稿日:2006/07/10(月) 15:15:26
「うーむ」
右目を隠して水面を覗いた。眼を隠した自分がいる。
左目を隠して水面を覗いた。同じように眼を隠した自分が見えた。
「うーむ」
結論は一つ。
水面に映った「俺」には両目がある。
年齢はおおよそ二十代の初めか、十代の終わりだろう。
周りを見渡すと、平和な風景が見えた。今にも作業帰りの農夫でも現れそうだ。
―しかし、夏侯惇にとっては、この風景が、若い自分が精巧な作り物のように思えた。
朝起きてみれば、いきなり訳のわからないゲームとやらに参加させられている始末だ。
夢かとも思ったが、不気味な首輪の触感と、主催者とやらの挨拶代わりの爆殺で現実だと認識した。
全てが作り物のようなこの世界だが、あの死体だけは絶対に作り物ではない。
長らく戦場に身を置いてきた自分が一番よくわかる。
武器は鈍色に光る棍棒のような物だった。
「…さてこれからどうするか」
「どうもしないさ。ここでお前は死ぬのだから」
「ッ!!」
言葉が聞こえるのと同時に何かが飛んできた。
辛うじてかわし、金属バットを構えた。
どうやら相当勘が鈍っているらしい。背後を取られたのに気付かないとは。
「お前は…高順か。俺を誰か知っているのか?」
「ああ…知ってるさ、夏侯惇」
「ご名答。とりあえず平和的に済ませる気はないようだな」



75 名前:2/3 投稿日:2006/07/10(月) 15:16:29
夏侯惇の双眸に闘志が漲る。
次の瞬間、闘いは始まった。
高順は狼牙棍、夏侯惇は金属バット。
武器はほぼ五分だったが、戦況は高順が押していた。
「ふん!」
「りゃあ!」
金属どうしの乾いた音が鳴る。
「どうした?動きが悪いぞ」
「貴様は戦場で無駄口を叩く奴だったか?余裕を見せていいのは敵が死んだときだけだ」
夏侯惇は言葉こそ強気だったが、明らかに非勢だった。
(ちっ!参ったな。ここまで鈍くなったとは)
半分呆れながらも舌打ちしたが、どうも狼牙棍の打撃を受けるので精一杯のようだ。
隙を見て反撃するが、あっさりとかわされ、危うく致命傷を受けるところだった。
そして、何度目の攻防だっただろうか。
「はァ!」
気合いを込めてバットで薙ぎ払う。
「くっ…」
受けた拍子で、高順の体勢が崩れた。すかさずバットを振り下ろす。
しかし袈裟切りにした金属バットは空振りし、頭から腰にかけてがら空きになった。
どうやら誘いだったらしい。
「終わりだ」



76 名前:3/4 投稿日:2006/07/10(月) 15:17:24
だが―。
パァン!
銃声が響き、止めを刺そうとした高順にタイムをかけた。
「ち…流石だな。万が一に備えて、仲間を伏せているとは。
まぁいい。次に会うときは首を洗って待ってろ」
「せいぜいその時は無精髭をなんとかしておけ」
捨て台詞を吐き、高順は逃げ去った。
近くの森から、2人の男が出てきた。
(何者だ?さっきはただ単に俺を狙ったのが、外れただけかもしれん)
バットを中段に構え、反撃の体勢を取った。
「やぁやぁ助かった。危うくあいかt…もとい仲間を失うところだった」
「そうそう。人間みな兄弟。五族共和で大東亜共栄圏を…」
「戦時中か!」
すぱーん!絶妙なタイミングでツッコミが入った。
「まぁそれはともかく、仲間はいた方がいいからな」
「そうそう。(仲間を)欲しがりません勝つまでは!」
すぱーん!
「戦時中か!しかもいらないのか!」
どうやら、お気楽な連中らしい。おかげで一気に毒気を抜かれてしまった。
だが、不思議に憎めない奴らで、こいつ等は嫌いではなかった。
まだぎゃあぎゃあ騒いでいたが、咳払いを一つし、騒ぎを収めた。
そして、ひとついいか、と前置きして、
「さっき仲間がどうとか言ってたな。俺も実は仲間が欲しくてな。
どうだろう、ずっととは言わん。残り30人くらいまで同盟を組まぬか?」
「万歳!これで君も栄えある皇軍へいしd…」
「(また)戦時中か!」
すぱーん!の後に夏侯惇に向き直った。
「悪い、こいつたまに悪乗りしてな。非礼を詫びる。勿論、同盟は受けさせてくれ」
ネタから一転、まじめになった。だが、さっきまでのノリだと、かえって可笑しく思った。



77 名前:4/4 投稿日:2006/07/10(月) 15:20:04
「構わん。別にそういうのは嫌いじゃない。俺は夏侯惇、字元譲」
面白い。こんなゲームだからこそ、ネタに走るこいつ等が必要かもしれない。
「夏侯惇って、魏の大将軍だったよな」
「でも俺がデビューしたときは、もう亡くなってた」
「それにしちゃずいぶん若いな」
「もしや、なにか事情でも知ってるのか?」
夏侯惇は、いや、と首を振った後に、
「知らん。朝起きたらこうなってた」
と付け足した。
それから、ようやく自己紹介となった。
ツッコミのほうが“廖化”と名乗り、ボケのほうは“馬忠”と名乗った。
馬「俺は孤篤でもいいぜ。最近までそう名乗ってたからな」
廖「俺は…廖淳か。夏侯惇殿と字がかぶるから止めとこう」
惇「呼び名は元譲でいいぞ」
相談の結果、取り敢えず蜀を目指すこととなった。


≪孤篤と廖淳と元譲/3人≫
馬忠【グロック17】&廖化【鎖鎌】&夏侯惇【金属バット】
※馬忠は蜀のほうです。方針は蜀へ向かいます。ちなみに現在地は洛陽付近。

@高順【狼牙棍】
※徐州方面へ逃亡。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。