7-245 仇討ち


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

113 名前:仇討ち 1/3 投稿日:2006/11/01(水) 00:48:35
走る。走る。
息が切れる。足がもつれる。臓腑が喉まで競り上がって来るようだ。
それでも走る。主君の待つ元へ。

北に向かって移動していた甘寧は、放送の後、猛烈な勢いでもと来た道を戻っていた。

嘘だ、嘘だ、嘘だ。
殿が死んだなんて嘘だ。

別れたのはたった数時間前のことだ。
あの城の中に隠れていれば、危険なんて無い。
あの中をわざわざしらみつぶしに探す人間がいるものか!
荀イクだって一緒にいたんだ!
…そうだ、その荀イクが放送で呼ばれなかったのだ。
殿が死ぬはずがない、なにかの間違いだ。
殿は言っていた。俺の武勇伝を楽しみにしていると、待っていると!

空が白み始めた頃、城に辿り着いた。
「…と、の」
立ち止まると膝が笑う。息をすると口の中に血の味が広がった。
「殿、どこですか…殿」
階段を登る。
…血の臭いがする。ちがう、これは自分のものだ。
血の臭いなんてしない、するはずがない、するはずがない!



114 名前:仇討ち 2/3 投稿日:2006/11/01(水) 00:49:23
――やがて臭いの元に辿りつく。
ひときわ大きな窓のある部屋。
白み始めた東の空に、うっすらと照らされたその部屋にあったものは、
「…あ」
どこか穏やかな表情の孫権の…「首」と
「あ…あ」
血の海に浮かぶその「体」。
「――ああああ、あ、あ」
甘寧は首を抱いて声にならぬ慟哭をあげた。


朝日が登る。
甘寧は壁にもたれかかり、孫権の首を膝にしばらく放心していたが、
暖かくなっていく光に照らされているうちに、冷静さを取り戻していった。
…俺が馬鹿だからいけなかったんだ。
大事そうに、孫権の首に手をやる。
守ろうと思ったら、傍にいなきゃいけなかったんだ。周泰みたいに。
これは戦じゃないんだ。城にいても安全じゃなかったんだ。
悔やんでも悔やみきれない。
もう涙は流れなかったが、噛み締めた唇からは血が流れた。
「…殿を、埋めないと」
のろのろと立ち上がる。主君を見殺しにしたうえ、このままにしてはおけない。
甘寧は首を仰々しく抱えて卓に置くと、体を抱えあげようと手をやった。
「…?」
孫権の右手は、爆ぜたかのように無くなっていた。
…もしかして、これで首輪を掴んだのか?
「…そこまで弱っておられたんですね」
不安に耐えられずに自殺したんだろうか。孫権の穏やかな表情が悲しい。
ますます自己嫌悪が酷くなる。
なんで気付かなかったんだろう。なんで一人にしてしまったんだろう。
荀イクがいるから大丈夫だなんて、どうして―――
…そうだ、荀イク。



115 名前:仇討ち 3/3 投稿日:2006/11/01(水) 00:50:49
荀イクはどうしていた?殿を止められなかったのか?
いや、それより…何故ここに荀イクがいない?
恐ろしくなって出て行ったのか?
それにしてもあまりにも薄情ではないか、殿をこのまま、こんな――
孫権の体を抱えあげた時、甘寧は違和感に気付いた。
出かける前の孫権との会話を思い出す。

『本当に置いていっても大丈夫なんすね?』
『ああ、大丈夫だ。武器もあるし、私は防弾ちょっき、という物も着ている』
『防弾?』
『そうだ。これは銃から身を守れる鎧なのだ』
『へえ、そりゃいいですね』
『ああ、そうだ。だからお前は安心して―』

そう言って、開いた襟元から見せられた頑丈そうな防弾チョッキ。
…ない。
それが、孫権の体に無い。
急速に頭が冷えていく。
孫権が他に持っていた、刀と作り物の銃も探す。
無い。
――無い!!
「…あいつ、だ」
荀イクだ。荀イクが奪ったんだ。
孫権を殺し、武器と防具を奪い去り、意気揚々とこの城を立ち去ったに違いない!!
「畜生…」
荀イクを連れてきたのは自分だ。なんて馬鹿なんだ。
「殺す」
先ほどよりも強く、唇を噛む。
「殺してやる…荀文若!」



116 名前:仇討ち(すみません入らなかった) 3/3 投稿日:2006/11/01(水) 00:51:53
@甘寧【シグ・ザウエルP228、天叢雲剣、コルト・ガバメント、点穴針、諸葛亮の衣装】
※孫権を埋葬後、荀イクを探すために移動します。臥竜岡へ。
 荀イクは見つけ次第問答無用で殺します。他の人物に対しての戦闘は必要無い限り行いません。
 が、気が立っているので友好的でもありません。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。