7-240 誓


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

74 名前:誓 1/7 投稿日:2006/10/17(火) 23:58:01
張飛は焦っていた。
呂布の得物は関羽の青龍偃月刀。対して張飛はただの鉈だ。
武器の質もリーチも違いすぎる。懐まで飛び込まねば勝ち目はない。
もちろんそれを許してくれる呂布ではない。
青龍偃月刀を振るう軌跡は重量感のある軽やかさだ。
ビョオ、と風を切り翻る銀の刃と朱塗りの柄は
赤く輝く闘気のように呂布を縁取り、張飛に付け入る隙を与えない。
張飛はギリ、と奥歯を噛む。
自分にももっとましな武器があれば。いつもの蛇矛さえあれば。
長く戦いを共にした相棒さえあれば、こんな糞野郎すぐにぶっ飛ばしてやるのに。
「どうした、猪。命乞いをしたくなったか?」
「ふざけんじゃねえ!!」
足を払う横薙ぎを僅かに下がってかわし怒鳴る。
蛇矛があれば、とは思う。
だが押されている現状を蛇矛がないせいだとは言わない。
それが男のプライドというものだ。
次いで交差するような連撃。もう二歩、三歩と下がり張飛は追いつめられる。
この斬撃をまともに受けたなら、こんな貧相な鉈など真っ二つになるだろう。
だから張飛はかわし続けるしかない。
呂布が疲れや隙を見せるその瞬間を待つしかない。



75 名前:誓 2/7 投稿日:2006/10/18(水) 00:00:07
だが口元に余裕の笑みすら浮かべているこの化け物に
疲れ果てる瞬間などあるのだろうか?
隙のない布陣のように閃く赤い闘気に、綻びなど見つかるのだろうか?


日が沈み、空に星が瞬く頃になっても二人の戦いは続いていた。
刃が打ち合う音は無い。ただ轟、轟、と青龍偃月刀の唸りが響く。
じゃり、じゃり、と応えて響く張飛が地を蹴り間合いを読む音。
苦しい呼気。呑み込む唾。汗が滴る。微かな目眩。
「…つまらんな」
肩で息をし始めた張飛の様子に、呂布の余裕の笑みは失望に変わる。
「…ん、だとォ?!」
ぜぇ、はぁと苦しい呼吸の中張飛は声を荒らげる。
「そろそろ終わりにするぞ」
…ふざけやがって!
呂布の言い種に張飛の血が沸騰する。
初撃はやはり大きな横薙ぎ。避ける。
返す払い。避ける…いや、踏み込む!
殺す。絶対に殺してやる!雲長兄の敵だ!!
踏み込み、さらに踏み出そうとする張飛。
振り抜いた刃を何と片手で引き戻して突く呂布。
刃に刻まれた青龍の意匠が星を映して煌めいた。
靡く赤い刀穂は龍が操る炎のようだ。
襲いかかる龍を斜め前に踏み出しかわす。もう後退はあり得ない。
ただ進むのみ。呂布の首を狙うのみ。



76 名前:誓 3/7 投稿日:2006/10/18(水) 00:01:36
予想外の拳!
身を僅か屈める張飛。あと半歩。だが遅い。いや、呂布が速すぎた。
唸った拳はそのまま朱の柄を掴み朱の柄はそのまま風車。
旋回は瞬間。石突きでの強烈な突きが張飛の腹を抉った。
「…ぐ…ごはッ……!!」
腑臓が揺さぶられる耐えがたい痛み。
胃液をぶちまけながら張飛は倒れる。


「…畜生…」
地に伏せた張飛が泣いている。
痛みからではない。負けた悔しさもあるかもしれない。
手を動かすだけでも腹がひきつれるように痛い。
その無骨な指の先にあるのは…桃。
張飛の懐から飛び出してしまった桃は宙を舞い、ぐしゃりと潰れていた。
「…畜生ぉおおおオぉ!!!」
腹の痛みも忘れ張飛は慟哭した。宵の空気がびりびりと震える。
張飛は悲しみのままに泣きじゃくる。
芳香も、触れた産毛の柔らかな感触もそのままだった。

しかし無惨に潰れてしまった桃は、もう元には戻らない。

「…そんなに桃が惜しいのか。食い意地の張った奴だ」
呂布は張飛がどんな思いでその桃を持っていたかを知らない。
だから張飛の行動が不可解だったし呆れもした。
取り落とした武器よりも食い物に手を伸ばしたのだから。
怒りで、張飛の目は眩んだ。



77 名前:誓 4/7 投稿日:2006/10/18(水) 00:02:36
「てめぇにはわかんねェよ!!」
受けた傷からは考えられないような素早さで
張飛は掴んだ石を呂布めがけて投げた。
僅かに目を見開いてそれをかわす呂布。
張飛はなおも泣きながら叫んだ。

「あぁ、てめぇにはわからねぇだろうよ!!
 人を裏切ったり裏切られたりばッかりで、
 一人ぼっちのてめぇにはよォ…!!!」

泣きじゃくる張飛を呂布は黙って見ていた。
星明かりも届かない。その表情は、誰にも解らない。

「…よく考えれば、貴様一人で俺を楽しませるなど最初から無理な相談だったな」
張飛は涙とうめき声でそれに抗議した。脂汗が滲み、腹がずきずきと痛む。
「まず貴様の兄弟たちと合流することだな。
 貴様等は三人揃わなければ、戦いらしい戦いも出来まい」
何か言い返したかった。
しかしさっきの戦いと号泣で体力を使い果たしてしまった。
…三人揃わなければ?
いけしゃあしゃあと何を言ってやがる。
雲長兄を殺してその青龍偃月刀を奪いやがったくせに…
「少なくとも今はまだ、奴らには会っていないし殺していない。
 他の誰かに殺されていないかどうかまでは責任を持てんがな」
青龍偃月刀に注がれていた張飛の視線を感じて、呂布はそう言った。



78 名前:誓 5/7 投稿日:2006/10/18(水) 00:04:11
「おい驢馬。戦いに向いている場所はどこだ」
振り返ると諸葛瑾が頭を押さえて呻いていた。
さっき張飛が投げ呂布が避けた石がクリーンヒットしていたらしい。
「…どうも大陸の端から禁止エリアが増えていくようなので
 確実に待ち合わせたいのなら、荊州のどこかがよろしいかと…」
頭をさすりよろよろと立ち上がりながら諸葛瑾が答える。
頭に受けた衝撃のせいか、まだ少しぼんやりしているらしい。
呂布は頷いた。
「貴様等兄弟に俺と戦う勇気があるなら荊州に来い。
 また雑魚どもを狩りながら俺もいずれ向かう…
 それと貴様はもう少しまともな得物を持つことだな。
 この俺と殺り合うつもりなら」
唇を歪めるように笑った呂布は、持ち手を張飛に向けてドラグノフを突き出す。
「恵んでやろうか?」
張飛は睨みでそれを突き返した。施しなど受けるつもりはない。
「その意気だけは認めてやろう」
ドラグノフを引っ込めて、呂布の笑いは少し愉快そうなものになる。
「ならば獲物を見つけ武器を奪うことだな。
 せいぜい兄弟たちの無事でも祈りながら」
呂布は諸葛瑾を肩に担ぎ張飛に背を向けた。
その背が宵闇に消えていく。
今の張飛には、それを黙って見送ることしか出来なかった。




79 名前:誓 6/7 投稿日:2006/10/18(水) 00:15:08
「…驢馬」
歩きながら、呂布はぽつりと言った。
「俺は、いつかお前も裏切るかもしれん」

自分はいつも、一番いいと思ったことをやってきた。
自分は頭が悪いから、どうしてだかは解らない。
だがそれはいつも必ず誰かを、何かを傷つけた。そのたびに何かを失った。
沢山の、失ってもいいものと失いたくはなかったものを。

「構いませぬよ」
諸葛瑾があまりにもあっさりと答えたので、呂布は思わず彼を見上げた。
優しい光の星を見ている驢馬が見える。
ひょろひょろで一捻りで殺せそうなのに、とても大きく見えた。
「私はこのとおり、どうにも運が悪いようでしてね。
 自分だけではなく周囲の人間も巻き込んでしまうようで、
 弟には随分嫌がられたものです」
たんこぶの出来た頭をさすりながら諸葛瑾は言う。
弟の面倒臭そうな顔を思い出して、少し笑う。
「だから…、私の不運が呂布殿の足枷になるのなら、私を斬っても構わない。
 それは私の望みでもある。
 ですから、もし呂布殿がいつか私を斬っても、それは裏切りではありませぬよ」

おかしな話だ。
あれほど死にたくないと思っていたのに、
今はこの男のためなら死んでも惜しくないとさえ思える。
空を見上げて泣いていた、この子供のように純粋な男のためならば。



80 名前:誓 7/7 投稿日:2006/10/18(水) 00:16:45
しかし今沸き上がってきているこの気持ちも、
そんな風に考えている自分も、嫌いではなかった。
小さな弟たちを連れ、暴徒の海から逃れるように彷徨った日々を思い出す。
自分の命と引き替えてでも母を、弟妹を守らなければ。
今のこの思いは、若かりし日のそんな誓いに似ていた。
…その気合いの入れすぎが裏目に出るのだと、亮にはよく言われたけれど。

「私は思うのです」

裏切ってもいい。
誰を裏切ってもいい。私のことだって裏切っても構わない。
ただ。

「呂布殿は、ただご自分を裏切らなければ、それで良いのだと」



@張飛[腹部強打、激しい疲労]【鉈】
※現在冀州南部。疲労と激痛でしばらく身動きがとれません。

<<カミキリムシとオナモミ/2名>>
呂布【関羽の青龍偃月刀、ドラグノフ・スナイパーライフル、日本号】
諸葛瑾[頭にたんこぶ]【なし】
※現在冀州南部。ひとまず休むところを探します。進路を変え南下予定。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。