7-217 生存願望


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

305 名前:生存願望 1/5 投稿日:2006/09/02(土) 17:30:46
沛国譙([言焦])県
曹操を初めとする多くの曹・夏侯一族の故郷に、曹熊はいた。
曹熊もまた例外ならぬ譙の人である。とはいえ、譙にいたのは幼い頃の一時期だけであり、以降は鄴([業β])の地で育っていった。
だから曹熊にはわからない。今自分がいる豪勢な生家が、父・曹操が生まれ育った桃仙院だとは。
昨日の惨劇を、曹熊は頭の中で繰り返していた。
張虎、夏侯淵、銃、銃声、血、死、曹仁、曹洪、銃、銃声、夏侯淵、曹仁、斧、弓、矢、銃声、死、死、銃、手、死、死、死、死―――
両手に持つ拳銃が、小刻みに震えていた。
拳銃は曹熊が今まで見たこともない形状のものだったが、それは見れば見るほど優美であり、握り心地も悪くはなかった。
ベレッタM92F、夏侯淵の袋にあった説明書には、そう書かれていた。曹熊にはよくわからない説明が続いたが、様には、離れた敵を殺すためのものだということだった。
夏侯淵も曹仁も、この銃から発射された弾丸に死んだ。片方は曹仁が撃ち、片方は自分が撃った。
震えがますます大きくなる。拳銃を持つ手も、震えているのがはっきりとわかる。恐怖が頭の中を支配している。
息が荒くなる。円状の赤い穴を思い出し、吐き気がこみ上げてくる。張虎の最後も思い出す。自分は彼を、置き去りにして逃げた。
曹彰の顔を思い出す。もしあの時兄が自分に近づいてきたならば、自分はおそらく二発目を撃っていただろう。
あの時逃げ出さず、説明をすれば、きっと兄は理解してくれたはずだ。だがあの時の自分に、そんな余裕はなかった。すべてのものが、恐怖の対象だった。
戻ろうか? いや、もう無理だ。潁川にまだいるとは考えにくいし、今さら会ったところで、兄は自分を許してはくれないだろう。
下手すれば、逆に殺されてしまうのではないか?



306 名前:生存願望 2/5 投稿日:2006/09/02(土) 17:32:17
震えは未だに収まらない。
阿会喃はどうしているのだろうか? 阿会喃の黒い笑顔を思い出す。阿会喃といた時間は、とても楽しかった。もう戻ることはないであろう時間だ。
いったい誰が信頼できるというのか?
阿会喃は狂って去ってしまった。夏侯淵は平気で親族を襲った。自分ですら、張虎を見捨てて逃げ、曹仁のとどめを刺したのだ。
もはや信頼すべきは、他の誰かではない。この漆黒の銃だけだ。
生き残るには、この銃だけが頼りなのだ。
震えを止めようと、銃を強く握る。握りしめれば握りしめるほど、銃は存在感を示した。
震えは幾分かは止まった。曹熊の心には、かすかながら強い意志が生じていた。大丈夫だ。この銃があるかぎり、自分はやれる。やれる―――
顔を見上げた。もう何時までも、うじうじしてはいられなかった。
が、見上げた先の光景に、曹熊の意志はいとも簡単に砕かれた。
恐怖が走り、急いで銃を構え上げようとしたが、その前に首に尖った先端が突きつけられた。それは槍だった。
「取引だ」
何者かが目の前に立っていた。言葉は静かだったが、眼には狂気の色が浮かんでいた。



307 名前:生存願望 3/5 投稿日:2006/09/02(土) 17:33:04
「と、と、取引?」
恐怖のため、声はろくに出せなかったし、やっとのことで出てきたものは震えていた。
「そうだ。その武器をよこせば、命は助けてやろう」
槍の先端が、首に触れた。心臓が張り裂けそうだった。
「な、なんのために……?」
意味のない質問が、口から飛び出た。聞かずともわかる。これは殺人道具だ。何を言っているのか、自分は。
だが男からの返答は、予想外のものだった。
「貴様も元の世界に戻りたいだろう? そのためだ」
元の世界と聞いて、阿会喃と張虎の顔を思い浮かべてしまったが、そちらではなく、
病に悩まされ続け、そのために父の葬儀に行けなかったのを、兄に咎められ自殺したあの世界だ。
あまりいい思い出はない。それでも、この世界よりかは遙かにましだ。
「も、戻れるのか?」
「ああ戻れるさ。劉協を倒せばいい」
劉協、つまりは献帝だ。曹熊は失望が身を包んでいくのを感じた。
何を言ってるのか。できっこない。元の世界で、自分が曹丕に対抗するようなものだ。
「だがその前に、董卓を殺さなければならん。あいつもまた元凶のひとりだからなぁ」
男の眼の狂気の色は、ますます濃厚になっていた。
曹熊の記憶では、すでに董卓の名前は死亡者放送に挙がっている。死んだ人間を、どう殺すというのか。
それに、董卓が元凶とはなんだ? 董卓は参加者だ。
「一応名を聞いておこうか。私が三公となった暁には、貴様を虎賁中郎将にしてやろう」
「そ、そ、曹、熊」
「曹熊か。忌まわしい奴と姓が同じなのが気にくわんが、まあいいだろう。それをよこせ」
拳銃は相変わらず曹熊の手に握られている。ただ、銃口が下を向いてしまっていた。
嫌だ―――この銃だけは、この拳銃だけは、嫌だ、嫌だ―――
「あ、あなたの名は?」
少しでも時間を稼ごうと、曹熊は適当な問いを発す。
「聞いて何になる?」
首に痛みが生じ、生暖かいものが首筋を流れていくのを感じた。槍の切っ先が皮膚に刺さっているのだろう。
「だが名乗ろうか。私は袁術。過去の皇帝、未来の三公だ」
袁術、群雄の一人。皇帝を名乗り、呂布や父に手酷くやられた奴だと曹熊は記憶している。
三公になるというのは、皇帝になるのを懲りたからだろうか?



308 名前:生存願望 4/5 投稿日:2006/09/02(土) 17:34:15
「え、え、え、袁術、殿」
曹熊の声はひどく上ずっていた。
「私も、協力、させていた、だきません、か? りゅ、劉協を、倒すのを」
たったそれだけのことを言うのに、劉協はひどく疲れた。恐怖と緊張が、絶え間なく曹熊を責め続ける。
「ほう、いいだろう。貴様は後将軍に格上げだ。だが、董卓を倒すのも手伝ってもらうぞ」
かすかに顎を下げて、承諾の意を表す。
「そうか、なら、そうだ。劉協や董卓だけじゃない。曹操を倒すのも手伝ってもらおう」
いきなり父の名が出てきたので、曹熊は驚いた。
「そ、曹操、ですか?」
「そうだ」
袁術は満足そうに頷いた。
「あやつもまた私の運命を狂わせたものだ。あと孫策も許せなんな。あの糞餓鬼は、恩を忘れて裏切りおった。
ああ、妾の子の袁紹も忘れられん。それに、呂布、劉備、劉表、楊奉に韓暹、雷薄に陳蘭、董卓が入朝した原因の宦官共も………」
孫策はとっくに死んでいる。劉表以降は参加すらしていない。だが袁術は本気のようだった。眼は狂気に染まっている。本気で狂っている。
「すべて手伝ってくれるな!? 曹熊!」
いきなり袁術は叫んだ。曹熊は、頷くことだけしかできない。
「よろしい。ならばまずそれを渡したまえ」
ああ、曹熊は思った。もう、もう終わりだ。
「何をしている。ぐずぐずするな!」
目を落とせば、槍のするどい刃と、その下で震えている両手と拳銃が見えた。
もう終わりだ。むなしい反抗をしても、この槍に刺されるだけだ。曹丕に咎められたときのように、諦めてしまおう。
左手を拳銃から放すと、右手で拳銃を袁術のほうへ投げ落とす動作を行った。それで拳銃は、袁術の足下に転がるはずだった―――銃は右手に残っていた。
そして左手は、槍の刃を掴んでいた。鋭い痛みが手に走った。袁術は、信じられないように目を見開いている。曹熊自身でも、信じられなかった
「―――何を!!」
袁術は一瞬たじろいだが、すぐに槍を突こうとしたようだ。だが曹熊に捕まれた槍は、すぐには動かない。その時にはもう、銃口は袁術に向いていた。
引き金を引くと、渇いた音が鳴った。槍から力が抜けるのを曹熊は感じ、左手を放した。赤い手の平が見えた。
もう一度撃った。それから、急いで走り始めた。



309 名前:生存願望 5/5 投稿日:2006/09/02(土) 17:36:07
豫州譙県。曹操の出身地。
曹操配下の猛将は、ここにいる可能性が高いと踏んで呂布と諸葛瑾はこの地を踏んだ。
各地を探しているうちに、ある家門から、男が飛び出して走り出ていくのを目撃した。男は呂布達には気付かず、すぐに去っていった。
見かけ貧弱そうな人物だったので、呂布は放っておいたが、とりあえずその家には入ることにした。
譙のうちではおそらく一番豪勢で、広い家だった。中を進むと、奢侈で優美な室内に、男が横たわっていた。体の下に、血だまりを作っている。
男の体から、消え入りそうな声が聞こえてきた。
「劉協、董卓、劉協、曹操、袁紹、孫策、劉協、劉備、呂布、劉表、董卓、袁紹、劉協」
近寄ると、男は腰を二発撃たれており、顔は青ざめていた。眼はうつろに中空を見据え、口だけはぱくぱくと動き続けていた。
「韓暹、劉協、楊奉、雷薄、劉備、曹操、袁紹、劉協、董卓、陳蘭、張譲、劉協、呂布」
呂布の名前を最後に発し、男の口は動かなくなった。呂布の手から男の胸まで、偃月刀が伸びている。
偃月刀を引き抜き、呂布は振り返った。諸葛瑾の長い顔が、じっと呂布を見つめている。
「なんだ、驢馬」
「いえ………」
再び死んだ男の顔を見る。袁術だと思われたが、どうでもいいことだった。
「もう譙には誰もいなさそうだな」
「とりあえず冀州に向かいましょう。幽州が禁止区域になったのですから、関羽殿達がいるかもしれません」
そうだな、と呂布は賛同した。
呂布は諸葛瑾を肩に担ぎ上げると、そのまま譙を出ていった。

@曹熊[錯乱]【ベレッタM92F】
※どこかへ走り去っていきました。

<<カミキリムシとオナモミ/2名>>
呂布[肩の物体により速度低下]【関羽の青龍偃月刀、日本号、ドラグノフ・スナイパーライフル】諸葛瑾【なし】
※関羽達と戦う為、冀州を目指します。現在地は豫州譙県付近。
※また、呂布は貂蝉と陳宮を殺した人間が判明した場合、優先的に狙います。

【袁術 死亡確認】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。