7-170 軍師と才女


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

76 名前:軍師と才女1/3 投稿日:2006/08/02(水) 01:57:50
劉封達は荊州を抜け、司隷の半ばあたりで朝の放送を聞いた。
劉備の名が呼ばれなかったことに、一同は安堵の息をつく。
「ホウ統様、劉封様」
「ん?」
「なんですか?」
「私がこの戦いでお役に立てることが、何かあるでしょうか」
幽州を目指す道すがら、蔡文姫は2人に問いかけた。
「大丈夫ですよ、貴女は僕が守ります」
劉封が笑顔を向ける。
「…お気持ちはうれしいのですが…それに甘えてばかりもいられません。…何か、ありませんかホウ統様?」
すがるように蔡文姫は尋ねた。
「そうさなあ」
ホウ統は無精髭を撫でつつ答えた。
「戦力って言う点では、アンタに期待するものは何も無いよ」
「ホウ統殿!」
「いえ、いいのですよ劉封殿。本当のことですもの」
蔡文姫は力なく笑った。
「なに、力じゃ私だってそう大したもんじゃない。…だがな、私達にはこれがある。」
ホウ統はとん、と、指先で自分の頭をつつく。
「貴女は名高い学者、蔡ヨウ殿のご息女で、優れた詩人だ。
ここはそこらの軍師・文官にもひけはとらん」
「…そんな…」
蔡文姫は俯く。



77 名前:軍師と才女2/3 投稿日:2006/08/02(水) 01:59:52
「…そうであっても、そんなことが何の役に立ちましょう」
「立つかどうかじゃあない。立たせるんだ。」
ホウ統は蔡文姫をまっすぐに見つめた。
「何も相手を仕留めるばかりが戦いってもんじゃない。
相手から隠れる方法、逃げる方法…相手と交渉して有利にことを進めたり、騙したりするのだって立派な戦術だ。」
優しく彼女の肩に手を置く。
「どんな武人も考えなしじゃ戦に勝てん。考えることを諦めなければ、そこに活路を見出せる…」
蔡文姫はゆっくりと顔を上げた。ホウ統の諭すような、穏やかな瞳が目に入った。
「折角の上等な脳みそだ。使わない手はないだろう?」
その瞳に師であり、父親であった蔡ヨウを思い出す。
勉学に躓いた時…父はいつも穏やかに諭してくれた。
無理をしてはいけない、焦ってはいけない。ゆっくりと考えなさい。
最善の結果は、最良を尽した時に得られるのだよ。
…ああ、私はあの頃から何も変わっていないのだ。
情けなくて、懐かしくて、優しい言葉が嬉しくて。
押し寄せてきた様々な感情に胸が一杯になって、蔡文姫は涙ぐむ。
「え、あ?!す、すまん…強く言いすぎたか??」
「ホウ統殿ッ!!」
涙を浮かべた蔡文姫にホウ統は取り乱した。劉封もホウ統を責める。
「す、すみません…父を思い出してしまって」
それを聞いて、ホウ統はほっとした表情を浮かべた。



78 名前:軍師と才女3/3 投稿日:2006/08/02(水) 02:01:51
「そりゃ光栄だが、親父さんに悪いだろ。こんな妖怪ジジイに似てるってんじゃ」
「いえ、そんなことはありませんわ」
蔡文姫は柔らかく微笑む。
「鳳雛殿のご助言、有難くお受けいたします」
「ああ…いや」
いかんせん、女性にこういった笑顔を向けられることに慣れていないので、妙に落ち着かない。
「…あの、よろしければ、何か…兵法の話をお聞かせ願えませんか?
聞いておけば、お役に立てることもあるかもしれません」
おずおずと蔡文姫が尋ねてくる。
「そりゃ…構わんが」
「光栄です!」
花のような笑顔を直視できず、ホウ統は柄にもなく照れて視線を逸らした。
盛り上がる2人に、すっかり蚊帳の外となってしまった劉封は、
「義父上、大変です…僕、まったく活躍してません…」
いつかと同じ台詞を呟くのだった。

<<親子の面影+α/三名>>
@蔡文姫【塩胡椒入り麻袋×5】
@劉封【ボウガン・矢×20、塩胡椒入り麻袋×5】
@ホウ統【ワイヤーギミック搭載手袋、塩胡椒入り麻袋×5】
※司隷を抜け、幽州に向かいます。
※蔡文姫はホウ統の戦術講義を受けることになりました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。