7-166 記憶


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

53 名前:記憶1/3[sage] 投稿日:2006/08/01(火) 00:10:45
馬超は司隷の国境近くで、雍州に行くか荊州に行くか迷っていた。
知っていたより、随分と距離が短い。小さくなっている土地。
…本当に、どういう世界なんだろう。
ふと、思う。
自分達はやっぱり死んでいて、ここは地獄ではないのだろうか。
それならばこの残酷な試みも納得がいく。生前に犯した罪を思えば当然だ。
…そうだとしても、何が変わるわけでもないのだが。
空を見上げる。空は、生前と変わらぬ美しさを見せていた。
煌く星。穏やかに光を放つ月。
東から夜が明け始め、かすかに闇を暁に染めている。
地獄でも、こんな美しい物があるのだろうか…。
「…ん?」
どん、という鈍い音が聞こえた。爆音…?誰か戦っているのか。
雍州の方角だった。
それにしてもこうも音が響くとは、随分と大掛かりな武器もあった物だ。
…まあ、人のことが言えた義理ではないが。
誰か死んだだろうな、と思った。
「……」
急に不安になる。もしあの方角に、馬岱がいたら。
「…まさか、な」
だけど、もしも、もしも。気にし始めたら止まらない。
もし、あの方角に、馬岱の死体でもあったら。



54 名前:記憶2/3[sage] 投稿日:2006/08/01(火) 00:12:14
「…………」
確かめに行こう。行って見ればわかることだ。
そこで見知らぬ死体を見て、安心できればそれで良い。
進みながら思う。放送が聞こえて来る時間も近い。
…死体が無くとも、そこで馬岱が呼ばれたら、自分はどうすればいいのだろう。
もし、馬岱が死者に数えられたら。
「死体を、探すんだろうな」
守りたいと思う半面、死んでいたらそれまでとも思う自分が居る。
奇妙な感覚だ。どこか冷めた気持ちがずっと続いている。
馬岱を守ろうと思った時は、生きていた頃の熱を感じたのだが…。
そもそも生きていた頃、などと考えること自体がおかしい。
だが、以前は己の武を持ってすれば優勝など難しくはないと

「…?」
以前?今、俺は何を考えた?



55 名前:記憶3/3[sage] 投稿日:2006/08/01(火) 00:13:15
以前…いや、こんなことが何度もあってたまるか。
そうだ、もう仲間を殺されるのは―――

「…………俺は、何を考えているんだ?」

霞がかった記憶のむこう。
仲間を殺されるのは、嫌だ。その感情が強く蘇ってくるのを感じる。
誰に殺された?曹操?いや、違う…あの時、あいつを殺したのは…

と、風に乗って硝煙と血の臭いが漂ってくる。
…五丈原。爆音の元はここだったのか。
遠目にいくつか人影が見える。死体もあるようだが…生きている者がいる。
馬超は思考を振り切り、血の海で蠢く人影に向かって歩き始めた。

@馬超【高威力手榴弾×7個、MP5、ダガー】
※五丈原に着きました。
※記憶混乱気味?第3回の記憶が残っている様子。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。