7-151 九春


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

417 名前:九春 1/2 投稿日:2006/07/28(金) 00:56:52
こほん。
こほっ、こほん。

(煙たいですねぇ。)
許都から立ち上る煙は、荀イクの腰を下ろしている丘まで漂ってきていた。
小高い丘だ。風が心地良い。
周りには誰も居ないし、眼前で燃え上がる許都を肴に、
一杯やりたいような気すらしてくる。
(そう言えば、)
荀イクの標的――曹操は、酒の製造法にまで精通していた。
(確か――春、が何とかとか・・・。)
かつての思い出に浸りながら、荀イクは微笑んだ。

こほっ、こほん。

もう一度、咽る。風が調度、こちらに向かって吹いてきているのだ。
右手をぱたぱたと眼前でひらめかせて、煙を払う。
払った先に、数秒前には存在し得なかった影を見つけた。


418 名前:九春 2/2 投稿日:2006/07/28(金) 00:58:25
(ああ、あれは于将軍。)
遠目でも分かるほどの、独特の威厳と雰囲気を持った男が、今まさに南門から
許の市内へと歩いていった。
その足取りは、ふらふらと危なっかしい。
それから、また数分。今度はより見覚えのある文官と、将の二人組みが
南門へとたどり着く。
あれは?
(・・・ああ、典韋殿だったか。)
荀イクは洛陽近辺での事を思い出していた。
ガリルARの引き金を引く、その直前、突然周囲に煙の壁が現れた。
(あの時は残念でした。)
甥の荀攸と、曹操の忠実なる親衛隊――典韋の姿が、南門へと、消えた。

こほん、こほっ。

(しかし。)
どうやら公達は心を入れ替えたようですね。まさか于将軍なんて大物を
狙うとは思いませんでしたが。
(良いことです。)
叔父と甥がわざわざ争うことなどありませんからね。
最後の一人までお互い頑張りましょうね――――――・・・。

こほん、こほん。

今一度、棚引く煙に噎せながら、荀イクは許都から背を向けた。
曹操の行く先を求めて。


@荀イク[洗脳されている?]【ガリルAR(ワイヤーカッターと栓抜きつきのアサルトライフル)】
『現在地 豫州・許昌・近くの丘』
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。