7-147 虚空の炎雨


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

396 名前:虚空の炎雨 1/5 投稿日:2006/07/27(木) 22:32:38
ゴオウ、ゴオウ。

許都が燃える。
かつての栄華を飲み込んで、炎があたかも龍神の如く、暴れる。
浄化と破壊の音が、此の場所まで聞こえるような気が、した。


397 名前:虚空の炎雨 2/5 投稿日:2006/07/27(木) 22:33:26
于禁は許都近くの林の中に居た。
此処からは、許という都の、その雄大なる姿が一望できる。

――嗚呼。

燃えている。
かつての自分の邸宅も、友の姿が脳裏に未だ残る道々も、天子の寛いだ宮殿も。
全てが。
ゴウゴウと、燃えてゆく。
知らぬ間に、于禁の両目からは、なにやら熱いものが流れ出していた。
何がかなしいのかは、分からない。強いて言えば、全てがかなしいのだろうが。
それはもう、悲しくて、哀しくて。
愛しくて、仕方がなかった。
ふらりと、足が前に向かう。無防備に。一歩、一歩。

――嗚呼。

熱い。
近付く度に、熱波が全身を襲う。
されども、足を止める気がしなかった。


398 名前:虚空の炎雨 3/5 投稿日:2006/07/27(木) 22:34:07
炎上していない南門から、都に侵入することは出来た。
一歩一歩、踏み締めながら道なりを歩く。
(燃えてんのかな。)
自分の家も。
所々に仕掛けられている罠に足を取られながらも、于禁は前へ進んだ。
かつては、魏の都として大層賑わったこの街が、今は彼以外の何者の存在も
許しては居なかった。
何も無い所から矢が飛んできたり、落とし穴が掘られていたりはしていたが、
やはり人影は見当たらない。罠の製作者も、どうやらすでに許を発ったようだ。
頬をしとどに濡らしながら、于禁は自らの家を探した。
(帰りたい。)
帰りたい。都に、許に、家に。家族の、曹公の下に。
いつだったかも、そう願った。
それは確かに叶ったけれど。

叶ったのだけれど。


399 名前:虚空の炎雨 4/5 投稿日:2006/07/27(木) 22:34:45
邸宅は無事だった。
それはまるで、天が彼を祝福でもしているかのごとく、その一角だけが
炎の被害から逃れていた。
周囲の熱に侵されながら、扉を開け、内部へと侵入する。
そこには、変わらぬ我が家の光景が広がっていた。
居間の机も、褥の様相も。
全て、于禁が[死んだ]ときのままだ。
違うのは、ただ妻も子も、誰の存在も其処には無い。それだけ。
(ただいま。)
ただいま。帰ってきたぞ、懐かしき我が家。
今度はそう、嘲られる事無く、恥辱に伏せる事無く。

(ただいま。)

生暖かい床に座り込んで、于禁は泣いた。
赤色が窓から、差し込んできていた――――・・・。



400 名前:虚空の炎雨 5/6 ※増えますスマソ 投稿日:2006/07/27(木) 22:36:57
「そんな。」
燃え上がる許昌の無残な姿を見て、荀攸は低く搾り出すように呻いた。
許の街、許昌。我らが都。雄大なる、魏の都が。
燃えている。
「そんな。典韋殿、そんな…許が、都が…。」
「落ち着かれませい公達殿」
「殿は、叔父上は…?そんな…そ、んな、まさか…。」
荀攸は明らかに取り乱していた。
焦りが、彼の足を前へと進ませる。
その無防備な体を、典韋は右腕を掴む事で制止した。


401 名前:虚空の炎雨 6/6 投稿日:2006/07/27(木) 22:38:18
「公達殿、先程の放送ではまだ、殿も文若殿も呼ばれてはおりませぬ。
 さればもはや、お二人はこの燃え上がる許には
 いらっしゃらぬのではございませぬか?」
「ああ…。」
「危険ですぞ、公達殿。」
何処に敵が居るか、分からない。
炎の轟音は、典韋の耳を鈍らせるには至らなかったが、それでも
辺りの気配を消し去るには、十分すぎるほどだった。
それを知ってか知らずか、荀攸はまた一歩、前へと足を進める。
「罠を仕掛けたのは叔父上かもしれない。」
洛陽を出てすぐの、狂気に塗れた叔父の姿が思い浮かぶ。
典韋に助けてもらわなければ、確実に死んでいただろう。荀彧は本気だった。
「叔父上だとしたら…。」
私が、止めなければ。
荀攸は、強迫観念にも似た決意を持って、前を見据えていた。
「公達殿…。」
荀攸の決意は、典韋にも理解できた。
典韋にとて、納得がいかぬのだ。あの、お優しい文若殿が、あのように。
それに、どうしたって頭の悪い自分は、この見た目は愚鈍そうだが、
実は誰よりも頭の切れる軍師に、着いていく他無いのだ。着いて行きたいと、思っている。
「分かり申した。…しかし、誰も居ないと分かれば、すぐに許を離れましょう。
 どう考えても、此処は目立ちすぎます。炎に惹かれて、人が集まって来ぬとは
 限りませんですからな。」
「ああ、分かっているよ典韋殿。あなたはお優しいな…。
 本当に、お優しい・・・・・・。」
二人は、炎の周りの少ない南門から、許昌内部へと向かった。


そこでは獣が噎び泣いているとも知らずに。


402 名前:虚空の炎雨 結果 投稿日:2006/07/27(木) 22:38:49
<<決意胸に秘め/2名>> 『現在地 豫州・許昌内部・南門付近』
@典韋【煙幕弾×4】&荀攸【デリンジャー】
※許昌内部に潜入。于禁には気付いていません。
@于禁【AK47カラシニコフ、山刀】 『現在地 豫州・許昌内部・西側于禁宅』
※自宅で泣いていますが、誰かの気配には敏感です。
※曹丕、虞翻を中心に、恨みのある将を狙います。
※曹操、張遼、張コウ相手には友好的です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。