管理人より
現在戦国BASARA信者と思われる荒らしが横行しているため保護しています。


戦国無双4

【せんごくむそうふぉー】

ジャンル タクティカルアクション




対応機種 プレイステーション3
プレイステーション4
プレイステーション・ヴィータ
メディア 【PS3/PS4】BD-ROM
【PSV】PlayStation Vitaカード 各1枚
発売元 コーエーテクモゲームス
開発元 コーエーテクモゲームス(オメガフォース)
発売日 【PS3/PSV】2014年3月20日
【PS4】2014年9月4日
定価 通常版 / ダウンロード版 / トレジャーボックス / アニメボックス
【PS3】7,560円 / 6,600円 / 13,440円 / 10,290円
【PSV】7,140円 / 6,300円
※トレジャー・アニメ各ボックスはPS3版のみ
プレイ人数 1~2人
セーブデータ 【PS3】 600KB以上
【PSV】2000KB以上(ダウンロード版: 30MB)
インストール
(ダウンロード容量)
【PS3】12GB
【PSV】3500MB
レーティング CERO:B(12歳以上対象)
コンテンツアイコン 暴力・セクシャル・犯罪・言葉
備考 【PS3】3D立体視対応、ボイスチャット対応
【PSV】PlayStation Vita TV対応
分類 良作
無双シリーズリンク


概要

前作『戦国無双3』以来4年ぶりとなるナンバリングタイトルでありシリーズ10周年記念作。12人の新キャラクターが登場。
戦国無双Chronicle』で好評だった武将切り替えシステムの導入、「神速アクション」や「無双極意」等の新アクションが追加されている。
アクションタイプも一新され、チャージ攻撃タイプ、通常攻撃タイプ、特殊技タイプの他に神速攻撃タイプも登場。
明智光秀、伊達政宗、風魔小太郎等数名の既存キャラが神速攻撃タイプに変更されている。
真・三國無双シリーズのように無双演武が勢力別に変更された。無双演武は地方編と天下統一編に分けられている。
多数のエディットパーツを組み合わせてキャラクターを作成し、全国行脚をする新モード「流浪演武」が追加されていることも特徴。


評価点

過去最多の12人の新キャラクターとリストラ組の復帰

  • 真田信之、大谷吉継、松永久秀、早川殿、小早川隆景、片倉小十郎、島津豊久、上杉景勝、小少将の9人が新登場。
  • 戦国無双Chronicle 2nd』から藤堂高虎、井伊直虎、柳生宗矩がナンバリングタイトルに初登場。
  • 公式サイトがオープンした頃からこれまでの戦国無双に登場した全キャラクターの登場が判明。
  • 石川五右衛門、宮本武蔵、佐々木小次郎等の最近では『Chronicle 2nd』やOROCHIシリーズでしか見かけることのなかったキャラも久々に復帰。
    • これによりキャラクター総数はシリーズ最多の55人となった。
  • 一部モブ武将には固有の兜が用意されており、今までよりも個性のある外見と性格で登場する。

新アクションの追加

  • 神速アクション
    • 従来のC1を廃止。△ボタンから発動可能な攻撃。
    • 敵との距離を縮地法のように素早く詰めながら大勢の敵をなぎ払うことが出来るため、今までとは比較にならない爽快感を味わえる。
    • 神速攻撃タイプは最大で連続8回、それ以外の3タイプは最大で連続6回まで使用可能。
    • △△□、△△△□、というように神速攻撃中に□ボタンを押すことでチャージ攻撃のように範囲の広い派生攻撃が可能。
    • 神速アクション→影技→通常攻撃、チャージ攻撃→影技→神速アクションといった繋ぎも可能。アクションの幅が前作よりも更に広がった。
      • 集団戦を得意とする一方で神速アクションは武将に対してはダメージが低く、ガードされると弾かれて隙ができるという欠点も存在するため、状況に応じて使い分ける必要がある。
  • 無双極意
    • 練技ゲージが最大の時に発動可能。三國シリーズの覚醒状態のようなもの。練技ゲージが0になると通常状態に戻る。
    • 発動中は攻撃が強化され、無敵状態になると同時にキャラ毎にあらかじめ設定された属性が攻撃に付加される。
    • 前作までと違い、無双極意発動中に○ボタンを押すと無双奥義・皆伝を使用可能。
      • ちなみに無双極意発動中はキャラクターの切り替えや馬に乗ることは不可能。

既存キャラのアクションの強化

  • 雑賀孫市や今川義元、北条氏康等のキャラクターは隙の多いモーションであるためこれまで長らく使いにくかった。
  • しかし攻撃速度の上昇や攻撃範囲が拡大されたことである程度使いやすくなり、作品内で極端な弱キャラはいなくなった。
  • 特に孫市の銃アクションは相当派手になったため、「誰こいつ」「新キャラ?」「代替わりした?」 *1 といったコメントで良い意味で話題になった。 *2
  • 前述の神速アクションは性質上途中で横槍が入りにくく、これまで集団戦を苦手としていたキャラクターも立ち回りが大幅に楽になった。
  • 無双奥義が従来作のように連続攻撃で敵を攻撃した後、武将のカットが入り〆に固有の必殺技を放つようになった。広範囲を手軽に一掃でき、爽快感がアップ。
  • 今作の特殊技の仕様としてチャージ攻撃を相手にヒットさせた場合のみ動作をキャンセルして出せるようになりこれまでとは変わった立ち回りも可能に。
  • 前回までは鍔迫り合いのみでしか発動しなかった殺陣が今作では武将の体力が一定以下で気絶状態もしくは体力関係無く武将を仰け反らせて△ボタンを押すことによって手軽に発動できる。
  • 真・三國無双7』の自動馬乗りを実装。 *3 馬は近くに出現し移動速度も速いため、『無双OROCHI2 Ultimate』で良く見かけられた「呼んでいるのになかなかこない」といった点は解消された。

家宝

  • 装備アイテムとして追加。史実を元ネタにしたレアアイテム、無双武将ごとに定められた条件を満たして撃破することによってドロップする。最初はドロップ率1%だが、条件を満たして撃破するごとにドロップ率が上昇していく。(条件を満たさずとも撃破すれば微妙に上昇する。)
  • 使用後は一定時間ごとに再使用可能。基本的に各武将の特殊技の効果を他武将でも付加するような物が多い。
  • 「一定時間、コンボ数のカウントアップ」(真田信之)、「チャージ技中に攻撃を受けても中断されない」(上杉景勝)などが便利。

しかし、浅井長政と藤堂高虎の家宝はバランスブレイカーになりうる。(後述)

流浪演武

  • エディット武将を作成。各地方で戦闘を行って様々な武将と出会い、武将列伝を完成させるのがこのモードの目的。
  • 無双武将は倒す・救援するなどで友好度が上がっていき、高くすれば武将列伝に登録・パートナーとして操作可能・会話イベントが増える、などの特典がある。
    • 友好度が最大になれば無双武将の武器モーションが使用可能に。しかし風魔小太郎のモーションは腕が伸びるという性質上、エディットでは選択不可能。
  • モブ武将は戦闘に参加している全ての武将が列伝に登録される。戦場で直接遭遇しなくてもいいため一見楽な仕様だが、本作には1000人近い武将が登場しており、戦場に列伝未登録のお目当ての武将が必ずしもいるとは限らないため、完成させるのは長い道のりになるだろう。
    • 一部のモブ武将は仲間にでき、パートナーとして連れていけば戦闘で操作可能。能力値が設定されているため育成もできる。
  • 戦闘は無双演武と違ってミッションが4つ前後しかないので比較的短時間で終わらせることが出来るため、ダルさを感じることはそこまで無い。
    • 全ての無双武将を仲間にした後でもちゃんと敵として登場するので『真・三國無双7』の将星モードで起きた「旅団長無双」のような悲劇は無い。
  • このモードでは一つのセーブデータで複数のエディット武将が操作可能で、メニュー画面でいつでも別の武将に変更できる。
    • エンディングイベントを迎えた後は、メイン武将に無双武将も選ぶことができるようになる。 *4
  • 各キャラのレア武器は流浪演武でも取得可能。
  • 会話イベントはChronicleシリーズに近いもので燃えるものもあれば、笑えるものもある。
    • 特にこれまで「狂気の人斬り」という側面が強調されてきた佐々木小次郎の過去を描いたイベント、「不幸を呼ぶ女」の裏側を描いた小少将のイベント等は評価が高い。

豊富なエディットパーツ

  • 戦国無双シリーズでは最多のエディットパーツが用意されているため、自由なキャラクターカスタマイズが可能。
  • 真・三國無双6 Empires』のものを踏襲しており、顎の長さや顔の幅、目と目の間隔、目の形、唇の厚さ、鼻の形や角度等がいじれるため様々な顔を作ることが可能。
    • えら、眉の角度など細かく調整できるというメリットが有る。本気でこだわろうとすると手間がかかるが、その分個性的なキャラクターが作成可能。
    • 戦国時代がベースのゲームであるため、流石に衣装は洋風のものは少ないがエディットの自由度に関してはファンの期待を上回る出来となった。
  • 無双奥義発動時の漢字や王異、司馬昭、鍾会の髪型や関羽の髭等、真・三國無双シリーズに登場するキャラクターの髪型も数多く収録されている。
    • ただし声は男女ともに4種類とやや少ない。『真・三國無双6 Empires』ではDLCを除いても声が10種類あったのでやや物足りない。
      • 種類が少ないのみならず、ショタ/ボクっ娘の「生意気(男女)」、やたらと「戦場の掟だ」を連呼する「冷静(男)」などエディット武将の声に設定するには個性が強すぎる声が多い。声の高低の調節も可能だが非常にわかりにくい。
    • カラーエディットも『無双OROCHI2 Ultimate』のように細かく設定できないため、猛将伝で追加されることが期待されている。
  • ゲーム機本体に保存されている画像を「奥義文字」「家紋」「肖像」に設定可能なのも特徴。
    • 設定した画像は奥義発動の漢字、防具(衣装)、プレイヤーキャラクターの顔として表示される。
  • Chronicleシリーズの主人公のモーションが使用可能なのも同作をプレイ済みのユーザーを喜ばせた。
    • ただしC1は神速アクションに差し替えられているので全く同じというわけではない。
  • エディット武将は一つのセーブデータで20人まで作成可能。
  • DLCでは大河ドラマ『軍師官兵衛』のコラボ衣装、『Chronicle 2nd』で配信されたエディット防具、井伊直政や山中鹿之助などの有名武将が史実で用いた個性的な兜など豊富なパーツが配信されている。

会話イベント

  • 会話イベントはChronicleシリーズ同様全編フルボイスである。
  • 流浪演武ではキャラクター一人あたりイベント数は4つで、笑いアリのネタイベントから無双演武では描かれなかった史実に基づくイベントもある。
  • 各キャラの今までとは違う側面が見られるので概ね好評。ネタバレになるので詳しくは記述しないが、佐々木小次郎の過去は一見の価値有り。
    • その一方で左近の 「体で払う」 *5 や、宗茂の 「裸になれ」 等の人によってはやや不快に思うセリフもあるので注意。
    • キャラによっては恋愛話になることもあるが、プレーヤーキャラの性別の区別はあまりつけていないようである。つまり、場合によってはBLや百合になるので注意。

武将切り替えシステム

  • 本作では2人の武将を切り替えながらステージを攻略していく仕様になっている。
  • 『Chronicle 2nd』まであった任意と待機に加えて、もう一方の操作武将の近くにいる敵を攻撃する護衛が可能に。しかし護衛に関しては有り難みが無い。
    • このシステムが好評なのは自分以外の操作武将に移動指示を出すことで武将を戦場各地に分散し、移動時間を大幅に短縮できるからである。
    • つまり護衛で二人とも一箇所に固まってしまっては意味がない。
      • また、移動→待機→護衛→移動・・・の順で指示が切り替わる仕様だが、護衛のところで一度決定されるため、自分以外の操作武将のボイスが再生されるのがストレスが溜まる。特に直江兼続の「 愛故に了解! 」など。
    • 「特定のメインとパートナーの協力奥義で敵を倒す」というミッションに使えなくもないが、対象の武将を倒すようパートナーに指示を出してそれに近づけば同じである。
    • そのため武将に出す指示は結局のところ『Chronicle 2nd』同様、任意と待機の二つのみとなった。

士気システムが復活

  • 士気システム自体はChronicleシリーズで復活していたが、同システムがナンバリングタイトルで復活したことは注目すべき点である。
  • 士気の概念があるのと無いのとでは雲泥の差があり、士気が無かった前作では仲間の敗走に何度も煮え湯を飲まされたプレイヤーは多い。
  • 敵の士気はミッションを達成するだけでなく、新ユニットの「旗持兵」を倒すことでも下げることが可能。
  • これによりステージの進行上必要最低限のミッション以外は全て無視して、旗持兵を倒すやり方で戦局をある程度有利にすることも可能。

快適なプレイが可能

  • 処理落ち、ステルスがほとんど無い。
    • 「大量の敵を派手な攻撃で一掃する」というコンセプトの無双シリーズでは、敵が密集する場所では処理落ちを起こすことが頻繁に見られた。
    • また、画面内に表示される敵を片付けたあとでいきなり敵が湧き出す「ステルス」と呼ばれる現象も多かった。
  • ロード時間が短い。
    • 長い場合でも3秒程でロードが完了する。
  • こういったことから、本作は最近の無双シリーズに比べてストレスの溜まりにくい、スムーズなプレイが可能になっている。

賛否両論点

新キャラクターについて

発売前の評判

  • 重要な武将や軍師はある程度揃った真・三國無双と違い、未登場の有名武将が相当数残っている戦国無双では武将の参戦希望が非常に多い。
  • しかし『戦国無双』で中国、四国、九州の武将が誰もいない、秀吉や家康が操作不可能等、武将の人選は昔から疑問視されていた。
  • 本作ではこれまでキャラクターが少なかった地方にも新キャラクターが登場することが発売前から明言さていた。
    • これにより最上、佐竹、宇喜多、尼子、三好、鍋島(龍造寺)等のまだ無双武将が誰もいない有名な大名家からも新キャラの登場が期待されていた。
    • しかし発売一ヶ月前には完全新規キャラは前述の9人であることが判明。 *6 本作ではこれらの大名家から無双武将が新登場する希望が潰えた。
      • 前作からのブランクが長かったことも落胆を大きくさせた。
  • これは武将切り替えシステムを導入したことの弊害である。
    • エディット武将と実在の武将が組むChronicleシリーズでは、当時無双武将が一人だけだった毛利の章と長宗我部の章も問題なく遊べた。
    • だが本作の無双演武ではエディット武将は操作不可能なため、無双武将が一人しかいない既存勢力の強化が最優先になった。
    • そしていざ新キャラが発表されると「豊久よりも島津兄弟出してくれ」、「信之?昌幸はいつ出るんだ?」と主に歴史に詳しい人から人選を疑問視する声が多数挙がった。
    • 女性武将にいたっては以前から意外性のある人物が選ばれることが多かったが製作側の「変化球は出さない」という発言から茶々、まつ、愛姫などといったメジャーな人物を期待していた人が多かった為、落胆する声も少なくなかった。
      • とりわけ小少将はキャラデザが奇抜であったこともあり批判が大きかった。
    • これまで東北の武将は政宗だけだったので小十郎の登場に喜ぶ層もいたが、今風のメガネをかけたデザインに首を傾げた者も多い。 *7
  • また、武田信玄や今川義元の下には無双武将化した家臣がいまだに一人も追加されない現状を嘆くファンも多い。
    • 特に山本勘助や武田四天王が全員モブの武田の章では、幸村や左近が信玄の家臣として川中島で戦うという相変わらず滅茶苦茶な設定になっている。
    • しかも本作では信之も信玄の家臣であるため、「武田の章も実質真田の章だろ」と言われてしまうハメに。
      • 補足しておくと川中島の戦いは1553~1564年の戦であるため、真田兄弟はこの時元服どころか生まれてすらいない。
      • 左近に関しては武田四天王の一人である山県昌景に仕えていたという説があるものの、それを裏付ける決定的な証拠は無い。

発売後の評判

  • このように発売前から色々と心配はされていたが、久秀は剽軽な性格で味があり、吉継や豊久は死亡シーンが好評なため好意的に歓迎された。
  • 小十郎は政宗とのやりとりがホモ臭いと言われる一方で、流浪演武における綾御前との会話イベントが面白いため、賛否両論状態である。
  • 強烈なデザインで発表当時ユーザーに衝撃を与えた小少将は「見た目は変だけどだんだん好きになった」という声も少なくない。
    • しかし「本能寺や関ヶ原、大坂の陣にまで出てくるのはやめてくれ」という意見もある。 *8

殆ど変わっていない既存キャラの武器モーション

  • シリーズ10周年ということもあってそろそろ武器モーションが一新されると期待されていたが、一新されたのはアクションタイプのみに留まった。
  • チャージ攻撃タイプはC5-2とC5-3が、特殊技タイプはC5-2が追加されているが、通常攻撃タイプは特に追加アクションは無い。
  • 神速攻撃タイプはC5を除くチャージ攻撃が2段階まで成長するため、立花誾千代はモーションが再構成されており(従来のC3からC6に派生など)使い勝手が変わった。明智光秀は初代でチャージタイプだったこともあり懐かしさを感じられる。
    • チャージが元々2段階の特殊技タイプの武将は使用感は変わらず、チャージ攻撃タイプだった伊達政宗や加藤清正らはチャージが一段階減らされたが神速攻撃が強力なため弱体化とはなっていない。
  • モーションを完全に一新しようとしたら『真・三國無双6』のように一部コンパチになっていた可能性も否定できない。
  • 神速アクションは派手なモーションのものが多く、昔から変わっていない通常攻撃やチャージ攻撃の動きがやや地味に見えてしまう。
    • 特に初代から登場するキャラに関しては10年前から殆ど変わらないアクションを使い続けなければならないことに不満を感じる者も。
  • 無双奥義は〆に大技が追加された一方で「連続攻撃の動作がオートになりオリコン不可」「出し切りタイプに変更され途中でゲージを回復させても奥義状態が延びない」などのバランス調整が賛否両論、「毎回カットインが入ってテンポが悪い」といった声もある。
    • また〆技が強力ゆえに、連続攻撃をなくして〆技だけ出せばいいのではという意見も存在する。
    • 真・三國無双シリーズでも無双乱舞発動時にカットインは入るが、あちらに比べてカットインの時間がやや長いため相対的にテンポが悪いと感じてしまう。

神速アクション

  • 戦術のように派手なモーションで移動間の退屈さも緩和できる優れたシステムであるが、あまりに早すぎてモーションがわかりにくいことがある。
  • 便利な半面、チャージ攻撃の多様さが死んでいるという声も。

無双演武の演出・ムービーについて

発売前の評判

  • 本作では『三國6』でCG監督を務めた堀江慶氏をシナリオ監修、CG・OPムービー監督として起用していることが堀江氏のツイートで判明。
  • 『三國6』はムービーや実機イベントの演出が好評だったため、堀江氏が本作の制作に携わっていることが判明した際は多くのユーザーを喜ばせた。
  • 「武将の散り際に力を入れている」という公式ツイートもあって、『覇道の先へ』や『劉備の死』のようなムービーが期待されていた。

発売後の評判

  • 本作の演出は出来のいいものあれば、ユーザーの期待値が高まりすぎた割には拍子抜けするようなものもある。
  • 賛否両論なため好評なものと不評なものを両方記述する。『』内はムービーの名称。
+  ネタバレ注意
  • 容量の都合で本作ではそもそもプリレンダも実機もムービーの数が少なく、その代わりに棒立ちの会話イベントが無双演武でもかなり多い。
  • 多くの子供に囲まれて隠居生活を送る官兵衛や、お市と勝家の最期等「そのイベントはムービーで見たかった」と思ってしまうようなものも多い。

武器と技能

  • 技能とは武器に合成する付加効果のことで、攻撃力を上げる猛攻や防御力を上げる堅守等、複数の技能が存在する。
  • 技能自体にも1~5までレベルの概念があり、技能珠というアイテムを消費して技能のレベルを上昇させることが可能。
  • これら技能の中には飛び抜けて強力なものや使いものにならないものが存在し、バランスが取れていない。
    • 雷を発生させる閃光は敵が浮くのは以前までと同じだが、割合ダメージが無いので殆ど役に立たない。
    • コンボ数を稼ぎやすいという利点はあるが、本作ではコンボ数に応じて敵に与えるダメージが上昇する技能が無いので価値が下がった。
      • ただし修羅属性と組み合わせて、全ての攻撃に一定時間属性が乗る家宝を使えば凄まじく強力になる。
    • 克己は階級上昇時に限界を超えて能力が上昇し、さらに一定時間能力が上昇するというもの。
    • 一見するとバランスブレイカーには感じないが、下記の方法をとることでその圧倒的な壊れ性能を体験出来る。
      • 1.一定時間撃破した敵が25%の確率で経験値の巻物を落とす携帯道具「勲功お守り」を併用した状態で無双極意を使用。
      • 2.巻物を拾うことで操作キャラの経験値が戦闘中に急速に上昇。
      • 3.レベルアップをする度に克己の効果で攻撃力・防御力・移動速度・攻撃速度が上昇。
         さらに一定時間練技ゲージを消費しなくなる携帯道具「秘伝之書」の効果も同時に付加され無双極意状態を維持。
      • 4.絶え間なく巻物を拾いまくれば ステージクリアまでほぼ永久に無敵状態&能力強化状態を維持出来る。
      • 5.ステージをクリアする頃にはレベルが10~20上昇している。
    • この克己は 全キャラのレア武器に付加されている ので、「デザインは好きだけど克己のせいでヌルゲーになるから使いたくない」と思う者も。
  • ちなみに本作では技能の削除や別の技能との入れ替えが出来ない。つまり技能を自由に付加出来ないということである。
  • 相変わらずだが武器の所持数は8個が上限。レア武器も別枠ではないため、すぐに手持ちの武器が一杯になってしまう。
  • その一方で本作から初めて導入された新システム「武器錬金」は好評。
    • 武器錬金とは武器を他の武将の武器に鍛え直すもの。武器に付加されている技能もレベルはリセットされるが技能自体は全て保持される。
      • 例えば強力な武器を数多く持っているキャラの武器の中から、全く使用していないレベル1のキャラに武器を分け与えるといったことが可能。

家宝の取得

  • アイテム装備画面で条件は全て明かされているが、いちいち画面を切り替えて1つずつ確認せねばならず相当見難いものになっている。
    • どれがまだ取れていないのかも分かりにくい。
  • 属性攻撃で該当武将を撃破することを要求される家宝も多いが、家宝狙いの場合持っていくアイテムが大きく制限されることになる。
  • 特にレベルが低くアイテム枠が少ない時は辛い。

流浪演武でのレア武器取得

  • 各武将のレア武器は、従来通り「難易度『難しい』以上で、特定の合戦で特定の条件を満たす」以外に、流浪演武でも取得することができる。
    • 流浪演武での取得は、簡単なミッションをクリアするだけでレア武器を取得できる。しかも、プレイヤーの分とパートナーの分とで最大2つ獲得出来るようになっている。
    • 確かに、本作のレア武器取得はただでさえ数が多く、条件も従来と比べて厳しめであり、『真・三國無双7』のようにギャラリーで取得条件を確認することもできない。そのため、救済措置自体は存在しても問題はない。
    • しかし、難易度「易しい」でも取得できるのはさすがにゲームバランスを崩壊させており、今までの「高難易度で条件を満たしたご褒美」としての価値がなくなってしまった。
      • ちなみに、流浪演武中のレア武器を獲得出来る戦闘は回数の制限が無く、出現する条件を満たせば何度でも挑戦出来るのでやり方次第では全ての無双武将、新武将のレア武器をこのモードで取得出来る *11 。…かなりの作業になるが。

DLC

  • 「外伝の章」こと追加シナリオは概ね好評。
    • 特に 終始ハイテンションの直江兼続とメガネ担当の片倉小十郎が実況解説する 『東西無双合戦(東軍)』、悪夢のような戦場で濃姫・蘭丸・ 光秀 が反逆者から信長を守りぬく『真・信長包囲網』、史実の石田三成襲撃事件を大胆にアレンジした陽気なお祭りシナリオ『三成失踪事件』は評価が高い。
      • ただし、『三成失踪事件』での加藤清正には以前から物議をかもしていたねねに恋愛感情とも捕らえかねない台詞(通称ねねコン)を更に拍車をかけた台詞がある為、「気持ち悪い」「やりすぎだ」という意見も少なくない。苦手な人は注意が必要である。(特に加藤清正のCVを担当する杉田智和氏を知るユーザーからは「いつもの杉田じゃねーか」「杉田さん演技してください」などという意見も)
      • そして毎度お馴染みの『魔性の美女決定戦』に加え、『天下の色男決定戦』は、森蘭丸や上杉景虎等の美少年がいじられたり、真田信之が「ブラコン」と取れる言動したり、カオス極まりなく、やはり好評。特に『魔性の美女決定戦』での森蘭丸の始終戸惑いながらも途中でノリノリで女口調で実況する様は必見!!
  • 追加武器は簡単に最強クラスの武器が手に入り、武器厳選の手間も無くなるためライト層には好評。ただし、「お手軽すぎてゲームの寿命を縮める」という声もある。
  • 新武将向けの追加エディットパーツは異常に数が多く、全部購入しようとすると相当な金額になるので注意。
  • 追加BGMは数こそ少ないものの、アレンジがよく好評。
  • 追加軍馬はただ見た目が変わるだけであり、松風より性能が劣ることも相まって「買う価値が感じられない」と不評の声が多い。

DLCの特別衣装

  • 戦国無双シリーズでは初となる「ネタ衣装」が本作から導入された。
    • 真・三国無双シリーズでは『三國6』から始まったネタ衣装の配信だが、魏軍の警察関連衣装や6の学生服等と比べて本作は統一感が無い上に女性キャラと幸村と三成のみ配信である。
    • 女性キャラの衣装は一部の層に媚びたものが多く、風俗嬢のような衣装もあるため不快に感じるタイプと喜ぶタイプに分かれている。
    • また過去作コスチュームの配信が、初代戦国無双のものしか行われていない。
    • 石田三成と島津豊久には兜無し衣装があるが『三國6』の夏侯覇などには(ストーリーの関係でもあるが)最初から兜の有無が衣装変更で搭載されていたのに対し、こちらは雑誌のプロダクトコード(6/19以降はDLCで配信)で追加される課金要素である。また豊久は前述のムービーのこともありこの兜無し衣装の存在に突っ込まれている。
  • もっとも、これらの衣装はあくまでオマケであるため、好意的に捉えることができないならDLしなければいいだけのことである。

問題点

無双演武で使用不可能なキャラクターの存在

  • 阿国、今川義元、復帰した石川五右衛門、宮本武蔵、佐々木小次郎らは 無双演武では操作不可能 である。
  • この5人は流浪演武に会話イベントが存在するため前作のような模擬演武専用という最悪の自体は避けることが出来た。
  • これを後先考えず戦国武将でもない人物を初代から登場させてきたツケと捉えるか、無双演武が勢力別になったからと捉えるかはプレイヤー次第。
  • 義元が操作不可能なので当然今川の章は収録されていない。
    • 新キャラの早川殿は史実では氏真(義元の息子)の妻であるため、発表当初は北条の章だけでなく今川の章でも操作できると期待されていた。
    • しかし本作では氏真の妻という設定は無かったことにされているので、「じゃあなんのために出したんだ」と言われることに。
    • 早川殿の母は義元の妹であり、作中で彼女が「私はお母様に似ている」と言っているため、今川と北条の繋がりには触れられている。
  • しかも、操作不能でありながら5人ともNPCとして無双演武に登場する為、桶狭間で戦死する義元はともかく他の4人は「登場するなら使わせてくれ」という意見も多い。
    • しかも、武蔵と小次郎は味方側NPCとして登場する為、余計に無双演武で使用不能な事に疑問が残る。

キャラクターデザイン

  • これまでに比べてキャラクターのデザインは既存も新規も露出の多いものや奇抜なものが多い。
  • 忍者の癖にやたら派手な半蔵 *12 、脇だけ露出している三成や宗茂、スーパーサイヤ人のように髪が逆立った清正等は改悪だと言われている。また三成は発売前から「容姿が無双OROCHI2の酒呑童子に似てる」と言われていた。
  • 新キャラの小少将はピンク色のアフロ *13 という相当異様な髪型をしており、ネット上ではストレートヘアにしたコラ画像も作られた。
  • また、前述の阿国、五右衛門、武蔵、小次郎ら4人は デザインが前作から変更されていない ことが発売一ヶ月前に判明。
    • この件は無双演武で阿国たちが使用不可能なことと同時に判明し、ファンからは手抜きだと思われたのでショックは更に大きくなってしまった。
    • 高虎、直虎、宗矩らも『Chronicle 2nd』からデザインは変更されていないが、この3人はナンバリング初登場だからかあまり批判はされていない。

難易度

  • 難易度は易しい、普通、難しい、地獄の4つから選択可能。
  • しかし地獄が言うほど地獄ではなく、肩透かしを食らったプレイヤーは多い。
    • 理由は敵の攻撃頻度が他の難易度とさほど変わらず、敵武将も無双奥義を使ってくることが無いことや、神速アクションの使い勝手のよさもあって、システムが分かれば被弾することもかなり少ない。
    • 神速アクションで敵兵を薙ぎ払い、溜まったゲージを武将相手に放出していけば良いだけの場面が多い。旗持ち兵もその過程で巻き込んでついでのように倒してしまうこともしばしば。神速アクションのモーションのわかりにくさもあり、「いつの間にか敵が死んでいた」という場面が多い。
    • 旗持兵は難易度地獄でも必ず存在するため、地獄であっても敵の士気を簡単に削ぎやすい。それ故に「地獄なら旗持兵はいなくてもいいのでは」と感じるプレーヤーも多い。
    • 更に「浅井長政と藤堂高虎の家宝を交互に使用する(常時、全攻撃に属性追加。装備武器のものも含む。)」「3種類ある『修羅』(一定確率で一般兵士を一撃で撃破、武将には割合ダメージを与える属性)を一定時間付与する家宝を連続で使っていく」「先述の『克己』を活用する」などするとバグめいた強さになってしまう。
      • 「技能・アイテム・家宝を自重しなければ全員Sランク。全員最強クラスのため、強さを決めることができない。」と称されるほどである。キャラゲーとして考えればアリなのだが・・・。
    • よって本作の難易度はスリルを味わいたい者にとってはぬるい設定となっている。
      • ただし西軍関ヶ原等ステージによってはそれなりにキツさを体感出来る。

ボリューム不足と描写不足

  • 本作では無双演武が64話とやや少なく、関東三傑や長政ら地方大名による天下統一や関ヶ原の西軍勝利等のIFストーリーも無い。
    • 『三國7』は猛将伝抜きでも88話あるため、最近の作品と比較した場合の物足りなさはどうしても否めない。
    • 織田を除いた各地方シナリオの話数は4~5と、勢力別ストーリーを採用した割には少なすぎる。 *14
    • 天下統一の章で出番があるキャラはまだしも、戦国時代前期に活躍した武将の生き様はほとんど見られない。
  • 地方シナリオは基本的に最後まで話をやらず「秀吉が大軍で攻めてきた」「俺たちの戦いはこれからだ」といった打ち切りのような終わり方をする。
  • 冬と夏の2回ある大坂の陣は『Chronicle 2nd』では両方収録されていたが本作では一回に統合されており、夏の陣から始まる。
  • 伏見城の戦いや杭瀬川の戦いなどがなく、小田原征伐から一気に関ヶ原へ。そのため、ある程度歴史に詳しいプレイヤーには違和感や唐突感を抱く者も少なくない。
  • 基本的に破天荒な展開は少なく、史実に準拠している。しかし、その分「信長上洛戦」にて播磨国出身のはずの黒田官兵衛が美濃周辺に出撃する、「紀州征伐」に遥か遠国の毛利軍が元就自ら登場する、「山崎の戦い」へ仮にも大名の長曾我部元親が明智軍援軍として出てくる、「関ヶ原の戦い」に史実では九州にいたはずの加藤清正が登場するなどの描写に違和感がある。
    • 相変わらず真田幸村・真田信之・島左近が武田信玄配下となっている点、大谷吉継が浅井長政に仕えている *15 点なども合わせ「史実とオリジナルのどっちつかずになっている。どちらかに徹底すべき。」という批判も存在する。
  • 本能寺は光秀側のみ、賤ヶ岳や小田原征伐等は秀吉側のみプレイ可能なため、史実では敗北する側の視点でプレイ可能なステージが少ない。
    • 三國無双ではおなじみのフリーモード(模擬演武)なら両方の勢力側でプレイできるといった事も不可能。
  • 特に織田の章に顕著だがキャラクターの入れ替わりが激しい、「この武将を気に入った、次のステージでも使おう」とすると次のステージでは出撃武将リストにない事も多い。話を追おうとすると別の章へと飛ぶことも。
    • 織田の章から始めた場合、本能寺で元親・小少将・ガラシャと初登場のキャラが続出する。(しかも、不意打ちで本能寺へ奇襲をかけるというのに何故か呼んでないのにゾロゾロと現地へ集まって来るという展開なため余計に不自然に映る)
  • キャラクターが増加したのに話数が減っているので必然的に出番の少ないキャラクターが増えている。
  • 結果的に描写が少ないまま死亡してしまうキャラクターが過去の作品と比べて多くなってしまい、あまり感情移入が出来ない。
    • 例えば謙信、信玄、利家、勝家等はナレーションや戦闘終了後の棒立ちの会話イベントで死んでしまうため、悲壮感が感じられない。
    • これにより人気キャラや本作からの新キャラ以外の結末はあっさり済まされているという印象をどうしても持ってしまう。
  • 高虎は最初に仕えた長政時代から一気に家康時代まで飛んでいるため主君を変えたのは一度だけのように見えてしまう。
    • 小牧・長久手の戦いでも高虎は何故か徳川軍に属している。
  • 小少将や柳生宗矩、お市のようにシナリオは面白いのだが四国・織田・天下統一・真田など各所に話が飛んでいる武将も多い。

流浪演武の問題点

  • 全地方解放後は飽きやすい。
  • 店での購入可能防具・馬はすぐにコンプリートしてしまうこともしばしば。行商人から購入できるレア防具を狙おうにも出現率が低い。
    • また、購入できる防具は男女別のため、両方揃えるには操作する新武将を切り替えねばならず面倒。行商人は一度接触すると消えてしまうので更に厄介。
  • 会話イベントを見たい際に戦闘マスで道を塞がれることが多い。また、移動してプレイヤーを狙ってくる武将が居た際は接敵されて、更にストレスが溜まる。
    • 一応、移動してプレイヤーを狙ってくる武将はパートナーを対応する無双武将にすることで排除することができる。(操作可能になった後のみ。)
    • もしくは指南所・よろず屋に入ることでアイコンを再配置することもできる。指南所・よろず屋に戦闘マスが被さっていることも多いが・・・。
  • 先述の低難易度もあり、そのうちに戦闘が面倒になってきてしまう事も多い。
    • 武将同士の特殊セリフは今ひとつ充実しておらず、因縁が有りそうな武将同士で接触しても汎用台詞が出るだけ。Chronicleシリーズのように充実していれば単調さも大きく変わったのだが・・・。
  • 地方間の移動がやや面倒。
    • たとえば、東北から九州まで移動しようとすると1マスずつ移動していくしかない。幸いマスはそれほど多くないが、先述のように戦闘で道を塞がれたり、プレイヤーを狙ってくる武将を避ける必要がある事もしばしば。
      • 船での移動などが出来れば楽だったのだが…。
  • 会話イベントはあまり操作武将の男女の区別を付けずにシナリオが書かれている。(雑賀孫市のみ例外で男女別)
    • そのため、ホモ臭いイベントが発生することもしばしば。特に立花宗茂、森蘭丸など。もちろん逆パターン(百合)もあり。
  • 戦闘後に友好度が一定を超えた場合、即座に会話イベントが発生することもあり、イメージと違った形で初回イベントを迎えてしまうこともある。(女性武将で目当ての男性武将のイベントを迎えようとしたのに育成中の男性武将で迎えてしまい、ホモ臭いイベントになるなど。)
    • そのため、会話イベント狙いでイメージを重視する場合、操作武将を切り替えにくく、飽きに拍車が掛かってしまうことも。

その他小さな不満点

  • 上記の問題点と比べてプレイに支障を来すようなものではないが、ガッカリしやすい点。

BGMの変更機能

  • 無双シリーズは三國、戦国、OROCHI問わずBGMが好評なゲームでもある。
  • クライマックス時に流れる『戦神』を初め、本作で新たに追加されたBGMそのものは好評。
  • ここで問題となるのが合戦準備画面で変更可能なBGMが下記の曲と本作の主題歌である黒夢の『Reverb』 *16 しかないことである。
    • しかも過去作で使われていたBGMもDLCで殆ど配信されておらず、変更可能なBGMは10曲にも満たない。
    • 6/20時点で配信されている過去作のBGMは『戦国無双』『花の都・改』『川中島・改』『大坂城・改』『炎上・改』とかなり少ない。
      • ちなみにこれらの曲は過去作のアレンジであるため、結局のところ原曲そのままで配信されているBGMは無い。
  • これはプレイに支障を来すような問題点ではないが、三國やOROCHIと比べて本作は配信数が少ないのでシリーズ経験者から不満が生じた。
    • せめて『三國7』のようにカスタムサウンドトラックに対応していれば良かったのだが、残念ながらその可能性は発売前に公式の質問回答によって否定されていた。
  • また、無双極意発動時に強制的に無双極意専用のBGMに切り替わってしまうことに不満を感じるユーザーも多い。特に上記のとおり、『戦神』は好評なBGMで、無双極意専用BGMに切り替わるのが嫌で一度も無双極意を発動せずにステージクリアするユーザーもいたとか。

ステージ(戦場)の使い回し

  • 違うステージなのにマップの構造が同じというケースが多い。
    • 長篠と石垣原、遠江と小谷城と掛川城、手取川と神流川、本圀寺(六条合戦)と人取橋等はそっくりそのままである。
    • また、天目山と桶狭間、川中島と四万十川のようにマップの向きを変えただけで結局一緒というようなステージもいくつかある。
    • BGMと合わせて、「これはどこのステージ/BGM!」といった印象には残りにくい。
  • ミッション制(士気によるエリア強化)を重視したマップ造りをしたのか、全体的にマップ中は細い道が多く、『2』の関ヶ原のような広い場所を持つステージが少ない。
    • ただしステージ自体の面積が狭いわけではない。

ログの溜まりやすさ

  • 戦況報告のログが非常に溜まりやすい。
    • 敵優勢イベントのログが相当後になってから発生する事が多く、既に敵士気が低下している画面内の状況と合わない状況が多い。
    • ログ溜まり状態だと無双演武においても敵武将との会話が発生しなくなることがある。ミッションの関係上、手早く撃破せざるを得ない事も多く、せっかく用意された会話も確認できないことが多い。
    • これは本作に限ったことではなく、無双シリーズではよくあることであり、未だに改善されていない。

Vita版の不具合(改善済み)

  • 発売当初からPSV版で流浪演武プレイ中にC2エラーによる強制終了が頻繁に発生する件が多く報告されていた。
    • ステージをクリアする度に使用するエディット武将を別の性別の武将に変更すればエラーにならないという一応の回避手段が発見された。
    • しかしこの回避手段は2chの本スレで報告されたものであり、公式サイトから対処法については報告が無かった。 *17
  • 自動馬乗りも戦国無双では初めて導入されたが、 背面パッド左上をタッチ&ホールド という仕様。しかも本当に背面パッドの端の端であり、PCH1000タイプの背面パッドが広いものでは持ち方によっては間違って触れてしまいやすい。
    • そのため、戦闘中に誤って馬を呼んでしまい、乗るつもりのない馬がプレイヤーの周囲を走り回るという鬱陶しい光景がおきることになった。
    • PSV版『真・三國無双7 with 猛将伝』ではタッチスクリーンの右下をタッチするだけという仕様だったが、本作のPSV版はスクリーン右下が無双極意の発動に使われるため、馬呼びに背面パッドが割り当てられた。
    • また発売当初はキーコンフィグで変更することも不可能だったが、流浪演武のC2エラーと共に4月7日のアップデートで可能な仕様に改善された。

総評

奇をてらったデザイン、少ない話数、一新されないモーション等、今回の問題点・賛否両論点は長期間新作を待った古参ファンから見て期待外れだったものが多い。
しかしChronicleシリーズのいいとこ取りや自由度の高いエディット、痒いところに手が届くようなシステムに新アクションによる過去最高の爽快感の実現等、総合的に見れば十分良作である。
荒削りな部分も多いが、それは今後に期待か。
致命的なバグやフリーズも無く、前述の通り難易度は低い方なので本作は無双シリーズ初心者にもオススメ出来る作品になっている。

PSV版『無双OROCHI2 Ultimate』はステルスが、PSV版『真・三國無双7 with 猛将伝』は処理落ちと音割れが酷かったので本作も発売前に色々心配されていた。
しかし本作のPSV版はグラフィックもそれなりに美しくステルスも少ない上にどのステージでも1000人斬りが簡単に達成可能。処理落ちも少なく音割れも無い。
発売当初あったユーザー泣かせの不具合も今は修正されているので、ようやく快適に遊べるPSV無双が出来たと言ってもいいだろう。


余談

TVアニメについて

無双シリーズ初となるTVアニメが制作され、『真田の章』が本作発売の翌日、3/21に放送された。完全版アニメが収録されたブルーレイディスクが本作のアニメボックス・トレジャーボックスに収録されている。
第一次上田城の戦いがメインで話の流れは本作が基になっているので悪くはないが、肝心の戦闘シーンの出来は褒められたものではない。
販促効果があったのかどうかは不明である

本能寺の変・四国説について

明智光秀が謀反を起こした理由はいまだ解明されていない。本能寺の変については諸説 *18 あり、日本史好きの間でも議論されることが多い。
しかし6/23、四国の大大名長宗我部元親が光秀の家臣斎藤利三宛に本能寺の変が起きる約10日前に出した手紙が岡山の林原美術館で発見された。
この手紙は本能寺の四国説を裏付ける有力な手がかりになり得るものであり、マスコミ各社もこれを報道した。
6/24のフジテレビのスーパーニュースでもこの件が取り上げられたが、報道の際に本作の本能寺のムービー『背ききってみせよ』が使用された。

中央競馬とのコラボについて

本作の発売から2ヶ月後の2014年5月末からコーエーテクモゲームスとJRA(日本中央競馬会)のコラボの一環として、第81回東京優駿(日本ダービー)のプロモーションの一環として本作のキャラを使用した特設サイト『ダービー無双』がオープンしていた。(4Gamer.netの記事




*1 孫市という名前は雑賀衆の棟梁が代々受け継いでいるため。

*2 公式Twitterで広報が「今回の孫市は一味違う」と呟いたため、楽しみにしていたファンが多かった。

*3 ボタン配置にともない緊急回避は削除された。

*4 メニュー画面のイベント鑑賞では最後に操作したエディット武将のものになる。

*5 「自分の身一つで稼ぐ」「手を貸す」という意味だが、やはり別の意味で捉えられやすい。

*6 過去の無双シリーズでは発売1、2週間前までは新キャラを公開していることが多かったが、今回は各方面とのコラボのために早めに全キャラを公開した模様。

*7 メガネ自体は戦国時代からあった。

*8 実際に西軍関ヶ原や大坂城で操作可能。

*9 本作では高虎と吉継が親友という設定になっている。

*10 因みに井伊直政はファンの間では長らく参戦を望まれている武将の一人である。

*11 全ての無双武将(エディット専用モーション含む)のレア武器を取得することで獲得出来るトロフィーもあるが、この仕様を受けてか、ランクは「シルバー」になっている。

*12 比較的忍らしいデザインだった初代以降ナンバリングを重ねる度にファンから「忍ぶ気ない」とネタにされて来たが、今回は流石に派手すぎると不評。

*13 本来ならカーリーヘアーと呼ばれる髪型ではあるのだが発表当時からアフロにしか見えないという意見が圧倒的だった為にピンクアフロ、ミスター●タンなどどいう不名誉な呼び名が付いてしまった。

*14 今までは1人5話のストーリーがあった。2人以上の無双武将を一纏めにして勢力を作っているのに、話数自体は従来の一人分相当になっているのである。

*15 浅井家家臣の大谷吉房が吉継の父親の可能性があるが、学術的な裏付けはない。父親の設定を吸収する例は他のキャラにも見られるが、彼の場合は親子関係すら怪しい。

*16 CDかミュージックカード付属のプロダクトコードが必要。

*17 エラーがあること自体は把握していた。

*18 光秀の野望説、人質にされた母を殺された為の信長に対する怨恨説、四国征伐回避説、朝廷や秀吉などの黒幕説など。