不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!

【ふしぎのだんじょん ふうらいのしれんがいでん おんなけんしあすかけんざん】

ジャンル ローグライクゲーム #amazon plugin Error : amazonからデータを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。 #amazon plugin Error : amazonからデータを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。
対応機種 ドリームキャスト
Windows 98~7
発売元 【DC】セガ
【Win】チュンソフト
開発元 ネバーランドカンパニー
発売日 【DC】2002年2月7日
【Win】2002年12月20日
定価 【DC】7,140円
【Win】オープン価格
廉価版 【Win】ベストプライス版
2004年2月27日/オープン価格
判定 良作
風来のシレンシリーズ関連作品リンク

概要

ストーリー

  • 風来人としての実力や見聞を深める為、旅を続けている主人公アスカ。たまたま滞在していた天輪国のひとつ「十六夜の村」では半月前から奇妙な事件が相次いでいたという。村の上流から毒が流れてきた事。地域でモンスター退治を生業としていた「鋼賀忍者」が村人を襲い、物資を強奪していた事。そして村の上流には鋼賀忍者の集落があるという。これは偶然とは思えない。一宿一飯の恩に報いる為、シレンと別行動をしていたコッパと共にアスカは騒動の解決の為に立ち上がるのであった。
    • コッパとシレンはお互いの修業の為に別行動をとっている。そして、たまたま十六夜の村にアスカ同様滞在していたのであった。
  • やがては、十六夜の村だけでは及ばない天輪国大陸全土に及ぶ大事件に巻き込まれる事に…。果たしてアスカとコッパは見事解決できるのであろうか?

特徴

  • 初心者から熟練者まで全プレイヤーに配慮したシステム
    • チュートリアル代わりの簡単なダンジョンから始まり高めのダンジョンに移行するシステムを取っており非常にプレイしやすい。
    • 特にWin版はもっと難易度の低い「鍛錬の押入」というダンジョンまで用意され、安心して遊べる。
    • そして熟練者が欲する高難易度ダンジョン。難しいだけでなく個性的なシステムが組み込まれている。詳しくは下記。
  • 「モンスターの壷」を更に発展させた「エレキ箱」
    • モンスターを模った自動人形。経験値を貯めてレベルアップや印のような回路を装着するほか、最高レベルまで上げると改造でランクアップも出来る(あなぐらマムル→洞窟マムルのように)。壷と同様に押して戦わせたり、アスカ自身が装着して能力や技をそのまま使うことが出来る。そして登録さえすれば、紛失してもやられても何回でも弱体化なしで復活する頼もしい相棒。ただし装着してHP0になったらアスカはそのままやられるし、装着時は満腹度の減りが異常に速い(通常の5倍の速度で腹が減る)。エレキ箱自身のHPが0になると故障してしまい、修復しない限り使えなくなる…と過信はできない、それが『風来のシレン』らしい見事なバランス取りである。
    • このエレキ箱の存在により、モンスターを集めて地道に育てていく「育成ゲーム」としての楽しさが新たに加わっている。
      アイテム持ち込みが自由であるダンジョンや、エレキ箱限定で何個でも持ち込める「ブフーの試練」などは、鍛え上げたエレキ箱を多数持ち込んで制圧してしまうこともできる。
      しかし持ち込み不可の最終ダンジョン「白蛇島」では、エレキ箱の活用スタイルは「その場に落ちている箱を拾ってレベル1から育てていく」という形になるため、決してラクではない。
  • 全滅したり燃やされて紛失しても、倒れたところや特定の場所で弱化する事なく復活するつがいの装備品がある。
    • 本編クリア後の話だが、セーブデータが一つしかない為に鍛えに鍛えた装備品が無くなる事を恐れたプレイヤーへの配慮とも言える。その装備品の性能そのものも最強ではないものの、それに次ぐ第二位の性能と高い為ありがたい。とは言っても、回収する際にまたやられては元も子もないので、エレキ箱を持ち込んだほうが無難ではある。
  • レア度・実用性ともに高い「風魔石」がコレクター魂に火をつける。これ自身は投げて1000ダメージ以外の効果はないが、特定のアイテムとペリカン異種合成をすると非常に高い効果が発揮される。
    • 武器・防具:シレン2同様、印数が増える(最大16)。上記の復活する装備につけるのが無難か。
    • 腕輪:☆マークが付き絶対に壊れなくなる。ただし、燃やされるとどうしようもないが。
    • 某エレキ箱LV99:最強クラスのエレキ箱が完成する。
  • 入手法はDC版では基本的にイベントと「白蛇島クリア」しかなかった *1 為、これを集めた数が一種のステータスになっていた。Win版は「銀猫魔天の挑戦」で買いまくれるので、それもWin版のメリットになっている。
  • 風来救助隊も健在で、救助に成功すればご褒美がもらえる。Win版ではオンライン救助が、DC版及びオフラインパッチを当てたWin版ではパスワードでの救助が可能。
    • 本作に限った話ではないが、道中に有用なアイテムがある救助パスは「便利パス」と呼ばれ、ネットで様々な便利パスが公開された。更に「道中で中断セーブを行うと再び同じパスワードで救助に行ける(通常は救助に成功すると同じパスワードは入力できない)」というバグのため、アイテム収集に重宝された。
    • 復活の呪文とお礼の呪文は、最終階での行動によって決まる。つまり、最終階で決まった動きをして救助する事で、狙ったご褒美アイテムを入手することが出来る。ご褒美アイテムは上述の風魔石などの非常にレアなアイテムを貰える事があるため、こちらも便利パスとして重宝された。
  • 敵味方問わず個性的なキャラが豊富。アニメーションも要所で発生する。アニメーションはシリーズ初の試み。
    • 見習いくの一ミナモや司祭のコヨリといった味方はもちろん、敵役のティナやネムリーまで女性キャラが多く印象深い。主人公のアスカといい、女性が中心となって展開する風来のシレンであると言える。もちろん、男性キャラも個性がキチンと立っている。
  • 飛び道具を持つ仲間のAIが賢い
    • 敵の場合は射程外だろうが途中に障害物があろうが意味もなく飛び道具を撃つが、味方はそういうことはしない。
    • あくまで「敵に当たるかどうか」だけで判定を行っているため、馬武者やオヤジ戦車は味方を巻き込むこともある。しかしムーロンやアイアンヘッドは安心して使うことができ、それだけでも大きい。

新ダンジョン・新システム

今作の最大の目玉は、以下のような個性的で質が違う数々のダンジョンである。

  • ブフーの試練
    • 上記にあるエレキ箱を駆使するダンジョン
    • 中ではエレキ箱やそれに取りつける回路が大量に手に入る
    • エレキ箱のみ、持ち込みが自由である。
    • エレキ箱以外のアイテムでも、イカリの杖、倍速の杖、回復の杖など、サポート系のアイテムが多く手に入る。
    • 20階のボスを倒してクリア。その後、99階まで拡張される。99階にはご褒美が?
    • 鍛え上げたエレキ箱を存分に活躍させられる晴れ舞台。またレアなエレキ箱や回路を探すための場でもある。
    • Win版の配信ダンジョンで難易度を上げた『骨心魔天の挑戦』がある
      • 持ち込み不可になった代償として、より強力なエレキ箱や回路が手に入るようになった。
      • 中ではバリバリがたまにうろついており、彼にエレキ箱の強化を頼むこともできる。
  • ドラスの試練
    • 杖や巻物を駆使するダンジョン。
    • 装備品はたいして手に入らないうえに持ち込みはいっさい不可。
    • 仲間キャラを連れていくことが可能である。
    • 18階のボスを倒してクリア。その後、99階まで拡張される。
    • 装備が弱いのに敵は白蛇島などと同様に強くなっていくため、いかに杖や巻物、仲間キャラを有効に使うかがカギである。
    • Win版の配信ダンジョンで難易度を上げた『幽幻魔天の挑戦』がある
      • 仲間キャラが連れ込み不可になったうえに装備品が完全排除のためかなりの難易度である。
  • ムラドの試練
    • 旧作でいうとフェイの問題。
    • 20問解くとクリア。その後は50問まで拡張される。全て解くとご褒美が1コだけある。
  • カカ・ルーの試練
    • 旧作でいうと掛軸裏の洞窟。つまり罠を敵にかけたり、自分で罠を持ち運んで仕掛けたりする。
    • 装備品が弱い一方、敵が強くなるのが速い。特に12Fから登場するアースニードルが脅威。
    • 16Fのボスを倒してクリア。その後は50Fまで拡張されるが、敵の強さは99F並であるうえ恐怖のアークドラゴン+デビルカンガルーコンボが・・・
    • Win版の配信ダンジョンで難易度を上げた『銀猫魔天の挑戦』がある
      • 99Fまで拡張され、しかし敵の強くなるスピードは同様のためやはり難易度は高い。
      • 一方であの風魔石が店で売られているため、マニアによく挑まれるダンジョンである。
    • ワナ師の腕輪があれば、他のダンジョンでも同様に罠を拾い罠を敵にかけることが可能である。
  • ギトーの試練
    • 始めから壊れないつるはしである「サトリのつるはし」をもっている。
    • ダンジョンに通路がなく、これを使って壁を掘りながら進んでいく。
    • ほぼ毎フロアにモンスターハウスと店がある。モンスターハウスをどう乗り切るか?店でどう泥棒するか?がカギ。
    • 敵が強くなるのが異常に早いが、店の強力装備とモンスターハウスを乗り切って経験値を稼いでいればいけるはず。
    • 16Fのボスを倒してクリア。ダンジョンは拡張されない。
    • Win版の配信ダンジョンで難易度を上げた『猿奇魔天の挑戦』がある
      • 50Fまで拡張され、相変わらず敵が強くなるのが早い。
      • あのとじこめ投げにも似た、ねだやし投げがある。決して気を抜いてはならない。
  • クロンの試練
    • 新システム「秘技」を駆使しながら挑むダンジョン。
    • 仲間キャラを連れていくことはできない。
    • ダメージを受けたり、ターンが経過したりすると「気力」が溜まっていき、これが溜まると秘技が使える。
      • 但し、気力が最大の状態でしばらく待つと気力万全状態になるが、その万全状態でないと使えないものも。
    • 秘技は秘技書を使って習得する。秘技書のみ持ち込み可
    • ダンジョンを出ると秘技は忘れてしまうが、秘技は何度も使っていると極めることができ、極めれば忘れない。
    • 秘技によっては何度も使っていると上級の秘技を思いつくことも。
    • 16Fのボスを倒すとクリア。クリア後、99Fまで拡張される。
    • Win版の配信ダンジョンで難易度を上げた『鳥飛魔天の挑戦』がある。
      • 極めたはずの秘技もここでは忘れている。
      • 装備品が使い捨てしか出ないという、厄介な仕様のダンジョン。
      • 仲間キャラを連れていくことはできない。
    • 『気力の腕輪』があれば、他のダンジョンでも同様に秘技が使用可能である。
  • リーバの試練
    • 持ち込みは5個まで。
    • 敵からいっさい経験値がもらえないうえに最大HPが30までしかあがらない。
    • そのため、強力装備の持ち込みが必須である他、固定ダメージ技の対策をしっかりしておくこと。
    • ボスは30Fにいる。他のダンジョンより長いかなりの難関。
    • Win版の配信ダンジョンで『冥炎魔天の挑戦』があるが、ボスの名前を冠しているだけで共通点は少ない。最大HPが250までという「限界がある」のみ。しかし、このダンジョンの恐ろしさは別にある(後述)。
  • 星華の大筒
    • 本編の最後のダンジョン。
    • 持ち込み、仲間の連れ込みは自由。
    • 4F毎にこれまで戦ったボスが登場。最後は36Fまで。
    • 持ち込み自由のうえに普通にLVが上がっていくため、リーバやカカ・ルーのほうが苦戦したという人も多い。
  • 白蛇島
    • いわゆる「もっと不思議のダンジョン」。
    • 最初の3フロアと最後の2フロアはシャッフルダンジョンで、その間は全て階段上昇型のランダムダンジョンである。
    • シリーズ経験者であれば、たったこれだけの説明だけでも十分高い難易度が予測できるだろう(事実歴代の中では高いほう)が、Win版では更にバランスを調整した「裏白蛇」を追加。
      • 言うまでもないが、難易度は相当なもの。おそらくシリーズでもトップクラスの難易度の「もっと不思議のダンジョン」であろう
      • 強力なアイテムの削除。具体的に言うと「根性の竹刀・衰弱の枝・グランドカウンター・透視の腕輪・識別の腕輪・ハラヘラズの腕輪・白紙の巻物・ねだやしの巻物」である。さらに「保存の壷」の出現率も激減。少ないアイテムでの苦戦を強いられる。
      • 他の敵を倍速+特技使用優先+攻撃力UPさせるデビルカンガルーの出現範囲と出現率が上昇。メガタウロス・アークドラゴン・ハイパーゲイズなどとセットになると、それだけで詰むことも。
      • 受けるダメージは1のみなのにHP10という強敵の「しろがねマムル」も登場。それに加え、状態異常無効+倍速+高火力という鬼性能の「おうごんマムル」も登場(DC版ではこの2体は普段戦わなくていい、という隠しキャラ的存在であった)。たかがマムルと思うと地獄を見る。
  • 鋼賀の隠し穴
    • 持ち込み可の不思議のダンジョン。
    • ダンジョン中に全くアイテムが落ちていないため、「いかに準備をするか」が問われる。
    • とはいえ不思議の宝物庫じゃないので極端に装備を強くする必要もなく、土偶もないからクリアするだけならさほど難しくない。
    • のだが、
      • スコアはアイテムを持ち込めば持ち込むほど下がる仕様になっている。
      • そのためハイスコアを狙うためにはなるべく弱く少ない持ち込みでクリアしなければならない。
      • 無論、狙いすぎて返り討ちに遭った人は多い。
    • 一方で、このダンジョンの店でしか手に入らない隠されたアイテムが存在する。
  • 他にもWinの配信限定で様々なダンジョンがある。インパクトのあるものだけを紹介しておくと、
    • 一致団結
      • 仲間キャラが全員いるのはいいが、1人でも死んだらゲームオーバー
      • 全員に気を配っていないといけないためある意味裏白蛇より難しい。
    • 巣窟効率五箱勝負
      • エレキ箱のみ5つまで持ち込めるダンジョン。
      • 毎フロアそれぞれテーマに沿った魔物が登場。また、ほぼ毎フロアモンスターハウスがある。1Fで死ぬことも珍しくない。
      • 中には大量の装備品が落ちており、超レアなものが拾える場合も
      • 登録したエレキ箱は失われないため、事実上失うものは何もない。短いこともあって気軽に挑める。
      • スコアは魔物を倒した数で登録される。
    • からくり白蛇島
      • 白蛇島とほぼ同じだが、カカ・ルーの試練のように敵をワナにかけることができる。
      • カカ・ルーの試練と白蛇島の有利な点を引き継いでいるため難易度は低い。

問題点

  • ゲーム本編の難易度が若干高く、初心者には厳しい(クリア後も高いが、それはいつもの事なのであまり問題にならない)。
    • 最初から20F+ボス、その次には27F+2連続ボス(おまけに未識別登場)といったダンジョンに挑む為、シリーズ初体験やそれ程やり込んでない人には結構厳しいバランス。どうしてもきつい人は旅仲間を連れて行ったり、「根性の竹刀」など手段を惜しまないようにしたい。
    • ちなみに、Win版では「鍛錬の押入れ」という練習ダンジョンはある。鉄甲の盾や鉄扇を回収しよう。クリアさえすれば、上記の復活する装備品で精神的に楽になる。
  • 旅仲間の能力変化がその冒険中ずっと継続される。従来のシリーズは階層を変えると元に戻るのだが。
    • 旅仲間には水棲系生物もいるが、彼らに水がめなどで水分を与えると攻撃力が飛躍的に上がり、文字通り「水を得た魚」状態になる。バランス崩壊に繋がるのでご利用は計画的に。
    • 一方、ミドロ系やしおいやん系などの能力低下技を食らうと、なんとずっと弱体化したまま。つまりそいつらの能力を一回でも食らうと非常にまずい展開になる。
    • 今作では仲間を頼らざるを得ない、更には仲間が倒れると強制終了するダンジョンも存在する為、孤立しないよう注意しないといけない。なお、仲間そのものは全てレベルを上げれば順当に活躍するので個性を見極めれば足手まといには決してならない。
  • フリーズするバグが割と多い。
    • 再現性は高くないが、数が多く知らないとひっかかる事もある。何より「フリーズすると即敗走=アイテムが消える」という本作の仕様上記憶の片隅に置いておきたい。
    • 長時間プレイすると、強制終了する現象も見受けられている。ミスの出ない冷静なプレイを心がける為にも、こまめな休憩を勧めたい。
  • Win版限定ではあるが、「冥炎魔天の挑戦」の仕様が色々と酷い。
    • 最高階層9999F最大HP250までという無茶な設定。ちなみに、9999Fまで行くには最低100時間程度かかると言う。
    • 乱数設定のせいか、同じアイテム・マップ・モンスター初期位置を持つフロアが、暫く続く事態が起きてしまう。ローグライクRPGの「ランダムに変化する」という定義を湾曲した内容。
  • 同じくWin版限定で、フェイの問題作成キットの問題
    • 常にあかり状態であり、設定を変えることはできない。
      • 副作用としてエーテルデビルの透明が無効になってしまっている。
    • 一度クリアした問題でないと、自由に選べない。
    • テストプレイモードがないため、いちいちアスカを起動させないといけない。
      • 上記の問題と関連して、テストプレイ自体が面倒なことになっている。
    • そのため、前作の方が良いという意見が多い。
      • 下記の販売戦略の面もあり、前作ほど自作問題の配布が活発にはならなかった。
  • しかし、最大の問題点は以下のような販売状況かもしれない。具体的には……。

その後の展開:販売時期や状況に恵まれなかったゆえに

  • 後にWinに移植され、そちらは更に多彩なダンジョンが追加配信(一時期は有料会員限定のアプリ。現在はチュンソフト公式HP内の本作紹介場所から無料でパッチとして配布されている)され、一生レベルで遊べるゲームにパワーアップした。
    • 風来のシレン月影村の魔物は最新OSで起動しないが、こちらはWindows7、8、8.1でも起動可能。ただしWin10では通常の手段で起動不可になってしまっている *2
    • クリアすると次から最深階が目指せる試練が4つ、鋼賀の隠し穴、白蛇島、裏白蛇島で計7つ。配信すると6つの新たなる挑戦+週替わりダンジョンの11コ。全て合わせて24ダンジョンという前代未聞のボリュームである。
  • しかし、ゲームとしての出来とは裏腹に、商業的には売れ行きが芳しくなかった不遇のゲームという評価も受けている。そのせいか現在は販売終了している。
    • もともとDC版発売時期の段階で、プラットホームのDCは既に発売されているPS2に押され、生産終了のアナウンスをしているという状態であった。そしておよそ十ヵ月後にWin版を販売するもの、ゲーム機ではなくWin用という特殊な販売状況から売れ行きはDC版程ではなく、オンラインサービスが終了した直後では700円程度という投げ売りになっていた(ただし、後述のように中古市場などでは後にとんでもない市場価値が付いてしまうことになるのだが)。
    • それ以外にも、出来はいいが難易度はシリーズを通じても高い作品である為「マニア向け」とも言われ(発売当時は)敬遠されていたという側面もある。
    • 当時、チュンソフトはセガとドワンゴの子会社であった為DCに販売していたが、肝心のセガはDC以後ハード生産を打ち切りにしていた。「多少前後すればまた今の立場が大きく変動していた」と言われた程、出荷時期のタイミングが非常に悪かった。
  • 結果、需要と供給のバランスに大きなズレが生じてしまった。
    • 「ハード末期+名作」の宿命ゆえか、販売がされてない現在においてネットオークションではWin版が1本20,000~50,000円という超高額取引になっている。

参考リンク:風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参! 攻略Wiki(主にWin版用)

総評

  • 外伝にもかかわらずシリーズ最高傑作と言われる事があるほど、難易度、テンポ、UI、バランス、ボリューム全てに優れている。
    特にWin版はオンラインサービスの終了に伴い、有料サービスであった全ての追加ダンジョンを開放、パスワード式の新救助に対応する最終アップデート「オフラインパッチ」を大盤振る舞いし、それから10年の時を経て今なお数多くのプレイヤーに愛された不朽の名作である。
    • ただし、『シレン1』『2』『4』の方が好きという人々も少なからず存在し、特にDC版『アスカ』はこれらに見劣りするという意見もある *3
  • 最高傑作かどうかはともかく、Win版は最新作のシレンと比べても決して見劣りしない面白さであることは間違いない。入手難易度は高いが、はっきり言って1年かけても遊びつくせないボリュームと難易度の為、対費用効果として考えれば手に入れる価値はある。
    • Win版はかなり高額であり、そして動作しないPCも増加し始めるころになっている。普通に遊ぶだけならドリームキャスト本体とソフトを揃えるほうが安上がりかもしれない。