ドラゴンクエストシリーズリンク



ナンバリングタイトル

機種 タイトル 概要 判定
ロト編:ドラゴンクエストI~III
FC ドラゴンクエスト 万人向けRPGの雛形を作った国民的フランチャイズの始祖。
簡潔な構造だがゲームバランスはなかなか良い。
ドラゴンクエストII 悪霊の神々 仲間と協力して広い世界を冒険するスタイルを提示。
イベントがヒント不足なら戦闘も調整不足で、攻略難易度はシリーズ屈指。
ドラゴンクエストIII そして伝説へ… ロトシリーズ完結編。完成度の高さに定評あり。ゲームバランスも良い。
SFC スーパーファミコン ドラゴンクエストIII そして伝説へ… DQ6から輸入された追加要素が盛り沢山だが、圧倒的な女尊男卑で男性が憂き目を見た。
GBC ゲームボーイ ドラゴンクエストIII そして伝説へ… 携帯機への移植としては良い方だが、新システムで副作用あり。
天空編:ドラゴンクエストIV~VI
FC ドラゴンクエストIV 導かれし者たち シリーズ第1作。5章構成とAI戦闘で仲間たちの人間性とドラマを表現。
PS ドラゴンクエストIV 導かれし者たち DQ7ベースのリメイク。あのキャラが仲間になる6章は、今でも賛否両論。
DS ドラゴンクエストIV 導かれし者たち PS版とほぼ一緒だが、裏ダンジョンが造り直された。
SFC ドラゴンクエストV 天空の花嫁 親子3代の物語を描く。あの人気モンスターを仲間にできる!
物理優遇に加え、呪文と比べてメリットの多い特技が登場したため、
戦闘における各要素間のバランスが取れていない。
PS2 ドラゴンクエストV 天空の花嫁 PS2初のDQ。難易度、快適性の向上や様々な追加要素が特徴。
おバカなAI、露骨過ぎる仲間の扱いの格差、とある敵キャラの出番増加は物議を醸した。
DS ドラゴンクエストV 天空の花嫁 第三の嫁登場でてんやわんや。基本的にPS2版のベタ移植でバグはほぼ消滅。
SFC ドラゴンクエストVI 幻の大地 天空シリーズ完結編。自由度重視に回帰したが、ストーリーは伏線放置が多く消化不良。
ステータスのインフレと特技の大幅追加で呪文・特技間のバランス面も問題に。
DS ドラゴンクエストVI 幻の大地 ストーリーの補完と呪文特技の再調整で化けると言われた期待の星、だった…
SFC版の欠点の多くが未改善なうえ、あろうことか仲間モンスターが削除。
劣化
ドラゴンクエストVII
PS ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち ストーリーの評価は高いが、石版集めの手間から賛否が分かれる。
呪文特技のバランスも改善されず。攻撃呪文なんてなかった。
賛否両論
3DS ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち シンボルエンカウント、すれちがい通信等で大胆なリメイク。
職業システムも改変されたが、呪文特技のバランスは改善されず。
なし
ドラゴンクエストVIII
PS2 ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 DQの世界が3Dに。発売後に評価が一変した名作。
問題にされてきた呪文特技のバランスもいくぶん改善。
3DS ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 新たな仲間、数々の追加イベント、フルボイス化を筆頭に
多くの追加要素やPS2版からの改善がなされた良移植。
ドラゴンクエストIX
DS ドラゴンクエストIX 星空の守り人 すれちがい通信で一般層に広く浸透したやり込み型RPG。 スルメ
ドラゴンクエストX
Wii/WiiU/
Win/3DS
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン シリーズ初のオンラインRPG。
2ndパッケージ『眠れる勇者と導きの盟友』3rdパッケージ『いにしえの竜の伝承』についてもこの項目で扱う。
なし
カップリング
SFC ドラゴンクエストI・II DQ5ベースのDQ1・DQ2リメイク。DQ2はバランスも見直された。
GB/GBC ゲームボーイ ドラゴンクエストI・II SFC版のI・IIをさらに調整。バランスの取れた移植となっている。
Wii ドラゴンクエスト25周年記念
ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III
FC版とSFC版、それぞれのDQI~IIIを全て収録。中断セーブの扱いには注意が必要。


派生作品

ドラゴンクエストモンスターズ

機種 タイトル 概要 判定
GB/GBC ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド テリーが輝いていたあのころ。最初のGBC対応作品。
3DS ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D DQM1のリメイク作品。『ジョーカー2』のモンスターが持ち越し可能。
GB/GBC ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵
ルカの旅立ち / イルの冒険
『テリワン』の正統進化。ある意味DQ9の元祖?
3DS ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵 DQM2のリメイク作品。テリワン3D同様『ジョーカー2』がベースとなっている。
GBA ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート キーファのもう1つの冒険。いつものDQMと違うシステムが賛否を呼んだ。 スルメ
DS ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー 久々に登場したDQMだが、システム刷新が非難を呼んだ。 なし
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 システム面が大幅に改良された。
ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2 プロフェッショナル ドラクエ初の完全版。
3DS ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3 非常に遊びやすくはなったが、しわよせにモンスターが大量にリストラされた。 なし
カップリング
PS ドラゴンクエストモンスターズ1・2 星降りの勇者と牧場の仲間たち DQM1とDQM2のカップリング移植。モバイルとも連動。
1は良リメイクだが2の方はやや残念。
スルメ


不思議のダンジョン

ドラクエ以外の不思議のダンジョンシリーズはこちら

機種 タイトル 概要 判定
SFC トルネコの大冒険 不思議のダンジョン 「ローグライク」というジャンルを一般に浸透させた作品。
PS ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン 非常に丁寧なつくりの作品。初心者にオススメ。
GBA ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険2アドバンス 不思議のダンジョン 上級者向けにこれでもかと徹底的な調整をしたリメイク。
PS2 ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン 新要素が全部賛否両論。コアゲーマーにオススメ。 賛否両論
GBA ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険3アドバンス 不思議のダンジョン 完全にコア向けにシフトしたリメイク。
PS2 ドラゴンクエスト 少年ヤンガスと不思議のダンジョン 不思議「な」ダンジョン的に路線変更。だが中途半端。 なし


スライムもりもりドラゴンクエスト

機種 タイトル 概要 判定
GBA スライムもりもりドラゴンクエスト 衝撃のしっぽ団 シリーズ初、あのスライムが主役のアクションADV。
DS スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団 異色のオリジナル要素である戦車戦がキーポイント。難易度は低め。 なし
3DS スライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団 「2」からルールはあまり変わっていないが、船カスタマイズで難易度急上昇。


モンスターバトルロード

機種 タイトル 概要 判定
AC ドラゴンクエスト モンスターバトルロードシリーズ 歴代ドラクエのオールスターゲーム。細かなネタも拾っている。
Wii ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー クオリティはアーケードそのままだが、長めのロード時間が欠点。 なし
AC ドラゴンクエスト モンスターバトルスキャナー


ドラゴンクエストヒーローズ

機種 タイトル 概要 判定
PS4/PS3/Win ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城 コーエー・オメガフォースが開発を担当。
「ドラクエ無双」的な内容を盛り込まれたアクションRPG。
シリーズのテイストは色濃く残しており、歴代作品のキャラも登場する。
なし
PS4/PS3/PSV ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり シリーズ30周年記念作品。


その他

機種 タイトル 概要 判定
Wii ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔 「剣神ドラゴンクエスト」の続編的作品。 なし
DSi ドラゴンクエストウォーズ DL専用。DQシリーズのモンスターを使った陣取りゲーム。
3DS ドラゴンクエストX おでかけモシャスdeバトル DL専用。
シアトリズム ドラゴンクエスト ドラクエ初の音楽リズムゲーム。 なし
PS4/PS3/PSV ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ 素材を運んで作る「ブロックメイクRPG」。世界観は初代ドラクエのIF。


コラボレーション

機種 タイトル 概要 判定
いただきストリート
PS2 ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー
in いただきストリートSpecial
FFと初の大々的コラボとしてボードゲームに出演。
DQは全作品から登場だが、一部のキャラ崩壊が話題に。
なし
PSP ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー
in いただきストリートポータブル
キャラ削減でDQ側にも偏りが。主人公勢全削除。
DS いただきストリートDS マリオファミリーと共演。 なし
Wii いただきストリートWii 二度目の共演作は残念なものに。
その他
Wii MARIO SPORTS MIX スライムがマリオ・FFキャラと共演。



概要

 エニックス(現:スクウェア・エニックス)の看板RPGシリーズ。
 ゲームデザイン・堀井雄二、キャラクターデザイン・鳥山明、音楽・すぎやまこういちの三人が制作の軸に関わる有名大作シリーズとして知られる。
 第一作『ドラゴンクエスト』は、当時の家庭用据置機の中心的存在だったファミリーコンピュータ対応で発売。その高い完成度から人気を集め、ジャンルとしてはまだメジャーでなかったRPGを一般層に浸透させる役割を担う。初代は主人公の一人旅。そこに、『II』では多対多の戦闘と役割分担、『III』ではパーティ編成の自由…と、少しずつ複雑な要素を取り入れて進化していった。
 位置関係の分かりやすい二次元の俯瞰マップと、コマンド選択の戦闘、マルチウィンドウによるメニュー管理システムが初期シリーズの特徴。「万人向け」を設計思想とする初代の目論見は見事にはまり、本シリーズのヒット以降はこれらを真似たフォロワーがたくさん作られた。
 また容量節約を意識して練られた台詞テキストやネーミングは「堀井節」と呼ばれ、大容量化した現在でもシリーズ固有の世界観を形作っている。鳥山明デザインのキャラクター人気も非常に高く、本シリーズからスピンオフした外伝作品も多く存在する。日本において「スライム」のイメージが「ぷるぷるした水滴型の弱くてかわいいモンスター」になったのは、DQの影響力の高さ故と言える。耳に残りやすく美しいメロディーを奏でるすぎやま氏作曲のBGMは、OPテーマを始めに非ゲーマー層でも耳に覚えがあるほど知名度が高く、ゲーム中の楽曲をオーケストラアレンジしたコンサートもコンスタントに開かれている。
 作品数を重ねるごとに内容は多様化しているが、三人の中核クリエイターの存在感が、どこか懐かしさを残す独特かつ王道的な立ち位置を保っている。