元祖西遊記スーパーモンキー大冒険

【がんそさいゆうき すーぱーもんきーだいぼうけん】

ジャンル RPG
対応機種 ファミリーコンピュータ
メディア 512KbitROMカートリッジ
発売元 バップ
発売日 1986年11月21日
定価 4,900円(税抜)
判定 クソゲー
ポイント 究極の(クソ)ロールプレイングアドベンチャー
なか゛いたひ゛か゛はし゛まる‥

異様に広いマップで超牛歩戦術
ノーヒントでクリアできるわけがない難易度
総じて不親切なスカスカの内容
ヤバい隠しメッセージ
BGMだけは良質
出来の割にやたら充実していたキャンペーン


概要

日本テレビ系列のレコード会社・ビジュアルソフトメーカーである株式会社バップのファミコン参入ゲーム第1弾。
歴史的ソフト…ってなわけだ」「パノラミックな大冒険だゾ!
といった宣伝文句が躍る自称「究極のロールプレイングアドベンチャー」だが、実際はスケールだけが壮大で他がどうしようもなくスカスカな代物であった。

ゲームのルール

  • プレイヤーは三蔵法師一行(悟空、三蔵法師、龍馬太子)を操作し、謎の孤島からワープポイントを通って、中国大陸を抜け、天竺の都に到着し、お釈迦様より「ありがたいおきょう」を授かる事が目的となる。
    • 西遊記でお馴染みの猪八戒と沙悟浄はある場所で発生するイベントで仲間に加わるが、加えなくともプレイに支障はない
  • それぞれのキャラクターは体力を持ち、敵の攻撃に当たるか、食料と水が切れた状態 *1 で時間が経過すると減っていき、体力がなくなると死亡する。全員が死んでしまうとゲームオーバー。
    • 例外として羅刹女を倒さずに火焔山の近くに移動した場合、轟音とともに水が減っていき、水が尽きると全員の体力が減っていき最終的に全滅してしまう *2
    • 食料と水がある場合は徐々に体力が回復していく
  • 時間の概念があり、実際の時間の経過によってゲーム内の時間も進んでいく。朝、昼、夜の三回に食料と水の消費が行われる他、夜にのみ開くタイムドア(後述)といった物も存在する。
    • マップ上に点在する民家に入る事で情報や食料と水を入手することが可能。これを利用しないとたった一日で食料と水が尽きてしまうので民家の位置をしっかり覚えておかないと攻略は難しい。
      • 民家には見た目は同じだが幽霊屋敷になっているものもあり、中にいる幽霊を倒さないかぎりは出してもらえない場所もある。
  • フィールドのエリアによっては妖怪に襲われて戦闘シーン(後述)に入ることもある。三蔵法師一行は妖怪を退けながら、天竺へ向けてなか゛いたひ゛を続けるのだ。

問題点

システム上の問題

タイトルの通り『西遊記』をモチーフにしているのだが、「孫悟空たちが天竺にお経を取りに行く」こと以外に物語性は一切なく、天竺に向けてひたすらフィールドマップを歩き続けるだけという、RPGのアの字もない内容である。
しかもフィールドマップは約700画面と大陸の縮尺を再現したんじゃないかと思うほど広大で、移動速度は1秒間に2マス程度ととんでもなく遅い
ゲーム開始時に表示される「なか゛いたひ゛か゛はし゛まる‥」というメッセージは、悪い意味で本作を象徴するものである。

さらに本作ではゲームシステムや攻略のヒントといった重要な情報がゲーム中で一切説明されない
これだけならファミコン初期のゲームにありがちな話で済むのだが、ゲームシステムがお粗末すぎるせいで説明書なしではその大半が理解できず、最初から最後まで何をやっているのか分からないのである。

  • 別の土地へ移動するためにはワープポイントを見つける必要がある。
    • だが、ワープポイントは画面上に一切表示されず、広大なマップをしらみつぶしに探さなければならない
      • しかも、やっと見つけたワープポイントが進行に無関係な偽ワープになっていることがある
      • 最初のワープポイントからして隠されているが、通った先には階段のようなグラフィックがあり、入る事で行き来できる。表示できるんじゃねぇか。
      • 「ゴビ砂漠」や「タクラマカン砂漠」といった実在の砂漠も登場するがワープゾーンでめちゃくちゃに飛び回るこのゲームでは現実の地理の知識はあまりヒントにならない。
  • 食料と水の概念は過去には『ウルティマ』や『無幻の心臓』、後には『ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート』などに採用されており、それ自体に問題があるわけではないが、ノーヒントでマップをしらみつぶしに探さなければならないこのゲームとの相性は最悪である。
    • 散々迷った挙句にゲームオーバー時には「ああ しんし゛ゃった!」というバカにしたようなメッセージが出てくるので腹立たしい。
  • 本作はランダムエンカウント制を採っており、大陸を歩きまわっていると何の前触れもなく戦闘シーンになる。戦闘中は横スクロール画面になり敵をすべて倒すまで終わらない。
    • プレイヤーは悟空を操り、Aボタンで如意棒で攻撃できるがモーションが恐ろしく遅い。しかも連打をするとキャンセル技がかかってモーションがキャンセルされてしまうのである程度リズムを付けて押すほうが攻撃しやすい。
      • しかし如意棒をふっている間は完全無敵な為、連打さえしていれば炎が当たろうが矢が当たろうが一切ノーダメージである。
      • しかし、如意棒を当てるにはコツがあり、振っている際に棒の先に少し判定があるというクソゲーによくありがちな当たらない攻撃判定である。
    • なお、敵キャラはこちらを全く無視して暴れまわるという適当なアルゴリズムで動く。動きが遅い敵を倒すと仲間が戦いに参加してくれる。
      • しかしこの仲間がまったく役に立たない。はじめは猪八戒。猪八戒が死ぬと沙悟浄。沙悟浄が死ぬと龍馬太子。龍馬太子が死ぬとなんと三蔵法師が戦闘に参加するのだが、どいつもこいつも敵と一緒に周りをうろちょろするだけで全く役に立たず、勝手にHPを減らして勝手に死んでいく
      • 飛び道具を発射する敵はヤケクソなスピードで連射してくるので、如意棒を持たない仲間たちはたちまち秒殺されてしまう。
    • 悟空はスタートボタンで龍に変化することが出来るが、変身中にダメージを受けると水が減ってしまう。その為、水が必要なキャラ(沙悟浄、龍馬太子)が死にやすくなってしまう。別に困らないが
      • 龍に变化している間は炎を吐いて遠距離攻撃が出来るが、如意棒の無敵が使えない分、あっという間に攻撃を受けて水がカラッポになり、変身解除されてしまう。そして、沙悟浄達が死ぬ
    • 死んだ仲間を復活させるには「不死鳥鳳凰」というキャラクターに会わなければならないが、ゲーム進行上の進むべき方向とは正反対の方向にいるうえに目印がなく、ノーヒント *3 なので見つけるのはほぼ不可能である
    • ちなみに悟空が死んでしまうとプレイヤーは生き残った猪八戒や沙悟浄といったキャラを操作することになるが、Aボタン攻撃がないので体当たりで相打ちになる事しか出来ない。
      つまり、悟空がしんじゃった時点でほぼ「ああ しんし゛ゃった!」が確定する。
    • 場所によっては当たり判定が異様に小さい敵も出る。例によってこちらを全く無視して素早く動く上に、上記の操作性のために倒すのに異様に時間が掛かる。戦闘中も時間が経過し、食料と水が減るので時間をかけると苦しくなる。(さらには戦闘中はフィールドよりも時間の経過が早い)
    • 色々と書いたが、戦いに勝った所で報酬は一切ないので、手早く済ませるのが吉となる。
  • 特定の場所に行くと西遊記でお馴染みの金角大王と銀角大王といったボスと戦闘になる。
    • キャラがデカいのはいいのだが、どこを狙えばいいのかが全くわからない。その為、「筋斗雲に乗って顔の近くで如意棒を振る」というのに気付かなければいつまで経っても倒せない。
      • 倒してもイベントや消滅グラフィック等はない。唐突にフィールドに戻されるだけとなっている。
      • なお、如意棒攻撃が必要になる以上、悟空が死んでいた場合は詰む
  • タイムドアーが極悪
    • 夜の間にしか開かない関所のような場所(タイムドアー)が存在するが、通過中にも容赦なくエンカウントが発生する。
      戦闘中に朝になってしまった場合は、戦闘終了後にタイムドアーが閉じてしまい、死ぬまで閉じ込められる事になる。
      • 脱出するには後述の裏技を使うしかない。
      • タイムドアーは「一度画面外に出さないと開閉が行われない」ため、タイムドアーを画面に入れた状態で夜まで待っていても待ちぼうけをくらうだけとなっている。
  • 民家や都を訪れたときやボスを倒したときなどに突然、「A」や「AB」といった文字列が表示されることがある。
    • これはコンティニューコマンドなのだが、入力数が少ないことからも分かるように場所以外は保存されないようで、コンティニューすると仲間は全員揃っていて水や食料も最大の状態でその場から再開できる
    • ちなみにこのコンティニューコマンド、「A」は「タイトル画面でAボタンを押す」という意味だが、「AB」はAボタンとBボタンの同時押し…ではなく「Bボタンを押しながらAボタンを押す」という意味。分かるかそんなもん!(もちろん説明書には書いていない。)
  • 都は複数存在するが天竺の都以外は入った後に弓兵に襲われるという単なるエンカウントポイントになっている。
    • 回復出来るかも?という気持ちで入ったら弓兵に殺されて「ああ しんし゛ゃった!」になるという巧妙な罠。しかもちょうど食料と水が切れそうな位置に配置されているので質が悪い。
      繰り返すが都で食料と水をもらえたり、体力が回復することは一切ない
  • カセットROMなのに関わらず、画面切り替え時に若干のロード時間が発生する。場合によっては4秒くらいかかるものも。
    • 例を挙げると戦闘中に全滅した際、4秒ほどロード時間が入り、「ああ しんし゛ゃった!」と表示される。待たされた上に表示される内容がコレなので脱力感もひとしお
      • フィールドで餓死した場合ははロード時間無しで即座に「ああ しんし゛ゃった!」と表示される。つくづく謎のゲームである。
  • 後述のボスを倒した後ゲームオーバーになり、そのままリセットボタンを押さずに初めからスタートするとそのボスが出てこない。フラグがリセットされていないのだろうか?
    • 羅刹女を倒した状態で再スタートすると火焔山を素通りできてしまう。
    • 火焔山直前のコンティニューコマンドも存在するが、電源を入れ直すなどして羅刹女を倒したフラグがリセットされた場合、そのまま火焔山に行くと焼き殺されてしまう
      • さらにはこのコマンドを実行した場合、羅刹女のいる場所には戻れないので、完全に罠コマンドとなっている。

原作再現率の低さ

  • 開始地点は唐の長安…ではなく、なんと孤島(恐らく台湾)である。スタッフは西遊記をなんだと思っているのか
  • フィールドの特定の場所ではお供の猪八戒や沙悟浄に出会ったりボスが行く手を阻んだりするのだが、その場所に特に目印があるわけではなく、行くとメッセージが1行表示されるだけでいきなり戦闘が始まる。戦闘をクリアしても何かイベントがあるわけではなく、そのままフィールドマップに戻るだけである。
    • ちなみに、本作に登場するボスは「金角大王」「銀角大王」「羅刹女」「混世魔王」の4体しかおらず、羅刹女の夫である牛魔王と嫡子の紅孩児がなぜか雑魚敵になっている
    • 「混世魔王」は本作ではラスボスになっているが、原作の『西遊記』では孫悟空が三蔵の弟子になる前に戦った最初の敵である。

こうした数々の苦行を乗り越えた先に待つのは、青い背景につまらない(しかも歴史的に間違っている)文が数行出るだけの味気ないエンディング(文面を知りたい方はこちらまたは下のTAS動画を参照)。結局、最初から最後まで中身がないままゲームは終わってしまうのだった。

  • ちなみに三蔵法師は死んでいてもちゃんとエンディングになる。
+  本作のTAS動画。4分ほど待てば見られます
  • そもそもタイトルからして「元祖西遊記スーパーモンキー大冒険」というどこからツッコんでいいのかわからない題名となっている。
    • まったく原作を再現できていない元祖に加え、悟空しか役に立たないスーパーモンキー、700画面の広大なマップを異様に遅い速度で歩かされる大冒険という意味だろうか…?

評価点

  • クソゲーの法則どおりBGMだけはよい。特に悠々としたメロディーのフィールドBGMは普通に名曲である。
  • ドット絵の悟空、八戒、沙悟浄、三蔵などはなかなか可愛らしい出来栄え。
    • 歩行グラフィックは3パターンでアニメーションしており、当時としては健闘している。
  • 当時のRPGの中では珍しく斜め移動ができる。これは同じファミコンのゲームで言えば『MOTHER』を3年先取りしたものである。
    • また、本作はDQに対抗して作られたという話があるが、DQで初めて斜め移動が登場したのは『VII』なので、「水と食糧」の仕様と合わせてこの点だけはDQに一歩先んじていたと言えるかもしれない。
  • 時間の概念も採用されている。リアルタイムの時間に応じて昼と夜が切り替わり、
    マップのグラフィックもそれに伴って明暗が変わる。こちらも『DQ3』に先んじた要素となっている。
    • 夜の間しか開かない「タイムドアー」も、問題は山積みだが、ある程度謎解きにもなっている。

総評

世にクソゲーと評されるソフトは数あれど、最も重要な要素にして最も高いハードルである「つまらない」ものは意外と少ない。
そんな中で、本作はしっかりと「つまらない」を突き進んだ。
広いだけのフィールドから見えないワープゾーンをしらみつぶしに探して先に進むだけの作業感、ときおり思い出したようにあらわれる戦闘はアクション風ではあるが連打で押し切るだけという拙さ、水と食糧を消費するという独自要素もゲームの進行をただ邪魔するものにしかなっていない、そしてそんな苦行を乗り越えたプレイヤーをあざ笑うかのような質素なED。
その「楽しくなさ・つまらなさ・腹立たしさ」はそんじょそこらの作業ゲーを軽く凌駕する。 いつ・誰が・どうやっても・常に変わらずつまらない。そんな「究極のクソロールプレイングゲーム」である。
かくして本作は宣伝文句の言葉通り、クソゲーの歴史にその名を残したのであった。

余談

  • ポーズ機能があるが、マップでポーズをかけた後、任意の方向にキーを押しながらポーズを解除すると、地形の当たり判定を無視した移動が出来る。
    これを駆使する事でボスキャラを無視したり、エンカウントせずに開始4分でクリア(上記のTAS動画を参照)する事が出来るバランスブレイカーな技となっている。元々のバランスが上記のザマだが…
  • 「サル」繋がりなのか、「クソゲーオブザイヤー2008」の動画では『プロゴルファー猿』パートにおいて本作のフィールドBGMが使用されている。
  • 日本テレビの系列会社であるという利点(?)を生かし、テレカのプレゼントや当時の日本テレビ系人気歌番組『歌のトップテン』の入場券プレゼント、「天竺親子ファミコンゲーム駅伝大会」と銘打った全国大会の実施、さらには本作の劇画を募集するという訳の分からないものまで、無駄にキャンペーンに力を注いでいた。
    • テレカプレゼントの応募条件は「このソフトの感想を送ること」。果たしてどんな感想が届いたのやら…。
    • 全国大会は当時の参加者の証言によれば、地区大会を勝ち抜いた出場者が東京ヒルトンインターナショナルのディナーに招待され、主催者が呼んだアイドルが歌うなどなかなか豪華なものだったという。この模様は当時のゲーム雑誌にも掲載されている。
  • 本作のロムを解析すると、デザイナーの「なかじまかおる」氏が残したゲームとは無関係な下品な文章が出てくる。詳しくはこちらから。
    • 「なかじまかおる」氏はどこぞのスレの情報によると今もゲーム業界現役だという。現在の氏は中年の域だと思われるが、若気の至り(?)で残した隠しメッセージを今はどう思っているのか、そこに残した願望は叶ったのか…。余計なお世話ながら心配される。
    • 「開発者の(アレな)隠しメッセージ」という点で『えりかとさとるの夢冒険』とともによく引き合いに出される。あちらの方がどす黒さでははるかに突き抜けてしまっているが、最低具合ではこちらのが上である。当然、こんなことを比較したところで何の意味もないのだが。
    • ちなみにこのゲームはスタッフロールが存在しないため、皮肉にもこの隠しメッセージが唯一のスタッフクレジットとなり、余計にこの名が目立つようになってしまった。
    • また、先にあげたリンク先ページの関連リンクには、初代ドラクエにてこのメッセージに関連するある文字列をふっかつの呪文として入力すると、なんと正常なパスワードとして通ってしまうという記事が載っている。
  • 『ゲームセンターCX』第3シーズンでよゐこの有野晋哉氏が本作をプレイしている。「有野の!もしもし大作戦」というミニコーナーで、視聴者に電話をかけて情報をもらいながら見事攻略。やはりと言おうかもちろんと言おうか、ゲームの内容よりも視聴者とのやり取りの方がメインになっていた。
  • 空知英秋氏の漫画『銀魂』では、本ソフトがそのままの名前で登場し、過激派テロ組織『攘夷党』が投擲用武器として使用していた。
    • アニメ版では「モンキー」ではなく「モンチー」に変更されていたが。
  • 徳間書店から発売されていたゲームコミックシリーズ『必勝テクニック完ペキ版』シリーズで、本作も扱われていたのだが…ストーリーも敵キャラもゲームとはまったく関係ない単なる西遊記の漫画だった。ゲームの内容が内容だけにそのまま漫画化はできないと思われたのか?
    • 因みに「この漫画は必テク完ペキ版なんだったら!」「文句あっか!?」と念を押す文章が何度も書かれていた。
  • 「RPG大辞典スレ」に紹介されているが、「こんな物を世に出すことを誰も疑問に思わなかったのか?」と呆れられている。本作の記事はこちらを参照。
  • 海外の人にもウケが悪かったようで、とあるサイトでは「The Worst Japanese RPG ever made」と紹介されるハメになってしまった。しかも内容は概ね的を得ている
  • 本作の唯一無二と言っても過言ではないBGMを、ニコニコ動画で現代風にアレンジした動画がアップされたことがある。無論、歌詞は大半が本作への苦情であった。更に、何をトチ狂ったかDNA氏(『幸せはおっくせんまん』などを手掛けた人物)によって勝手にアニメ化された
  • 後に「ああ、しんじゃった!」が「悪代官2-妄想伝-」のゲームオーバーメッセージに使用されている。
  • 当時放映されていたCMは、手描きアニメとCGによるグラフィックを合成した映像になっており、なかなか凝っている。
    • BGMは、フィールドBGMをアレンジしたものが使われている。
  • バップが発売したゲームでクソゲーとして挙げられるRPGに『道 -TAO-』が存在する。こちらはクソゲー度こそ本作より大分低いが、代わりにとてつもない電波を放つ怪作となっている。


添付ファイル