D.C.III ~ダ・カーポIII~

【だ・かーぽすりー】

ジャンル 恋するアプリ



対応機種 Windows XP/Vista/7
プレイステーション・ポータブル
発売・開発元 CIRCUS NORTHERN
発売日 DVD:2012年4月27日
USB:2012年9月28日
PSP:2013年2月28日
R:2013年5月24日
R X-rated:2013年5月31日
価格 通常版:9,240円
初回限定版:10,290円
USB(ダッシュ)版:9,240円
プラス(PSP):6,090円
R(X-rated含む):9,240円
レーティング E-15(15歳以上対象)
プラス:CERO:C
X rated:18禁
D.C. ~ダ・カーポ~シリーズリンク

WARNING!!!!!!!

本作のX-rated版は18歳以上のみ対象のアダルトゲームです。


各バージョン簡易説明

多数のバージョンが出ているため、予めこちらに記載する。

  • 無印(Win)版
    • 全年齢対象向け。但しパッチ適用が必須。
  • USB版
    • 無印のパッチ適用版。他、インストール不要という長所あり。
  • PSP版
    • USB版の完全移植版。
  • R版
    • USB版にIIと他の要素を追加。
  • R X-rated版
    • R版に18禁要素を追加。

概要

  • IIから17年後の初音島から始まる、正式な続編。
  • …なのだが、本作はこれまでのシリーズと違い、非常に意欲的な要素が盛り込まれている。
    • メイン舞台が風見学園 ではない
    • シリーズ皆勤キャラである朝倉家、および白河家のキャラが登場しない *1
    • 魔法という、これまでは概念的要素だったものが本作で明確に顕在化した。
    • 舞台がシリーズ最古の時代。
    • 初出が18禁でない。また、ジャンル名に”こそばゆい”がついていない *2

ストーリー

前作から17年後の2月、風見学園に通う芳乃清隆は公式新聞部に所属しながら、ヒロインたちと楽しくすごしていた。
ある時、部長の立夏の思いつきがきっかけで枯れない桜に触れたところ、枯れない桜が復活して島中の桜が満開となる。
その直後、新聞部の面々だけに「 桜が咲いたら、約束のあの場所で… 」というメールが届く。
後半部分は文字化けしていて読めなかったが、その送信日時はなんと1951年4月30日になっていた。
新聞部は調査を続けていたところ、桜の樹で謎の女性に出会う。その女性は、新聞部の面々に「久しぶり」といい、昔話を語り始めた。

キャラクター

偶然なのか意味を持って設定したのか、本作のヒロイン達は誕生日が非常に覚えやすくなっている。
また、ヒロインには歴代のキャラクターとの共通点が多い。

+  初音島編
+  風見鶏編

評価点

  • シナリオは完成度が高い。前作までの因縁に決着をつけたという意味では、本作のシナリオでようやく(あるキャラの)ファンの悲願が達成された。
  • デフォルメキャラのアニメーションがぬるぬる動く。前作では落書きレベルだったが、本作では標準以上の水準になった。
    • しかも、後述のVer1.3では更にぬるぬる度が増した。
  • CGムービー
    • キャラ造形は正直クオリティは低いが、テキストのみでは表現しにくい場面を描写するのには効果的。
  • 相も変わらずOPは全てクオリティが高い。『ダ・カーポの歌は全部名曲』という方式は本作でも崩れず。
    • とりわけ人気が高いのは、1stOPであるyozuca*氏の「キミにささげる あいのマホウ」。歌詞から引用して、某動画サイトでは『10年も100年後も変わらない名曲』と名付けられている。
      • 尚、OPがアニメなのは1以来であり、後述するがアニメ化もしている。
+  アニメ風オープニング

賛否両論点

前作にもあった曲の使い回しはかなり多くなっており、前作の3曲から22曲に増えている。
曲自体に問題はないものの、D.C.時代の曲はどうしても古臭く聴こえ、人によっては場面に合ってないと感じる事も。
また、清隆の携帯着信音が義之と同じであり、手抜きとしか思えない。

問題点(パッチで改善された点は除く)

  • 誤字脱字が多い
    • パッチである程度修正されたものの、依然完璧とはいえない状態。
  • 演出上のミス
    • 画面に映っていないキャラや画面に背を向けているキャラ、あるいはCGが表示されているときにキャラが喋る際、対象のキャラアイコンがメッセージウィンドウの左側に表示される *7 のだが、
      この時清隆がしゃべっているというのに何故かアイコンがヒロインのものになってて、違和感バリバリ。日常シーンで起きてもあまり気にならないだろうが、クライマックスの山場でやたら見受けられるため、感動シーンに水を差してしまっている。
  • 初音島編について
    • 序盤と終盤にちょこっと挿入されるだけで、他は全部風見鶏編となっている。公式サイトではさも舞台を遷移しながらシナリオが進むような作りになっており、拍子抜けしたプレイヤーは多い。
    • 特に、シャルルは初音島と風見鶏とでは清隆への好感度に大きな差がある *8 ため、初音島でるる姉とイチャイチャ出来ないのが不自然と思うことも。
    • しかも、初音島での美琴やゆず、夕陽等の良素材を全く活かせていない上、出番が無さすぎる。… 出番自体ない 四季に比べればマシだろうか。

総評

  • 続編ではあるものの、シナリオや設定はこれまでと一線を画するものとなっている。
    • 舞台が古いためか、本作自体を『ダ・カーポZero』と言う人もいる *9
  • 初音島については、本作で楽しむことは出来ないものの、風見鶏もあまり変わらない学風であるため、違和感はそれほど感じることはないと思われる。
  • サーカスにしては珍しく無償アップデート版を配布しているので、曲芸商法が鳴りを潜めたか? *10 と期待するファンも少なくないかも。
  • なお、最初期のバージョンでは凄まじい誤字脱字やフリーズなどの不具合があるため、これから始める人は下記のUSBメモリ版を買うか、修正パッチをちゃんとあててからプレイすることを推奨する。

アニメ版について

  • 2013年1月より、アニメが放映。初音島が舞台となっており、原作再現をしつつもオリジナル要素を詰め込んだ内容となっている。
    • 歴代のOPはアニメ版を含みyozuca*氏が担当することが伝統ではあったが *11 、本作のアニメOPはヒロイン勢が歌い手となっている。第1話のEDだけだが、こちらはyozuca*氏が担当している。
      タイトルには「サクラ」がついているが、これまでとは毛色の違う明るいポップなノリである。
    • なお、最終話の終わり方から二期はやるつもり満々のようだ。
+  本作の評価には直接関係はないが…ネタバレ注意

USB版

  • IIIのアップグレード版。パッケージ版がある人は無償でアップデート可能
  • USBにプログラムが格納されているため、当然インストール不要。

追加要素

  • 葵のルートが追加
    • 本編では攻略順が限られていたが、自由に攻略が可能となった。しかも新規描き下ろしシナリオ。代償として、葵以外の新録がない。
    • また、本来の葵ルートである「Zero」は健在のため、 Zeroありきのシナリオであること も覚悟しなければならない。
  • 風見鶏の前日談『邂逅のアルティメットバトル』収録
    • 風見鶏編の2ヶ月前のシナリオ。攻略後は自動的にプロローグ(初音島編)へ移行する。
  • 各種サブキャラのシナリオ追加
    • 攻略が熱望された3名のサブシナリオが追加された。
    • ただし、どれも非常に短く、あくまでおまけで作られた感は否めない。
  • グニルックのミニゲーム追加
    • 本アプリのみ、別途プログラムから起動出来る。DDRや太鼓の達人のような音ゲーで、曲は5つのキャラソンと新規BGM2つ。
    • キャラソンのクオリティは高いが、そもそも本編で聴く機会がないため、馴染みが薄いラインナップ。人気の高いOPやEDの曲で遊べないのが少々物足りない。
  • アフレコモード実装
    • ニコニコ動画等の実況プレイ向けのモード。前作のアップグレード版にも搭載されている。

R版

元々は「D.C.III DASH Ver.1.35」で予定されていたバージョン。

追加・変更要素

  • 前作IIのキャラクターによる完全新規シナリオ「桜風のアルティメットバトル」を収録。
  • イベントシーンの追加CG、新規オープニング及び楽曲の追加。
  • 18禁シーンの追加(X-ratedのみ)
  • 声優が無印、X共に変更 *12