find Herの英文

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


find Herのページ内にはカメラの説明の英文がある。
これらはWikipediaの商品説明やlivedoorニュースの文章を
エキサイト翻訳で英語にした文章だったことが判明。

翻訳サイトで翻訳したものをそのまま同人誌に載せてしまったため、一部支離滅裂な文章になっている。

Wikipediaの文章を商用にするのは問題ないが、

著作者表記(Wikipediaの表記)と、その改編物を同じライセンスで提供する義務が課されている。


・The finder(notFINDHER)

(一部改変?)
ファインダー(Finder )とは、カメラにおいて目で覗いて構図を決めたりピントを合わせたりするのに使用する覗き窓。
カメラのタイプによってさまざまなものがある。
撮像用またはファインダー用のレンズによってスリガラス上に結像された画像を見るレフレックスファインダー・ビューカメラ用ピントグラス、
結像させず負光学系を用いて虚像又は透視実像による視野を見るビューファインダー、
デジタルカメラに搭載される液晶画面を用いた電子ファインダーの3つに大別できる。
Wikipedia ファインダーより引用)

・パナソニック・ルミックスDMC-GF1の説明

パナソニック・ルミックスDMC-GF1(Panasonic Lumix DMC-GF1)は、
2009年9月18日にパナソニックから発売されたマイクロフォーサーズシステムのデジタル一眼カメラである。
パナソニックから販売されるマイクロフォーサーズシステムとしては第3号機、
マイクロフォーサーズシステムとしてはオリンパス・ペン E-P1に続く第4号機となる。
ルミックスDMC-G1と同じ撮影素子をベースに、ハイビジョン動画撮影を可能とし、
ファインダーを搭載しないことによる小型化を特徴とする。

本体サイズは、119mm(幅)×71mm(高さ)×36.3mm(奥行き)ミリ、本体質量は約285グラムであり、
フラッシュ内蔵レンズ交換式デジタルカメラのボディとしては「世界最小・最軽量」のサイズを実現(製品発表時)している。

本体カラーは、シェルホワイト、アーバンレッド、エスプリブラックの3色、
2010年3月12日にブレードシルバー、フェアリーピンクが追加された。

・キヤノン EOS Kiss デジタルの説明

2003年9月20日発売。一眼レフカメラのユーザー層を広げたEOS Kissシリーズのデジタル版として登場、
上位機種EOS 10Dと同等の画素数の撮影素子を搭載しながら、
ボディ単体での実売価格が12万円前後(レンズキットは14万円前後)という低価格を実現させ、
普及型デジタル一眼レフカメラの先駆けとして注目された。
ライバルメーカーへの影響は大きく、後に登場するニコン D70は正式発表前に「開発発表」として
早々と公表されるなど異例の対応が取られた。
当初はシルバーボディのみであったが、2004年4月24日にブラックボディが追加発売された。
アメリカでの名称はEOS DIGITAL REBEL、ヨーロッパ、アジア、オセアニアでの名称はEOS 300Dである。
なお、専用レンズ(EF-S 18-55mm F3.5-5.6 USM。EOS 20Dなど、
当機種以降のAPS-Cサイズセンサー採用機種でも使用可能)が開発されており、このレンズとのセット販売もされた。
2004年にはカメラ記者クラブ特別賞を受賞している(グランプリはD70)。

・ホルガの説明

1982年に香港で生まれ、中国の労働者階級の人々の家族写真やイベントを記録することを目的に、
安価で大量に販売されることを目指していた。ホルガの語源は広東語の「好光(ホウグォン)」(とても明るい)である。

低品質の材料と単純な凹凸レンズの組み合わされたホルガはロモよりも安く販売されたが、
その安っぽい造りはしばしば背景のケラレ、ぼけ、光漏れあるいはその他の像のゆがみを生み、
同じ機種でも一個一個写り具合が異なるほど品質が劣っていた。
これらの効果により時々生じる一風変わった写真は皮肉なことに国際的なカルト的人気を高め、
ホルガの写真はアートと報道の分野で数多くの賞を勝ち取り、トイカメラの愛好者や芸術家などに強く支持されている。

当初は120フィルムを使用するモデルから始まったが後に135フィルムや110フィルムを使用するモデルが追加された。
(Wikipedia ホルガより引用)

・デジタルハリネズミ2の説明

トイカメラ「ハリネズミカメラ」は、もともと110フィルム版で発売されていたのだが、
フィルムの生産終了に伴い、製造が終了。トイカメラファンが待ち望む中、今年3月に“トイデジ”として復活を果たした。

それがブルックリンミュージアム、MoMAなどの海外のミュージアムショップでも取り扱われ、
気付けばハリウッドで活躍する映画監督や女優らも愛用するほどの人気に。
今回発売となるのはその新バージョン「デジタルハリネズミ2」だ。

必要最低限の機能を備え、偶然の期待感がふくらむ“レトロ感”がデジハリの人気の理由。
「デジタルハリネズミ2」ではサウンド機能を搭載し、画素数も200万から300万にバージョンアップ。
「カンペキを求め過ぎないところがデジハリの人気の理由だと思います。
色がビビッドでトイカメラらしい写真に加え、動画も8mmフィルムのようなノスタルジックなものが撮影できますよ」と、
製造販売元のパワーショベル広報。
静止画・動画共に対応したモノクロ撮影の隠しモードも加わったので、
デジハリでショートムービーを撮影する人にはますますもってこいだ。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。