※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

gnuplotの図の修正


set size squareしたときとかのBoundingBox修正


1.fixbb.shを作成。

eps2eps版
#!/bin/bash

input=$1
output=$2

eps2eps ${input} ${input}_temp ;\
sed -n '1,/^%%BoundingBox:/p' ${input} |\
sed -e '$d' >\
${output} ;\
grep '^%%BoundingBox:' ${input}_temp >>\
${output} ;\
sed -n '/^%%BoundingBox:/,$p' ${input} |\
sed -e '1d' >>\
${output} ;\

rm ${input}_temp

gs版
#!/bin/bash

input=$1
output=$2

gs -q -sDEVICE=bbox -dNOPAUSE -dSAFER -dBATCH \
-dDEVICEWIDTH=250000 -dDEVICEHEIGHT=250000 \
${input} > ${input}_temp 2>&1
#eps2eps ${input} ${input}_temp ;\
sed -n '1,/^%%BoundingBox:/p' ${input} |\
sed -e '$d' >\
${output} ;\
grep '^%%BoundingBox:' ${input}_temp >>\
${output} ;\
grep '^%%HiResBoundingBox:' ${input}_temp >>\
${output} ;\
sed -n '/^%%BoundingBox:/,$p' ${input} |\
sed -e '1d' >>\
${output} ;\

rm ${input}_temp

2.あとは使うだけ。
./fixbb.sh before.ps after.ps

hyphenをminusにする


できあがったpostscript中の
[(フォント名) 140.0 0.0 true true 0 ( 数字)]
の数字のところをいじればよい。とりあえず、
sed -e 's/true true 0 (-/true true 0 (\\261/g' \
before.ps > after.ps
でだいたいうまくいく。

フォントのComputer Modern化


設定を
set fontpath '/usr/share/texmf/fonts/type1/public/cm-super'
set terminal postscript enhanced color fontfile 'sfrm1000.pfb'
set terminal postscript enhanced color 'SFRM1000'
set fontpath '/usr/share/texmf-texlive/fonts/type1/bluesky/cm'
set term postscript enhanced color fontfile 'cmr10.pfb'
set term postscript enhanced color fontfile 'cmmi10.pfb'
set term postscript enhanced color fontfile 'cmsy10.pfb'
みたいにすればよい。
パスは適当にいじること。
pfbフォントがない、pfbがpfaに変換されない、
とかいうときはしかるべきファイル、ソフトを落とす。

多分、
set terminal postscript enhanced color 'SFRM1000'
とすることで、目盛とか含めた全部のフォントがCM化される。
フォントにCMR10とか使うと、
spaceにフォントが当てられてしまうのでおすすめしない。
# 目盛の値が文字化けする。

対数プロットしたときの目盛は
set format y "%3.1t {/CMSY10 \243} 10^{%L}"
とかでいいかな。

# CM化した後で「hyphenをminusにする」の作業をしても
# ちゃんとminusに入れ替わってくれた。
# SFRM1000の\261のフォントもminusなんだね、きっと。

その他