※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

職業4法官の公的アイドレス

イラスト:「あやの@FEG」さん


設定文:「K2@FEG」さん

法官とは法をもてアイドレス世界の不正と戦う戦士であり、藩国の守護者である。
彼らは法による秩序をもって人民を護るため、日々活動している。
法官アイドレスは通常のアイドレスと異なり試験を受け、これに合格することで初めて身にまとうことが許される。法の執行という強大な権力を持つことを考えれば当然の事であるが、この試験は厳しく、合格した法官の中でもその理解度による序列が導入された。

法の執行にあたり、罪状を調べ刑量を検討する裁判所がある。
法官達からは法官連絡所と呼ばれているこの施設では、公正な刑の決定と、円滑な執行を行うため、法官同士による活発な意見交換や打ち合わせが行われている。

法官試験に合格すると「法官服」「法典」「杖」を身に付けることが許される。法官服は白を基調とした機能的なデザインをしており、無私の精神を持て人の罪を包みこむという意匠だ。また、法そのものである法典を持ち、人を支える象徴である杖を持つその姿は、自らの主観無く法に従い、罰をくだしながらも、けして人を傷つけず、民を支える法官の精神を表している。また、法官としての階級が上がるごとに杖はだんだんと短くなり、反比例するように人を象徴する杖上部の意匠が大きくなる。これは法官こそが人を支える法の守護者であり、自らが人民を支える杖であれ。そして人の重さを自覚せよ。という教えである。

故意にせよ過失にせよ、人は自己のために他者に危害を加えてしまうことがある。
この罪を未然に防ぎ、また再発を防止するために制定されるのが法である。この法を運用することで、人民を護り、法の根ざす社会を護ることが法官の使命である。
また、法官は各藩国に所属しているが、法官試験の合格と共に天戸として起家しアイドレス事務局の管理下に入る。そして国を超えて人民のために働くこととなる。特定の国家のためではなくアイドレス世界の人民を守護するのが法官だからである。

法に従い人を罰するのが法官であるが、けして無機質に審判をくだすだけの存在ではない。
そもそも法とは制定される際に特定の状況を想定して決められるものであり、すべての状況を想定した完璧な法を制定することは事実上不可能である。多様なシーンに対して適切な判断をもって法を運用するのが法官の仕事である。