タイプバー トランザクション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タイプライターの
(くわしくは安岡孝一共著『キーボード配列QWERTYの謎』など参照されたし)
タイプバーという存在は、http://b.hatena.ne.jp/raycy/20090105#bookmark-11540056
  1. 待機位置ないし非干渉地帯
  2. 印字インパクト寸前位置での、適正印字エクセルギー(⇔いわゆるエネルギー)保有、具体的には印字適正速度保有
の二状態が必要なだけ、これら2状態だけが有用状態あるいは、操作して望み達成しうる成就状態の理想目標であって、過程は助走区間ないしトランザクション?である、、
  • より厳密には、インクリボンを繰り返し使うようになってからはリボンのインク残量の具合やら、紙とインクとの相性とか、、
  • さらにはタイプ活字の印字面積?印字長が長く丸まっている文字小文字のaとかは、小指で打つとかすれやすいとかで、活字ごとに適正印字棒速度も若干変わる場合もあったようだ、、
データベースで、排他アクセスとか、の概念があるらしい、http://b.hatena.ne.jp/raycy/20090104#bookmark-11528659
吉川英治宮本武蔵の畦道戦術もアクセス トランザクション コントロール制約ボトルネック律速クリティカルパス戦術?戦略?

吉岡道場門弟達の「想い」あだ討ち本願成就サイドに立った解決か、宮本武蔵サイドに立ったソリューションか、、http://b.hatena.ne.jp/raycy/20090104#bookmark-11529102


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。