Longley『Type-Writer/Caligraph Lessons』(Cincinnati, 1882)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

安岡さんの日記より。 2006年08月02日 水曜日 とらわれてはだめだ。- 雑記/えもじならべあそび(相沢かえでの無変換なスキマ記):http://d.hatena.ne.jp/maple_magician/20060802/1154486944

 (黎明期の全指タイピング法 - yasuokaの日記:http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/367510
閲覧には「DjVu フォーマットプラグイン」が必要かも。



このうちレミントンの完璧タイプライター(者?)向け版をみると、その5ページにこうある。

Elizabeth Margaret Vater Longley Type-Writer Lessons for the Use of Teachers and Learners Adapted to Remington’s Perfected Type-Writers』(Cincinnati, 1882年)

抜書きしたひとつめのパラグラフには、スタッカート打鍵作法が書いてある。
キーが戻っていることが、タイプバーが戻っているための 
  1. 1877年以前のワイヤー駆動ならば必要条件
  2. (スミスが採用した?)リンク駆動以降ならば十分条件
「いつまでもキーを押し下げてないで、さっと指を引き上げろってさっさと。これは印字のよりよい仕上がりを確かにし、また、打鍵後のタイプバーが降りて軌道を空けさせて、次打鍵のタイプバーがあがってくる備えになる。」ってもうちょっと、訳考えないとな、、

次のパラグラフには、シフト式の、アドヴァンテジが書いてある。
 The No.2 Type-Writer has a very simple method of printing the capitals. In the left-hand coner of the key-board, at the bottom, is a key with "Upper Case" on it. To print the capital letters this key must be pressed down and kept there while the desired key or keys are struck.
Beside being simple, this method has the advantage over those machines which have two sets of keys, of rapidity. On such machines the keys for the capitals are placed at each side, and the space-bar being still outside of them, much time is lost in carrying the hand over to the side to space between each word, and returning it. But on the Type-Writer the space-bar being in front the spacing is done with the thumb, and no time is lost, the fingers remaining over the key-board in position for striking the next letter,
スペースバーを親指で押せるってのが、アドヴァンテジとして書いてある。フル5フィンガー操作?カリグラフ等の複式鍵盤機では親指操作は無理なのかな?

打鍵操作のシンプルさ、動作作業運動工程的にも、シフト機構のないマシンより、好評価を与えているように、感ぜられるのだが、、

親指については4ページでも言及があった
Cut2010_0214_0808_43.jpg
Elizabeth Margaret Vater Longley Type-Writer Lessons for the Use of Teachers and Learners Adapted to Remington’s Perfected Type-Writers』(Cincinnati, 1882年)
 When the hands are held over the key-board in the position for writirg, it will be seen that the thumb is in position for striking the space-bar; and by using the thumb for this purpose instead of the second or third finger, as some do, the time occupied in carrying the hand down, and returning it, is saved, and the spacing is easily done with the thumb.

親指について7ページ最下行にも言及があった。
#ref error : ファイルが見つかりません ()
Elizabeth Margaret Vater Longley Type-Writer Lessons for the Use of Teachers and Learners Adapted to Remington’s Perfected Type-Writers』(Cincinnati, 1882年)
Never strike the space-board with the fingers, but always with thumb.

親指について12ページ最下部にも言及があった。
#ref error : ファイルが見つかりません ()
Elizabeth Margaret Vater Longley Type-Writer Lessons for the Use of Teachers and Learners Adapted to Remington’s Perfected Type-Writers』(Cincinnati, 1882年)
, the use of the thumb for spacing,


カリグラフではどうなってるのかな、対応箇所をみてみるか。…ないようだ。
ところでシフトキーは、どの指で操作するのかな。


スペース・バーを親指で操作できるか、
でもそのかわりシフトキーを操作しなくちゃならないレミントン、、




もっとも、機構の稚拙さが、解決していかないと、ってのもあったのかもしれない、、

カリグラフ版は、5ページの、大文字の鍵盤説明のところは、あっさり

Caligraph Lessons for the Use of Teachers and Learners Designed to Develop Accurate and Reliable Operators』(Cincinnati, 1882年)
大文字の運指は、指番号解説は抜きみたいだなあ…


カリグラフ版には、親指への言及はないようだ。
7ページの最下部に、
「Strike the space-bar with the little finger.」http://kanji.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~yasuoka/QWERTY/1882LongleyMrs-C.djvu
と ある。



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。