★★焦眉ってほどでもないな


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レモン形目がたちまで行かずとも、最低、(キーレバーとタイプバー間のワイヤーが交差することがなかったならば?要検討。)、写真から観察されるのは、手前側本数分ぐらいのワイヤーが、プロトタイプ機1973年春モデルのワイヤーが、ほぼクロスすることなく張られているように見える。http://www26.atwiki.jp/raycy/pages/158.html
この、いい写真さがさないと。そしてAmerican inventorみてたんだった。何冊かある。スキャンのいいのを集めて比較検討しよう、、

逆に、高頻度文字で頻出連続文字列をタイプバスケット上に隣接して並べれば、接触リスクをかなり高めることもできよう。これは比較的簡単そう、やってみようか。評価方法が問題だけれども。印字空域の狭さ、、なかなか印字空域が開放されない、、管制塔指示待ち、、もう次キー打ってもいいですかあ。http://www26.atwiki.jp/raycy/pages/158.html
  • 隣接の、印字空域の狭さ
  • 高確率からまり配列 never not jam 。高頻度連続文字列上位をずらっとタイプバスケット上で隣接配置する、、
    • 類例として、最遅的配列も考えられるな、頻出連続文字を対抗右左端に置く、これは最遅にはならないかな。キー間目線走査距離はかせげそうだが。

ショールズの、タイプバー支点の高さずらしの、印字空域開放早期化への効果のほど。http://www26.atwiki.jp/raycy/pages/162.html 



type-bars lockingの試訳 http://www26.atwiki.jp/raycy/pages/124.html





&link_trackbackcounter -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。