三つ上県


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三つ上県(みつかみ-,Mitsukami)は、世の日本の県の一つ。みっとアイランド(神娜新都島)【未作成】の南東に位置し島内で最も人口が多い県である。
県庁所在地は風都市。県名は島内の神の総称である美都神(みっとかみ)や、三つの大きな神社が古来からあったことに由来する。
都道府県別の人口は東京都、神奈川県に次ぐ3位。人口密度は4位となっている。


面積:8,562.23km² 人口:8,959,500人 
隣接都道府県:神奈川県(ワープ経由)、福宮県、美浜県
県の木:柊 県の花:浪来草 県の鳥:カザトセキレイ【未作成】 県歌:{Tri@ngle♪Mitsuka@mi【未作成】
知事:神娜海凜 所在地:三つ上県風都市みつかみ区矜緋參丁目1番


市町村の数は16。政令指定都市は風都市神行市。中核市は汐田市。特例市は新北市
全体として非常に都市化が進んでいるが、緑化率も非常に高い。南東部は海浜都市が展開しており、また砂浜が広がっている。
東海岸方面は、多少入り組んだ海岸になっており、海の中からの景色と称されている。
風都市南部は人工島が集まり最南部のブルーアイランドには県内唯一の空港風都海浜空港がある。
中心部は道路が地下化されており、地上での車の気配は少ない。
北部は副都心と住宅地が入り混じっている。
県西部は多少は郊外の趣になる。地盤が軟弱なため開発が困難なためである。
新北市は過去に川があった部分が平野となっていて、初音山【未作成】に続く丘陵にも都市が形成されている。

県内の最高峰は南紅山(2525m)、川の長さは祀川(xkm)。


東部