Minecraft Japan Wiki

MOD解説/Thermal Expansion_1.5.2

  
現在のこのページの情報は、Thermal Expansion 2.4.5.0(for Minecraft 1.5.2)時のものに更新中です。
現在のこのページの情報は、OmniTools 3.1.6.0(for Minecraft 1.5.2)時のものに更新中です。

MOD名 Thermal Expansion
製作者 KingLemming
配布場所 MC1.5.2 http://thermalexpansion.wikispaces.com/Downloads
MC1.6.4 http://www.teamcofh.com/ (Open BETA)
前提MOD 【MinecraftForge】、【CoFHcore】
使用Block ID (Thermal Expansion)2001~2015 (15個)
(OmniTools)2101
使用Item ID (Thermal Expansion)20257~20258 20260~20267 (10個)
(OmniTools)21257~21258 (2個)
使用class なし
SMP対応
関連サイト (英語Wiki)http://thermalexpansion.wikispaces.com/home 
(公式Forum)http://www.minecraftforum.net/topic/1297506- 
(BCサイトForum)http://www.mod-buildcraft.com/forums/forum/sub-mods-and-texture-packs/thermal-expansion/ 



目次

Thermal Expansionについて

KingLemming氏の作成によるBuildCraft系の工業要素拡張MOD。
IC2の各種マシン(粉砕機、抽出機、圧縮機)の、EUではなくMJで動くようになった版を追加するMODのようなものだが、
効率よく原木を木材に加工する製材機、水から雪玉・雪ブロック・氷を作り出す製氷機、
水と溶岩を反応させて丸石・焼石・黒曜石を作り出す石製造機など、このMOD独自のマシンも数種類追加される。

v2.0.0でBuildCraftの拡張アドオンから独立し、BuildCraft抜きで単独導入できるようになった。
また独自の鉱石として銅・錫・銀・鉛が追加された他、
ThermalExpansion独自のエンジン、およびBuildCraft版の蓄電器としてMJを貯蔵・備蓄できるタンク、
BuildCraftの液体パイプよりも輸送力が高い独自の液体輸送管なども追加される。

ただしそもそものMODの構造自体が、BuildCraft、IndustrialCraft、RedPower、ForestryForMinecraft、RailCraft等の、
工業系MOD各種との併用を前提に作られている節があり、これのみを単独で導入するには追加要素の品揃えがやや弱い。

2014年4月現在Ver1.52やVer1.47のmodがすべてダウンロード不可になった模様。

1.7.10以降の解説はこちら
MOD解説/Thermal Expansion

◆3.0.0.0での変更点

◆2.4.5.0での変更点

+(それ以前の更新履歴)
◆2.4.4.1での変更点
  • Bugfix: Fixes a liquiduct load issue with item-based liquids. Sorry about that!

◆2.4.4.0での変更点
  • Added: Crescent Hammer now rotates Trapped Chests.
  • Bugfix: Cyclic Assembler now properly attempts to recraft in all circumstances.
  • Bugfix: Fixed a minor visual issue with the Tesseract GUI.
  • Bugfix: Fixed a minor packet issue with Tesseracts.

◆2.4.3.0での変更点
  • Bugfix: Buckets should no longer force remove chests, signs, etc.
  • Bugfix: Cyclic Assembler liquid connections now work properly.
  • Bugfix: MFR Ore Table has been fixed.
  • Changed: World Generation is now handled with the new CoFHWorld module. Ores must be tweaked in World.cfg.

◆2.4.2.0での変更点
  • Added: Ore compatibility with MFR's laser.
  • Bugfix: Fixed a long standing issue with Liquiducts which was never actually reported.
  • Bugfix: Liquiducts will no longer accept 0-quantity liquidstacks.
  • Bugfix: Machine Energy scaling works properly again.
  • Bugfix: Redstone Energy Cell should get along better with AE networks.
  • Changed: Bucket Handling has been altered to be more compatible with alternative methods.
  • Changed: Illuminator render has been altered to hopefully clip less with certain video card configurations.
  • Changed: Redstone Energy Conduit render has been optimized for lower strain on the client. (It was already low, however.)
  • Changed: Sided conduit hitboxes have been removed - a different Conduit framework is on the way.
  • Changed: Updated to new BC pipe API. The BC plugin pipes should work again.

◆2.4.1.0での変更点
  • Added: Dispensers can now make use of the Redstone, Glowstone, and Ender buckets.
  • Added: Conduits and Liquiducts now have some additional mouseover boxes. This will be important in the future.
  • Bugfix: Assembler will no longer eat Minium Stones.
  • Bugfix: Fixed an unexpected issue with the Assembler.

◆2.4.0.1での変更点
  • Bugfix: Change to a slot in CoFHCore which necessitated an update here as well. Fixes an Assembler GUI issue in SMP.

◆2.4.0.0での変更点
  • API: Please update your APIs. Note the addition of the IChargeableItem interface.

  • Added: New Block: Cyclic Assembler. Use this to craft things automatically.
  • Added: New Block: Energetic Infuser. use this to charge compatible items. (Redstone Energy Cell and MPS for now.)
  • Added: New Item: Schematic. (3x Paper, 1x Lapis)
  • Added: New Item: Invar Armor. It's better than Iron.
  • Bugfix: Crescent Hammer will no longer rotate levers improperly.
  • Bugfix: Igneous Extruder and Glacial Precipitator now correctly allow extraction from their output slot.
  • Changed: Magma Crucible has been tweaked, some recipes have been altered.
  • Changed: Pulverizer Recipes have been altered a bit.
  • Changed: Redstone Energy Conduit capacitance has doubled.
  • Changed: The color of invar has changed a bit.
  • Textures: Energy Cell and Tesseract Textures have changed - they render from standard 16x16 icons now.
  • Textures: There are new ones.

◆2.3.2.0での変更点
  • Added: Engineering Turtles can now use the new Forge rotation mechanics.
  • Added: Plugins can now be individually enabled or disabled.
  • Added: Plugin support for Metallurgy 3.
  • Added: Storage blocks can be used as part of a Beacon pyramid.
  • Added: Tesseract: The owner may use a Shiny Dust on it to enable it to remember its settings when Dismantled. The Tesseract remembers its owner no matter what.
  • Added: Tesseract: If in Private mode, only the owner or a Server Op can pick it up, unless the Tesseract is remembering its settings.
  • Added: Tesseract: The owner may use a Glowstone Dust on it to revert the effect of a Shiny Dust. The Glowstone Dust is not consumed.
  • Bugfix: Fixed a corner case where Insertion Transport Pipes could cause Concurrent Modification Exceptions.
  • Changed: Tesseracts no longer stack. This is more for gameplay consistency than technical reasons.

◆2.3.1.0での変更点
  • Bugfix: Storage blocks should now properly convert back to ingots in all cases.
  • Changed: Some of the load priority requests have changed. This may temporarily make some crossmod features unavailable until we get this sorted.

◆2.3.0.0での変更点
  • IMPORTANT: Liquids have changed. You will lose all existing Thermal Expansion liquids.
  • IMPORTANT: Submods have been merged and some Items no longer exist. It's okay.
  • IMPORTANT: There is a new Liquid Block mechanic in place here. Have fun. :)
  • API: Numerous changes to the API. Please update.
  • API: Added ITesseract; this allows you to interface with Tesseracts to determine if links are present and what is on the other side of those links.
  • Added: New Block: Glowstone Illuminator! This is a multimode lamp. Hit it with a wrench to change modes, a dye to change the color, and a piece of glowstone dust to revert it!
  • Added: New Blocks: Copper, Tin, Silver, Lead, Ferrous, Shiny, Electrum, Invar all now have storage blocks. Have fun.
  • Added: New Items: Buckets for new Liquids.
  • Added: New Items: Ingots for all metals added by Thermal Expansion. These presently do not have any direct uses inside the mod.
  • Added: New Liquid Block: Destabilized Redstone! Emits redstone signal proportional to liquid level. (Formerly Molten Redstone)
  • Added: New Liquid Block: Energized Glowstone! Have fun with this one.
  • Added: New Liquid Block: Resonant Ender! Randomly teleports anything that touches it. (Formerly Molten Ender)
  • Added: New BuildCraft Pipe: Insertion Transport Pipe. (Tin, Glass, Tin); Lapis Block on top.
  • Added: New BuildCraft Pipe: Redstone Transport Pipe. (Tin, Glass, Tin); Redstone Block on top.
  • Added: Config option to disable Netherrack -> Lava in a Crucible.
  • Added: Config option to disable Blaze Rod -> Lava in a Crucible.
  • Added: Liquid behaviors for many different mod liquids.
  • Added: New Crucible Recipe: Glowstone Block -> 1000 mB Energized Glowstone.
  • Added: New Crucible Recipe: Glowstone Dust -> 250 mB Energized Glowstone.
  • Added: New Crucible Recipe: Blaze Rod -> 250 mB Lava. The required energy for this is configurable.
  • Added: New Crucible Recipe: Redstone Block -> 900 mB Destabilized Redstone (Same as 9 Dust). 10800 MJ.
  • Added: New Transposer Recipe: Cobblestone -> Moss Stone. Uses 250 mB water and 800 MJ.
  • Added: New Transposer Recipe: Stone Brick -> Mossy Stone Brick. Uses 250 mB water and 800 MJ.
  • Added: Redstone Energy Framework. Once MJ is converted to this framework, transmission is lossless. 5% loss on conversion.
  • Bugfix: Crescent Hammer now properly forces client-side block updates on rotated vanilla blocks.
  • Bugfix: Fixed a couple of rare crash bugs.
  • Bugfix: Fixed a packet sync issue with machines.
  • Bugfix: Fixed a rare corner case where a bad interaction with chunkloading mechanics would cause Liquiducts to lose liquid.
  • Bugfix: Fixed an issue where Liquiducts could duplicate fluid in some instances.
  • Bugfix: Stacked Portable Tanks now update liquid-based light level properly.
  • Changed: Blocks now have additional callbacks for IToolWrench.
  • Changed: Furnace now gives XP if items are removed manually.
  • Changed: Machines no longer have colorless sides. Items can correctly be extracted from "Output" sides.
  • Changed: Steam and Magmatic Engines are now on the Redstone Energy Framework and do not have loss if sending to other Redstone Framework devices.
  • Changed: Redstone Dust now becomes 100 mB of liquid. The Cell and Conduit recipes have been updated accordingly.
  • Changed: Redstone Energy Cells are now on the Redstone Energy Framework, have a 5% loss on receiving MJ from non Redstone Framework sources, and do not have loss if sending to other Redstone Framework devices.
  • Changed: Redstone Energy Conduits are now on the Redstone Energy Framework, have a 5% loss on receiving MJ from non Redstone Framework sources, and do not have loss if sending to other Redstone Framework devices.
  • Changed: Tesseract GUI Frequency list is now sorted by increasing frequency number.
  • Changed: Transparent liquids render as such in Liquiducts and Portable Tanks.
  • Removed: Vanilla Ore augmentation as a Config option. This is now handled by CoFHCore.
  • Textures: The underlying GUI framework has changed, textures need to be updated as a result.
  • Textures: Liquiduct Texture has changed slightly.
  • Textures: To all texture pack artists, I am so sorry. Please blame Mojang.

◆2.2.2.2での変更点
  • Bugfix: Now able to delete Private Frequencies from Tesseracts in all circumstances.

◆2.2.2.1での変更点
  • Bugfix: Autoejected items should now stack properly again.
  • Bugfix: BuildCraft gates should no longer attempt to assign Energy triggers to non-powered tiles.
  • Bugfix: Fixed an issue where a lone frequency entry in a Tesseract GUI would not sync properly if deleted.
  • Bugfix: Fixed an issue where the highlighted line in a Tesseract GUI would not sync properly if the frequency is changed.

◆2.2.2.0での変更点
  • Added: Config option to determine if TE-added turtles can break blocks.
  • Added: Multimeter now works on Tesseracts and will reveal the connectivity and ownership information.
  • Added: Tesseracts now have new BuildCraft gate triggers.
  • Bugfix: Fixed a GUI error caused by client/server oddness.
  • Bugfix: Fixed an NPE that quite frankly cannot actually happen unless something has gone horribly wrong with the chunk.
  • Bugfix: Fixed issue with NEI and certain GUIs.
  • Bugfix: Having lots of Tesseract frequencies should no longer crash the game.
  • Bugfix: Residual rendering errors should have been fixed in most cases. If you are using Optifine, no guarantees.
  • Bugfix: Liquiducts will not longer lose copious amounts of liquid when connected to a BuildCraft pump.
  • Bugfix: Tesseracts should correctly preserve NBT data on items.
  • Changed: Redstone Energy Cells now interact better with Energy gate conditions.
  • Changed: Tesseract GUIs are now a bit nicer. :)
  • Changed: Various optimizations and improvements.
  • Textures: New textures for Tesseract trigger icons.
  • Textures: Tesseract GUIs will now need to be retextured. Sorry!
  • Textures: Transposer GUI has been renamed. Sorry!

◆2.2.1.0での変更点
  • IMPORTANT: There has been a large internal refactor - the CoFH Core mod is now required for Thermal Expansion.
  • IMPORTANT: The "telenames.cfg" file has been moved to the save directory under /cofh. You will need to move this to keep your old names. Sorry!
  • Added: Frame support for Conduits and Liquiducts.
  • Added: Gregtech support for Ore-Dict unification.
  • Bugfix: Engineering Turtle should no longer crash the game if removing a Tesseract.
  • Bugfix: Fixed an issue with Liquiducts being leaky in some circumstances.
  • Changed: MJ Reader is now the Multimeter and works on Liquiducts.
  • Changed: The internal rendering mechanics have been overhauled completely. Please only report issues if NOT using Optifine.

◆2.2.0.0での変更点
  • IMPORTANT: NEI integration has been reworked and is again included in the main zip. Hopefully this will remain possible with future versions of MC.
  • API: The API has been updated to allow other mods to overwrite other recipes. However, this MUST be enabled via the config. Use of alternative methods to alter existing recipes is frowned upon.
  • Added: New Blocks: Tesseracts! (Item, Liquid, and Energy). Use these to make the issue of A to B less daunting. Any/all of these can absolutely be disabled entirely.
  • Added: New Item: MJ Reader.
  • Added: New Liquid: Molten Ender!
  • Added: Redstone Energy Cells now remember their Redstone Control settings.
  • Bugfix: Forestry logs now give the proper amount of planks in the Sawmill.
  • Bugfix: Induction Smelter recipe now works with any invar ingots.
  • Changed: Hardened Glass can now be made with any Obsidian Dust.
  • Changed: Magma Crucible no longer supports "colorless" input - there is no need.
  • Changed: Magmatic Engine inventory should no longer appear valid for input. It will be going away in the future, truly.
  • Changed: Liquiduct distribution behavior has been altered - it should be slightly more optimal.
  • Removed: Nether Ore compatibility - Nether Ores handling will be handled by the Nether Ores mod.
  • Removed: Niter can no longer be pulverized into Saltpeter.
  • Removed: Sulfur (Crystal) can no longer be pulverized into Sulfur (Dust).
  • Textures: New GUI and block render file to go with the Tesseracts.
  • Textures: New Texture for MJ Reader.
  • Textures: GUI icons have moved around and there are new ones for the Tesseracts.
  • Textures: energy_storage.png has been renamed to energy_cell.png - sorry about this.

◆2.1.7.3での変更点
  • Bugfix: Aqueous Accumulator sided tank interaction corrected.

◆2.1.7.2での変更点
  • Bugfix: Redstone Energy Conduits now work properly with the Redstone Energy Cell.

◆2.1.7.1での変更点
  • Bugfix: Redstone Energy Conduits now play nicely with all engines.

◆2.1.7.0での変更点
  • IMPORTANT: Examined the metaphysical nature of the relationship of the Pulverizer and Smelter. The road has come to a fork.
  • API: The API has been updated slightly to handle the above change. If you were only using the Crafting Helpers, there should not be any issue. ;)
  • Added: Information and Tutorial tabs; either/both of these can be disabled in the config files.
  • Added: Configuration option to require Steel for Machine Frames (if present).
  • Added: Configuration Option to use gears instead of Ingots in Machine recipes.
  • Added: Sawmill support for Forestry logs and planks.
  • Added: Smelter recipes for various Alloy recipes.
  • Bugfix: Handled an issue that would occur with Redstone Energy Cells on server restarts.
  • Bugfix: Handled an issue that would (rarely) occur with Liquiducts and broken chunks.
  • Bugfix: Liquiducts should no longer be able to dupe liquid in some cases.
  • Changed: Default ore gen values have changed. These will not overwrite existing config files.
  • Changed: Disabling an ore will also prevent it from co-generating.
  • Changed: Engines have been revamped - the Heat mechanic is gone and the visual feedback has been altered.
  • Changed: Engines will no longer accept liquid containers via their GUI slots. REMOVE EXISTING CONTAINERS FROM MAGMATIC ENGINES WHILE YOU CAN. :)
  • Changed: Machines and Engines that hold liquids can now be filled/emptied directly by right clicking on them with an appropriate container.
  • Changed: Magma Crucible has been rebalanced a bit.
  • Changed: Magmatic Engines now require Invar Ingots and Gears instead of Tin.
  • Changed: Netherrack to Lava conversion is more expensive - this new default value IS enforced upon updating. You may still change it in the config file.
  • Changed: Render for the Portable Tank is slightly more responsive.
  • Changed: Sided connection logic for machines has been changed - it is more specific now in what can connect and when. This may cause issues with BuildCraft pipes in the short term.
  • Changed: Smelter now requires Invar Ingots instead of Sand.
  • Changed: Updated to new external APIs - this fixes a few things which weren't bugs, strictly speaking.
  • Removed: Brass and Bronze Conversion through dusts. This *might* get added back in through the Induction Smelter.
  • Textures: Energy Cell render texture has been renamed. Sorry about that.
  • Textures: Engine texture style has changed to represent the "new" engines. Texture packs do not have to update these files, but it is is recommended.


◆2.1.6での変更点
  • Minecraft 1.4.6 および MinecraftForge 6.5.0.471 以降に対応。
  • 追加:アイテムデータ上、新種の鉱石、金属の粉、合金の粉、インゴットが追加されたが、現時点ではまだ使い道がない。
  • 変更点:水生成機が他のマシンと異なり、稼動時に光を発しなくなった。
  • 変更点:入力対象マシンのMJゲージが満タンの場合、エンジンの生産MJが放出されずエンジン内に残留するようになった。
  • 変更点:NEI(NotEnoughItems)との同調機能が本体と分離された。必要な場合は別途導入する必要がある。
  • 変更点:テクスチャパック内における、青銅の粉と真鍮の粉の位置が変化した(テクスチャパック側は対応の必要がある)

◆2.1.5での変更点
  • 変更点:液体タンクにおける光源処理の同期を改善。
  • 変更点:強化ガラス、黒曜石の粉、溶融赤石の作成に必要なMJの量が1/2になった(レシピはそのまま)
  • BugFix:MJ導管の曲がり角部分におけるMJ減衰処理の不具合を修正。
  • BugFix:携帯式MJタンクのデータ送信量が満タン近くで増大し負荷の原因になっていたのを修正。

◆2.1.4での変更点
  • APIを新しいものにアップデートした。一部のMODとの連動要素に支障が生じる可能性がある。
  • 変更点:負荷軽減を目的として、MJ導管のエネルギー減衰処理を簡略化した。
    今までは導管1個につき0.05%だったのが、距離に関係なく1個でも1000個でも一律5%で固定に。
  • 変更点:液体転置機においての抽出時、FFMの耐熱カプセルも耐火蜜蝋x1に壊れるようになった。
  • 変更点:ゴースト残留バグの修正を目的として、MJ導管の内部処理を丸々書き換えた。
  • BugFix:2.1.3までのAPIにおいて、液体転置機で起きていたMinecraftをクラッシュさせるバグを修正。
  • BugFix:MJ導管や携帯式MJタンクを撤去した際に、その場にゴースト(残像)が残る事があるバグを修正。
  • BugFix:各種マシンがランダムにフリーズする事がある不具合を修正。
  • BugFix:アイテムDupeを引き起こすバグを修正。詳細については触れない。

◆2.1.3での変更点
  • 変更点:水と2マス以上接していない状態での水生成機の性能が大幅に下方修正された。
  • 変更点:液体転置機においての抽出時、FFMの養蜂カプセルだけは容器返却されず、蜜蝋x1に壊れるようになった。
  • 変更点:液体導管が意図した挙動になるような変更を加えた。
  • 変更点:強化ガラスのレシピを変更。黒曜石の粉2 + 鉛の粉1 から 2個の強化ガラスが作成されるようになった。
  • 変更点:液体導管のレシピにおいて、1回のクラフトでの作成数が8個→4個に下方修正された。
  • 変更点:空のMJ導管のレシピにおいて、1回のクラフトでの作成数が8個→4個に下方修正された。
  • BugFIx:水生成機において、BuildCraftの液体パイプだと水がほとんど出て来なかった不具合を修正。
  • BugFIx:幾つかのNullPointerExceptionエラーの原因となる不具合を修正。

◆2.1.2での変更点
  • 追加:NetherOresの追加鉱石も、粉砕機と融剤かまどで取り扱えるようになった。
  • 追加:他のForge系MODで追加される亜鉛(Zinc)鉱石も、粉砕機と融剤かまどで取り扱えるようになった。
  • 変更点:水に接した状態での水生成機の水生成速度が20mB/tickから25mB/tickに上昇した。
  • 変更点:液体導管の輸送力を200mB/tickから100mBtickに下方修正(それでもBCの金パイプの2.5倍)
    (特定条件下でClient⇔Server間のデータ同期が追いつかなくなり同期ズレが発生する問題を受けて)
  • 変更点:液体導管において、液体流動中に後から継ぎ足された空の液体導管にも液体が流れ込むようになった。
  • BugFIx:ForestryForMinecraftの各種マシンに液体導管で液体を搬出入しようとすると出入り口で液体が詰まる不具合を修正。
  • BugFIx:BuildCraftのゲートにおいてEnergyStore関連の条件が、本来出現しない条件下でも出現していた問題を修正。
  • BugFIx:液体が流れている最中に液体導管を継ぎ足したり撤去したりすると流動描画がチラつく不具合を修正。
  • BugFIx:NotEnoughItems使用時、レシピのアイテムにテクスチャパックのテクスチャが反映されない不具合を修正。
  • BugFIx:携帯式液体タンクに対し、液体容器での液体投入ができなかった不具合を修正。

◆2.1.1での変更点
  • BugFix:液体導管に内在する、滅多に起こらないが起こると非常に致命的なNullPointerExceptionエラーを修正。
  • BugFix:携帯式液体タンクにおいて、側面から液体の搬出入が行えていた不具合を修正(上or下からのみなのが本来)

◆2.1.0での変更点
  • 重要:ItemIDを圧縮した。作成途中で中間部品の状態のMJ導管と携帯式MJタンクはアップデート前に完成させるように。
  • 重要:MJ導管から「入出力共用」の指定を削除。「入力Only」または「出力Only」しか選べなくなった。
  • 追加:「液体導管(Liquiduct)」。最大200mB/tick(BCの金パイプの5.0倍)の輸送力を誇るが、扱い方が独特な液体輸送管。
  • 追加:「携帯式液体タンク(Portable Tank)」。容量はBuildCraftの液体タンクの半分だが、液体を入れたまま持ち運べる。
  • 追加:「上質な鉱滓(Rich Slag)」。融剤かまどで鉱石ブロックを精錬した際に33%の確率で得られる副産物。
  • 追加:「エンジニアタートル(Engineering Turtle)」。ComputerCraft導入時限定。ワイヤレスとクラフティも存在する。
  • 追加:「バケツタートル(Bucket Turtle)」。ComputerCraft導入時限定。ワイヤレスとクラフティも存在する。
  • 追加:融剤かまどの精錬レシピ「鉱石1 + 砂1 → インゴット2 + (20%)上質な鉱滓1」
  • 削除:融剤かまどの精錬レシピ「鉱石1 + 砂1 → インゴット2 + (100%)鉱滓1」
  • 追加:融剤かまどの精錬レシピ「鉱石の粉2 + 上質な鉱滓1 → インゴット3 + (33%)鉱滓1」
  • 追加:粉砕機が鉱石辞書を介して「石炭>石炭の粉」「木炭>木炭の粉」の粉砕も行えるようになった。
  • 追加:追加鉱石(銅・錫・銀・鉛)の分布範囲&埋蔵比率をより細かくConfigから設定変更できるようになった。
  • BugFix:蒸気エンジンと溶岩エンジンが、BuildCraftの黒曜石パイプへの入力に使えなかった不具合を修正。
  • 変更点:Client⇔Server間のデータ転送量を改善してCPUへの負荷を軽減した。
  • 変更点:携帯式MJタンクとMJ導管のレシピが変更された。
  • 変更点:各マシンのGUI内のレッドストーンタブの様式をより分かりやすく操作しやすいものに変更した。
  • 変更点:このMODで追加される鉱石、鉱石の粉、インゴットのテクスチャを一新した。
  • 変更点:高解像度時のラグ問題を解消すべく、テクスチャパックにおいて液体のテクスチャを他から分離した。
  • BugFix:Configの項目からAlternativeCraftingの項目が消えていた不具合を修正。
  • BugFix:丸石製造機において、アイテム増殖が発生しうる潜在的不具合を修正。

◆2.0.9での変更点
  • MC1.4.5 および MinecraftForge 6.4.0.380以降 に対応。
  • 追加:モンキーレンチの向き変更が、MC1.4で追加された階段(松・白樺・ジャングル)にも有効になった。
  • 追加:融剤かまどに「ネザーラック4+ソウルサンド1」から「ネザーレンガ2」と25%の確率で硫黄1を生成するレシピを追加。
  • 追加:ワールド破壊の可能性を秘めたバグを修正。
  • 変更点:丸石製造機が他のForge系MODで追加された全ての水容器・溶岩容器を受け入れるようになった。
  • 変更点:最新バージョンのNotEnoughItemsに対応した。
  • 削除:開発中の未使用アイテムをクリエイティブタブ&NEIのアイテム表示から削除。

◆2.0.8.1での変更点
  • BugFix:動力かまどが取り扱い対象外のアイテムをパイプを通して受け取った際、ゲームがクラッシュする不具合を修正。

◆2.0.8での変更点
  • BugFix:溶岩エンジンがバケツ入りの溶岩を受け付けなかった不具合を修正。
  • BugFix:融剤かまど、粉砕機、製材機において、副次生産物のない加工を行うとゲームがクラッシュする不具合を修正。
  • 変更点:蒸気エンジン&溶岩エンジンがのForge系MODで追加された全ての液体容器を受け入れるようになった。
  • 変更点:蒸気エンジンの燃費効率がほんの僅かに良くなった。

◆2.0.7での変更点
  • MC1.4.4 および MinecraftForge 6.3.0.372以降 に対応。
  • 追加:BuildCraftのゲート使用時の専用条件を追加。各マシンおよび携帯式MJタンクに隣接した状態で出現する。
    • 「No Energy」 …… 隣接マシン(タンク)内の備蓄MJ量が0の時のみ、XXXを出力。
    • 「Energy Stored」 …… 隣接マシン(タンク)内にMJの備蓄がある時のみ、XXXを出力。
    • 「Cans Store Energy」 …… 隣接マシン(タンク)内のMJ貯蔵領域に空きがある時のみ、XXXを出力。
    • 「Full Energy」 …… 隣接マシン(タンク)内のMJ貯蔵領域が満タンの時のみ、XXXを出力。
  • BugFix:作業すべき仕事がない状態でも、各マシンがエネルギーパイプからのMJを消費し続けていた不具合を修正。
  • BugFix:溶岩るつぼおよび液体転置機のGUIが一部バグっていた不具合を修正。
  • 変更点:溶融赤石の作成1回(50mB)に必要なMJ量が、1000MJから1500MJに上昇した(コスト増大)
  • 変更点:携帯式MJタンク1個に貯蓄可能なMJ量の上限が、50万MJから60万MJに増加した。
  • 変更点:空の携帯式MJタンク1個の作成コストが僅かに上昇。琥珀金インゴットの必要数が1個→3個に。
  • 変更点:デフォルトでのNEIとの連動機能を削除。

◆2.0.6での変更点
  • BugFix:青銅の粉および真鍮の粉を精錬した際、粉1からインゴット2ができてしまっていた不具合を修正。
  • BugFix:硬化ガラスの作成レシピにおいて、鉛の粉&鉛インゴットがForgeの鉱石辞書に対応させ忘れていたのを修正。
  • BugFix:液体転置機の無色の面が正常に機能していなかったのを修正。
  • BugFix:携帯式MJタンク&MJ導管のMJ伝達における様々な問題を修正。
  • 変更点:隣接マスのチェストへの自動搬出が、総スロット数が128スロット以下のチェストにしか搬出されなくなった。
  • 変更点:大規模ネットワークで複数のマシンを同時に動かした際のCPUへの負荷を軽減。
  • 変更点:モンキーレンチが、バニラの原木、エンダーチェスト、ラージチェストの向き変更にも使えるようになった。
  • 変更点:このMODの追加鉱石の埋蔵比率を調整。
  • 変更点:融材かまどで鉱石の粉を精錬した際の、スラグが生成される確率を25%に減らした。

◆2.0.5での変更点
  • BugFix:携帯式MJタンク&MJ導管が凄まじいラグの原因になっていた致命的不具合を修正。
  • 追加:Configに水生成機の生成レートを変更できる項目を追加。
  • 追加:Configにログイン時のThermalExpansionのバージョンチェッカー機能をOffにする項目を追加。
  • 追加:Configに粉砕機の各種レシピの追加を個別に無効にできる項目を追加。
  • BugFix:エネルギー用木パイプに対して、MJ導管でMJを供給する事が出来ていたのを修正。
  • BugFix:同期の失敗によるゲームの突然のクラッシュが起こらないようにコードを改善。
  • BugFix:特定のMODを抜いた際、そのMODで追加されるアイテムをThermalExpansionのマシンで加工中だった場合、
    そのワールドにログイン不可になってしまう問題に対応。
  • BugFix:携帯式MJタンクのGUIを開いている間、Shift+クリックのアイテム移動が機能しなくなる不具合を修正。
  • 変更点:各マシンが作業終了後も約10秒間、点灯状態(光源効果)を保つようになった。
  • 変更点:このMODの追加鉱石の埋蔵比率を調整。銅と錫はより多く、銀はよりレアに。

◆2.0.4での変更点
  • 追加:Configに、MJ導管が木エンジンからのMJ入力を受け入れられるようにする項目を追加。
  • 追加:銅の歯車と錫の歯車を鉱石辞書に登録し、FFMの同アイテムと互換性を持つようにした。
  • 追加:丸石製造機において、各石の作成に必要な水と溶岩の比率をConfigファイルから変更可能になった。
  • 追加:描画処理におけるチャンク欠けの頻発問題に対処。
  • 追加:モンキーレンチがバニラのブロックを正常に回転させる事ができていなかった不具合を修正。
  • 変更点:液体転置機に、第一優先と第二優先の液体搬出カラーを追加。
  • 変更点:MJ導管がエネルギーパイプと同様、MJで動作するマシンに直接繋げてMJ供給できるようになった。
  • 変更点:MJ導管から各マシンにMJを伝達するために、エネルギーパイプを間に挟む必要がなくなった。

◆2.0.3での変更点
  • BugFix:このMODの追加鉱石が、MystCraftの時代の書のDimensionでも正常に配置されなかったのを修正。
  • BugFix:レンチと携帯式MJタンクの作成に、鉱石辞書に登録された他MODの金属が使えなかったのを修正。

◆2.0.2での変更点
  • 追加:粉砕機に、各種インゴット x1をThermalExpansionの鉱石粉 x1に粉砕するレシピを追加。
  • BugFix:Forgeの鉱石辞書関係の様々なバグを修正。

◆2.0.1での変更点
  • 変更点:BuildCraft未導入時の歯車のレシピにおいて、中央に使う素材を丸石から鉄インゴットに変更。
  • 変更点:強化ガラスの耐爆性をかなり下げた(ただし依然として破格に高い)
  • BugFix:エンジンの見た目の向きが内部データと一致していなかった不具合を修正。

◆2.0.0での変更点
  • Minecraft 1.4.2 および MinecraftForge 6.0.1.341以降に対応。
  • BuildCraftが前提に必須ではなくなり、独自のエンジンとエネルギー輸送手段を得て単一のMODとして独立した。
    ただし依然としてBuildCraftに強依存しているのに変わりはなく、アイテムパイプや液体パイプが無いと困る。
  • Configファイルを完全に新しいものに作り直した。古いConfigは削除する必要がある。
  • 大幅な変更に伴い、v1.0.8までのこのMODに対応していたテクスチャパックはほぼ新しく作り直す必要がある。
  • 追加:新ブロック「強化ガラス(Hardened Glass)」。黒曜石並みの高い耐爆性を持つガラスブロック。
  • 追加:新エンジン「蒸気エンジン(Steam Engine)」。出力2MJ/t。かまど燃料と水からエンジン動力を作り出す。
  • 追加:新エンジン「溶岩エンジン(Magmatic Engine)」。出力4MJ/t。出力は鉄エンジンの4倍だが燃焼時間も約1/4。
  • 追加:新装置「携帯式MJタンク(Energy Storage)」。最大60万MJ溜めておける、MJ版の蓄電器。
  • 追加:新装置「MJ導管(Energy Conduit)」。高性能版エネルギーパイプ。作成コストは高いが減衰なしで爆発もしない。
  • 追加:新液体「溶融赤石(Molten Redstone)」。上記のMJタンク&導管を作成するのに必要。
  • 追加:新鉱石「銅(Copper)」「錫(Tin)」「銀(Silver)」「鉛(Lead)」。このMODの導入後に生成されたChunksに配置される。
    もちろん、他のForge前提の工業系・鉱石追加系のMODとはForgeの鉱石辞書を通して互換性がある。
  • 追加:多数の新しいレシピが追加&変更された。
  • 追加:多数のアイテム(主に鉱石の粉や合金の粉など)が追加&変更された。
  • 追加:NEI用のpluginsをデフォルトで内蔵するようになった。
  • BugFix:各マシンのGUIにおいて、タブのアイコンがGUI内に食い込んでいたのを修正。
  • BugFix:融剤かまどのGUIにおいて、青の搬出面が表示されなかった不具合を修正。


Thermal Expansionの導入方法

◆シングルプレイ
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. coremodsの中に、ダウンロードしたCoFH Coreをjarファイルのままコピー&貼り付けする。(1.4.7版はcoremodsではなくmodsに入れる)
  2. modsの中に、ダウンロードしたThermal Expansionをjarファイルのままコピー&貼り付けする。
  3. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
  1. 上記の手順に従って、シングルプレイ用にThermalExpansionを導入する。
  2. サーバー主側から指定がある場合、指示通りにBlock & ItemIDを移送し、ThermalExpansion以外のMODも導入する。
  3. 対象のサーバーにログイン。

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
  1. minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方についてはマルチプレイのページを参照。
    そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。
  2. minecraft_server.jarを7zで展開。
  3. シングル版のminecraft.jarでの手順と違い、minecraft_server.jar内のMETA-INFフォルダは削除しない。
  4. 他MODがそれを要求していても、minecraft_server.jarにModLoader、ModLoaderMPは導入しない。
  5. MinecraftForge(universal)を展開。中身全部をminecraft_server.jarの中にドラッグ。書庫に入れていいか聞かれるのでOKを選択。
  6. 一度サーバーを起動。Forge環境の必要ファイルが自動DL+フォルダが自動生成される。完了したら一旦終了。
  7. 生成されたserver側の「mods」フォルダの中にも、シングル版と同様にThermalExpansion本体をzip圧縮状態のままコピー&貼り付け。
  8. サーバーを起動。エラーが出ないか、ログイン可能か、MODの導入が反映されているかをテスト。

要求環境(MC1.5.2)

要求環境(MC1.5.1)

要求環境(MC1.4.7)

追加ブロック・アイテム・レシピ一覧


アイテムレシピ、および各マシンで加工可能なアイテム一覧はこちら
1ページ当たりの容量制限の関係で、別ページに分割

各装置の詳細解説


各マシンのGUI解説、および携帯式MJタンク&導管の使い方はこちら
1ページ当たりの容量制限の関係で、別ページに分割

OmniToolsについて


工業MODプレイ環境用のミニMOD。
ただしThermalExpansionの拡張アドオンというわけではなく、(前提にForgeとCoFHcoreは必要だが)OmniTools単体での導入が可能。
導入に関しては特に悩む必要はなく、普通にダウンロードしたファイルを「mods」フォルダ内に置けばいい。
以下のブロック・アイテムを追加する(ブロック1つ、アイテム2つ)

名前 作り方 説明
全能レンチ
(Prototype OmniWrench)
ダイヤ2 + 金インゴット1 + 羊毛(シアン)1
ツール扱い。スタック不可。使用回数∞。
BuildCraft&ForestryForMinecraftのレンチ、IndustrialCraft2のレンチ、
RailCraftのバール、ThermalExpansionのモンキーレンチ、
それら全ての機能が1本に集約されたアルティメットなレンチ。
特にIC2&RailCraftのツールとして使用回数∞で使えるのが大きく、
しかも成功率100%でIC2のマシンを撤去できてしまう。
(ただしRailCraftのバールの「攻撃力が鉄剣並」な機能は流石に無い)
またThermalExpansionのモンキーレンチ由来の機能として、
バニラの原木、かまど、チェスト、ピストン、半ブロック、階段etc.も
設置後に右クリックする事での向き変更ができて便利。
神秘的な台座
(Mystical Plinth)
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (Plinth.png)
金インゴット2 + 羊毛(シアン)1 + 黒曜石3 +
これだけでは機能せず、下記の鉱石辞書をこの台座に右クリックして置くことで、鉱石変換が出来るようになる。
鉱石辞書
(Forge Lexicon)
#ref error :ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (Lexicon.png)
本1 + 金インゴット1 + 鉄インゴット1 + 羊毛(シアン)1
不定形レシピ
これだけでは機能しない。


◆OmniToolsの追加インターフェース
<鉱石辞書テーブル>
左スロットにアイテムを置いた際、それが変換可能なアイテムだったなら、
上スロットに変換可能なアイテムが表示されるので、上側の矢印(小)ボタンで選択。
その後上側の矢印(大)ボタンを押すと、
左スロットに置かれたアイテムが全量、選択アイテムに変換されて右スロットに置かれる。
変換は1スタック64個ずつしか行えない。
変換作業はオートメーション化する事はできず、プレイヤーの手動での操作が必須。

Configファイルからの設定変更

導入後の初回ログイン時、「config」フォルダ内に「cofh」フォルダが自動生成される。
ThermalExpansionとOmniToolsのConfigファイル(thermalexpansion.cfg、omnitools.cfg)はその中に入っており、
これをメモ帳などのテキストエディタで開いて該当項目を書き換える事で各種の設定変更ができる。

◆Thermal Expansion
#block#
I:block.(XXXX)=n BlockIDの変更。
#block.feature #
B:energy.(XXXX)=true 個別のブロックの追加の有効化/無効化。falseにすると追加しない。
energyはBuildCraftのMJを取り扱う各種装置の個別の有効化/無効化を担当。
B:factory.(XXXX)=true 個別のブロックの追加の有効化/無効化。falseにすると追加しない。
factoryは各種のアイテム加工装置の個別の有効化/無効化を担当。
B:transport.(XXXX)=true 個別のブロックの追加の有効化/無効化。falseにすると追加しない。
transportは液体およびMJの輸送管の個別の有効化/無効化を担当。
#general#
B:graphics.colorblind=false trueにすると、各マシンの各面に搬出入設定に応じた色付き穴が表示されなくなる。
B:graphics.slotborders=true falseにすると、各マシンのGUI内のスロットが搬出入設定に応じて色分けされなくなる。
B:tutorial.tabs=true falseにすると、各装置のGUIの情報タブにて情報が表示されなくなる。
B:update.notifications=true 新しいVersionのThermalExpansionがリリースされた場合、ログイン時に通知される。
falseにすると、このログイン時のアップデート通知が表示されなくなる。
S::version= 現在のThermalExpansionのVersion。
#Item#
I:item.(XXXX)=n ItemIDの変更。
#tweak#
I:core.lava.mj=20000 溶岩エンジンにおける溶岩1000mBあたりの生産MJ量。
初期値は20000になっているが、数値20000で実際には18000MJ生産(約10%ロスト)
この約10%ロストは書き換え後の数値においても適用される。
B:factory.crafting.pulverizer.alternate=false trueにすると、粉砕機の作成コストが少し跳ね上がる(+ダイヤ2個)
B:factory.crafting.smelter.alternate=false trueにすると、融剤かまどの作成コストが少し跳ね上がる(+ダイヤ2個)
B:energy.grid.allowRedstoneEngines=false 携帯式MJタンク&MJ導管が、木エンジンによる入力を受け付けるかどうか。
初期状態ではfalseであり、受け付けなくなっている。
I:energy.grid.loss=5 MJ導管のエネルギー減衰値。初期状態では5%。
BuildCraftのエネルギーパイプと違い、通過したパイプ1個ごとに減衰処理が行われるのではなく、
道中の導管数が1個だろうと1000個だろうと一律かつ固定で-5%される。
I:factory.crucible.netherrack.energy=8000 溶岩るつぼにおいて、ネザーラックを溶岩に変換するのに必要なMJ量。
初期設定では8000MJになっている。
B:factory.pulverizer.recipe.blazerod=true 粉砕機において、ブレイズロッドを粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
B:factory.pulverizer.recipe.bone=true 粉砕機において、骨を粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
B:factory.pulverizer.recipe.netherrack=true 粉砕機において、ネザーラックを粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
B:factory.pulverizer.recipe.reed=true 粉砕機において、サトウキビを粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
B:factory.pulverizer.recipe.sandstone=true 粉砕機において、砂岩を粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
I:factory.rockGen.cobblestone.lava=0 丸石製造機において、丸石を作成する際の溶岩の消費量。
初期設定では0で、消費しない。
I:factory.rockGen.cobblestone.water=0 丸石製造機において、丸石を作成する際の水の消費量。
初期設定では0で、消費しない。
I:factory.rockGen.obsidian.lava=1000 丸石製造機において、黒曜石を作成する際の溶岩の消費量。
初期設定では1000mBになっている。
I:factory.rockGen.obsidian.water=1000 丸石製造機において、黒曜石を作成する際の水の消費量。
初期設定では1000mBになっている。
I:factory.rockGen.stone.lava=2 丸石製造機において、焼石を作成する際の溶岩の消費量。
初期設定では2mBになっている。
I:factory.rockGen.stone.water=1000 丸石製造機において、焼石を作成する際の水の消費量。
初期設定では500mBになっている。
I:factory.waterGen.rate=25 水生成機において、1tickに生成&自動搬出する水の量。
隣接4マスに2個以上水源or水流がある場合は更にこの数値の10倍。
#world - feature#
B:ore.copper=true デフォルトでは全てtrue。falseにすると、以後はChunks生成時に該当処理がスキップされ、
このMODの(銅・鉛・銀・錫)鉱石がマップ上に自然配置されなくなる。
他にも導入すると(銅・鉛・銀・錫)鉱石が配置されるようになるMODを複数入れており、
スタックできない同名鉱石が増えて管理が面倒になるのが嫌な人用。
B:ore.lead=true
B:ore.silver=true
B:ore.tin=true
#world - tweak#
I:ore.copper.clusterSize=7 ThermalExpansionの銅鉱石の鉱脈のサイズ。値が大きいほど1個の鉱脈が大きくなる。
I:ore.copper.maxY=75 ThermalExpansionの銅鉱石の生成範囲の上限。これより高くには配置されない。
I:ore.copper.minY=40 ThermalExpansionの銅鉱石の生成範囲の下限。これより地下には配置されない。
I:ore.copper.numClusters=9 ThermalExpansionの鉱石の鉱脈の生成頻度。値が大きいほど多く生成される。
I:ore.lead.clusterSize=7 ThermalExpansionの鉛鉱石の鉱脈のサイズ。値が大きいほど1個の鉱脈が大きくなる。
I:ore.lead.maxY=40 ThermalExpansionの鉛鉱石の生成範囲の上限。これより高くには配置されない。
I:ore.lead.minY=20 ThermalExpansionの鉛鉱石の生成範囲の下限。これより地下には配置されない。
I:ore.lead.numClusters=4 ThermalExpansionの鉛鉱石の鉱脈の生成頻度。値が大きいほど多く生成される。
I:ore.silver.clusterSize=7 ThermalExpansionの銀鉱石の鉱脈のサイズ。値が大きいほど1個の鉱脈が大きくなる。
I:ore.silver.maxY=35 ThermalExpansionの銀鉱石の生成範囲の上限。これより高くには配置されない。
I:ore.silver.minY=15 ThermalExpansionの銀鉱石の生成範囲の下限。これより地下には配置されない。
I:ore.silver.numClusters=3 ThermalExpansionの銀鉱石の鉱脈の生成頻度。値が大きいほど多く生成される。
I:ore.tin.clusterSize=7 ThermalExpansionの錫鉱石の鉱脈のサイズ。値が大きいほど1個の鉱脈が大きくなる。
I:ore.tin.maxY=50 ThermalExpansionの錫鉱石の生成範囲の上限。これより高くには配置されない。
I:ore.tin.minY=25 ThermalExpansionの錫鉱石の生成範囲の下限。これより地下には配置されない。
I:ore.tin.numClusters=7 ThermalExpansionの錫鉱石の鉱脈の生成頻度。値が大きいほど多く生成される。


◆OmniTools
#block#
block.lexicon=2101 BlockIDの変更。0にすると追加しない。
#block.feature #
lexicon.enable=true こちらは単に入手手段の有効/無効であり、ID自体は追加される。
#item#
item.wrench=21001 ItemIDの変更。0にすると追加しない。
#item.feature #
wrench.enable=true こちらは単に入手手段の有効/無効であり、ID自体は追加される。

他のMODとの競合情報

(Thermal Expansion)Block ID 2001-2009、Item ID 20257-20262にアイテムを追加するMODとは競合する。
(Omni Tools)Block ID 2101、Item ID 21257にアイテムを追加するMODとは競合する。
ただしこれらのIDの位置は、導入後の初回ログイン時に「config」フォルダ内に自動生成される設定ファイルから変更可能。
(「cofh」フォルダ内のthermalexpansion.cfg、omnitools.cfgをメモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き換える)
(設定ファイル内におけるItemIDの値は、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されている)

また、【MinecraftForge】も比較的競合の原因になりやすいMODだが、
これの競合する/しないに関しては、MOD解説/MinecraftForgeのページの方も参照の事。

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/Thermal Expansion_1.5.2
+上記の内容を守れる方のみご利用ください。
上記の内容を守れる方のみご利用ください。
  • 1.6.4へのリンクが1.7.10になっています。編集お願いします - 名無しさん 2015-02-19 21:24:12
  • 硝石確保がネックとのことですが、砂岩から作れるのなら砂岩を砂からクラフトできる現在、簡単なのでは? - 名無しさん 2015-03-26 17:51:23
  • TE4ではBuildCraftの固有ゲート設定が出てこないようです - 名無しさん 2015-04-21 16:26:03
  • 1.4.7版、工業modのパックであるX MOD PACKを使用することで導入できることを確認。私だけかもしれないので - 名無しさん 2015-08-16 02:32:37
    • すいませんミスりました 私だけかもしれないので、どなたか確認お願いします。 - 名無しさん 2015-08-16 02:36:18
  • 1.7.10で黒曜石の粉が作れないのは私だけ? - 名無しさん 2015-11-12 14:24:11
  • 環境はMC Ver1.6.4 TE Ver3.0.0.7 製材機でボートをリサイクルして木材5とおがくず1(100%)手に入ると書かれているようなので「ん?」と思ってやってみたところ、木材5は手に入りましたがおがくずは生成されませんでした。恐らくこのページの内容の移行先のTE Ver3.1.6.0においても同様であると思います。 - 名無しさん 2015-11-28 15:09:42
  • 携帯式MJタンクの説明文に「Buildcraft版のバッテリー」と書かれているのですが正しくは「ThermalExpantion版のバッテリー」ではないでしょうか。もしそうなら修正お願いします。 - 名無しさん 2016-02-20 19:49:26
  • これの負荷はやっぱり重いのかな…? 蓄電目的だけで、IC2exより軽いのなら乗り換える手も……。(マターとか永久光発電機とか諦める必要も有るけど) - 名無しさん 2016-03-14 09:30:27
  • 溶解エンダーパール等をネザーでフィールド設置は可能ですか?ネザーで作物を育てられますか? - 名無しさん 2016-09-10 18:29:30
  • 1.12.2対応 - 名無しさん (2018-10-09 16:43:41)

このページをシェアする

メニュー

Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



エンティティ



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク



Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ


おすすめゲーム攻略

注目ゲームニュース

注目ゲームニュースをもっとみる