用語集/A~Z

  
   


A~Z

Admin(あどみん)

Administratorの略。
マルチプレイ用サーバーの管理者のこと。
必然的に、サーバー内においては絶大な権限を持つ。
これに次ぐ権限として、他者にOP権限を与えることができる。

AE(えーいー)

MOD「Applied Energistics」の略。

Alex(あれっくす)

バージョン1.8から追加されたデフォルトスキン。
Steveよりも腕が細く、ミントグリーンの服を着ている。

AT(えーてぃー)

アニマルタワー。
トラップタワーの動物版。
Beta1.8以降は動物のスポーンの仕方が変わったため、ほぼ機能しなくなった。

B(びー)

ブロック

BAN(ばん)

マルチプレイにおいて、プレイヤーの出入りを禁止すること。
一度BANされると、そのプレイヤーのBANが解除されるまで接続することが出来ない。
ハードコアモードのマルチプレイサーバーでは、一度死亡するとBANされる。

BC(びーしー)

  1. Base Campの略。拠点を指す。
  2. MOD「BuildCraft」の略。

BE(びーいー)

Bedrock Editionの略。

BTW(びーてぃーだぶりゅー)

MOD「BetterThanWolves」の略。

Bukkit (ぶきっと)

minecraftサーバー用のMOD。
特徴としては、プラグインと呼ばれるjavaで作成された拡張プログラムを簡単に導入することができる。
2010年からオープンソースで開発が始まり、2012年2月からBukkitの開発者のチームがMojangに採用されたために公式サポートされるようになった。
今後は、シングルプレイ用のMODのAPIを実装していく予定。

Bungeecord (ばんじーこーど)

SpigotMCによる、Minecraft用のプロキシサーバーのこと。
詳細はツール/BungeeCordを参照。

CC(しーしー)

MOD「ComputerCraft」の略。

chunk(ちゃんく)

原意はパンやステーキなど、(食品の)大きな塊の単位。転じて一塊のデータ群のこと。
Minecraftにおいては地形データを扱う単位(1chunk=X16*Z16*Y256ブロック)を指す。
Minecraftの様々な内部処理はこれを基準に行われている。
一般に座標は(X,Y,Z)の順で表現されるが、建築や回路を主にするマインクラフトでは建築業界の慣例で(X,Z)や(X,Z,Y)といった順で表現される事が多い。

chunkバグ(ちゃんくばぐ)

chunk抜けとも呼ばれる。
マルチプレイにてクライアント側で特定chunkが読み込まれなかった時に起きる現象。
ただ現在は、シングルプレイでもサーバーを介してプレイするため、シングルプレイでも発生する。

バグが発生した際は、該当するchunkに、まるで大穴が空いたように底まで見えてしまう。
進入時、実際には土地が存在するにもかかわらずクライアント側では落下しようとする為、ビヨンビヨンに揺れる不可思議な現象に陥る。
下手をすると抜け出せなくなったり、地中に埋まって死ぬ事も有る。
大抵はバグが起きている箇所にブロックや松明を置くかリログインする事で解消する。

Dimension(でぃめんじょん)

英語で「次元」を意味する単語であり、Minecraftにおいては「世界」を表す。
通常世界、ネザー、ジ・エンドの3つのディメンジョンが存在する。

F3(えふさん、えふすりー)

デバッグモードのこと。
詳細はよくある質問を参照。

FFM(えふえふえむ)

MOD「ForestryForMinecraft」の略。

FML(えふえむえる)

MinecraftForgeにも同梱されている、「ForgeModLoader」の略。
Risugami's ModLoaderの代替MOD。

Forge(ふぉーじ)

MOD「MinecraftForge」の略。

FOV (えふおーぶい)

Field of Viewの略で、視野角のこと。
この数値を大きくすると視界が広がり、広範囲を視野に収めることができるようになるが、
同時に画面の周辺が歪むように表示されるようになるため、慣れていないと3D酔いの原因になる。
逆に設定が低ぎてもやはり3D酔いに繋がる可能性があるため、個人個人に合わせて最適な値を設定するのが望ましい。
オプション画面でスライダーを最大に設定すると「Quake Pro」と表示されるが、これは現在でも高い人気を誇るマルチプレイヤーFPS「Quake 3」で、
上級者プレイヤーの多くがこのFOVの値を高く設定していることに由来していると思われる。

FPS(えふぴーえす)

  1. Frames Per Second の略。
    下記の「First Person Shooter」と区別するため、小文字で書かれることが多い。
    フレームレートと呼ばれる1秒間に何回画面が更新されるかを表す単位で、この数値が大きいほど画面の描画がスムーズに行われる。
    動作させるPCの性能やグラフィック設定によっては100fps以上を叩き出すことも可能だが、
    実際に一秒あたりに画面を更新できる回数は使用しているモニタによって決まっており、
    例えば液晶モニタでは一般的に60回が限度となっているため(この値をリフレッシュレートと言う)、
    液晶モニタで60fps以上を出すことにはあまり意味がない。
    ゲームの明快な動作バロメータであり、設定を動作重視にして尚ちょっとした事で60fpsを大きく切る環境でのプレイは辛い。→動作報告
    ゲーム用語のように思われがちだが、動画製作時などでもよく使われる。
    下のFPSと区別する場合は小文字で表記することが多い。
  2. First Person Shooter の略。
    プレイヤーが扱うキャラクターの視点(一人称視点)で進行するシューティングゲームを指す。
    Minecraftは定義的にFPSではないし、実際そのように呼ばれることも少ないが、WASDでの移動や1~9キーによる武器(アイテム)の選択など、
    システムの所々にFPSの影響が強く見受けられる。Notchの好きなゲームジャンルの一つでもある。

FZ(えふぜっと)

MOD「Factorization」の略。

GT(じーてぃー)

MOD「GregTech Addon」の略。

GUI(じーゆーあい)

グラフィカルユーザーインタフェース(Graphical User Interface)の略。
データを視覚的に表示するウィンドウやアイコン、状態の変動を表すゲージや状態の切り替え・決定のためのボタンなどの事。
今時の一般的なコンピュータは基本的にこの形式で描画表示されている。

Herobrine(へろぶらいん)

Minecraftの世界にかつて存在するとされていたNPC
公式側に完全に否定されているので、実装されたことは一度もなく、単なる二次創作である。
Herobrine

「死んだ鉱夫の亡霊」という設定で、プレイヤーに憑依しようとあちこちに現れる。
描画設定がtinyの時には、霧の範囲ギリギリで様子を窺っている。
また、様々な建造物を作り、プレイヤーが入ってきて罠にかかるのを待ち構えていることもあるようだ。

HP(えいちぴー)

ヒットポイントの略。
キャラクターの生命力を表し、これが0になると死亡する。
通常は最大値(と初期値)が10で、ダメージの最小単位は0.5。

IC2(あいしーつー)

MOD「Industrial Craft²」の略。

Java(じゃば)

プログラミング言語。Minecraftはこれで制作され、MOD開発なども基本的にこれを使う。
「Java仮想マシン」というソフトウェア上で動作するため、OSごとに仮想マシンを用意すれば、どんなものでも動作する。
Minecraftが様々なOSに対応しているのもそのため。
Javaのソフトウェアには、ブラウザー上で動作するJavaアプレットと、単体で動作するJavaアプリケーションの2種類があり、Minecraftは後述の方で動作する。

JFM(じぇーえふえむ)

MOD「JammyFurnitureMod」の略。

Kick(きっく)

マルチプレイにおいて、プレイヤーを強制的に切断すること。
BANとは違い、一度Kickされても再接続することは可能である。

KT(けーてぃー)

経験値TTの事。

LAN内/外

LAN内とは、ローカルホスト/DHCPサーバーの中のインターネットのことです。
LAN外とは、ローカルホストの外/DHCPサーバーの外のインターネットのことです。

LC(えるしー)

ラージチェスト

LP(えるぴー)

MOD「LogisticsPipes」の略。

MCP(えむしーぴー)

  1. Mod Coder Pack」 の略
  2. 「Minecraft Coder Pack」の略。

MFR(えむえふあーる)

MOD「MineFactoryReloaded」の略。

mob(もぶ)

英語で「群衆」の意。MOving OBjectsの略とも言われる。
マインクラフトではモンスター動物がこれに該当する。
広義では動くNPCもmobに含まれる。

MOD(もっど)

MOD

MOJANG AB(もやん・えーびー)

Notchが設立したゲーム開発会社。
Notchはこの会社のオーナー兼ゲーム開発者だった。CEOはCarl Mannehで、マネジメントを彼に委ねていた。
MinecraftとScrollsCobaltを開発した。
2014年9月にMicrosoftに買収され、同年11月以降同会社の子会社として上記3つに加え新たなゲームを開発している。
買収、子会社化の際にNotch、Carl Manneh、Jakob Porsérの3名が退社している。
退社、買収子会社化の影響はユーザーだけでなくMOD開発者にも多大な影響を与えたとされ、
MOD開発者が生命を表明したり、長らくMODが買収前最後のバージョンである1.7.10に留まっていた等の名残が確認できる。
名前は、スウェーデン語で言うところの「Gadget Ltd.」から来ている。

NEI(えぬいーあい)

MOD「NotEnoughItems」の略。

Notch(のっち)

Minecraftの生みの親。Notchは英語で「切れ目」の意。
本名は「Markus Alexej Persson(マルクス・アレクセイ・ペルソン)」。
スウェーデン人。
彼の誕生日である6/1にMinecraftを起動すると、タイトル画面で自身へのバースデーメッセージが表示される。
FPSをこよなく愛し、ブログではしばしば、様々な新作のレビューが掲載される。
最近は忙しいのか、「Play it.」や「Don't play it.」といったシンプル極まりないレビューに留まることが多い。
Minecraftは、彼がInfiniminerというFPSにヒントを得て作ったものとのこと。
なお、Minecraftの古いバージョンではゲーム内のmobとして登場し、倒すとリンゴをドロップした。

NPC(えぬぴーしー)

Non-Player Characterの略。
プレイヤー自身が操作できない、ゲーム世界のキャラクター全般を指す。
Minecraftでは動物、スノーゴーレム、村に出現する村人やアイアンゴーレムなどが該当する。

OF(おーえふ)

MOD「OptiFine」の略。
あまり略されることはないが、OptiFineに寄付をした時にもらえるマントには、このように記載している。

OP(おーぴー)、OP権限(おーぴーけんげん)

マルチプレイをする際の、Operator(管理者)とその権限のこと。
マルチプレイ用サーバー自体の管理者(Admin)が、自身に次ぐ権限として他のプレイヤーにOP権限を与えることができる。
OPに与えられる権限は、サーバーやMODの設定によって異なる。

PC(ぴーしー)

  1. パソコンの略。
  2. MOD「PowerCraft」の略。他の意味と混同することを避けるために、パワクラと呼ぶことも多い。
  3. MOD「PlasmaCraft」の略。上記との混同することを避けるために、略さない場合も多い

PE(ぴーいー)

Pocket Editionの略。

Pi(ぴーあい)

Pi Editionの略。

PS3(ぴーえすすりー)

PlayStation3 Editionの略。

PS4(ぴーえすふぉー)

Playstation4 Editionの略。

Rana(らな)

以前のバージョンに存在したNPC
カエルのような帽子を被った女の子として描かれている。
「Rana」とは、ラテン語やスペイン語、イタリア語で「カエル」を意味する。
過去にMOJANG ABに在籍した開発者が追加したもので、この開発者の退職後にゲームから除かれた。
同様の扱いを受けたNPCとして、Steve(プレイヤーキャラとは別物)、Black Steve、Beast Boyがある。

RC(あーるしー)

MOD「RailCraft」の略。

Realms (れるむ)

Mojangが管理しているマルチサーバのサービス名。利用には料金が掛かるが「簡単に皆でマルチしたい」人向け。
なおRealmsはPC版(Java)の1.8.9以降で利用できるが、将来的にはPocket Editionでも対応予定

RML(あーるえむえる)

MOD「Risgami's Mod Loader」の略。
上記のForgeModLoaderと区別するためによばれる。

RP2(あーるぴーつー)

MOD「RedPower2」の略。

RS(あーるえす)

Red Stoneの略。赤石とも略す。

RTA(あーるてぃーえー)

リアルタイムアタック(Real Time Attack)の略称。
ゲームのプレイスタイルの一種であり、要するに実際の時間でのタイムアタック。
ゲーム開始から、ダイヤを発見、ネザーへ行く等の目標を設定し、その達成までの時間や制限時間内での達成量などを競う楽しみ方である。

S(えす)

スタック

Seed(しーど)

シード値のこと。
シード値

Snapshot(すなっぷしょっと)

開発中のプログラムのソースファイルや、稼動中のデータベースファイルなどを、特定のタイミングで抜き出したもの。
Minecraftでも開発バージョンのテスト公開がされている。主にbug報告などによるフィードバックを主とした目的。
(バージョン表記例:12wxxa 又は 12wxxb xにマイナーバージョンが入る。)

SS(えすえす)

スクリーンショットの略。デフォルトではF2キーで撮影する事が可能。

SSP(えすえすぴー)

「Survival Single Play」の略。
直訳すれば「サバイバルモードのシングルプレイ」だが、ゲームモードに関わらずシングルであれば、SSPと呼ぶ場合が多い。

SMP(えすえむぴー)

「Survival Multi Play」の略。
直訳すれば「サバイバルモードのマルチプレイ」だが、ゲームモードに関わらずシングルであれば、SMPと呼ぶ場合が多い。
マルチ

SPC(えすぴーしー)

MOD「Single Player Commands」の略。

Steve(すてぃーぶ)

デフォルトスキンの青い服を着たキャラクターの通称。スティーブ。

TC(てぃーしー)

MOD「Thaumcraft」の略。

TE(てぃーいー)

MOD「ThermalExpansion」の略。

TF(てぃーえふ)

MOD「The Twilight Forest」の略。
日本語圏では、あまり使われない。→黄昏の森

TFC(てぃーえふしー)

MOD「TerraFirmaCraft」の略。

Testificate(てすてぃふぃけいと)

タイトル画面に表示される黄色字に稀に現れる単語、正確には「Testificates!」と書いてある。
一体何のことかというと、minecraftでバニラ状態でスポーンする通常の村人の俗称。

登場当初、プレイヤーのID表示のように村人の頭上に上記の単語が表記され、その特異な外見、習性から、
海外ではバニラの村人(の種族、或いはそのスキン)を他(村モッドなどの村人)と区別するためか、
そのまま俗称として用いられている様子。(画像検索するとマインクラフトの村人ばかり出てくる)
ただ、どんな意図でタイトル画面に感嘆符付きで表示されるかは謎。

TiC(てぃーあいしー)

MOD「Tinkers' Construct」の略。

tick(てぃっく)

  1. ゲームティック(Game Tick)のこと。時間の単位であり、1tickは1/20秒である。単に「tick」という場合は、このゲームティックを指すことが多い。
    このTickごとに、動物などの移動や、空腹などの処理を行う。ゲーム内の1日はピッタリ24,000tick(20分)であり、これは変わることはない。
  2. ブロックティック(Block Tick)のこと。植物の成長、炎の燃焼、氷の融解など、主にブロックが変化する際に用いられる。
    1tick(1/20秒)毎にプレイヤーの周囲のチャンクから、3つのブロック(/gamerule randomTickSpeed で設定ができる)がランダムに選ばれる。
    このときブロックには、ブロックティックが与えられ、前述したような現象が起こる。
    ブロックティックの間隔は不規則で予測できず、中央値は約47秒である。

TMI(てぃーえむあい)

MOD「TooManyItems」の略。

TNTキャノン(てぃーえぬてぃーきゃのん)

TNTの衝撃を利用し、動くオブジェクトを撃ち出す機構のこと。
水中に設置したTNTが、周囲のブロックを破壊しなくなる性質を利用している。
撃ち出すオブジェクトは主にTNTだが、それ以外のものも撃ち出すことが可能。
詳細はテクニックのページを参照のこと。

TT(てぃーてぃー)

トラップタワー

UE(ゆーいー)

MOD「UniversalElectricity」の略。

UI(ゆーあい)

ユーザーインターフェース(User Interface)の略。
コンピューターとその利用者の人間との間で情報をやりとりするためのインターフェース。
ウィンドウ・ゲージ・ボタンなどを多用して視覚的にわかりやすくしたものはGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)と呼ばれる。