Minecraft Japan Wiki

MOD解説/BloodMagic2

  
BloodMagic
BloodMagic2(現在のページ)
アイテムリスト_ver2.x
┣MOD解説/BloodMagic2/儀式_ver2.x
血の祭壇のグレード
現在、Blood Magic(v2.1.5-74 for Minecraft 1.10.2/1.11.2)時の情報を元に作成中です。

MOD名 Blood Magic
製作者 WayofTime
配布場所 http://minecraft.curseforge.com/projects/blood-magic
前提MOD 【Minecraft Forge】
最新バージョン v2.1.5-74
使用BlockID x個
使用ItemID x個
使用DimensionID x個
使用BiomeID x個
SMP対応
srg化
関連サイト 公式フォーラムhttp://www.minecraftforum.net/forums/mapping-and-modding/minecraft-mods/1290532
FTBwikihttp://ftbwiki.org/Blood_Magic
※表示されていないIDは未使用


目次

Blood Magicについて

ナイフで自らの血を祭壇に注ぎ、宝石に染み込ませて力を持ったアイテムを作る…
といった、黒魔術的な色の強めなMOD。
それぞれ固有の力を持つ印章も作成できる。その印章には文様が描かれているが、どこからどうみても漢字。

少しだけThaumCraftとも連携しており、研究項目が追加される。
またNEIの方では血の祭壇、錬金術具一式、魔方陣でのクラフトのレシピを確認できる。

更新情報

Version 2.1.1-70
+過去の更新情報
過去の更新情報
Version 2.1.0-69
  • Fixed Phantom Bridge sigil glitch when travelling between dimensions and teleporting large distances.
  • Added deprecated methods for easier updating - Oops!

Version 2.1.0-68
  • Fixed Ritual of Regeneration's text
  • Fixed silly dupe bug with the Zephyr ritual.

Version 2.1.0-67
  • Added the Destructive Will effect to the Ritual of the Green Grove. This ritual now is done~
  • Finished the Augments for the Serenade of the Nether.
  • Implemented a new model for the Blood Altar to be more in-line with the rest of the mod (Thanks, wiiv!)
  • Made the Blood Altar respect the new capability system for fluid management.
  • Finished the Augments for the Ritual of the Feathered Knife.
  • Finished the Augments for the Ritual of the Crusher.
  • Finished most of the Augments for the Ritual of the Shepherd.
  • Changed the Ritual of the Feathered Knife so it respects the Tough Palms Living Armour Upgrade.
  • Fixed the Ritual of the Feathered Knife so that its health threshold is percent-based.
  • Made the aspected Sentient Tools drop their corresponding Will type on killing enemies.
  • Made it so peaceful animals provide more LP by default (to encourage creating your own farm).
  • Increased the effectiveness of animals for the Gathering of the Forsaken Souls ritual by a factor of 4.
  • Added the framework for the Purification Altar.
  • Fixed a crash with the Ritual Diviner when attempting to replace certain blocks.
  • Snares can no longer hit the thrower of the snare within 20 ticks of throwing it.
  • Updated the book so it contains most of the rituals.
  • Added some placeholder recipes for the Living Armour Downgrades - they will eventually change.

Version 2.1.0-66
  • Made it so that when you acquire a Living Armour Upgrade from a Tome, it raises the corresponding Stat Tracker up to that upgrade level.
  • Added some more framework for the Living Armour Downgrades.
  • Modified the Grim Reaper's Sprint so it is better at later levels.
  • Added a Repairing Living Armour Upgrade (trained by damaging the chestplate of the Living Armour while you have a full set on - it repairs all of your armour pieces over time)
  • Modified the Dwarven Might skill to better change the mining speed when mining.
  • Added a Dig Slowdown armour downgrade called "Weakened Pick".
  • Added the framework for a ritual that grants downgrades (instead of the potion method).
  • Fixed the recipes for some of the Demon Will blocks
  • Added the Sigil of Elasticity, the Sigil of the Claw, and the Sigil of Winter's Breath.
  • Changed most of the BlockString blocks to a BlockEnum in order to solve a loading issue with schematics.
  • Added the entries for the Skeleton Turret Array and the Updraft Array
  • Added the Bounce Array
  • Modified the Sigil of the Phantom Bridge so it better performs with speed modifications
  • Added the ability to use Mimic Blocks containing a valid Altar Component to work with the altar (#945)
 - Note: If using a Blood Rune, you do not get the ability of said rune. It just counts as a valid block.
  • Fixed `/bloodmagic network get NAME` using the wrong localization (#955)
  • Fixed Mimic Blocks causing an NPE with some Tile Entities (#951)
  • Fixed a massive FPS drop when looking at a Master Ritual Stone while holding a Ritual Tinkerer (#950)
  • Fixed an occasional crash when looking at a Mimic block with WAILA installed (#949)
  • Fixed the displayed Lesser Tartaric Gem recipe in the Guide (#947)
  • Fixed Dagger of Sacrifice one-shotting bosses. It now just doesn't work (#932)
  • Fixed controls re-binding after each startup (#922)
  • Added an alchemy array, the Array of the Fast Miner

Version 2.1.0-65
  • Fixed NPE when attacking mobs when you don't have a set of Living Armour. Oops.

Version 2.1.0-64
  • Fixed the symmetry issues of the Ritual of Containment
  • Changed the recipe of the Acceleration rune so that it is a T4 rune.
  • Added the Charging rune, which accumulates charge by using the LP from the Blood Altar (1 charge = 1 LP always). If enough charge is stored when crafting, the crafting occurs instantly.
  • Added the entries for the Rune of Augmented Capacity, Charging Rune, and Rune of Acceleration
  • Fixed the Sigil of Translocation so that it does not crash when picking up certain blocks. Also removed the damned lightning.
  • Changed the Quick Feet upgrade and the speed boost sigil so that their speeds are applied when strafing and walking backwards as well.

Version 2.1.0-63
  • Removed the darn testing code from the Divination Sigil. >.>

Version 2.1.0-62
  • Fixed the fact rituals were not working (Might have been a compiler error).

Version 2.1.0-61
  • Added fancy rendering for the Inversion Pillars.
  • Made the Meteor registry more manageable by separating the meteors into independent .json files.
  • Fixed the Sigil of Holding so that it does not crash servers when pressing the Holding key ('H' by default)

Version 2.1.0-60
  • Fixed routing node serialization.
  • Removed unwanted System.out lines when clicking on the slots in the routing node.

Version 2.1.0-59
  • Added the Living Armour Upgrade, Nocturnal Prowess, which gives night vision in dark areas and increases damage while the area is dark.
  • Added a LOT of dungeon blocks. I mean a lot.
  • Finished adding the recipes for all of the blocks (except the Demon Alloy)
  • Added a temporary texture (finally) for the Inspectoris Scandalum
  • Fixed Specters spawning with the /give command
  • Fixed the sacrifice range of the altar.
  • Fixed the Regeneration ritual so that it works on non-players
  • Added Mimic entry to The Architect.
  • Configurified the Meteor Ritual - Modpacks and users can edit all of the major properties of the meteor ritual, including what items need to be dropped onto the ritual as well as what you get in the ritual, radius, etc. The config will refresh if there is a version change unless you set "resyncOnVersionChange" to false.
  • Merged the three brick variants into one.
  • Added the Inversion Pillar models and caps

Version 2.0.4-58
  • Temporarily removed the dungeon stuff so that it doesn't crash.

Version 2.0.4-57
  • Changed the Demon Will Aura Gauge so it refreshes based on the player's ticks existed
  • Made Draft of Angelus craftable with gold dust
  • Fixed Elytra upgrade
  • Added the Mimics - the real ones
  • Implemented a bit of framework for some T5 shenanigans.
  • Fixed the Incense Altar so it properly detected the south sides of the altar.
  • Updated the Filtered Item Routing Nodes' GUI so that it behaved less like ass. Also added the necessary nbt porting code.
  • Further improved the routing GUI by allowing an amount to be typed into the amount bar.
  • Updated the toggleable sigils so they drain the user's LP based on the user's total ticks existed instead of the world time. This is to solve the doDaylightCycle glitch in this scenario.

Version 2.0.4-56
  • Fixed an incompatability between the 1.10.2 and the 1.9.4 versions

Version 2.0.4-55
  • Made Guide-API a required mod.
  • Fixed a funky issue where the Sound of the Cleansing Soul did not reset the upgrade points internally.
  • Added Sentient Specters, which are essentially tamable companions. Drop a sentient tool if you have more than 1024 Will of a given type to summon one (at the cost of 100 Will).
  • Added Mimic Blocks!

Version 2.0.3-54
  • Eliminated some of the "wonkiness" from the Air Sigil
  • Fixed the Hellfire Forge so that swapping Tartaric gems will not give free stuff.
  • Added the Potion Flask and a few of the potion effects - max amount of effects that can be added to a single flask is currently 3.
  • Fixed the Aura gauge not resetting in chunks that do not have any Aura
  • Added tooltips for the progress to the next upgrade for Living Armour (hold shift + M)
  • Finished off The Architect docs for now
  • Finished off The Demon Kin docs for the time being

Version 2.0.3-53
  • Fixed issue where the mod doesn't load on servers. Oops.

Version 2.0.3-52
  • Updated the Sanguine Scientiem with Alchemy Array recipes
  • Fixed the Blood Altar so that it can (again) work on a stack size larger than 1.

Version 2.0.3-51
  • Added the Demon Will Aura Gauge to accurately determine the Will in the Aura.
  • Added the ability for rituals to have a Demon Will set on them. Now to get rituals to use them.
  • Fixed it so that the Crushing Ritual now ignores liquids
  • Added the Mark of the Falling Tower ritual.
  • Changed the tooltip of the ritual diviner so that it gives information about the selected ritual.
  • Added more to the Sanguine Scientiem, including Hellfire Forge recipes and Altar recipes
  • Updated a lot of the text in the Sanguine Scientiem

Version 2.0.2-50
  • Fixed bad NPE when using the WoS. (Well, I guess all NPEs are technically bad, but I guess it depends on your perspective. That said, I don't think a changelog is the best place for a theoretical discussion about the rights and wrongs of errors, so I will stop now.)

Version 2.0.2-49
  • All Alchemy Array recipes are WIP and are subject to change! ^.^ They are created using the Arcane Ash and are shown as first item + second item.
  • Added the Movement Array (feather + redstone)
  • Added the Mob Beacon Array (2x Zombie Flesh)
  • Added the Updraft Array (feather + glowstone)
  • Added the Skeleton Turret Array (Arrow + feather)
  • Fixed the Lava Crystal recipe so that it can use all tiers of blood orb
  • Nerfed the Bound Blade. This is temporary, since the sword eventually will be modified.
  • Fixed Teleposers so they no longer crash 1.10 instances when teleposing tiles.

Version 2.0.2-48
  • Fixed a stupid bug by a stupid Way

Version 2.0.2-47
  • Fixed horrible memory leak in the Living Armour.
  • Item Nodes can now be disabled by a (weak) redstone signal.

Version 2.0.2-46
  • Fixed it so Ritual stones can be placed by the Ritual Diviner again. Also made it so that rituals are activateable and don't crash servers.

Version 2.0.2-45
  • Changed the recipe of the Sanguine Scientiem
  • Fixed the Routing system so that it properly eliminates the connection to the Master node when the Master node is broken.
  • Fixed an issue where the Spectral Blocks (from the Sigil of Suppression) would return the liquid on the client side before the sigil was deactivated.
  • Made it so that the bound tools are (supposedly more so) unbreakable. This will probably come bite me on the ehem later, but we'll see.
  • Added Fire Resistance Living Armour Upgrade, "Gift of Ignis."
  • Updated The Architect section of the documentation.
  • Fixed it so the Ritual will call stopRitual when a ritual stone is broken.
  • Added the recipe for the Inspectoris Scandalum (I had to check if I spelled that right) which acts as a helper for Altar Building
  • Right-clicking a MRS with the Ritual Diviner will affix the ritual hologram to the MRS.

Version 2.0.2-44
  • Added the Draft of Angelus, which increases the max number of upgrade points for Living Armour. It's strawberry flavoured!
  • Fixed the Tome of Peritia again - <= and < are the same, right?
  • Fixed an interaction between the Tome of Peritia and the Experienced upgrade

Version 2.0.1-43
  • Added an initial method to divine where a blood rune is missing for the next tier of altar.
  • Fixed an NPE with the Gathering of the Forsaken Souls
  • Fixed Absorption Hearts remaining after the absorption buff ends for the Steadfast Sentient Sword
  • Updated the Guide (Woooooooooooooo........)
  • (Possibly?) fixed Tome of Peritia bug of the Negative Speed of Light
  • Added recipes for all ores -> dust in the alchemy table.
  • Added the recipes for the Sentient Tools - yes, they all drop Will.
  • Fixed the bow so that it now gives you Will when you kill a mob - it does not drop the Will, it goes directly to you.

Version 2.0.1-42
  • Fixed Demon Crucible's weird behaviour where right-clicking it with an invalid item would still put the item in the crucible and give the player an item with a stacksize of 0.
  • WAILA!
  • Oh, and demon wings with the Elytra.

Version 2.0.1-40
  • Bug fix version, and added several translations - some of these are still WIP.
  • Fixed render bug with the Alchemy Table
  • Demon WIll now drops from slimes at a reduced rate instead of not at all
  • Fixed Jesus Water effect with Life Essence
  • Added the Vengeful Will crystal cluster recipe. Oops! >.>
  • Changed the "Default" Will into "Raw" Will.
  • Fixed an item duplication bug with how item pick-up is handled with the Zephyr ritual and the magnetism sigil.
  • Made the bound Axe function... correctly
  • Fixed a command block only issue with BM commands


既知の不具合
また、恐らく2.x時代の”悪魔の都市”システムの後継であると思われる反転柱関連のアイテムは、クリエイティブモードでのみ入手できる状態だが設置は非推奨。
安定して利用したい場合はMinecraft1.7.10版ver1.3.3-17が推奨される。

Blood Magicの導入方法

◆シングルプレイ
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. 指定されているフォルダの中に、ダウンロードした Blood Magic をjarファイルのままコピー&貼り付けする。
  2. ゲーム内ガイド本を有効化するために【Guide-API(任意)】をダウンロードし、 それらをmodsフォルダにそのまま貼り付けする。
  3. ver 2.xでは公式で推奨されている【Just Enough Items(任意)】、【Waila(任意)】をダウンロードし、 それらをmodsフォルダにそのまま貼り付けする。
  4. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+...
  1. 上記の手順に従って、シングルプレイ用にBlood Magic を導入する。
  2. サーバー主側から指定がある場合は、指示通りにコンフィグファイルを修正し、Blood Magic 以外のMODも導入する。
  3. 対象のサーバーにログイン。

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+...
minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方については「マルチプレイ」のページを参照。そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. 指定されているフォルダの中に、ダウンロードした Blood Magicをzipファイルのままコピー&貼り付けする。
  2. サーバーを起動。正常に起動し、MOD内容が反映されていれば導入は終了。

対応環境

Bloodmagic ver2.1.1-70 beta
Bloodmagic ver2.1.0-69 beta
※これら以外に、更新を凍結しているMinecraft1.8.9版、1.9版があります。

用語解説

英文wikiや書物「Sanguine Scientiem」、公式コメンタリーなどから。
ライフエッセンス/Life Essence
血液から抽出した魔術的なエネルギー。見た目は血液そのもので、バケツに入れることもできる。マジックアイテムの作成や発動、儀式の起動などで消費する。工業系MODの液体燃料に近い。
バージョンによっては工業系MODのパイプでLPを供給したり、液体タンクに貯蔵できる。

ライフエッセンスはプレイヤー、または生物から抽出することで入手できる。単位はLP(Life Essence Pointか、もしくはLife Pointであると思われる)。
ライフエッセンス入りバケツ 1杯=1,000LP=1,000mB(ミリバケツ)
プレイヤーの場合は、初期状態でハート1個=200LPとなる。
(mB(ミリバケツ)とは液体の量を表す単位。1B(1バケツ)=1,000mBという、Minecraft Forge の概念である。)

保存場所によって2種類の形態がある。
  • 血の祭壇によって蓄えられる液状のライフエッセンス
そのものずばり血液の見た目をしており、バケツに入れる事ができるのもこちら。

  • ソウルネットワーク上に蓄積される目に見えないライフエッセンス
ブラッドオーブを用いて採取する目に見えない状態のライフエッセンス。

ソウルネットワーク/Soul Network
目に見えない状態のLP。空中に漂っているものと思われる。入出力は主にブラッドオーブを介して行われる。
ブラッドオーブさえあれば、どこにいてもLPの取得や供給できる。液体LPがエンダーチェストに入っているようなイメージ。

蓄積にはブラッドオーブを右クリックすることで、プレイヤーのハート1個を200 LPに変換する。
ただし変換効率は上昇できないので、中盤以降は血の祭壇や儀式によって採取したLPをソウルネットワークに移すことになる。
血の祭壇の上にブラッドオーブを載せることで、血の祭壇のLPをソウルネットワークに移すことができる。

血の祭壇/Blood Altar
Bloodmagicによって追加される、LPの抽出機能とかまどのような加工機能を併せ持った魔導装置。加工燃料としてLPを使う。
近くに立って生贄のナイフ(Sacrificial Knife)を使用することで、プレイヤーのHPが減る代わりにライフエッセンスが血の祭壇に貯まる。
中盤以降になると、血の祭壇のLP貯蔵量<アイテム作成に必要なLP量となるため、LPの安定供給に苦慮することになる。

属性/Attributes
BloodMagicには6種の属性がある。
それぞれ水(Water)、火(Fire)、風(Air)、土(Earth)、黄昏(Dusk≒闇)、暁(Dawn≒光) となっている。
黄昏は夕方から夜になる夕闇を、暁は夜から朝になる光明を象徴する。
属性筆記具や各種エレメンタルは、これらのいずれかの属性を持っている。

ウィル/Demonic Will(デーモニックウィル)
2.0以降の新概念。生物が保有している悪魔の因子。単位はウィル。
ウィルを利用する装備類や、業火のかまど(Hellfire Forge)による加工用の燃料などに用いられる。
理力の剣(Sentient Sword)で倒す、または簡素な投げ罠(Rudimentary Snare)を投げつけてデバフ:ソウルスネア(Soul Snare)を付与した状態で倒すことで入手できる。
いずれの方法であっても、敵対的な生物を倒した時にのみドロップする
単に生物からドロップしたアイテム状のものは「デーモニックウィル」と呼ばれる。
複数のデーモニックウィルをまとめ、貯蔵するにはタルタリックジェム(Tartaric Gem)を用いる。

2016年5月現在、討伐時にドロップするデーモニックウィルのウィル含有量は0.01~20.00程度の範囲でのランダムのようだ。
悪魔のるつぼ(Demon Crucible)を用いることで設置した同一チャンク内限定ではあるがウィルが空気中に拡散し、どこにいてもウィルの取得や供給や可能になる。
悪魔の晶析装置(Demon Crystallizer)によって空気中のウィルを結晶化することができる。結晶化したウィルは儀式の補助触媒などに用いられる。

追加ブロック・アイテム・レシピ一覧

MOD解説/BloodMagic2/アイテムリスト_ver2.x

追加MOB一覧

+ネタバレに注意

名前 画像 説明
理力の霊魂
Sentient Specter
100ウィル消費して理力の剣などから生成
HP40。大きなタルタリックジェム以上がインベントリ内にある状態で理力の剣、弓、斧、シャベル、ツルハシを捨てると、100ウィルを消費して生成するNPC。
平時はプレイヤーに追尾し続けて、プレイヤーが攻撃した対象、または攻撃してきた生物に対して攻撃する。
召喚中にHPが減った場合でも、大気中にウィルがあれば2ウィル消費して1HP回復する。
HPが半分以下になった場合は、ウィルの有無に関係なく強力な再生能力が発動して自己回復する。
プレイヤーが悪いポーション効果を受けると、理力の霊魂に効果が移って肩代わりしてくれる。
この生物に向かって素手でShift+右クリックすることで通常のドロップ状態に戻すことができる。
ミミック
Mimic

現在作成不可
HP16。理力の偽装ブロックで設定した範囲内にプレイヤーを検知されると生物化して襲ってくる。v2.1.4-73現在、偽装しているブロックにクモの足が生えているような形状をしている。
プレイヤーが居なくなると設置した場所へ戻り、更に時間が経過すると元の偽装状態に戻る。
討伐すると、偽装していたブロックが設置される。チェストをミミック化させるなどすると、往年のRPGのような雰囲気を作り出せる。


祭壇のグレードアップ

MOD解説/BloodMagic/血の祭壇のグレード

チュートリアル

ver2.0.0-20 (Minecraft 1.8.9)
+...

・地下深く掘ってダイヤモンド、金、鉄などを採集しておく。ダイヤモンドは弱いブラッドオーブ、儀式の占い棒などに必要。
  • ルーンを作るための石の確保。例えばグレード3の血の祭壇を構築するには、石が28×8=224個必要である。
  • 簡素な投げ罠(Rudimentary Snare)を作る。一度に4つ作れるので、4回作成して16個くらい用意する。
  • 敵性の生物に向かって簡素な投げ罠を右クリックで投げつける。
 白いパーティクルが表示されれば良し、表示されなければ再度投げつける。
 白いパーティクルが出ている状態の敵性生物を倒すとデーモニックウィルがドロップする
 最低でも2つほどデーモニックウィルを用意したい。
 ウィルの含有量は0.00~20.00程度なのだが、とりあえずは気にせずともよい。

  • 血の祭壇および、生贄のダガーを作業台で作る。
 1.x時代の血の祭壇のレシピでダイヤモンドだった部分がデーモニックウィルに変わっているので注意。

血の祭壇 グレード1
  • 業火のかまど(Hellfire forge)を作る。
  • 微細なタルタリックジェム(Petty Tartaric Gem)を2つ作る。
  • タルタリックジェムの使い方
【インベントリに所持している状態で、デーモニックウィルを入手】すると自動的にウィルが充填される。
既に出来ているデーモニックウィルを充填するには、床に捨てて取得すれば吸収される。
ちなみに微細なタルタリックジェムは64.00ウィルまで充填できる。

また複数のタルタリックジェムを持っている場合、手に持って右クリックすることで、別のタルタリックジェムにウィルを移動させることができる。
1クリックで最大容量の10%移動する。

  • 理力の剣を作る。先ほど作った2つの微細なタルタリックジェムうち、ウィルが含まれていない方を材料にして作る。
作成直後の状態では攻撃4の武器。手に持った状態で空中を右クリックをすると攻撃6に上昇する。
ウィルを大量に貯蔵してあるタルタリックジェムがインベントリに入っている状態で右クリックするとさらに攻撃力が上昇する。
この理力の剣で生物を倒すとデーモニックウィルをドロップする
デーモニックウィルのドロップ率は、ドロップ率増加エンチャントで増加することもできる。

  • 血の祭壇で空の石版(Blank Slate)を作る。
  • 錬金術魔法陣(Alchemy Array)を作る
 実際に作るのは秘儀の灰(Arcane Ashes)。

  • 地面に秘儀の灰を右クリックして魔法陣を設置、次に試薬(今回はレッドストーン)を右クリックで載せる。この段階で魔法陣の文様が変化する。
 最後に空の石版を右クリックで載せることで魔法陣が発動してエフェクトと共にアイテムが出現する。

  • 理力の剣で敵を倒し、微細なタルタリックジェムに60.00ウィルまで充填させる。
  • 小さなタルタリックジェム(Lesser Tartaric Gem)を作る。必要最低ウィルは60.00ウィルなので含有量に注意。
 また材料側の微細なタルタリックジェムは消滅するので、設置場所に注意すること。
 小さなタルタリックジェムの最大容量は256.00ウィルとなっている。

  • 香の祭壇(Incense Altar)を作る。
 3×3ブロックの平地を作り、その中央にとりあえず仮設置する。
 香の祭壇から5ブロック範囲に入ると生贄のダガーにエンチャントが付与される。
 効果は生贄のダガーの貯め撃ち。一度の使用でHPが90%まで減る代わりに、血の祭壇に大量のLPが充填される。
 一度使用すると効果が消失してしまうため血の祭壇の近くに設置したい。
 効果増強するための木の経路(Wooden Path)を作るためには、血の祭壇をグレード2にする必要があるのでとりあえず設置するだけ。

  • 空の石版2、弱いブラッドオーブ、石6で空のルーン(Blank Rune)を8つ作る。
 血の祭壇の1段下、周囲8ブロックを空のルーンに交換する。
 これによって血の祭壇はグレード2にアップグレードされる。
 空のルーン1個につき石を8個使うため、グレード2にするには石が8×8=64個必要である。

追加インターフェース・詳細解説

魔導設備ブロックの基本操作

ブロックタイプの設備の設置や操作について
+...

大抵の魔導設備は、アイテムを手に持って右クリックすることでアイテムを配置することができる。
また、手に何も持たずに右クリックすることで配置したアイテムを取り出すことができる。

アイテムの配置と取り出し
魔導設備ブロックの撤去には基本的にツルハシが必要。鉄のツルハシが必要なものもあるので注意すること。

回収手段 一例
素手で回収可能 錬金術具一式、錬金術リレー、ガラス鐘など
木のツルハシで回収可能 血の祭壇、スペルテーブル、錬金術煆焼炉、合成魔法ブロック、香のるつぼ、ソウルアーマーフォージ、ブラッドストーンレンガ、クリスタルクラスター、グリフブロックなど
鉄のツルハシで回収可能 儀式石、マスター儀式石、簡易儀式石、ルーン各種、秘儀のペデスタル、秘儀の台座、空のソケット、満たされたソケットなど

手による右クリックでは1個ずつのみ搬入することができるが、ホッパーやアイテムパイプを用いると1スタックごとに搬入することができる。
ただし、消費するLPは消費LP×材料の個数分消費するので注意したい。
搬入はどの面からでも行える。

問題は搬出である。残念ながら、ホッパー等を取り付けると加工前でも加工後でも、問答無用で排出されてしまう。
アイテムの搬出
加工前の"材料"が搬出されてしまう

工業系MODを用いる、入力/出力ノードを用いるなどして完成品のみを搬出するようにフィルタリングを行えば、一応自動化できなくもない。
例えば石を搬入、空の石版を搬出、というように設定することで、石が空の石版に加工された時点で搬出が行われる。

アイテムの基本操作とユーザー登録

アイテムタイプの魔法具の登録や操作について
+...

アイテムタイプの魔法具は基本的に右クリックすることで使用することができる。
対象に向かって使用するものでなければ空中に向けて右クリックすると良いだろう。

一部アイテムにはユーザー登録が必要なものがある。そして一部のアイテムはユーザー登録しないと動作しないものがある
ユーザー登録には空中に向かってShift+右クリックすればよい。
登録済みになると下図のようにアイテムの説明文に所有者名=Minecraftのユーザー名が表示される。
この問題は起動クリスタルなどでよく発生すると思われる。
ユーザー登録されたアイテム

アイテムによっては右クリックして使用するもの以外に、右クリックでON/OFFを切り替える(トグル)タイプのものがある。
アイテムの説明文にDeactivated(非アクティブ)、Activated(アクティブ)と書かれたものがそれだ。
アクティブ化が必要なアイテム
(図は結合した剣)

このタイプのアイテムは、ON状態にしている間はLPを消費し続けるので使用する時だけONにするよう心がけよう。
またこのタイプのアイテムは、ON状態になると色や形状が変化する。
アクティブ化による見た目の違い
(ActivatedがON状態)

印章の使い方

1.7.10の時とは異なり、印章はShftを押しながら右クリックで有効、無効の切り替えができる。
有効、無効が切り替えられるタイプは持続使用するタイプ。
そのため有効にしている間、ソウルネットワークのLPを消費し続ける。
また装備の左右持ち替え(デフォルトはFキー)によって右手に印章を持ち、左手に武器を持つこともできる。
右クリックで印章の使用、左クリックで武器による攻撃となる。風の印章を使いながら斬りかかって空中戦闘のようなことも。
オフハンドに印章を持った状態

血の祭壇(Blood Altar)

LP搬入、搬出方法

+...

血の祭壇へのLP搬入
一般的なものは、生贄のナイフ(Sacrificial Knife)またはサクリファイスダガー(Dagger of Sacrifice)によるものだろう。
生贄のナイフ(Sacrificial Knife)は自分のHPを削り、サクリファイスダガー(Dagger of Sacrifice)は他生物を殺害することでLPに変換する。
どちらも血の祭壇から±2ブロック以内に対象者が居なければならない。

胴装備である瀉血者のパック(Blood Letter's Pack)は、装備しておくとプレイヤーのHPを50%まで削る代わりに、削ったHP分をLPに貯蔵するというアイテムである。
これを血の祭壇に載せることで、溜め込んだLPを血の祭壇に流し込むことができる。
最大貯蔵量は10,000LPとなっている。

儀式:Well of Suffering(苦痛の井戸)を用いると、効果範囲内にいる生物のHPを徐々に削ってLPに変換、付近にある血の祭壇にLPを供給する。
ソウルネットワークから2LPを消費して、10LPを供給する。
※この儀式はプレイヤーには効果がない。
儀式:Ritual of the Feathered Knife(フェザーナイフの儀式)を用いると、効果範囲内にいるプレイヤーのHPを徐々に削ってLPに変換、付近にある血の祭壇にLPを供給する。
HP1=100LPの変換効率。ハート1個=HP2なので、つまり生贄のナイフと同等である。

ソウルネットワークへの搬出
血の祭壇にブラッドオーブを右クリックで載せることで、血の祭壇のLPをソウルネットワークへと移動することができる。
血の祭壇のグレード≦ブラッドオーブのグレードでなければ供給することができないので注意しよう。

ソウルネットワークからの再搬入
基本的にソウルネットワークへと搬出したLPは血の祭壇に戻すことはできないものと考えて良い。
唯一、儀式:Cry of the Eternal Soul(永劫なる魂の慟哭)を用いることで一応血の祭壇に戻すことができる。
起動するために200万LPを消費。ソウルネットワークのLPを2消費して1LPを供給と、中々効率が悪い。

ルーンについて

血の祭壇の周囲にルーンと呼ばれるブロックを配置することで祭壇をグレードアップできる。
ここでは難解なルーンの仕組みについて解説する。
+...

血の祭壇をグレードアップする際に設置する血のルーンなどのブロックを総称してルーンと呼ぶ。
基本の血のルーンから、様々な機能を持ったルーンに交換することによって血の祭壇をカスタマイズすることが可能である。
これらのルーンの中で難解なものを解説する。

工業系MODとの連携(転移のルーン(Rune of Dislocation)、加速のルーン(Speed Rune))
BloodMagicのライフエッセンスは、1LP=1mBの液体として扱われているため、工業系MODの液体パイプやタンクとの連携が可能である。
利用する際に問題なのが、血の祭壇内部にあるパイプである。
このパイプは
「1tickに20LPを流す、という動作を20tickに1回行う。」

という仕様になっている。
”tick”とはMinecraftの世界での時間の最小単位で、20tick=1秒である。
これらを全体的に見れば20LP/秒の運搬速度となる。
この初期の運搬速度は非常に遅いため、実際に運用するにはルーンを用いてブーストする事が必要不可欠である。
以下に転送効率アップの効果があるルーンを示す。
名前 説明
転移のルーン
Rune of Dislocation
血の祭壇の入出力に用いる内部パイプは20 LP/20tick=1秒なのだが、このルーンによって転送効率が20%アップする。
乗算であり、2個組み込むと144%(28LP/秒)、3個組み込むと172%(34 LP/秒)となる。
加速のルーン
Rune of Acceleration
血の祭壇の入出力に用いる内部パイプは20LP/20tick=1秒だが、このルーンによって転送効率が-1tickアップする。
加算であり、2個組み込むと-2tick(20 LP/18tick)、3個組み込むと-3tick(20 LP/17tick)となる。最大効果は19個で20LP/1tickとなる。それ以上に増設しても効果なし。

転移のルーン(Rune of Dislocation)
転移のルーンは単純に1回ごとの転送量をアップするルーンである。
問題は大量に設置した場合、入出力タンクの容量をオーバーしてしまい、余剰分の転送容量が無駄になってしまう。
計算すると22個設置した時点で20×(120%)^22=20×55.206=1104LP/秒 となり
22個の状態で、転送量が入出力タンクの容量より多くなる。

この問題は血の祭壇の容量を増加させるルーンを設置することで解決する。
血の祭壇の容量を増加させる容量増加のルーン、および容量倍加のルーンは同時に入出力タンクの容量も増加させることができる。
前述の転移のルーン×22個設置した場合、1回の転送量が1104LP/秒となる。
容量増加のルーンを1個設置すると、入出力タンクの容量が20%アップして1,200LPとなり必要十分になる。

加速のルーン(Speed Rune)
入出力のパイプは1tickに20LPを流す、という動作を20tickに1回行うという性能である。
つまり、1tick輸送-19tick停止-1tick輸送-19tick停止
とループしている。
この停止時間を短縮するのが加速のルーンである。
ルーンの設置個数 0個 1個 5個 10個 15個 19個 25個
パイプの動作停止時間 19tick 18tick 14tick 9tick 4tick 0tick 0tick
1秒あたりの転送量 20LP/秒 21.05LP/秒 26.67LP/秒 40LP/秒 80LP/秒 400LP/秒 400LP/秒
設置数が19個に近づくにつれて、指数関数的に転送量が増加する。
ただしルーンの機能上、19個以上設置しても効果が無いので注意。

血の祭壇のLP容量増設(容量増加のルーン(Rune of Augmented Capacity)、容量倍加のルーン(Rune of Superior Capacity))
たとえ血の祭壇をグレードアップしても、血の祭壇のメインタンクの容量は10,000LPの固定値である。
グレード3の血の祭壇で作る魔術師のブラッドオーブ(Magician Blood Orb)ですら、既に25,000LP必要となっており祭壇の容量を軽くオーバーしている。
そのため中盤では血の祭壇の内部タンクの容量増設が課題となる。
血の祭壇のタンク容量を増設するには、以下の方法がある。
  • 工業系MODを用いて外部タンクを増設する
  • ルーンを用いて増設する

ここではルーンによる容量増設を解説する。
利用するルーンは容量増加のルーン(Rune of Augmented Capacity)および、容量倍加のルーン(Rune of Superior Capacity)である。
それぞれ血の祭壇のグレード3、およびグレード4で作成できる石版が含まれているため、血の祭壇グレード3以降の話となる。
名前 説明
容量増加のルーン
Rune of Augmented Capacity
血の祭壇のLPの最大貯蔵容量は10,000 LPの固定値で、グレードを上げても変わらない。
このルーンを組み込むと最大貯蔵容量が20%アップする。加算であり、2個組み込むと140%(14,000 LP)、3個組み込むと160%(16,000 LP)となる。
容量倍加のルーン
Rune of Superior Capacity
血の祭壇のLPの最大貯蔵容量は10,000 LPの固定値で、グレードを上げても変わらない。
このルーンを組み込むと最大貯蔵容量が10%アップする。乗算であり、2個組み込むと121%(12,100 LP)、3個組み込むと133%(13,310 LP)となる。
少数のルーンを増設した段階では容量増加のルーンの方が容量アップを見込める。
だが大量にルーンを導入すると増加率が逆転することになる。逆転する個数は15個目。
ルーンの設置個数 1個 5個 10個 14個 15個 20個 30個
容量増加のルーン
Rune of Augmented Capacity
12,000 20,000 30,000 38,000 40,000 50,000 70,000
容量倍加のルーン
Rune of Superior Capacity
11,000 16,105 25,937 37,974 41,772 67,274 174,494
ちなみに容量増加、容量倍加のルーンを組み合わせても、別々に計算されてから合算される
増加2個、倍加2個の場合 10000×{ (10%+10%)+(110%×110%) }=2000+11210=13210
となる。

錬金術テーブル

錬金術テーブルの扱い方について。
+...
錬金術テーブルは1.7.10時代の錬金術具一式(Alchemic Chemistry Set)の改良型となっている。素材アイテムの最大数も5個から6個になった。
錬金術具一式と同様に、所有者登録済みのブラッドオーブを設置することで作動する。
加工にはソウルネットワーク上のライフエッセンス(LP)が必要。
錬金術テーブル

錬金術テーブル UI

番号 説明
各種素材を入れておく場所。
ブラッドオーブの設置場所。
完成品の搬出場所。
進捗ゲージ。1.7.10時代とは違い、視覚的に表示されるようになった。

錬金術魔法陣

錬金術魔法陣の描き方について。
+...
秘儀の灰を用いて行う魔術儀式の一種。
頭に”錬金術”と付いていることもあり、主にマジックアイテムの作成する工程の一つとなっている。
該当レシピには以下のように記されている。
名前 レシピor画像 説明
神託の印章
Divination Sigil
【錬金術魔法陣】 レッドストーン → 空の石版 ⇒ 神託の印章
0LP/回

血の祭壇を右クリックすると、血の祭壇のグレード、最大容量、現在の容量を表示する。
アイテム作成に必要なLP量が不足していないか確認できるため重要な印章である。
空中をクリックするとソウルネットワークのLP量を表示する。
この場合、手順は以下のようになる。
  1. 秘儀の灰を用いて地面に向かって右クリックをする。基礎の魔法陣が描かれる。
  2. 続いて試薬を右クリックで投入する。上記レシピでは”レッドストーン”。魔法陣の文様が変化する。
  3. 最後に触媒(=加工物)を入れる。上記レシピでは”空の石版”。正しい手順であれば魔法陣が起動し、アニメーションが始まる。
  4. 動作が完了すると効果が発動(アイテム生成)する。
※投入する順序が間違っていると魔法陣は作動しない。必ずレシピ通りの順序に投入すること。
※投入するアイテムを間違えた場合など、魔法陣を取り消したい場合は左クリックをすれば簡単に破壊して”投入した中身”を取り出せる。

錬金術魔法陣

香の祭壇(Incense Altar)

香の祭壇の構築方法について。
+...
香の祭壇は1.7.10時代の香のるつぼ(Incense Crucible)の改良型となっている。
生贄のダガーに一時的な特殊エンチャントを施し、一度の右クリックで最大HPの90%まで削る代わりにLP変換効率のアップ、および連打による死亡防止のためにSoulFrayデバフが20秒付与される。
いわば、生贄のダガーの”貯め撃ち”が出来るようになる。
一度の発動で効果は無くなるため、再度実行するにはもう一度香の祭壇に近寄って再チャージする必要がある。
生贄のダガーによる自傷でLPを貯める方針の場合有用な設備となるだろう。

単純起動させるにはブロックを配置するだけでいいが、後々のことを考えて3×3の平面の中央に設置する。
香の祭壇から±5ブロック範囲に入ることでエンチャントが付与される。
香の祭壇1
神託の印章、または識別の印章で香の祭壇を右クリックすると性能が表示される。
エンチャントされている状態の生贄のダガーは見た目も変化する。
香の祭壇2
左:通常時
右:エンチャント時

機能拡張その1:経路ブロック
香の祭壇は、祭壇を中心とした環状のブロック1マスごとに1段目、2段目、3段目と、魔術の陣として機能している。
デフォルトでは香の祭壇の効果範囲である9×9ブロック四方(3×3ブロック四方を除く)が、陣の有効範囲となっている。
香の祭壇3
香の祭壇の有効範囲
色付き環状部分がそれぞれ祭壇に効果を及ぼす

香の祭壇4 経路ブロックの設置場所
同色の羊毛ブロックの部分に経路ブロックを配置する
経路ブロックは上図の色付きの部分のみ配置すればよい。
4辺に3個ずつ、合計12ブロック単位で配置する必要がある。
また必ず内側から配置する。
高さに関しては割りと自由で、1段内側の経路ブロックまたは香の祭壇から±5ブロックの範囲であればよい。
香の祭壇5 経路ブロックの配置(横断面)
1つ前の段から±5ブロック(矢印の範囲内)であればよい


機能拡張その2:鎮静化ブロック
経路ブロックを設置したら、鎮静効果のあるブロックを周囲に配置する。
香の祭壇に反映される範囲は、経路ブロックから+2ブロックまでの高さの範囲となる。
香の祭壇6 鎮静化ブロック
※クリックで拡大

経路ブロックから高さ+2まで、合計3ブロックまで認識される
下図は実際の配置例となる。
香の祭壇7 配置例
木の経路ブロックを配置し、
各種ブロックを配置したことで性能が向上した
鎮静効果のあるブロックはバニラ環境での木々や作物、草ブロック、作物など植物系のアイテム。
神託の印章で変動値が視認できるので色々試してみるとよいだろう。
v2.1.5-74現在、上昇し易いアイテムは原木、葉ブロック、草ブロック、水、ライフエッセンス、溶岩、火、各種農作物など。


機能拡張その3:効果範囲の拡張
香の祭壇がブロックを認識する初期範囲は9×9ブロック範囲となっている。
しかし、より上位の経路ブロックを用いると範囲を拡大することができる。
石の経路ブロックで+2ブロックまで追加可能(祭壇のサイズは13×13)
摩耗した石の経路ブロックでさらに+2ブロック(祭壇のサイズは17×17)
黒曜石の経路ブロックでさらに+2ブロック(祭壇のサイズは21×21)

アイテム輸送機能

工業系MODでよく見られる”アイテムを輸送するパイプ”のような機能を実現するアイテム類ついて。
+...
作業の自動化を行うためにアイテムの搬入出を自動化させるホッパーのような機能を追加する。
基本構成
入出力を行うブロック”ノード”を設置し、座標をリンクさせるツール”ノード設定器”で指定するだけでよい。
座標をリンクさせると光線のようなものでノード同士が接続されるが、ノード設定器を利き手に持っていない限り表示されない。
図のようにリンク先が壁越しであっても特に問題ない。
無線化されたアイテムパイプとでも言えばいいだろうか。

名前 画像 説明
ノード設定器
Node Router
各中継ノードを連結するためのツール。
接続すると光線のようなもので接続される。
マスター中継ノード
Master Routing Node
ノードによるネットワークの核になる装置。ネットワークに1つ必要。
中継ノード
Routing Node
ノード間の接続に使う中継器のような働きをする装置。特に意味はない。
入力中継ノード
Input Routing Node
アイテムの搬入をするノード。
出力中継ノード
Output Routing Node
アイテムの搬出をするノード。
精密アイテムフィルタ
Precise Item Filter
入出力の中継ノードに組み込むことで、特定アイテムをフィルタリングできるようにする。
NBTタグフィルタ
NBT Item Filter
入出力の中継ノードに組み込むことで、NBTタグでフィルタリングできるようにする。
MODアイテムフィルタ
Mod Item Filter
入出力の中継ノードに組み込むことで、特定MODでフィルタリングできるようにする。
鉱石辞書フィルタ
Ore Dictionary Item Filter
入出力の中継ノードに組み込むことで、鉱石辞書でフィルタリングできるようにする。
液体フィルタ
Fluid Filter
入出力の中継ノードに組み込むことで、液体のフィルタリングできるようにする。

まとめると以下のようになる。
  • ノード同士をノード設定器でリンクさせることで、アイテムの輸送が可能になる。
  • ノード同士が直結されている必要はなく、リンクを辿っていけば到達可能であればよい。
  • ”ノード”ネットワーク内に必ず1個のマスター中継ノードが必要。
  • アイテムを取り出したいブロックに隣接するように入力中継ノードを設置する必要がある。
  • アイテムを流し込みたいブロックに隣接するように出力中継ノードを設置する必要がある。
  • 中継ノードは搬入出を行えないが、ノードリンクの中継用として用いることができる。
  • 隣接しているブロックであれば入出力が行えるため、最大6方向から搬入したり搬出したりできる。

入力中継ノード、出力中継ノードを右クリックすることで設定用UIが表示される。
度々インターフェースが変更されているが、v2.1.5-74現在は以下のようになっている。
入出力ノード UI

番号 説明
フィルタを設置する場所。
フィルタリングするアイテムを設置する。
アップグレード等は特に必要とせず、最大9個まで。
ノードから見た対象物の方角。D=Down(下)、U=Up(上)
N=North(北)、S=South(南)、W=West(西)、E=East(東)
方角ごとにフィルタやアイテムを設定する必要がある
②で選択中のアイテム名。
アイテムの個数。入力中継ノードでは、残しておく最低個数。
出力中継ノードでは、搬入しておく最大個数。
フィルタリングの優先順位。
プレイヤーのインベントリ。


Configファイルでの設定変更

MOD導入後に生成されるコンフィグファイルの中身を書き変えることで、設定を変更できる。
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意
Bloodmagic 2.xではBloodMagic.cfgに保存される。
項目 説明
"alchemy potion blacklist"{}
B:XXXX=false BloodMagicの追加効果の無効化のスイッチ。trueで無効化される。デフォルトは全てfalse(有効)。
"dungeon loot chances" {}
I:XXXX=n ダンジョン等で宝箱にBloodMagicのアイテムが入っている確率のレート(n)。
"lp costs" {}
"XXXX" <
n
m
印章および儀式のLPコスト。1行目が儀式名。2行目が起動LPコスト(=n)、3行目が継続コスト(=m)。
"potion id" {}
I:XXXX=n BloodMagicの追加効果のポーションID(=n)。
"ritual blacklist" {}
B:"XXXX"=false 儀式の無効化スイッチ。trueで無効化される。デフォルトは全てfalse(有効)。
"teleposer blacklist" {}
(記載なし) テレポーザーによるブロック転送の無効化するリスト。デフォルト無し。
wellofsufferingblacklist {}
B:XXXX=false 儀式:Well of Suffering(苦痛の井戸)でダメージを受けない生物のリスト。trueでダメージを受けない。デフォルトは全てfalse(無効)。

コマンド

いつかのコマンドが用意されている。ver2.0.0-20以降に導入されたコマンドではセレクター(@pなど)の利用も可能になっている。

/bloodmagic help
ヘルプコマンド。コマンド一覧を表示する。/bloodmagicではコマンドが認識されないので注意。

/bloodmagic network [syphon|add|get|fill|cap] <プレイヤー> [量]
プレイヤーのソウルネットワークの容量を操作する。プレイヤーや量を指定しなかった場合はヘルプメッセージが表示される。
項目 説明
syphon 指定プレイヤーのソウルネットワークのLPを指定値だけ減少させる
add 指定プレイヤーのソウルネットワークのLPを指定値だけ増加させる
get 指定プレイヤーのソウルネットワークのLP量を表示する
fill 指定プレイヤーのソウルネットワークのLPを、通常のゲームプレイで入手可能な上限値までLPを入手。上限値は登録済のブラッドオーブによる。
cap 指定プレイヤーのソウルネットワークのLPを最高値まで入手。21億4748万3647LP

/bloodmagic bind [true|false] <プレイヤー>
trueでアイテムの所有者を変更する。falseで所有者登録を解除する。

/bloodmagic orb [set|get] <プレイヤー> [グレード]
setで対象プレイヤーのブラッドオーブのグレードを設定する。getで現在のグレードを取得する。

他のMODとの競合情報

BlockID **~** 、ItemID **~** にアイテムを追加する他MODを入れていると競合する。
その場合はコンフィグファイルからどちらかのMOD側のIDを変えることで回避できる。
(メモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き変える)
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意

前提に使用する【Minecraft Forge】も非常に競合の原因になりやすいMODである。
また、単純な競合の他に、【Minecraft Forge】本体との互換性問題もある。詳しくは「MOD解説/MinecraftForge」のページも参照の事。

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/BloodMagic2
+上記の内容を守れる方のみご利用ください。
上記の内容を守れる方のみご利用ください。
  • バージョン2以降の要素を分離しました。追記やら画像やらは後々。 - もー 2017-03-06 09:30:19
  • 儀式に関して等の記述が無いですね、「弱い血の結晶片」の入手方法等も - 名無しさん (2017-08-18 08:32:12)
  • 「弱い血の結晶片」の入手方法は、「秘儀の灰」を地面に右クリックで小さな魔法陣、そこに結合の試薬、ダイヤの剣を使うと結合の剣が生成され、その結合の剣で敵を倒すと「弱い血の結晶片」がランダムで入手出来ます。 - 名無しさん (2017-08-18 08:34:39)
  • 結合の剣は最初は杖の様で弱いのですが、シフト右クリックで剣の状態になるので、その状態で敵を倒します。 - 名無しさん (2017-08-18 08:36:16)
  • 2.2.12-97で占い棒(黄昏)の中に「苦痛の井戸」があったから設置してみたけど、うまく動かねぇな。ゾンビにも鶏にもダメージを与えている様子が無い - 名無しさん (2018-06-05 23:22:51)
    • ↑ごめん勘違いだったわ。血の祭壇との距離を6マスにしてしまってた。血の祭壇を5マス以内(11×11以内)にすれば動いた - 名無しさん (2018-06-06 01:18:32)
名前:

このページをシェアする

メニュー

Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



エンティティ



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク



Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ


おすすめゲーム攻略

注目ゲームニュース

注目ゲームニュースをもっとみる