Minecraft Japan Wiki

MOD解説/IndustrialCraft²/GregTech-Addon/詳細解説

  
目次

大型ガスタービン・大型蒸気タービン

大型タービンの構成

核融合炉と同じく大型タービンは3x3x4のマシン筐体、強化マシン筐体のブロックの一部を各種ハッチと置換して機能を追加していく。
大型ガスタービンは発展マシン筐体、大型蒸気タービンはマシン筐体を使用する。
各種ハッチはマシン筐体の中心の中空の空気ブロックに面が隣接していれば自由に筐体と置換できる。
ただしダイナモハッチは必ずタービンブロック本体の反対側に設置する必要がある。
大型蒸気タービンにマフラーハッチを取り付けると逆に機能しなくなる。
また搬出ハッチは設置していなくとも動作する。
タービンの構成
タービン本体のGUIの最下段のIncomplete Structureの文字が消えれば正常に構成できている。

大型タービンの動作に最低限必要なハッチ
搬入ハッチ:1個 ダイナモハッチ:1個 メンテナンスハッチ:1個

タービンのセットアップ

大型タービンを起動させるには、まず全てのブロックを構成し終えた後にメンテナンスハッチのGUIを開き
中央のスロットをレンチ、ドライバー、バール、はんだごて+はんだ、金属製ハンマー、ラバーハンマーで右クリックする必要がある(順不同)
一度ツールでクリックした後に大型タービンの本体ブロックを撤去するとリセットされるので注意。

【1】各種レンチ
【2】ドライバー
【3】ゴムハンマー
【4】各種金属ハンマー
【5】はんだごて
【6】バール

次にタービン本体のGUIを開き右上にタービンロータをセットする。
右下の画像のように表示されていればセットアップは完了。
セットアップ前 セットアップ後

タービンロータは種類によってそれぞれ耐久度、出力が違っている。
効率100%を基準に80%ならば大型ガスタービンで800EU/t、大型蒸気タービンで640EU/tになる。
また耐久度の減少はある程度ランダム性があるが、30秒~2分ほどで耐久度1減少する。
最低耐久度のカーボンタービンローターでさえフル稼働で20時間程度持ち、タングステンスチールのものになると現実時間で一週間ほど持つ。
ただし修理せずに使用し続けると、耐久度が0になった瞬間にタービンブロックそのものが爆発する。
またタービンはレンチとハンマーを用いて修理することができるが、カーボンタービンロータ―のみ修理することができない。
タービンの修理レシピ

最後にタービン本体をラバーハンマーで右クリックすると準備完了。
修理などでタービンローターを取り外し、再度設置した後には必ずラバーハンマーで右クリックする必要がある。

タービンは駆動途中で稀に機能不全を起こし、故障数1つにつき10%出力が低下する。
その場合はセットアップ時と同様にメンテナンスハッチに適切なツールを使用することで改善される。
またタービンの状態はNuclearControlを導入していればGregTechセンサーキットを用いて監視することができる。

大型蒸気タービンについて

大型蒸気タービンはGregTechの熱ボイラーやRailCraftのボイラーの蒸気が必要になる。
ThermalExpansion非導入でRailCraftのボイラーで蒸気タービンを安定駆動させるにはボイラーの直付かマシンボックスとポンプモジュールの組み合わせが必須になる。
またTEを導入していても搬入ハッチの取り付けが限られている上で1600mb/tというに大量の蒸気を瞬時に使用するためThermalExpansionの液体導管ですら導管の搬出制限にひっかかってしまい
搬入ハッチを限界数取り付けた上に全てに導管を直付ですらまともに発電しない。
液体導管で蒸気を搬入する場合は搬入ハッチを二つ取り付け、両方にポンプモジュールを貼り付け、Importに設定することで、2000mb/tで強制的に蒸気を吸引させる。

蒸気タービンを安定駆動させるためには1600mb/tの蒸気を要求する。その為RailCraftのボイラーであれば高圧36型を2台と低圧8型以上を1台要求することになる。
RailCraftの蒸気タービンと比べて蒸気1杯辺りの発電量は約1.6倍と効率がいい。
RCの高圧36型ボイラー2台でも間欠的に止まることはあるが効率100%のタービンロータで700EU/t発電できる。

またIC2のConfigから原子炉の出力をEUから蒸気に変えることでも蒸気タービンを駆動できる。
原子炉は1EU/t辺り3.2mbの蒸気を生産する。
この場合も原子炉のEU出力換算で500EU/t程度でも止まること無く800EU/tのEUを生み出せるので同じく効率が非常にいい。
マシンボックスで蒸気を輸送させる場合、カバーの動作にEUが必要なため個々のマシンボックスにEUを供給する必要があるので注意。

熱ボイラー

熱ボイラーの構成

熱ボイラーもタービンと同様に強化マシン筐体を用いて中空の3x3x3の筐体の一部を各種ハッチと置換して機能を追加していく
各種ハッチはマシン筐体の中心の中空の空気ブロックに面が隣接していれば自由に筐体と置換できる。
熱ボイラーの構成
熱ボイラー本体のGUIの最下段のIncomplete Structureの文字が消えれば正常に構成できている。

熱ボイラーの動作に最低限必要なハッチ
搬入ハッチ:2個 搬出ハッチ:2個 メンテナンスハッチ:1個

熱ボイラーのセットアップ

熱ボイラーのセットアップも基本的にはタービンと同様にメンテナンスハッチに各種ツールを使用する。
右下の画像のように表示されていればセットアップは完了。
また溶岩フィルターはセットしなくても蒸気の生産には影響がないので副産物が必要ない場合フィルターは場合はセットしなくてもよい。
セットアップ前 セットアップ後
最後に熱ボイラー本体をラバーハンマーで右クリックすると準備完了。

熱ボイラーについて

熱ボイラーは1台で800mb/tの蒸気を生産するので、蒸気タービンの蒸気を賄う場合画像のように熱ボイラーが二台必要になる。
2機で約1秒に溶岩4杯と高速で消費するため、蒸気タービンを介しても溶岩1杯で約4,500EUとEUの生産効率そのものはかなり悪い。
熱ボイラーのみで蒸気タービンを運用するならばネザーの溶岩など大量入手出来る手段を用意しなければ厳しい。
副産物の生成に水は必要ないので、溶岩の高速消費を利用した黒曜石、錫、エレクトラム製造機としても使うことができる。

副産物の黒曜石は搬出ハッチに格納され、1杯の溶岩で1個生成される。また溶岩フィルターを使用すると稀に黒曜石の代わりにエレクトラム、錫、銅が得られる。
副産物は蒸気の生成ハッチにも格納されるため、蒸気と副産物を同時に搬出するにはアイテム輸送バルブカバーとマシンボックスを使用する必要がある。
搬出ハッチを2つ取り付けることで別々に取り出せるが、その場合蒸気の生成されるハッチを副産物で一度埋める必要がある。
搬出ハッチが副産物で一杯になると副産物の生成が止まってしまうので注意。

核融合炉

核融合炉はGregTechのVer2.90以降より大幅に仕様変更がされ、発展マシン筐体と核融合炉コイルで構成された集合体の一部を
各種機械と置換し機能を追加していくような装置になり、また核融合炉は直接電力を生み出さず、核融合炉が生み出すプラズマを別途発電機で発電させる仕組みになった。
また反応開始時に初期に反応に必要な電力を全て消費し、以降も持続的に電力を消費する仕様に変更された。
前Verから引き継ぐ場合、核融合炉コイルはそのまま使用でき、核融合炉本体は核融合制御コンピュータに自動的に置換される。
ver2.90以前の旧型の核融合炉と比較すると、建築コストの増加や、燃料の消費も旧式の8倍早くなりランニングコストもかなり増加している。
また燃料の作成過程のエネルギーを差し引くと旧型の差し引いたものと同程度の純粋なエネルギー生産量だが、
プラズマセルという形で電力を貯めることができるため旧式よりも発電機としての小回りはかなり効く。
128tick毎に4,096,000EU(ver3.11 MC1.5.2では8,192,000EU)を生み出すヘリウムプラズマセルを生産するので生産EU/tickは32000-反応維持EU-原料生産EUとなる。
水の電解槽、遠心分離(オーバークロッカーなし)で発電する場合、最終的なEU利得は約20000EU/tickほどになる。

基本形

発展マシン筐体と核融合炉コイルを用いて構成する。
核融合炉コイルは必ず32個必要になり、発展マシン筐体は128個から下記の構成パーツを除いた数が必要になる。
下の画像は核融合反応に必要な機械を含んでいないので注意。

各種構成機械

各種機械は発展マシン筐体の代わりに設置する機械になる、設置場所はある程度の法則内ならば自由が効く。
核融合反応は1つしか進行できないので、コンピュータのGUIと同じように設置する必要はない。

核融合制御コンピュータ

必ず1機設置する必要がある機械。GUIを開くと上には核融合炉の構成方法、下のバーには全体で蓄積した電力が表示される。
右のNEIボタンはNotEnoughItemが導入してあればレシピを参照できる。
設置は必ずドーナッツ状の内側である必要がある。
下のバーだけでは電力の蓄積状況を詳細に見ることができないが、携帯スキャナーで右クリックすることで詳細が分かる。
設置する場所 細部画像

核融合エネルギー注入機

核融合に必要なエネルギーを蓄積する機械、核融合炉にはこの機械から電力を供給する、いわば機械の内部電力ストレージ。
1機につき1000万EUを貯蔵し、設置された数の合計で核融合炉の電力容量が決まる。
最も必要蓄積電力の低い重水素-三重水素型の核融合反応で4000万EUなので、最低4つだと思われるが、
核融合炉の内部電力が0になると核融合が停止するので、重水素-三重水素型の核融合反応に必要な4096EU/tを供給できない限り、4機だと反応した瞬間電力が尽き一瞬で停止してしまう。
初期エネルギーが更に必要な重水素-ヘリウム3型の核融合の場合増設する必要がある。
設置する場所 細部画像

核融合物質注入機

核融合のために必要な燃料を投入する装置、2機でセットになってる。
BuidCraftのパイプでも燃料の液体を搬入できる。
設置する場合、左右ではなく必ず核融合コイルを挟むように上下に設置する必要がある。
設置する場所 細部画像

核融合物質抽出機

核融合反応によって生成された物質を取り出す場所、生成物がプラズマの場合セルをセットしておくと自動的にセルに詰めてくれる。
またBuildCraftのパイプでも液体として搬出できる。
設置する場所 細部画像

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/IndustrialCraft²/GregTech-Addon/詳細解説/コメント
+上記の内容を守れる方のみご利用ください。
上記の内容を守れる方のみご利用ください。
  • 250EU/tの原発で止まることなく発電できる。という文が正しいならば、原発の蒸気出力は100EU/t=320mB/tなので1EU/t=3.2mB/t - 名無しさん 2013-07-11 10:32:14
    • このことから250EU/t=800mB/tとなり、大型蒸気タービンを安定稼働させるにはRCの高圧36型ボイラー(720mB/t)では微妙に足りないことがわかる - 名無しさん 2013-07-11 10:35:32
      • そのためボイラーだけで安定稼働させるには高圧36型と低圧08型を組み合わせる必要がある。また、さる動画で見た情報だがインプットハッチにポンプモジュールを貼り付けてドライバーで右クリックし、設定をインポートにすることで液体導管のみでも蒸気を送り切れる模様 - 名無しさん 2013-07-11 10:39:44
        • と、記述したが実際にやってみたところver3.09gにて高圧36型一基どころか二基でも足りず、検証の結果高圧36型2.5基分の蒸気が必要であることがわかった - 名無しさん 2013-07-13 16:41:48
          • すなわち高圧36型二基と低圧36型か高圧18型どちらか一基で大型蒸気タービンが100%の発電を途切れることなくする - 名無しさん 2013-07-13 16:44:19
            • 実に1800mB/tである。RCタービンなら5.625基(562EU/t分)を賄える蒸気量である - 名無しさん 2013-07-13 16:47:30
              • なにはともあれ大電力を必要とするならばRC製よりgreg製タービンの方が発電量もタービン自体のコストも勝っていると思われる。以上、仕様変更などがなければ参考にしてほしい - 名無しさん 2013-07-13 16:50:51
                • 追記:ポンプモジュールをインプットハッチに取り付けると液体導管だけで蒸気搬入を賄えるとあるが、やはりそれをもってしても一面当たりの搬入量には限界があった。1つのハッチに高圧36型二基分の蒸気を全て注ぎ込むことは出来なかった。やはりボイラー一基につきハッチ1つを推奨したい(ボイラー直付けでも可)。 - 名無しさん 2013-07-13 16:55:06
          • 修正しておきました、情報ありがとうございます。3.08dのタービン実装当初では説明分に1600mb/t消費と書いてありましたが実際には800mb/tの消費だったようです、3.08f時点では修正されています。 - 名無しさん 2013-07-13 22:50:15
            • 記述修正ありがとうございます。1600mB/tでしたか。こちらも調べが足りませんでした。導管を用いた蒸気搬出でボイラー内の蒸気量が目減りしないように導管接続数を設置していたので、多少の無駄な部分が出ていたようです。 - 名無しさん 2013-07-14 14:18:34
  • 「熱ボイラー」を利用した蒸気タービン運用ですが、ネザーで必要な溶岩を賄えても今度は水が無くなるので非常に面倒なことに・・・ - 名無しさん 2013-08-18 23:57:52
  • マターで作った水はネザー設置可能なハズですが、無限水源は不可能なのでしょうか? - 名無しさん 2013-09-13 20:42:59
  • 大型ガスタービンにはマフラーハッチも必須な模様。未設置の場合一定時間稼働後に止まります(4.07bにて確認) - 名無しさん 2014-01-03 22:27:07
  • 大型ガスタービンですがタービンの正面に設置物があるとIncomplete Structureのメッセージが表示され動作が停止します。 - 名無しさん 2014-07-05 13:21:53
名前:

このページをシェアする

メニュー

Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



エンティティ



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク



Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ


おすすめゲーム攻略

注目ゲームニュース

注目ゲームニュースをもっとみる