MOD解説 > ThermalExpansion

現在のこのページの情報は、Thermal Expansion 2.4.5.0(for Minecraft 1.5.2)時のものに更新中です。
現在のこのページの情報は、OmniTools 3.1.6.0(for Minecraft 1.5.2)時のものに更新中です。

MOD名 Thermal Expansion
製作者 KingLemming
配布場所 MC1.5.2 http://thermalexpansion.wikispaces.com/Downloads
MC1.6.4 http://www.teamcofh.com/ (Open BETA)
前提MOD 【MinecraftForge】、【CoFHcore】
使用Block ID (Thermal Expansion)2001~2015 (15個)
(OmniTools)2101
使用Item ID (Thermal Expansion)20257~20258 20260~20267 (10個)
(OmniTools)21257~21258 (2個)
使用class なし
SMP対応
関連サイト (英語Wiki)http://thermalexpansion.wikispaces.com/home 
(公式Forum)http://www.minecraftforum.net/topic/1297506- 
(BCサイトForum)http://www.mod-buildcraft.com/forums/forum/sub-mods-and-texture-packs/thermal-expansion/ 



目次

このMODについて

KingLemming氏の作成によるBuildCraft系の工業要素拡張MOD。
IC2の各種マシン(粉砕機、抽出機、圧縮機)の、EUではなくMJで動くようになった版を追加するMODのようなものだが、
効率よく原木を木材に加工する製材機、水から雪玉・雪ブロック・氷を作り出す製氷機、
水と溶岩を反応させて丸石・焼石・黒曜石を作り出す石製造機など、このMOD独自のマシンも数種類追加される。

v2.0.0でBuildCraftの拡張アドオンから独立し、BuildCraft抜きで単独導入できるようになった。
また独自の鉱石として銅・錫・銀・鉛が追加された他、
ThermalExpansion独自のエンジン、およびBuildCraft版の蓄電器としてMJを貯蔵・備蓄できるタンク、
BuildCraftの液体パイプよりも輸送力が高い独自の液体輸送管なども追加される。

ただしそもそものMODの構造自体が、BuildCraft、IndustrialCraft、RedPower、ForestryForMinecraft、RailCraft等の、
工業系MOD各種との併用を前提に作られている節があり、これのみを単独で導入するには追加要素の品揃えがやや弱い。

2014年4月現在Ver1.52やVer1.47のmodがすべてダウンロード不可になった模様。

◆3.0.0.0での変更点
  • Tesseracts are now all in one block
  • Redstone plates added (remote redstone signal)
  • Glowstone Plates added (jump 16~ blocks in the set direction)
  • Ender Plates added (teleport instantly 16~ blocks in the set direction)
  • Item Ducts added (:D)
  • Conduits partialy rewritten
  • Network code improved for most tiles (reduced packet size and the such)
  • Strongboxes added (Portable storage)
  • Potato Flux Capacitors added (5 tiers)
  • Redstone Energy cells now have tiers (5 tiers)
  • Redstone Energy cells now have configureable sides
  • TE now has its own power source Redstone Flux (RF)
  • Added Liquid Dynamo
  • Portable Tanks are now tiered (5 tiers)
  • Many many rewrites for speed improvements
  • New Friends list. Used to limit machine access to your friends! (Per Server)
  • Added command /cofh killall <wildcard>, /cofh killall will kill all hostile enemys. When provided an wildcard it will kill any entity containing <wildcard>
  • Commands now have auto-completion
  • Machines only accept items they can process now.
  • More that I can't recall at the moment.

◆2.4.5.0での変更点
  • Bugfix: Fixes an intermittent crash with the Crescent Hammer on high latency servers.
  • Changed: Dispenser behavior tweaked to work with TE liquid buckets.
  • Changed: Sawmill is better about cross-mod support. Mods which register recipes too late will still be missed.

+ (それ以前の更新履歴)




Thermal Expansionの導入方法

◆シングルプレイ
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. coremodsの中に、ダウンロードしたCoFH Coreをjarファイルのままコピー&貼り付けする。(1.4.7版はcoremodsではなくmodsに入れる)
  2. modsの中に、ダウンロードしたThermal Expansionをjarファイルのままコピー&貼り付けする。
  3. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
  1. 上記の手順に従って、シングルプレイ用にThermalExpansionを導入する。
  2. サーバー主側から指定がある場合、指示通りにBlock & ItemIDを移送し、ThermalExpansion以外のMODも導入する。
  3. 対象のサーバーにログイン。

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
  1. minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方についてはマルチプレイのページを参照。
    そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。
  2. minecraft_server.jarを7zで展開。
  3. シングル版のminecraft.jarでの手順と違い、minecraft_server.jar内のMETA-INFフォルダは削除しない。
  4. 他MODがそれを要求していても、minecraft_server.jarにModLoader、ModLoaderMPは導入しない。
  5. MinecraftForge(universal)を展開。中身全部をminecraft_server.jarの中にドラッグ。書庫に入れていいか聞かれるのでOKを選択。
  6. 一度サーバーを起動。Forge環境の必要ファイルが自動DL+フォルダが自動生成される。完了したら一旦終了。
  7. 生成されたserver側の「mods」フォルダの中にも、シングル版と同様にThermalExpansion本体をzip圧縮状態のままコピー&貼り付け。
  8. サーバーを起動。エラーが出ないか、ログイン可能か、MODの導入が反映されているかをテスト。

要求環境(MC1.5.2)
  • MinecraftForge 7.8.0.688 ~
  • CoFHcore 1.5.2.4
  • ThermalExpansion 2.4.4.1
  • OmniTools 3.1.5.0

要求環境(MC1.5.1)
  • MinecraftForge 7.7.0.600 ~ 7.7.2.682
  • CoFHcore 1.5.1.5
  • ThermalExpansion 2.4.1.0
  • OmniTools 3.1.2.0

要求環境(MC1.4.7)
  • MinecraftForge 6.6.0.490 ~ 6.6.2.534
  • CoFHcore 1.4.7.3
  • ThermalExpansion 2.2.2.2
  • OmniTools 3.0.4




追加ブロック・アイテム・レシピ一覧


アイテムレシピ、および各マシンで加工可能なアイテム一覧はこちら
1ページ当たりの容量制限の関係で、別ページに分割





各装置の詳細解説


各マシンのGUI解説、および携帯式MJタンク&導管の使い方はこちら
1ページ当たりの容量制限の関係で、別ページに分割





OmniToolsについて


工業MODプレイ環境用のミニMOD。
ただしThermalExpansionの拡張アドオンというわけではなく、(前提にForgeとCoFHcoreは必要だが)OmniTools単体での導入が可能。
導入に関しては特に悩む必要はなく、普通にダウンロードしたファイルを「mods」フォルダ内に置けばいい。
以下のブロック・アイテムを追加する(ブロック1つ、アイテム2つ)

名前 作り方 説明
全能レンチ
(Prototype OmniWrench)
ダイヤ2 + 金インゴット1 + 羊毛(シアン)1
ツール扱い。スタック不可。使用回数∞。
BuildCraft&ForestryForMinecraftのレンチ、IndustrialCraft2のレンチ、
RailCraftのバール、ThermalExpansionのモンキーレンチ、
それら全ての機能が1本に集約されたアルティメットなレンチ。
特にIC2&RailCraftのツールとして使用回数∞で使えるのが大きく、
しかも成功率100%でIC2のマシンを撤去できてしまう。
(ただしRailCraftのバールの「攻撃力が鉄剣並」な機能は流石に無い)
またThermalExpansionのモンキーレンチ由来の機能として、
バニラの原木、かまど、チェスト、ピストン、半ブロック、階段etc.も
設置後に右クリックする事での向き変更ができて便利。
神秘的な台座
(Mystical Plinth)
金インゴット2 + 羊毛(シアン)1 + 黒曜石3 +
これだけでは機能せず、下記の鉱石辞書をこの台座に右クリックして置くことで、鉱石変換が出来るようになる。
鉱石辞書
(Forge Lexicon)
本1 + 金インゴット1 + 鉄インゴット1 + 羊毛(シアン)1
不定形レシピ
これだけでは機能しない。


◆OmniToolsの追加インターフェース
<鉱石辞書テーブル>
左スロットにアイテムを置いた際、それが変換可能なアイテムだったなら、
上スロットに変換可能なアイテムが表示されるので、上側の矢印(小)ボタンで選択。
その後上側の矢印(大)ボタンを押すと、
左スロットに置かれたアイテムが全量、選択アイテムに変換されて右スロットに置かれる。
変換は1スタック64個ずつしか行えない。
変換作業はオートメーション化する事はできず、プレイヤーの手動での操作が必須。




Configファイルからの設定変更

導入後の初回ログイン時、「config」フォルダ内に「cofh」フォルダが自動生成される。
ThermalExpansionとOmniToolsのConfigファイル(thermalexpansion.cfg、omnitools.cfg)はその中に入っており、
これをメモ帳などのテキストエディタで開いて該当項目を書き換える事で各種の設定変更ができる。

◆Thermal Expansion
#block#
I:block.(XXXX)=n BlockIDの変更。
#block.feature #
B:energy.(XXXX)=true 個別のブロックの追加の有効化/無効化。falseにすると追加しない。
energyはBuildCraftのMJを取り扱う各種装置の個別の有効化/無効化を担当。
B:factory.(XXXX)=true 個別のブロックの追加の有効化/無効化。falseにすると追加しない。
factoryは各種のアイテム加工装置の個別の有効化/無効化を担当。
B:transport.(XXXX)=true 個別のブロックの追加の有効化/無効化。falseにすると追加しない。
transportは液体およびMJの輸送管の個別の有効化/無効化を担当。
#general#
B:graphics.colorblind=false trueにすると、各マシンの各面に搬出入設定に応じた色付き穴が表示されなくなる。
B:graphics.slotborders=true falseにすると、各マシンのGUI内のスロットが搬出入設定に応じて色分けされなくなる。
B:tutorial.tabs=true falseにすると、各装置のGUIの情報タブにて情報が表示されなくなる。
B:update.notifications=true 新しいVersionのThermalExpansionがリリースされた場合、ログイン時に通知される。
falseにすると、このログイン時のアップデート通知が表示されなくなる。
S::version= 現在のThermalExpansionのVersion。
#Item#
I:item.(XXXX)=n ItemIDの変更。
#tweak#
I:core.lava.mj=20000 溶岩エンジンにおける溶岩1000mBあたりの生産MJ量。
初期値は20000になっているが、数値20000で実際には18000MJ生産(約10%ロスト)
この約10%ロストは書き換え後の数値においても適用される。
B:factory.crafting.pulverizer.alternate=false trueにすると、粉砕機の作成コストが少し跳ね上がる(+ダイヤ2個)
B:factory.crafting.smelter.alternate=false trueにすると、融剤かまどの作成コストが少し跳ね上がる(+ダイヤ2個)
B:energy.grid.allowRedstoneEngines=false 携帯式MJタンク&MJ導管が、木エンジンによる入力を受け付けるかどうか。
初期状態ではfalseであり、受け付けなくなっている。
I:energy.grid.loss=5 MJ導管のエネルギー減衰値。初期状態では5%。
BuildCraftのエネルギーパイプと違い、通過したパイプ1個ごとに減衰処理が行われるのではなく、
道中の導管数が1個だろうと1000個だろうと一律かつ固定で-5%される。
I:factory.crucible.netherrack.energy=8000 溶岩るつぼにおいて、ネザーラックを溶岩に変換するのに必要なMJ量。
初期設定では8000MJになっている。
B:factory.pulverizer.recipe.blazerod=true 粉砕機において、ブレイズロッドを粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
B:factory.pulverizer.recipe.bone=true 粉砕機において、骨を粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
B:factory.pulverizer.recipe.netherrack=true 粉砕機において、ネザーラックを粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
B:factory.pulverizer.recipe.reed=true 粉砕機において、サトウキビを粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
B:factory.pulverizer.recipe.sandstone=true 粉砕機において、砂岩を粉砕できるか否か。
初期状態ではtrueで、falseに書き換えると粉砕不可能になる。
I:factory.rockGen.cobblestone.lava=0 丸石製造機において、丸石を作成する際の溶岩の消費量。
初期設定では0で、消費しない。
I:factory.rockGen.cobblestone.water=0 丸石製造機において、丸石を作成する際の水の消費量。
初期設定では0で、消費しない。
I:factory.rockGen.obsidian.lava=1000 丸石製造機において、黒曜石を作成する際の溶岩の消費量。
初期設定では1000mBになっている。
I:factory.rockGen.obsidian.water=1000 丸石製造機において、黒曜石を作成する際の水の消費量。
初期設定では1000mBになっている。
I:factory.rockGen.stone.lava=2 丸石製造機において、焼石を作成する際の溶岩の消費量。
初期設定では2mBになっている。
I:factory.rockGen.stone.water=1000 丸石製造機において、焼石を作成する際の水の消費量。
初期設定では500mBになっている。
I:factory.waterGen.rate=25 水生成機において、1tickに生成&自動搬出する水の量。
隣接4マスに2個以上水源or水流がある場合は更にこの数値の10倍。
#world - feature#
B:ore.copper=true デフォルトでは全てtrue。falseにすると、以後はChunks生成時に該当処理がスキップされ、
このMODの(銅・鉛・銀・錫)鉱石がマップ上に自然配置されなくなる。
他にも導入すると(銅・鉛・銀・錫)鉱石が配置されるようになるMODを複数入れており、
スタックできない同名鉱石が増えて管理が面倒になるのが嫌な人用。
B:ore.lead=true
B:ore.silver=true
B:ore.tin=true
#world - tweak#
I:ore.copper.clusterSize=7 ThermalExpansionの銅鉱石の鉱脈のサイズ。値が大きいほど1個の鉱脈が大きくなる。
I:ore.copper.maxY=75 ThermalExpansionの銅鉱石の生成範囲の上限。これより高くには配置されない。
I:ore.copper.minY=40 ThermalExpansionの銅鉱石の生成範囲の下限。これより地下には配置されない。
I:ore.copper.numClusters=9 ThermalExpansionの鉱石の鉱脈の生成頻度。値が大きいほど多く生成される。
I:ore.lead.clusterSize=7 ThermalExpansionの鉛鉱石の鉱脈のサイズ。値が大きいほど1個の鉱脈が大きくなる。
I:ore.lead.maxY=40 ThermalExpansionの鉛鉱石の生成範囲の上限。これより高くには配置されない。
I:ore.lead.minY=20 ThermalExpansionの鉛鉱石の生成範囲の下限。これより地下には配置されない。
I:ore.lead.numClusters=4 ThermalExpansionの鉛鉱石の鉱脈の生成頻度。値が大きいほど多く生成される。
I:ore.silver.clusterSize=7 ThermalExpansionの銀鉱石の鉱脈のサイズ。値が大きいほど1個の鉱脈が大きくなる。
I:ore.silver.maxY=35 ThermalExpansionの銀鉱石の生成範囲の上限。これより高くには配置されない。
I:ore.silver.minY=15 ThermalExpansionの銀鉱石の生成範囲の下限。これより地下には配置されない。
I:ore.silver.numClusters=3 ThermalExpansionの銀鉱石の鉱脈の生成頻度。値が大きいほど多く生成される。
I:ore.tin.clusterSize=7 ThermalExpansionの錫鉱石の鉱脈のサイズ。値が大きいほど1個の鉱脈が大きくなる。
I:ore.tin.maxY=50 ThermalExpansionの錫鉱石の生成範囲の上限。これより高くには配置されない。
I:ore.tin.minY=25 ThermalExpansionの錫鉱石の生成範囲の下限。これより地下には配置されない。
I:ore.tin.numClusters=7 ThermalExpansionの錫鉱石の鉱脈の生成頻度。値が大きいほど多く生成される。


◆OmniTools
#block#
block.lexicon=2101 BlockIDの変更。0にすると追加しない。
#block.feature #
lexicon.enable=true こちらは単に入手手段の有効/無効であり、ID自体は追加される。
#item#
item.wrench=21001 ItemIDの変更。0にすると追加しない。
#item.feature #
wrench.enable=true こちらは単に入手手段の有効/無効であり、ID自体は追加される。




他のMODとの競合情報

(Thermal Expansion)Block ID 2001-2009、Item ID 20257-20262にアイテムを追加するMODとは競合する。
(Omni Tools)Block ID 2101、Item ID 21257にアイテムを追加するMODとは競合する。
ただしこれらのIDの位置は、導入後の初回ログイン時に「config」フォルダ内に自動生成される設定ファイルから変更可能。
(「cofh」フォルダ内のthermalexpansion.cfg、omnitools.cfgをメモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き換える)
(設定ファイル内におけるItemIDの値は、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されている)

また、【MinecraftForge】も比較的競合の原因になりやすいMODだが、
これの競合する/しないに関しては、MOD解説/MinecraftForgeのページの方も参照の事。




コメント

コメントログ:MOD解説/ThermalExpansion

コメント欄の運営・編集方針に関してはコメント欄方針を参照してください。
このコメント欄はwikiの情報充実のため、追記がしやすいよう設けた物なので、編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
編集に関わらない質問は一切受け付けておらず、一律して削除されます。
注意書きをよく読んだ上で、質問掲示板または非公式日本ユーザーフォーラムをご利用ください。
Wikiの運営に関連する話はWiki運営掲示板、雑談等は非公式日本ユーザーフォーラムにてお願いします。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。

  • IOのレンチで接続できますよ - 名無しさん 2015-02-18 07:11:42
  • 1.6.4へのリンクが1.7.10になっています。編集お願いします - 名無しさん 2015-02-19 21:24:12
  • 硝石確保がネックとのことですが、砂岩から作れるのなら砂岩を砂からクラフトできる現在、簡単なのでは? - 名無しさん 2015-03-26 17:51:23
  • TE4ではBuildCraftの固有ゲート設定が出てこないようです - 名無しさん 2015-04-21 16:26:03
  • 1.4.7版、工業modのパックであるX MOD PACKを使用することで導入できることを確認。私だけかもしれないので - 名無しさん 2015-08-16 02:32:37
    • すいませんミスりました 私だけかもしれないので、どなたか確認お願いします。 - 名無しさん 2015-08-16 02:36:18
  • 1.7.10で黒曜石の粉が作れないのは私だけ? - 名無しさん 2015-11-12 14:24:11
  • 環境はMC Ver1.6.4 TE Ver3.0.0.7 製材機でボートをリサイクルして木材5とおがくず1(100%)手に入ると書かれているようなので「ん?」と思ってやってみたところ、木材5は手に入りましたがおがくずは生成されませんでした。恐らくこのページの内容の移行先のTE Ver3.1.6.0においても同様であると思います。 - 名無しさん 2015-11-28 15:09:42
  • 携帯式MJタンクの説明文に「Buildcraft版のバッテリー」と書かれているのですが正しくは「ThermalExpantion版のバッテリー」ではないでしょうか。もしそうなら修正お願いします。 - 名無しさん 2016-02-20 19:49:26
  • これの負荷はやっぱり重いのかな…? 蓄電目的だけで、IC2exより軽いのなら乗り換える手も……。(マターとか永久光発電機とか諦める必要も有るけど) - 名無しさん 2016-03-14 09:30:27
  • 溶解エンダーパール等をネザーでフィールド設置は可能ですか?ネザーで作物を育てられますか? - 名無しさん 2016-09-10 18:29:30
名前:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ