MOD解説 > RailCraft

現在のこのページの情報は、RailCraft 6.14.0.0(for Minecraft 1.4.7)からRailCraft 9.12.2.0(for Minecraft 1.7.10)時のものに更新中です。なお、1.10.2版がすでにリリースされています。加筆にご協力お願いします

MOD名 RailCraft
製作者 CovertJaguar
配布場所 http://minecraft.curseforge.com/projects/railcraft/files
前提MOD 【MinecraftForge】
使用Block ID (1.2.5以前)202,204-205,207-209 (6個)
(1.3.2以降)450-460 (11個)
使用Item ID (1.2.5以前)7256-7294 (38個)
(1.3.2以降)7756-7808 (53個)
使用Sprite ID 0個
使用Terrain ID 0個
使用class なし
関連サイト http://www.minecraftforum.net/topic/701990- (英語Forum)https://www.patreon.com/CovertJaguar (作者patreon、1.12.2版限定公開場所)


目次

このMODについて

主にトロッコ&線路関連要素を拡充し、マインクラフト世界に多彩な新レール&新カートを追加するMOD。
要らない子状態の動力付きカートやチェスト付きカートの使い勝手も改善し、
また殴って回収した際に分解しないようにしたり、各種マインカートを最大3個までスタックして持ち運べるようになるなど、
デフォルトのマインクラフトのカート仕様に対する微細な改善項目も含んでいる。

ONになった際、レールを斜め設置したり背後1マスにブロックが置いていなくても、
矢印の方向にカートを射出してくれる、強化型のブースターレールこと「発車レール(Boarding Track)」。
カートを真上方向に垂直に上昇走行させる「エレベーターレール(Elevator Track)」。
レールを十字に交差させられる「交差レール(Junction Track)」。
最高時速が通常の3倍の「快速レール(Speed Track)」と、最高時速が通常の1/3の「鈍行レール(Wooden Track)」。
チェストつきカートへの積載&降荷を自動でやってくれる、「ローダー(Loader)」と「アンローダー(Unloader)」。
といったような、誰もが「あれば便利なのに」と思った事があるであろう、多数のレールが作成可能になる。


◆v9.2.0.0での変更点
Minecraft 1.7.10 に対応。
  • 追加:
  • 変更点:
  • BugFix:

◆v9.0.0.0での変更点
Minecraft 1.7.2 に対応。
  • 追加:村人との取引が可能なトレードステーションの追加。
  • 変更点:
  • BugFix:


◆v7.0.0.0での変更点
Minecraft 1.5.1 に対応。
  • 警告:IndustrialCraft2導入時作成可能なバットボックスカートMFEカートMFSUカートを削除。
  • 追加:
  • 変更点:
  • BugFix:

+(それ以前の更新履歴)
◆v6.17.0.0 (02月28日)での変更点
  • 追加:スチームオーブン(Steam Oven)。2x2x2の構造物で、蒸気を使って精錬を行う。
  • 追加:複数ブロックで構成するアイテムにツールチップを追加した。
  • 変更点:Plate(圧延機で作成する板系アイテム)を同じレシピで作成量を3個から4個に変更。
  • 変更点:タービンローターの耐久減少の頻度を、150分の1から200分の1に。
  • 変更点:IC2のスクラップをRailcraftの装置で燃料として使えないように。
  • BugFix:アンカーカートのインベントリの処理で無限ループがあったのを修正。
  • BugFix:信号ブロックが適切でない場所に設置できないように修正。
  • BugFix:経路探索AIを今一度正しく修正。
  • BugFix:代替精錬レシピの一部にあった様々な問題を修正。
  • BugFix:中継ボックスの消えていたGUIトリガーを追加し、点滅の表示(?)を修正。
  • BugFix:ネザーレンガの壁のレシピをバニラのネザーレンガフェンスと衝突しないように修正。

◆v6.16.0.0 (02月21日)での変更点
  • 新しいUniversalElectricityのAPIに対応。
  • 追加:敷石換装カートは上に線路が置けるブロックなら大体設置できるように、
    加えて線路が敷かれているブロックの両横のブロックの換装も可能に。
  • 追加:中継ボックス(Signal Block Relay Box)。これは通常の信号機のように振舞うが、別の特徴も持つ。
  • 追加:コンデンサボックス(Signal Capacitor Box)。隣にある受信ボックスのレッドストーン出力があると、
    指定された時間の間レッドストーン出力をし続ける。
  • 追加:二灯式確認確認用信号(Dual-Head Distant Signal)。2つの信号の状態を確認できる確認用信号。
  • 追加:タービンローターの修理レシピを追加。ローターをタービンブレードとクラフトすると1個につき耐久を2500回復(最大は30000)。
  • 追加:鋼鉄ツールは溶鉱炉で精錬することで、ツールの損耗に関係なく素材の鋼鉄の多くを取り戻せるようになった。
  • 追加:信号回路(Signal Circuit)。各信号機はレシピにこれを必要とするようになった。
  • 変更点:染色された金属製の支柱は、シルクタッチを使うことで色を保持して回収できるようになった。
  • 変更点:ブレイズロッドの燃料としての価値が800に(木炭の半分)。
  • 変更点:蒸気機関車の水容器置き場にスタックして置ける数を4までに制限。
  • 変更点:新しいペア化のAPIに向けて信号機のコードを更新。おそらくバグを含む。
    既存の信号が新バージョンにうまく適用されないなどあれば作者に報告されたし。
  • 変更点:回路各種のテクスチャ・レシピを刷新し、ひとつのItem IDのもとに統合した。
    前バージョンのワールドですでに存在する回路アイテムは消滅する。
  • コンフィグ:溶鉱炉の作業時間を設定する項目を追加。
  • コンフィグ:ワールドアンカーの燃料に使うアイテムの設定と、パイプなどで自動化できるかどうかを設定する項目を追加。
  • BugFix:切替レールやY字切替レールが、連結カートが通過している間に切り替わりにくいように修正。
  • BugFix:蒸気機関車のダメージがエンダーマンを倒せるように50に増加。
  • BugFix:巨大タンクの描画に安全チェックを追加。
  • BugFix:支柱やゲートレールに関する経路探索AIの修正。
  • BugFix:線路をリサイクルして軌条を得るレシピを、線路の新しいコストに応じたものに修正。

◆v6.15.3.0 (02月9日)での変更点
  • 追加:CraftGuideへのサポートを向上(砕石機とコークス炉)。
  • 変更点:検知ブロック-タンクカートがより柔軟に動作するように。液体の種類だけでなく量も指定して検知可能に。
  • 変更点:線路換装カートと敷石換装カートでパターン指定スロットにアイテムを置くとき消費しなくなった。
  • 変更点:MOD本体をzipからjarファイルに。
  • BugFix:シフトクリックのコードを完全に書きなおし、インベントリの動作に十分汎用的なものであるようにした。
    また将来的なインベントリ操作の不正を許してしまうバグを防ぐ狙いもある。
  • BugFix:空中自動下車レールとプレイヤーエンティティのバグを修正。
  • BugFix:ブロックの音を修正。
  • BugFix:個人用エンジンがパイプなどの搬入に対応
  • BugFix:個人用エンジンが燃焼していないときに蒸気を出さないように。

◆v6.15.2.0 (02月3日)での変更点
  • 新しいUniversalElectricityのAPIに対応。
  • 変更点:線路のレシピの作成量を2倍に。
  • BugFix:圧延機のシフトクリックに関する修正。
  • BugFix:UniversalElectricityのAPIのバージョンチェックを削除。
  • BugFix:元のエンティティを設定していないカスタムダメージソースを修正、
    および100以上のHPを持つものに蒸気機関車の衝突ダメージを適用しないように。

◆v6.15.1.0 (02月1日)での変更点
  • 追加:蒸気機関車に速度を調整する機能がついた。
  • 追加:制限レール(Limiter Track)。レッドストーン入力があると、上を通過する蒸気機関車の速度を変更する。
    バールをレールに使用することで指定速度の変更が可能。
  • 追加:汽笛チューナー(Whistle Tuner)。蒸気機関車に使用することで汽笛の音を変更できる。
  • 変更点:蒸気機関車のパワーを上方修正。
  • 変更点:検知ブロック-機関車は、色の指定のために羊毛やバニラの染料を受け付ける。
  • BugFix:機関車や連結カートの快速レール上での使用を改善のため、快速レールやカートの連結を色々修正。
  • BugFix:連結カートがエレベーターを登る力の改善のため、エレベーターレールやカートの連結を色々修正。
    完全ではないがマシになった。
  • BugFix:ワールドアンカーが特定のコンフィグの組み合わせの際、変な表示(?)になっていたのを修正。
  • BugFix:音声をモノラル44100HzのOggファイルに変換。うまくいけば一部の人が抱える音声の問題を解消した。
  • BugFix:切替レールや交差レールをあるべき爆発耐性に強化。
  • BugFix:東西方向の快速レールに関する問題を修正。

◆v6.15.0.0 (01月30日)での変更点
  • 前提にMinecraftForge 6.6.0.516 以降が必要に(6.6.0.515以前では動作しないのに注意)
  • 新しいUniversalElectricityのAPIに対応。
  • 新たにBlock IDを2個消費するように。
  • 追加:蒸気機関車(Steam Locomotive)。固体燃料と水で自走する機関車。
  • 追加:拘束レール(連結カート用)(Train Lockdown Track)
  • 追加:クリエイティブモードのタブを追加。
  • 追加:村人の検知ブロックが、他MODで追加された職業を指定できるように。
  • 追加:検知ブロック-機関車(Locomotive Detector)
  • 追加:シールドマシンのダメージによる死亡メッセージを追加。
  • 追加:様々なブロックの壁(Walls)
    (砂色レンガ、地獄レンガ、コンクリート、黒曜石、ネザーレンガ、レンガ、石レンガ各種、砂岩各種、雪ブロック、氷ブロック)
  • 追加:機関車レール(Locomotive Track)。レッドストーン入力がある時、上を通る蒸気機関車のモードを変更。
    バールでそのモード変更。
  • 追加:汽笛レール(Whistle Track)。レッドストーン入力がある時、上を通る蒸気機関車に汽笛を鳴らさせる。
  • 追加:雪合戦バックパック(Iceman's Backpack)。FFM導入時のみ作成可能。強化バックパックも同様。
    雪玉や雪ブロックを格納し、自動で雪玉を雪ブロックに圧縮、雪ブロックから雪玉を供給する。
  • 変更点:蒸気エンジンはMJ表示のバーが一杯になっても爆発しないが、代わりに"バルブが飛んだ"(エンジンからパーティクルが出る)
    状態になり動作しなくなる。これはエンジンにレンチ(BC)やバールを使うまで続く。
  • 変更点:硝石の生成の処理を書きなおした。
    ・硝石は暑く乾燥した砂のバイオームに生成される。
    ・表層の下にひとつの大きいが珍しい鉱脈として生成される(別名カリーチ)。
    ・硝石の鉱脈は、地表に砂がある限りは時間をかけて再生成される。
  • 変更点:硝石から化学肥料を作るレシピが、土2つと砂2つを要するようになった。
  • 変更点:個人用蒸気エンジンをわずかにバランス修正。1変換あたりの燃料消費を6.4から8へ。水と蒸気の容量をバケツ4杯分に減少。
  • 変更点:貯水槽が正圧を持つように。
  • 変更点:快速レールによる爆発がさらに強烈になり、周囲に火をつけるものになった。
  • 変更点:氷ブロックと雪ブロックの壁は、建設バックパックの代わりに現在雪合戦バックパックに格納される。
  • 変更点:整備士オーバーオールは蒸気機関車の衝突ダメージに耐性を持つ。
  • 変更点:地獄レンガのレシピが砂色レンガと似たものに変更され、ソウルサンドのコストが減少した。
  • 変更点:クレオソートセル(IC2)が登録された(GregTech-Addonに依存するものではない)。
  • BugFix:快速レール上の急停車を検知するための信頼できない手法を撤廃。
  • BugFix:衝突したコードがチャンク読み込みにともなって、快速レール上の列車爆発をランダムに引き起こしていたのを修正。
  • BugFix:リンクのドラッグは、Locomotiveモジュールが有効な場合のみ適用される。
  • BugFix:サーバー側のすべてのmarkBlockForUpdate()呼び出しをカスタムパケットを送信するものに置き換え、
    送信すべきチャンク更新を減らした。
  • BugFix:爆発耐性に関する誤解により、色々なブロックが意図していたよりも遥かに高い耐性を持っていたのを修正。
  • BugFix:線路バックパックがあらゆるアイテムを格納していたのを修正。
  • BugFix:液体ローダーがTop Offモードに従うように。

◆v6.14.0.0 (01月10日)での変更点
  • 追加:線路バックパック(Trackman's Backpack)。FFM導入時のみ作成可能。
    FFMのバックパックの線路・信号・カート版。巨大タンクや蒸気設備などの、線路と関係ないものは入らない。
  • 追加:強化バックパック(Wolven Trackman's Backpack)。仕様・作り方含めてFFMの強化バックパック各種に同じ。
  • 追加:整備士オーバーオール(Engineer's Overalls)。脚部防具扱い。特殊効果の無いお洒落装備。
  • 追加:検知ブロック-村人(Villager Detector)。村人を乗せたカートにのみ反応するディテクター。
    ただし村人の職業etc.の細かい条件まで指定しつつ検知させる事ができる。
    ※注記:現時点ではバニラの村人にしか反応しないが、将来的には他MODで追加された村人にも反応する予定。
  • 追加:鉄塊(Iron Nugget)。鉄インゴット1個を9個に分解して作れるが、通常設定状態では意味が無い。
    Configから溶鉱炉の追加がOffになっている時のみ、これをかまどで精錬する事で鋼鉄塊が得られる。
  • 追加:鋼鉄塊(Steel Nugget)。Configから溶鉱炉の追加がOffになっている時のみ意味を持つアイテム。
    溶鉱炉の追加が無効の時のみ、鋼鉄塊9個をクラフトすると鋼鉄インゴット1個が出来上がる。
  • 追加:クレオソートセル(Creosote Cell)。Greg-Tech Addon導入時限定(IC2を導入しただけでは追加されない)
  • 追加:BuildCraftの精密作業台で、RailCraftのデコレーションブロックを素材にした外装パネルが作れるようになった。
    (地獄レンガ、砂色レンガ、鋼鉄ブロック、コンクリートブロック、の4種)
  • 変更点:検知ブロック(カスタム)のGUIが一新。GUI内のスロットに置いた種類のカートを検知する方式に。
  • 変更点:IC2のマターから作成した石炭が、コークス炉でコークスに加工できなくなった(ボイラーetc.の燃料には使える)
  • 変更点:アンカーセンチネルと連結するなどして、ワールドアンカーの読み込み範囲が9Chunkよりも少なくなっている場合、
    それに比例して燃料(エンダーパール)の消費レートも減少するようになった。
  • 変更点:地獄レンガ同様、砂色レンガもコークス炉用レンガに作り直せるようなレシピが追加された。
  • BugFix:制御ボックス(送信)が、レッドストーン入力Off時のカラー信号を送っていなかった不具合を修正。
  • BugFix:特定のMODと一緒に導入した際、Tuningモード時の整備士ゴーグルのリンク表示がおかしくなる不具合を修正。
  • BugFix:RedPower2の液体チューブを使って液体燃料用火室に燃料搬入した際の不具合を修正。

◆v6.13.1.0 (01月02日)での変更点
  • BugFix:Configにてワールドアンカーとパーソナルアンカーの「refuel」の値が同値でないとクラッシュする不具合を修正。
  • BugFix:Configで「Machine」のModuleを追加Offにしても、既に設置済みの機械類が残り続ける不具合を修正。

◆v6.13.0.0 (01月01日)での変更点
  • 前提にMinecraftForge 6.5.0.486 以降が必要に(6.5.0.485以前では動作しないのに注意)
  • ForestryForMinecraft 1.7.0.x のAPIに対応。
  • 追加:パーソナルアンカー(Personal Anchor)。シングルでも作成可能だが、基本的にマルチプレイ用。
    オーナー(設置者)がログインしている間だけ担当Chunkを読み込み、そうでない時は自動的に一時停止する。
  • 追加:パーソナルアンカーカート(Personal Anchor Cart)。アンカーカートのパーソナルアンカー版。
  • 追加:砂色レンガ(Sandy Brick)。コークス炉用レンガの機能なし、デコレーション版。
  • 追加:ワールドアンカーおよびパーソナルアンカーに、レッドストーン入力によるOn/Off機能が追加された。
    レッドストーン入力されている間は機能停止し、停止中は燃料も消費しなくなる。
  • 追加:Configファイルに、アンカー系装置のレシピを削除できる項目を追加(※消えるのはレシピのみで、ブロックは追加される)
  • 追加:Configファイルに、アンカー系装置の設置座標をシステムログとして出力するか否かに関する設定を追加。
  • 変更点:コークス炉用レンガ、溶鉱炉用レンガのテクスチャが若干変化した(レシピは変わらないまま)
  • 変更点:ワールドアンカー、アンカーカートのテクスチャが若干変化した(レシピは変わらないまま)
  • 変更点:RailCraftの追加アイテムがスポブロ部屋のチェストからだけでなく、より適切なチェストから見つかるようになった。
    (マインカート関連のアイテムは廃坑から、ツールは村の鍛冶屋から、アーマーは寺院やピラミッドから、等)
  • 変更点:Configファイルのレシピ追加/削除関連の項目を整理し直した。
  • BugFix:圧延機において、RedPower2のチューブやマシンで搬出入すると、アイテム増殖バグが発生していた不具合を修正。
  • BugFix:フィルターで液体指定された状態のタンクカートのテクスチャが正常に描画されていなかった不具合を修正。
  • BugFix:RailCraftの各種装置の破壊時に内部のアイテムがドロップした際、それらのNBTタグが剥がれる不具合を修正。
  • BugFix:連結カートディスペンサーが、アンカーカートに対して正常に動作しなかった不具合を修正。

◆v6.12.2.0 (12月24日)での変更点
  • ForestryForMinecraft 1.6.4.0 のAPIに対応。
  • BugFix:Configからワールドアンカーの燃料要求を無効にした場合、ワールドアンカーが動作しない不具合を修正。

◆v6.12.1.0 (12月23日)での変更点
  • 変更点:まだMinecraft1.2.5で遊んでいる人の為に、v6.12.0.0で削除した支柱変換コードを再度追加し直した。

◆v6.12.0.0 (12月22日)での変更点
  • Minecraft 1.4.6 および MinecraftForge 6.5.0.472 以降に対応(6.5.0.471では動作しないので注意)
  • IndustrialCraft2 v1.112のAPIに対応。
  • 変更点:鋼鉄のブーツがIndustrialCraft2の磁気発生装置の効果対象になった。
  • 変更点:v6.2.0以前の古い支柱を新しい支柱に変換するコードを削除。
  • BugFix:バニラの方のバグが1.4.6で解消されたので、マインカートの動きがとても滑らかになった。

◆v6.11.1.0 (12月18日)での変更点
  • BugFix:拘束レールのレシピが追加されていなかったのを修正。

◆v6.11.0.0 (12月18日)での変更点
  • IC2 v1.110のAPIに対応。
  • 最新版のUniversal Electricityとの間で発生していた不具合が(おそらく)修正された。
  • 追加:ワールドアンカー&アンカーカートが稼動に際し、燃料としてエンダーパールの消費を必要とするようになった。
    またそれに付随してワールドアンカー&アンカーカートに右クリックで開くGUI&エンダーパール置き場が追加された。
    エンダーパール1個につき12時間稼動し、アンカーカートは撤去回収されても燃料の蓄積状況がリセットされず保持される。
    この仕様変更はConfigファイルからOffにする事ができる。
  • 追加:拘束レール(Lockdown Track)。発射レールや一時停車レールから発車&加速機能を取り除いたもの。
    入力On状態では通常レールと変わらず、Off状態では通過カートを確実に停車&吸着固定する。
  • 追加:整備ゴーグル(Trackman's Goggles)。3つのモードがあり手に持って右クリックする事で切り替える。
    • Anchor…… 装備するとワールドアンカー&アンカーカートの効果範囲を紫の粒子で漠然と示す
    • Tuning…… 装備するとチューナーによる信号装置同士のリンクを赤い粒子で示す(サーヴェイヤーのは示さない)
    • None…… 装備しても何も表示しない。
  • 変更点:F9キーによるアンカーの効果範囲表示機能がなくなった(=整備ゴーグルに引き継がれた)
    ただしConfigから整備ゴーグルの追加をOffにした場合は、再びF9キーでの範囲確認機能は復活する。
  • 変更点:蒸気タービンの入力限界と出力限界が2倍になった(1台の最大出力=金パイプ8本での320mB/t供給で100EU/t)
  • 変更点:蒸気ボイラーにおける燃料の消費速度が2倍になったが、使用可能な液体燃料3種のFuelも2倍になった。
    (固形燃料は据え置きなので、相対的には固形燃料の燃料効率が1/2に落ちて弱体化された等しい)
  • 変更点:上記の影響を受けて、個人用蒸気エンジンの燃費効率も弱体化した(単位燃料の燃焼時間が1/2)
  • 変更点:タービンローターの耐久値減少頻度が低下。1個が40時間近くもっていたのが、60時間近くもつ計算になった。
  • BugFix:負荷軽減目的で巨大装置のデータ送信量が減るようコードを書き直し。
  • BugFix:ワールドアンカーがRedPower2のフレームで正常に動かす事ができなかった問題を修正。
  • BugFix:圧延機にパイプでアイテムを搬入した際に起こるアイテム増殖バグを修正。
  • BugFix:MC1.4.2で追加されたブロックの幾つかが採掘許可リストにデフォルト登録されていなかったのを修正。
  • BugFix:連結カート用レールおよびジャンプレールが連結カートに対して正しく作用していなかったのを修正。
  • BugFix:硫黄と硝石の鉱石ブロックのアイテムアイコンが誤って透過処理されていた不具合を修正。
  • BugFix:蒸気エンジン3種の光源処理がおかしく、設置すると常に真っ暗になる不具合を修正。

◆v6.10.0.0 (12月06日)での変更点
  • 追加:季節限定のカートとしてクリスマスカート(Gift Cart)を追加。PC内時計の日付設定が12月~1月の間だけ作成可能。
    TNTカートと同じように着火レールで起爆すると、爆発力1&ダメージ0の爆発+ランダムなアイテムを1~2個ドロップ。
    ようするにお楽しみカートだが、1台作るのにエメラルドが1個必要で、良いものがでる確率も低めに設定されている。
  • 追加:Configに、マインカートの当たり判定&挙動法則をバニラのものに戻す項目を追加。
    (RailCraft導入時はカートに障害物判定が付与されてすり抜け不可+重量が増して押してもほとんど動かなくなっている)
  • 追加:溶鉱炉で鉄ツール&アーマー、およびバールも鋼鉄インゴットに還元できるようになった(ただし未使用の新品に限る)
  • 変更点:Configファイルの記述様式と項目の並びを整理した。ただしBlockID&ItemIDは変化していないのであしからず。
  • 変更点:テクスチャファイルの階層構造において、液体のテクスチャを各種容器のテクスチャとは分離した。
  • 変更点:ボイラーの燃費効率計算式が若干変化し、タンク1個あたりの燃焼消費減少ボーナスが-0.04から-0.03に抑制された。
    これにより大型ボイラーの高効率化の割合が若干下方修正された(低圧36型だと燃料消費量が20%ほどアップ)
  • BugFix:巨大装置が光を透過していたのに関し、巨大タンク以外の巨大装置は光を透過しないようにした。
  • BugFix:時間凍結範囲から復帰した際、個人用蒸気エンジンの燃料消費状況がロードが正常に行われなかった不具合を修正。
  • BugFix:アンカーカートが正常に機能していなかった不具合を修正。
  • BugFix:マルチプレイにおいて、F9を押した際のアンカーカートの効果範囲表示が正常に行われていなかった不具合を修正。
  • BugFix:蒸気ボイラーのGUIに関連してクラッシュを起こすかもしれない潜在的バグを修正した。

◆v6.9.2.0 (12月02日)での変更点
  • BugFix:6.9.1.0で発生していた、チェストカート&動力カートを回収しようとするとゲームがクラッシュする致命的不具合を修正。

◆v6.9.1.0 (12月01日)での変更点
  • 追加:溶鉱炉において、以下のアイテムが鋼鉄インゴットに精錬可能になった(リサイクル)
    (鉄板、巨大タンクの壁材・ガラス・バルブ、低圧ボイラー用タンク、商業用蒸気エンジン)
    ただし依然として一番効率が良いのは鉄インゴットを精錬した時で、上記はそれよりもやや効率が落ちる。
  • 変更点:テクスチャファイルの階層構造を変化させた。GUIは「gui」フォルダに、カート&シールドマシンは「carts」フォルダに。
    テクスチャパックは対応し直しの必要がある。
  • 変更点:クリエイティブモードにおいて、各種マシンをDecorativeタブからRedstoneタブに移動させた。
  • 変更点:蒸気タービンのレシピ変更。作成数が2から3に増加した。
  • 変更点:マインカートのケツをバールで殴って動かした際のバールの耐久値減少が5から3に減った。
  • 変更点:鉄板&鋼板のレシピを再度変更。インゴット4個から3枚のプレートが作成される。
  • BugFix:巨大タンクの描画に関連してクラッシュを起こすかもしれない潜在的バグを修正した。
  • BugFix:タンクカートの描画に関連してクラッシュを起こすかもしれない潜在的バグを修正した。
  • BugFix:液体ボイラーが、バケツ1杯分に満たない量の液体を無駄に消費する不具合を修正。
  • BugFix:快速レール上において連結カートを走行させた際、爆発が起こる不具合を修正。
    (=連結したカート同士が相互に加速を阻害し合って、スピードが出ない問題を修正)

◆v6.9.0.0 (11月28日)での変更点
  • 前提にMinecraftForge 6.4.1.407以降が必要に(6.4.1.406以前のForgeを使っている場合起動できない)
  • Forgeにならって、zipファイル名にRailCraftのVerだけでなく、MinecraftのVerも記載するようにした。
  • 追加:個体燃料用火室が隣接4マスに置かれたチェスト内の燃料アイテムも自動で取り寄せて使うようになった。
  • 追加:自動交配機が隣接4マスに置かれたチェスト内の餌アイテムも正常に自動取り寄せできるようになった。
  • 変更点:タンクカートで搬送可能な液体を追加するのにLiquid_filters.cfgを使う必要がなくなり、
    metadataでなくNBT Tag(The Named Binary Tag)に準拠して自動で液体を検索しつつ運搬対象と認識するようになった。
    Liquid_filters.cfgはもう必要ないが、別に削除しても削除しなくても特にプレイに支障はない。
  • 変更点:レシピ被り回避目的で、圧延機での鉄板/鋼板の作成レシピをインゴットx9からブロックx1に変更した。
    作成できる板の枚数は8枚のままなので、実質的に材料コストは変わらない。
  • BugFix:スイッチレバー&スイッチモーターの見た目上のOn/Offが正常に切り替わってなかったのを修正。
  • BugFix:溶岩のRailCraftの各種装置における燃料価値を更に倍プッシュで減らした。現在1000。木炭(1600)以下。
  • BugFix:中身の入ったバケツで蒸気ボイラー(液体燃料)をクリックした際、正常に液体が投入されるようになった。
  • BugFix:ConfigからFactoryモジュールをfalseにした状態でも、圧延機でしか作れないアイテムが作業台で作れるようになった。
  • BugFix:ConfigからIC2の精錬鉄や他MODの鋼鉄インゴットをRailCraftの鋼鉄インゴットで代用できる設定をOnにしても、
    Forgeの鉱石辞書を介した場合のレシピミスにより、幾つかのアイテムが代用作成不能なままだった不具合を修正。

◆v6.8.0.0 (11月18日)での変更点
  • Minecraft 1.4.4 および MinecraftForge 6.3.0.377 以降に対応。
  • Minecraft 1.4.5 および MinecraftForge 6.4.0.394 以降でも継続して動作。
  • BuildCraft 3.2.0、Universal Electricity 1.1.2.269 に対応。
  • まだ正式リリースされていないが、1.4.5用に開発中のRedPower2の液体パイプに対応。
  • 追加:新アイテム鋼鉄アーマー(Steel Armor)。単に鉄アーマーの耐久値が1.66倍になっただけの防具。
  • 追加:Configに、IC2の精錬鉄や他MODの鋼鉄インゴットを使用するレシピにおいて、
    RailCraftの鋼鉄インゴットも精錬鉄の代用として使用できるようになるような項目を追加した(デフォルトではOff)
  • 追加:BuildCraftのゲート条件に「Cold」「Warm」「Hot」を追加。蒸気ボイラーの温度を検知する条件。
  • 追加:BuildCraftのゲート条件に「NeedsMaintenance」を追加。蒸気タービンのローターの有無を検知する条件。
  • 変更点:液体燃料用火室が、燃料がバケツ1杯分にすら満たない(999mB未満)場合でも、ある分を燃焼室に移して燃やすようになった。
  • 変更点:鋼鉄ツール&アーマーが、鋼鉄インゴットを消費して金床で修理できるようになった。
  • 変更点:鋼鉄ブロックをForgeの鉱石辞書に登録。他のForgeMODの鋼鉄ブロックとの互換性を持つようになった。
  • 変更点:RailCraftの追加レシピに関し、Forgeの鉱石辞書を介して他MODの原木・木材・染料も利用できるようになった。
  • BugFix:コークス炉において、原木からコークスを作成できてしまっていた不具合を修正。
  • BugFix:個人用エンジンがレッドストーン入力のOn/Offに関係なく、燃料が置かれればそれを燃やしていたのを修正。
  • BugFix:CraftGuideでレシピ参照した際、金属製の支柱が表示されない不具合を修正。
  • BugFix:ConfigからTracksモジュールをfalseにした状態では、ゲームが起動しなかった不具合を修正。
  • BugFix:EUローダー&アンローダーのGUIのボタンが上手く動いていなかったのを修正。
  • BugFix:蒸気タービン内のタービンローターの耐久値が0になった瞬間、ゲームがクラッシュする不具合を修正。
  • BugFix:幾つかのブロックの効果音を、1.4.2以降の効果音に適合させた。
  • BugFix:特殊な条件下で、巨大タンクの内部情報が接続されているアイテムパイプやバルブブロックの情報も含めて
    リセットされてしまうバグが(たぶん)修正された(と思う)
  • BugFix:アイテムアンローダーのGUI内でShift+クリックによるアイテム移動を行うと、
    (本来取り出すしかできず置けないはずのBuffer欄に)アイテムが置けてしまう不具合を修正。
  • BugFix:ワールドアンカー未使用状態だと、ForgeModLoaderのエラーログにスパムが発生する不具合を修正。
  • BugFix:モブが乗った状態のマインカートが、本来の75%の最高速度しか出せなかった不具合を修正。
  • BugFix:設置後に火室のサイズを調整する事で、本来ありえない無効な蒸気ボイラーが作れてしまう不具合を修正。
  • BugFix:自動交配機に小麦の種が置けず、鶏を交配する事ができなかった不具合を修正。

◆v6.7.0.0 (10月26日)での変更点
  • Universal ElectricityのAPIを更新
  • 追加:蒸気ボイラー構築用の新ブロック液体燃料用火室(Liquid Fueled Firebox)
    これを火室として構築したボイラーは、燃料としてクレオソート油・FFMのバイオ燃料・BCの金オイルを使用するようになる。
  • 追加:ハロウィン用の新カートパンプキンカート(Pumpkin Cart)。TNTカートと同様に爆発するが、その際ポーションやコウモリやカボチャを被ったモンスターなどが出現する。
  • 追加:ExtraBiomesXLの原木がコークス炉で燃焼できるようになった。
  • 変更点:蒸気タービンのローターは耐久度が2倍早く減るようになった。100%の出力で稼働させると約41時間持つ。
  • 変更点:蒸気タービンの筐体が1回のクラフトで2ブロック作れるようになった。
  • 変更点:蒸気タービンの出力を調整。IC2のEUとしては100EU/tから50EU/tに減少、UEの電力としては10kWから50kWに増加した。
  • 変更点:クレオソート油はFFMのバイオガスエンジンで使用できなくなった。
    代わりに液体燃料用の蒸気ボイラーで使えるようになる。(ただし、これまでのような効率のいい燃料ではない)
  • BugFix:鈍行Y字切替レールの不具合を修正。
  • BugFix:EUアンローダーが過剰にログを出力していた不具合を修正
  • BugFix:砕けた黒曜石の落下が正しく描画されるようになった。
  • API:FuelManagerを追加

◆v6.6.0.0 (10月25日)での変更点
  • Minecraft 1.4.2 および 6.0.1.332 以降のMinecraftForgeに対応。
  • 変更点:自動小麦やり機のレシピが、金のリンゴから金のニンジンを使用するよう変更。作成数も4個→1個に減少した。
  • API:圧延機のレシピはIRecipeインターフェイスを用いて指定するようになった?
    (原文:Rolling Machine crafting changed slightly to reflect the changes to IRecipe.)

◆v6.5.0.0 (10月23日)での変更点
  • 追加:新アイテム商用蒸気エンジン(Commercial Steam Engine)・工業蒸気エンジン(Industrial Steam Engine)
    蒸気ボイラーで生成した蒸気を使って動くエンジン。単機では蒸気が生成できず動作しない。
    商用蒸気エンジンの作成には鉄の歯車が必要だが、BuildCraft未導入時には別レシピで鉄の歯車が作れる。
  • 追加:新巨大設備蒸気ボイラー(Steam Boiler)。各種蒸気エンジンや蒸気タービンを稼働させるための蒸気(Steam)を生成する。
    火室(Firebox)を一番下に置き、その上にボイラータンク(Boiler Tank)を適切な数設置して構築する。
  • 追加:新巨大設備蒸気タービン(Steam Turbine)。蒸気を消費してIC2あるいはUEの電力を発電出来る。
    蒸気タービンは砕石機と同様、2x3x2ブロックで構築し、さらにGUI内で専用のローター(Turbine Rotor)を取りつけて稼働する。
  • 変更点:マシン類のテクスチャを専用のテクスチャファイルに移動。既存のテクスチャパックはそのままでは使用できなくなる。
  • 変更点:ローダー改/アンローダー改のレシピ変更。エンダーパールが鋼シャベルに置き換わった。
  • 変更点:溶鉱炉で鋼鉄インゴットを精錬するのに必要な時間が、4倍の64秒(1280tick)に増加。燃料の燃焼時間も同様に伸び、精錬に必要な燃料の数は変わらない。
    (ただし後述のコークスの燃焼時間2倍化によって、コークス使用時の燃料消費は半分になった)
  • 変更点:自動小麦やり機での動物の繁殖には、ある程度スペースが必要になった。密集し過ぎていると繁殖してもデスポーンする。
  • 変更点:コークスの燃焼時間が2倍の320秒(6400tick)に増加。
    石炭のままでもRailcraftの各種装置に限り160秒(3200tick)に。木炭は変更なし。
  • 変更点:Railcraftの各種装置で溶岩バケツを燃料にした際の燃焼時間が10分の1に。(1000秒→100秒)
  • 変更点:個人用蒸気エンジン(旧訳名:金箔エンジン)が大幅に強化。
    最大出力が1.6MJ/tになり、燃料の燃焼時間が大幅に(最大で6倍以上)伸びるようになった。
  • 変更点:自動小麦やり機のレシピ変更。金のリンゴ(下位)x4+鋼鉄板x1+木材x4で4つ作成出来る。金のリンゴはMC1.4.2で金のニンジンに置き換わる予定。
  • BugFix:IC2のペインターが、金属製の支柱に使えなかった不具合を修正。
  • BugFix:GUIでの液体増殖バグを修正。
  • BugFix:複数ブロックによる構築物が隣接したブロックの更新によって不安定になる不具合を修正。
  • BugFix:マルチプレイに、クライアント側のConfigファイルで設定した巨大タンクの最大サイズが影響していた不具合を修正。
  • BugFix:巨大タンクの潜在的なリセットバグを修正。
  • BugFix:快速レールの傾斜における相互作用に関するコードを書き直した?(カートの爆発がより少なくなる模様)
    (原文:FIX: Rewrote High Speed slope interaction code, should result in fewer random explosions.)
  • API:IExplosiveCartインターフェースを追加。他のMODの追加カートが着火トラックを利用できるようにする。

◆v6.4.1.0 (10月7日)での変更点
  • 読み込み範囲内に制御ボックス(受信)があるとワールドがクラッシュする致命的なバグを修正。

◆v6.4.0.0 (10月6日)での変更点
  • 追加:新ブロックアンカーセンチネル(Anchor Sentinel)。特定のワールドアンカーの直線上に設置した後、
    バールで右クリックして基点となるワールドアンカーへリンクさせる事で、
    基点のワールドアンカーのロード範囲を3x3Chunksの正方形範囲から1xnChunksの長方形範囲に変える。
    ただし有効なのは最大1x9Chunks(144マス)までで、1x10Chunks(160マス)以上は無理。
  • 追加:Configファイルから設定変更する必要があるが、縦9x横9サイズの巨大タンクも作成できるようになった。
  • 追加:Configファイルに、複数の巨大タンクを縦に積み重ねる事を禁止する項目を追加。
  • 変更点:カート連結システムの内部コードを書き換えたので、v6.3.0.0以前からアップデートすると、
    ワールド内にある連結中のカートが一旦連結解除されてしまう、再度連結し直す必要がある。
  • BugFix:アンカーカートが正常に動作していなかった不具合を修正。
  • BugFix:マルチにおいて、自動乗車レールとワールドアンカー(F9時)のエンダーエフェクトがクラッシュの原因になっていた不具合を修正。
  • BugFix:巨大装置各種に繋げたBuildCraftのアイテムパイプが、特定条件下で連結解除されてしまう不具合を修正。

◆v6.3.0.0 (9月29日)での変更点
  • 前提に最低でも 4.1.4.287 以降(作者自身は 4.1.4.295 以降を推奨)の【MinecraftForge】が必要になった。
  • CraftGuideのAPIを最新のものに更新。圧延機での作成アイテムが表示されるようにした。
    ただしこれは現時点では開発中のCraftGuideの次バージョン(1.5.3)を使用した場合の話。
  • 追加:ワールドアンカーが復活。レシピが少し変化し、エンダーパールx1が必要に。
    効果範囲を示すオーラを可視化するキーもF12からF9になり、かつエフェクトがエンダー風になっている。
    ただしワールドアンカーが正常動作な一方、アンカーカートの方はまだ正常に動作していない。
  • 変更点:Configファイルの説明を増やし、また現在では既に不要な項目を削除するなど全体的に構成をスッキリさせた。
  • BugFix:爆風などで破壊された時に、圧延機が3x3グリッド内に置かれたアイテムを落とさない不具合を修正。
  • BugFix:ConfigからBuildcraft Power FrameworkをOffにすると、圧延機と砕石機が何も粉砕できなくなる問題を修正。
  • BugFix:鋼鉄ブロックの作成レシピがおかしくなっていたのを修正。
  • BugFix:信号関連のブロックをバールで撤去回収した際に正常に回収できない不具合を修正。
  • BugFix:ローダーが条件が満たされていないのにカートを再発車させる事がある不具合を修正。
  • BugFix:幾つかの装置のGUIにおいて、一度閉じて開かないとインベントリの描画が更新されなかった不具合を修正。
  • BugFix:砕けた黒曜石が重力落下した際に、地面から半ブロック浮いた状態で固まる事がある不具合を修正。

◆v6.2.0.0 (9月23日)での変更点
  • 追加:新アイテムY字切替レール(Wye Track)。通常、鈍行、耐爆、快速の4種全てに追加。
    切替レールのY字分岐(より正確にはT字分岐)タイプで、接続の切替にはやはり切替モーターとの併用が必須。
  • 追加:新アイテム拡大鏡(Magnifying Glass)。板ガラス1 + 木の棒1 から作成。ツール扱いだが使用回数無限。
    「カート」「RailCraftの追加レール」「RailCraftの追加装置」を右クリックすると、それが誰に設置されたものか表示する。
    もっぱらマルチプレイ用で、シングルプレイ環境では作っても意味が無いアイテム。
  • 変更点:バールでカートを右クリックした時の効果が、「カートを後ろから叩いて僅かに前方に走らせる」効果に変更。
    従来までのカート連結を行うには、スニーク(Shiftキー)しつつ右クリックする必要がある。
  • 変更点:TNTカートのレシピ変更。TNT1 + 木材の半ブロック5から直接クラフトするようになり、作成に鉄が必要なくなった。
  • 変更点:支柱各種のブロックデータを、信号関連装置のブロックデータを管理しているID 456から分離し、
    新たにID 459(木・石・金属の支柱)とID 460(16色の金属支柱)を使用IDとして増やしてそこで管理するようにした。
  • 変更点:クリエイティブモードにおけるアイテム分類で、信号関連装置を線路タブに移動。
  • 変更点:自動乗車レールのテクスチャを変更。また効果発動時にエンダーパールの転移エフェクトを伴うようになった。
    また範囲範囲が微妙に拡大し、縦5x横5x高3からおよそ縦5.5x横5.5x高5ぐらいに一回り大きくなった。
  • 変更点:手にバールを持った状態であれば、範囲内にいても自動乗車レールの強制乗車効果に晒されなくなった。
  • 変更点:自動交配機に幾つかのマイナーな改良を加えた。
  • 変更点:カートディスペンサーの内部に、カートを3個までスタックしつつ置けるようになった(3個x3スロット=最大9個)
  • 変更点:RailCraftのバージョンチェック処理を、Minecraftの起動を遅らせないようそれと別スレッドで行わせるようにした。
  • 変更点:硝石と硫黄を使った火薬と化学肥料のレシピが、Forgeの鉱石辞書にも対応した。
  • BugFix:ぶらさがり自動下車レールが、自身の縦5x横5x高3内に存在する足場の上に搭乗者を降ろしていた不具合を修正。
    自身の真下1マスさえ穴になっていれば、そこに搭乗者を落とすようになった。
  • BugFix:ローカライズに関し、幾つかの言語が文字化けしてしまっていた不具合を修正。
  • BugFix:ローカライズに関し、不明の言語を取り扱った際に強制的に英語と見なされてしまう不具合を修正。
  • BugFix:タンクカートのフィルター機能に内在した幾つかの不具合を修正。
  • BugFix:ローダー系のアイテムのフィルター欄に同じ種類のアイテムを複数個置いた際、
    最も左上にある最初のアイテムのスタック数しかカウントされていなかった不具合を修正。
  • BugFix:溶鉱炉において、特定の条件下でアイテムがDupeできてしまっていた不具合を修正。
  • BugFix:Configファイルのtweaks.sounds.play(効果音On/Off)の項目が正常に機能していなかった問題を修正。

◆v6.1.2.0 (9月17日)での変更点
  • IndustrialCraft2 API (v1.106) に対応。
  • 追加:新レール自動乗車レール(Embarking Track)。特殊軌条6+木の枕木1+エンダーパール2から作成。
    レッドストーン入力されていると、真上を空のマインカートが通過した際、
    自身を中心とする縦5x横5x高3範囲内の最も近くにいるプレイヤーorモブをそのカートに強制乗車させる。
  • バールにBuildCraftのレンチとしての機能も追加。ただし1回使用する毎に耐久度を1消費する。
  • 変更点:自動交配機の性能が大幅にパワーアップし、実用性が一気に上がった。
  • 変更点:ローダー&アンローダーのフィルター欄において、アイテムの個数指定の最大値を512から127に削減。
  • 変更点:支柱(木・石・金属)が、ゲートトラック&一方通行ゲートトラックと連結するようになった。
  • 変更点:支柱(木・石・金属)が、木材系、レンガ系、メタル系、かまど等の人工物ブロックと連結するようになった。
  • 変更点:操車レール(Control Track)のカートを動かすパワーがほんのちょっと僅かに上昇した。
  • BugFix:切替モーターと送信ボックスにおいて、レッドストーン入出力状態の更新が正常に行われていなかったのを修正。
  • BugFix:コークス炉、巨大タンク、貯水槽に内在していた、液体の描画に関連しゲームをクラッシュさせうる不具合を修正。
  • BugFix:EU用のローダー&アンローダーを使おうとするとクラッシュする不具合を修正。

◆v6.1.1.0 (9月14日)での変更点
  • 追加:ログイン時、新しいバージョンのRailCraftがリリースされている場合、それを通知する機能を追加した。
    この機能はConfigからOffにする事ができる(デフォルトではOn)
  • 変更点:動力カートが石炭/木炭以外のかまど燃料も受け入れるようになった。
  • 変更点:硝石鉱石・硫黄鉱石のテクスチャを、MC1.3.2の最新の焼石のテクスチャにマッチさせた。
  • 変更点:巨大タンクの液体搬出性能を向上させた。
  • 変更点:FFMの工作機を使って木の横木を作成した際の必要MJ量を緩和。5000MJ → 1000MJ
  • 変更点:検知ブロック(成体動物)が村人にも反応するようになった。
  • BugFix:GUI内の各ゲージ(液体・温度・MJなど)の更新が正常に行われていなかった不具合を修正。
  • BugFix:巨大装置において、パイプの連結が勝手に解除される不具合を修正。
  • BugFix:巨大装置の生成に関するエラーを無くす目的で、Client側とServer側のデータのやり取りをより密なものにした。
  • BugFix:モブに衝突した空のマインカートがそれを乗せると同時に停止してしまう問題を修正。
  • BugFix:稀にクラッシュの原因になっていたのを受けて、各GUIの正常動作を確認するコードを追加。
  • BugFix:Y=128に金属製の支柱を設置した際に起きていた不具合を修正。
  • BugFix:Excessモードで動作中のローダー&アンローダーが、
    フィルターで指定した以外のアイテムも搬出入してしまう不具合を修正。

◆v6.1.0.0 (9月8日)での変更点
  • RailCraft独自の言語翻訳ファイルのコードを一新。javaのPropertiesファイルに頼る形式になった。
  • 追加:新レール指向性ディテクターレール(Directional Detector Track)
    通常軌条6+木の枕木1+石の感圧板1+赤石粉1から8個作成。矢印の方向に向かうカートにだけ反応する。
  • 追加:新レールぶらさがり自動下車レール(Disposal Track)
    通常軌条6+鋼板1+木の横木2から8個作成。自動下車レール+ぶらさがりレールの合体版。
  • BugFix:ぶらさがりレールが正しく設置されない不具合を修正。
  • BugFix:Minecraft本体が未対応の言語を言語翻訳ファイルに使用するとクラッシュしていた不具合を修正。
  • BugFix:導入後に後から(液体を追加する)MODを抜くなどした場合、
    存在しない液体を描画しようとすると巨大タンクがクラッシュを引き起こしていたのを修正。
  • BugFix:テレポート実行時に稀にクラッシュするのを受けて、それを防止するためのtile entityの追認システムを追加。

◆v6.0.0 (9月6日)での変更点
  • Minecraft 1.3.2 および 4.0.0.223 以降のMinecraftForgeに対応。
  • BuildCraftAPI(3.1.8pre) と ForestryAPI(1.5.x.x)に対応。
  • BlockIDの使用領域をv5.4.7b以前までの202~210から450~458に変更。
    付随して一部アイテムのメタデータ管理の様式と、EntityIDの管理の様式を変更。
    Block & ItemIDを対応させた上でアップデートしないとブロックやアイテムが別なものに置き換わってしまう。
    • BlockIDの対応は比較的簡単。ただしID対応を間違えてアップデートすると起動不可などの深刻なエラーが生じる。
    • ItemIDの対応はかなり面倒。ただしID対応を間違えてアップデートしてもアイテムをロストするだけでエラーは起きない。
    • 設置状態のバニラカート&RailCraft追加カートは全て消滅してしまう(アイテム化していれば消えない)
  • 追加:新巨大設備巨大タンク(Iron Tank)。複数ブロックで構築する超容量の巨大な液体タンク。
    縦横のサイズは3x3、5x5、7x7の3パターンからしか選べない。
    高さは4~8から選べ、容量はバケツ(縦x横x高x16)杯分になる
    すなわち最小は縦3x横3x高4サイズで容量576杯分、最大は縦7x横7x高8サイズで容量6272杯分。
    バニラの3液体(水・溶岩・牛乳)の他、BuildCraft、ForestryForMinecraft、RailCraftが追加液体は全て取り扱える。
  • 追加:新アイテム鉄板(Iron Plate)。中間パーツ。圧延機で1回につき鉄インゴット9から8個作れる。
    巨大タンクの構成ブロック各種(壁材、ガラス、バルブ)の作成に要求される。
  • 追加:新アイテム鋼板(Steel Plate)。中間パーツ。圧延機で1回につき鋼鉄インゴット9から8個作れる。
    鉄板と違って需要が少なく、現時点では「ぶらさがり自動下車レール」の作成ぐらいにしか使わない。
  • 追加:新ブロック巨大タンク(壁材) (Iron Tank Wall)。巨大タンクの辺部分&面部分に使用できる。
    鉄板4から4個作成。これといって特殊な効果を持たない巨大タンクの基礎建材。
  • 追加:新ブロック巨大タンク(ガラス) (Iron Tank Gauge)。巨大タンクの面部分に使用できる。辺部分には使用できない。
    通常クラフトで鉄板4 + ガラス板5 から4個作成。外から液体の溜まり具合が視認出来る。
  • 追加:新ブロック巨大タンク(バルブ) (Iron Tank Valve)。巨大タンクの面部分に使用できる。辺部分には使用できない。
    通常クラフトで鉄板4 + 鉄格子4 + レバー1から4個作成。
    これの隣においた液体パイプ/液体ローダー/アンローダーだけが、巨大タンクと液体をやり取りできる。
    ただしバケツ、ガラス瓶、使い捨て容器(セル、カン、カプセル)を使った手動の汲み取り&投入はこの限りではない。
    (ガラス瓶は水と蜂蜜種が入ったものだけが対象。ポーション入りの瓶は取り扱い対象外)
  • 追加:新軌条鈍行軌条(Wooden Rail)。圧延機で1回につき木の横木3+通常軌条3から8本作成する。
    同時に全ての鈍行レールのレシピが、木の横木の代わりにこれを使用するように。
  • 追加:新レール車止めレール(Buffer Stop Track)。通常軌条6+木の枕木1+鉄ブロックから8個作成。
    線路の終端においてある脱線防止用のあれ。ぶつかったカートの保有運動量を0にする。
  • 追加:新鉱石硫黄鉱石(Sulfur Ore)。山岳バイオーム限定で深層(Y=16以下)にだけ鉱脈が自然配置される。
    破壊すると2~5個(期待値3.2)の「硫黄(Sulfer)」を落とす。火薬の作成に使える。
  • 追加:新鉱石硝石鉱石(Saltpeter Ore)。砂漠バイオーム限定で浅層(Y=48以上)にだけ鉱脈が自然配置される。
    破壊すると1~2個(期待値1.4)の「硝石(Sulfer)」を落とし、火薬の作成やFFMの化学肥料の作成に使える。
  • 追加:新アイテム木炭の粉(Charcoal Dust)。木炭を砕石機で粉砕。「硝石2+硫黄1+木炭粉1=火薬2」のレシピに使う程度。
  • 追加:新アイテム鋼鉄ツール各種(Steel Tools)。いつものようにつるはし・シャベル・斧・剣・クワの5種類が存在。
    性能としては耐久値が2倍(251→501)になっただけの鉄ツール。攻撃力や採掘力は据え置き。
  • 追加:新アイテム個人用蒸気エンジン(Hobbyist's Steam Engine)。RailCraft独自のエンジンで、基本的にBuildCraft未導入時用。
    稼動には「炭」と「水」の両方が必要だが、燃料の用意や稼動が面倒な割にはBuildCraftの石エンジンとほぼ同性能。
  • 追加:新アイテム金箔の歯車(Gold-Plate Gear。個人用蒸気エンジンの作成に使用する部品。石の歯車1+金塊4から作成。
    ただしBuildCraftを導入していない場合は丸石1+金塊4から作成できる。
  • 追加:ForestryForMinecraftを導入している場合、工作機でも「木の横木」が作成できるようになった。
    木の半ブロック3 + クレオソート油0.75 + 5000MJ → 1個
    (クレオソートの油の消費は3/4だが、加工1回に要10000MJ、限界効率の入力5MJ/tでも1回100秒かかる)
  • 追加:BuildCraftのゲートを使用した際のRailCraft専用の条件を追加。
    • 条件設定 Low Fuel …… 燃料(炭)の残量が1/8未満。>コークス炉、溶鉱炉、個人用蒸気エンジン
    • 条件設定 Has Work …… 稼動可能である(原料がある+完成品スロットが一杯ではない) >圧延機、砕石機
    • 条件設定 EngineStage …… ピストンカラーが(青・緑・黄・橙・赤)である。>個人用蒸気エンジン
    • 条件設定 HasCart …… 装置の正面にカートがいる(※停車している必要はない)>ローダー各種、アンローダー各種
    • 出力設定 Pause Work …… 条件が満たされている間、稼動を一時停止。>圧延機、砕石機
    • 出力設定 SendCart …… 条件が満たされた場合、そこで実行中の作業を強制終了させつつ
      (装置に正面への一瞬のレッドストーン出力をさせて)カートを再発射させる。>ローダー各種、アンローダー各種
  • 変更点:砕石機が容量1500MJの内部ストレージ+そこに蓄積されているMJ量を示す緑ゲージを持つようになった。
    入力が最大効率(15MJ/t)を超えていると徐々に緑ゲージが溜まり、イコールそれが最大効率で稼動している事を示す。
  • 変更点:圧延機が稼動にMJ入力を要するようになった(入力限界5MJ/t、100MJ/pstn、圧延1回に500MJ、最大効率でも1回5秒)
    また容量500MJの内部ストレージ+そこに蓄積されているMJ量を示す緑ゲージを持つようになった。
    入力が最大効率(5MJ/t)を超えていると徐々に緑ゲージが溜まり、イコールそれが最大効率で稼動している事を示す。}
  • 変更点:コークス炉がIndustrialCraft2のゴム原木を受け入れるようになった。
  • 変更点:アイテム用のローダー・アンローダーのGUIが改良され、より高性能なものになった。
    別物というくらい大幅な仕様変更が加えられたので、詳しい使い方はインターフェース解説のページを参照。
  • 変更点:「検知ブロック-チェストカート(Detector - Storage)」の英語名を「Detector - Item」に変更し、更にGUIを新しいものに変更。
    フィルターを備え、チェストカートに限らずアイテムを積載したカート全てを認識対象とするようになった。
  • 変更点:フィルターを持つブロック or カートのフィルター欄にアイテムを置く際に、手持ちのアイテムを消費しなくなった。
    (BCのダイヤパイプやFFMの工作機、LogisticsPipesの見本置き場と同じ方式)
  • 変更点:「シールドマシン」の走行速度が2倍になった。ただし燃費も今までの1.5倍になった(石炭/木炭1個10秒 → 6.66秒)
  • レシピの変更:「タンクカート」。「ガラスx8」の代わりに「巨大タンク(ガラス)x1」を使うようになった。}
  • レシピの変更:「ジャンプレール」。耐爆レール扱いになり、通常軌条と木の枕木が耐爆軌条と石の枕木に置き換えられた。}
  • レシピの変更:「着火レール」。耐爆レール扱いになり、通常軌条と木の枕木が耐爆軌条と石の枕木に置き換えられた。}
  • レシピの変更:「エレベーターレール」。特殊軌条6+通常軌条1+赤石粉2から8個作成するように。}
  • 削除:MC1.3.xの仕様変更の余波により、ワールドアンカーが正常に動作しない&解決の見込みが立たないので、
    ワールドアンカーの作成レシピを暫定的に削除(既にあるアイテムとしてのアンカーカートは消えない)
    • ペア化した信号機や切替モーターなども、お互いがX軸またはZ軸方向に144以上離れていると正しく動作しない。
      レッドストーン入出力の無線送信に関しても同様。

v5.4.7b → v6.0.0.0でBlockID&ItemIDの使用範囲が変化。ワールドデータを引き継ぐ場合は要注意。
Config項目 v5.4.7b以前 v6.2.0.0以後 備考
Block ID
block.detector= 202 450 検知ブロック各種
block.machine.alpha= 204 451 コークス炉、溶鉱炉etc.
block.machine.beta= -- 452 巨大タンクetc.
block.machine.gamma= -- 453 ローダー・アンローダー各種
block.track= 205 454 追加レール各種
block.elevator= 207 455 エレベーターレール
block.structure= 208 456 信号関連
block.cube= 209 457 ワールドアンカー、鋼鉄ブロックetc.
block.ore= -- 458 硫黄鉱石、硝石鉱石
block.post= -- 459 木、石、金属(無色)の支柱
block.post.metal= -- 460 金属(16色)の支柱
Config項目 v5.4.7b以前 v6.2.0.0以後 備考
Item ID
dust= 7027 7500 黒曜石の粉、硫黄、硝石、木炭の粉
fuel.coke= 7015 7501 コークス
ic2.upgrade.lapotron= 7023 7502 (IC2)ラポトロンローダー
item.cart.anchor= 7003 7503 アンカーカート
item.cart.batbox= 7004 7504 (IC2)BatBoxカート
item.cart.bore= 7005 7505 シールドマシン
item.cart.mfe= 7006 7506 (IC2)MFEカート
item.cart.mfsu= 7007 7507 (IC2)MFSUカート
item.cart.tank= 7008 7508 タンクカート
item.cart.tnt= 7009 7509 TNTカート
item.cart.track.relayer= 7010 7510 線路換装カート
item.cart.undercutter= 7011 7511 敷石換装カート
item.cart.work= 7012 7512 作業台カート
liquid.creosote.bottle= 7016 7513 クレオソート油(ガラス瓶)
liquid.creosote.bucket= 7017 7514 クレオソート油(バケツ)
liquid.creosote.can= 7018 7515 (FFM)クレオソート油(カン)
liquid.creosote.liquid= 7019 7516 液体クレオソート
liquid.creosote.refactory= 7020 7517 (FFM)クレオソート油(耐熱カプセル)
liquid.creosote.wax= 7021 7518 (FFM)クレオソート油(カプセル)
liquid.steam= -- 7519 液体スチーム
part.circuit.controller= 7013 7520 送信回路
part.circuit.receiver= 7014 7521 受信回路
part.gear= -- 7522 金箔の歯車、鋼鉄の歯車
part.ingot.steel= 7028 7523 鋼鉄インゴット
part.plate= -- 7524 鉄板、鋼板
part.rail.advanced= 7029 7525 軌条各種(統合)
part.rail.reinforced= 7030
part.rail.speed= 7031
part.rail.standard= 7032
part.railbed.stone= 7033 7526 枕木各種(統合)
part.railbed.wood= 7034
part.rebar= 7035 7527 鉄筋
part.signal.lamp= 7024 7528 信号機用ランプ
part.tie.stone= 7036 7529 横木各種(統合)
part.tie.wood= 7037
structure.post.metal= 7038 7530 金属製の支柱
tool.bore.head.diamond= 7000 7531 カッターヘッド(ダイヤ)
tool.bore.head.iron= 7001 7532 カッターヘッド(鉄)
tool.bore.head.steel= 7002 7533 カッターヘッド(鋼鉄)
tool.crowbar= 7022 7534 バール
tool.signal.tuner= 7025 7535 チューナー
tool.steel.axe= -- 7536 鋼鉄の斧
tool.steel.hoe= -- 7537 鋼鉄のクワ
tool.steel.pickaxe= -- 7538 鋼鉄のつるはし
tool.steel.shovel= -- 7539 鋼鉄のシャベル
tool.steel.sword= -- 7540 鋼鉄の剣
tool.surveyor= 7026 7541 サーベイヤー
tool.magnifying.glass= -- 7543 サーベイヤー

◆v5.4.7 (7月16日)での変更点
  • 液体ローダーが木パイプなしでも隣接しているブロックから自動で液体を吸いだすようになった。
    「コークス炉」「貯水槽」の他、BuildCraftの「ポンプ」「液体タンク」「リファイナリー」や、
    FFMの「発酵槽」「蒸留器」「圧搾機」なども含め、内部に液体ゲージを持つ全ての装置に対して有効。
    (※ただし鉄エンジン内の金オイル等、その機械が燃料や原料として使う予定の液体は吸い出さない)
  • 各種カートをマウスでドラッグした際の、カーソルの中心点となる位置を補正。
  • マルチ環境において、Server⇔Clinet間でのデータ更新のやり取りに生じた新たな不具合を修正。
  • 敷石換装カート(Undercutter)が、メタデータで管理されているブロックを正常に回収できなかった不具合を修正。
  • IC1.97導入時、砕石機がIC2の鉱石の粉を従来の2倍(=4個)生産してしまう不具合を修正。
  • マルチ環境において、線路上での爆発アニメーションが正常に描画されない不具合を修正。

◆v5.4.6 (7月15日)での変更点
  • 「貯水槽用の木材」の英語名を、(Banded Planks)から(Water Tank Siding)に変更。
    この変更は一度Configフォルダ内の「languages.cfg」を削除しないとゲームに反映されない。
  • BCのパイプまたはRP2のチューブを使って、コークス炉に「石炭」「原木」「容器」以外のアイテムを搬入しようとすると、
    ゲームがクラッシュしていた不具合を修正。
  • タンクカート用の検知ブロックを使用した際、ゲームがクラッシュしていた不具合を修正。
  • マルチにおいて線路を置き換えた際、ブロックデータが正常に更新されなかった不具合を修正。

◆v5.4.4~5.4.5 (7月14日)での変更点
  • 新レシピ:砕石機に、焼石を丸石に粉砕するレシピを追加した。
  • コークス炉の搬出入面を変更。石炭or原木搬入は上面から、空き瓶搬入は下面から、完成品搬出は側面から。
  • 液体ローダーの搬出入面を変更。搬入は上面から、搬出は側面から。
  • トランスフォーマーを1個置かないと、EUローダー&アンローダーがMFSUカートを取り扱えなくなった。
    また、本家IC2でMSFUでないと充電できないアイテムを充電する際も、トランスフォーマー1個置きが必要に。
  • タンクカートがゲームをクラッシュさせる不具合を修正。
  • コークス炉内においてShift+クリックによるアイテム移動を行った際、正常にアイテムが移動しない不具合を修正。
  • クラッシュを回避するべく、言語コードに改良を加えた。
  • アイテム用のローダー&アンローダーのGUIを開いた際にクラッシュする不具合を修正。
  • IC2導入時、EUの値を参照しようとしてクラッシュする不具合を修正。

◆v5.4.1~5.4.3 (7月13日)での変更点
  • 新レール「耐爆切り替えレール(Reinforced Switch Track)」を追加。
  • 耐爆ブースターレールと耐爆交差レールのレシピを追加し忘れていたので、追加。
  • エラーの原因になっていたので、マルチでIC2と同時に導入した際の、Client⇔Server間でのデータやり取りの優先順位を整理。
  • 砕石機のGUI内でShift+クリックでのアイテム移動を行うとクラッシュしていた問題を修正。
  • ゲートレールが隣り合うフェンスと結合するようになった。
  • 線路換装カートが押して動かせるようになった。
  • 線路換装カートが正しく撤去前と同じ向きで線路を再敷設するようになった。
  • クラッシュを回避するべく、システム内部の液体取り扱いコードを整理。

◆v5.4.0 (7月12日)での変更点
  • 【MinecraftForge】のver3.3.8.152以降を前提とした関係で、前提MODから【ModLoader】が削除された。
  • 「耐爆レール(Reinforced Track)」各種を追加。高い耐爆性能を誇りネザー鉄道の建設に極めて有効。
    地味に通常レールの1.25倍の最高時速を誇り(10ブロック/秒)、脱線事故の危険も伴わない。
    作成するには黒曜石を砕石機で粉砕して作れる「黒曜石の粉」が必要。
    v5.4.5までの時点で、「通常」「ブースター」「切り替え」「交差」の4種類のレールが追加されている。
  • 「砕石機(Rock Crusher)」を追加。専用のブロックを縦2x横3x高2の範囲に12個設置すると出現する大型設備。
    「黒曜石の粉」や「砕けた黒曜石」など、様々な有用な粉末&バラストを作成するのに使用する。
    BuildCraft3.1.5+も同時に入れている場合、動作にエンジン動力が必要になる(15MJ/tで最大効率)
  • 「黒曜石の粉(Obsidian Dust)」を追加。黒曜石を砕石機で粉砕して作る。耐爆レール各種の作成に必要な素材。
  • 「砕けた黒曜石(Crushed Obsidian)」を追加。黒曜石を砕石機で粉砕して作る。高い耐爆性能を誇るが砂利と同じく重力落下。
  • 「線路換装カート(Track Relayer)」を追加。通過したレールを回収しつつ、指定した新レールに置き直すカート。
    既に敷設済みな通常レール路線を、快速レールや耐爆レールの路線に置換するのに便利。
    動力機関は持たず自力走行はできない。チェストカートと連結しているとそれらとアイテムのやり取りができる。
  • 「敷石換装カート(Undercutter)」を追加。通過したレールの下のブロックを回収しつつ、指定した敷石に置き直すカート。
    いかな耐爆レールといえど土台のブロックが崩れた際にはアイテム化してしまうので、
    それを防ぐ為にも耐爆レール換装時にはこれで土台のブロックも置き換えておきたい。
    動力機関は持たず自力走行はできない。チェストカートと連結しているとそれらとアイテムのやり取りができる。
  • クレオソート油が液体として取り扱えるようになった。液体パイプでの輸送、液体タンクへの貯蔵ができる。
    またFFMのバイオガスエンジンの燃料としても使え、4MJ/tの出力で12分30秒燃焼、しめて60000MJを生産する。
  • コークス炉のGUIが新しくなった。液体化したクレオソート油に併せて、内部にバケツ64杯分の液体ゲージを持つように。
  • 言語ローカライズシステムを改修。汎用言語に初期から対応し、configファイルから使用言語を設定する必要がなくなった。
  • 液体ローダーに、直接空の容器(バケツ、セル、カン、カプセル)を使っての、カート以外による液体汲み取りができなくなった。
  • 液体アンローダーに、液体入りの容器や液体パイプを使って、カートを経由せずに直接液体を流し込む事ができなくなった。
  • 液体ローダー&アンローダーのGUI内液体ゲージの最大容量が、バケツ4杯分から8杯分に拡張された。
  • 内部的なシステムコードを書き換え、タンクカートの液体受け取り&貯蔵方式を変更。
  • 一時停車レールのON状態での動作を微改良。
  • 発車レールおよび一時停車レールのブースト力を若干下方修正した。
  • 線路関係のテクスチャの格納場所に関して、それ専用のフォルダを作成してそこに一括して格納した。
  • 液体ローダーのGUI内スロットに関する問題を修正。
  • EUローダーの搬出入面に関する問題を修正。
  • 交差レール上においてカートが微妙に浮き上がる不具合を修正。
  • マルチ環境において、特定のGUIを操作した際に稀にアイテムがDupeする事があった不具合を修正。
  • クレオソート油の液体化に伴って、液体入り容器の扱いに関する全体的な仕様を整備。
  • マルチにおいて、バールが特定のエンティティが有する特殊仕様を抹消してしまう不具合を修正。
  • クレオソート油がConfigでenableFurnaceRecipesがfalseの状態でも、常にかまどで精錬可能になっていたバグを修正。
  • Configから上記クレオソート油の旧かまどレシピを復活させた場合、
    代償としてクレオソート油がFFMのバイオガスエンジンの燃料としては使用不可能になるようにした。


◆既知の不具合(v6.14.0.0)
  • レシピ指定ミス。溶鉱炉に鉄の斧が置けない他、バールを精錬すると鋼鉄インゴットx3ではなくただの鉄インゴットx3になる。
  • 自動交配機を使って交配を行った際に、何故か豚と山猫だけが2匹子供を産む(他の動物は1匹)
  • BuildCraftのビルダーやComputerCraftのタートル等にRailCraftで追加された各種レールを設置させると、
    材料としては元のレールが要求されるものの、設置後は全て通常レールに変わってしまう。
    (ただしこの通常レールは土台のブロックを破壊してもアイテム化しないなど、法則が少し変)




RailCraftの導入方法

◆シングルプレイ
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. 指定されているフォルダの中に、ダウンロードしたRailCraftをjar(zip)ファイルのままコピー&貼り付けする。
  2. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
  1. 上記の手順に従って、シングルプレイ用にRailcraftを導入する。
  2. サーバー主側から指定がある場合、指示通りにBlock & ItemIDを移送し、Railcraft以外のMODも導入する。
  3. 対象のサーバーにログイン。

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
  1. minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方についてはマルチプレイのページを参照。
    そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。
  2. minecraft_server.jarを7zで展開。
  3. シングル版のminecraft.jarでの手順と違い、minecraft_server.jar内のMETA-INFフォルダは削除しない。
  4. 他MODがそれを要求していても、minecraft_server.jarにModLoader、ModLoaderMPは導入しない。
  5. MinecraftForge(universal)を展開。中身全部をminecraft_server.jarの中にドラッグ。書庫に入れていいか聞かれるのでOKを選択。
  6. 一度サーバーを起動。Forge環境の必要ファイルが自動DL+フォルダが自動生成される。完了したら一旦終了。
  7. 生成されたserver側の「mods」フォルダの中にも、シングル版と同様にRailcraft本体をzip圧縮状態のままコピー&貼り付け。
  8. サーバーを起動。エラーが出ないか、ログイン可能か、MODの導入が反映されているかをテスト。

対応環境

RailCraft 9.12.2.0
  • Minecraft 1.7.10
  • MinecraftForge 10.13.4.1448+

RailCraft 9.5.0.0
  • Minecraft 1.7.10
  • MinecraftForge 10.13.0.1199+

RailCraft 9.1.0.0
  • Minecraft 1.7.2
  • MinecraftForge 10.12.1.1065+

+過去の要求環境
RailCraft 8.4.0.0
  • Minecraft 1.6.4
  • MinecraftForge 9.11.1.965

RailCraft 8.2.0.0
  • Minecraft 1.6.2/1.6.4
  • MinecraftForge 9.10.1.867+

RailCraft 7.3.0.0
  • Minecraft 1.5.2
  • MinecraftForge 7.7.1.624+

要求環境(MC1.4.7)
  • Minecraft 1.4.7
  • MinecraftForge 6.6.0.491 ~ (6.6.0.497で動作確認済み)
  • RailCraft 6.14.0.0 ~
    • BuildCraft 3.4.0 +
    • Forestry For Minecraft 1.7.0.0 +
    • IndustrialCraft2 v1.112 +
    • Universal Electricity 1.2.2.327 +

要求環境(MC1.3.2)
  • Minecraft 1.3.2
  • MinecraftForge 4.1.4.287 ~ 4.3.5.318 (4.2.5.303、4.3.5.318 で動作確認済み)
  • RailCraft 6.5.0.0
    • BuildCraft 3.2.0pre9
    • Forestry For Minecraft 1.5.0.2
    • IndustrialCraft 1.107
    • Universal Electricity 0.9.3.240

要求環境(MC1.2.5)
  • Minecraft 1.2.5
  • MinecraftForge 3.3.8.152 ~ 3.4.9.171
  • RailCraft 5.4.7b
    • IndustrialCraft 1.97 または 1.103
    • BuildCraft 3.1.5 または 3.1.6
    • Forestry For Minecraft 1.4.8.6 または 1.4.8.7


追加ブロック・アイテム・レシピ一覧






追加インターフェース一覧

「ローダー(Loader)」、「アンローダー(Unloader)」のGUI説明はこちら。





Tips・テクニック・特殊な機器設備の詳細解説

コークス炉、溶鉱炉、圧延機、ジャンプレール、交差レール、エレベーターレール、検知ブロック、
ローダー&アンローダー(の配置)、自動交配機、シールドマシン、信号関連アイテムについての詳細説明





ワールドアンカーについて

Minecraftでは負荷軽減のため、プレイヤーから一定距離離れたChunkは時間凍結した上で保存され、
レッドストーン回路、植物の成長、ドロップアイテムの消滅までのカウント、といった諸々の常時処理が行われなくなる。
うんと遠くで死亡した際、ログアウトせずに急いで戻ると5分以上経っているのにアイテムが残っていたり、
うんと遠くで作業させたポンプやクァーリーが、しばらく経って様子を見に来ても全然作業が進んでないのはこれが原因。

具体的には、
  • (通常系の処理)プレイヤーの現在Chunkを中心とした19x19Chunk(範囲304x304、現在座標から東西南北に約144~160マス)
  • (農業系の処理)プレイヤーの現在Chunkを中心とした15x15Chunk(範囲240x240、現在座標から東西南北に約112~128マス)
の範囲内でのみ時間が流れ、それ以遠では時間停止、諸々の処理や作業が全く進まなくなる。
(通常系の処理=レッドストーン信号の伝達、無限水源の再生処理、各種マシンの作業進行、パイプやチューブ内のアイテム移動)
(農業系の処理=農地の湿り判定、作物の成長カウント、苗木の成長判定、など)

ワールドアンカー&アンカーカートはこれを解消するもので、
設置Chunkを中心とした縦横3x3のChunk、48x48マス範囲の時間が離れても凍結されず、常に読み込まれるようになる。
アンカーカートはカート形式で、走行しつつも自身を中心とした3x3Chunkの時間を常に読み込む。
RailCraftの信号関連の装置類は、これらを併用しないと144マス以上離して設置した際に正常に動作しない。
チェストカートや換装カート、シールドマシンを遠くでも作業させたい場合は、
バールを使ってアンカーカートを連結させておかないと、範囲外では時間凍結処理に巻き込まれて止まってしまう。
が、使えば使うほどCPUへの負荷が増大していく事を忘れてはいけない。
ワールドアンカー アンカーカート アンカーセンチネル


6.11.0.0(MC1.4.5)以降、稼動に燃料としてエンダーパールを必要とするようになった。
燃料用のエンダーパールは、設置後に右クリックで開くGUIのスロットに置く事で投入する。
ワールドアンカー、アンカーカート、パーソナルアンカー、パーソナルカート共に、エンダーパール1個で12時間も稼動する。(configで変更可)

また、撤去回収してアイテム化しても燃料の消費状況はリセットされず、エンダーパールが無駄にならない仕様。
ちなみにアンカーセンチネルは上記のアンカー装置の子機端末であるため、燃料不要。


6.13.0.0(MC1.4.6)以降、レッドストーン入力によりOn/Offを制御できるようになった。
レッドストーン入力されている間は機能停止し、燃料も消費しなくなる。
ワールドアンカー&パーソナルアンカーの両方で可能だが、アンカーカート&パーソナルカートにはこの機能は無い。


(6.10.0.0以前)設置後にF9キーを押すと、効果範囲が紫の粒子エフェクトを伴って表示される。
(6.11.0.0以後)Anchorモードの整備士ゴーグルを頭部に装備していると、効果範囲が紫の粒子エフェクトを伴って表示される。
ただ、これらは効果範囲を曖昧かつ漠然と示唆するものでしかなく、
Rei'sMinimap等のChunk境界線を確認できるMODが無いと正確な効果範囲は測量しにくい。

以下はそのRei'sMinimapを使用して効果範囲を視覚化したもの。
効果範囲はワールドアンカーが設置されたChunkを基準として決定されるので、左でも右でも効果範囲は同じになる。
 ← 効果範囲は同じ → 


v6.4.1.0から追加されたアンカーセンチネルは、ワールドアンカーの効果範囲を細長く引き伸ばすもの。
両方を設置した後で
先にアンカーセンチネル、後からワールドアンカーの順でバールで右クリックする事でそれら2つをペア化する。
↓↓↓↓↓

アンカーセンチネルとリンクしたワールドアンカーの効果範囲は、
図のように2つが設置されたChunk同士を結んでの縦横1xNのChunk範囲になる。
例によって設置Chunkが基準になるので、Chunk軸さえ合ってればxまたはz座標が多少ズレていてもリンクは成功する。
(Chunk軸がズレていると、同一直線上のChunkにお互いが無いためにリンクが失敗する)

ただし読み込めるのはワールドアンカー&アンカーセンチネルの設置Chunkを含めた9Chunk(16x144マス範囲)まで。
10Chunks以上は読み込めず、それ以上離してしまうとお互いがお互いを認識できずリンクが失敗する。

1台のワールドアンカーに複数のセンチネルをリンクする事はできないが、
1台のセンチネルを複数のワールドアンカーへリンクさせる事はできる。
出来ない 出来る


v1.13.0.0(MC1.4.6)からは、新たにパーソナルアンカー&パーソナルアンカーカートも追加された。
基本的にマルチ用の仕様のワールドアンカーで、一応シングルでも作成可能だが作ってもあまり意味が無い。
オーナー(=設置者)がサーバーにログインしている間のみ稼動、そうでない場合は自動的に機能停止、燃料も消費しなくなる。
アンカーセンチネルとのリンクも、ワールドアンカーの場合と同様に可能。
パーソナルアンカー パーソナルカート




バールを使ったカート連結

v6.2.0.0以降
隣り合うカートを連結させるには、バールを手に持ちながらShift+右クリック(=スニークしながら右クリック)
通常の右クリックは、バールで後ろからカートを殴って僅かに前に走らせるのに使用する。
v6.1.2.0以前
隣り合うカートを連結させるには、バールを手に持ちながら右クリック


このMODを導入していると、複数のマインカートを連結させ、あたかも列車のように動かす事ができるようになる。


やり方は、間が1ブロック以上空いていない状態で片方のカートをバールを手に持った状態でShift+右クリックし、


続けてもう片方のカートをバールを手に持った状態でShift+右クリックするだけ。簡単。


ただし2つのカートの間が1ブロック以上空いていると、距離が遠すぎて連結に失敗する。


◆シールドマシン
車列の一部にチェストカートをリンクさせておくと、採掘したブロックをそちらに自動格納すると同時に、
燃料または線路が足りなくなった場合、チェストカート内にあるそれらを自動で取り寄せて補充するようになる。
シールドマシンの直前や直後である必要はなく、また複数個リンクさせても全てが認識される。


◆線路換装カート&敷石換装カート
車列の一部にチェストカートをリンクさせておくと、回収した旧レールorブロックをそちらに自動格納すると同時に、
交換用のレールまたはブロックが足りなくなった場合、チェストカート内にあるそれらを自動で取り寄せて補充するようになる。
シールドマシンの直前や直後である必要はなく、また複数個リンクさせても全てが認識される。
通常のブースター系レールとの相性が悪いので、動力付きトロッコを連結し、後ろから押してやる事が必須になる。


◆注意点
  • 動力付きカートは、右クリックでかまど燃料を投入した際、プレイヤーが向いている方向に向かって走っていく。
  • v6.9.1.0以降は、快速レール上でも連結カートを正常に走行させる事が可能になった。
  • 隊列が通常マインカートOnlyなら、ONブースターは通常レール32マス(or 快速レール20マス)毎に。
  • 隊列がブロックを乗せたカートOnlyなら、ONブースターは通常レール16マス(or 快速レール10マス)毎に。
  • 隊列が混成なら、上記を参考にしつつほどほどの割合でONブースターを配置。




マインカートの走行法則の改変について(※重要)

v6.0.0(MC1.3.2)以降
RailCraft導入中は無人マインカートの摩擦係数が有人マインカートと同じになった。
すなわち数マスおきにブースターレールを配置しなくても、空車のマインカートは有人時と同じくらい長く走行する。
v5.4.0~v5.4.7
RailCraft導入中は有人マインカートが無減速走行ではなくなった。
更に発車レール・一時停車レールのブースト力も弱体化、通常のONブースターの5倍から0.9倍に激減した。
(逆にブレーキ力の方は変わっておらず、相変わらず1個で確実に完全静止)
各カートの摩擦係数までもが微妙に増加し、今まで若干自然減速が強くなっている。

◆確実な初速確保
  • 鈍行レール …… 発車or一時停車レール1 + ONブースター1
  • 通常レール …… 発車or一時停車レール1 + ONブースター2
  • 耐爆レール …… 発車or一時停車レール1 + ONブースター3
  • 快速レール …… 発車or一時停車レール1 + ONブースター2 + 快速用ONブースター10(または順行のON加減速レール15)

◆最高速度の維持
名前 無人カート(MC1.2.5時) ブロックカート 無人カート(MC1.3.2以降)
有人マインカート
鈍行 (水平)鈍行レール2おきにONブースター1
(登坂)ONブースター敷き詰め
(水平)鈍行レール20おきにONブースター1
(登坂)鈍行レール1おきにONブースター1
(水平)鈍行レール40おきにONブースター1
(登坂)鈍行レール2おきにONブースター1
通常 (水平)通常レール2おきにONブースター1
(登坂)ONブースター敷き詰め
(水平)通常レール16おきにONブースター1
(登坂)通常レール1おきにONブースター1
(水平)通常レール32おきにONブースター1
(登坂)通常レール1おきにONブースター1
耐爆 (水平)耐爆レール2おきにONブースター1
(登坂)ONブースター敷き詰め
(水平)耐爆レール15おきにONブースター1
(登坂)耐爆レール1おきにONブースター1
(水平)耐爆レール30おきにONブースター1
(登坂)耐爆レール1おきにONブースター1
快速 (水平)快速レール1おきに快速ONブースター1
(登坂)快速ONブースター敷き詰め
(水平)快速レール10おきに快速ONブースター1
(登坂)快速ONブースター敷き詰め
(水平)快速レール20おきに快速ONブースター1
(登坂)快速ONブースター敷き詰め

◆安全な完全停車
  • 鈍行レール …… 発車 or 一時停車 or 終点レール1
  • 通常レール …… 発車 or 一時停車 or 終点レール1
  • 耐爆レール …… 発車 or 一時停車 or 終点レール1
  • 快速レール …… 快速用OFFブースター3(または逆行のON加減速レール3) + 発車 or 一時停車 or 終点レール1
    ただし道中の快速用ONブースター(または順行ON加減速)の設置数があまりに過剰だと、OFF3個では止まれない。
    有人カートで、秒速8.0m/s状態から連続10個の快速ONブースター通過=最高秒速20.0m/s到達。
    有人カートで、秒速8.0m/s状態から連続27個の快速ONブースター通過=OFF4個で無いと減速しきれない推進力蓄積。
    有人カートで、秒速8.0m/s状態から連続54個の快速ONブースター通過=OFF5個で無いと減速しきれない推進力蓄積。

◆複数種類のカートを連結した場合
連結したカートの平均摩擦係数が、グループ全体の摩擦係数になる。
チェストカートなどが一緒に連結している場合、有人マインカートも摩擦係数もそれに応じて下がり、
ブロックカートを走らせるのを前提としたONブースターの配置間隔でないと、最高速度を維持できなくなる。
特に無人マインカートが連結されている場合、それが足枷となって摩擦係数が大きく上がる。




鈍行レールについて

(2.4m/s)という、通常レールの速度限界(8.0m/s)の0.3倍に当たる最高速度しか出ない。
ただし周囲の景色を楽しみながら進むための観光用レールや、
遊園地のアトラクションを意識したわざと速度の遅いレールを作りたい場合には非常に有用。

快速レールと違い、使用に際してのあれこれ面倒な約束事はない。




耐爆レールについて

通常レールの速度限界(8.0m/s)の1.25倍に当たる、(10.0m/s)の最高速度制限で走行可能なレール。
爆発に対して高い耐性を持ち、それでいて脱線事故のようなデメリットも無い。
ただし作成するには「溶鉱炉」と「砕石機」を両方作成する必要があり、到達はそれなりに大変。

仮にどれだけレール本体の耐爆性能が高くても、
真下のブロックが爆風で壊れてしまうと、結果的にその上のレールもドロップアイテム化してしまう。
何とかするには土台のブロックもまた耐爆性能の高いものにするしかない。
ネザー鉄道でオススメなのは「丸石」だが、通常世界でクリーパーの爆発にも耐えさせたい場合は、
公式で砕石機で作成できる「砕けた黒曜石」がオススメされている。
砂利のように重力落下こそするものの、黒曜石以上の耐爆性能を誇り、核TNTの爆撃にも耐える凄いブロック。
撤去には鉄以上のツルハシが必要だが、撤去回収自体は黒曜石よりも遥かに短時間で済む。




快速レールについて

通常レールの速度限界(8.0m/s)の2.5倍に当たる、(20.0m/s)の最高速度制限で走行可能だが、
一歩間違うと脱線事故を起こし爆発、(防具なしだと)即死する大変危険なレール。

具体的には、以下の条件を満たすと10.0ダメージ+爆発力2の爆発が発生する。
  • 8.0m/sを超える速度が出ている状態で、快速レール上で右折または左折する。
  • 8.0m/sを超える速度が出ている状態で、快速レール上から線路外にレールアウト。
  • 8.0m/sを超える速度が出ている状態で、快速レール上から快速以外のレール上へ侵入する。
  • 8.0m/sを超える速度が出ている状態で、カートが他のMobや他のカートとぶつかる。
  • 8.0m/sを超える速度が出ている状態で、カートがブロックにぶつかる。
  • 8.0m/sを超える速度が出ている状態で、カートがドロップアイテム状態のアイテムにぶつかる。

最高速度である(20.0m/s)に到達するには、前もって通常レール上で8.0m/sに到達させた後、
ON状態の快速ブースター10個またはON状態+順行方向向きの加減速レール15個の上を通せば良い。
(※快速用のブースターレールの加速力は、他のブースターレールの1/3程度)
(※快速用の加減速レールの加速力は、それより更に2/3程度)

その後は、無人カートなら快速レール2個おき、ブロックカートなら10個おき、有人カートなら20個おきに、
ON状態の快速ブースター1個を配置すれば、最高速度を維持したまま走行可能。
(ただし上り坂では速度を失うので、登坂車線で最高速度を維持したいなら快速ONブースターを敷き詰める必要がある)

最高速度である(20.0m/s)が出ている状態から安全に減速または停車するためには、
OFF状態の快速ブースター3個ON状態+逆行方向向きの加減速レール3個の上を通せば良い。
そうすると快速レール以外に侵入しても安全な速度である8.0m/sにまでスピードが落ちる。
(※ブースターレールも加減速レールも、ブレーキ力の方は非常に強い)
ただし上記の最高速度の維持に適切な設置間隔を超えて、
快速用ONブースター(または順行ON加減速)の設置数があまりに過剰だと、OFF3個では減速しきれず爆発。
  • 有人カートで、秒速8.0m/s状態から連続10個の快速ONブースター通過=最高秒速20.0m/s到達。
  • 有人カートで、秒速8.0m/s状態から連続27個の快速ONブースター通過=OFF4個で無いと減速しきれない推進力蓄積。
  • 有人カートで、秒速8.0m/s状態から連続54個の快速ONブースター通過=OFF5個で無いと減速しきれない推進力蓄積。
8.0m/s未満には落ちないので、完全に停車させるには更に通常レール用のブレーキ役レールが必要。

複数連結させたカートを走らせた場合、通常レールと同程度の速度しか出ない不具合がある。
なので連結カートを走らせるには向かない線路。


◆よくある失敗
  • 通常用の特殊レールは当然だが快速扱いされない。ジャンプレールに8.0m/s以上出たまま突っ込むと爆発。
  • あらかじめ線路空間に動物が迷い込んだりMobが湧かないようにしておかないと、激突して爆発。




configファイルからの設定変更

導入後の初回ログイン後に「config」フォルダ内に自動生成される。
「railcraft」というフォルダがそれで、その中に更に「lang」というフォルダと、「modules.cfg」「railcraft.cfg」という2つのファイルがある。

「lang」フォルダは言語設定用のコンフィグ、アイテム名を日本語に翻訳したい時などに使用する。
「modules.cfg」は特定のアイテムだけ追加したくない時に、該当項目をoffにする事で関連アイテムの追加をoffにできる。
ただしこの2つを利用する機会はあまりないはずであり、本命は残りの1つ、「railcraft.cfg」。
#anchors#
B:craftable=true falseにすると、ワールドアンカーの作成レシピが削除される。
あくまでレシピを消すだけで、ブロック自体が消去されるわけではない。
B:delete.anchors=false trueにしてからログインすると、
そのワールド上に存在するワールドアンカー系の装置を全て削除する。
B:personal.craftable=true falseにすると、パーソナルアンカーの作成レシピが削除される。
あくまでレシピを消すだけで、ブロック自体が消去されるわけではない。
I:personal.refuel=12 エンダーパール1個につき何時間パーソナルアンカー&パーソナルカートが動作するか。
デフォルトでは12=12時間になっている。
数値を-1にした場合は燃焼消費がOffになり、エンダーパールなしでも動作するようになる。
B:print.locations=true batファイルからMinecraftを起動した際、背後のコマンドプロンプト画面の方に、
ログイン時にワールド内に存在する全ての、
ワールドアンカー&パーソナルアンカーの設置座標が表示されるようになる。
I:refuel=12 エンダーパール1個につき何時間ワールドアンカー&アンカーカートが動作するか。
デフォルトでは12=12時間になっている。
数値を-1にした場合は燃焼消費がOffになり、エンダーパールなしでも動作するようになる。
#block#
I:block.(XXXXXX)=n BlockIDの変更。
#carts#
B:cart.(XXXXXX)=true 個々のカートを追加するか否かを個別に設定する。
初期状態では全てtrueで、falseにするとそのカートが追加されなくなる。
#general#
B:check.version.online=true 新しいVersionのRailCraftがリリースされた場合、ログイン時に通知される。
falseにすると、このログイン時のアップデート通知が表示されなくなる。
B:play.sounds=true falseにすると、このMODの各アイテム・ブロックが効果音を発しなくなる。
#Item#
I:(XXXXXX)=n ItemIDの変更。
#loot#
I:(XXXXXX)=n RailCraftで追加される各種アイテムの内、
幾つかのアイテムに関するダンジョンのトレジャーチェスト内に入っている確率。
#recipes - minecart - furnace#
B:creosote=false trueにすると、石炭or木炭をかまどで精錬する事で簡単にクレオソート油が入手できる。
#recipes - railcraft - track#
B:useAltRecipes=false trueにすると、削除されているバニラの3レールの本来のレシピを復活させる。
#recipes - railcraft - rockcrusher#
B:ores=true falseにすると、IC2導入時にRailCraftの砕石機で鉱石を粉砕できなくなる。
#recipes - railcraft - misc#
B:gunpowder=true falseにすると、硝石2+硫黄1+木炭粉1で火薬2が作れなくなる。
#recipes - railcraft - cart#
B:bronze=true falseにすると、Forgeの鉱石辞書に登録された青銅を使った各種レシピが無効になる。
B:steel=false trueにすると、Forgeの鉱石辞書に登録された鋼鉄を使った各種レシピが有効になる。
#recipes - ic2 - macerator#
B:blaze=false trueにすると、IC2の粉砕機で「ブレイズロッド」が粉砕できなくなる。
B:bones=false trueにすると、IC2の粉砕機で「骨」が粉砕できなくなる。
B:charcoal=true falseにすると、IC2の粉砕機で「木炭」が粉砕できなくなる。
B:cobble=false trueにすると、IC2の粉砕機で「丸石」が粉砕できなくなる。
B:dirt=false trueにすると、IC2の粉砕機で「土」が粉砕できなくなる。
B:obsidian=true falseにすると、IC2の粉砕機で「黒曜石」「砕けた黒曜石」が粉砕できなくなる。
B:ores=false trueにすると、IC2の粉砕機で「各種鉱石ブロック」が粉砕できなくなる。
#recipes - ic2 - refinediron#
B:disable=false trueにすると、IC2の精錬鉄インゴットを使った各種レシピが無効になる。
下記の「recipes.ic2.use.steel=false」をtrueに書き換えているのが前提となる設定で、
要するにRailCraftの鋼鉄インゴットを使わないとIC2の各種装置が作れなくなる。
B:useSteel=false trueにすると、IC2の精錬鉄インゴットを使った各種レシピにおいて
RailCraftの鋼鉄インゴットも精錬鉄インゴットの代わりに使えるようになる。
ただし、逆にRailCraftの鋼鉄をIC2の精錬鉄では代用できない。
#recipes - forestry - misc#
B:fertilizer=true falseにすると、FFM導入時に硝石1+砂1で化学肥料2が作れなくなる。
#recipes - forestry - carpenter#
B:ties=true falseにすると、FFM導入時に工作機を使って木の横木が作れなくなる。
#subblocks#
B:(XXXXXX)=true 個々のブロックを追加するか否かを個別に設定する。
初期状態では全てtrueで、falseにするとそのブロックが追加されなくなる。
#tweaks - blocks - cartdispenser#
I:delay=0 カートディスペンサーに使用間隔制限(秒)を設ける。
設定すれば、一度使用した後再使用にn秒必要になる。
#tweaks - blocks - irontank#
B:allow.stacking=true falseにすると、2個の巨大タンクを縦方向に積み重ねて設置できなくなる。
I:maxsize=9 巨大タンクの底面積(縦x横)の最大サイズの指定。Defailtでは9。
3、5、7、9の4つから選択でき、この4つ以外(11以上の数値)は指定できない。
#tweaks - blocks - signals#
B:printDebug=false trueにすると、信号機の動作情報をチャットログで出力するようになる。
I:update.interval=4 信号機の情報を何tickおきに更新するか。デフォルトでは4tick毎。
数値を小さくすると精密性が高まる一方、マシンへのCPU負荷が高まる。
#tweaks - tracks - speed#
D:max.speed=1.0 快速レールの最大速度限界を変更する。最小0.4、デフォルト1.0、最大1.2。
0.1につき2.0m/s増減し、1.2にすると以前のように最大24.0m/sの速度が出せるようになる。
#tweaks - tracks - launch#
I:force.max=30 5~50の間で、ジャンプレールのForce変更幅の最大上限値を変更する。
#tweaks - carts - general#
B:breakOnDrop=false trueにすると、回収時にチェストカートや動力カートが従来通り分解するようになる。
B:collideWithItems=false trueにすると、マインカート同士が衝突した際に壊れてアイテム化するようになる。
register.handler.collisionがfalseだと無効。
I:maxStackSize=3 マインカートのスタック数限界。1~64の間で変更可能で、デフォルトでは3個になっている。
B:register.collision.handler=true falseにするとマインカート同士の衝突時の挙動がバニラ時のものになる。
他のレール系MODによるカート連結システムと競合する場合に使用する。
B:solid.carts=true falseにするとバニラ同様、マインカートがすり抜け可能&押して動かしやすくなる。
他のマインカート機能拡張or要素追加系MODと競合する場合に使用する。
#tweaks - carts - basic#
B:adjustDrag=true trueだと、無人マインカートの摩擦係数が有人マインカートと同じになる(バニラの10倍の速度保持)
falseにすると、無人マインカートの摩擦係数をバニラと同じに戻す。
#tweaks - carts - bore#
B:destroyBlocks=false trueにすると、シールドマシンが掘削時にブロックをドロップアイテム化せず除去する。
B:mineAllBlocks=true falseにすると、シールドマシンがレンガ・かまどetc.の人工ブロックを採掘しなくなる。
(デフォルトではお構い無しにあらゆるブロックを採掘する)
S:mineableBlocks={} idで指定する事で、他MODで追加されたブロックをシールドマシンで採掘可能にする。
ただしForgeの鉱石辞書に登録されているブロックはデフォルトで掘れる。
#tweaks - carts - tank#
I:capacity=16 1~32の間で、タンクカート1台が運べる液体の量を変更する。
tweaks.minecarts.tank.useCustomValuesの項目をtrueにしておかないと有効化しない。
I:fillrate=25 5~50の間で、タンクカート⇔液体ローダー間の搬出入速度を変更する。
tweaks.minecarts.tank.useCustomValuesの項目をtrueにしておかないと有効化しない。
B:useCustomValues=false trueにする事で、上記2項目によるタンクカートへの設定改変を有効化する。
#world.gen#
B:world.generate.saltpeter=true falseにすると、Chunk生成時の硝石鉱石の配置を無効化。
B:world.generate.sulfur=true falseにすると、Chunk生成時の硫黄鉱石の配置を無効化。

空気ブロックの無効について

  • 1.7.10での変更方法
他MODとの連携で問題を起こすことのある空気ブロック(残留熱ブロック)を無効にする方法。
config/railcraft/blocks.cfgをメモ帳で開き、「B:residual.heat=true」を「false」に変更する。


他のMODとの競合情報

Block ID 450-460、Item ID 7756-7808にアイテムを追加するMODとは競合する。
ただしこれらのIDの位置は、導入後の初回ログイン時に「config」フォルダ内に自動生成される設定ファイルから変更可能。
(railcraft.cfgをメモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き換え、上書き保存)
(設定ファイル内におけるItemIDの値は、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されている)

また、【MinecraftForge】も比較的競合の原因になりやすいMODだが、
これの競合する/しないに関しては、MOD解説/MinecraftForgeのページの方も参照の事。




コメント

コメントログ:MOD解説/RailCraft

コメント欄の運営・編集方針に関してはコメント欄方針を参照してください。
このコメント欄はwikiの情報充実のため、追記がしやすいよう設けた物なので、編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
編集に関わらない質問は一切受け付けておらず、一律して削除されます。
注意書きをよく読んだ上で、質問掲示板または非公式日本ユーザーフォーラムをご利用ください。
Wikiの運営に関連する話はWiki運営掲示板、雑談等は非公式日本ユーザーフォーラムにてお願いします。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。

  • 1.7.10の工業用蒸気エンジンの向きを変えようとバールで右クリックするもののGUI開くだけで向きが変えられない… - 名無しさん 2017-06-14 07:39:10
  • ファイアストーン関連の追加をお願いします - 名無しさん (2017-08-18 06:27:37)
  • 溶鉱炉用レンガが作れないです。レシピ通りに配置しているのに何故・・・ - 名無しさん 2017-09-06 12:50:45
    • ver1.102 - 名無しさん 2017-09-06 13:10:24
    • そもそもまだ実装されていない模様です。エンジン、コークス炉等も同様 - 名無しさん 2017-09-12 19:57:51
  • 今更ながら、1.102版では線路の仕様が変わってますね。今まで個別にアイテムとして存在していたゲート付きなどの線路が基本となる線路に取り付けるアイテムになっています - 名無しさん 2017-09-12 21:34:47
  • ver.1.10.2では分岐系レールは一律実装されていません。 - 名無しさん 2017-10-18 16:17:22
  • 1.10.2ではレールの分岐・交差・通常をバール右クリックで切り替えるみたいです - 名無しさん 2017-11-20 19:19:14
  • ↑バールではなくてスパイクなんとかっていう道具でした - 名無しさん 2017-11-21 16:36:03
  • Zinc Oreが要求されているレシピがありますが、Zinc Oreの生成バイオームが不明です - 名無しさん 2017-11-24 15:32:41
  • 1.7.10向け更新(β)カート関係のバグ修正らしい - 名無しさん 2018-02-07 08:28:07
  • コークス炉のgui - 名無しさん (2018-09-18 18:26:16)
名前:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



エンティティ



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ