MOD解説 > Mo'Creatures > モブリスト



モンスター含め、追加モブがスポーンするバイオームは設定で変更可能。(一部例外有) (v5.0.0より)

温厚な動物(Passive Animals)

小鳥(Bird) 体力:4.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:羽根 0~1個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
白・黒・赤・青・黄・緑の全六種がいるが、鳴き声以外の能力値は特に変わらない。
3ブロック程度なら軽く飛び越える飛行能力を持つので、畑荒らしに注意。
v8.0.0(MC1.8.0)からは普通に飛行して移動するようになった。
近づくとプレイヤーから逃げるように動くが、
小麦の種を投げ与えておびき寄らせてから小麦の種を右クリックで与えれば飼い慣らせる。
飼い慣らすと頭の上に乗せられるようになり、
飛び降り時の落下速度が緩やかになる他、落下ダメージを受けなくなる。
本orメダリオンで命名可能。減ったHPの回復は小麦の種で行う。
ウサギ(Bunny) 体力:2.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
プレイヤーから逃げるように動き、右クリックして頭の上に乗せると飼い慣らせる。
茶色、灰色、白、黒、斑模様の全五種がいるが、どれも能力値は変わらない。
ぴょんぴょん飛び跳ねながら移動、ただし高さ1.5以上の段差は飛び越えられない。
頭の上に乗せた状態で更に馬等に乗ると、移動速度が跳ね上がるが、停止できなくなる。
v4.1.3(MC1.4.2)から、ニンジンを手に持っていると誘引できるようになった。
本orメダリオンで命名可能。減ったHPの回復はニンジンで行う。
カモ(Duck) 体力:2.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:羽根 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
鶏の色違い版であり、鳴き声以外の能力値は変わらない。
通常の鶏同様、稀に卵も産む(鶏が産むのと同じもの)
飼い慣らし不可。
ウマ(WildHorse) 体力:7.5
攻撃力:--
防御力(AR): 4.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ:皮 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
v3.7.0からユニコーン&ペガサスは交配でしか作れなくなった。
野生の馬相手に右クリックで小麦or角砂糖orパンを一定数与えた後、
何度か騎乗を試みると名前入力欄が出て飼い慣らせる。
赤リンゴを使用すると騎乗する前から一発で飼い慣らせるのでオススメ。
騎乗する際には馬用サドルが必要(右クリックで乗り、シフトキーで降りる)
6.0.1からバニラのウマに統合され、代わりにlv.2の馬がスポーンするようになった。
ロバ(Donkey) 体力:10.0
攻撃力:--
防御力(AR): 4.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ:皮 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
v3.6.2以前までのユニコーンと同程度の出現率の低さを誇るウマ亜種だが、
普通の馬と同じ方法で飼い慣らせる。
チェストを持たせる事で荷馬として使えるが、騎乗時の移動速度が非常に遅い。
6.0.1から削除。
シマウマ(Zebra) 体力:10.0
攻撃力:--
防御力(AR): 4.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ:皮 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
v3.6.2以前までのペガサスに匹敵する出現率の低さを誇るウマ亜種。
馬やロバと違って普通の方法では飼い慣らせず、
交配で作り出したLv4の通常馬(ブチウマ または ウシウマ)に乗りながらでないと、
飼い慣らすための餌(リンゴ含む)を与えられず、飼い慣らせない。

(既にシマウマ、ゼブラホース、シマロバが居るならそれに乗りながらでも可)
騎乗生物としての性能自体はLv4通常馬以下であり微妙だが、
ユニコーンやペガサスといったレア馬を交配で作り出す為にはこれの捕獲が必須。
一応、草原バイオーム、サバンナバイオームが他のバイオームよりも出現しやすくなっている。
シカ(Deer) 体力:5.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:毛皮 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
雄・雌・子供の全三種がおり、子供の体力は成獣の1/3程度しかない。
近づくとプレイヤーから逃げるように移動する。飼い慣らしも出来ない。
6.1.0DEV現在、動かないバグがある。 →8.0.0で修正。
ネズミ(Mouse) 体力:2.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:小麦の種 0~2個
明るさLv13以上のあらゆるブロック上にスポーン。
近づくとプレイヤーから逃げるように動く。右クリックすると摘んで持ち上げられる。
スパイダーと同じように壁を垂直によじ登れるので、畑荒らしに注意。
全3色。
カメ(Turtle) 体力:7.5
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:カメ肉 0~2個
明るさに関係なく全てのブロック上に低確率で湧く。
動きが遅い。
他の生物が半径3マス内に接近すると、甲羅の中に篭って絶対防御の体勢を取る。
ただしこの状態でも何度も左クリックで攻撃したり、
あるいは右クリックすると引っくり返ってしまい、しばらくの間起き上がれず無防備に。
もう一度右クリックする事で、こちらから元に戻してやる事もできる。
「サトウキビ」か「スイカの切り身」を投げて与えると飼い慣らせ、
馬や猫科猛獣と同じように命名可能、HP回復も上記の餌2種で行う。
懐き状態では右クリックで頭の上に乗せられる他、
非常にゆっくりとした速度で成長し、野生のカメよりも大きくなる。
8.0.0より、泳ぐモーションが追加された。
雌ヤギ(Female Goat) 体力:6.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:皮 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
雄ヤギに比べ角が短く、乳があるのが特徴で、手に食料系アイテムを持っていると近づいてくる。
食料系アイテムを右クリックで与える事で飼い慣らせ、減ったHPの回復もできる。
ただし近くに落としたアイテムは どんなものでも 食べてしまう。
雌ヤギは牛と同じようにバケツを使いミルクを搾ることができる。
全4色?
雄ヤギ(Male Goat) 体力:6.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.5 Hard:2.0 (落下ダメージ0.5~1.0)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:皮 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
角が長く、顎ひげがあるのが特徴。
手に食料系アイテムを持っていると近づいてくる。
食料系アイテムを右クリックで与える事で飼い慣らせ、減ったHPの回復もできる。
ただし近くに落としたアイテムはどんなものでも食べてしまう。
時折雄ヤギ同士でぶつかり合いをしているが、ダメージを与え合うような争いではない。
雄ヤギにバケツを使うと攻撃されるので注意。
全3色?
ダチョウ(Ostrich) 体力:野生:10.0 懐き雄:10.5 懐き雌:8.0 懐き子:5.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.5 Hard:2.0
防御力(AR): 0.5
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:ダチョウ肉 0~2個
草原or砂漠バイオーム限定で、明るさLv13以上のあらゆるブロック上にスポーン。
黒いのが雄で、茶色いのが雌、小さいのが子供。ごく稀にアルビノの雄も湧く。
雄は攻撃すると反撃してくるが、雌と子供は逃げ回った後で頭を砂に潜らせて隠す。
ただし周囲のダチョウの卵を奪った場合に限り、雌も怒って攻撃してくる。
野生のダチョウは飼い慣らせないが、
盗んだ卵をプレイヤーが孵化させた場合、刷り込み作用で懐いた子供が生まれる。
卵は♀のダチョウが一定間隔でその場に直接産み落とす。
(ヘビの卵と同じように、近くにバニラの照明ブロックを置いて温めてやらないと孵化できない)
シチメンチョウ(Turkey) 体力:3.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:生の七面鳥肉 0~2個 / 羽根 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
色違いもおらず、これといって特殊な習性や能力も持たない普通の動物。
8.0.0よりメスが追加されたが、ステータスに変化はない。
飼い慣らすにはスイカの種を、HP回復するにはカボチャの種を与える。
倒すと落とす七面鳥肉は牛肉と同性能。
モグラ(Mole) 体力:5.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:毛皮0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
草ブロック、土、砂などの上にいる状態でプレイヤー、大きな生物が近づくと、潜って見えなくなる。(影は見える)
たまに顔を出した時に攻撃することで倒せる。
攻撃するとまた逃げて潜るため、倒すのが面倒。
子サソリ(Pet Scorpion) 体力:7.5
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:クモ糸 0~2個
各種子持ちの大サソリを倒した後に1~4匹スポーンする。
四色のサソリに応じて四色の子サソリが存在している。
ただし攻撃はしてこず、逃げ回る。
(ドロップアイテムは色に関係なくクモ糸しか落とさない)
右クリックで摘みあげると飼い慣らした扱いになり、以後はプレイヤーの味方として戦ってくれる。
本orメダリオンでの改名、リード紐での牽引、ネズミ肉でのHP回復が可能。
カメ、馬、猫科猛獣同様、時間経過で徐々に成長し、成長しきると摘めなくなる。
MC1.4.6以降、成長しきった個体には馬用サドルの取り付け&騎乗が出来る。
ゾウ(Elephant) 体力:20
攻撃力:easy:1.5 normal:2 hard:3
防御力(AR):特殊(落下ダメージをかなり軽減)
大きさ:縦x1横x4高3
ドロップ:獣革 0~2個
森、平地、砂漠、雪原にスポーンする巨大哺乳類。ゾウとマンモスがおり、それぞれ2種類存在する。
ゾウにはより大きいアフリカゾウと小さくて肌黒いアジアゾウの2種類。
マンモスは毛の少ない松花江マンモスと、より小さく毛むくじゃらのケナガマンモスの2種類。
ゾウは温厚で友好的な動物だが、攻撃を加えられると反撃してくる。
飼い慣らし可能で、仔ゾウに角砂糖10個かケーキ5個を与えることでペットにできる。
手懐けたゾウはパンや藁束、ベイクドポテトで回復できる。
騎乗可能であり、またたくさんの専用装備品がある。



環境動物(Ambient)

正真正銘、ただそこにいるだけの雰囲気モブ。ハチを含めて非常にサイズが小さく非常に弱い。
チョウ(Butterfly) 体力:1.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。サイズ極小で体力も僅か。
モンシロチョウ、モルフォチョウ、ツマグロヒョウモンなど全7色のカラーバリエーションを持つが、
ステータスは全て同一、ドロップアイテムは無く、見た目以外に違いが無い。
普段は地面に留まりつつ普通に歩いて移動しているが、
プレイヤーが近づくと空を飛んで逃げ、距離が離れるとまた地面に降りる。
ただし手に赤or黄の花を持った状態では誘引しておびき寄せられる。
ガ (Moth) 体力:1.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
基本的には単純に蝶のバリエーションに過ぎない。
ただしこちらは松明などの光源に引き寄せられる性質を持つ。
全3色。
ハエ (Fly) 体力:1.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。サイズ極小で体力も僅か。
他の昆虫と違い、特にカラーバリエーションは持たない。
普段は地面に留まりつつ普通に歩いて移動しているが、
プレイヤーが近づくと空を飛んで逃げ、距離が離れるとまた地面に降りる。
ただし手にゾンビ肉を持った状態では誘引しておびき寄せられる。
コオロギ (Cricket) 体力:1.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。サイズ極小で体力も僅か。
2色のカラーバリエーションを持つが、
ステータスは全て同一、ドロップアイテムは無く、見た目以外に違いが無い。
普段は地面に留まりつつ普通に歩いて移動しているが、
プレイヤーが近づくと空を飛んで逃げ、距離が離れるとまた地面に降りる。
アイテムでの誘引は不可。
トンボ (Dragonfly) 体力:1.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。サイズ極小で体力も僅か。
4色のカラーバリエーションを持つが、
ステータスは全て同一、ドロップアイテムは無く、見た目以外に違いが無い。
普段は地面に留まりつつ普通に歩いて移動しているが、
プレイヤーが近づくと空を飛んで逃げ、距離が離れるとまた地面に降りる。
アイテムでの誘引は不可。
ホタル (Firefly) 体力:1.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。サイズ極小で体力も僅か。
他の昆虫と違い、特にカラーバリエーションは持たない。
普段は地面に留まりつつ普通に歩いて移動しているが、
プレイヤーが近づくと空を飛んで逃げ、距離が離れるとまた地面に降りる。
アイテムでの誘引は不可。
ハチ (Bee) 体力:2.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
基本的には他の昆虫と同じだが、これだけ体力が2.0と他の2倍な上、
難易度Easy以上でこちらから攻撃すると他の昆虫と違い反撃までしてくる。
ただしそれでも所詮は虫だし、やはり倒しても特に何も落とさない。
特にカラーバリエーションも持たない。
が、手に赤or黄の花を持った状態では誘引しておびき寄せられる。
カタツムリ(Snail) 体力:1.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:スライムボール 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。サイズ極小で体力も僅か。
何種類かのカラーバリエーションが存在し、また時々殻を持たないナメクジも湧くが、
性能は全て同一、そして昆虫としては珍しく倒すとアイテムも落とす。
プレイヤーが近づくと殻の中に隠れて動かなくなるが、この状態でも普通に倒せる。
アイテムでの誘引は不可。
カタツムリが4色、ナメクジが2色。
ウジ(Maggot) 体力:1.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:スライムボール 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。サイズ極小で体力も僅か。
他の昆虫と違い、特にカラーバリエーションは持たない。
ハエに成長したりはしない。
飼いならしたゾンビ馬を倒した時にもスポーンする。

ゴキブリ(Roach) 体力:1.0
画像は下に隠しておきました 攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
一応飛ぶこともできる。腐った肉で誘引することができる。
8.0.0より普通にスポーンする模様。苦手な人はコンフィグでスポーンしないように設定すること。
+ 画像
アリ(Ant) 体力:1.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。サイズ極小で体力も僅か。
食料アイテムをQキーなどで投げると誘引しておびき寄せられる。
そしてそのアイテムを背中に乗せ、運ぶ。
近づくと背中のアイテムを入手できる。
大量のアリの中にアイテムを投げると、そのアイテムが増殖するバグがある。

カニ(Crab) 体力:3.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:生のカニ肉
虫系の追加モブで唯一の固有ドロップを持つモブ。5色ほどのバリエーションがある。
水中でも溺れない。8.0.0以降は残念ながら水に浮いてしまう。
魚網をつかえば一発で飼いならし可能。


凶暴な動物(Hunter Animals)

+ 8.1.1以前
ライオン(Lion) 体力:20.0

攻撃力:Easy:1.5 Normal:2.5 Hard:3.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:猛獣の爪 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。Peacefulでも湧くが、攻撃は一切してこない。
またバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
オス、メスの二種類があり、稀にホワイトライオンとしてスポーンするが、ステータスに変化はない。
猪同様、難易度Easy以上では空腹個体のかなり近くまで寄ると襲ってくる。
猫科猛獣の中では最もバランスの取れた平均的な能力。
EasyでもHard並の強さな上に昼でも湧くため、正直ゾンビ等よりもよほど強くて恐ろしい。
幼獣のみ、生魚or生肉を投げて与えた後に、メダリオンを使用すれば飼い慣らせる。
トラ(Tiger) 体力:17.5
攻撃力:Easy:2.0 Normal:3.0 Hard:4.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:猛獣の爪 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。Peacefulでも湧くが、攻撃は一切してこない。
またバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
空腹でなくても、縄張りに侵入した人間は敵と認識し襲ってくる(難易度Easy以上)
ライオンと同等のスピードと、ライオン以上の体力&攻撃力を持った、猫科猛獣のNo.2。
EasyでもHard並の強さな上に昼でも湧くため、正直ゾンビ等よりもよほど強くて恐ろしい。
幼獣のみ、生魚or生肉を投げて与えた後に、メダリオンを使用すれば飼い慣らせる。
ホワイトタイガー(White Tiger) 体力:17.5
攻撃力:Easy:2.5 Normal:4.0 Hard:6.0
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:猛獣の爪 0~2個
トラがスポーンする際、1/20の確立でスポーン。
Peacefulでも湧くが、攻撃は一切してこない。
またバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
空腹でなくても、縄張りに侵入した人間は敵と認識し襲ってくる(難易度Easy以上)
別格のステータス値を誇る最強の猫科猛獣だが、レア個体であり稀にしか出現しない。
幼獣のみ、生魚or生肉を投げて与えた後に、メダリオンを使用すれば飼い慣らせる。
クロヒョウ(Panther) 体力:20.0
攻撃力:Easy:1.5 Normal:2.0 Hard:3.0
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:猛獣の爪 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。Peacefulでも湧くが、攻撃は一切してこない。
またバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
猪同様、難易度Easy以上では空腹個体のかなり近くまで寄ると襲ってくる。
体力と攻撃力こそ猫科猛獣の中でも低い方だが、
その分移動速度と攻撃速度が若干高めに設定されている。
幼獣のみ、生魚or生肉を投げて与えた後に、メダリオンを使用すれば飼い慣らせる。
ヒョウ(Leopard) 体力:20.0

攻撃力:Easy:1.5 Normal:2.0 Hard:3.0
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:猛獣の爪 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。Peacefulでも湧くが、攻撃は一切してこない。
またバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
積雪バイオームではユキヒョウとしてスポーンするが、ステータスに変化はない。
猪同様、難易度Easy以上では空腹個体のかなり近くまで寄ると襲ってくる。
体力と攻撃力こそ猫科猛獣の中でも低い方だが、
その分移動速度と攻撃速度が若干高めに設定されている。
幼獣のみ、生魚or生肉を投げて与えた後に、メダリオンを使用すれば飼い慣らせる。
クロクマ(Bear) 体力:7.5
攻撃力:Easy:0.5 Normal:1.0 Hard:2.0
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:毛皮 0~2個
標準のクマ。v4.0.0(MC1.3.2)からテクスチャが一新され、稀に立ち上がる能力も得た。
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
難易度Peacefulでも湧くが、その場合は一切攻撃も反撃もしてこない。
難易度Easy以上だと、こちらから攻撃を加えた際に反撃してくるようになる。
空腹時は近くにいる他の草食動物や小動物を無差別に襲って捕食する。
グリスリー(Bear) 体力:10.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:2.0 Hard:4.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:毛皮 0~2個
ヒグマ。v4.0.0から追加された色違い熊で、ややサイズが大きく、攻撃力がかなり高い。
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
難易度Peacefulでも湧くが、その場合は一切攻撃も反撃もしてこない。
難易度Easy以上だと、こちらから攻撃を加えた際に反撃してくるようになる。
空腹時は近くにいる他の草食動物や小動物を無差別に襲って捕食する。
ホッキョクグマ(Polar Bear) 体力:12.5
攻撃力:Easy:1.0 Normal:3.0 Hard:6.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:毛皮 0~2個
シロクマ。以前から存在したが、v4.0.0で(特にHard時の)攻撃力が大幅に強化された。
降雪バイオーム限定で、明るさLv9以上の雪タイルの上にスポーン。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
難易度Peacefulでも湧くが、その場合は一切攻撃も反撃もしてこない。
難易度Easy以上だと、こちらから攻撃を加えた際に反撃してくるようになる。
空腹時は近くにいる他の草食動物や小動物を無差別に襲って捕食する。
パンダ(Panda) 体力:7.5
攻撃力:Easy:0.5 Normal:0.5 Hard:0.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:毛皮 0~2個
パンダ。v4.0.0から追加された色違い熊で、熊の中では最も弱い。
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
熊の中では唯一攻撃を加えても反撃して来ず、草食動物同様に逃げ惑うだけ。
サトウキビを手に持った状態では誘引しておびき寄せることができ、
更にそれを右クリックで与えると飼い慣らし or 減ったHPの回復。
が、ステータスを見ての通り非常に弱いので、愛玩用にしかならない。
イノシシ(Boar) 体力:5.0
攻撃力:Easy:0.5 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:豚肉 1~3個 / 獣革 0~2個
v4.0.0(MC1.3.2)からテクスチャが一新され、子供に相当するミニサイズ個体も湧くようになった。
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。Peacefulでも湧くが、攻撃は一切してこない。
またバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
難易度Easy以上だとこちらから攻撃を加えた際の他、
腹を空かせた個体のかなり近くに接近した場合にも襲ってくるようになる。
空腹時は他の動物(主に小型の鳥・獣・魚)を捕食しようとする。
キツネ(Fox) 体力:7.5

攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:毛皮 0~2個
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
難易度Easy以上だと、こちらから攻撃を加えた際に反撃してくるようになる。
空腹時は他の動物(主に小型の鳥・獣・魚)を捕食しようとする。
MC1.4.6以降は、生の七面鳥肉を与える事で飼い慣らせ、生のネズミ肉でHP回復できる。
雪原系のバイオームでは見た目が雪国仕様(下画像)になる。
ネコ(Kitty) 体力:7.5
攻撃力:全難易度共通:0.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:なし
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
こちらから攻撃したり、飼っていて機嫌を損ねると、難易度Peacefulでも攻撃してくる。
白猫、黒猫、三毛猫、虎猫など何種類か存在するが、どれも能力値は変わらない。
焼き魚を投げて与えた後に、メダリオンを使用すれば飼い慣らせる。
ペットとしては、馬やイルカよりもより愛玩動物としての傾向が強い。空腹時は他の動物(主に小型の鳥・獣・魚)を捕食しようとする
ワニ(Crocodile) 体力:12.5
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5 (水中振り回し:2.0x連続)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:ワニ革 0~2個
沼地バイオーム限定で、明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
難易度Peacefulでも湧くが、攻撃は一切してこない。
空腹でなくても、縄張りに侵入した人間は敵と認識し襲ってくる(難易度Easy以上)
攻撃を食らうと一定確率で強靭な顎による拘束が発生、
プレイヤーを水中に引きずり込もうと、ずるずると水のある方に引っ張っていく。
この時、攻撃して大ダメージを与えれば拘束を解除する事が可能。
水中に引きずり込まれた場合殺戮ショーが開始する。
この状態でも攻撃して大ダメージを与えれば拘束解除可能だが、
視点と操作性の悪いこの状態でそれをするのは困難、
もしも防具を着ていなかった場合、引きずり込まれた時点でほぼ即死が確定する。
陸上でも素早いが、水中だともっと動きが素早いので要注意。
6.0.1以降は1.6.2での仕様変更でshiftだけで降りれるようになってしまった。
ヘビ(Snake) 体力:5.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5 (毒=0.5x4)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:ヘビの卵 0~2個
明るさLv13以上の全ブロックの上にスポーン。Peacefulでも湧くが、攻撃は一切してこない。
またバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
全8種類のカラーリングがあり、うち2種類が臆病なヘビで、6種類が凶暴なヘビ。
バイオームに応じてどのヘビが湧くかが大体決まっており、寒冷なバイオームでは湧かない。
臆病なヘビは近寄ったり攻撃しても反撃してこず、プレイヤーや凶暴なヘビから逃げる。
凶暴なヘビは毒を持ち、近寄ると威嚇、挑発したり攻撃すると反撃してくる。
卵をバニラの照明ブロックの傍で孵化させれば、最初から懐き状態のヘビが生まれる。
懐き状態のヘビは右クリックで摘んで持ち運べる他、本orメダリオンで命名可能。
コモドオオトカゲ
(Komodo Doragon)
体力:10
攻撃力:Easy:1 Normal:1.5 Hard:1.5 
防御力(AR):0.0
大きさ:縦x1横x3高1
ドロップ:ワニ皮 0~2個 / コモドオオトカゲの卵(25%)
沼バイオームにスポーンする大型爬虫類。
小さいモブやプレイヤーに襲いかかり、またその噛み付きは毒に侵されている。
大人の個体を倒すと稀に卵をドロップし、松明の近くで孵化させることで刷り込みができる。
飼い慣らされたコモドオオトカゲは小さいモブに襲いかかる。
充分に成長すると鞍を付けて騎乗できる。
飼いならされたコモドオオトカゲは生のネズミ肉、七面鳥肉で回復できる。
アライグマ(Raccon) 体力:5.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5 
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横2x高1
ドロップ:毛皮 0~2個
明るさLv9以上の全ブロックの上にスポーン。Peacefulでも湧くが、攻撃は一切してこない。
難易度Easy以上だと、こちらから攻撃を加えた際に反撃してくるようになる。
空腹時は他の動物(主に小型の鳥・獣・魚)を捕食しようとする。
食べ物を与える事で飼い慣らせる。
エント(Ent) 体力:20.0
攻撃力:Easy:1.0 Nomrmal:1.5 Hard:2.0 (+吹き飛ばしで8.5ほどダメージ)
防御力(AR):特殊
大きさ:縦?x横?x高?
ドロップ:対応した種類の原木 0~14個? 対応した種類の苗木 0~10個? 棒 0~12個?
明るさLv9以上の草ブロックの上にスポーン。
レアモブ。
オノ、炎でしか攻撃が効かない。
オーク(樫)、シラカバの2色がいるが、能力値は変わらない。
足元にはシダや苗木、花などが生える(キノコも生えるが、光の関係でアイテム化してしまう。)
周りにはウサギやネズミ、小鳥など小動物が寄ってくる。
敵対すると、攻撃を行ってくるが、 吹き飛ばし攻撃がとても強力で、ダイヤ装備でも落下ダメージで大ダメージを食らう(ハードならダイヤ装備でも8.5ダメージ)。
見つけてもそっとしておこう。
小麦を与えられるが特に影響はない。
ワイバーン(Wyvern) 体力:20.0 (マザーワイバーン:40)
攻撃力:Easy:1.5 Normal:2.5 Hard:3.5 難易度関係なしに毒×8 
防御力(AR):0.0
大きさ:縦x2横x7高4
ドロップ:ワイバーンの卵(レア)
追加ディメンション〈ワイバーンの巣〉にのみスポーンする、騎乗可能な小型のドラゴン。
馬鎧も装備可能で、またチェストも取付可。また有毒の牙を持っている。
飼い慣らされたものは生のネズミ肉か七面鳥肉で回復する。
馬程ではないがさまざまなバリエーションがある。
他の騎乗&飛行可能なモブに比べると速度が遅いので長距離移動には向かないが空の散歩には向いているといえる。
ペットのワイバーンに攻撃すると驚いて野生化し飛び去ってしまうので注意。
ペットにするには巣へ行きワイバーンを倒し、レアドロップの卵を手に入れるしかない。
弱ったワイバーンはプレイヤーから逃げようとするので何らかの対策を講じる必要がある。
バニラのエンダードラゴン戦と同じで、飛行するモブに矢を当てるのは非常に難しい。
卵が入手できたら地上世界かネザーで松明の近くに置けば孵る。
ゲーム内時間で1~2日立てば大人へと成長し、鞍や装備品が装着可能になる。
光のエキスを与えると基本の8種の場合は同種の卵を1個生むが、マザーワイバーンの場合はライトワイバーンへと変化する。



モンスター(Hostile Mobs)

モンスターは難易度Easy以上でないとスポーンしない。Peacefulにすると消滅する。
オーガ(Ogre) 体力:17.5
攻撃力(本体):Easy:1.0 Normal:1.5 Hard:2.0
攻撃力(衝撃波):Easy:0.5~1.5 Normal:0.5~3.0 Hard:0.5~4.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高4
ドロップ:黒曜石 1~3個
明るさLv7以下のブロック上にスポーン。
一応スポーン率は抑えめな他、スポーンする際にはそれなりの広い空間(高さ4以上)が必要。
プレイヤーを視認すると、一定間隔で衝撃波を発生させながら接近してくる。
これはオーガ(2x2)を中心とした範囲6x6の、オーガと同じ高さ(4)内にあるブロックを破壊する。
黒曜石・鉱石ブロック(鉄ブロックなど)・鉄格子・岩盤以外のブロックは破壊されてしまうので注意。
(鉄格子が破壊されないのはバグ?)

ダメージの方はブレがあるが、Hardだと最大ダメージが4.5にもなりかなり危険。
v5.1.0aからモデルチェンジし、双頭のものがスポーンするようになった。
また、スポーンエッグ等で3種類のオーガが1種類のmobとしてまとめられた。
ファイアオーガ(Fire Ogre) 体力:17.5
攻撃力(本体):Easy:1.0 Normal:1.5 Hard:2.0
攻撃力(衝撃波):Easy:0.5~1.5 Normal:0.5~3.0 Hard:0.5~4.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高4
ドロップ:炎 1~3個、炎馬の心臓 0~2個(レア)
明るさLv7以下のブロック上にスポーン。ネザーでもスポーンする。火耐性を持つ。
ケイブオーガと対照的に地表にしかスポーンしない。
一応スポーン率は抑えめな他、スポーンする際にはそれなりの広い空間(高さ4以上)が必要。
挙動やステータス値、衝撃波のダメージや範囲は通常のオーガと同じだが、
衝撃波がブロック破壊と同時に周囲の可燃ブロック上に炎も発生させるようになった。
日光に当たるとダメージを受けていく。
倒した際、ごく稀にレアアイテム「炎馬の心臓(Heart of Fire)」を落とす。
洞窟オーガ(Cave Ogre) 体力:25.0
攻撃力(本体):Easy:1.0 Normal:1.5 Hard:2.0
攻撃力(衝撃波):Easy:0.5~1.5 Normal:0.5~3.0 Hard:0.5~4.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高4
ドロップ:ダイヤモンド 1~3個
明るさLv7以下のブロック上にスポーン。ある程度地下深く(Y=50以下)にのみ出現する。
衝撃波の範囲が8x8に拡大した他、体力も通常オーガの約1.5倍になった。
ただしファイヤオーガのように炎を撒き散らす能力は持たない。
日光に当たるとダメージを受けていく。
人食いオオカミ(Wild Wolf) 体力:10.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:2.5 Hard:3.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:毛皮 0~2個
明るさLv7以下の月光が直接当たるブロックの上にスポーン。
昼間はスパイダーがそうであるようにおとなしくなる。
攻撃力はゾンビと同程度だが、ゾンビよりも若干スピードが速い。
空腹時は他の動物(主に小型の鳥・獣・魚)を捕食しようとする。
灰、黒、白、濃い灰の4色。5.2.5までは白は雪原にスポーンし、通常バイオームでは薄灰の個体もスポーンしていた。
8.0.0より馬系モンスターと同じく近くにいる人型モンスターを背中に乗せる特性を持つようになった。
レイス(Wraith) 体力:5.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ:火薬 0~2個
明るさLv7以下のブロック上にスポーン。
ゾンビ等と同様、日光を浴びるとダメージを受ける。
姿はわずかに半透明で、空中を滑るように移動し、見た目よりも若干攻撃のリーチが長いのが特徴。
フレイムレイス
(Flame Wraith)
体力:7.5
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5 (+炎上0.5x30秒)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ:レッドストーンパウダー 0~2個
明るさLv7以下のブロック上にスポーン。ネザーでもスポーンする。
火耐性もちだが、日光を浴びるとダメージを受ける。
姿はわずかに半透明で、空中を滑るように移動し、見た目よりも若干攻撃のリーチが長いのが特徴。
v4.2.3以降は炎上時間が∞秒でなくなり、またネザーでは炎上の追加効果自体与えてこなくなった。
(ただし炎上時間は依然として30秒、0.5x30=15.0ダメージ相当であり、非常に危険)
ウェアウルフ(Werewolf) 体力:7.5
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:木の棒 0~2個 / 木のツール 0~1個
明るさLv7以下のブロック上にスポーン。
昼間この姿でいる間は無害だが、夜になると人狼形態に変身し凶暴化する。
変身は明るさLvではなく時間帯に応じて行われており、
洞窟や屋内でも日が沈むと変身、夜が明けると人間形態に戻る。
v4.1.3でウェアウルフに(茶・黒・白・炎)の4タイプが設定されたのに対応して、
人間の方にも4パターンの見た目の違いが存在するようになった。
ただし違うのは見た目だけで、ステータス&落とすアイテムに変化は無い。
ウェアウルフ(Werewolf) 体力:20.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):特殊
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:石or鉄のツール 0~2個 / 金のリンゴ0~2個(レア:10%程度)
実質的に夜間限定の敵。
夜になると人間形態のウェアウルフが炎上し始めこの姿に変わる。
攻撃力自体は低いが、非常に素早い。
また金製のツール、シルバースケルトンの剣以外によるダメージを全て0.5にする特殊能力も持つ。
8.0.0より金製のツールも効かなくなった模様。代わりに他MODの銀製アイテムからは大ダメージを受けるようになった。
v4.1.3でモデルチェンジされ、(茶・黒・白・炎)の4つのバリエーションが実装された。
ただしクマや猫科猛獣と違い、茶・黒・白の3カラーに関しては、
単に見た目が違うだけで、ステータスや落とすアイテムに変化は無い。
フレイムウルフ(Flamewolf) 体力:20.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5 (+炎上:0.5x10秒)
防御力(AR):特殊
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:石or鉄のツール 0~2個 / 金のリンゴ0~2個(レア:10%程度)
v4.1.3以降追加された、ウェアウルフの4バリエーションの内の1つ。
それ以外のステータス&落とすアイテムは他のカラーのウェアウルフと同じだが、
このタイプのみ、攻撃に+炎上(10秒)の追加効果が備わっている。
また他の(茶・黒・白)よりも出現率が低く、滅多に出現しないように設定されている。
こんな見た目だが、湧くのは地上においてのみであり、ネザーには湧かない。
ドブネズミ(Rat) 体力:5.0
攻撃力:全難易度共通:0.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:ネズミ肉 0~2個
明るさLv7以下のブロックの上にスポーン。
明るさLv14以上のブロック上ではおとなしくなる。
1匹に攻撃を加えると近くにいる全てのドブネズミがプレーヤーに襲い掛かる。
ネズミ同様、壁を垂直によじ登れるので、畑荒らしに注意。
v4.1.3以降、石炭でなく専用アイテムであるネズミ肉を落とすようになった。
ヘルラット(Hell Rat) 体力:10.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1 (見た目はドブネズミより大きい)
ドロップ:レッドストーン 0~2個/炎 0~2個
明るさLv7以下のブロックの上にスポーン。
ネザーにのみスポーンし、火耐性を持つ。
ダートスコーピオン(Scorpion) 体力:7.5
攻撃力:全難易度共通:0.5(+毒:0.5x2秒)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:サソリの甲殻(茶) 0~2個 / サソリの毒針(茶) 0~2個
v4.2.0(MC1.4.5)からテクスチャが一新され、習性も若干変化した。
明るさLv11以下の全ブロック上にスポーン。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
明るさLv14以上のブロック上ではプレイヤーを襲わない。
昼間直射日光に晒された場所にいる場合、日陰に逃げ込もうとして逃げ惑うようになった。
ネズミやクモ同様、壁を垂直によじ登れる。
稀に背中に子サソリを抱えた個体が湧く事があり、見た目ですぐそれと判別可能、
これを倒すと倒した後に子サソリ1~4匹がスポーンするようになっている。
これはサソリ全般に言えることだが、虫なので虫特攻のエンチャント効果が効く。
8.0.0より馬系モンスターと同じく近くにいる人型モンスターを背中に乗せる特性を持つようになった。
ケイブスコーピオン 体力:7.5
攻撃力:全難易度共通:0.5(+吐き気?:3秒)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:サソリの甲殻(黒) 0~2個 / サソリの毒針(黒) 0~2個
v4.2.0(MC1.4.5)から追加されたサソリの亜種。漆黒の大サソリ。
Y=48以下かつ月光が直接当たっていない、明るさLv11以下の全ブロック上にスポーン。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
与えてくる状態異常こそ通常の大サソリと同じ「毒」だが、
これのスコーピオンソードの追加効果は「毒」ではなく「吐き気」になっている。(1.8版よりサソリの攻撃も吐き気になった?)
それ以外のステータスや習性は通常の大サソリと同じ。
8.0.0より馬系モンスターと同じく近くにいる人型モンスターを背中に乗せる特性を持つようになった。
フロストスコーピオン 体力:7.5
攻撃力:全難易度共通:0.5(+移動速度低下:2秒)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:サソリの甲殻(青) 0~2個 / サソリの毒針(青) 0~2個
v4.2.0(MC1.4.5)でテクスチャが一新された。青白い大サソリ。
降雪バイオーム限定で、明るさLv11以下の全ブロック上にスポーン。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
与えてくる状態異常が「毒」ではなく移動速度低下Lv1(2秒間)になっている。
それ以外のステータスや習性は通常の大サソリと同じ。
8.0.0より馬系モンスターと同じく近くにいる人型モンスターを背中に乗せる特性を持つようになった。
ネザースコーピオン 体力:7.5
攻撃力:全難易度共通:0.5(+炎上0.5x15秒)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:サソリの甲殻(赤) 0~2個 / サソリの毒針(赤) 0~2個
v4.2.0(MC1.4.5)でテクスチャが一新された。暗赤色の大サソリ。
ネザーDimension限定で、明るさLv11以下の全ブロック上にスポーンする。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
v4.2.3以降は炎上時間が∞秒でなくなり、またネザーでは炎上の追加効果自体与えてこなくなった。
(ただし炎上時間は依然として15秒、0.5x15=7.5ダメージ相当であり、非常に危険)
8.0.0より馬系モンスターと同じく近くにいる人型モンスターを背中に乗せる特性を持つようになった。
アンデッドホース(Undead Horse) 体力:10.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ: ゾンビ肉 0~2個 / 屍馬の心臓 0~2個(レア:10%程度)
明るさLv7以下かつY=49以上のブロック上にスポーン。
エンダーマン程では無いが出現率が低めでややレア。
積極的に襲ってくるモンスター馬。これを直接飼い慣らす事はできない。
動物としての馬や懐き状態の同種と違い、アーマーポイントは0。
これ自体の攻撃力は低いが、近くにいる人型モンスターを背中に乗せる特性を持つ。
実質的なジョッキー化、移動速度アップなので注意する事。
倒した際に体内から寄生していたスライム(サイズランダム)1匹が飛び出してくる。
倒した際、ごく稀にレアアイテム「屍馬の心臓(Heart of Undead)」を落とす。
日光で燃える。
スケルトンホース(Skeleton Horse) 体力:10.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ: 骨 0~2個
明るさLv7以下かつY=49以上のブロック上にスポーン。
エンダーマン程では無いが出現率が低めでややレア。
積極的に襲ってくるモンスター馬。これを直接飼い慣らす事はできない。
動物としての馬や懐き状態の同種と違い、アーマーポイントは0。
これ自体の攻撃力は低いが、近くにいる人型モンスターを背中に乗せる特性を持つ。
実質的なジョッキー化、移動速度アップなので注意する事。
「屍馬の心臓(Heart of Undead)」は落とさない。骨だけに。
日光で燃える。
バットホース(Bat Horse) 体力:10.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ: 皮 0~2個 / 闇馬の心臓 0~2個(レア:10%程度)
明るさLv7以下かつY=48以下のブロック上にスポーンしていたのだが、最近のバージョンで地上にもスポーンする模様。
スポーンするためには地下に十分な広さの空洞がある必要がある。
積極的に襲ってくるモンスター馬。これを直接飼い慣らす事はできない。
動物としての馬や懐き状態の同種と違い、アーマーポイントは0。
ゾンビ馬や骨馬同様、近くにいる人型モンスターを背中に乗せる特性を持つが、
飛行能力が災いして乗ったモブの頭が天井に埋まり、次々窒息死していく。
ただ飛行能力自体は地下峡谷などでは厄介なので、できれば遠距離攻撃手段が欲しい。
倒した際、ごく稀にレアアイテム「闇馬の心臓(Heart of Darkness)」を落とす。
日光で燃える。
ナイトメア(Nightmare) 体力:10.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal:1.0 Hard:1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ: 皮 0~2個 / 炎馬の心臓 0~2個(レア:10%程度)
明るさLv7以下の全ブロックの上にスポーン。
ネザーにのみスポーンし、火耐性を持つ。
積極的に襲ってくるモンスター馬。これを直接飼い慣らす事はできない。
動物としての馬や懐き状態の同種と違い、アーマーポイントは0。
生息エリアがネザーであるため、背中に乗るのはゾンビピッグマン。
元々ネザーは出現モンスターの種類が地上より少ない関係で、
ゾンビ馬やコウモリ馬よりは狩りやすかったりする。
倒した際、ごく稀にレアアイテム「炎馬の心臓(Heart of Fire)」を落とす。
これら馬型モンスター(horsemob)はすべて同mob扱い。
ビッグゴーレム(BigGolem) 体力:25.0 (5.0以下で自爆モードに移行)


攻撃力(接触ダメージ):Easy:3.0 Normal:5.0 Hard:7.5
攻撃力(通常時のブロック):Easy:1.5 Normal:2.0 Hard:3.0
攻撃力(自爆時のブロック):全難易度共通:2.0
防御力(AR): 4.0(ダメージ32%カット)
大きさ:(最小時)縦2x横2x高2
大きさ:(最大時)縦2x横2x高4
ドロップ: 鉄 or 金 or ダイヤ or エメラルドブロック1個(100%、ただし自爆時のみ)
v4.3.0(MC1.4.5)で追加されたプチレアモンスター。
明るさLv7以下かつ地表部(月光が直接当たっている場所)の全ブロックの上にスポーン。
初期設定でのスポーン率はかなり低め。
スポーン直後は頭部、コア、金属ブロックの3ブロックしかパーツがないが、
プレイヤーが半径8マス内に侵入すると、周囲のブロックを無差別にEntity化して集め始める。
(一度ブロック吸引が始まると、プレイヤーが半径8マス外に離脱しても吸引をやめない)
一定以上のサイズに成長すると、プレイヤーに自身のボディの構成パーツであるブロック投擲し、
更に投擲したブロックを補充する目的で完全体になった後もブロック引き寄せを行う。
HPが25.0より減っている場合、引き寄せたブロックが1個合体する毎にHPが0.5回復するので、
元々の防御力の高さもあり高火力の武器で一気に畳み掛けないと永遠に倒せない。

引き寄せられている最中のブロック、および投擲されたブロックには攻撃判定があり、
接触している間中ダメージを受けるので、場合によっては2~3連続ヒットする事もありえる。
投擲されて地面に落ちた後も1秒ほど攻撃判定が残り、その後ようやく無力になる。
ブロックのダメージ判定は他のモブに対しても無差別に働く(ゴーレムから攻撃された扱い)
ダメージはコアにしか与えられず、それ以外を攻撃しても本体にダメージが通らない。
ただしコア以外の部分を攻撃する事で、身に纏うブロックを壊して身体や体勢を崩す事はできる。
一定以上のサイズに成長すると、集めたブロックで胸のコアを覆い隠すようになるが、
ゴーレムが攻撃しようとした瞬間に胸の表面に露出した状態、
および何度も攻撃して身に纏うブロックの多くを剥ぎ取った状態ではコアにダメージが通る。
残りHP20%以下(HP5.0以下)になると一時的に無敵になり、
周囲のブロックを自分の周りに大量に集めた後、それらを一斉に弾き飛ばしつつ自爆する。
この自爆時に弾き飛ばされたブロックにも、弱いながらにダメージ判定があるので注意。
HP5.5以上から一気にHP0まで削った場合、自爆させずに倒す事もできるが、
この場合は抱えていたメタルブロック(=鉄、金、ダイヤ、エメラルドブロック)を落とさない。
ブロックの吸引が岩盤以外のサイズ1x1x1な正方形ブロック全種に及ぶので、
拠点の周囲に出現しただけで地形や建物を穴ぼこだらけにされる。
なので場合によってはオーガやクリーパーよりも余程凶悪な地形破壊効果を周囲にもたらす。
ミニゴーレム(MiniGorem) 体力:7.5
攻撃力:Easy:1.5 Normal:2.0 Hard:3.0
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:無し
明るさLv7以下のブロック上にスポーン。
ビッグゴーレムを小さくしたようなモンスター。
ブロックをEntity化して投げて攻撃してくる。
何もドロップしないし、地形破壊が激しいので、無意味に戦わないほうがいいだろう。
日光で燃える。
シルバースケルトン(silverskeleton) 体力:12.5
攻撃力:Easy:1.5 Normal:2.0 Hard:3.0
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高2
ドロップ:骨1~2個、シルバースケルトンの剣1~2本(レア)
明るさLv7以下のブロック上にスポーン。
スケルトンという名前を持つが、見た目はバニラのスケルトンとは全く違う。
そこまで強くもないが、スピードが速いので、初期装備の時に出会ったら危険。
アンデッド属性を持っていて、回復系のポーションではダメージを受ける。
はっきり言って、ウェアウルフ対策のためだけに作られたモンスター。
ドロップする剣はウェアウルフに効くので積極的に狩っていきたい。
日光で燃える。
8.0.0より近くにいる一部モンスターに騎乗できるようになった。
マンティコア(Manticore) 体力:20.0
攻撃力:Easy:2.0 Normal:3.0 Hard:4.5(+状態異常)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:サソリの甲殻 0~2個 / サソリの毒針 0~2個 / マンティコアの卵(レア)
v8.1.1(MC1.8)より追加された、ライオンのようなモンスター。
明るさLv11以下の全ブロック上にスポーン。
ただしバニラの照明ブロックを中心とした縦15x横15x高7の空間内にはスポーンしない。
飛行能力を持ったサソリのような特性を持っている。。
高い攻撃力に加え、稀に針で刺してくる。
サソリと同じようにスポーンした場所でタイプが変わる。(普通、黒、氷、炎)与えてくる状態異常もサソリに準ずる。
(黒マンティコアは通常種と同じようにスポーンするのだが。)
馬系モンスターと同じく近くにいる人型モンスターを背中に乗せる特性を持つ。





水中生物(Water Mobs)

サメ(Shark) 体力:12.5
攻撃力:Easy:1.5 Normal:2.5 Hard:3.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ:鮫の歯 1~3個 / 鮫の卵 1~3個(レア:10%程度)
海洋生物。明るさに関係なく水中にスポーン。Easy以上でないとスポーンしない。
同種以外の水中にいるモブに見境無く襲い掛かってくる厄介者。
陸の上からならこちらから一方的に攻撃できるが、
攻撃速度が非常に速く、水中での戦闘はこちらが圧倒的に不利。
低確率で手に入る卵を孵化させれば懐き状態のサメが生まれる。
メダリオンを与えれば名前をつける事も可能。
イルカ(Dolphin) 体力:野生:5.0 / 懐き:15.0
攻撃力:Easy:1.5 Normal:2.5 Hard:3.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高2
ドロップ:生魚 0~2個
海洋生物。明るさに関係なく水中にスポーン。
水中版の馬とも呼ぶべきモブで、飼い慣らすと騎乗して高速ボート代わりにできる。
(右クリックで乗り、シフトキーで降りる)
色は青、青緑、青紫、青黒、ピンク、アルビノの六種が存在、
後者になるほどレアで、飼い慣らし難易度が高く、乗った時のスピードも速い。
中立mobで攻撃すると反撃してくる。。
飼い慣らし成功後、更にメダリオン(Medallion)を右クリックで与えると、
名前をつけられるようになり、以後は頭上に体力バーが表示されるようになる。
ただ他の陸上動物と違って鞭での指示ができず、
サメ、ピラニア、モンスター、窒息ダメージから守り難かったりと、飼育は難しい。
小魚(Little Fish) 体力:2.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:生魚 0~1個 / 魚の卵 0~2個
海洋生物。明るさに関係なく水中にスポーン。
水中を高速で泳ぎ回る小さな魚達。水中以外だと窒息ダメージ。
小さな池などに湧いた場合、速すぎて勝手に陸に飛び出し自滅している事もある。
10種類ほどの色違いがいるが、全て同じ能力。
倒した時に手に入る卵を孵化させれば懐き状態の魚が生まれる。
野生・懐きの状態を問わず、金魚鉢(FishBowl)で捕獲する事が可能。
魚網をつかえば一発で飼いならし可能。
ピラニア(Piranha) 体力:3.0
攻撃力:Easy:1.0 Normal1.0 Hard1.5
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:生魚 0~1個 / ピラニアの卵 0~2個
海洋生物。明るさに関係なく水中にスポーン。Easy以上でないとスポーンしない。
5.2.0DEVから小魚の亜種から固有のmobに変わった。
同種以外の水中にいるモブに見境無く襲い掛かってくる厄介者。
陸の上からならこちらから一方的に攻撃できるが、
当たり判定が小さく、水中では一方的に攻撃される危険性大。5.2.0DEVからはさらに小さくなり、攻撃力も上がった。
倒した時に手に入る卵を孵化させれば懐き状態の魚が生まれる。
野生・懐きの状態を問わず、金魚鉢(FishBowl)で捕獲する事が可能。
魚網をつかえば一発で飼いならし可能。
マンタ(Manta Ray) 体力:10.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:--
海洋生物。明るさに関係なく?水中にスポーン。
エイと違い、近づいても毒になることは無い。
右クリックで背中に乗ることができる。(シフトキーで降りる)何度か乗っていると飼いならし可能。
アカエイ(Stingray) 体力:10.0
攻撃力:--(毒:0.5x4秒)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦2x横2x高1
ドロップ:--
海洋生物。明るさに関係なく?水中にスポーン。
水底の土ブロックに潜って隠れようとする習性があり、
潜ると姿がほぼ土ブロックに隠れるため、周囲との見分けがつかなくなってしまう。
難易度Easy以上の場合、近づくと毒状態になりダメージを受ける。
魚網をつかえば一発で飼いならし可能。
クラゲ(Jellyfish) 体力:3.0
攻撃力:--(毒:0.5x4秒)
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:スライムボール 0~2個
海洋生物。明るさに関係なく?水中にスポーン。
半透明で、夜になると発光している。
難易度Easy以上の場合、近づくと毒状態になりダメージを受ける。
魚網をつかえば一発で飼いならし可能。
種類は5種だが、内部データにはもう数種類いる。コマンドを使えばスポーンさせることができる。
出現用コマンド/summon Mocreatures.Jellyfish ~ ~ ~ {TypeInt:[6~12のいずれか]}コマンドでのスポーン時は超小さいが、時間経過で成長する。
新小魚(small Fish) 体力:2.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横1x高1
ドロップ:生魚 0~1個 / 新小魚の卵 0~2個
海洋生物。明るさに関係なく水中にスポーン。
水中を高速で泳ぎ回る小さな魚達。水中以外だと窒息ダメージ。
小さな池などに湧いた場合、速すぎて勝手に陸に飛び出し自滅している事もある。
7種類の色違いがいるが、全て同じ能力。
倒した時に手に入る卵を孵化させれば懐き状態の魚が生まれる。
魚網をつかえば一発で飼いならし可能。
中魚(medium Fish) 体力:4.0
攻撃力:--
防御力(AR):0.0
大きさ:縦1x横2x高1
ドロップ:生魚 0~1個 / 中魚の卵 0~2個
海洋生物。明るさに関係なく水中にスポーン。
水中を高速で泳ぎ回る大型の魚。水中以外だと窒息ダメージ。
小さな池などに湧いた場合、速すぎて勝手に陸に飛び出し自滅している事もある。
3種類の色違いがいるが、全て同じ能力。
倒した時に手に入る卵を孵化させれば懐き状態の魚が生まれる。
魚網をつかえば一発で飼いならし可能。




コメント

コメントログ:MOD解説/Mo'Creatures

コメント欄の運営・編集方針に関してはコメント欄方針を参照してください。
このコメント欄はwikiの情報充実のため、追記がしやすいよう設けた物なので、編集が苦手な方は以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
編集に関わらない質問は一切受け付けておらず、一律して削除されます。
注意書きをよく読んだ上で、質問掲示板または非公式日本ユーザーフォーラムをご利用ください。
Wikiの運営に関連する話はWiki運営掲示板、雑談等は非公式日本ユーザーフォーラムにてお願いします。
表示される親コメントには限りがあるので、返信の際は返信したいコメント横のチェックを付けて返信するようご協力お願いします。
+ 上記の内容を守れる方のみご利用ください。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ