ルートテーブル

このページは作成中です。

ルートテーブル(loot table

ルートテーブルとは、 ver1.9 で追加された、ランダムに出現するアイテム(構造物のチェストの中身、mobのドロップなど)を指定するシステムである。
JSONで記述されているため、高い拡張性を有する。

使用法

ルートテーブルによってアイテムを指定できるのは、インベントリを持つブロックまたはエンティティ(チェスト、トラップチェスト、ホッパー、チェスト付きトロッコ、ホッパー付きトロッコ、ディスペンサー、ドロッパー、シュルカーボックス)の中身およびmobのドロップである。

インベントリを持つブロックまたはエンティティ

新しく設置する場合:
チェスト、トラップチェスト、ホッパー、ディスペンサー、ドロッパー、シュルカーボックスの場合は/setblockコマンドのデータタグ部分に、チェスト付きトロッコ/ホッパー付きトロッコの場合は/summonコマンドのデータタグ部分に{LootTable:"minecraft:フォルダ/ファイル名"}を入れる。
すでに設置されているものに適用する場合:
チェスト、トラップチェスト、ホッパー、ディスペンサー、ドロッパー、シュルカーボックスの場合は/blockdataコマンドのデータタグ部分に、チェスト付きトロッコ/ホッパー付きトロッコの場合は/entitydataコマンドのデータタグ部分に{LootTable:"minecraft:フォルダ/ファイル名"}を入れる。

mob




保存場所

デフォルト

versions
┗<ver>.jar
  ┗ assets
    ┗ minecraft
      ┗ loot_tables
         ┣ chests:チェスト
        ┣ entities:ドロップアイテム
        ┗ gameplay:釣り関連
※確認には解凍ツールが必要

自作

各ワールドのファイル
┗ data
  ┗ loot_tables(初期状態では存在しないので、新規作成する)
   ┗ 名前空間(フォルダ)
     ┗ルートテーブル(名称任意).json

なお、名前空間の名称をminecraftにして形式をデフォルトのものにあわせれば、デフォルトのルートテーブルを(そのワールドに限り)上書きすることができる。


ルートテーブルの記法

pools:アイテムの確率を計算するまとまり(プール)を指定する。{}で区切ると1つのプールとして扱われる。
┣conditions
┣rolls
┣bonus_rolls
┗entries 
 ┣conditions
 ┣type
 ┣name
 ┣functions
 ┣weight
 ┗quality

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    Wiki運営に関してはWiki運営掲示板、質問は質問掲示板、雑談等は非公式フォーラムにてお願いします。
  • 投稿の前に、一度コメントログや、バージョンアップ直後はパッチノートにも目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
名前:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ