サーバーMOD > CraftBukkit > Bukkitプラグイン > Multiverse-Portals

プラグイン名 Multiverse-Portals
製作者 MultiverseTeam 他
配布場所 https://dev.bukkit.org/projects/multiverse-portals
https://www.curseforge.com/minecraft/bukkit-plugins/multiverse-portals
前提プラグイン Multiverse-Core
最新バージョン https://dev.bukkit.org/projects/multiverse-portals/files
当ページの更新が滞る事があるため、上記または配布先のサイトで確認して下さい
最新対応バージョン 同上
生成されるファイル https://github.com/Multiverse/Multiverse-Portals/tree/master/src/main/resources/defaults
ライセンス BSD License
ソースコード https://github.com/Multiverse/Multiverse-Portals
関連サイト 開発版(リポジトリ)
備考 -


Multiverse-Portalsについて

Multiverse-Portalsとは、ゲート作成とゲート間の移動を可能にするプラグインである。

Multiverse-Portalsの導入方法

予めCraftBukkitSpigotを参考にしてサーバーを立ておいて下さい。
なおこのプラグインはMultiverse-Coreも一緒に導入する必要があります。

  1. 配布ページからプラグインをダウンロードします
  2. zipファイルであれば展開し、jarファイルを取り出します。
  3. jarファイルをサーバーのpluginsフォルダ内に設置します。
  4. サーバーを起動します。
  5. サーバーのコンソールに「pl」コマンドを実行させて一覧の中から、Multiverse-Portalsが緑色であればサーバーを停止します。
  6. pluginsフォルダ内にMultiverse-Portalsフォルダが生成されたことを確認します。
  7. Multiverse-Portalsフォルダ内にconfig.yml,potals.ymlが生成されていれば導入完了です。

コマンド

コマンド パーミッションノード 説明
mvp list [WORLD] multiverse.portal.list 全てのポータルを表示します。
mvpl
mvplist
mvp select {PORTAL} multiverse.portal.select ポータルを選択します。
mvps
mvpselect
mvp wand multiverse.portal.givewand ポータルを作るための道具(Wand)をあたえます。
mvpw
mvpwand
mvp info {PORTAL} multiverse.portal.info ポータルの情報を表示します。
mvpi
mvpinfo
mvp create {NAME} [DESTINATION] multiverse.portal.create Wandで選択された部分を新しいポータルとして作成します。
mvpc
mvpcreate
mvp remove {NAME} multiverse.portal.remove 選択したポータルを削除します。
mvpr
mvpremove
mvp modify {PROPERTY} [VALUE] -p [PORTAL] multiverse.portal.modify 選択したポータルの設定を変更します。
mvpm
mvpmodify
mvp debug [on,off] multiverse.portal.debug デバッグモードを有効または無効にするのかを設定します。
mvpd
mvpdebug

チュートリアル


config.yml

ここに書かれた内容は初期値では無い事もあります。
初期に生成されるファイル群とその値については、このページ上部の生成されるファイルのリンク先を確認して下さい。

このファイルの直接編集は推奨しません!
直接編集はエラーの原因にもなります。コマンド/mvp configから変更してください。

# ワンドのアイテムID、初期値は木の斧(271)が指定される。
# 通常は初期値のままで良い。
wand: 271
# ポータルにはVanilla styleとMV styleの2種類があります。違いを理解してないなら初期値を推奨。
useonmove: true
# 
portalsdefaulttonether: false
# trueにするとアクセス権が必要になります。(要パーミッション設定)
# 例:multiverse.portal.access.ポータルネーム false は multiverse.portal.access.* と同じ扱い
enforceportalaccess: true
# ポータルの再利用時間の間隔をミリ秒で指定する。
# (ポータルを使うとサーバーに一時的な高負荷が発生する、うまく調整することで負荷を分散できる)
portalcooldown: 1000
# ポータルリムーブ(削除)した後、自動的に任意のポータルブロックを削除する
clearonremove: false
# 乗り物に乗ってもテレポートを可能にするか
teleportvehicles: true
#
framematerials: []
# 設定ファイルのバージョン、変更しない
version: 2.7

その他の情報

  • メッセージはソースコードレベルで記載されてるため、日本語にする事は容易に出来ない


関連ページ

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    Wiki運営に関してはWiki運営掲示板、質問は質問掲示板、雑談等は非公式フォーラムにてお願いします。
  • 投稿の前に、一度コメントログや、バージョンアップ直後はパッチノートにも目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。Wiki運営に関してはWiki運営掲示板、質問は質問掲示板、雑談等は非公式フォーラムにてお願いします。