MOD解説 > Thermal Expansion > アイテムリスト_TD4

このページは編集中のため、情報が正確でない場合があります。
親ページに戻る



Thermal Dynamics - 追加ブロック・アイテム・レシピ一覧

MODの導入状況によっては、この他にも作成可能なアイテムが増える可能性がある。

RF導管

名前 作り方 説明
導管
鉛石RF導管
(Leadstone Fluxduct)
ガラス(色付き可)1 + 鉛インゴット2 + レッドストーン6 ⇒ 鉛石RF導管6

鉛石RF導管3 + レッドストーン3 + インバーインゴット1 ⇒ 硬化RF導管3
鉛石RF導管1 + レッドストーン1 + インバー塊3 ⇒ 硬化RF導管1

【液体転置機】レッドストーン力RF導管 (空)1 + 溶融レッドストーン200mB ⇒ レッドストーン力RF導管3

レッドストーン力RF導管3 + レッドストーン3 + エンダリウムインゴット1 ⇒ 共振RF導管3
レッドストーン力RF導管1 + レッドストーン1 + エンダリウム塊3 ⇒ 共振RF導管1
【液体転置機】共振RF導管 (空)1 + 溶融レッドストーン200mB ⇒ 共振RF導管

【液体転置機】凍結安定化RF導管 (空)1 + 溶融クライオジウム500mB ⇒ 凍結安定化RF導管


RFを運搬する導管。制御装置は不要。
ブロック接続部をレンチで右クリックして接続・非接続を切り替えられる。

単位時間あたりに搬送可能なRF量は以下の通り。
鉛石        200 RF/t
硬化        800 RF/t
レッドストーン力 8000 RF/t
共振       32000 RF/t
凍結安定化    無限 RF/t
硬化RF導管
(Hardened Fluxduct)
レッドストーン力RF導管
(Redstone Energy Fluxduct)
共振RF導管
(Resonant Fluxduct)
凍結安定化RF導管
(Cryo-Stabilized Fluxduct)
中間材料
レッドストーン力RF導管 (空)
(Redstone Fluxduct (Empty))
強化ガラス1 + エレクトラムインゴット2 ⇒ レッドストーン力RF導管 (空)6
液体転置機で溶融レッドストーンを充填することで完成品のレッドストーン力RF導管になる。
共振RF導管 (空)
(Resonant Fluxduct (Empty))
レッドストーン力RF導管 (空)1 + レッドストーン1 + エンダリウム塊3 ⇒ 共振RF導管 (空)1
レッドストーン力RF導管 (空)3 + レッドストーン3 + エンダリウムインゴット1 ⇒ 共振RF導管 (空)3

液体転置機で溶融レッドストーンを充填することで完成品の共振RF導管になる。
凍結安定化RF導管 (空)
(Cryo-Stabilized Fluxduct (Empty))
レッドストーン力RF導管1 + 強化ガラス4 + エレクトラムインゴット4 ⇒ 凍結安定化RF導管 (空)1
液体転置機で溶融クライオジウムを注入することで完成品の凍結安定化RF導管となる。
材料のレッドストーン力RF導管はレッドストーン充填済みの完成品であることに注意。

液体導管

名前 作り方 説明
導管
常温液体導管
(Temperate Fluiduct)
銅インゴット2 + ガラス(色付き可)1 ⇒ 常温液体導管6
銅インゴット2 + 鉛インゴット1 ⇒ 常温液体導管 (不透明)6

液体を運搬する導管。極端に高温・低温の液体では破損する。
実際に運搬を行うには後述の制御装置が必要。(オーグメントにより自動搬出機能を得た機械は除く)
接続部をレンチで右クリックして接続・非接続を切り替え可能。
常温液体導管 (不透明)
(Temperate Fluiduct (Opaque))
硬化液体導管
(Hardened Fluiduct)
インバーインゴット2 + 強化ガラス1 ⇒ 硬化液体導管6
インバーインゴット2 + 鉛インゴット1 ⇒ 硬化液体導管 (不透明)6

液体を運搬する導管。温度制限なし。
これも制御装置が必要で、接続部をレンチで右クリックして接続・非接続を切り替え可能。
硬化液体導管 (不透明)
(Hardened Fluiduct (Opaque)))
超層液体導管
(Super-Laminar Fluiduct)
硬化液体導管 (透明 or 不透明)1 + 強化ガラス4 + 青銅インゴット4 ⇒ 超層液体導管 (透明 or 不透明)1
内圧が高まる、つまり液体流量が上限に達すると搬送速度が無制限になる液体導管。
透明・不透明は材料とした硬化液体導管に依存し、作成後の切り替えレシピは存在しない。
これも制御装置が必要で、接続部をレンチで右クリックして接続・非接続を切り替え可能。
超層液体導管 (不透明)
(Super-Laminar Fluiduct (Opaque)))
追加工レシピ
透明・不透明の切替レシピ ○○液体導管6 + 鉛インゴット1 ⇒ ○○液体導管 (不透明)6
常温液体導管 (不透明)6 + ガラス(色付き可)1 ⇒ 常温液体導管6
硬化液体導管 (不透明)6 + 強化ガラス1 ⇒ 硬化液体導管6

常温液体導管・硬化液体導管が対応。内部を液体が通っているかが見えるかどうかの違い。
RF・液体兼用導管
RFメッキ液体導管
(Flux-Plated Fluiduct)
硬化液体導管 (透明 or 不透明)1 + エレクトラム塊3 + シグナラム塊3 ⇒ RFメッキ液体導管 (透明 or 不透明)
硬化液体導管 (透明 or 不透明)3 + エレクトラムインゴット1 + シグナラムインゴット1 ⇒ RFメッキ液体導管 (透明 or 不透明)3

液体だけでなくRFも運搬できる導管 (2000 RF/t)。
やはり制御装置が必要で、レンチによる右クリックで接続・非接続切り替え可能。
透明・不透明は材料とした硬化液体導管に依存する。作成後の透明・不透明の切替レシピは存在しない模様。
RFメッキ液体導管 (不透明)
(Flux-Plated Fluiduct (Opaque)))

アイテム導管

名前 作り方 説明
導管
アイテム導管
(Itemduct)
錫インゴット2 + 強化ガラス1 ⇒ アイテム導管6
錫インゴット2 + 鉛インゴット1 ⇒ アイテム導管 (不透明)6

アイテムを運搬する導管。
実際に運搬を行うには、液体導管と同じく後述の制御装置が必要。(オーグメントにより自動搬出機能を得た機械は除く)
接続部をレンチで右クリックして接続・非接続を切り替え可能。
アイテム導管 (不透明)
(Itemduct (Opaque))
加速アイテム導管
(Impulse Itemduct)
【液体転置機】アイテム導管 (透明 or 不透明)1 + 溶融グロウストーン200mB ⇒ 加速アイテム導管 (透明 or 不透明)1
アイテムをより速く運搬できるようになるアイテム導管。
やはり制御装置が必要で、接続部のレンチ右クリックで接続・非接続を切り替え可能。
透明・不透明切替、高密度・低密度化加工に対応している。
加速アイテム導管 (不透明)
(Impulse Itemduct (Opaque))
ワープアイテム導管
(Warp Itemduct)
アイテム導管 (透明 or 不透明)6 + エンダリウムインゴット1 ⇒ ワープアイテム導管 (透明 or 不透明)6
アイテム導管 (透明 or 不透明)2 + エンダリウム塊3 ⇒ ワープアイテム導管 (透明 or 不透明)2

RFの供給を受けると内部が宇宙的な空間で満たされ、アイテムを一瞬で運搬できるようになる導管。
搬送を行うのに制御装置が必要であることは他のアイテム導管と変わらない。
なお、透明であるかどうかは材料にしたアイテム導管に依存するが、
この宇宙的な空間のせいで透明であっても内部のアイテムは見えず、一瞬光るという形で表現される。
透明・不透明切替、高密度・低密度化加工に対応している。
ワープアイテム導管 (不透明)
(Warp Itemduct (Opaque))
追加工レシピ
透明・不透明の切替レシピ ○○アイテム導管6 + 鉛インゴット1 ⇒ ○○アイテム導管 (不透明)6
○○アイテム導管 (不透明)6 + 強化ガラス1 ⇒ ○○アイテム導管6

アイテム導管・加速アイテム導管・ワープアイテム導管が対応。
アイテムの流れなど、内部状況が見えるかどうかの違い。
液体導管と似ているが、普通のガラスを使用するレシピがない分こちらのほうが統一性が高い。
高密度化・低密度化加工
(Dense & Vacuum)
○○アイテム導管 (透明 or 不透明)1 + 鉛の粉1 ⇒ 高密度 ○○アイテム導管 (透明 or 不透明)1
○○アイテム導管 (透明 or 不透明)1 + 銀の粉1 ⇒ 低密度 ○○アイテム導管 (透明 or 不透明)1

アイテム導管・加速アイテム導管・ワープアイテム導管が対応。
高密度化は導管の節目に赤い印が付き、運搬距離が劇的に増加する。
低密度化は節目に緑の印が付き、逆に運搬距離が劇的に減少する。
RF・アイテム兼用導管
変動アイテム導管
(Fluctuating Itemduct)
【液体転置機】アイテム導管 (透明 or 不透明)1 + 溶融レッドストーン50mB ⇒ 変動アイテム導管 (透明 or 不透明)1
アイテムだけでなくRFも運搬できる導管 (2000 RF/t)。
やはり制御装置が必要で、レンチによる右クリックで接続・非接続切り替え可能。
透明・不透明は材料としたアイテム導管に依存する。
透明・不透明の切替レシピや高密度化・低密度化の加工には対応していない模様。
変動アイテム導管 (不透明)
(Fluctuating Itemduct (Opaque))

建築用導管・カバー

名前 作り方 説明
建築用導管
建築導管 (不透明)
(Structuralduct (Opaque))
鉛インゴット1 + 鉄塊2 ⇒ 建築導管 (不透明)6
いかなるアイテム、いかなる導管とも接続せず、建築導管同士でしか接続されない導管。不透明しか存在しない。
ブロックとクラフトすることで、導管の外側に貼り付けるカバーが6つ出来る。
直接的な使用方法としては建築時の装飾などに使用する方法が考えられる。例えば下の導管カバーと組み合わせ、
壁に導管を何本も張り巡らされた工場や、建物の一部が崩れて骨組みが露出している……などの状況を表現できる。
光導管
(Luxduct)
鉛インゴット1 + ルミウムインゴット2 ⇒ 光導管6
レッドストーン信号を送り込むことで光源となる導管。
一箇所に信号が送られていれば、何百メートル延長しても光っている。
建築導管と同じく、いかなるアイテム、いかなる導管とも接続せず、光導管同士でしか接続されない。
導管カバー
各種カバー
(XXX Cover)
建築導管1 + 設置可能アイテム1 ⇒ ○○ カバー6
導管の上下側面や横断する形に設置可能な板状の導管カバー。材料となったブロックの上下左右からの見た目を再現する。
金属や木材、ガラスなど素材として一般的なブロックだけでなく、鉱石や葉ブロックなどでも可能な上、
苗木や草花、松明などの明らかにブロックではない外見のものでもカバーを作成可能。
さらに液体入りバケツを使用して液体源さえもカバーにできる。
ただし設置可能アイテムの何もかも全てが材料にできるわけではない(トロッコ類やMOB頭、TEの機械等は不可)。

制御装置

名前 作り方 説明
サーボ機構
サーボ機構
(Servo)
硬化以下: ガラス(色付き可)1 + 鉄塊2 + 対応金属のインゴット2 + レッドストーン1 ⇒ ○○サーボ機構2
増強以上: 強化ガラス1 + 鉄塊2 + 対応金属のインゴット2 + レッドストーン1 ⇒ ○○サーボ機構2

基本     → 対応金属:鉄
硬化     → 対応金属:インバー
増強     → 対応金属:エレクトラム
シグナラム → 対応金属:シグナラム
共振     → 対応金属:エンダリウム


アイテム導管や液体導管の接続部に取り付けてインベントリから搬出を行わせる装置。
ただし、オーグメントにより自動搬出の機能を得た機械には必要ない。また搬入についてはこの限りではない。
デフォルト状態では作動にレッドストーン入力が必要。ON/OFF反転、常時作動など切替可能。
取り付けた導管を破壊しても回収できるが、取付部分をレンチで右クリックして一発・単独取り外し可能。
レンチ以外で右クリックでGUIからRS設定の変更や、搬出アイテムのブラック&ホワイトリスト登録などが行える。
グレードが上がるごとに搬出ペースや単位搬出量が増え、選別ルールに設定可能な条件も鉱石辞書やNBTなど増えていく。
硬化サーボ機構
(Hardened Servo)
増強サーボ機構
(Reinforced Servo)
シグナラムサーボ機構
(Signalum Servo)
共振サーボ機構
(Resonant Servo)
回収装置
回収装置
(Retriever)
硬化以下: ガラス(色付き可)1 + エンダリウム塊2 + 対応金属のインゴット2 + エンダーアイ1 ⇒ ○○回収装置2
増強以上: 強化ガラス1 + エンダリウム塊2 + 対応金属のインゴット2 + エンダーアイ1 ⇒ ○○回収装置2

対応金属はサーボ機構と同じ。


アイテム導管や液体導管の接続部に取り付けて搬入を行わせる装置。
搬入・搬出の流れが逆であること以外の性質はサーボ機構と同じ。
硬化回収装置
(Hardened Retriever)
増強回収装置
(Reinforced Retriever)
シグナラム回収装置
(Signalum Retriever)
共振回収装置
(Resonant Retriever)
フィルター
フィルター
(Filter)
硬化以下: ガラス(色付き可)1 + 鉄塊2 + 対応金属のインゴット2 + 紙1 ⇒ ○○フィルター2
増強以上: 強化ガラス1 + 鉄塊2 + 対応金属のインゴット2 + 紙1 ⇒ ○○フィルター2

対応金属はサーボ機構・回収装置と同じ。


アイテム導管や液体導管の受け側の接続部に取り付け、選別を行う装置。レッドストーン入力は不要。
グレードが上がると条件指定に使えるオプションが増えていく。
硬化フィルター
(Hardened Filter)
増強フィルター
(Reinforced Filter)
シグナラムフィルター
(Signalum Filter)
共振フィルター
(Resonant Filter)
その他
レッドストーン継電器
(Redstone Relay)
シグナラムの歯車1 + シグナラム塊2 + 鉛インゴット2 + レッドストーン1 ⇒ レッドストーン継電器2
導管の接続部に取り付けることで導管ネットワークにレッドストーン信号を流すことができる。
右クリックでモードを切り替えられる。
専用のGUIはなく、下記のアップグレードにも対応していない。
アップグレードレシピ
アップグレード パターンA:
強化ガラス1 + エレクトラムインゴット2 + (基本○○ or 硬化○○)合計2 ⇒ 増強○○2
強化ガラス1 + シグナラムインゴット2 + (基本○○ or 硬化○○)合計2 ⇒ シグナラム○○2
強化ガラス1 + エンダリウムインゴット2 + (基本○○ or 硬化○○)合計2 ⇒ 共振○○2

パターンB:
増強○○1 + シグナラムインゴット1 ⇒ シグナラム○○1
(増強○○ or シグナラム○○)1 + エンダリウムインゴット1 ⇒ 共振○○1


サーボ機構、回収装置、フィルター全てで同じレシピ。
パターンAの場合、各アイテムは1マスに1個ずつバラして置かなければならない。

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、返信したいコメント横の○にチェックを入れて返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/Thermal Expansion/アイテムリスト_TF5
+上記の内容を守れる方のみご利用ください。
上記の内容を守れる方のみご利用ください。
  • オーグメント弱体化した? - 名無しさん 2018-01-23 12:56:18
  • Forge Lexiconにて、Quellモードで何も乗せずに矢印をクリックすることでマイクラが落ちます。バージョン1.7.10。 - 名無しさん 2018-03-11 17:28:28
  • ニッケルがフェロースになってる不思議 - 名無しさん 2018-03-15 00:18:41
  • husigidane - 名無しさん 2018-03-18 17:51:30
  • 鉱石辞書には、ニッケル=フェロースらしいです - 名無しさん 2018-03-19 18:21:04
  • IP規制喰らって説明書けないのでここにメモ
    ヴァイアダクト使用方法:ヴァイアダクトを繋ぐ 但し端は普通のヴァイアダクトじゃないとNG 末端をレンチで右クリックすると出入口になる あとは行きたい所をクリックするだけ 右上のメニューから名前を変更可 - 名無しさん (2018-04-02 12:31:39)
  • 常温導管は溶岩を一定時間以上流れた状態になると爆発エフェクトとともに消滅します。(10秒くらい…?) 確認バージョンはTD[1.7.10]1.2.1-172 - 名無しさん (2018-04-04 14:29:28)
  • 原初のマナについて加筆しました。 - 名無しさん (2018-05-30 20:20:42)
    • 追記・確認verは「ThermalFoundation-[1.7.10]1.2.6-118」です - 名無しさん (2018-05-30 20:21:52)
  • 1.12での蒸気ダイナモは燃焼時間x10のRFを生成するようです。タービン化オーグメントを適用すると蒸気1mbにつき2RFを生成します。 - 名無しさん (2019-04-11 09:02:16)
  • 1.12.2ではすべての機械はベーシックのみで後からコンバージョンキットを適用する必要があるようです - 名無しさん (2019-04-11 09:04:21)
    • オーグメントは上位種が廃止されて複数積む方式になっています - 名無しさん (2019-04-11 09:09:57)
名前: