MOD解説 > Witchery

現在のこのページの情報は、Witchery 0.23.2(for MC 1.7.10)時のものです。
本MODはWIP(開発中)であり、仕様変更が予告なく行われる可能性があります。

MOD名 Witchery
製作者 Emoniph
配布場所 http://www.minecraftforum.net/topic/1992544-
前提MOD 【Minecraft Forge】
使用BlockID (x個)
使用ItemID (x個)
使用DimensionID -37(1個)
関連サイト 公式サイト
※表示されていないIDは未使用


目次

ページ一覧
MOD解説/Witchery(このページ)
MOD解説/Witchery/アイテム

Witcheryについて

日本語で「魔女宗」と呼ばれる、ウィッカやペイガニズムといった文化をモチーフとした魔術系MOD。

魔法の箒、魔法円による儀式魔法、鍋による薬の調合といったウィッカ魔法、
身代わり人形、呪い人形といったヴードゥーの秘術、
ネイティブアメリカンの文化であるドリームキャッチャーなど、
ネオペイガニズムらしい無分別な取り合わせとなっている。
オズの魔法使いやハリー・ポッターなどを元ネタにしたアイテムや呪文も多い。

「呪い」などPvPを意識したような要素が多く、マルチプレイではより楽しめるだろう。
幅広く魔術系/装飾系のMODと連携要素を組んでおり、それらと組み合わせるのも良いだろう。

鉱石のようなワールド生成時に自然生成されるブロックは追加されないが、
追加構造物がワールドに作成されないので、場合によっては新規チャンクの開拓が必要になる。
ほとんどのケースで問題にならないが、〈藁人形/Strawman〉の構造を確かめるためや、
〈カヴンの魔女/Coven Witch〉を探すために必要になる場合がある。

更新情報

Witchery ver 0.23.2
  • 【調整】〈魔女狩人/Witch Hunter〉がMOD【Minecraft Comes Alive】の村人を攻撃したり攻撃されたりしないように
  • 【調整】村人が〈村の護衛/Village Guard〉や〈魔女狩人/Witch Hunter〉の矢からダメージを受けないように
  • 【調整】他MODの悪魔系モブにデーモン特攻ポーションが機能するように
  • 【調整】〈有翼の猿/Winged Monkey〉の飛行高度を地面から32ブロックに制限
  • 【修正】カスタムポーション効果の粘着アイテム効果が適正に機能するように
  • 【修正】Brews of Erosion had an inverted block protection effect

Witchery ver 0.23.1
  • 【調整】吸血鬼のノックバック能力はスニーク時にのみ発動するように
  • 【調整】群れでないホブゴブリンは〈村の護衛/Village Guard〉から逃げるように
  • 【調整】〈月のお守り/Moon Charm〉が、金床で金インゴットを用い修理できるように
  • 【調整】〈精製牛乳/Purified Milk〉がケーキからクラフト可能に。一部のMODで牛乳バケツが削除されるため
  • 【調整】設置された〈ニンニク飾り/Garlic Garland〉がブロック上部に描画されるように、またすり抜けてクリックできるように
  • 【調整】吸血鬼が〈棺桶/Coffin〉で寝た時も〈ドリームウィーバー〉の効果が発動するように
  • 【調整】〈棺桶〉の上にブロックがある時、蓋が開けられないように
  • 【修正】開いた〈棺桶〉の描画関連のバグを修正
  • 【修正】吸血鬼が身長1ブロック以下の時、日向から1ブロックの日陰に隠れていてもダメージを受けていた問題
  • 【修正】〈村の護衛/Village Guard〉が〈魔女狩人/Witch Hunter〉を攻撃しないように
  • 【修正】〈仕込み杖/Cane Sword〉がエンチャントされていなくてもエンチャントされているかのように描画されていた問題
  • 【修正】MOD【Ars Magica 2】関連で、サイズを変更されたコウモリ形態のプレイヤーがブロックの下で窒息してしまった問題

Witchery ver 0.23.0
  • 【新規】モブ〈有翼の猿/Winged Monkey〉 - 飼いならし/染色可能、変異で生成。
  • 【新規】村の構造物〈防衛施設/Twon Keeps〉〈見張り塔/Watchtower〉〈村の本屋/Book Shop〉〈村の外壁/Town Wall〉
  • 【新規】モブ〈村の護衛/Village Guard〉 - 村に危害を与える者を攻撃する
  • 【新規】〈村の有力者/Village Mayor〉システム - 村人から信望の厚いプレイヤーが村人を護衛へ変えられる
  • 【新規】村がより大規模に、多くのバイオームに生成されるように
  • 【新規】氷雪系バイオームで"雪の村"が生成されるように
  • 【新規】村人は夜に屋内で睡眠をとり、体力やその他のステータスを回復するように
  • 【新規】〈神秘の小枝〉の「Aguamenti」効果で〈鍋/Kettle〉や〈魔女の大釜/Witches' Cauldron〉を満たせるように
  • 【新規】高レベルの狼男は〈月のお守り/Moon Charm〉を用いた変身が短時間で終わるように
  • 【新規】〈吸血鬼/Vampire〉
  • 【新規】〈吸血病/Vampirism〉 - プレイヤーが吸血鬼になれる
  • 【新規】〈吸血鬼の衣装/Vampire Clothing〉 - 吸血鬼を強化する防具
  • 【新規】〈仕込み杖/Cane Sword〉 - 杖と剣を切り替えられる武器
  • 【新規】〈ニンニク/Garlic〉 - 栽培可能
  • 【新規】〈ミートシチュー/Meaty Stew〉 - ニンニクを用いて作成、高栄養価
  • 【新規】〈ニンニク飾り/Garlic Garland〉 - 吸血鬼よけの装飾
  • 【新規】〈魔女の大釜〉で、吸血鬼を弱体化させる"ニンニク"ポーション効果
  • 【新規】〈魔女狩人の暁装/Witch Hunter Dawn Armor〉 - 吸血鬼から身を守る防具
  • 【新規】〈棺桶/Coffin〉 - 吸血鬼が昼に寝るためのベッド
  • 【新規】〈太陽爆弾/Sunlight Grenade〉 - 対吸血鬼用の手投げ弾
  • 【新規】〈太陽集光器/Sunlight Collector〉 - 〈太陽爆弾〉を生成する装置
  • 【新規】〈血染めの羊毛/Blood-stained Wool〉 - 吸血鬼の衣装の素材に使う装飾用ブロック
  • 【新規】ボス〈リリス/Lilith〉
  • 【新規】本〈不死者の観察記/Observations of an Immortal〉
  • 【新規】〈ガラスのゴブレット/Glass Goblet〉 - 血を飲むための器
  • 【新規】〈血のるつぼ/Blood Crucible〉 - 高レベルの吸血鬼の能力をチャージするための装置
  • 【新規】〈遮光グラス/Shaded Glass〉 - レッドストーン信号で光を透過させなくするステンドグラス
  • 【新規】〈木の杭/Wooden Stake〉 - 吸血鬼を屠る武器
  • 【新規】クエストベースMODパックのための幾つかのクリエイティブ専用アイテム
  • 【調整】ホブゴブリンに特定アイテムを持って右クリックすることでそのアイテムを譲渡できるように
  • 【調整】〈狼トークン/Wolf Token〉で吸血鬼レベルも変化させられるように
  • 【調整】〈自然の力の儀式/Rite of Natures Power〉で置換するブロックをコンフィグで設定できるように
  • 【調整】野生の〈ホブゴブリン〉がよりデスポーンしやすいように
  • 【調整】〈ヘルハウンド/Hellhound〉のスポーン率を下げ、よりデスポーンしやすく
  • 【調整】〈苦悶の王/Lord of Torment〉が「Ingianima」の呪文に弱く
  • 【調整】〈腐食の秘薬〉(鍋で醸造したもの)がブロック保護の有無をチェックするように
  • 【調整】〈狼男/Werewolf〉の高速土掘り能力がスニーク時のみ発動するように
  • 【調整】雪ハーフブロックのレシピを変更
  • 【調整】〈感染症/Disease〉ブロックにデスポーン時間を設定、コンフィグから調整可能
  • 【調整】〈ウィッチクラフト:薬草学〉に〈トリカブト/Wolfsbane〉の項目を追加
  • 【調整】狼男の村人が変身の前後で取引内容を維持するように
  • 【調整】アイテムGUIを開いた時に持っているアイテムをドロップする機能を停止するように。一部MODとの組合せでアイテムデュープされる副作用があったため。
  • 【調整】〈ホブゴブリン〉殺害時に村の信望度が下がらないように。子供の〈ホブゴブリン〉の場合は下がる
  • 【調整】狼男の鎧剥ぎ能力が再生能力を有する鎧を優先的に剥がすように
  • 【調整】〈魔女狩人/Witch Hunter〉が同士討ちしないように
  • 【調整】〈苦悶の世界/Torment〉突入時に周囲のブロックを消去するように
  • 【調整】コンフィグで〈カヴンの魔女〉がプレイヤーの拠点にワープしてくるのを防げるように
  • 【修正】狼男が〈魔女狩人の防具〉を装備した時、それが銀化されていなくてもダメージを受けるように
  • 【修正】MOD【Ganys Nether】の一部ブロックが〈銀の大桶/Silver Vat〉と隣接した時に起こりうるスタックオーバーフローを回避
  • 【修正】他MODが適正にタイルエンティティを消去しなかったときに〈煙突/Fume Funnel〉が起こしうる型変換エラーを回避
  • 【修正】〈霊魂/Spirit〉がスポーンする一部バイオームタイプを削除。【Twilight Forest】との間で問題があった
  • 【修正】村を探す儀式で起こりうるエラーを回避
  • 【修正】〈ヘルハウンド〉を特定の状況下で"治療"したときのエラーを回避
  • 【修正】祭壇の魔力を必要としない〈魔女の大釜〉のポーションも、祭壇が近くになければ汲み出せなかった問題を修正
  • 【修正】他MOD関連で起こりうる人形のエラーを回避
  • 【修正】「Protego」の呪文が設置されたモブの頭ブロックを破壊しないように
  • 【修正】プレイヤー死亡時および特定の〈霊魂〉関連のイベント発生時に、チャンクが凍結されている間〈レオナールの影/Shade of Leonard〉を不死身に
  • 【修正】不正なポーションIDが存在するときにログイン直後にクラッシュする問題を解決。依然としてバグアイテムは残るが、少なくともログインは可能に。
  • 【修正】〈感染症/Disease〉関連のバグを修正
  • 【修正】他MODとガスポーション関連の稀なバグを回避
  • 【修正】〈死神の手/Deaths Hand〉がボス戦で適正に機能するように
  • 【修正】〈道の石〉のディメンションをまたいだ簡易儀式で起こりうる例外を回避
  • 【修正】スペース不足で〈デーモン〉の召喚に失敗した時の不適正なメッセージを修正
  • 【修正】Witchery追加原木の精錬レシピ登録を修正。【Thermal Expansion】との兼ね合いでデュープバグがあった
  • 【修正】同一ディメンションで長距離移動したときに狼/狼男状態のプレイヤーが通常モデルで描画される問題を修正

+ 過去の更新情報

既知の不具合

Witcheryの導入方法

◆シングルプレイ
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. 指定されているフォルダの中に、ダウンロードした Witchery をzipファイルのままコピー&貼り付けする。
  2. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。

◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+ ...

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+ ...

対応環境

Witchery ver 0.20.5
  • ◆Minecraft 1.7.10
  • Minecraft Forge x.x.x.xxx ~

Witchery ver 0.20.5
  • ◆Minecraft 1.7.2
  • Minecraft Forge x.x.x.xxx ~

Witchery ver 0.20.5
  • ◆Minecraft 1.6.4
  • Minecraft Forge x.x.x.xxx ~

+ 過去の対応環境

追加ブロック・アイテム・レシピ一覧


追加MOB一覧

名前 画像 説明
エント
Ent
動く木の精霊。ナナカマド、サンザシ、ハンノキが大量に伐採された時に現れ襲ってくる。
自分の周囲に骨粉の効果を振りまく。
見た目に反してかなり素早く、HPも多いのでかなり強い。
通常の手段で倒そうとすると難しいが、ある種のツールを特に嫌っている。
倒すと〈エントの枝/Ent Twig〉をドロップする。
トリフィド
Treefyd
魔術によって変異させられた、自由に動きまわる能力を獲得した植物。
〈トリフィドの種/Treefyd Seed〉を植えることでスポーンする。
トリフィドは植えたプレイヤーを覚えており、そのプレイヤーと他のトリフィド以外の全てのモブを無差別に攻撃する。
攻撃力そのものは高くないが、何度もヒットし、盲目の付加効果もある。
〈クリーパーの心臓/Creeper Heart〉か〈悪魔の心臓/Demon Heart〉を使用するとHPと攻撃力が強化される。強化幅は〈悪魔の心臓〉の方が強い。
心臓の強化は一回分しか効果がなく、再び使用すると効果が上書きされる。
また〈ボーリーン/Boline〉を使用することでランダムな徘徊を止め、その場に待機させられる。再使用で再び徘徊するようになる。
このMODの多くの元ネタは魔術呪術関連のものばかりなのだがなぜかこのモブだけはSF小説に登場する科学実験によって生まれた食虫植物が元ネタである。
寄生虫
Parasytic Louse
自然にはスポーンせず、生物を変異させることで生み出す。
植物とシルバーフィッシュの間の子で、近くにいる生物に噛み付こうとする。
噛み付きからは殆どダメージを受けない。
右クリックでアイテムとして拾い上げることができ、またブロック上に再設置もできる。
アイテム状態の寄生虫と各種飲用ポーションをクラフトすると、寄生虫の嚙み付きにそのポーション効果が上乗せされる。
ただし1度噛めばポーションは消費され、効果が失われる。
ポーションを飲ませたアイテム状態の寄生虫をホットバーに置いておくと、
プレイヤーがダメージを受けた時に自動的に嚙み付き、ポーション効果を与えてくれる。
有翼の猿
Winged Monkey
画像を追加してください 自然にはスポーンせず、生物を変異させることで生み出す。
生物やプレイヤーを遠くへ運んでくれる空を飛ぶ猿。生の豚肉か牛肉で飼いならせる。
飼いならすと狼同様に右クリックで待機と追従を切り替えられ、飼い主を守ろうとする。
飼いならしたものは染料で右クリックすることで好きな色に染色可能。
〈毛玉キット〉を与えると、結び付けられたモブやプレイヤーの元へ飛んでいき、指示された場所へ運び戻る。
運搬後、〈有翼の猿〉はその場に待機する。〈毛玉キット〉は消費される。
座標を記録した〈道の石〉を与えると、プレイヤーを指定座標まで運んでくれる。
運搬後、〈有翼の猿〉はその場に待機する。〈道の石〉は消費されない。
カヴンの魔女
Coven Witch
完全に邪悪ではない魔女と森や村で出会うことがある。
彼女らは入門者に試練を課すことがあり、それを乗り越えたもののカヴン(魔女の集会)に参加してくれる。
プレイヤーのカヴンに加わった魔女は〈水晶球/Seer Stone〉で呼び出すことができる。
倒すと稀に〈魔女の手/Witches Hand〉をドロップする。
デーモン
Demon
ネザーに出現する強力なモンスター。
ブレイズやガストを使い魔として伴って現れる。
プレイヤーの魔法によって召喚することもできる。
非常に強力であり、充分な準備なく対峙すれば一撃にて屠られる可能性もある。
右クリックで村人のように取引に応じてくれる。
ただし取引画面を開いていても攻撃の手は緩まないので、安全に取引できるように閉じ込めるといい。
火のインプ
Flame Imp
火に関連する悪魔的存在。
物理的にはそれほど強くないが、彼らと"契約"することで様々な火に関連した呪いの魔法を使用できる。
〈召喚の儀式/Rite of Summoning〉によって敵対的な状態で召喚される。
詳しくは〈悪魔との契約/Imp Magic〉を参照。
ホブゴブリン
Hobgoblin
森にスポーンする小さいモブ。近くの村人を襲う習性を持つ。
紐で繋ぐとしもべとしてこき使う事ができる。
しもべとなったホブゴブリンは、ドロップアイテムを見つけると拾い上げ近くのチェストへとしまう。
また、繋がれたホブゴブリンにつるはしを渡す(Qキーで投げる)と周囲の採掘を自動で行うようになる。
採掘は自身の立っている高さで行うが、掘るブロックが見つからない時は足下を掘り、どんどん下へと掘り進める。
採掘可能なブロックは石、土の類であり、また自身より上にあるブロックは採掘しない。
採掘範囲はホブゴブリンの気まぐれなので、計画性を持って採掘を行うには向いていない。
またこの採掘時、非常に低い確率で〈コボルダイトの粉/Koboldite Dust〉を追加で採掘する。
このコボルダイトの粉はホブゴブリンの採掘でしか手に入らない貴重なアイテムである。
繋がれていないホブゴブリンは村人と同様に取引が可能。主に手間賃を貰いコボルダイトの精錬を行う。
霊魂
Spirit
〈精神の世界/Spirit World〉にのみスポーンする金色の球形のモブ。
倒すと服従させることができ、アイテム〈服従した霊魂/Subdued Spirit〉としてドロップする。
〈服従した霊魂〉を右クリックで使用すると、〈霊魂〉を再び呼び出すことができる。
〈服従した霊魂〉は〈精神の世界〉から現実世界へと持ち帰ることが可能であり、現実世界で〈霊魂〉を解き放てる。
ナイトメア
Nightmare
悪夢の状態の〈精神の世界/Spirit World〉で遭遇することのある、悪夢の具現化したモンスター。
非常に素早く強力であり、倒すのに苦労するが、死んでから30秒経過するとリスポーンする。
最も良い対抗手段は"逃走"であり、むしろ彼らと遭わない方策を考えるべきである。
プレイヤーが攻撃を受けると防具が外され、その場にドロップする。
倒すと〈甘美な空腹/Mellifluous Hunger〉をドロップする。
魔女狩人
Witch Hunter
黒魔術を行使する魔女を駆逐する組織に所属する魔女狩人。
強力な対魔術武装、クロスボウによる遠隔攻撃、状態異常の無効化などが施されている。
プレイヤーが呪い人形や呪いの儀式を使用するとそれを感知し、暫く後に出現しその術者を襲撃する。
また吸血鬼のプレイヤーが村人に危害を加え過ぎた場合、村人によって〈吸血鬼ハンター〉として呼び寄せられることもある。
彼らの用いる対魔兵装は炎上効果のあるボルトを含むので、吸血鬼をも充分に殺しうる。
村の護衛
Village Guard
防具と弓矢で武装した村人。
村に生成される〈防衛施設/Town Keeps〉にスポーンする。
村人に危害を加えるモンスターやプレイヤーを攻撃する。
村で信望度の高いプレイヤーは、革防具を村人に渡すことで護衛へと転職させられるようになる。
ただし何度かは拒否される可能性が高いので、何度も頼まなければならない。
取引を進めている村人ほど拒否率が高い。
また一度護衛になった村人は元の村人に戻すことはできない。
村人(人狼)
Villager(Werewolf)
画像を追加してください 普段は村人だが、満月の夜には人狼になり村人やプレイヤーを襲う。
狼憑きによる各種ダメージへの耐性があり、通常の攻撃手段を以っての討伐は困難。
また、人狼に襲われたものは人狼になる〈狼憑き/Lycanthropy〉の呪いを極稀に受けてしまう。
吸血鬼
Vampire
画像を追加してください 自然にはスポーンせず、特別な手順を踏んで村人を吸血鬼化させることで生み出す。
概ねプレイヤーの吸血鬼と同じ特性を持つ。そのため、特定の手段を用いないと倒すことができない。
日中は自分の〈棺桶/Coffin〉の近くに潜み、夜間は空腹を満たそうと村人の血を吸って歩く。
LV.10の吸血鬼プレイヤーは彼らが〈血のるつぼ/Blood Crucible〉に集めた血を使って上位の能力を使用する。
ヘルハウンド
hellhound
画像を追加してください ネザーに生息する狼型のモブ。
通常群れで行動しており、近づかない限りは襲われない。また、襲われると発火してしまう。
倒すと稀に〈犬の舌/Tongue of Dog〉、また極稀に〈ヘルハウンドの頭/Hellhound Head〉をドロップする。
ゾンビ村人を村人へ戻すのと同様の方法で通常の狼に戻すことが可能。
使い魔
フクロウ
Owl
自然にはスポーンせず、生物を変異させることで生み出す。
生の豚肉か牛肉で飼い馴らせる。また生の豚肉か牛肉で交配させられる。
右クリックで待機させられる。染料を使用して色を変えられる。
生の豚肉や牛肉を与えると体力をハート2個分回復する。
飼い慣らしたフクロウは〈結合の儀式/Rite of Binding〉で使い魔にできる。
倒すと羽根や、稀に〈ミミズクの翼/Owlet's Wing〉をドロップする。
飼いならされたフクロウはアイテムの配達ができる。
アイテムを渡し、結び付けられた〈道の石/Waystone〉を使用すると(消費されない)、
〈道の石/Waystone〉で指定した座標/生物へと飛んでいき、アイテムを配達する。
スプラッシュポーションの場合、配達の代わりに投擲する。
ヒキガエル
Toad
自然にはスポーンせず、生物を変異させることで生み出す。
腐った肉で飼い馴らしや交配ができ、また体力をハート2個分回復する。
右クリックで待機させられる。染料を使用して色を変えられる。
飼い慣らしたヒキガエルは〈結合の儀式/Rite of Binding〉で使い魔にできる。
倒すとスライムボールや、稀に〈カエルの足/Toe of Frog〉をドロップする。
幽体の使い魔
Spectral Familiar
〈召喚の儀式/Rite of Summoning〉によって召喚される使い魔。
非常に耐久性が高く、死ぬと〈幽体の粉/Spectral Dust〉をドロップする。
召喚された使い魔は召喚者を追従し、また右クリックでその場に待機さられる。
また、金属インゴットや石炭、レッドストーン、ラピスラズリ、エメラルド、ダイヤモンドを与えると、
その匂いを嗅いで与えられた物と同じ鉱石を探そうとする。発見するとその場に座り込み、鳴く。
鉱石は使い魔が座った場所から下方向のどこかにある。
使い魔は探している鉱石に応じて色が変わる。
この探知能力は何度でも使用可能だが、そのたびに素材アイテムが要求され、
また何度も使うと使い魔が消え去ってしまう。より価値の高いアイテムを探知させる程、消える確率は高くなる。
霊的存在
亡霊
Spectre
半透明のモンスター。〈篝/Brazier〉を使って召喚する。
防具貫通の最大HP割合ダメージの攻撃を行う。
〈暴露の秘薬/Brew of Revealing〉を使用することではっきりと視認できるようになる。
倒すと〈幽体の粉/Spectral Dust〉を0~1個ドロップする。
バンシー
Banshee
半透明のモンスター。〈篝/Brazier〉を使って召喚する。
叫び声をあげ、その声を聞いたものにダメージを与える。
倒すと〈幽体の粉/Spectral Dust〉を0~1個ドロップする。
ポルターガイスト
Poltergeist
透明のモブ。〈篝/Brazier〉を使って召喚する。
〈亡霊〉や〈バンシー〉召喚の際に呼び出されることもある。
他の霊的モブと異なり完全に透明であり、〈暴露の秘薬/Brew of Revealing〉を用いないと視認できない。
友好モブであり、攻撃しても敵対しない。
ただしいたずら好きであり、落ちているアイテムを転がしたりする。
ボス
有角の狩人
Horned Huntsman
ボス格のモンスターで、自然にはスポーンせず、プレイヤーが召喚する。
〈血みどろの枝束〉で〈ウィッカーマン/Wickerman〉を組み上げ、それに火を放つことで召喚できる。
ウィッカーマンの構造は、自然生成される〈藁人形/Strawman〉の構造を参考にすると良い。
非常に強力であり、充分な準備をして戦闘に臨みたい。
倒すとウィザースケルトンの頭蓋骨2~3個、ランダムなエンチャントの本1冊、〈悪魔の血/Demon Blood〉1つをドロップする。
バーバ・ヤーガ
Baba Yaga
ボス格のモンスターで、浮遊する臼に乗り、すりこぎ棒を手にした魔女。森の深奥に棲む。
体力はハート250個分あり、ウィッチ同様にポーションを用いて攻撃してくる。
バーバ・ヤーガは未来を覗きこむ者に対して興味を持つと言われ、
〈水晶玉/Crystal Ball〉の予言を成就させ続けることでスポーンさせられる。
様々な効果のポーションを投げで攻撃し、また〈棘の鎧〉エンチャントに相当するダメージ反射属性も持つ。
倒すと稀にその帽子をドロップする。
死神
Death
――死を覗きこもうとするな、彼もまたこちらを見ている!
非常に強力なボスモンスター。〈呪物/Fetish〉を用いて召喚する。
ハート500個分の体力を誇り、自然回復能力、大ダメージをハート8個分まで軽減する能力も持つ。
エンダーマンのようなテレポート能力でプレイヤーを翻弄する。
倒すと一定確率で死神の防具や〈死神の手/Hand of Death〉〈ビンキーの頭骨/Binky's Skull〉をドロップする。
苦悶の王
Lord of Torment
非常に強力なボスモンスター。HPはハート250個分で飛行可能。
あらゆるダメージをハート2個半にまで軽減する防御能力を持つ。
体力が半分を切ると別次元〈苦悶の世界/Torment〉へと飛ばされる。
召喚するには、何らかの次元の力を〈注入/Infusion〉して、
〈ストーン・サークル/Stone Circle〉の中央で〈苦悶の巻/Torment Scroll〉を右クリック長押しし続ければいい。
成功すればストーン・サークルが吹き飛ぶくらいの大爆発と共に〈苦悶の王〉が召喚される。
倒すと〈苦悶の悪魔の魂/Soul of Torment Demon〉をドロップする。
モグ/Mog
グルグ/Glug
モグとグルグはホブゴブリンたちにとって信仰の対象たる神のような存在である。
〈ホブゴブリンの後援者の像〉を使ってその信仰を掠め取る魔女に対し、〈化身/Avatar〉を送り込んで来る。
噂によると、ネザースターを使用することで、彼らを挑発することができると言われている。
化身は2体同時に召喚され、両者とも体力はハート200個分もある。
あらゆるダメージをハート5個分程度にまで軽減する能力と自動回復能力を有する。
男神グルグが近接戦闘を行い、女神モグが後方から弓矢で援護する。
モグとグルグを互いに近づけておくことは危険である。
倒すと〈コボルダイト/Koboldite〉の粉/ナゲット、エンチャント付きチェインメイルおよび
強力なアーティファクト〈グルグの腰帯/Glug's Gurdle〉と〈モグの矢筒/Mog's Quiver〉をドロップする。
レオナールの影
Shade of Leonard
画像を追加してください とあるカヴンの幹部クラスとの取引や集会そのものを取り仕切るとされる悪魔のような存在。
「サバトの牡山羊」の異名を持ちバフォメットとも同一視される。
レオナールはフランス語読みであり英語読みでレオナルドとも。
〈魔女の醸造/Witches' Brew〉において、その召喚方法が示されているが容易ではない。
〈魔女の大釜/Witches' Cauldron〉による儀式の有効距離を大幅に引き上げてくれるが、同時に儀式の副作用も発生しやすくなる。
一度呼び出されると、"強制的に排除"しない限り居座り続ける。当然、それは容易なことではない。
倒すと〈レオナールの骨壺/Leonard's Urn〉を得ることが出来る。
リリス
Lilith
画像を追加してください 〈不死者の観察記/Observation of an Immortal〉の記述に従って召喚する。
召喚時は普通の女性モブのような姿をしているが、彼女の指示に従いネザーのマグマに連れて行くことで巨大な戦闘形態に変貌する。
ガストに似た着火性の魔法弾や、状態異常を引き起こす魔法弾で攻撃してくる。
行動パターンは単純だが非常に強力な自己再生能力を有しているため、半端な攻撃ではHPを全く削れない。
倒しても即座に体力を全回復するが、大きさが一回り小さくなり、友好的になる。
友好的になった〈リリス〉に特定のアイテムを渡すことで何らかの'恩恵'を得る事ができる。

◆使い魔/Familiar
飼い慣らされた猫、フクロウ、ヒキガエルは〈結合の儀式/Rite of Binding〉によって主と結びつけることで使い魔にできる。
使い魔は普通のものよりも高い体力を持つ。
イヌのように右クリックで待機状態にできる。
プレイヤーへのダメージの1%は使い魔が替わりに受ける。使い魔が近くにいると割合は最大10%まで上がる。
使い魔が死ぬと、主であるプレイヤーも死ぬ。
使い魔は、主であるプレイヤーがログインしていない限り死ぬことはない。
待機状態の使い魔を、手に何も持たずに右クリックすることで使い魔に暇を与えられる。
また使い魔自身もしくは主が死んだ時も自動的に解雇される。
死んだ、あるいは解雇した使い魔は、〈召喚の儀式/Rite of Summoning〉で再び呼び戻せる。

使い魔の種類によって特別な効果が得られることがある。
フクロウの使い魔は箒に乗っている時に対地攻撃し、また箒の操作性を向上させる。
ヒキガエルの使い魔は、調薬の過程でボーナスが5%得られ、また投擲効果も増幅される。
猫の使い魔は魔法円による呪いの効果を増幅する。範囲への呪いはその効果時間が長くなり効果が増幅される。
〈繁殖の儀式/Rite of Fertility〉ではプレイヤーに体力/腹具合回復の効果が得られる。

◆魔女の試練
村や東屋には〈カヴンの魔女/Coven Witch〉が棲んでいる事がある。
カヴン(魔女の集会)への参加を望む入門者は、彼らの試練を受けることになるだろう。
入門すらできていない未熟者は試練を受けるまでもなく相手にすらされない。
少なくとも使い魔を従えるレベルに達して始めて試練を受けるに足ると認められるだろう。
試練の内容は1度しか述べられない。心して聞こう。
試練は基本的には要求されたアイテムを持ってくることである。
+ 試練の内容(ネタバレ)
試練をクリアすれば、その魔女はプレイヤーのカヴンに参加する。
〈観察者の石/Seer Stone〉を使用することで、カヴンの魔女を呼び出すことができる。
魔法円の儀式には1人ではできないものもあり、複数人での儀式にカヴンの魔女の手を借りることになるだろう。

◆悪魔との契約/Imp Magic
〈火のインプ/Flame Imp〉と契約し、火に関連する呪いをかける魔法。

インプと取引するにはまず契約する必要がある。
契約を結ぶには、自分の血でサインした〈悪魔の契約書/Demonic Contract〉を渡す必要がある、
〈悪魔の契約書〉と自分に関連付けた〈毛玉キット/Taglock Kit〉をクラフトすることでサインができる。
また契約時には25レベル程度の経験値レベルも必要とされる。
経験値を溜めてこれを右クリックで渡すと、そのインプと契約したことになる。
契約したインプはその場に結び付けられ、周辺を徘徊するようになる。
同時に友好的になり、契約主に歯向かう者に攻撃するようになる。

契約したインプに何らかのアクションをしてもらうには好感度を上げる必要がある。
宝石など〈輝くもの/Shinies〉を右クリックで与えることで好感度を上げることができる。
+ 〈輝くもの〉と好感度上昇
好感度が20以上ある時に、各種の契約書を右クリック使用することでインプの呪いを対象にかけることができる。
また好感度が20以上ある時に更に供物を与えると特殊なアイテムが貰える事がある(好感度30以上で確実)。
ただし、一度アイテムを貰うと、一定時間待たなければ次のアイテムがもらえない。
貰えるアイテムの順番は固定であり、以下のとおりである。
  1. 〈飢餓の悪魔の魂/Soul of Hunger Demon〉
  2. 〈恐怖の悪魔の魂/Soul of Fear Demon〉
  3. 〈煩悶の悪魔の魂/Soul of Anguish Demon〉
  4. 〈苦悶の巻物/Torment Scroll〉
  5. これ以降は以下のどれか
    • コウモリの毛
    • 犬の舌
    • 蛙の足
    • ミミズクの翼
    • エントの小枝
    • 悪魔の血
    • クリーパーの心臓
いずれの場合も、好感度はリセットされ0に戻る(契約はそのまま)。

インプに魔法を使ってもらうには、専用の契約書を新たに渡す必要がある。
各種魔法の契約書は、基本の契約書と各種定められた素材をクラフトすることで作り出せる。
作成後、インプに渡す前に毛玉キットとクラフトして対象と結びつけなければならない。
魔法 素材 効果
火の接触
Fiery Touch
ブレイズロッド
オキビゴケ
対象が何らかのアクションを起こすたびにランダムに発火する呪いをかける。
溶解の接触
Melting Touch
溶岩バケツ 対象が回収するブロックは自動的に精錬される(同時に攻撃倍加の可能性有り)
生ける炎
Living Flame
ブレイズロッド
復活の暗示
対象の周囲にブレイズを召喚する。
蒸発
Evaporation
ブレイズロッド
マグマクリーム
対象の周囲の水源が干上がる呪いをかける。
火耐性
Fiery Tolerance
ブレイズパウダー 対象に火や熱への長時間の耐性を与える。

また〈悪魔の心臓/Demon Heart〉を右クリックで与えるとインプは30分の間、肉体的に強化される。
ただし強化されている間、インプは魔法を使うことができない。
〈氷のトゲ/Icy Needle〉を使うことでインプを通常サイズに戻すことができる。

◆水晶玉の未来予知
〈水晶玉/Crystal Ball〉に祭壇の魔力を送り、特定アイテム以外で右クリックすると近い未来の姿を見ることができる。
予言は時間経過で自動的に成就するものもあれば、プレイヤーが特定の行動をとらないと成就されないものもある。
水晶玉の予言を成就させ続けると〈バーバ・ヤーガ/Baba Yaga〉が敵対視し、プレイヤーの討伐に現れる。
いずれにせよ予言の成就にはある程度の時間を要するものが多いため、何かのついでに進めておくといい。
+ 水晶玉の予言、ネタバレ

◆狼憑き/Lycanthropy
〈狼の呪い/Curse of the Wolf〉を受けたり、他の〈狼男/Werewolf〉から感染させられたりすることで〈狼憑き/Lycanthropy〉となる。
〈狼憑き〉にはデメリットも多い一方でメリットも少なくない。
〈狼憑き〉を解除するには〈解呪の儀式/Rite of Remove Curse〉を行う。

〈狼男〉は3つの姿を持つ。
1つは通常のプレイヤーの姿、1つは狼と人の中間である人狼の姿、もう1つは完全なる狼の姿である。
満月の夜になると強制的に狼の姿になってしまう。
狼男レベルを2に上げた時に貰える〈月のお守り/Moon Charm〉を使用することで任意に姿を変えられるようになる。
最初は人狼の姿になることはできず、狼男レベルを5まで上げて初めて人狼化することができるようになる。

狼/狼男状態共通の特徴
  • 防具が装備できない
  • 移動速度やジャンプ力が増加
  • 1ブロック分の段差をジャンプせずに登れるようになる
  • 暗視能力
  • 毒や感染症への耐性
  • 物理および魔法ダメージへの耐性
  • 銀の攻撃に弱くなる

狼状態の特徴
  • 背が低く、1ブロック分の隙間に潜り込める
  • 狼男よりも移動速度が早く、ジャンプ力が低い

狼男状態の特徴
  • 背が高くなる
  • 狼よりも移動速度が遅く、ジャンプ力が高い
  • アイテムを持てない(落としてしまう)
  • 攻撃力の大幅な強化
  • 体力の大幅な強化

◆狼男クエスト
〈狼男〉となったプレイヤーは〈狼の祭壇/Wolf Altar〉から下されるクエストをクリアしていくことで
〈狼男レベル〉を上げ、新たなる能力を開放していくことができる。
LV 能力 クエスト
1 満月の夜の間だけ強制的に狼の姿に変えられる。 --
2 〈月のお守り/Moon Charm〉で任意に変身できるようになる。
狼/狼男状態で羊を殺すと〈生の羊肉/Row Lambchop〉をドロップする。
3 INGOTS OF GOLD, GIVE THEM TO ME!
インゴット3つ分の金、それを我に捧げよ!
3 狼状態のとき、土や砂ブロックをワンクリックで破壊できるようになる。
その際稀に骨をドロップする。
STRENGTHEN YOUR CLAWS, REND THE FLESH FROM 30 OF THE WEAKEST OF PREY, PLACE THEIR MUTTON BEFORE ME!
爪を研ぎ、30の弱き獲物より肉を剥ぎ取り、羊たちの肉を我が前に捧げよ!
4 狼/狼男状態でモブを倒した際に空腹度を回復するようになる。 THE FANGS OF THE ALPHA MUST BE HONED, RIP THE THROAT FROM 10 LESSER WOLVES AND BRING ME THEIR TONGUES!
主の牙は研がれねばならぬ、弱き10の狼の喉笛を掻き切りてその舌を我に捧げよ!
5 〈月のお守り〉をスニーク使用することで人狼の形態をとれるようになる THE WOLF AND THE MAN MUST BECOME ONE, SLAY THE HORNED LORD OF THE WILD HUNT! CALL HIM FORTH WITH THIS HORN AND LAND THE KILLING BLOW!
狼と人は一つになるべし、野狩りの有角王を弑せよ!この角笛を用いて彼奴を眼前に呼び出し、必殺の一撃を見舞え!
6 狼/狼男状態でのダッシュ攻撃にダメージボーナスがつく。 BUILD POWERFUL MUSCLES TO SMASH YOUR PREY, LEAP AT 10 MONSTERS, AND FROM THE AIR SLAY!
獲物を狩る筋肉を鍛え、10の妖魔を跳び、空よりの死を与えよ!
7 狼男状態でスニーク右クリックすることで雄叫びが上げられるようになる。
前方のモブを一定時間動けなくする。
OTHERS MUST LEARN TO FEAR YOU, TRAVEL THE LAND AT NIGHT, IN %s PLACES LOOK TO THE SKY AND LET YOUR WOLFS VOICE BE HEARD!
他者に汝の恐ろしさを教えねばならぬ、夜に野を駆り、16の地にて汝が狼の声を天空へ轟かせよ!
8 狼状態でスニーク右クリックすることで分身の狼を呼び出す。
分身は時間経過で消える。
MASTER THE PACK! AS A WOLF, FIND AND BEND 6 WOLVES TO YOUR WILL!
群れを御せよ!狼として、6匹の狼を汝が意思に屈服させよ!
9 狼男状態で攻撃した時に敵の防具を剥ぎ取る能力を得る。 CLAWS AS KNIVES, AS WOLFMAN YOU MUST HUNT, SLAY 30 OF THE PIGS THAT IN THE NETHER GRUNT!
刃の如き鉤爪で、人狼として狩るべし、地獄で呻く30の豚を屠れ!
10 狼/狼男状態で致命的ダメージを与えた時、〈狼憑き〉を感染させる。。 TAKE THE LIFE OF ANOTHER, FROM VILLAGE OR FRIEND, THEN YOU'LL BE GRANTED THE FAVOUR, MY BLESSING TO SPREAD!
村か汝が友より、他者の命を奪え、されば汝は永久に認められ、我が祝福を広めるのだ!

◆吸血病/Vampirism
〈不死者の観察記/Observation of an Immortal〉から示唆される手段を再現することでプレイヤーは吸血鬼になることができる。
吸血鬼には強力な能力が付与される一方、よく知られているように様々な致命的弱点も併せ持つ。
吸血鬼化する前に、そのメリットとデメリットを天秤にかけてから行いたい。

◆吸血鬼の特徴
吸血鬼化することで不死なる存在へと近づくので、殆どの死に対して耐性を持つ。
落下やサボテン、TNTなどほとんどの種類のダメージでは死なず、一部を除くモンスターの攻撃でも死なない。
例外として同じ吸血鬼や狼男、ボスなどの攻撃では死に至る。
またモンスターの攻撃によるダメージ自体は無効にできず、「ハート半分で耐える」だけであるため、
ダメージを蓄積した状態で火などを受けると簡単に死に得る。

一方でよく知られているように日光に弱く、陽を浴びると即死するという致命的な弱点を持つ。
このため、リスポーン地点には特に気を使わなければならない。
日中に陽の光で死ぬとリスポーンしても日光で再び死ぬループに陥ってしまう。
ただし救済策として、リルポーン時には数秒間の日光への耐性を得られるので、その間に日陰に逃げ込むといい。
また、吸血鬼プレイヤーの死亡時にばら撒いたアイテムがデスポーンするまでの時間は通常より長い12分に設定されている。
この時間はコンフィグファイルで設定できる。
吸血鬼を死に至らしめる数少ない手段のもう一つは「火」である。
吸血鬼になったプレイヤーは〈火耐性〉を得られなくなるため、ポーションなどで弱点をカバーできない。

また吸血鬼は尋常の食糧によっては空腹を満たせなくなる。
その代わりに吸血鬼は血を吸うことで空腹を満たすことになる。
吸血鬼になると画面左端に吸引した血液量を示すゲージが表示されるようになる。
この血液ゲージがに血液が蓄えられている限り、血液を微量消費しつつ満腹度を自動的に回復し続ける。
血液ゲージと空腹ゲージの両方が空になると弱体化と移動速度低下の強烈なデバフがかかる。
また一部の特殊能力はここに蓄積された血液を消費して発動する。
吸血鬼レベルを上げると最大血液量も増えていく。
動物などからも吸血は可能だが、村人(あるいは〈村の護衛〉)以外からの吸血ではほとんど渇きを潤せない。
村人が眠っている間(あるいは【金縛り】させている間)はダメージを与えず=村の信望度を下げずに吸血できる。
ただしその村人の持つ最大血液の半分以上を吸血すると村人にダメージを与え村の信望度を下げてしまう。
信望度が下がると〈吸血鬼ハンター〉を呼ばれてしまうので、節度を守って吸血したい。
村人、あるいは〈村の護衛〉は一人あたり500の血液を持っているため、
その半分の250弱まで吸血すると血液ゲージ1個分弱に相当する血液が吸えることになる。

また〈死のお守り人形/Death Protection Poppet〉と〈吸血人形/Vampiric Poppet〉の加護を受けられない。

◆吸血鬼になるには
吸血鬼になるにはまず〈不死者の観察記/Observation of an Immortal〉を見つけなければならない。
この本は吸血鬼の家に泊まった客の手記であり、吸血鬼に関する示唆が多く含まれている。
廃坑チェストなどで見つかるが、〈村の本屋/Village Bookshop〉で見つかる確率が高い。
どうしても見つからない場合は、コストが非常に高いがクラフトで作ることもできる。
こうして手に入る〈不死者の観察記〉は最初の段階ではページが欠落している。
そのため、これに加えて〈破れたページ/Torn Page〉を探す必要がある。
ただし吸血鬼になるには全てのページを集める必要はなく、吸血鬼クエストを進めながら集めれば良い。
〈不死者の観察記〉の最初数ページに書かれている"儀式"を行うことで吸血鬼になることができる。
+ ネタバレ
マルチプレイヤーの場合、吸血鬼になる手段がもう一つ存在する。
吸血鬼レベルが9以上になったプレイヤーは〈ガラスのゴブレット〉に自らの血を満たすことができるようになる。
この血で満ちた〈ガラスのゴブレット〉を渡してもらい、それを飲用することで吸血鬼化が可能。

逆に吸血鬼化を解除するには〈解呪の儀式/Rite of Remove Curse〉を行う。
また〈リリス〉に〈ニンニク/Garlic〉を渡すことでも吸血鬼化を解除できる。

◆吸血鬼レベル
吸血鬼には1~10のレベルが存在し、吸血鬼レベルを上げることで様々な特殊能力が開放される。
吸血鬼レベルを上げる方法はレベルによって異なり、〈不死者の観察記〉にその方法が示唆されている。
LV 最大血液 能力 クエスト
1 750 【吸血】気付かれずに対象から血液を吸う。50%以上の血液を吸うと気づかれてしまう。 --
【血液感知】生物を見ると、その生物が持つ血液量が分かる。
2 1,000 【金縛り】対象を、ダメージを受けるまで動けなくする。
【暗視】スニーク状態で【金縛り】能力を使うことで暗視能力を切り替えられる。
3 1,250 【ノックバック】通常攻撃にノックバック効果が乗る。
4 1,500 【俊敏】移動速度や跳躍能力を向上させる。LVの上昇に伴い最大5回まで重ねがけ可能。発動に血液消費。
5 1,750 【日光耐性】血液を消費して日光を耐える。最大のゲージ10個分で約100秒耐えられる。
6 2,000 【石砕き】つるはしなど石用のツールを用いてスニーク状態で石を打つとワンクリックで破壊できる。
7 2,250 【蝙蝠変化】コウモリの群れへと姿を変える。起動と維持に血液を消費。
8 2,500 【魅了】【金縛り】で縛った村人や〈村の護衛/Village Guard〉をプレイヤーに追従させる。
9 3,250 【吸血鬼感染】〈ガラスのゴブレット〉に自らの血を注ぎ、他のプレイヤーや村人を吸血鬼に変えられる。詳細は次項を参照。
10 3,500 【血の力】自分の使徒たる吸血鬼に〈血のるつぼ〉へ血を集めさせ、それを使って3つの力を発動する。詳細は次項を参照。
【ゾンビの敬意】ゾンビに攻撃されなくなる。
吸血鬼の能力を得ると画面下部のアイテムホットバーの左に吸血鬼の力を示すアイコンが表示される。
マウスホイールでこれらを選択し、右クリックすることでその能力を発動できる。

◆使徒を作る
LV.9以上になった吸血鬼は村人に血を分けて吸血鬼化させ、自らの使徒として使役できる。
  1. 〈ガラスのゴブレット/Glass Goblet〉をホールド右クリックして自分の血を注ぐ。(血液ゲージ0.5個分必要)
  2. 対象の村人から血液を吸い尽くす
  3. 対象の村人を【魅了】する
  4. 対象の村人の近くに〈棺桶/Coffin〉を設置する
  5. 対象の村人に自らの血を注いだ〈ガラスのゴブレット〉を右クリックする
以上のステップを踏むことで村人を吸血鬼へと変えられる。
吸血鬼となった村人はプレイヤー吸血鬼とほぼ同様の特性を得る。

こうして使徒化した村人の棺桶の近くに〈血のるつぼ/Blood Crucible〉を置くことで、使徒に血を集めさせられる。
〈血のるつぼ〉に集めた血液はLV.10の能力を使うために要求される。
血の満たされた〈血のるつぼ〉を特定のアイテムで右クリックすることで5番目の力に以下のいずれか一つをチャージする。
アイテム 効果
嵐の招来 ミズアザミ 雷雨を呼び起こす。雨天ならば昼でも外出できる。
瞬間移動 リスポーン地点へと瞬間移動する。
リスポーン地点近くなら、最も近くの村に瞬間移動する。
蝙蝠の召喚 コウモリの毛 コウモリの群れを召喚する。召喚されたコウモリはプレイヤーの見たモブに襲いかかる。
力は5回分チャージされ、使い切るともう一度〈血のるつぼ〉を使ってチャージしなければならない。

◆吸血鬼ハンター
血を吸い過ぎるなど、村人に危害を与え続けると村人たちは〈吸血鬼ハンター/Vampire Hunter〉を呼び寄せる。
特に使徒を作る際に血を吸い尽くす必要があるため、〈吸血鬼ハンター〉を呼ばれやすい。
一度〈吸血鬼ハンター〉を呼ばれると、そのプレイヤーが吸血鬼ではなくなるまで常に付け狙われるハメになる。

◆狼男との混血種
本流ではないが、Witcheryでは吸血鬼と狼男に同時になることができる。
その場合、両者の利点と欠点を同時に併せ持つことになる。
また混血種の場合、血液ゲージの最大値が純血の吸血鬼よりも少なくなってしまう。
サーバー側のコンフィグで混血種になることを禁止できる。

追加構造物一覧

◆ストーンサークル/Stone Circle
丸石や石レンガで構成された構造物。
ストーンサークル
中央の石レンガの下にウィッチのスポーンブロックが2つ隠されている。
〈苦悶の王/Lord of Torment〉の召喚の儀式を行う場所。

◆藁人形/Strawman
巨大なペイガンの偶像。足下にゾンビかスケルトンのスポーンブロックが埋まっている。
藁人形
〈有角の狩人/Horned Huntsman〉を召喚するための構造物〈ウィッカーマン/Wickerman〉と同じ構造をしているが、
素材が異なるので〈有角の狩人〉の召喚はできない。

◆あばら屋/Abandoned Shack
打ち捨てられた庵であり、チェストがあるが内容には期待できない。
あばら屋
〈カヴンの魔女/Coven Witch〉が棲んでいることもある。

◆ホブゴブリンの小屋/Hobgoblin Hut
森に生成されるホブゴブリンの住居。
ホブゴブリンの小屋
必ず〈ホブゴブリン/Hobgoblin〉が一体は棲んでいる。

◆村の拡張
村に複数の施設が追加される。
  • 村の薬屋/Apothecary
  • 村の本屋/Bookshop
  • 魔女の小屋/Witch Hut
  • 防衛施設/Town Keeps
  • 見張り塔/Watchtower
  • 街の外壁/Town Wall
〈村の薬屋/Apothecary〉にはチェストがあるが、中身には期待できない。
「Apothecary」の看板があるのですぐに識別できる。
村の薬屋 村の本屋 魔女の小屋
〈魔女の小屋/Witch Hut〉は〈カヴンの魔女/Coven Witch〉が棲む小屋。
〈村の本屋/Bookshop〉は本・書物関連のアイテムが額に飾られていたりチェストに収められていたりする施設。
他MODで追加される説明書系のアイテムも手に入る。
特に〈不死者の観察記/Observations of an Immortal〉や〈破れたページ/Torn Page〉を入手しやすい。
防衛施設 見張り塔
〈防衛施設/Town Keeps〉は〈村の護衛〉たちの詰め所。
一番高い塔の屋根裏にはチェストが隠されている。
〈見張り塔/Watchtower〉は大きな塔で、〈村の護衛〉が守っている。
〈街の外壁/Town Wall〉は街の外周をぐるっと囲う石壁。
これの存在によって村がゾンビなどの外敵によって滅ぼされにくくなる。

また専用の取引を行う村人が追加される。

また村自体が拡張され、より大きく、より多くのバイオームに生成されるようになる。
特に氷雪系バイオームには"雪の村"が生成されるようになる。
また村人が夜間、屋内で睡眠を取って体力などのステータスを回復するようになる。
吸血鬼はこの眠っている村人から血を吸うのが常道になる。

追加ディメンション

◆精神の世界/Spirit World
人々がしばしば夢として迷いこむ、地上世界と非常によく似た構造をした追加ディメンション。
地上世界と全く同じ地形をしているが、プレイヤーが設置した建物などは反映されず、初期生成時の地形をしている。
精神の世界/Spirit World
あくまで現実世界と精神の世界は別の世界であるため、片方への地形破壊がもう片方へ反映されるようなことはない。
〈小さなワタ/Wispy Cotton〉〈不穏なワタ/Disturbed Cotton〉〈甘美な空腹/Mellifluous Hunger〉の唯一の入手場所である。
また〈精神流体の秘薬/Brew of Flowing Spirit〉が唯一醸造できる場所でもある。
この世界では2つの注意点がある。
1つは、この世界では魔法円の儀式が発動しないという点。もう一つは、エンダーマンはこの世界に訪れられないという点である。

〈眠りの秘薬/Brew of Sleeping〉を飲むことで、精神世界を訪れることができる。
"夢"として精神の世界を訪問するので、肉体は地上世界にそのまま残り、プレイヤーは霊体となって精神の世界を訪れる事になる。
地上世界には無防備な肉体がそのまま残されることになるので、何らかの防護策を講じておきたい。
〈眠りのリンゴ/Apple of Sleeping〉を食べることでも〈精神の世界〉へ訪れる事ができるが、それは常に"悪夢"状態となる。

〈精神の世界/Spirit World〉を訪れると、そこは通常の"夢"か"悪夢"かのいずれかの状態になっている。
良き夢の場合、精神の世界は常に昼であり、悪夢の場合は精神の世界は常に夜になる。
"悪夢"状態の精神の世界
"悪夢"を訪れた滞在者は、実体を持った悪夢〈ナイトメア/Nightmare〉と遭遇するだろう。
〈ナイトメア〉は非常に強力なモンスターであり、倒しても倒しても復活するので、悪夢の世界では探索どころではなくなる。
悪夢の確率は、〈悪夢のドリームウィーバー〉を"眠る"場所の近くに置くことで下げることができる。
〈精神流体〉の水たまりや〈小さなワタ〉にも同様の効果がある。
また〈悪魔の心臓/Demon Heart〉〈精神流体〉〈悪夢のドリームウィーバー〉が揃っていると〈悪魔的悪夢/Demonic Nightmare〉になり、
火の雨が降り注ぎ〈デーモン〉がスポーンする。

現実世界と精神の世界とではインベントリが別で扱われ、現実世界のアイテムを精神の世界に持ち込むことはできないし、
逆に精神の世界のアイテムを持ち帰ることもできない。
ただし、一部のアイテムは持ち込み/持ち帰りが可能となっている。

現実世界から精神の世界へ持ち込めるアイテム
  • 〈氷のトゲ/Ice Needle〉
  • 〈呪物/Fetish〉※
    ※一度精神の世界へ行った後、現実世界に顕現して拾い、再び精神の世界へ戻る必要がある。

精神の世界から現実世界へ持ち帰れるアイテム
  • 〈小さなワタ/Wispy Cotton〉
  • 〈不穏なワタ/Disturbed Cotten〉
  • 〈甘美な空腹Mellifluous Hunger〉
  • 〈精神流体の秘薬/Brew of Flowing Spirit〉
  • 〈服従した霊魂/Subdued Spirit〉

精神の世界から戻ってくるには、〈氷のトゲ/Icy Needle〉を自分に刺すことで即座に目覚める事ができる。
また"眠っている"間に現実世界の肉体が殺されても目が覚める。

〈精神の門/Spirit Portal〉をくぐることで、精神の世界から霊体のままで現実世界に顕現することができる。
〈精神の門〉は精神の世界でのみ構築可能で、ネザーゲートの要領で、
雪ブロックを用いて空洞が2×2のサイズの門を作り、火のかわりに〈精神流体〉を中に設置することで門が開く。
精神の門/Spirit Portal
ただし普通はその門を通って現実世界に戻ることはできず、〈顕現の儀式/Rite of Manifestation〉を行う必要がある。
〈顕現の儀式〉を行うと、一定時間の間だけ〈精神の門〉を通って現実世界に戻ることができるようになる。
ただし、精神の世界では儀式が無効化されるので、現実世界で予め行ってから精神の世界に行かなければならない。
儀式から2分半の間だけ門をくぐることができ、カヴンの協力者1人につき25秒だけ延長される。
制限時間を過ぎると強制的に現実世界から精神の世界へと戻される。
顕現の残り時間は〈観察者の石/Seer Stone〉をスニーク(Shift)+右クリックすることで確認できる。
また〈霊歩の呪物/Ghost Walking Fetish〉の近くにいると、顕現の残り時間が減らない。

◆苦悶の世界/Torment
〈苦悶の王/Lord of Torment〉の本拠地。迷路のような構造の世界。
〈苦悶の王〉の体力を半分削るとこの世界へとワープさせられる。
苦悶の世界
足場を踏み外したら落ちそうだが、見えない破壊不可の壁があるので落ちることはない。
また見えない壁のお陰で〈苦悶の王〉への遠距離攻撃も届かない。素直に迷路に挑戦しよう。
幾階層にも迷路が重なった構造をしているが、
階層ごとの間には見えない破壊不可の壁があるので他の階層へ移動することはできない。
迷路中央には〈苦悶の王〉が待ち構えている。
1階層の迷路には3つの報酬チェストが配置されている。中身は通常のダンジョンチェスト相当。
入り口の反対側にはネザーゲートにも似たゲートが設置されており、
これをくぐると通常世界のリスポーン地点へとワープする(一方通行)。

チュートリアル

簡易チャート
  1. 〈オーブン/Oven〉を作り〈煙霧/Fume〉を集める。煙霧の収集には〈粘土の瓶/Clay Jar〉が必要。
  2. 〈マンドレイク/Mandrake〉を育て、〈ミュータンディス/Mutandis〉を作る。
    1. 〈ミュータンディス〉で植物を変異させ〈サルオガセモドキ/Spanish Moss〉を入手する。
    2. 〈サルオガセモドキ〉から〈お人形さん/Poppet〉を作る。 - お守り人形の開放 -
  3. 〈ミュータンディス〉で植物を変異させ〈ナナカマド/Rowan〉を作る。
  4. 〈祭壇/Altar〉を作る。
  5. 〈蒸留器/Distillery〉を作り、〈石膏/Gypsum〉を作る。 - 蒸留の開放 -
  6. 〈石膏〉から〈儀式のチョーク/Ritual Chalk〉を作る。〈金のチョーク/Golden Chalk〉も作っておく。 - 魔法円の開放 -
  7. 〈鍋/Kettle〉を作る。 - 調薬の開放 -
  8. 〈ドリームウィーバー/Dreamweaver〉を作る。 - ドリームウィーバーの開放 -
  9. 〈屍霊術/Necromancy〉を修得する。
  10. 〈祭壇〉を〈燭台/Candelabra〉や〈満たされた杯/Filled Chalice〉で強化する。
  11. 〈魔法の箒/Enchanted Broom〉を作る。
  12. ウィッチを狩り、〈魔女の手/Witches Hand〉を入手する。
  13. 〈注入の儀式/Rite of Infusion〉で自身に次元の魔力を注入する。
  14. 〈デーモン/Demon〉を召喚する。
  15. 魔法使いの装備を作る。
  16. 〈神秘の小枝/Mystic Branch〉で杖の魔術を修得する。
  17. ボス〈有角の狩人/Horned Huntsman〉を討伐する。
  18. 〈水晶玉/Crystall Ball〉で未来を見る。
  19. 生物を変異させ〈使い魔/Familiar〉を従えさせる。 - 使い魔の開放 -
  20. 〈カヴンの魔女/Coven Witch〉の試練をクリアし、カヴンを増やす。 - 高位の魔法円の開放 -
  21. 霊的存在を呼び出し、〈呪物/Fetish〉を作る - 呪物の開放 -

Configファイルでの設定変更

MOD導入後に生成されるコンフィグファイルの中身を書き変えることで、設定を変更できる。
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意

項目 初期値 説明
block
I:XXXID ブロックID
entity
I:XXXID エンティティID
general
B:AddSmeltingForAllSaplingsToWoodAsh true 全ての苗木に〈木灰/Wood Ash〉の精錬レシピを追加するか
B:AllowBiomeModificationRituals true バイオームを書き換える〈季節の移り変わりの儀式/Rite of Shifting Seasons〉を有効化するか
B:AllowDeathItemRecoveryRite true 死亡後ロストしたアイテムを復帰する〈前世の儀式/Rite of Prior Incarnation〉を有効化するか
B:AllowGoddessStatueRecipe true 女神像のレシピを有効にするか
B:AllowHellOnEarthFires true 〈地上の地獄の儀式/Rite of Hell on Earth〉で負荷の高い炎の効果を有効化するか
B:AllowModArsMagica2 true MOD【Ars Magica 2】との連携要素を有効化するか
B:AllowModForestry true MOD【Forestry for Minecraft】との連携要素を有効化するか
B:AllowModIntegration true 他MODとの連携要素を有効化するか
B:AllowModMineFactoryReloaded true MOD【Mine Factory Reloades】との連携要素を有効化するか
B:AllowModMystcraft true MOD【Mystcraft】との連携要素を有効化するか
B:AllowModNEI true MOD【Not Enough Items】との連携要素を有効化するか
B:AllowModThaumcraft true MOD【Thaumcraft】との連携要素を有効化するか
B:AllowModTreecaptator true MOD【Treecaptator】との連携要素を有効化するか
B:AllowVoidBrambleRecipe true 設置者以外に撤去できない〈ウツロイバラ/Void Bramble〉の作成を可能にするか
I:ApothecaryVillagerID 2435 〈村の薬屋/Apothecary〉に追加される村人のID
I:BranchGlyphSet 0
I:CovenWitchSpawnWeight 2 〈カヴンの魔女/Coven Witch〉のスポーン率
B:DoubleFumeFilterChance false 〈フィルター付き煙突/Filtered Fume Funnel〉によるボーナスを倍にする
I:DreamDimentionID 9 〈精神の世界/Spirit World〉のディメンションID
B:GUIOnLeft true 諸々のゲージなどのGUIを画面左側に表示するか(falseで右側)
B:GenerateApothecaries true 追加構造物〈村の薬屋/Apothecary〉を生成する
B:GenerateCovens true 追加構造物〈ストーンサークル/Stone Circle〉を生成する
B:GenerateShacks true 追加構造物〈東屋/Abandoned Shack〉を生成する
B:GenerateWickerMen true 追加構造物〈藁人形/Strawman〉を生成する
B:GenerateWitchHuts true 追加構造物〈魔女の小屋/Witch Huts〉を生成する
D:OvenByproductChance 0.33 デフォルトの〈オーブン/Oven〉の副生成物の生成率
I:PercentageOfPlayerSleepingForBuff 100 〈ドリームキャッチャー/Dreamcatcher〉でのバフ発動率(パーセント)
B:Render3dGlintEffect true
B:RenderHuntsmanGlintEffectt true
B:RespectOtherDeathChestMods true 他のデスチェスト系MODを考慮して〈前世の儀式/Rite of Prior Incarnation〉を無効化するか
B:RestrictPoppetShelvesToVanillaAndSpiritDimentions true 〈人形棚/Poppet Shelf〉の効果をバニラとWitcheryの追加ディメンションでのみ有効化するか
S:StrawmanSpawnerRules 〈藁人形/Strawman〉に隠されたスポーンブロックの種類の設定
I:WorldGenFrequency 12 追加構造物を何チャンクに1つの割合で生成するか(上限64)
B:WorldGenInTwilightForset true MOD【Twilight Forest】の追加ディメンションにWitcheryの追加構造物を生成するか
item
I:XXXID アイテムID

他のMODとの競合情報

BlockID **~** 、ItemID **~** にアイテムを追加する他MODを入れていると競合する。
その場合はコンフィグファイルからどちらかのMOD側のIDを変えることで回避できる。
(メモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き変える)
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意

前提に使用する【Minecraft Forge】も非常に競合の原因になりやすいMODである。
また、単純な競合の他に、【Minecraft Forge】本体との互換性問題もある。詳しくは「MOD解説/MinecraftForge」のページも参照の事。

◆他MODとの提携情報
他MODで追加される花やForge辞書登録された樹木からも〈祭壇/Altar〉がパワーを持ってこれる。
またForge鉱石辞書に登録された苗木からも〈木灰/Wood Ash〉を精錬できる。
他MODで追加される犬系のモブからも〈犬の舌/Tongue of Dog〉が入手可能。
  • いわゆる「デスチェスト」系のMODが検知された場合、〈前世の儀式/Rite of Prior Incarnation〉は自動的に無効化される。
  • ArsMagica2の〈神秘の再構成器/Arcane Reconstructer〉ではチョークなどが修理できないように設定されている
  • Agriculture modとのレシピ競合を避けるため、〈焼入れ前の粘土の瓶/Soft Clay Jar〉のレシピをコンフィグで設定できる。
  • BetterStrageやBiblioCraftのArmor Standをサポート。
  • Carpenters' Blocksのベッドからもプレイヤーの毛玉を採取できる。
  • ExtraBiomesのバイオーム生成に対応し、〈精神の世界/Spirit World〉でも適正に地形生成される。
  • Mystcraftでは、Witcheryで追加される液体のページが生成されない。
  • Not Enough Itemsをサポートしており、各種独自クラフトもNEIからレシピ確認できる。
  • Thaumcraft4をサポートしており、各種アイテムには相が設定されている。
    • また〈ファイヤーバット/Fire Bat〉からも〈コウモリの毛/Wool of Bat〉を入手可能。
  • Tinkers' Constructなどで体力がハート10以上ある場合、〈樹皮のベルト/Bark Belt〉の位置が変更される。
  • Treecapitatorをサポートしており、追加樹木を一括破壊できる。
  • Wailaをサポートしている。ただし〈罠仕掛け花/Trapped Flower〉や〈ハンノキのドア/Alder Door〉は名前が偽装される。

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず 前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で 報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/Witchery

+ 上記の内容を守れる方のみご利用ください。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ