MOD解説 > ThermalExpansion3-4

現在このページは編集中です。
Thermal Expansionの最新のバージョンは4.1.2-240、Thermal Foundationの最新のバージョンは1.2.3-112、
Thermal Dynamicsの最新のバージョンは1.1.0-161、Redstone Arsenalの最新のバージョンは1.1.2-92です。

MOD名 Thermal Expansion
製作者 TeamCoFH
配布場所 http://teamcofh.com/downloads/
前提MOD 【Minecraft Forge】
【CoFHCore 3】
【Thermal Foundation】
使用BlockID 2000~2021(22個)
使用ItemID 【TE】20256~20277(22個)
【RA】20756~20763(8個)
SMP対応
srg化
関連サイト 公式サイト http://teamcofh.com/
英語Forum http://www.minecraftforum.net/topic/1773528-


目次


Thermal Expansionについて

1.5.2までのThermalExpansionが新しくリリースされたもの。
いままでとの最大の違いは、機械が「MJ」ではなく、 専用のエネルギー「RF」 (レッドストーンフラックス)を使うようになったこと。
そのため、BuildCraft等のエンジンやエネルギーパイプから受け取ったMJで機械が 動かなくなっている。RFでMJ機械を動かすことは可能。(MJ→RF機械は不可、RF→MJ機械は可)レートは10RF⇒1MJ。
動かなくなっていたが、Buildcraft6.1からBuildcraft側でRF対応・MJ廃止となったため相互利用が可能になっている。
その他にも左右のクリック代行機、大鎌などRP2の要素も少し追加されている。
1.7.10から導管類は別MODである【Thermal Dynamics】に分けられている。

更新情報

ThermalExpansion ver4.0.0.B5-13
+ バグ修正

+ 過去の更新情報

既知の不具合

Thermal Expansionの導入方法

◆シングルプレイ
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. 専用の前提MOD【CoFHCore】,【ThermalFoundation】をダウンロードし、modsフォルダにそのまま貼り付けする。
  2. 同サイトから【ThermalExpansion】.【RedstoneArsenal(任意)】をダウンロードし、 それらをmodsフォルダにそのまま貼り付けする。
  3. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。


◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+ ...

◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)
編集中です。配布サイトを見て最新情報を確認してください。
+ ...

対応環境

CoFHCore Ver3.1.2-325
  • ◆Minecraft 1.7.10
  • Minecraft Forge ~ 10.13.4.1558 ~

Thermal Expansion Ver4.1.2-240
  • ◆Minecraft 1.7.10
  • Minecraft Forge 10.13.4.1558 ~
  • CoFHCore Ver3.1.2-325
  • Thermal Foundation ver1.2.3-112

Thermal Foundation ver1.2.3-112
  • ◆Minecraft 1.7.10
  • Minecraft forge 10.13.4.1558 ~
  • CoFHCore ver3.1.2-325

RedstoneArsenal ver1.1.2-92
  • ◆Minecraft 1.7.10
  • Minecraft forge 10.13.4.1558 ~
  • CoFHCore ver3.1.2-325

+ 過去の対応環境

追加ブロック・アイテム・レシピ一覧



追加インターフェース一覧・詳細解説

別ページで解説(未作成)

Thermal Foundationについて

Thermal Expantion 4の専用前提modで、同サイトて配布されている。
各種鉱石、ブロック、インゴット、ナゲット、液体、粉末、歯車類はThermal Expantion 4ではなくこのmodで追加される。
CoFHCoreとこのmodのみでも動作するが、追加される鉱石の使い道は基本的なツール類(剣、弓、防具、ツルハシ、斧、etc…)に限られる。
フル活用するにはThermal ExpansionやDynamics、あるいはForge鉱石辞書に登録されるのでそれら鉱石を利用する他MODが必要となる。


Thermal Dynamicsについて

Thermal Expansionが4.x.xになり、導管系アイテムブロックが分離されたもの。Thermal Expansionを前提としておらず、Thermal Foundationが入っていれば単独での導入も可能。
ただし、デフォルトの状態だと一部の上位アイテムはThermal Expansion由来のアイテム(強化ガラス等)が必要となるためコンフィグの調整が必要となる。


Redstone Arsenalについて

Thermal Expansionの追加アドオンで、同サイトで配布されている。主にRFで動くツールや剣を追加する。

+ RedstoneArsenalアイテムリスト

Configファイルでの設定変更

MOD導入後に生成されるコンフィグファイルの中身を書き変えることで、設定を変更できる。
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意
これらのMODのcfgファイルは全てcofhフォルダの中に生成される。

  • CoFHCore.cfg
項目 説明
general
B:EnableUpdateNotifications=true trueであると、ワールドに入った際にチャットに非重要な更新を告知する。重要な更新はこの設定に関係なく告知される。
gui
B:EnableInformationTabs=true
B:EnableTutorialTabs=true
hud
B:EnableItemPickupModule=true trueであると、ゲーム画面右下にアイテムの取得履歴が表示される。※usernameが「Jadedcat」の場合、この設定に関係なく表示される。
tooltips
B:DisplayHoldShiftForDetail=true trueであると、インベントリなどでCoFH系MODのアイテムにカーソルを当てたとき、shift長押しでそのアイテムの詳細情報を見るように促すコメントが表示される。falseにしても、そのコメントが表示されないだけで、shift長押しでの詳細情報は表示される。
B:DisplayStackCountInInventory=false This option determines if items contained in other items are displayed as a single quantity or a stack count.
security
B:OpsCanAccessSecureBlocks=false Enable this to allow for Server Ops to access 'secure' blocks. Your players will be warned upon server connection. (Default: false)
B:OpsCanAccessSecureBlocksWarning=true Enable this to be warned about Ops having access to 'secure' blocks when connecting to a server. (Default: true)

  • CoFHLoot.cfg
項目 説明
feature
heads
B:MobsDropOnPvEOnly=true trueであると、アンデット系敵対mobをプレイヤー自身の手で倒したとき、確率でmobが自身の首をドロップするようになる。
B:PlayersDropOnPvPOnly=true trueであると、プレイヤーが他のプレイヤー自身の手で倒されたとき、確率でプレイヤーが自身の首をドロップするようになる。
enable
B:CreepersDropHeads=true trueであると、クリーパーが倒されたとき確率で首をドロップするようになる。B:MobsDropOnPvEOnly=falseだと、この設定にかかわらず首をドロップしない。
B:PlayersDropHeads=true trueであると、プレイヤーが倒されたとき確率で首をドロップするようになる。B:PlayersDropOnPvPOnly=falseだと、この設定にかかわらず首をドロップしない。
B:SkeletonsDropHeads=true trueであると、スケルトンが倒されたとき確率で首をドロップするようになる。B:MobsDropOnPvEOnly=falseだと、この設定にかかわらず首をドロップしない。
B:WitherSkeletonsDropHeads=false trueであると、ウィザースケルトンが倒されたとき確率で首をドロップするようになる。なお、バニラでのレアドロップとしてのウィザースケルトンの首とは別として計算される。B:MobsDropOnPvEOnly=falseだと、この設定にかかわらず首をドロップしない。(バニラでのレアドロップとしてのウィザースケルトンの首は落とす。)
B:ZombiesDropHeads=true trueであると、ゾンビが倒されたとき確率で首をドロップするようになる。B:MobsDropOnPvEOnly=falseだと、この設定にかかわらず首をドロップしない。
cheance
I:CreeperDropChance=5 単位は%。クリーパーが首を落とす確率。B:CreepersDropHeads=falseまたは、B:MobsDropOnPvEOnly=falseだと、この設定は意味がない。
I:PlayerDropChance=5 単位は%。プレイヤーが首を落とす確率。B:PlayersDropHeads=falseまたは、B:PlayersDropOnPvPOnly=falseだと、この設定は意味がない。
I:SkeletonDropChance=5 単位は%。スケルトンが首を落とす確率。B:SkeletonsDropHeads=falseまたは、B:MobsDropOnPvEOnly=falseだと、この設定は意味がない。
I:WitherSkeletonDropChance=5 単位は%。ウィザースケルトンが首を落とす確率(何度も記すが、バニラでのレアドロップとしてのウィザースケルトンの首とは別として計算される。)。B:WitherSkeletonsDropHeads=falseまたは、B:MobsDropOnPvEOnly=falseだと、この設定は意味がない。
|MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:ZombieDropChance=5|単位は%。ゾンビが首を落とす確率。
B:ZombiesDropHeads=falseまたは、B:MobsDropOnPvEOnly=falseだと、この設定は意味がない。|

  • CoFHMasquerade.cfg
項目 説明
feature
capes
B:AllowEveryone=true Allows all players to use /cofh cape set.
B:AllowOps=true Allows Ops to use /cofh cape set and /cofh cape set (user) if that is also allowed.
B:AllowOpsToSetOthers=false Allows Ops to set the capes of others, if Ops are allowed to set capes.
skins
B:AllowEveryone=true Allows all players to use /cofh skin set.
|MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:AllowOps=true|Allows Ops to use /cofh skin set and /cofh skin set
(user) if that is also allowed.|
B:AllowOpsToSetOthers=false Allows Ops to set the skins of others, if Ops are allowed to set skins.

  • CoFHMasquerade-Capes.cfg

  • CoFHMasquerade-Skins.cfg

  • CoFHSocial.cfg
項目 説明
general
S:Version=2.0.0.2 CoFHCoreのバージョン。

  • CoFHSocial-Friends.cfg

  • CoFHWorld.cfg
項目 説明
feature
B:AllowCustomGeneration=false trueであると、新規生成チャンクに下記のCoFHWorld-Generation.cfgで行った設定が適用される。
B:FlatBedrock=false trueであると、新規生成チャンクの岩盤が平面化する。
I:FlatBedrockLayers=1 岩盤を平面化するY座標。1~5までの範囲で設定可能。B:FlatBedrock=falseだと意味がない。
B:ReplaceVanillaGeneration=false This allows for vanilla ore generation to be REPLACED. Configure in the 'world.vanilla' section of the CoFHWorld-Generation.cfg; vanilla defaults have been provided.
B:RetroactiveFlatBedrock=false trueであると、既存のチャンクにも岩盤平面化が適用される。B:FlatBedrock=falseだと意味がない。
B:RetroactiveOreGeneration=false trueであると、既存のチャンクにもCoFH系MODの追加鉱石が生成される。

  • CoFHWorld-Generation.cfg
地中に生成される土、砂利、バニラ鉱石、cofh系MODの鉱石の生成のされ方の変更。
項目 説明
I:ClusterSize=x 一つの鉱脈(塊)の最大生成数。
I:MaxY=x Y座標x未満の高度に生成される
I:MinY=x Y座標xより上の高度に生成される。
I:NumClusters=x 生成率?
B:RetroGen=ture falseにすると、その鉱石がまったく生成されない?

  • ThermalExpansion.cfg
項目 説明
block
I:xxx=ID 各ブロックID。
feature
B:xxx=true そのブロックを追加するか。
security
B:Strongbox.Secure=true Enable this to allow for Strongboxes to be secure inventories。
B:Workbench.Secure=true Enable this to allow for Machinist Workbenches to be secure inventories。
general
B:ColorBlindTextures=false
B:DrawGUISlotBorders=true
B:EnableDebugOutput=false
B:EnableDismantleLogging=false
B:EnableUpdateNotifications=true
S:Version=3.0.0.2

  • ThermalExpansion-Florbs.cfg
  • ThermalExpansion-Fuels.cfg
  • ThermalFoundation.cfg
項目 説明
general
B:Lexicon.GenerateDefaultList=true This will generate a default list file depending on your list setting. This will ONLY generate if no list file already exists.
B:Lexicon.LogEntries=false This will echo all entries to the log.
B:Lexicon.WhiteList=true Set to true for a whitelist, FALSE for a blacklist
tweak
B:Fluid.Coal.Flammable=true Enable this for Fluid Coal to be flammable.
B:Fluid.Cryotheum.Effect=true Enable this for Fluid Cryotheum to be worse than lava, except cold.
B:Fluid.Cryotheum.Fall=true Enable this for Fluid Cryotheum Source blocks to gradually fall downwards.
B:Fluid.Ender.Effect=true Enable this for Fluid Ender to randomly teleport entities on contact.
B:Fluid.Glowstone.Condense=true Enable this for Fluid Glowstone Source blocks to condense back into solid Glowstone above a given y-value.
B:Fluid.Glowstone.Effect=true Enable this for Fluid Glowstone to do...something.
B:Fluid.Glowstone.Float=true Enable this for Fluid Glowstone Source blocks to gradually float upwards.
B:Fluid.Glowstone.MaxHeight=120 This adjusts the y-value where Fluid Glowstone will *always* condense, if that is enabled. It will also condense above 80% of this value, if it cannot flow.
B:Fluid.Mana.Effect=true Enable this for Fluid Mana to do...things.
B:Fluid.Pyrotheum.Effect=true Enable this for Fluid Pyrotheum to be worse than lava.
B:Fluid.Pyrotheum.Fall=true Enable this for Fluid Pyrotheum Source blocks to gradually fall downwards.
B:Fluid.Redstone.Effect=true Enable this for Fluid Redstone to emit a signal proportional to its fluid level.

他のMODとの競合情報

BlockID 2000~2021 、ItemID 20000~20021 にアイテムを追加する他MODを入れていると競合する。また、RedstoneArsenalも入れていると、ItemID 20500~20507 にアイテムを追加する他MODとも競合する。
その場合はコンフィグファイルからどちらかのMOD側のIDを変えることで回避できる。
(メモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き変える)
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意

前提に使用する【Minecraft Forge】も非常に競合の原因になりやすいMODである。
また、単純な競合の他に、【Minecraft Forge】本体との互換性問題もある。詳しくは「MOD解説/MinecraftForge」のページも参照の事。

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず 前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で 報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/ThermalExpansion3-4
+ 上記の内容を守れる方のみご利用ください。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ