MOD解説 > EnderIO & EnderZoo

このページの情報は、Ender IO 2.2.6.317(For MC1.7.10)へ移行中です。
また、Ender Zooはver.1.0.9.18(For 1.7.10)の情報です。

MOD名 Ender IO
Ender Zoo
製作者 CrazyPants
配布場所 http://enderio.com/
前提MOD 【Minecraft Forge】【endercore】
使用BlockID x個
使用ItemID x個
使用Class なし(※前提MODの使用分は除く)
関連サイト http://www.minecraftforum.net/topic/1937619(英語forum)
http://wiki.enderio.com/Main_Page(EnderIO英wiki)


目次


Ender IOについて

Ender IOは工業MODの一つ。
特筆すべき点はレッドストーン信号、液体、アイテム、RFエネルギーの導管、果てはAE用のME導管、Mekanismの気体導管を束ね、1ブロック分のスペースに収められるところである。
これにより、生産ラインをスッキリと整頓することができたりする。
かつては、RFで動作する粉砕機やかまどなど工業化MODとしてはありきたりなものが多かったが、今では自動収穫機やオートスポナー、液体経験値などが追加され、かなりの独自性を放っている。
多くの主要材料が独自の加工方法で作り出すためクラフトガイドでもそのレシピが表示できず、Wikiなどでレシピを見ながらでなければ満足にクラフトするのが困難なのが難点。

Ender IOの導入方法

◆シングルプレイ
前提として「MOD解説/MinecraftForge」に従って【Minecraft Forge】を導入する。
  1. 「mods」フォルダの中に、ダウンロードした EnderIO をjar(zip)ファイルのままコピー&貼り付けする。
  2. マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。


対応環境

EnderIO ver2.2.6.317
  • ◆Minecraft 1.7.10
  • Minecraft Forge ~

EnderIO ver2.0.beta.123
  • ◆Minecraft 1.7.2
  • Minecraft Forge 10.12.0.1024~

EnderIO ver1.0.6.376
  • ◆Minecraft 1.6.4
  • Minecraft Forge 9.11.0.883~9.11.0.965

追加ブロック・アイテム・レシピ一覧

追加鉱石

このMOD自体は鉱石の追加は行わないが、他のMODで追加される銅、錫が利用可能。

追加液体

名前 作り方or画像 説明
液体
栄養蒸留液
(Nutrient Distillation)

【醸造桶】 水 + MOB頭(or 腐った肉 or 生肉類) + キノコ類(or 砂糖 or 発酵したクモの目) ⇒ 栄養蒸留液
腐敗しやすそうな有機物を水とともに混ぜて醸造した液体。ゾンビ発電機やキラージョーを稼働させるのに使用する。

1サイクルの醸造量=基本量(250mb)×a材料倍率×b材料倍率
a材料:MOB頭(2.0倍)、腐った肉(1.5倍)、生肉類(0.75倍)
b材料:キノコ類(1.5倍)、砂糖(1.0倍)、発酵したクモの目(2.0倍)
密造酒
(Hootch)

【醸造桶】 水 + リンゴ(or 小麦 or 種 or ジャガイモ類) + 砂糖 ⇒ 密造酒
穀物や果物等と砂糖を混ぜて醸造した液体。燃焼発電機の燃料となるが、ロケット燃料や火酒にしたほうが良い。
中に入ると吐き気の状態になる。

1サイクルの醸造量=基本量(250mb)×a材料倍率×b材料倍率
a材料:リンゴ(3.5倍)、小麦(3.0倍)、種(2.0倍)、ジャガイモ(4.0倍)、毒じゃがいも(8.0倍)
b材料:砂糖(1.0倍)
ロケット燃料
(Rocket Fuel)

【醸造桶】 密造酒 + 火薬 + レッドストーン ⇒ ロケット燃料
密造酒(アルコール?)をベースに火薬とレッドストーンを混ぜて醸造した液体。燃焼発電機の良い燃料になる。
中に入ると跳躍力上昇Ⅳの状態になる。
1回の醸造で密造酒1000mbと各材料を1づつ消費。
火酒
(Fire Water)

【醸造桶】 密造酒 + ブレイズパウダー + レッドストーン ⇒ 火酒
密造酒をベースにブレイズパウダーとレッドストーンを混ぜて醸造した液体。燃焼発電機の良い燃料になる。
中に入ると炎上する。
液体経験値
(Liquid XP)

キラージョーなどから導管で汲み出すことにより入手可能な液体。
バケツで汲み出すこともできるが、フィールド上に直接設置することができない。

素材アイテム

名前 作り方or画像 説明
粉・塊
石炭の粉
(Coal Powder)
鉄の粉
(Iron Powder)
金の粉
(Gold Powder)
エンダーパールの粉
(Ender Pearl Powder)
黒曜石の粉
(Obsidian Powder)
【準自生粉砕機】 各種鉱石1 ⇒ 各種粉2
【準自生粉砕機】 インゴット ⇒ 各種粉1
【準自生粉砕機】 黒曜石1 ⇒ 黒曜石の粉1

バニラの石炭、鉄、金、エンダーパールを準自生粉砕機で砕いた粉。
銅の粉
(Copper Powder)
錫の粉
(Tin Powder)
【準自生粉砕機】 各種鉱石1 ⇒ 各種粉2
【準自生粉砕機】 インゴット ⇒ 各種粉1
各種鉱石またはインゴット}
他MODで追加される銅、錫を準自生粉砕機で砕いたもの。
このMOD単体では生成されず、その場合は鉄インゴットで代用することになる。
各種金属塊
(Metal Nuggets)
各種インゴット1 ⇒ 各種金属塊9
ヴァイブラント合金、脈動する鉄のナゲット。
各種金属ブロック
(Metal Blocks)
各種インゴット9 ⇒ 各種金属ブロック1
このMODで追加される合金のブロック。
画像は電炉鋼ブロックのレシピ。
合金
電炉鋼
(Electrical Steel)
【合金精錬機】 シリコン1 石炭の粉1 鉄インゴット1
エナジェティック合金
(Energetic Alloy)
【合金精錬機】 グロウストーンダスト1 金インゴット1 レッドストーン1 ⇒ エナジェティック合金1
ヴァイブラント合金
(Vibrant Alloy)
【合金精錬機】 エンダーパール1 エナジェティック合金1 ⇒ ヴァイブラント合金1
ver0.5.0以前でのフェーズ合金(Phased Alloy)。ヴァイブラントは「活力に満ちた」や「みなぎる」等の意味
レッドストーン合金
(Redstone Alloy)
【合金精錬機】 シリコン1 レッドストーン1 ⇒ レッドストーン合金1
導電性鉄
(Conductive Iron)
【合金精錬機】 鉄インゴット1 レッドストーン1 ⇒ 導電性鉄1
脈動する鉄
(Pulsating Iron)
【合金精錬機】 エンダーパール1 鉄インゴット1 ⇒ 脈動する鉄1
ダークスティール
(Dark Steel)
【合金精錬機】 黒曜石1 石炭の粉1 鉄インゴット1 ⇒ ダークスティール1
各種防具やツールなど、このMODで追加される種々の便利なアイテムの材料となる。
ソウラリウム
(Soularium)
【合金精錬機】 ソウルサンド1 金インゴット1 ⇒ ソウラリウム1
エンダリウムベース
(Enderium Base)
【合金精錬機】 錫インゴット2 銀インゴット1 輝くインゴット1 ⇒ エンダリウムベース4
別MODのThermal Foundationを導入している時のみ機能するインゴット。
TF含め、錫・銀・プラチナを追加する何らかのMODが導入されていないと作成自体ができない。
同じく合金精錬機でこのベース2個、エンダーパール2個、パイロジウムの粉1個を合わせて精錬することで
エンダリウムインゴット2個を作成できる。
非金属素材
脈動するクリスタル
(Pulsating Crystal)
ダイヤモンド1 脈動する鉄のナゲット8 ⇒ 脈動するクリスタル1
一部マシン及びアイテムの作成に必要。
ヴァイブラントクリスタル
(Vibrant Crystal)
エメラルド1 ヴァイブラント合金のナゲット8 ⇒ ヴァイブラントクリスタル1
金床でダークスティール製のツール類と組み合わせるとエンパワーⅠの特殊エンチャントができるようになる。
誘惑のクリスタル
(Enticing Crystal)
【ソウルバインダー】 魂の小瓶(村人)1 エメラルド1 EXPレベル10 100000RF ⇒ 誘惑のクリスタル1
誘惑のオベリスクの作成に必要。
エンダークリスタル
(Ender Crystal)
【ソウルバインダー】 魂の小瓶(エンダーマン)1 ヴァイブラントクリスタル1 EXPレベル10 100000RF ⇒ エンダークリスタル1
一部マシン及びアイテムの作成に必要。
また、金床でジ・エンダーやダークツルハシと組み合わせることでトラベルの特殊エンチャントが可能。
滑空翼 (左右)
(Glider Wings)
滑空翼2 ダークスティール2 ⇒ 滑空翼 (左右)1
金床でダークプレートと組み合わせることでグライダーの特殊エンチャントが可能。
シリコン
(Silicon)
【準自生粉砕機】 粘土ブロック1 2400RF ⇒ シリコン1(80%)
【準自生粉砕機】 レッドストーン鉱石1 3000RF ⇒ シリコン1(80%)
【準自生粉砕機】 砂1 7200RF ⇒ シリコン1(50%)

合金や、一部の機械の作成に必要な素材。
ダークスティールボール
(Dark Steel Ball)
ダークスティール5 ⇒ ダークスティールボール5
火打石の代わりに準自生粉砕機の粉砕用素材として使用することで、主産物や副産物の量、エネルギー効率などが向上する。
中間素材
接合剤の複合原料
(Binder Composite)
砂利6 砂2 粘土1 ⇒ 接合剤の複合原料8
【かまど】 接合剤の複合原料1 ⇒ 導管接合剤4

ほぼすべての導管に使用する中間素材。
導管接合剤
(Conduit Binder)
ベーシックコンデンサ
(Basic Capacitor)
金ナゲット4 レッドストーン2 銅インゴット1 ⇒ ベーシックコンデンサ1
基本的な機械と二重コンデンサの中間素材。
金床でダークスティール製のツール類と組み合わせるとエンパワーⅡの特殊エンチャントができる。
二重コンデンサ
(Double-Layer Capacitor)
エナジェティック合金2 ベーシックコンデンサ2 石炭の粉1 ⇒ 二重コンデンサ1
蓄電機と八重コンデンサの中間素材。
各種マシンのRFゲージ下のスロットにセットすることでアップグレードとして機能する。
また、金床でダークスティール製のツール類と組み合わせるとエンパワーⅢの特殊エンチャントができる。
八重コンデンサ
(Octadic Capacitor)
フェーズ合金2 二重コンデンサ2 グロウストーン1 ⇒ 八重コンデンサ1
旅の杖とディメンショナルトランシーバの中間素材。
各種マシンのRFゲージ下のスロットにセットすることでアップグレードとして機能する。
また、金床でダークスティール製のツール類と組み合わせるとエンパワーⅣの特殊エンチャントができる。
ゾンビ電極
(Zombie Electrode)
【スライスン・スプライス】 ゾンビの頭1 エナジェティック合金2 ベーシックコンデンサ1 シリコン2 20000RF ⇒ ゾンビ電極1
ゾンビ発電機の素材。
Z回路コントローラ
(Z-Logic Controller)
【スライスン・スプライス】 ゾンビの頭1 ソウラリウム2 レッドストーン1 シリコン2 20000RF ⇒ Z回路コントローラ1
一部機械やアイテムの素材。
フランケンゾンビ
(Frank'N'Zombie)
【ソウルバインダー】 魂の小瓶(ゾンビ入り)1 Z回路コントローラ 100,000RF ⇒ フランケンゾンビ1
キラージョーの素材となる。
エンダー共振器
(Ender Resonator)
【スライスン・スプライス】 エンダーマンの頭1 ソウラリウム2 ヴァイブラント合金1 シリコン2 20000RF ⇒ エンダー共振器1
無線系機械の素材。ディメンショナルトランシーバにも要求される。
苦痛のエンダーマンの頭
(Tormented Enderman Head)
【スライスン・スプライス】 エンダーマンの頭1 ソウラリウム2 ベーシックコンデンサ1 水入り瓶2 20000RF ⇒ 苦痛のエンダーマンの頭1
嫌悪のオベリスクの素材。
滑空翼
(Glider Wing)
ダークスティール3 革3 ⇒ 滑空翼1
滑空翼 (左右)の素材。
マシンシャーシ
(Machine Chassi)
鉄インゴット4 鉄柵4 ベーシックコンデンサ1 ⇒ マシンシャーシ
ほとんどのマシン作成に必須の中間素材。
見かけに反してブロックとして配置することはできない。
ベーシックギア
(Basic Gear)
丸石4 木の棒4 ⇒ ベーシックギア1
スターリング発電機で必要となる中間素材。
他のMODの石の歯車の代わりとしても使える。
エンダーマンの頭
(---)
画像準備中 このMODを導入しているとエンダーマンも頭をドロップするようになる。
種類指定がされていないレシピなら他のMOBヘッドの代用にもなるほか、一部のマシンの作成にも必要。
MOBヘッド扱いなのでティンカーコンストラクトをはじめとしたMOBヘッドをドロップさせやすくする効果を付与された武器で倒すとドロップしやすくなる。
壊れたスポナーブロック
(BrokenSponer)
画像準備中 このMODを導入しているとスポナーブロックを適性ツール(つるはし)で破壊するとこのアイテムがドロップする。
壊れているためそのままでは使い物にならないがオートスポナーを完成させるには必須の素材。
スポナーブロックなら元々何がスポーンするスポナーブロックでも問題ない。
黄昏の森ディメンジョンにはスポナーブロックが多数あるのでたくさん必要なら黄昏の森MODと併用すると良い。


ツール

名前 作り方or画像 説明
工業用ツール
導管プローブ
(Conduit Probe)
電炉鋼2 エネルギー導管1 ガラス板2 レッドストーンコンパレーター1 シリコン1 レッドストーン導管1
アイテム導管を右クリックするとその導管の搬出先や搬入元を表示できる。
エネルギー導管を右クリックするとその導管が属しているネットワークの情報を表示できる。
また、導管をスニークしながら右クリックすることでその導管のGUIを開くことも可能。
接続先が複数ある場合はどの面の設定をするかも指定でき、接続点を右クリックできない場面で非常に便利。
イェタレンチ
(Yeta Wrench)
電炉鋼3 ベーシックギア1
マシンの回収や導管の設定変更等に使う。
スニークしながらマウスホイールを回すと、持っている間表示する導管の種類を変更可能。
非表示の導管は操作できないので、複数の導管が入り交じっている時に便利。
基本ツール・武器・防具
以下のツールや武器・防具は金床で特定のアイテムと掛け合わせることで特殊エンチャントの付与による強化が可能。
また、防具の強化にはThaumcraftやForestry For Minecraftとの連携要素がある。ただし、全アイテムをフル強化するには約700レベルが必要になる。
>より詳しい情報はこちら(未編集)
ダークツルハシ
(Dark Pick)
ダークスティール3 棒2
可能な強化:エンパワーⅠ~Ⅳ (Empowered)、トラベル (Travel)、スプーン (Spoon)
ダークアックス
(Dark Axe)
ダークスティール3 棒2
可能な強化:エンパワーⅠ~Ⅳ (Empowered)
ジ・エンダー
(The Ender)
ダークスティール2 棒1
可能な強化:エンパワーⅠ~Ⅳ (Empowered)、トラベル (Travel)
ダークヘルム
(Dark Helm)
ダークスティール4~8

可能な強化 ヘルム:エンパワーⅠ~Ⅳ (Empowered)、音探知 (Sound Locator)、暗視 (Night Vision)、ソーラーⅠ~Ⅱ (Solar)、
洞察 (Revealing、要Thaumcraft)、自然主義者の目 (Naturalist's Eye、要Forestry)、養蜂用防護服(面布) (Apiarist's Hat、要Forestry)
可能な強化 プレート:エンパワーⅠ~Ⅳ (Empowered)、グライダー (Glider)、養蜂用防護服(上) (Apiarist's Shirt、要Forestry)
可能な強化 レギンス:エンパワーⅠ~Ⅳ (Empowered)、移動速度上昇Ⅰ~Ⅲ (Speed)、養蜂用防護服(下) (Apiarist's Pants、要Forestry)
可能な強化 ブーツ:エンパワーⅠ~Ⅳ (Empowered)、ジャンプⅠ~Ⅲ (Jump)、足ひれ (Flippers)、養蜂用防護服(長靴) (Apiarist's Shoes、要Forestry)
ダークプレート
(Dark Plate)
ダークレギンス
(Dark Leggings)
ダークブーツ
(Dark Plate)
その他
旅の杖
(Staff of Traveling)
エンダークリスタル1 ダークスティール2
RFで動くツール。容量250万RF。
手に持つと、96m以内に設置されている全てのトラベルアンカー、EnderIOが白く表示される。
ブロック越しでも表示され、離れているほど大きくなるが、描写距離による制限はある。
視点を合わせると赤くなり、その状態で右クリックするとそのブロックの効果が発揮される。
プレイヤーとそのブロックの距離が離れているほど、RFがより消費される。
また、スニーク+右クリックで使うと、カーソルの指した方向に8m程瞬間移動する。
間にブロックがあっても、8m以内にスペースがあれば、その場所に移動する。
岩盤も通過するので奈落付近での使用には要注意。
移動した距離が離れているほど、よりRFを消費する。
電磁石
(Electromagnet)
電炉鋼インゴット2 導電性鉄インゴット4 ヴァイブラントクリスタル1 ⇒ 電磁石1
有効化すると周りのアイテムを自分の近くに吸い寄せてくれる磁石。
魂の小瓶
(Soul Vial)
ソウラリウム1 融解水晶3 ⇒ 魂の小瓶1
モブを封じ込めて持ち運ぶことの出来るアイテム。
日常使用にも便利だが、あるアイテムを作る上でも重要なアイテム。
経験の棒
(Experience Rod)
ソウラリウム2 エナジェティック合金1 ⇒ 経験の棒1
これを持って液体経験値の入った液体タンクを右クリックすると経験値の一部を回収でき、
シフト右クリックすることで逆に経験値の投入ができる。
経験のオベリスクの素材でもある。


マシン

名前 作り方or画像 説明
発電機
スターリング発電機
(Stirling Generator)
石レンガ4 ピストン1 ベーシックギア1 かまど1 ベーシックコンデンサ1
BCにある石エンジンと同じように10RF/tを生産する。
また、100000RFの内部ストレージがある。
燃焼発電機
(Combustion Generator)
電炉鋼インゴット3 液体タンク2 マシンシャーシ1 ベーシックギア2 ピストン1
液体燃料と水で発電できる。液体燃料の種類によって生産RF/tが増減する。
また、100000RFの内部ストレージがある。
ゾンビ発電機
(Zombie Generator)
電炉鋼インゴット3 ゾンビ電極1 融解水晶5
栄養蒸留液から80RF/tを発電する。発電中コポコポと音を立てる。
また、100000RFの内部ストレージがある。
栄養蒸留液の材料さえ安定確保できれば比較的簡単にそこそこの出力で発電できる便利な発電装置だが、栄養蒸留液を一定量入れておかないと発電できない。
太陽光パネル
(Photovoltaic Cell)
エナジェティック合金2 融解水晶2 電炉鋼インゴット2 日照センサー1
太陽が出ているときに10RF/tを生産する。
不透過ブロックが上にある場合、雨が降っている場合、夜の場合は生産しない。
金床でダークヘルムと組み合わせることでソーラーⅠの特殊エンチャントが可能。
発展太陽光パネル
(Advanced Photovoltaic Cell)
ヴァイブラント合金2 融解水晶2 ヴァイブラントクリスタル2 脈動する鉄2 日照センサー1
太陽光パネルの発展型。太陽光パネルと同じ条件で40RF/tを生産する。
金床でダークヘルムと組み合わせることでソーラーⅡの特殊エンチャントが可能。
製作コストが重いので量産性では劣る。
マシン
準自生粉砕機
(SAG Mill)
鉄インゴット4 火打石3 ピストン1 マシンシャーシ1 ⇒ 準自生粉砕機1
RFを消費して動く粉砕機。1つの粉砕に40RF/tを消費して10秒かかる。
粉砕媒体として火打石かダークスティールボールを投入する必要がある。
TEの粉砕機のように1つの鉱石から2つの鉱石の粉が作れ、副産物が出ることもある。
公式にNEIをサポートしているため、NEIでレシピ確認が可能。
合金精錬機
(Alloy Smelter)
鉄インゴット4 かまど3 大釜1 マシンシャーシ1 ⇒ 合金精錬機1
RFを消費して動くかまど。EnderIOの合金を作るときも使用する。
合金を作る場合は、通常精錬できないものから入れるか、GUI右側中央のかまどボタンをクリックしてモードを変更する必要がある。
なお、モードには両方/合金精錬/通常精錬の3つがある。
また、EnderIOはしており、こちらもNEIでレシピ確認が可能である。
自動作業台
(Crafter)
鉄インゴット6 作業台1 マシンシャーシ1 Z回路コントローラ1 ⇒ 自動作業台1
RFを消費して動く自動作業台。
醸造桶
(The Vat)
電炉鋼インゴット4 大釜1 マシンシャーシ1 かまど1 ⇒ 醸造桶1
様々な農作物やモブドロップなどを使って液体を変質させる機械。
農業ステーション
(Farming Station)
電炉鋼インゴット4 ダイヤのクワ1 マシンシャーシ1 脈動するクリスタル2 Z回路コントローラ1 ⇒ 農業ステーション1
MFRのプランターとハーベスターがひとつになったような機械。稼働にはクワか斧を必要とする。
電動スポナー
(Powered Spawner)
電炉鋼インゴット4 モブ頭(エンダーマンの頭含む)1 マシンシャーシ1 ヴァイブラントクリスタル2 Z回路コントローラ1 ⇒ 電動スポナー1
RFを消費してモブをスポーンさせる。
クラフトで作られたものは中にモブのデータを保持しておらず、金床にてスポーンさせたいモブの壊れたスポナーと合成させる。
壊れたスポナーのモブはソウルバインダーで別のモブを封じ込めた魂の小瓶と合わせることで上書きが可能。
キラージョー
(Killer Joe)
ダークスティール3 融解水晶5 フランケンゾンビ1 ⇒ キラージョー1
MFRのグラインダーのようなシロモノ。稼働には剣と栄養蒸留液を必要とする。
また、敵を処理した際経験値を吸い取り、GUIからそれを取得することが出来る。
プレイヤーも処理対象になるので、稼働中は有効範囲に入らないように注意。
スライスン・スプライス
(Slice'N'Splice)
ソウラリウムインゴット5 モブ頭(エンダーマンの頭含む)1 鉄の斧1 鋏1 マシンシャーシ1 ⇒ スライスン・スプライス1
Slice and Splice。「薄切りにして継ぎ合せる」という意味。
RFを消費してモブの頭から特殊なアイテムを作成する。
ディメンショナルトランシーバの素材にはこれで作るものが存在する。
稼働には材料とは別に斧と鋏が必要。
ソウルバインダー
(Soul Binder)
エンダーマンの頭1 ソウラリウムインゴット4 クリーパーの頭1 ゾンビの頭1 マシンシャーシ1 スケルトンの頭蓋骨1 ⇒ ソウルバインダー1
魂の小瓶と壊れたスポナーなどで別のアイテムを作る。
以前にも存在していたが、ディメンショナルトランシーバの素材の変更に伴い重要な機械となった。
塗装機
(Painting Machine)
電炉鋼インゴット5 ネザー水晶2 ダイヤモンド1 マシンシャーシ1 ⇒ 塗装機1
RFを消費して導管ファサード、フェンス、フェンスゲート、階段ブロック、ハーフブロック、融解水晶フレーム、ダーク感圧板を染色できる。
誘惑のオベリスク
(Attractor Obelisk)
誘惑のクリスタル1 エナジェティック合金2 ソウラリウム3 マシンシャーシ1 ⇒ 誘惑のクリスタル1
内部インベントリに置かれた魂の小瓶に封じ込められたモブを引き寄せる。
嫌悪のオベリスク
(Aversion Obelisk)
苦痛のエンダーマンの頭1 エナジェティック合金2 ソウラリウム3 マシンシャーシ1 ⇒ 嫌悪のオベリスク1
内部インベントリに置かれた魂の小瓶に封じ込められたモブのスポーンを抑制する。
ベーシック蓄電機
(Basic Capacitor Bank)
ベーシックコンデンサ4 鉄インゴット4 レッドストーンブロック1 ⇒ ベーシック蓄電機
二重コンデンサ4 電炉鋼インゴット4 レッドストーンブロック1 ⇒ 蓄電機
八重コンデンサ4 電炉鋼インゴット4 ヴァイブラントクリスタル1 ⇒ ヴァイブラント蓄電機

RFを貯めることが出来るタンクで、ブロックを破壊しアイテム化してもRFを保有し続ける。
容量は1つあたり1000000RF(ベーシック蓄電機)、5000000RF(蓄電機)、25000000RF(ヴァイブラント蓄電機)で、
最大入出力は1つあたり1000RF/t(ベーシック蓄電機)、5000RF/t(蓄電機)、25000RF/t(ヴァイブラント蓄電機)である。
それぞれ各種ごとに自由な形で接続できその分容量・最大入出力ともに増えるが、異なる種類同士では接続されない。
また、あんまり複雑な形で大量に接続した状態で蓄電器側のGUIから接続設定を行うために画面切り替えをすると処理限界を越えてクラッシュしてしまう。

クリエイティブ蓄電機はその名の通りクリエイティブ専用で、容量が2500000/5000000RFから増減しない。
最大入出力は500000RF/t
蓄電機
(Capacitor Bank)
ヴァイブラント蓄電機
(Vibrant Capacitor Bank)
クリエイティブ蓄電機
(Creative Capacitor Bank)
無線充電機
(Wireless Charger)
電炉鋼インゴット7 エンダー共振器1 八重コンデンサ1 ⇒ 無線充電機1
プレイヤーがそばにいるとインベントリ内のアイテムが充電されていく。
電力モニタ
(Power Monitor)
電炉鋼インゴット6 導管プローブ1 マシンシャーシ1 エネルギー導管1 ⇒ 電力モニタ1
接続されているすべてのマシンと導管を表示し、その相互の入出力を表示できる。
ネットワーク内のRFが一定以下の時にレッドストーン信号を出力し、一定以上の時に信号の出力を停止する、という機能もある。
ディメンショナルトランシーバ
(Dimensional Transceiver)
電炉鋼インゴット4 エンダー共振器1 融解水晶2 エンダークリスタル1 八重コンデンサ1 ⇒ ディメンショナルトランシーバ1
2つ使うことで遠くへアイテム・RF・液体を転送することができる。それぞれ送信、受信を変更できる。
動作には片側にRF入力が必要。
また、個別と送受信用にそれぞれ250000RFの内部ストレージを保有する。
導管からはもちろんスターリング発電機や蓄電機などの電力源から直接接続することもできる。
BCのアドオンのテレポートパイプやTEのテッセラクトに似ているが、これ1つで全種類を賄えるのが最大の長所。
BCポンプやクァーリーのお供に。
MC1.6.4~1.7.10現在、デフォルトで10%のエネルギー減衰が発生する(コンフィグで変更可能)。
アイテムバッファ
(Item Buffer)
電炉鋼インゴット4 鉄インゴット4 チェスト1 ⇒ アイテムバッファ1
動力バッファ
(Power Buffer)
電炉鋼インゴット4 鉄インゴット4 マシンシャーシ1 ⇒ 動力バッファ1
オムニバッファ
(Omni Buffer)
アイテムバッファ1 動力バッファ1 ⇒ オムニバッファ1
クリエイティブバッファ
(Creative Buffer)
クリエイティブ用のバッファ。


輸送等

導管
名前 作り方or画像 説明
アイテム導管
(Item Conduit)
導管接合剤6 脈動する鉄のナゲット3 ⇒ アイテム導管8
アイテムを運ぶ導管。強化アイテム導管は削除された模様。
>より詳しい情報はこちら
液体導管
(Fluid Conduit)
導管接合剤6 完全クリアガラス3 ⇒ 液体導管8
導管接合剤6 融解水晶3 ⇒ 加圧液体導管8
導管接合剤6 融解水晶2 ヴァイブラント合金1 ⇒ エンダー液体導管8

液体を運ぶ導管。
接続面の数*250mb分のタンク機能も併せ持つ。
>より詳しい情報はこちら
加圧液体導管
(Pressurized Fluid Conduit)
エンダー液体導管
(Ender Fluid Conduit)
エネルギー導管
(Energy Conduit)
導管接合剤6 導電性鉄3 ⇒ エネルギー導管8
導管接合剤6 エナジェティック合金3 ⇒ 強化エネルギー導管8
導管接合剤6 フェーズ合金3 ⇒ エンダーエネルギー導管8

RFエネルギーを運ぶ導管。
それぞれ15000/30000/50000RFの蓄電容量がある。
>より詳しい情報はこちら
強化エネルギー導管
(Enhanced Energy Conduit)
エンダーエネルギー導管
(Ender Energy Conduit)
レッドストーン導管
(Redstone Conduit)
レッドストーン合金3 ⇒ レッドストーン導管8
導管接合剤6 レッドストーン合金3 ⇒ 絶縁レッドストーン導管8
レバー4 導管接合剤4 レッドストーン導管1 ⇒ 導管スイッチ1

レッドストーン信号を伝えるケーブル。
導管スイッチには右クリックによるスイッチ機能が付いている。
>より詳しい情報はこちら
絶縁レッドストーン導管
(Insulated Redstone Conduit)
導管スイッチ
(Conduit Switch)
ME導管
(ME Conduit)
導管接合剤6 フルーシュクリスタル2 クォーツファイバー1 ⇒ ME導管4
導管接合剤5 ME導管4 ⇒ デンスME導管1

Applied Energisticsを導入している場合に作成できる。
AEで追加される無色のMEケーブルの導管版。
>より詳しい情報はこちら
デンスME導管
(Dense ME Conduit)
気体導管
(Gas Conduit)
導管接合剤6 電磁鉄2 溶解ガラス1 ⇒ 気体導管8
Mekainsimを導入している場合に作成できる。
最近のバージョンで削除された模様。(2.2.8.381で確認)
(2.3.0以降復活している。(2.3.0.422で確認)
>より詳しい情報はこちら
フィルター
フィルターは全てアイテム導管用のアップグレード。設備の接続部に出現する導管コネクタを右クリックして開くGUIでセットする。
基本アイテムフィルター
(Basic Item Filter)
ホッパー1 紙4 ⇒ 基本アイテムフィルター1
アイテムを登録して使用する。ホワイトリスト/ブラックリスト方式の切替やメタデータの照合を行うか否かを切り替えられる。
強化アイテムフィルター
(Advanced Item Filter)
Z回路コントローラ1 紙4 レッドストーン4 ⇒ 強化アイテムフィルター1
アイテムを登録して使用する。
ホワイトリスト/ブラックリスト方式やメタデータ照合の切り替えの他、
NBTや鉱石辞書利用、粘着(Sticky)モードを行うか否かを切り替えられる。
粘着モード……同じ粘着モードを有効にしているコネクタにのみ送られる。
引用アイテムフィルター
(Existing Item Filter)
強化アイテムフィルター1 レッドストーンコンパレータ1 レッドストーン3 ⇒ 引用アイテムフィルター1
GUIを開くとSnapShotというボタンが有り、これを押すと接続したインベントリに入っているアイテムをフィルターに登録する。
削除やマージもできる。ホワイトリスト/ブラックリスト方式やメタデータ照合の切替の他、
NBTや鉱石辞書利用、粘着(Sticky)モードを行うか否かも切り替えられる。
Modアイテムフィルター
(Mod Item Filter)
イェタレンチ1 紙4 ⇒ Modアイテムフィルター1
GUIを開いてアイテムを登録するとアイテムそのものではなく元となるMod名が登録され、
これをもとにフィルタリングが行われる。
充電可能アイテムフィルター
(Chargeable Item Filter)
導管プローブ1 紙4 ⇒ 充電可能アイテムフィルター1
RFストレージを持つアイテムのみ通すフィルター。
GUIを開いて、RF蓄積率が何%以上なら(あるいは以下なら)アイテムを通すかといったルールを設定できる。
スピードアップグレード
(Item Conduit Speed Upgrade)
ピストン1 レッドストーントーチ1 鉄インゴット3 電炉鋼インゴット4 ⇒ スピードアップグレード1
1つセットするごとに一回分の排出量が4ずつ増えていくアップグレード。15個まで積み増せる。
スピードダウングレード
(Item Conduit Speed Downgrade)
スライムボール1 棒1 鉄インゴット3 電炉鋼インゴット4 ⇒ スピードダウングレード1
1つセットするごとに一回分の排出量が1ずつ減っていくアップグレード。
ファサード (外観)
導管ファサード
(Conduit Facade)
導管接合剤8 ⇒ 導管ファサード1
塗装機でブロックのテクスチャをコピーし被せることで、各種導管をそのブロックに偽装することができる。
設置した導管ファサードはレンチや各種導管、導管プローブを持っている間は透明になり、中の導管を見られる。
強化導管ファサード
(Hardened Conduit Facade)
導管ファサード1 黒曜石の粉4 ⇒ 強化導管ファサード1
破壊や爆発に強い耐性を持つ導管ファサード。
他の性質は導管ファサードと同じ。

その他アイテム等

名前 作り方or画像 説明
ユーティリティ
貯水槽
(Reservoir)
ガラス6 融解水晶2 大釜1 ⇒ 貯水槽2
いわゆる水生成器。
ガラスは完全クリアガラスなど鉱石辞書に登録されているもので代用できる。
2x2に配置し、バケツ2杯分の水を入れることで、水を生成し始める。
容量は2000mbで、最初の2杯は容量とは別扱いのため、枯渇の心配がない。
レンチで右クリックすることで自動搬出も可能。
液体タンク
(Fluid Tank)
ガラス1 鉄インゴット4 鉄格子4 ⇒ 液体タンク1
16000mBの液体を貯めることができるタンク。
レンチの右クリックで搬入出の切り替え、シフト右クリックで回収し持ち運びができる。
設置した状態で右クリックすると専用のGUIが開き、バケツ等の液体容器との液体の移し替えができる。
ガラスは完全クリアガラスなど鉱石辞書に登録されているもので代用できる。
加圧液体タンク
(Pressurized Fluid Tank)
溶解水晶1 ダークスティール4 ダーク鉄格子4 ⇒ 加圧液体タンク1
32000mBの液体を貯めることができるタンク。爆発耐性がある。
レンチの右クリックで搬入出の切り替え、シフト右クリックで回収し持ち運びができる。
設置した状態で右クリックすると専用のGUIが開き、バケツ等の液体容器との液体の移し替えができる。
ガラスはThermal Expansionの強化ガラスなど鉱石辞書に登録されているもので代用できる。
バキュームチェスト
(Vacuum Chest)
鉄インゴット7 チェスト1 脈動するクリスタル1 ⇒ バキュームチェスト1
周りのアイテムを吸い込むチェスト。
ダークスティール金床
(Dark Steel Anvil)
ダークスティールブロック3 ダークスティール4 ⇒ ダークスティール金床1
通常の金床よりも長持ちする金床。
ダークスティールはしご
(Dark Steel Ladder)
ダーク鉄格子3 ⇒ ダークスティールはしご12
通常のはしごより速く昇り降りできる。
エンダーレール
(Ender Rail)
【ソウルバインダー】 魂の小瓶(エンダーマン入り)1 ディテクターレール1 100,000RF ⇒ エンダーレール1
レールを敷く際にこのレールの下にディメンショナルトランシーバを設置し、
別の箇所に同様にエンダーレールとトランシーバを設置することで
このレール上に差し掛かったトロッコを対応するエンダーレールに瞬間移動させることができる。
対応関係はトランシーバ側のGUIにあるレールのタブで設定する。
エンチャンター
(Enchanter)
ダイヤ2 本1 ダークスティール4 ⇒ エンチャンター1
本と羽ペンと幾つかのアイテムと経験値からエンチャントブックが作れる。
アイテムの数でレベルを指定することも出来るが必要経験値も相応に上昇する。
経験のオベリスク
(Experience Obelisk)
経験の棒1 ソウラリウム3 マシンシャーシ1 ⇒ 経験のオベリスク1
いわゆる経験値銀行。
トラベルアンカー
(Travel Anchor)
鉄4 導管接合剤4 脈動するクリスタル1 ⇒ トラベルアンカー1
上に乗ると周囲48m以内のトラベルアンカーが白く表示され、視点を合わせることで表示が赤くなる。
(間にブロックがあっても表示され、遠くにあるほど表示自体も大きくなるが、描写距離による制限あり)
この状態でジャンプをすると、そのトラベルアンカーへと瞬時にワープすることができる。
また、旅の杖で遠くから右クリックすることでもワープすることができる。
(この場合96m以内であればOK、ただしこちらも描写距離による制限あり)
ただし、トラベルアンカーがあるチャンクがロードされている必要がある。
ブロック自体を直接右クリックすることで、使用可能対象を「個人/制限/公開」から選択可能。
(制限は設置者以外は5つのアイテムスロットによるパスワードを要求するもの。)
エンダーIO
(Ender IO)
電炉鋼4 融解水晶4 エンダーアイ1 ⇒ エンダーIO1
旅の杖で遠くから右クリックするとでエンダーIOを中心とした7x7の領域の視認、操作などが行える。
ただし、エンダーIOがあるチャンクがロードされている必要がある。
ブロック自体を直接右クリックすることで、使用可能対象を「個人/制限/公開」から選択可能。
(制限は設置者以外は5つのアイテムスロットによるパスワードを要求するもの。)
エンダーフェイス
(Enderface)
ダイヤモンド4 ヴァイブラント合金4 エンダーアイ1
このアイテムはver0.10.0より削除されました。
かつてはEnderIOとセットでつかわれていた。
今ではクリエイティブタブのアイコンにその名残が残るのみである。
装飾・建材
ダーク鉄格子
(Dark Iron Bars)
ダークスティール6 ⇒ ダーク鉄格子16
爆発耐性がある。
ダーク感圧板
(Dark Pressure Plate)
ダークスティール2 ⇒ ダーク感圧板1
プレイヤーのみに反応する感圧板。塗装機で塗装可能。
ダーク感圧板の無音化レシピ
(Dark Pressure Plate)
ダーク感圧板1 羊毛1 ⇒ ダーク感圧板1
ツールチップに「Silent(無音)」と追加され、感圧板特有の作動音が鳴らなくなったダーク感圧板。
他の性質は変わらない。また、別アイテムではあるものの名称も変わらない。
ライト
(Light)
ガラス3 鉄インゴット4 グロウストーン1 ⇒ ライト1
ガラスは完全クリアガラスなど鉱石辞書に登録されているもので代用できる。
レッドストーン信号を受けて点灯する。
電気ライト
(Powered Light)
ガラス3 シリコン4 グロウストーン1 ベーシックコンデンサ1 ⇒ 電気ライト1
ガラスは完全クリアガラスなど鉱石辞書に登録されているもので代用できる。
1RF/tを消費して松明の倍以上の光源になる。
レッドストーン信号を受けて点灯する。
無線電気ライト
(Wireless Powered Light)
電気ライト1 エンダー共振器1 ⇒ 電気ライト1
基本的に電気ライトと同じだが、無線充電器からの電力入力を受け付ける。
レッドストーン信号を受けて点灯する。
ライト/電気ライト/無線電気ライトのレッドストーン反転 各種ライト1 レッドストーントーチ1
レッドストーントーチとクラフトすることでレッドストーン入力時の動作を反転させることが出来る。元にも戻せる。
強化黒曜石
(Reinforced Obsidian)
黒曜石1 ダーク鉄格子4 ダークスティール4 ⇒ 強化黒曜石1
ウィザー爆撃への耐性がある。
融解水晶
(Fused Quartz)
【合金精錬機】 ネザー水晶4
塗装した融解水晶フレームを使う事で、枠の部分を塗装できる。
爆発耐性がある。
完全クリアガラス
(Quite Clear Glass)
【合金精錬機】 砂1
旧称「融解ガラス」。塗装した融解水晶フレームを使う事で、枠の部分を塗装できる。
融解水晶フレーム
(Fused Quartz Frame)
導管接合剤4 木の棒4
塗装した融解水晶フレームを融解水晶や融解ガラスに使う事で、枠の部分を塗装できる。


準自生粉砕機のレシピ

鉱石は基本3600RFを使用してその鉱石の粉末が2つ、別の鉱石の粉末が確率で1つ、丸石が15%で1つになる。
他のものは基本2400RFを使用する。
出来るもの(確率,個数)は「(確率)の確率で(個数)個できる」という意味である。確率が省略されている場合は100%である。
また、configファイルから変更可能である。
粉砕するもの 出来るもの(確率,個数) 必要RF 備考
EnderIO(EnderIOのものを作るために必要なレシピ)

(Sand)
シリコン1(50%) 7200RF 確率上は0.5個手に入る計算。砂は普通にプレイする分には使用頻度の割に入手が比較的容易なので狙い目。
丸石製造機と竹MODの石臼、或いはTacticalFrameのストーンメーカー等他のMODと併用すれば砂が無限資源化するので優秀。
石炭鉱石
(Coal Ore)
石炭3 石炭の粉1(60%) 丸石1(15%) ダイヤモンド1(0.1%) 3600RF 平均3.6個なので、通常時の3.6倍になり、確実に得になる。
また一つの石炭ごとに1000RF必要である。
ダイヤモンドに関しては確率が低すぎるので忘れてしまっていい。出ればラッキー程度。
石炭
(Coal)
石炭の粉1 石炭の粉1(25%) 2400RF
鉄鉱石
(Iron Ore)
鉄の粉2 丸石1(15%)
ニッケルの粉1(10%) 錫の粉1(5%)
4000RF 低確率だが錫の粉、ニッケルの粉が手に入るので少々お得
鉄インゴット
(Iron Ingot)
鉄の粉1 2400RF
金鉱石
(Gold Ore)
金の粉2 銅の粉1(20%) 丸石1(15%) 3600RF 低確率だが銅の粉が手に入るので少々お得
金インゴット
(Gold Ingot)
金の粉1 2400RF
エンダーパール
(Ender Pearl)
エンダーパールの粉1 1600RF TacticalFrameの軽粉砕機でも同じ分だけ手に入る。但しあちらはダイレクトに燃料を要求する。
Vannila(バニラのものの粉砕レシピ)
石レンガ
(Stone Brick)
丸石4 2400RF
ヒビの入った石レンガ
(Cracked Stone Brick)
丸石2 1200RF
模様入り石レンガ
(Chisled Stone Brick)
丸石4 3600RF

(Stone)
丸石1 2400RF
丸石
(Cobble Stone)
砂1 2400RF
砂岩
(Sand Stone)
砂2 砂2(40%) 2400RF 平均で2.8個手に入る。
ガラス
(Glass)
砂1 1200RF
砂利
(Gravel)
火打石1 火打石1(10%) 2400RF 平均で1.1個手に入る。
ネザーラック
(Netherrack)
硫黄の粉1(15%) 2400RF
ブレイズロッド
(Blaze Rod)
ブレイズパウダー4 硫黄の粉1(25%) 2400RF IC2の粉砕機だとブレイズパウダーが5つ手に入るので、
ブレイズパウダーがほしいのならIC2の粉砕機を利用するとよい。
グロウストーン
(Glow Stone)
グロウストーンパウダー3 グロウストーンパウダー1(80%) 2400RF 平均で3.8個手に入る。
IC2の粉砕機だと4つ確実に手に入るのでIC2の粉砕機を利用するとよい。

(Bone)
骨粉6 骨粉2(10%) 2400RF 平均で6.2個手に入る。
粘土ブロック
(Clay(Block))
粘土2 シリコン4(40%) 粘土1(10%) 2400RF 平均で粘土が2.1個手に入る。
普通にスコップで掘れば粘土が確実に4個手に入るのでシリコンが目的でないのなら損になる。
羊毛
(Wool)
糸3 糸1(10%) 1200RF 平均で3.1個手に入る。
小麦
(Wheat)
種2 800RF
レッドストーン鉱石
(Redstone Ore)
レッドストーン8 レッドストーン1(20%) 石炭の粉1(80%) 丸石1(15%) シリコン?(??%) 3000RF 平均で8.2個手に入る
ラピスラズリ鉱石
(Lapislazuli Ore)
ラピスラズリ8 ラピスラズリ1(20%) 丸石1(15%) 3000RF ラピスラズリが平均で8.2個手に入る。
ネザー水晶鉱石
(Nether Quartz Ore)
ネザー水晶4 7200RF
ネザー水晶ブロック
(Block of Quartz)
ネザー水晶2 ネザー水晶2(25%) 2400RF 平均で2.5個手に入る。
柱状ネザー水晶ブロック
(Chiseled Quartz Block)
模様入りネザー水晶ブロック
(Pillar Quartz Block)
ネザー水晶の階段
(Quartz Slab)
ネザー水晶1 ネザー水晶1(25%) 1200RF 平均で1.25個手に入る。
Common Ores/Ingots(多くのMODで含まれる鉱石の粉砕レシピ)
銅鉱石
(Copper Ore)
銅の粉2 金の粉1(12.5%) 丸石1(15%) 3600RF
錫鉱石
(Tin Ore)
錫の粉2 丸石1(15%) 3600RF
鉛鉱石
(Lead Ore)
鉛の粉2 丸石1(15%) 銀の粉1(10%) 3600RF
銀鉱石
(Silver Ore)
銀の粉2 鉛の粉1(10%) 3600RF
ニッケル鉱石
(Nickel Ore)
ニッケルの粉2 プラチナの粉1(10%) 3600RF
各種インゴット
(Copper Ingot)
各種粉1 2400RF 銅、錫、鉛、銀、青銅、ニッケル
Forestry(ForestryForMinecraftの粉砕レシピ)
原木
(Wood)
パルプ1 パルプ1(90%)
パルプ1(50%) パルプ1(10%)
2400RF 平均で2.5個手に入る。
木材
(Wood Plank)
パルプ1 パルプ1(90%) 1200RF 平均で1.9個手に入る。
木の階段
(Wood Stair)
パルプ1(80%) 1200RF
木のハーフブロック
(Wood Slab)
パルプ1(70%) 1200RF

(Stick)
パルプ1(15%) 800RF
Applied Energistics(Applied Energisticsの粉砕レシピ)
ケルタスクォーツ鉱石
(Certus Quartz Ore)
ケルタスクォーツ1 ケルタスクォーツの粉1 2400RF
ケルタスクォーツ
(Certus Quartz)
ケルタスクォーツの粉1 2400RF
ネザー水晶鉱石
(Nether Quartz Ore)
ネザー水晶の粉1 ケルタスクォーツの粉1(5%) 3600RF 平均で1.05個手に入る。
ネザー水晶
(Nether Quartz)
ネザー水晶の粉(1) 2400RF
Railcraft(Railcraftの粉砕レシピ)
黒曜石
(Obsidian)
砕けた黒曜石1 黒曜石の粉1(15%)
黒曜石の粉1(2.5%)
4800RF 黒曜石の粉が平均で0.175個手に入る
砕けた黒曜石
(Crushed Obsidian)
黒曜石の粉1 黒曜石の粉1(1%) 2400RF 黒曜石の粉が平均で1.01個手に入る
木炭
(Charcoal)
木炭の粉1 2400RF
Biomes O' Plenty(BiomesO'Plentyの粉砕レシピ)
小さな骨ブロック
(Small Bone Segment)
骨粉8 2600RF
中くらいの骨ブロック
(Medium Bone Segment)
骨粉12 3200RF
大きい骨ブロック
(Large Bone Segment)
骨粉24 4800RF
Metallurgy(Metallurgyの粉砕レシピ)
各鉱石
(Ore)
各鉱石の粉2 3600RF
各インゴット
(Ingot)
各鉱石の粉1 2400RF
各鉱石ブロック
(Block)
各鉱石の粉9 3600RF
Mekanism(Mekanismの粉砕レシピ)
オスミウム鉱石
(Osmium Ore)
オスミウムの粉2 3600RF
オスミウムインゴット
(Osmium Ingot)
オスミウムの粉1 2400RF
オスミウムブロック
(Osmium Block)
オスミウムの粉9 3600RF
Engineer's Toolbox(Engineer's Toolboxの粉砕レシピ)
各種鉱石
(Ore)
各種鉱石の粉2 3600RF ニッケル、アルミウム
各種インゴット
(Ingot)
アルミウムの粉1 2400RF ニッケル、アルミウム
各種鉱石ブロック
(Block)
ニッケルの粉9 3600RF ニッケル、アルミウム
BigReactors(BigReactorsの粉砕レシピ)
イエロライト鉱石
(Yellorite Ore)
イエロライトの粉2 3600RF
各種インゴット
(Yellorite Ingot)
各種鉱石の粉1 2400RF イエロライト、サイナイト、ブルートニウム、グラファイト


合金精錬機のレシピ

基本~10000RF消費する。
合金精錬機では、以下のレシピ以外に通常のかまどで行える精錬も可能である。
経験値は以下の表を参考。
1
0.7
食べ物 0.35
砂,石,原木 0.1
0.7.0より configファイルから変更可能である。
出来るもの(個数) 必要なもの(個数) 必要RF 経験値 備考
EnderIO(EnderIOのものを作るために必要なレシピ)
電炉鋼
(Eletrical Steel)
鉄インゴット1 石炭1 シリコン1 10000RF 0.5
エナジェティック合金
(Energetic Alloy)
レッドストーン1 金インゴット1 グロウストーン1 10000RF 0.7
ヴァイブラント合金
(Vibrant Alloy)
エナジェティック合金1 エンダーパール1 10000RF 1
レッドストーン合金
(Redstone Alloy)
レッドストーン1 シリコン1 10000RF 0.5
導電性鉄
(Conductive Iron)
レッドストーン2 鉄インゴット1 10000RF 0.5
脈動する鉄
(Pulsating Iron)
鉄インゴット1 エンダーパール1 10000RF 0.7
融解水晶
(Fused Quartz)
ネザー水晶2 7500RF 0.5
ThermalExpansion(ThermalExpansionの精錬レシピ)
琥珀金インゴット(2)
(Electrum Ingot)
金インゴット1 銀インゴット1 5000RF 0.25
インバーインゴット(3)
(Invar Ingot)
ニッケルインゴット1 鉄インゴット2 7500RF 0.25
強化ガラス(2)
(Harden Glass)
黒曜石の粉8 鉛インゴット 4000RF 2

追加インターフェース・詳細解説


EnderZooについて

幾種かの中立mobや敵mobを追加する。バニラのmobのアナザー版のようなものが多い。
また、追加mobの能力を有したTNT、ポーション、エンチャントも追加される。
かつてはEnderIOの一部だったが独立した。

EnderZooの導入方法

EnderIOの導入方法と同じなので、そちらを参照

対応環境

EnderIO ver1.0.9.18
  • ◆Minecraft 1.7.10
  • Minecraft Forge ~

追加mob

名前 画像 説明
エンダーミニー
(Enderminy)
ドロップ:エンダーパールの断片、エンダーパール
小さなエンダーマン。森林や湿地バイオームにまれに集団でスポーンする。
ゾンビピッグマンと同普段は中立Mobで近寄っても敵対せず攻撃してこないが、
こちらから攻撃を当てると命中した個体を中心とした一定範囲内のエンダーミニーが一斉に敵対して襲いかかってくる。
攻撃力も高く、テレポートもする。
また、近くにいるクリーパーを攻撃する。
ゾンビナイト
(Fallen Knight)

ドロップ:腐った肉、装備品、ガーディアンの弓(弓持ちのみ)
平原にスポーンする。ゾンビに似ているが各所に違いがみられる。
必ず剣か弓を装備しており、それらで攻撃してくる。また、かなりの確率で防具を身につけている。
ほとんどのゾンビナイトが下記のゾンビ馬に乗っている。
剣持ちゾンビナイトの場合、馬を使いプレイヤーに高速突進、弓持ちゾンビナイトの場合、プレイヤーと一定距離を保ちながら矢を放ってくる。
とくに弓持ちゾンビナイトの弓矢は、スケルトンより遠くの距離にも届き、連射性能も高いので注意。
ゾンビ馬
(Fallen Steed)
ドロップ:腐った肉、骨、馬鎧
この馬には必ず上記のゾンビナイトが乗っている。
馬自身も攻撃してくるので注意。
脳震盪クリーパー(のうしんとうくりーぱー)
(Concussion Creeper)
ドロップ:火薬、混乱の粉、エンダーパールの断片
普通のクリーパーと同様、自爆してくる。
このクリーパーの自爆は一切ダメージがなく、地形破壊もされないが、代わりに周囲に吐き気(めまい)の状態異常を与える。
爆発点に近いほど効果時間も長い。
ウィザーウィッチ
(Wither Witch)
ドロップ:ウィザーダスト、持っていたポーション
普通のウィッチと違い、スプラッシュウィザーポーションも投げてくる。
また、下記のウィザーウィッチの猫を1匹~2匹引き連れている。
ウィザーウィッチの猫
(Wither Witch's cat)
ドロップ:ウィザーダスト
ウィザーウィッチが引き連れている猫。
主のウィザーウィッチと敵対している相手に攻撃してくる。
普段はバニラの黒猫と同じ姿をしているが、主であるウィザーウィッチに敵対している相手を見つけると、
巨大化して左の写真のような姿になる。(見失うと元の姿に戻る)
巨大化すると攻撃力が高くなり、非常に素早くなるため、非常に危険。
さらに、巨大化に関係なく常にウィザーの状態異常にならない。
ダイアウルフ
(Dire Wolf)
ドロップ:なし
バニラの犬と同じバイオームに集団でスポーンする。
一見、バニラの犬と同じように見えるが、mobやプレイヤーが近づくと、こちらが攻撃していなくても集団で襲い掛かってくる。
攻撃力も非常に高く、素早いので危険。
かなり近くまで近づかない限りは敵対しないので、見つけた場合は距離を離してそっとしておこう。
余談だが、ダイアウルフとは約180万-約1万年前の地球に実在していた、史上最大のイヌ科動物。
更に余談だが、このモブは多くのmod紹介動画を制作しているdirewolf20氏にちなんだネタかもしれない。
ちなみにWitcheryを導入していると犬の舌や狼の頭をドロップするようになるため味方の狼を手に掛けたくないなら倒すのに丁度いいかもしれない。

追加アイテム

名前 作り方or画像 説明
mobドロップ
エンダーパールの断片
(Ender Fragment)
入手:エンダーミニー、脳震盪クリーパー
中間素材
混乱の粉
(Confusing Powder)
入手:脳震盪クリーパー
中間素材
ウィザーダスト
(Withering Dust)
入手:ウィザーウィッチ、ウィザーウィッチの猫
中間素材
ガーディアンの弓
(Guardians Bow)
入手:弓持ちゾンビナイト
耐久値800。普通の弓とは違った、以下の特徴を持つ。
・矢の飛距離がより長い。
・引き絞るのがより速く、また引き絞っている間ゲーム画面がズームする。
・四つまでエンチャントをつけられる。(普通の弓は三つ)
TNT
エンダーTNT
(Ender Charge)
エンダーパールの断片4、砂4、火薬1
TNTと同じようにレッドストーン信号で爆発。
爆発に巻き込まれると、そのプレイヤーを周囲にテレポートさせる。
なお、爆発事態にダメージはなく、地形も破壊されない。また、mobには効果がない。
混乱TNT
(Confusing Charge)
混乱の粉4、砂4、火薬1
TNTと同じようにレッドストーン信号で爆発。
爆発に巻き込まれると、そのプレイヤーに「吐き気」の状態異常を与える。爆発地点に近いほど「吐き気」も長く続く。
なお、爆発事態にダメージはなく、地形も破壊されない。また、mobには効果がない。
脳震盪TNT
(Concussion Charge)
エンダーパールの断片3、混乱の粉3、砂2、火薬1
TNTと同じようにレッドストーン信号で爆発。
爆発に巻き込まれると、そのプレイヤーに「吐き気」の状態異常を与え、さらに周囲にテレポートさせる。爆発地点に近いほど「吐き気」も長く続く。
なお、爆発事態にダメージはなく、地形も破壊されない。また、mobには効果がない。
要は上記二種のTNTの合成版。
追加レシピ
エンダーパール
(Ender Parl)
エンダーパールの断片5
このMODを導入すると、エンダーパールのレシピが追加される。
ウィザーポーション
(Wither Potion)
【醸造台で作成】ウィザーダスト1、水入りボトル
ウィザーの状態異常効果を与えるポーション。
普通のポーションと同じように、レッドストーンやグロウストーン、火薬で強化できる。

追加エンチャント

名前 説明
ウィザー
(Wither)
攻撃した相手を数秒間ウィザー状態にする。剣や弓につけられる。

Configファイルでの設定変更

MOD導入後に生成されるコンフィグファイルの中身を書き変えることで、設定を変更できる。
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意

項目 説明
#block
I:"enderIO:(XXXX)=n BlockIDの設定
#debug
B:renderCapBankGauge=true 蓄電機の側面に蓄電量を表すゲージを表示する。
B:renderCapBankGaugeBackground=true 蓄電機側面の蓄電量を表すゲージの背景部分(枠と黒い部分)を表示する。
B:renderCapBankGaugeLevel=true 蓄電機側面の蓄電量を表すゲージの蓄電量部分(赤い部分)を表示する。
#item
I:"enderIO:(XXXX)=n" ItemIDの設定
#settings
I:advancedFluidConduitExtractRate=100 加圧された液体導管の搬出量(mb/t)(搬出先から自動搬出される場合はこの限りではない)。
I:advancedFluidConduitMaxIoRate=400 加圧された液体導管の搬入量(mb/t)。
D:conduitScale=0.2 導線の太さ。(0~1の間で設定、0が最小、1が最大)
B:detailedPowerTrackingEnabled=true
B:displayPowerAsRedstoneFlux=true 電力表示をRF表記にする。falseだとMJ表記になる(表記のみであり、設定がどちらであっても動作に影響はない)。
B:enderIoMeAccessEnabled=true EnderIOを使用してのAEのMEアクセス/クラフティングターミナル使用を許可する。
I:enderIoRange=8 EnderIOを使用してアクセスできるブロックの距離。
I:fluidConduitExtractRate=50 液体導管の搬出量(mb/t)(搬出先から自動搬出される場合はこの限りではない)。
I:fluidConduitMaxIoRate=200 液体導管の搬入量(mb/t)。
B:itemConduitUsePhyscialDistance=false アイテム導管の距離計算を、導管の長さからチェスト間の距離で見た長さにする。
D:maxPhotovoltaicOutput=1.0 太陽光パネルの発電量(MJ/t)。
I:numConduitsPerRecipe=8 各種導管の1回のクラフトでできる個数(ME導管を除く)。
B:perInterfacePowerTrackingEnabled=false 電力の入出力表示を5tickの平均から毎tickの表示にする? 1.0現在、trueにすると導管プローブでエネルギー導管を測った際にクラッシュする。
B:photovoltaicCellEnabled=true 太陽光パネルをクラフト可能にする。
D:transceiverBucketTransmissionCost=1.0 ディメンショナルトランシーバーでバケツ1杯分の液体を送った際の消費電力(MJ基準)。
D:transceiverEnergyLoss=0.1 ディメンショナルトランシーバで電力を送った際の損失。(0~1の間で設定、0が0%、1が100%の損失)
I:transceiverMaxIO=256 ディメンショナルトランシーバで送受信できる最大MJ/tの量。
D:transceiverUpkeepCost=0.25 ディメンショナルトランシーバの待ち状態での必要なMJ/tの量。
B:travelAnchorEnabled=true トラベルアンカーをクラフト可能にする。
I:travelAnchorMaxDistance=48 トラベルアンカーで一度に移動できる最大距離(描写距離による制限あり)。
B:travelStaffBlinkEnabled=true 旅の杖のスニーク+右クリック時の瞬間移動効果を使用可能にする。
I:travelStaffBlinkPauseTicks=10 旅の杖の瞬間移動の再発動に必要なクールダウン(単位はtick)。値が10以下の場合、無制限に使用可能。
B:travelStaffBlinkThroughClearBlocksEnabled=true 旅の杖の瞬間移動で透過ブロックを通過可能にする。
B:travelStaffBlinkThroughSolidBlocksEnabled=true 旅の杖の瞬間移動であらゆるブロックを通過可能にする。
B:travelStaffEnabled=true 旅の杖をクラフト可能にする。
I:travelStaffMaxBlinkDistance=8 旅の杖の瞬間移動の距離。
I:travelStaffMaxDistance=96 旅の杖を使用可能なブロックの距離(描写距離による制限あり)。
I:travelStaffMaxPowerIo=500 旅の杖を充電する際の充電量(MJ/t)。
I:travelStaffMaxStoredPower=25000 旅の杖の最大容量(MJ)。
D:travelStaffPowerPerBlock=10.0 旅の杖使用時の消費量(MJ/ブロック)。
B:updateLightingWhenHidingFacades=false
B:useAlternateBinderRecipe=false industrail binderをかまどではなく作業台で作れるようにする。
B:useAlternateTransceiverModel=false ディメンショナルトランシーバでalternatice modelを使用する。
B:useHardRecipes=false 各種クラフトレシピの素材コストを上げる。
B:useSneakMouseWheelYetaWrench=true イェタレンチを手に持っている時、スニーク+マウスホイールで表示する導管の切り替えを可能にする。
B:useSneakRightClickYetaWrench=false イェタレンチを手に持っている時、何もない空間かレンチ無効のブロックに対してスニーク+右クリックで表示する導管の切り替えを可能にする。


EnderIoCrusherRecipes.xmlの編集方法

+ ...


他のMODとの競合情報

BlockID **~** 、ItemID **~** にアイテムを追加する他MODを入れていると競合する。
その場合はコンフィグファイルからどちらかのMOD側のIDを変えることで回避できる。
(メモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き変える)
ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意

前提に使用する【Minecraft Forge】も非常に競合の原因になりやすいMODである。
また、単純な競合の他に、【Minecraft Forge】本体との互換性問題もある。詳しくは「MOD解説/MinecraftForge」のページも参照の事。

TacticalFrameMOD

普通にプレイする分には競合は起こさないが、TacticalFrameのタクティカルスーツの持つ特殊効果「モードチェンジ」が使用不能になる場合がある。(キー入力しても反応しない)

編集用コメント

コメント欄の方針に関してはコメント欄方針を参照して下さい。
wikiの編集が苦手な方は、以下のコメントフォームへ書き込んで頂ければ有志でページに取り込みます。
MODの情報について間違った点や、動作確認済みのMODの不具合等があればご報告下さい。
※コメントを投稿する際は、以下の点を確認して下さい※
  • 編集に関わらない内容のコメント・質問・雑談 は一律して削除されます。
    MOD配布サイト、ReadMeを熟読しても分からなかった質問は、配布サイトや非公式フォーラムなどにて質問して下さい。
  • 投稿の前に一度コメントログに目を通し、 既に同じ内容が載っていないか確認して下さい。
  • 投稿の際は必ず 前提MOD及びそのMODのバージョンを明記し、様々なケースを試した上で 報告して下さい。
  • 投稿されているコメントへの返信の際は、 返信したいコメント横の○にチェックを入れて 返信して下さい。
    表示できる親コメントの数は限られます。新規投稿をむやみに行うことは、他のコメントが流れてしまう要因になります。
コメントログ:MOD解説/EnderIO
+ 上記の内容を守れる方のみご利用ください。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ