「MOD解説/Biomes O' Plenty」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

MOD解説/Biomes O' Plenty」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 &font(red,b,120%){現在このページの情報は、Biomes O' Plenty v1.12.2-7.0.1.2391(for Minecraft 1.12.2)時のものに編集中です。 }
 
 &random_img(bop_top.png,bop_top2.png)
 
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MOD名|Biomes O' Plenty|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):製作者|TDWP_FTW, ted80, Amnet, Adubbz|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):配布場所|公式フォーラム:http://www.minecraftforum.net/topic/1495041- &br()Biomes O' Plenty Reddit:http://www.reddit.com/r/biomesoplenty &br()全ファイル置き場:http://files.minecraftforge.net/BiomesOPlenty/|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):前提MOD|【Minecraft Forge】|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用PotionID|0(計1個)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用BiomeID|40-110(計71個)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):SMP対応|○|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):srg化|○|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):関連サイト|(英語wiki)http://biomesoplenty.wikia.com/wiki/Biomes_O%27_Plenty_Wiki|
 ※表示されていないIDは未使用
 
 #region(古いバージョンの使用ID)
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用BlockID|(0.4.0 / MC1.4.7)160-166 3974-4095(計128個)&br()(0.4.8 / MC1.5.1)160-172 3957-4095(計150個)&br()(0.5.2 / MC1.5.x)160-172 1920-1943 1947-1962 4095(計51個)&br()(0.5.5 / MC1.5.x)160-172 1920-1943 1947-1969 1971 1973-1977 4095(計64個)&br()(1.1.2 / MC1.6.x)21259 21262-21263 21266-21259 21275-21276 21316-21345(計38個)&br()(1.2.1 / MC1.6.4)1920-1928 1940-1943 1950-1953 1955-1956 1960-1962 1970-1992 1996-2001 2006 2008-2009 2013-2018 2025-2028 2030 2032 2034(計67個)&br()(2.1.0 / MC1.7.10)176-253(計78個)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用ItemID|(1.2.1 / MC1.6.4)160-169 174 1920-1928 1940-1943 1950-1953 1955-1956 1960-1962 1970-1992 1996-2001 2006 2008-2009 2013-2018 2025-2028 2030 2032 2034(計78個)&br()(2.1.0 / MC1.7.10)165-169 176-253 4096-4139(計127個)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用Dimension ID|(0.4.1 / MC1.4.7)20(計1個)&br()(1.1.2 / MC1.6.x)20(計1個)&br()(1.2.1 / MC1.6.4)20(計1個)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用EntityID|(0.4.0 / MC1.4.7)101-102(計2個)&br()(0.5.5 / MC1.5.x)101-105(計5個)&br()(1.1.2 / MC1.6.x)101-107(計7個)&br()(1.2.1 / MC1.6.4)301-307(計7個)&br()(2.1.0 / MC1.7.10)301-307(計7個)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用FluidID|(2.1.0 / MC1.7.10)3-5(計3個)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用BiomeID|(0.4.0 / MC1.4.7)23-92 (計69個)&br()(0.4.8 / MC1.5.1)23-100(計77個)&br()(0.5.1 / MC1.5.1)171-254(計83個)&br()(0.5.5 / MC1.5.x)58-69 170-206 210-254(計91個)&br()(1.1.2 / MC1.6.x)58-69 170-206 210-254(計115個)&br()(1.2.1 / MC1.6.4)28-50 57-69 170-206 210-254(計118個)&br()(2.1.0 / MC1.7.10)40-123(計84個)&br()(3.0.0 / MC1.8)40-83(計44個)&br()(3.0.0 / MC1.8.9)40-102(計63個)&br()(4.1.0 / MC1.9.4)40-102(計63個)&br()(5.0.0 / MC1.10.2)40-102(計63個)&br()(6.2.0 / MC1.11.2)40-109(計70個)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用WorldTypeID|(1.1.2 / MC1.6.x)4(計1個)&br()(1.2.1 / MC1.6.4)4(計1個)&br()(2.1.0 / MC1.7.10)4(計1個)|
 #endregion
 ----
 目次
 #contents
 ----
 **Biomes O' Plentyについて
 TDWP_FTW氏作成による、Minecraft世界に新たに80個以上ものバイオームを追加するMOD。
 元々ExtraBiomesXLのアドオン「ExtraBiomesRPG」を公開していたが、長らくして独立MODとして復活した。
 主に雰囲気や景観を重視するMODであり、一面黄金の小麦畑や、溶岩が噴出している火山帯などそれぞれ個性豊かなバイオームを中心に追加する。
 さらにネザーや海洋、海岸にバイオームを追加したり、バニラのバイオームにも改変を加える。(湿地バイオームの木が柳の木になる等)
 また一つ一つバイオームのバイオームの大きさを変更できたり、バニラで要らないバイオームの出現をOFFにすることができる。
 
 その他バイオームだけでなく新たにMobやディメンションも追加するが、既存classを書き換えず、DLしたzipファイルを「mods」フォルダに置くだけで導入可能。 
 
 &font(red,b){ワールドを作成するときに、ワールドタイプ「Biomes O' Plenty」を選択しないと追加バイオームが生成されない。なおこの設定はConfigファイルより書き換えることでデフォルトのワールドタイプでも生成させることができるようになる。}
 ----
 **更新情報
 &font(red,b){1.2.1 build 416までの変更点}
 -Changed the sky color of the Ominous Woods
 -Changed the fog color of the Silkglades
 -Changed dev cape image
 -Added donator capes and helper capes
 -Disabled the Deadlands by default
 -Added an "overgrown netherrack" block that replaces the grass blocks in the Undergarden
 -Changed the surface/filler block of the Phantasmagoric Inferno to ash blocks
 -Updated Forestry integration
 -Made pine tree generation look nicer
 -Changed various textures (Pine leaves, shrub, etc.)
 -Added a Christmas surprise :)
 
 &font(b){1.2.0 build 364までの変更点}
 -Switched to the vanilla localization system
 -レッドウッドの木に低木を追加
 -Tweaked various biomes
 -葦の生成
 -Added Sacred Oak trees to the Sacred Springs
 -Added Sacred Oak saplings that appear in loot chests
 -Changed palm and pine tree generation to allow for randomization
 -Phantomのスポーン率を増加
 -ヒマワリ(Sunflowers)が正しく生成されるように
 -Updated ore dictionary entries for cross-mod integration
 -Mobの有効/無効を切り替えられるように
 -Phantomがプレイヤーを壁に埋めてしまうことがあったのを修正
 -Purified grass no longer burns infinitely outside the Nether
 -Added Sublime Shrubland biome to the Promised Land
 -Added Bloody Heap biome to the Nether
 -蜂の巣を構成するいくつのブロック、ならびに液体蜂蜜を追加
 -蜂の巣付近にスポーンするスズメバチ(Wasp)を追加
 -Added Birds that spawn in the Promised Land
 -Added Pixies that spawn in the Promised Land
 -Added Pixie Dust
 -Added Empty Honeycombs and Filled Honeycombs
 -Added Ambrosia
 -Added Chunk of Flesh
 -Added Empty Jar, Honey Jar, Poison Jar, and Pixie Jar
 -Made Rosesters place roses randomly when walking
 -Redid cloud generation for the Promised Land
 -Added integration for ATG (Alternate Terrain Generation)
 -Added support for WorldCore (Fog colors and thickness)
 -Fixed TreeCapitator integration
 -Added Koru
 -Added Roots
 -クローバーパッチ(Clover Patch)を追加
 -石筍(Stalagmite)を追加
 -Added Turnips and Turnip Seeds
 -Undergardenバイオームにおけるネザーウォートの生成率を減少
 -リンゴの木の性能を低下
 -Changed how you obtain the ??? music disc
 -Renamed Apatite to Malachite
 -Remade the gem ore, decorative block, and item textures
 -宝石のドロップ量を減少
 -Removed all of the Sacrificial Altar stuff
 -Removed all of the biome finder achievements
 -新規アチーブメントを追加
 -Simplified block registration and added item registration
 -Moved gems to their own class/ID
 -Reorganized block IDs
 -Separated non-biome compliant leaf blocks into 4 IDs instead of 2
 -Separate biome compliant leaf blocks into 2 IDs instead of 1
 -魔法の木(Magic tree)にパーティクルを追加
 -Added appropriate "colors" for all biomes (Used in map viewer programs)
 -Added unique "inside" log textures for all logs
 -Prevented underground liquid poison/spring water lakes from generating in the Origin Valley, Nether, and Promised Land
 -Made leather armor protect you from deathblooms, burning blossoms, thorns, and tiny cacti
 -追加木のハーフブロックや階段のレシピを修正
 -Fungi Forestバイオームを一新
 -Mystic Groveバイオームを一新
 -Fixed inconsistent biome maps
 -Changed default biomes to generate in config
 -レッドウッドの木を栽培するのに必要な苗木の数を9→1に
 -Added developer capes
 -"Gradlized" the mod
 -Removed 1.6.2 "support"
 -各種テクスチャを微調整
 -Various other bug fixes and tweaks
 
 &font(b){1.1.2 build 50~52での変更点}
 -サーバー上でカスタム村の素材に起因するクラッシュするバグを修正。しかしこの修正の結果として、891のForgeを使用するか、新しく適切な素材の村を生成しなければならない
 -1.6.2以降の互換性を追加
 
 &font(b){1.1.1 build 47~49での変更点}
 -竹(Bamboo)に新しいレンダリングを与えた
 
 &font(b){1.1.0 build 32~46での変更点}
 - 蒸気のアニメーションを作成
 - 亡霊(Phantom)を追加
 - 恐ろしい魂(Ghastly Soul)のレシピを削除
 - 村を生成できるバイオームのデフォルト設定を変更
 - ウィザーウォート(Wither Wart)を追加
 - 毒沼(Liquid Poison)のテクスチャを調整
 - いくつかのローカライズを更新
 - 山岳バイオーム群の高さを修正
 - 墓石をネザーに生成されるように追加
 - 柳の木の生成方法を変更
 - 柿(Persimmon)と柿の木(Persimmon tree)を追加
 - 食料で飢餓/満腹の値を変更
 - スムーズな空の色の変化を追加(this was a Forge addition, but it's worth mentioning)
 - ジャングルスパイダー(Jungle Spider)を弱体化
 - MODのロゴを変更
 - 様々な色のサンゴ(Coral)を追加
 - 昆布(kelp)を調整
 - いくつか海洋バイオームを追加
 -- Oceanic Abyss
 -- Coral Reef
 -- Kelp Forest
 - Forge Multipart microblocksの互換性を追加
 - 雪バイオームの降水量を修正
 - バイオーム「Ochre Acres」を追加
 - バケツコンテナのアイテムを修正
 - りんごの成長時間を増やした
 - ウェーディングブーツ(Wading Boot)を追加
 - ひれ(Flipper)を追加
 - バイオーム「Oasis」を調整
 - 様々なバイオームにカスタムしてる村を追加
 - Fixed block picking on stairs (Our OCD friend Leenhaart :P)
 - サブバイオーム「Tropics Mountain」を追加
 - ハイビスカス(Hibiscus)を追加
 - 谷にユリ(Lily)を追加
 - 燃える花(Burning Blossom)を追加
 - 様々な植物/花を調整
 - アロエ(Aloe)をアナナス(Bromeliad)に名前を変えた
 - ラベンダー(Lavender)を追加
 - バイオーム「Lavender Fields」を追加
 - 骨粉で小さなサボテン(Cacti)とガマ(Cattail)を成長させる方法を追加
 - 現在はさみを使用しないで死の新芽(Death bloom)といばら(Thorn)を回収する場合傷つける
 - セイタカアワダチソウ(Goldenrod)を追加
 - ブルーベル(Bluebell)を追加
 - isGenMineableReplaceableを使用するように切り替えた(which in turn fixed Underground Biomes compatibility with gems)
 - 低木(Shrubs)を追加
 - 小麦草(Wheat Grass)を追加
 - 湿った草(Damp Grass)を追加
 - 苔(Moss)の生成を調整
 - 苔(Moss)のテクスチャを調整
 - バイオーム「Badlands」で雨が降らないように
 - 作成した苔は今や広がらない
 - Minecraft 1.6.4にアップデート
 - 抗夫の喜び(Miner's Delight)を追加
 - 果実がなった茂み(Berry Bush)のレンダーを調整
 - MFR APIをアップデート
 - Forestry APIをアップデート
 - コンフィグ設定に海洋バイオーム、ウィザーウォート(Wither Wart)、燃える花(Burning Blossom)を追加
 - 凍ったアヤメ(Icy Iris)を追加
 - フラットマッシュルーム(Flat Mushroom)を追加
 - バイオーム「Tropical Rainforest」にカカオの木(Cocoa Tree)を追加
 - バイオーム「Brushland」「Scrubland」にジャングルの木を追加
 - バイオーム「marsh」の生成方法を調整
 - 沼地に泥(Mud)を追加
 - ヨシ(Reed)から川のサトウキビ(River Cane)に名前を変えた
 - ちゃんとした葦(Proper Reed)を追加
 
 #region(close,過去の更新情報)
 過去の更新情報
 &font(b){0.6.2での変更点}
 - bigtreesとの互換性を修正
 - 祭壇にある別のバグを修正
 
 &font(b){0.6.1での変更点}
 - Fixed food for the fifty-billionth time
 - fr_CA localisationを追加
 - fr_FR localisationを追加
 - pl_PL localisationを追加
 - 温泉に入った時の効果「Regeneration」の設定を追加
 - いくつか実績を調整
 - 水たまりがより早く乾くように
 - バイオーム「Grassland」の高度を変更
 - Promised Landを調整
 - 温泉の「Regeneration」の効果を修正
 - 階段の硬度を修正
 - 新バイオーム:「Silkglades」
 - Added a config option to generate pumpkins without faces
 - Added a config option to disable lethal decoration
 - バイオーム辞書の定義を調整
 - バイオーム「Origin Valley」の空の色を調整
 - 強化されたバニラのバイオームにサブバイオームを追加
 - 大麦(Barley)のテクスチャを調整
 - 流砂(Quicksand)の深さを修正
 - 新バイオーム:「Overgrown Greens」
 - デフォルトのワールドに追加バイオームを追加する設定が有効になってない場合、ネザーが改変されないように
 - 苗木に関してクラッシュする問題を修正
 - バニラで生成される剥き出しの石を無効にする設定を追加
 - バイオーム「Shrubland」の高度を調整
 - バイオーム「Tundra」の高度を調整
 - "スジ"のように地形が生成されるバグを修正
 - 構造物の生成を無効にしている時にクラッシュするバグを修正
 - 犠牲の祭壇に関するバグを修正
 - 松の木(Pine Tree)の成長条件と、ハーフブロックのバグを修正
 
 &font(b){0.6.0での変更点}
 - Ripped out old integration for BuildCraft pumps
 - 犠牲の祭壇(Sacrificial Altar)をサーバ上で使用するとクラッシュするバグを修正
 - ドイツ語を使用した際、クラッシュするバグを修正
 - 特定のレシピにおける設定オプションを追加
 - バイオーム「Bayou」「Lush Swamp」の高度を調整
 - バイオーム「Field」を見直し
 - バイオーム「Wasteland」に尖峰を追加
 - サブバイオーム「Savanna Plateau」を追加
 - 山岳バイオームの高度を見直し
 - 食べ物に関するバグを修正
 - RailCraftとGregTechと併用した際のクラッシュバグを修正
 - 中国語に対応
 - 設定ファイルをサブファイルに分割
 
 &font(b){0.5.9.2での変更点}
 - Promised Land内限定でChromafloraという花が登場するように
 - Promised Land内の柳の木をSwamp ivy treesに置き換え
 - Promised Landに雲が生成されるように
 - マルチプレイ時に食物を食べた際のバグを修正
 - ロシア語翻訳をちょっと修正
 - Updated Forestry Integration and API
 - Loftwoodの木のレシピを修正
 - Updated ore dictionary registration for logs
 - 原木、木材のテクスチャを微調整
 
 &font(b){0.5.9での変更点}
 - 食べ物を食べた際のバグを修正
 - いくつかのバイオームの高度を修正し、バイオーム「Snowy Confierous Forest」の木々の量を減らした。
 - いくつか花のテクスチャを変更し、実績のアイコンをいくつか変更した。
 - マングローブの高度を修正
 - Better Grass & Leavesの落ち葉をサポート
 - モブではない(トロッコ等)エンティティがツタウルシに触れた際のクラッシュバグを修正
 - Better leaf texturesをアップデート
 - 苗木に関するクラッシュバグを修正
 - 長い草ブロック(Long Grass)を追加
 - コンフィグに海洋バイオームの生成をOFFにするオプションを追加
 - マッシュルームパウダーのアイコンの問題を修正
 - バイオーム「Garden biome」を調整
 - バイオーム「Shield biome」を調整
 
 &font(b){0.5.8での変更点}
 - Removed the crappy Amethyst Tinkers Construct tools
 - 墓(Grave)を作り直し
 - Berriesのテクスチャを変更
 - Berriesの名前をBerryに変更
 - Adjusted how common Scythes are damaged
 - 野生のニンジン(Wild carrots)を追加
 - Salad(サラダ)を追加
 - 描画設定Fast用の柳の葉のテクスチャを変更
 - Gardenバイオームを微調整
 - Beachのサブバイオームの生成に関するオプションを追加
 - ロシア語に対応
 - 空の色に関するオプションを修正
 - 植物が不適な位置に生成されないように
 - Reedsをハサミで刈り取った際の挙動を修正
 - Poison dartのパーティクルを修正
 - クリエイティブタブのアイコンを調整
 - 水たまりがより早く乾くように
 - 高度256以上の地形生成に完全対応
 - サブバイオームを微調整
 - 一部の苗木のテクスチャを一新
 - Alpsサブバイオームを微調整
 - Modのロゴを修正
 - Fixed fluid localizations
 - Fixed bucket container items
 - Poison ivyは革の靴、皮のレギンスで毒を防げるように
 - 一部のバイオームで高度128以上にもブロックが生成されるように
 
 &font(b){0.5.7での変更点}
 - Minecraft 1.6.2に対応
 - 鎌(Scythe)のクラフトレシピを調整
 - サブバイオームを追加
 -- Canyon Ravine
 -- Meadow Forest
 -- Thick Ominous Woods
 -- Pasture Meadow
 -- Thinned Pasture
 -- Thick Shrubland
 -- Thinned Timber
 - 源泉を汲むためのアメジストバケツを追加
 - Badlandsバイオームを微調整
 - Overgrown Beachサブバイオームを削除
 
 &font(b){0.5.6での変更点}
 - Minecraft 1.6.xに対応
 - TreeCapitatorとの互換性を追加
 - 古代の杖(Ancient Staff)と吹き筒(Dart Blower)に立体的なレンダリングを作成
 - 祭壇の骨組み(Altar Frame)を追加
 - 生贄の炉(Sacrificial Focus)を追加
 - 天界の水晶体(Celestial Lens)を追加
 - 霊魂の操縦者(Soul Manipulator)を追加
 - 鎌(Scythes)を追加
 - 各種泥/アメジストツールのテクスチャを修正
 - モブ「Globs」のAPIを追加
 - モブ「Globs」のスポーン関係を修正
 - バイオーム「Overgrown Beach」の装飾を修正
 - バイオーム「Coniferous Forest」のバイオームカラーを変更
 - いくつかの原木で木炭に精錬できない問題を修正
 - ネザーの変更を無効にするオプションを追加
 - リンゴの木からリンゴを拾う処理を微調整
 - 苗木の設置処理を微調整
 - 追加された階段が燃料として使用できるようになった
 - 新しいローカライズシステムに切り替えた (それは誰もが使用するということはありません)
 - Thaumcraftのゴーレムでリンゴの木での作業に関する修正
 - MineFactoryReloadedとの互換性を追加
 - 苔(Moss)のBlock IDを変更
 - Configで"Add Biomes To Default World"=falseのままで、デフォルトのワールドタイプを選択してワールドを生成したときに警告するのを追加
 - 新しいバージョンチェックシステム
 - 実績「Biome Finder」を追加
 - Tinkers constructと各種アメジストツールとの連携を追加
 - 鋏で果実がなった茂み(berry bushes)から実を取れないのを修正
 - Better Grass and Leavesのサポートを追加
 - バイオーム「Fungi Forest」の木を修正
 - ピラミッドの生成を調整
 - ワールドタイプ「Biomes O' Plenty」で他MODによるバイオームが生成されるようになる。
 - 水たまり(puddles)を追加。水たまりは雨が降った時に生成される。
 - 草から種をドロップしないのを修正
 - 墓(Graves)を追加
 - 馬はいくつかのバイオームでスポーンするようになる
 - 効果「Nourishment」を削除
 - Better World Generation 4との連携を削除 (BWG4作者の意向によりBWG4で互換性をサポート)
 - あなたはもはやバイオーム「Hot Springs」「Orchard」でスポーンできるようになる
 - 温泉(hot springs)の生成を調整
 - リンゴの木(apple tree)の生成を調整
 - 温泉(Spring water)はもはや素手で汲み取れる。
 - 藻(Algae)は今やバイオーム毎に色が変化する
 - バイオーム「Badlands」を調整
 - バイオーム「Mystic Grove」を調整
 
 &font(b){0.5.5での変更点}
 - Thaumcraftと同時に使用した時の問題を修正
 - ツンドラ(Tundra)バイオームの丸石の生成を修正
 - 竹ブロックのレシピを追加
 - Liquid Poisonのテクスチャを調整
 - カスタム染料を羊、犬に使えるように
 - テクスチャに関するバグを修正
 - 6種類の宝石を追加
 - Ancient Staffのレシピを変更
 - いくつかのバイオームの温度/湿度の内部数値を変更/修正(ForestryForMinecraft用)
 - コンフィグファイルにネザーのバイオームの生成に関する項目を追加
 - コンフィグファイルにcustom lootに関する項目を追加
 - 竹の葉が自然消滅しないバグを修正
 
 &font(b){0.5.4での変更点}
 &color(red){バイオームが増加したことにより、従来と同じseed値でも違う地形が生成される。&br()0.5.3以前で生成されたマップから移行すると所謂バージョンの壁、地形の不整合が現れることになる。}
 - 新バイオーム:「Timber」「Hot Springs」
 - 新液体:「Spring Water」「Liquid Poison」
 - ネザーの新バイオーム追加
 -- 従来のHell(現:Nether)に加え、「Undergarden」「Corrupted Sands」「Phantasmagoric Inferno」「Boneyard」の4つが追加
 - Bogバイオームの整備
 - Boreal Forest、Canyon、Mangroveバイオームを調整
 - Beachバイオームのバリエーション追加
 - バイオーム「Jade Cliffs」の木の出現に関する調整
 - バイオーム「Swampwoods」を「Sludgepit」に改名、かつての「Bog」のように調整
 - バイオーム「Deadlands」内におけるSmoldering Grassの生成を調整
 - 新ブロック:「Bone Segments」
 - ベリーの木にアニメーションを適用
 - リンゴの葉のグラフィックを変更
 - 地上世界のバイオームから「ネザー」タグを削除
 - 収穫時の果実の出方を調整
 - 昆布(kelp)、つた(Ivy)を追加
 - リンゴの木の生長を下方修正
 - タンポポのパーティクルを調整
 - 新状態異常: 「Nourishment(満腹度回復)」「Paralysis(麻痺)」
 - 新樹木:松(Pine Tree)、ジャカランダ(Jaracanda)、Hellbark(地獄の樹皮)
 - Deathbloomにパーティクルを追加、接触時するとWitherの状態異常がかかるように
 - Hard Dirtのテクスチャを変更
 - Aloeのテクスチャを変更
 - モミの葉(Fir leaf)のテクスチャを変更
 - 流砂(Quicksand)の生成規則を調整
 - 小さいサボテン、いばらが光量で散らなくなった
 - 煙のパーティクルを追加
 - 草の生成範囲の調整
 - 藻(Algae)の生成規則、グラフィックを変更
 - Promised Lands関連
 -- Promised Landsのポータル生成規則を変更
 -- Promised Landsから落下すると地上世界へ戻るように
 -- Ancient Staffが繰り返し使用可能に
 -- Promised Lands経由の移動で、地上世界を16倍(ネザーの2倍)進めるように
 -- Promised Landsでも太古の杖を使えるようになった
 -- Promised Landでは油田が生成されないように(Buildcraft導入時のみ)
 -- アメジスト製のツール/防具を修復可能に
 
 &font(b){0.5.3での変更点}
 - 葦(Reeds)を追加
 - 3種類のキノコを追加:ブルーミルクキャップ(Blue Milk Cap)、光るキノコ(Glowshroom)、ポートベロー(Portobello)
 - Thermal Expansionの互換性を調整及び修正
 - いくつかの花の生成乱数を調整
 - ツタウルシ(Poison Ivy)を追加
 - 村と村の距離がデフォルトの値に変更
 - バイオーム「Fungi Forest」を微調整
 - バイオーム「Marsh」で正しく高い草を生成できるように
 - 鍛冶屋のチェストから大麦を削除
 - 白いタンポポ(Dandelion)を追加 (それは空気に吹き込める!)
 - バイオーム「Redwood Forest」を改善、及びセコイアの生成をまばらにした
 - バイオーム「Polar」と旧バイオーム「Ice Sheet」を置き換え
 - 葉の生成乱数を追加
 - ユッカ(Yucca)をアロエ(Aloe)に改名
 - 苔(Moss)のテクスチャを変更
 - 吹き筒(Dart Blower)を追加
 - 少しレシピを変更
 - 新しくしたPromised Landの地形生成
 - Promised Landにサブバイオームを追加
 - 骨粉を利用した植物の成長を調整
 - Promised Landは天空の石(Skystone)で構成される
 - アメジスト鉱石(Amethyst Ore)のテクスチャを調整
 - 各種flower bandsを追加
 - 雲ブロック(Cloud Block)を追加
 - セコイアの木の成長は現在、セコイアの苗木を3×3必要とする
 - バイオーム「Ominous Woods」に蜘蛛のスポーン間隔を調整
 - バイオーム「Seasonal Forest」に紅葉樹・樫(Autumn)と楓(Maple)の大木を生成
 - Promised Landの空の色を作成
 - 天界のクリスタル(Celestial Crystal)を追加
 - 泥だんご(Mudball)のクラッシュバグを修正
 - リンゴの葉を微調整
 - ヤシの木の生成を調整
 - 青、茶色、緑、白、黒の代替の染料を追加
 - バイオーム「Icy Hill」の起伏を増やした
 - 大麦(barley)に生成乱数を与えた
 - ひまわり(Sunflower)を追加
 - スイレン(Waterlily)を追加
 - いくつかの実績の説明を調整
 - Better World Generation 4より生成されるアカシアをBiomes O' Plentyのアカシアに置き換え
 - バイオーム「Savanna」を微調整
 - Biomes O' Plentyの森は今や"Get Wood" の実績をトリガーする
 - 果実がなった茂み(Berry Bush)を追加
 - ひまわりの種(Sunflower Seed)を追加
 - バイオーム「Grove」を見直し
 - バイオーム「Field」を見直し
 - 新モブ「Glob」を追加
 
 &font(b){0.5.2での変更点}
 - MOD開発者向けのAPIを追加
 - Thermal Expansionの製材機(Sawmill)でBiomes O' Plentyの苗木をサポート
 - 使用されるブロックIDの量大幅に削減。これにより既存のワールドは壊れる
 - 最新のMinecraft Forgeに対応
 - さまざまな事柄でIShearableを使用するように変更
 - Mo'Creaturesに互換性を持つように変更
 - 実績のために修正を行い、デフォルトの設定で有効になるようにした。(コンフィグファイルで設定可能)
 - Better World Generation 4 のサポートを追加
 - 鋏でBiomes O Plentyの葉ブロックを回収できるように
 - デスクトップにサウンドファイルが作られる問題を修正
 - Adjusted high grass hitbox to cover both blocks
 - Biomes O' Plentyの苗木がForestryForMinecraftのバイオマス発酵槽(Fermenter)でも使用できるように
 - Biomes O' Plentyの花がForestryForMinecraftの蜂の活動に使用できるように
 - 紅葉樹とサクラの葉ブロックにそれぞれの固有の名前を付与
 - バイオーム辞書のサポートを追加
 - Biomes O Plentyの草を破壊した際の種のドロップを追加
 - 新芽(Sprout)から1%の確率でニンジンとジャガイモドロップ
 - リンゴの葉を破壊したときにリンゴのランダムドロップを追加
 - 骨粉で赤・黄色の花を成長できるように
 - 竹葺き屋根(Bamboo Thatching)のレシピを調整
 - 竹は棒として機能するように
 - Hopefully fixed saplings once and for all
 - ハードコードされた葉の色を追加
 - ワールドタイプ「Biomes O' Plenty」にて村と村生成の距離を追加
 - より多くのバイオームに村生成を追加
 - ガマ(Stem)の生成を調整
 - 改名されたテクスチャファイルをゲーム内の名前に反映するように
 - You can now have different textures for the heart of every log
 - Thaumcraftの互換性を追加
 - 定期的なBiomes O' Plenty音楽ディスクファイルを更新。有効にするには古いbopdisc.oggの削除が必要な場合がある。
 - ForestryForMinecraftの蜂の巣の生成がBiomes O' Plentyの特定のバイオームで生成されるように
 - ワールドタイプ「Large Biomes」のバイオーム生成を修正
 - 葉ブロックの崩壊を修正
 - デフォルトのワールドタイプにバイオームを追加するオプションを修正
 - 赤岩(Red Rock)を修正
 - Biomes O' Plentyのアイテムを修正
 - マングローブ(Mangrove)と光の木(Holy)の苗木を修正
 - Thaumcraftの相/Aspectの付与を完了
 - バイオーム「Bamboo Forest」のスタイルを変更
 - バイオーム「Desert」にユッカの花(Yucca flower)を追加
 - 高いガマ(High Cattails)を追加
 - 高い草(High grass)の区切りを追加
 - Ashにつけられた火は永遠に燃え続けるように
 - 柳(Willow)の色付けを修正
 - バイオーム「Canyon」を少し修正
 - バイオーム「Lush Desert」を少し修正
 
 &font(b){0.5.1での変更点}
 -Fixed server crash with mudballs
 -Fixed Forestry beehives spawning, as well as giving biomes appropriate temperatures
 -Fixed sapling bugs
 -Fixed recipe for mossy cobblestone
 -Added bamboo saplings
 -Bonemeal now creates the appropriate giant flowers when used on red and yellow flowers
 -Changed default biome ids
 
 &font(b){0.5.0での変更点}
 -Desert sprouts and Dune Grass now require shears to be harvested
 -Added alpha beaches to origin valley biome
 -You can now throw Mudballs to deal 1/2 heart of damage
 -Entities get the slowness potion effect when hit by mudballs
 -Mud balls can now be fired from dispensers
 -Resources now only install client-side
 -Fixed bonemeal on Origin Saplings
 -Bonemeal now only reacts to mangrove saplings when they are on sand
 -Fixed bonemeal and holy grass dependancies on Holy and Magic saplings
 -Changed the leaves blocks to use the IShearable interface
 -Made the enderporter only work in the overworld
 -Fixed the textures for logs to display according to their orientation
 -Adding Leaves, Saplings, Stairs and Slabs to Ore Dictionary
 -Fixed crash on right clicking on slabs with nothing in your hand
 -Fixed trees not generating in the Mystic grove
 -Fixed placing Moss, TreeMoss and Willow
 -Fixed a bug with Promised Lands not using the ID from the config file
 
 &font(b){0.4.9での変更点}
 -Tools actually have the properties of the tools they are meant to be (they used to all think they are swords)
 -Ore dictionary support for wood
 -Added a temporary fix for the Ach Flower issue in the form of a config option for achievements
 -Fancier message upon creation of The Promised Lands
 -No more duplicate chat messages on creating the Promised Lands
 -You can no longer create an infinite endstone supply from spamming Promised Lands portals
 -Holy Tall grass no longer drops itself without using shears
 -Fixed things wrongly having wooden footstep sounds
 -Saplings now use the new bonemeal system added by Minecraft 1.5
 -Bonemeal now creates Holy Tall Grass when used on Holy Grass
 -Fixed slabs not stacking
 -Fixed leaf decay
 -Fixed tool effectiveness on various blocks
 -Gave smoldering grass and ash their expected behaviours; burn on contact (smoldering grass) and slowness (ash)
 -Holy and magic saplings will only grow on Holy Grass
 -Holy Grass burns up into soulsand in the Nether
 -Fixed axe recipes
 -Removed unnecessary recipes for hoes
 
 &font(b){0.4.8での変更点}
 -fixed smoldering grass texture
 -fixed flower achievement?
 -fixed Giant red flower texture
 
 &font(b){0.4.7での変更点}
 -Minecraft 1.5.1に対応。
 
 &font(b){0.4.6での変更点}
 -Added a new music disc.  It's crafted with the normal Biomes O' Plenty music disc, and another material from the mod (I want to keep it as mysterious as possible, but it's obvious if you look at it in the creative inventory).
 -Added cactus green dye and cocoa beans to chests in dungeons/mineshafts/villages.
 -Added naturally spawning Snow Golems to the Icy Hills.
 -Changed the texture of Hard Ice.
 -Various tweaks and changes.
 
 &font(b){0.4.5での変更点}
 -2 new biomes.  The Ice Sheet, and Snowy Woods.
 -New blocks.  Quicksand (Generates in a few different biomes), Smoldering Grass (Generates in the Deadlands), and Crag Rock (Replaces the gravel in the Crag).
 -Overhauled the Deadlands a bit.
 -Improved Fir and Redwood tree generation.
 -Added an option to the config file to generate the Mushroom Island biome like normal biomes (Enabled by default).
 -Multiple bug fixes.
 
 &font(b){0.4.4での変更点}
 -Made water ponds generate more frequently in the Grasslands and Oasis.
 -Made lava ponds generate more frequently in the Deadlands and Volcano.
 -Improved palm tree generation a bit.
 -Fixed mud balls disappearing when right clicked.  I was going to make it so you could throw them, but it didn't end up working.  I forgot to remove the function from the mudballs, but it's fixed now.
 -Changed the algae texture.
 
 &font(b){0.4.3での変更点}
 -Fixed the custom achievements.
 -Added certain items to dungeon/mineshaft/stronghold/blacksmith chests.
 -Added a custom music disc.  Music by Tim Rurkowski.  He's been doing the music and sound design for a game I'm working on called Traversia, and I thought it'd be neat to use the title theme for it as a music disc in the mod.  It can be found in dungeon chests as rare loot.
 -Changed a few minor things like the crafting recipe for mossy cobble/stone brick (Uses 8 moss instead of 4 now).
 
 &font(b){0.4.2での変更点}
 -Fixed the spires in the wasteland.
 -Holy logs dropping mangrove logs.
 -Added 2 new config options.
 
 &font(b){0.4.1での変更点}
 -Added 10 new biomes!  Check the Biomes section in the opening post for more information.
 -Added a new dimension called the Promised Land.  It's basically a replacement for having the Promised Land biome in the overworld.
 -Added a bunch of new blocks, including Bamboo Thatching, Holy Stone, Moss, and more!
 -Added a new set of tools/armor, made with the new Amethyst Ore that generates in the Promised Land.
 -Fixed villages not generating.  They now generate in all biomes that are relatively flat.
 -Major changes to a few existing biomes, such as the Deciduous Forest.
 -Old Boreal Forest biome renamed to Spruce Woods, as I added a proper Boreal Forest biome in its place.
 -Fixed short/medium grass, bushes, and sprouts not being able to be placed properly, and appearing as greyscale in the inventory.
 -Added a separate world type for the biomes, again.  This is so vanilla worlds don't get messed up without disabling all of the mod's biomes.
 -Changed up some crafting recipes and existing items.  The Enderporter now functions as the Magic Mirror did.  The Magic Mirror was changed to the Ancient Staff, which is used to open up the gateway to the Promised Land.
 -Added a few new achievements.
 -Added a separate creative inventory tab for all blocks and items in Biomes O' Plenty.
 -Increased mod compatibility.
 -Various bugfixes, changes, and tweaks that benefit the mod.
 
 &font(b){0.4.0での変更点}
 - モブ「Mutant」と「Undead Spider」を削除。
 - バイオーム「Grasslands」がMC1.7.3のSwamplandsのようになった。
 - バイオーム「Mangrove」を少し調整。及びマングローブの木・木材などを追加。
 - バイオーム「Tropics」の空の色を変更.
 - バイオーム「Prairie」に生える草が、背が低い草と背が高い草の2つになった。
 - ヤシの葉のテクスチャを変更。
 - Fixed hardcoded mob IDs.
 - Probably some other minor stuff that I can't remember off the top of my head. 
 
 #endregion
 
 &font(blue,b){既知の不具合}
 -一部のMODを導入していて、modsフォルダ内に「WorldCore」が入っている場合、ゲームが起動できないことがある。(WorldCoreを削除すると問題なくゲームは起動できる。)
 -自然に生成される地獄の樹皮(Hellbark)の葉っぱが違う種類の葉っぱになっている。
 //-
 
 ----
 **Biomes O' Plentyの導入方法
 &b(){◆シングルプレイ}
 前提として「[[MOD解説/MinecraftForge>MOD解説/MinecraftForge#InstallationSSP]]」に従って【Minecraft Forge】を導入する。 
 +「bin」の1つ上の階層の「.minecraft」フォルダに移動し、「mods」フォルダが生成されているか確認。無い場合は自分で作成。
 +「mods」フォルダの中に、ダウンロードしたBiomes O' Plentyを&b(){zipファイルのまま}コピー&貼り付けする。
 +マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。
 
 &b(){◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)}
 
 #region
 +上記の手順に従って、シングルプレイ用に Biomes O' Plenty を導入する。
 +サーバー主側から指定がある場合は、指示通りにコンフィグファイルを修正し、Biomes O' Plenty 以外のMODも導入する。
 +対象のサーバーにログイン。
 #endregion
 
 &b(){◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)}
 #region
 &font(red){minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方については「[[マルチプレイ]]」のページを参照。そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。}
 前提として「[[MOD解説/MinecraftForge>MOD解説/MinecraftForge#InstallationSMP2]]」に従って【Minecraft Forge】を導入する。 
 +指定されているフォルダの中に、ダウンロードしたBiomes O' Plentyを&b(){zipファイルのまま}コピー&貼り付けする。
 +server.properties内のlevel-typeをDEFAULTからBIOMESOPに変更。
 +サーバーを起動。正常に起動し、MOD内容が反映されていれば導入は終了。
 #endregion
 
 ----
 **対応環境
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 7.0.1}
 ◆Minecraft 1.12.2
 -Minecraft Forge 14.23.4.2703 〜
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 6.2.0}
 ◆Minecraft 1.11.2
 -Minecraft Forge 13.20.1.2386 〜
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 5.0.0}
 ◆Minecraft 1.10.2
 -Minecraft Forge 12.18.3.2185 〜
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 4.1.0}
 ◆Minecraft 1.9.4
 -Minecraft Forge 12.17.0.2051 〜
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 3.0.0}
 ◆Minecraft 1.8.9
 -Minecraft Forge 11.15.1.1722 〜
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 3.0.0}
 ◆Minecraft 1.8
 -Minecraft Forge 11.14.4.1563 〜
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 2.1.0}
 ◆Minecraft 1.7.10
 -Minecraft Forge 10.13.4.1614 〜
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 2.0.2}
 ◆Minecraft 1.7.2
 -Minecraft Forge 10.12.2.1121 〜
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 1.2.1}
 ◆Minecraft 1.6.4
 -Minecraft Forge 9.11.1.1345 ~
 
 #region(close,過去の対応環境)
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 1.0.0}
 ◆Minecraft 1.6.x
 -Minecraft Forge 9.11.0.916 ~(MC1.6.4)
 -Minecraft Forge 9.10.0.871 ~(MC1.6.2)
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 0.6.0}
 ◆Minecraft 1.6.2
 -Minecraft Forge 9.10.0.804 ~(MC1.6.2)
 
 &font(red,b){Biomes O Plenty 0.5.9.4}
 ◆Minecraft 1.5.x
 -Minecraft Forge 7.7.2.678 ~(MC1.5.1) or
 -Minecraft Forge 7.8.0.684 ~(MC1.5.2)
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 0.5.6}
 ◆Minecraft 1.6.x
 -Minecraft Forge 8.9.0.772 ~(MC1.6.1) or
 -Minecraft Forge 9.10.0.804 ~(MC1.6.2) or
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 0.5.2}
 ◆Minecraft 1.5.x
 -Minecraft Forge 7.7.2.678 ~(MC1.5.1) or
 -Minecraft Forge 7.8.0.684 ~(MC1.5.2)
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 0.4.7}
 ◆Minecraft 1.5.1
 -Minecraft Forge 7.7.0.608 ~
 
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 0.4.0}
 ◆Minecraft 1.4.7
 -Minecraft Forge 6.6.0.494 ~
 #endregion
 
 ----
 **追加バイオーム一覧
 ※&b(){以下の追加バイオーム解説において、&color(blue){1.x.x}などのバージョン情報はMinecraft本体のバージョンを表し、そのバージョンに対応した本MODの最新版における情報を意味します。}
 ***バニラバイオームの改変
 ※&color(red){バニラバイオームの改変は1.8では行われない。}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Beach|MIDDLE:(&font(b){ワールドタイプ:Biomes O' Plenty限定})バイオームの概念が追加され、Beachの他に、Gravel Beach、Overgrown Beachが生成されるようになる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Desert|MIDDLE:空の色が黄色くなり、地上では流砂があちらこちらで発生する。また小さなサボテン(Tiny Cactus)やアロエ(Aloe)が自生するようになる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Extreme Hills|MIDDLE:花草の他にジャカランダの木が生えるようになる。ワールドタイプがBiomes O' Plentyの設定の場合、山頂の高さが128を超える場合もある。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Forest|MIDDLE:木に苔が貼るようになるほか、ひまわりやヨシ、ツタウルシが生えるようになる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Nether(Dimension)|MIDDLE:バイオームの概念が追加され、Netherの他に4種類のバイオームが生成されるようになる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Jungle|MIDDLE:空の色が変化し、地上では水が濁り、稀にメロンが自生していたり流砂が発生するようになる。地下ではy32以上において洞窟内にもつるが生えるようになる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Ocean|MIDDLE:(&font(b){ワールドタイプ:Biomes O' Plenty限定})バイオームの概念が追加され、Oceanの他に、Coral Reef、Kelp Forest、Oceanic Abyssが生成されるようになる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Plains|MIDDLE:雑草の種類が増加し、短い草(Short grass)や、やや短い草(Medium grass)が生えるようになる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Swampland|MIDDLE:深い霧が立ち込み、カシの木ではなく柳の木が自生するようになる。周辺には倒木や泥も見られるようになる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Taiga|MIDDLE:短い草(Short grass)が生えるようになる。|
 
 
 ***地上(Overworld)で追加
 &bold(){1.12.2以前で追加されるバイオーム}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Alps|MIDDLE:アルプス。草や土がなく、雪ブロックが積み重なった山脈地帯。一切木が生えていない。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Bayou|MIDDLE:緩流河川。バイユー、根元が大きなカサ状の木と、切り株が立ち並ぶ沼&河川が特徴的な沼地。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Bamboo Forest|MIDDLE:竹が密集している森林バイオーム。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Bog|MIDDLE:カシ製の細長い木、白樺製の細長い木が生えた湿地バイオーム。陸地には毒沼が生成される。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Boreal Forest|MIDDLE:紅葉バイオーム。カシの木と白樺の木、黒松が混在した森。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Brushland|MIDDLE:色んな背の高さを持つ木が群生している大地。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Chaparral|MIDDLE:小さい木と、ところどころにある岩で構成された丘陵地帯。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Cherry Blossom Grove|MIDDLE:満開のサクラの木が群生した森林バイオーム。前作同様みっしりと生えている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Cold Desert|MIDDLE:地表が主に砂利か雪ブロックで構成された、丸石のオブジェクトの点在する積雪のない冷たい砂漠。&color(blue){&b(){1.8〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Coniferous Forest|MIDDLE:モミの木で構成された、それなりの起伏を持つ森林バイオーム。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Crag|MIDDLE:石ブロックや茂石ブロック、丸石で構成された極めて峻険な岩山。山というより最早崖で、草木も全く生えていない。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Dead Forest|MIDDLE:黒松・カシの木の他に、枯れた木がところどころに生えている荒廃した森。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Dead Swamp|MIDDLE:Bog以上に荒廃が進んだ湿地。周囲には枯れた木しか存在していない。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Eucalyptus Forest|MIDDLE:そびえ立つユーカリの木とカシの低木が入り交じるオーストラリアの森林をイメージしたバイオーム。オウムがスポーンしたりメロンが生えていたりする。&color(blue){&b(){1.7.10〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Fen|MIDDLE:背の高い木、低い木、枯れた木がまじりあう沼地バイオーム。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Flower Field|MIDDLE:多くのチューリップやポピー、タンポポ、ヒナソウ、フランスギクといった花々が生えている平原。&color(blue){&b(){1.7.2〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Grassland|MIDDLE:通常の草原と違って、雑草がほとんど生えていない綺麗な草原。他のバイオームに比べて池が多い。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Grove|MIDDLE:黒松製のポプラの木と低木がまばらに生えている森。高低差はあまりない。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Highland|MIDDLE:背丈が高い雑草が大量に生い茂っている高原バイオーム。見通しはあまりよくない。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Hot Springs|MIDDLE:剥き出しの石と草で構成され、松の木と黒松が生えた地。あちらこちらで温泉が湧いている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Land of Lakes|MIDDLE:カシと松が混在する水気の強い森。葦や野生の米が生えている。&color(blue){&b(){1.7.10}、&color(blue){&b(){1.8.9〜}}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):LavenderFields|MIDDLE:辺り一面ラベンダー(Lavender)で覆われた大平原。樫の木とジャカランダの木も点在している。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Lush Desert|MIDDLE:赤いテラコッタ(1.11.2以前では堅焼き粘土)で構成されている砂漠。ところどころに草地があり、低木やアカシアの木が生えているなど緑が豊か。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Lush Swamp|MIDDLE:通常の沼地バイオームと違い、草ブロックと水の色が通常同様に明るい、緑豊かな沼地バイオーム。木からはツタ「Ivy」が垂れ下がっている。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Mangrove|MIDDLE:湖のように広がる水地に根深いマングローブの木が群生したバイオーム。マングローブの木には専用の苗木あり。&color(blue){&b(){1.7.2と1.7.10では海のサブバイオームで、1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Maple Woods|MIDDLE:紅葉バイオーム。紅葉カエデ+黒松のみの構成で構成された森。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Marsh|MIDDLE:水捌けの悪い湿地帯。背の高い雑草の生えた草地と池が混在しているめ移動しにくい。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Meadow|MIDDLE:草地に低木と黒松が生えた平原。起伏があまりない。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Moor|MIDDLE:木が一切生えていない山岳地帯。水捌けが悪く、地上地下問わず多くの水たまりが発生している。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Mountain|MIDDLE:山岳バイオームにカシの木と松の木が生えたバイオーム。1.9.4のみ「Mountain Peaks」という名称になっている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Mystic Grove|MIDDLE:色とりどりの草花と魔法の木、ジャカランダの木、樫の木が生えた神秘的な森林バイオーム。ここでは魔女がスポーンする。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Ominous Woods|MIDDLE:闇の森。闇の木や枯れた木が生い茂り地面には毒の沼が点在する。また侵入すると空が暗くなる。そのため昼間でもコウモリが湧く。また霧が濃く、描写距離がFarでも遠くを見渡すことができない。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Orchard|MIDDLE:果樹園バイオーム。平坦な草原に花が咲き乱れ、リンゴの木が点在している。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Outback|MIDDLE:専用ブロック「hard sand」で構成された草原。辺りには多くの低木が見られる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Overgrown Cliffs|MIDDLE:マホガニーの四角く広がった葉が印象的な、カシやジャングルの木の低木がぎっしり詰まった起伏の激しい熱帯森林。&color(blue){&b(){1.8.9〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Prairie|MIDDLE:牧草地。密集度合いが高い雑草と、点々と木が生えている。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Quagmire|MIDDLE:荒廃の進んだ沼地で、水の色は更に澱んで濁り、周囲には枯れ木しか生えていない。&color(blue){&color(blue){&b(){1.7.2と1.7.10ではSludgepitのサブバイオームで、1.8にはない}}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Rainforest|MIDDLE:起伏が激しい地形に、背が高めのカシの木や白樺の木がみっしり生えている丘陵地域。緑が濃い。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Redwood Forest|MIDDLE:セコイアの木で構成された森林バイオーム。低木あり。&color(blue){&b(){1.7.10}、&color(blue){&b(){1.8.9〜}}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Sacred Springs|MIDDLE:起伏が激しい地形に低木がみっしり生えている丘陵地域。各地に巨大な樫の木が生えている。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Seasonal Forest|MIDDLE:紅葉バイオーム。Boreal Forestと似ているが、黒松が存在しない。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Shield|MIDDLE:多くの黒松、松の木、モミの木やむき出しの石に、砂利の浜が見られる楯状地。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Shrubland|MIDDLE:雑草があまりなく、点々と低木がある平坦な原野。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Snowy Coniferous Forest|MIDDLE:比較的まばらにモミの木が点在した森。それなりの起伏を持ち、降雪と氷結が見られる。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Snowy Forest|MIDDLE:積雪して葉が枯れてしまったカシの森。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Steppe|MIDDLE:砂と土がまじりあう草原バイオーム。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Temperate Rainforest|MIDDLE:多くのシダに背の高い木と柳の木が生えている森林バイオーム。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Tropical Rainforest|MIDDLE:広葉樹が密集している南国風熱帯雨林。オセロットもスポーンする。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Tundra|MIDDLE:ツンドラといっても雪は積もってなく、起伏に乏しい地形に低木が生えている地域。ところどころに岩山や砂利の浜が見られる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Wasteland|MIDDLE:専用ブロック「Dried dirt」で構成され、小さな尖峰がところどころにある荒地。荒廃しており、水の色が澱んで濁っている他、点々と枯れた木が生えてたり毒沼が発生している。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Wetland|MIDDLE:湿地帯。ダークブルーの水を讃えた湖沼地帯に、黒松・柳の木が生えた陸地が点在する。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Woodland|MIDDLE:カシの木だけで構成された森林バイオーム。とこどろころに倒木もある。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Xeric Shrubland|MIDDLE:砂に土が混ざって草花が生えるようになったちょっとだけカラフルな砂漠。&color(blue){&b(){1.7.10〜}}|
 //|MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Ochre Acres|MIDDLE:&color(blue){1.1.0~}|
 #region(close,1.10.2以前)
 &bold(){1.10.2以前で追加されるバイオーム}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Heathland|MIDDLE:ジャカランダの木やカシの木、低木、多くの雑草や花が生い茂っている平原。乾燥気候のため草や葉っぱは茶色い。|
 #endregion
 #region(close,1.8以前)
 &bold(){1.8以前で追加されるバイオーム}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Arctic|MIDDLE:雑草や木々が一切生えておらず、非常に起伏に乏しい雪原。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Canyon|MIDDLE:専用ブロック「Hard Dirt」で構成され、松の木とアカシアの低木が生えている峻険な山。岩肌には、専用ブロック「Red Rock」も見られる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Deciduous Forest|MIDDLE:背の高い木々がこんもり生えている森。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Dense Forest|MIDDLE:独特の形状をした大きなカシの木が乱立する密集森林。昼間でも木陰や葉の内部の空洞にモブがスポーンすることがあるので注意。&color(blue){&b(){1.7.10〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Garden|MIDDLE:「Long Grass」で構成された平坦な地形に、花や雑草が大量に生息し、巨大な花も生える。また追加Mob「Rosesters」がスポーンする。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Glacier|MIDDLE:氷河。雪タイルの下に固い氷が連なった山地。&color(blue){&b(){1.7.2と1.7.10ではArcticのサブバイオーム}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Frost Forest|MIDDLE:普通の森に雪が降り積もった、降雪ありの森林バイオーム。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Frozen Desert|MIDDLE:Cold Desertが更に寒冷化して固い氷がまとまって地表に現れるようになったバイオーム。&color(blue){&b(){1.8のみ}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Fungi Forest|MIDDLE:紅葉バイオーム。背丈が高い紅葉樹の他に、巨大なキノコや菌糸がたくさん発生している森。きのこ牛もスポーンする。1.11.2で追加されたネザーの「Fungi Forest」とは別物。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Jade Cliffs|MIDDLE:松の木が群生し、黒松の低木が生えた峻険な山。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Origin Valley|MIDDLE:Alpha版時代のMinecraftの木が生えたフラットなテクスチャの平原。1.8.9以降は海のサブバイオーム「Origin Island」となった。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Thicket|MIDDLE:カシの木のほかに低木が群生した森。至る所にとげの木があるので注意。|
 #endregion
 #region(close,1.7.10以前)
 &bold(){1.7.10以前で追加されるバイオーム}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Sludgepit|MIDDLE:より沼地っぽくなった沼地。専用ブロック「Mud」で構成され、周囲にはツタの垂れた木がまばらに生える。|
 #endregion
 #region(close,1.6.4のみ)
 &bold(){1.6.4のみで追加されるバイオーム}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):AutumnHills|MIDDLE:秋の森。柿の木が点在し、モミの木、枯れた木が生えている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Birch Forest|MIDDLE:白樺の木だけで構成された森林バイオーム。Minecraftバニラに白樺の森が追加されたため、消去された。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Badlands|MIDDLE:粘土や色とりどりの堅焼き粘土で構成された大地。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Deadlands|MIDDLE:荒地よりも更に酷い、火山灰と赤い水で構成された汚染地帯。空が暗く、昼間でもクリーパーが頻繁に湧き、ところどころに溶岩だまりや、炎、専用ブロック「smoldering grass」、深い穴がある。(defaltでは生成されず、configを書き換えることで生成されるようになる)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Dunes|MIDDLE:砂丘。性質としては追加で雑草が生えるようになっただけの砂漠に近いが、前作と比べると起伏が激増している。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Field|MIDDLE:大草原。多くの雑草やバラの花が生えている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Icy Hills|MIDDLE:すべてが凍りついた森。雪ブロックで構成された地形に原木や葉っぱが凍りついた木が生えている。またスノーゴーレムが自然に湧く。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Mesa|MIDDLE:専用ブロック「Red Rock」で構成された山。Lush Desertと違い木は生えていない。Minecraftバニラにメサが追加されたため、消去された。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Oasis|MIDDLE:池とヤシの木が点在し、スイカの生えていることもある。砂地の割合は低い。稀に温泉も湧く。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Overgrown Greens|MIDDLE:多種多様な樫の木が点々と生えている大草原。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Pasture|MIDDLE:野生の大麦で一面に覆われた黄金色の草原。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Polar|MIDDLE:流氷地帯。一面びっしり氷が張ってある。(defaltでは生成されず、configを書き換えることで生成されるようになる)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Savanna|MIDDLE:一面に雑草と紫の花が繁茂し、枯葉色の草地にアカシアの木が点在した、起伏に乏しい草原。低木あり。Minecraftバニラにサバンナが追加されたため、消去された。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Scrubland|低木地帯。緑と茶色のカシの木(小)、および低木など、背丈の低い木に埋め尽くされた平原。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Silkglades|MIDDLE:大量の蜘蛛の巣が固まって生成された、暗い雰囲気を持つ平地。柳の木、枯れそうな木、枯れた木が生える。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Snowy Dead Woods|MIDDLE:もうほとんど木の葉が散ってしまった針葉樹林。降雪と氷結が見られる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Spruce Woods|MIDDLE:黒松だけで構成された降雪のない森林。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Timber|MIDDLE:今にも倒れそうな背の高い木と背の低い木がびっしりと生えた密林。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Tropics|MIDDLE:高低差の激しく起伏に富んだ土地に、ヤシの木が生え、様々な雑草や花が生える。また、y64より低い部分が多いため、必然的に景観は島っぽくなる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Volcano|MIDDLE:火山。専用ブロック「Ash Stone」と、ところどころに専用ブロック「Ash Block」や多くの溶岩で構成されている山。|
 #endregion
 
 
 ***サブバイオーム(地上)
 &bold(){1.12.2以前で追加されるサブバイオーム}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Alps Foothills|MIDDLE:Alpsのサブバイオーム。Alpsほど高くはない山岳に積雪したモミの木が散見される。&color(blue){&b(){1.11.2〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Glacier|MIDDLE:氷原のサブバイオームとなった氷河。1.7.2、1.7.10ではArcticのサブバイオーム。氷とその下に固い氷で構成されている。&color(blue){&b(){1.8ではメインバイオーム扱い※}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Mountain Foothills|MIDDLE:Mountainのサブバイオーム。周囲より標高の高めなカシの樹立している丘陵。&color(blue){&b(){1.8〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Oasis|MIDDLE:1.6.4のOasisが砂漠のサブバイオームとなったもの。基本的に面積は狭い。&color(blue){&b(){1.8にはない}※}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Pasture|MIDDLE:1.6.4のPastureが長い時を経てPrairieのサブバイオームとして復活した、野生の大麦が生い茂る草原。&color(blue){&b(){1.12.2〜}※}|
 &color(blue){※Glacier、Oasis、Pasture、Volcanoは1.6.4ではメインバイオーム扱いとなっている。}
 #region(close,1.8以前)
 &bold(){1.8以前で追加されるサブバイオーム}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Canyon Ravine|MIDDLE:Canyonの中に生成。見た目はCanyonと変わらないが、このバイオームの標高が低いため、Canyonとの境目で必然的に崖が発生する。|
 #endregion
 #region(close,1.7.10以前)
 &bold(){1.7.10以前で追加されるサブバイオーム}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Alps Forest|MIDDLE:Alpsの周辺に生成。1.7.2では1.6.4のAlps Mountainsideにより近いが、1.6.4では穏やかな傾斜で草地に黒松が群生しており、積雪は見られない。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Mangrove|MIDDLE:海のサブバイオームとなっているMangrove。砂地の面積が少なり、より水気を増した。&color(blue){&b(){1.7.2〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Meadow Forest|MIDDLE:Meadowの中に生成。平坦な地形に黒松が群生している森。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Land of Lakes Marsh|MIDDLE:Land of Lakesの中に生成。木立が絶え、沼が口を開いている場所。&color(blue){&b(){1.7.10のみ}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Quagmire|MIDDLE:SludgepitのサブバイオームとなっているQuagmire。形成される環境と面積が小さくなったこと以外はメインバイオームのものと総じて変わりない。&color(blue){※}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Scrubland|MIDDLE:サバンナに付随してある程度の広さをもって生成されるようになったScrubland。&color(blue){※}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Seasonal Forest Clearing|MIDDLE:Seasonal Forestの中に生成される、樹林の少ない開けた土地。&color(blue){&b(){1.7.2〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Silkglades|MIDDLE:Sludgepitのサブバイオームとして小さく生成されるようになったSilkglades。&color(blue){※}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Spruce Woods|MIDDLE:森林のサブバイオームとなったSpruce Woods。黒松にオークが交じるようになった。&color(blue){※}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Tropics|MIDDLE:1.6.4にあるメインバイオームのTropicsとは若干景観の異なる海のサブバイオーム。&color(blue){&b(){1.7.2〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Volcano|MIDDLE:海のサブバイオームとなり、面積は小さくなったが高低差が激しくなった火山。&color(blue){※}|
 &color(blue){※Quagmire、Scrubland、Silkglades、Spruce Woods、Volcanoは1.6.4ではメインバイオーム扱いとなっている。}
 #endregion
 #region(close,1.6.4のみ)
 &bold(){1.6.4のみで追加されるサブバイオーム}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Alps Mountainside|MIDDLE:Alpsの周辺に生成。剥き出しの石の上に黒松が群生している。起伏があり降雪が見られる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Forested Field|MIDDLE:Fieldの中に生成。平坦な地形に樫の木と松の木が生えた森。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Pasture Meadow|MIDDLE:Pastureの中に生成。ひまわりが群生している草原。野生の小麦が減った代わりに樫の木や雑草の量も増えている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Savanna Plateau|MIDDLE:Savannaの中に生成。点々とアカシアの木が生えた山岳。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Seasonal Spruce Forest|MIDDLE:Seasonal Forestの中に生成。黒松がより多く生えている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Thinned Mystic Grove|MIDDLE:Mystic Groveの中に生成。樫の大木がなく、木立の密度も低い。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Thick Ominous Woods|MIDDLE:Ominous Woodsの中に生成。柳型の闇の木が生えなくなった代わりに黒松型の闇の木が群生し、中には太い幹を持つ闇の木も生えている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Thinned Pasture|MIDDLE:Pastureの中に生成。野生の小麦に草が混じっている草原。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Thick Shrubland|MIDDLE:Shrublandの中に生成。Shrublandに比べると低木の密度が高い。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Thinned Timber|MIDDLE:Timberの中に生成。Timberに比べると木立の密度が低い。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Tropics Mountain|MIDDLE:Tropicsの中に生成。Tropicsに比べると標高が高くなっている。|
 #endregion
 
 ***川 (&color(red){&b(){1.7.2〜1.7.10のみの要素}})
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Dry River|MIDDLE:砂漠系バイオームで見かけることのある川底が砂で統一されている川。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Lush River|MIDDLE:水草や葦が多めの川。|
 
 ***砂浜
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Gravel Beach|MIDDLE:砂の代わりに砂利で構成された砂浜。&color(blue){&b(){1.6.4}、&b(){1.8.9〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Origin Beach|MIDDLE:Origin Islandに付随して生成される砂浜。通常の砂浜と大差ない。&color(blue){&b(){1.12.2〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):White Beach|MIDDLE:白い砂で構成された砂浜。Tropical Islandに付随して生成されるが、そもそもTropical Island自体がかなりレアなバイオームなので、見かけることはまずない。&color(blue){&b(){1.11.2〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Overgrown Beach|MIDDLE:砂浜に砂丘の草や短い草が生えた砂浜。(defaltでは生成されず、configを書き換えることで生成される) &color(red){&b(){1.6.4にのみ存在}}|
 
 ***島
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Flower Island|MIDDLE:大陸にあったGardenの代わりに登場した島。&color(blue){&b(){1.8.9〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Origin Island|MIDDLE:Origin Valleyの代わりに登場した島のバイオーム。その生成率の低さはキノコ群生島を遥かに凌ぐ。&color(blue){&b(){1.8.9〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Tropical Island|MIDDLE:1.6.4のTropicsの代わりに追加された島版Tropics。また、キノコ群生島と同じく敵対mobがスポーンしない。&color(blue){&b(){1.8.9〜}}|
 
 ***海洋
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Coral Reef|MIDDLE:色とりどりの珊瑚(Coral)が自生する浅い海。スポンジが自然生成される。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Kelp Forest|MIDDLE:海底からたくさんの昆布(Kelp)が生えている海。&color(blue){&b(){1.8にはない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Oceanic Abyss|MIDDLE:非常に深い海。岩盤がむき出しになるほど深く、他の海や海岸との境目に「崖」を生じる。&color(red){&b(){1.6.4にのみ存在}}|
 
 ***ネザー
 ※&color(red){ネザーのバイオームは1.8〜1.10.2では追加されない。}
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Boneyard|MIDDLE:脊柱が木のように点々と突き出てる土地。&color(red){&b(){1.7.10までしか存在しない}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Corrupted Sands|MIDDLE:ネザー版の砂漠。表面がほぼ全てソウルサンドで覆れている。ソウルサンドにはいばらが密生し、オークの葉が付属している。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Fungi Forest|MIDDLE:巨大キノコ含む各種キノコに菌糸ネザーラックも混じった地表が特徴的なバイオーム。1.8以前に追加されるメインワールドのFungi Forestとは別物。&color(blue){&b(){1.11.2〜}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Phantasmagoric Inferno|MIDDLE:地表が全て火山灰ブロック「Ash Block」で覆われている。さらに点々と溶岩だまりがみられ、通常の炎や青い炎も燃えている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Polar Chasm|MIDDLE:ごく稀にネザーに存在する固い氷で構成された寒冷地。雪ブロックが点在し、氷ブロックの塊や温泉もある。&color(red){&b(){1.11.2にのみ存在}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Undergarden|MIDDLE:ネザーの楽園(とは言えどネザーであることには変わりない)。天井からツタ「Ivy」が垂れ下がっており、ヘルバークの木やカエンボクが生えていたりと植生が豊か。ネザー版の芝生である成長したネザーラックもある。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Visceral Heap|MIDDLE:専用ブロック「Flesh」で覆われている土地。1.6.4では名称が「Bloody Heap」となっている。|
 
 ***約束の地(Promised Land) (&color(red){&b(){1.6.4のみの要素}})
 &font(b){[[→詳しくはこちら>MOD解説/Biomes O' Plenty/アイテムリスト#promisedland]]}
 
 
 ----
 **画像付き追加バイオーム一覧
 &font(red,b){この情報はv1.2.1(Minecraftバージョン1.6.4)時のものからv1.12.2-7.0.1.2391(Minecraftバージョン1.12.2)のものに更新中です。}
 &font(b){この情報はワールドタイプ「Biomes O' Plenty」の環境下のものです。}
 
 ***バニラバイオームの改変
 #region(close,(開くにはここをクリックしてください))
 &b(){◆Desert}
 空の色が黄色くなり、地上では流砂があちらこちらで発生する。また小さなサボテン(Tiny Cactus)やアロエ(Aloe)が自生するようになる。
 &ref(Desert_1.png)
 
 &b(){◆Extreme Hills}
 花草の他にジャカランダの木が生えるようになる。ワールドタイプがBiomes O' Plentyの設定の場合、山頂の高さが128を超える場合もある。
 &ref(Extreme Hills_1.png)
 
 &b(){◆Jungle}
 空の色が変化し、地上では水が濁り、稀にメロンが自生していたり流砂が発生するようになる。地下ではy32以上において洞窟内にもつるが生えるようになる。
 &ref(Jungle_1.png)
 
 &b(){◆Swampland}
 深い霧が立ち込み、カシの木ではなく柳の木が自生するようになる。周辺には倒木や泥も見られるようになる。
 &ref(Swampland_1.png)
 #endregion
 ***追加バイオーム(地上)
 #region(close,(開くにはここをクリックしてください))
 
 &b(){1.12で追加されたバイオーム}
 &b(){◆Alps}
 アルプス。草や土がなく、雪ブロックが積み重なった山脈地帯。一切木が生えていない。
 &ref(Alps1800.png)
 #region(close,1.6.4)
 &b(){1.6.4のアルプス}
 地形が滑らかではなく凹凸感溢れるものとなっている。
 &ref(Alps_3.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Bayou}
 緩流河川。バイユー、根元が大きなカサ状の木と、切り株が立ち並ぶ沼&河川が特徴的な沼地。
 &ref(Bayou_2.png)
 
 &b(){◆Bamboo Forest}
 竹が密集している森林バイオーム。
 &ref(Bamboo Forest_3.png)
 
 &b(){◆Bog}
 カシ製の細長い木、白樺製の細長い木が生えた湿地バイオーム。陸地には毒沼が生成される。
 &ref(Bog_2.png)
 
 &b(){◆Boreal Forest}
 紅葉バイオーム。カシの木と白樺の木、黒松が混在した森。
 &ref(Boreal Forest_2.png)
 
 &b(){◆Brushland}
 色んな背の高さを持つ木が群生している大地。
 &ref(Brushland_2.png)
 
 &b(){◆Chaparral}
 小さい木と、ところどころにある岩で構成された丘陵地帯。
 &ref(Chaparral_1.png)
 
 &b(){◆Cherry Blossom Grove}
 満開のサクラの木が群生した森林バイオーム。前作同様みっしりと生えている。
 &ref(Cherry Blossom Grove_2.png)
 
 &b(){◆Cold Desert}
 地表が主に砂利か雪ブロックで構成された、丸石のオブジェクトの点在する積雪のない冷たい砂漠。&color(blue){&b(){1.8〜}}
 &ref(ColdDesert1202.png)
 #region(close,1.8)
 &b(){1.8のCold Desert}
 砂利と地表に露出した石だけの構成となる。
 &ref(ColdDesert1800.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Coniferous Forest}
 モミの木で構成された、それなりの起伏を持つ森林バイオーム。
 &ref(Coniferous Forest_2.png)
 
 &b(){◆Crag}
 石ブロックや茂石ブロック、丸石で構成された極めて峻険な岩山。山というより最早崖で、草木も全く生えていない。
 &ref(Crag1220.png)
 #region(close,1.8〜1.10.2)
 &b(){1.8〜1.10.2のCrag}
 Crag Stoneで構成されている。
 &ref(Crag1809.png)
 #endregion
 #region(close,1.7.10まで)
-&b(){1.7.10までのCrag}
+&b(){1.7.10までのCrag}
 面積が広めで、しばらく岩山地帯が続く。
 &ref(Crag_3.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Dead Forest}
 黒松・カシの木の他に、枯れた木がところどころに生えている荒廃した森。
 &ref(Dead Forest_1.png)
 
 &b(){◆Dead Swamp}
 Bog以上に荒廃が進んだ湿地。周囲には枯れた木しか存在していない。
 &ref(Dead Swamp_2.png)
 
 &b(){◆Eucalyptus Forest}
 そびえ立つユーカリの木とカシの低木が入り交じるオーストラリアの森林をイメージしたバイオーム。オウムがスポーンしたりメロンが生えていたりする。&color(blue){&b(){1.7.10〜}}
 &ref(EucalyptusForest1710.png)
 
 &b(){◆Fen}
 背の高い木、低い木、枯れた木がまじりあう沼地バイオーム。
 &ref(Fen_1.png)
 
 &b(){◆Flower Field}
 多くのチューリップやポピー、タンポポ、ヒナソウ、フランスギクといった花々が生えている平原。&color(blue){&b(){1.7.2〜}}
 &ref(FlowerField1202.png)
 #region(close,1.11.2まで)
 &b(){1.11.2までのFlower Field}
 チューリップのみの植生となる。
 &ref(FlowerField1800.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Grassland}
 通常の草原と違って、雑草がほとんど生えていない綺麗な草原。他のバイオームに比べて池が多い。
 &ref(Grassland_2.png)
 
 &b(){◆Grove}
 黒松製のポプラの木と低木がまばらに生えている森。高低差はあまりない。
 &ref(Grove_2.png)
 
 &b(){◆Highland}
 背丈が高い雑草が大量に生い茂っている高原バイオーム。見通しはあまりよくない。
 &ref(Highland_2.png)
 
 &b(){◆Hot Springs}
 剥き出しの石と草で構成され、松の木と黒松が生えた地。あちらこちらで温泉が湧いている。
 &ref(Hot Spring_1.png)
 
 &b(){◆Land of Lakes}
 カシと松が混在する水気の強い森。葦や野生の米が生えている。&color(blue){&b(){1.7.10}、&b(){1.8.9〜}}
 &ref(LandOfLakes1710.png)
 
 &b(){◆Lavender Fields}
 辺り一面ラベンダー(Lavender)で覆われた大平原。樫の木とジャカランダの木も点在している。
 &ref(Lavender Fields_1.png)
 
 &b(){◆Lush Desert}
 赤いテラコッタ(1.11.2以前は堅焼き粘土)で構成された砂漠。ところどころに草地があり、低木やアカシアの木が生えているなど緑が豊か。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(LushDesert1220.png)
 #region(close,1.6.4)
 &b(){1.6.4のLush Desert}
 Red Rockで構成されている。
 &ref(Lush Desert_2.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Lush Swamp}
 通常の沼地バイオームと違い、草ブロックと水の色が通常同様に明るい、緑豊かな沼地バイオーム。木からはツタ「Ivy」が垂れ下がっている。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Lush Swamp_2.png)
 
 &b(){◆Mangrove}
 それなりの平坦な砂地に根深いマングローブの木が群生したバイオーム。マングローブの木には専用の苗木あり。&color(blue){&b(){1.7.2と1.7.10では海のサブバイオームで、1.8にはない}}
 &ref(Mangrove_2.png)
 
 &b(){◆Maple Woods}
 紅葉バイオーム。紅葉カエデ+黒松のみの構成で構成された森。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Maple Woods_1.png)
 
 &b(){◆Marsh}
 水捌けの悪い湿地帯。背の高い雑草の生えた草地と池が混在しているめ移動しにくい。
 &ref(Marsh_2.png)
 
 &b(){◆Meadow}
 草地に低木と黒松が生えた平原。起伏があまりない。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Meadow_1.png)
 
 &b(){◆Moor}
 木が一切生えていない山岳地帯。水捌けが悪く、地上地下問わず多くの水たまりが発生している。
 &ref(Moor_1.png)
 
 &b(){◆Mountain}
 山岳バイオームにカシの木と松の木が生えたバイオーム。
 &ref(Mountain_2.png)
 
 &b(){◆Mystic Grove}
 色とりどりの草花と魔法の木、ジャカランダの木、樫の木が生えた神秘的な森林バイオーム。ここでは魔女がスポーンする。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Mystic Grove_3.png)
 
 &b(){◆Ominous Woods}
 闇の森。闇の木や枯れた木が生い茂り地面には毒の沼が点在する。また侵入すると空が暗くなる。そのため昼間でもコウモリが湧く。また霧が濃く、描写距離がFarでも遠くを見渡すことができない。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Ominous Woods_2.png)
 
 &b(){◆Orchard}
 果樹園バイオーム。平坦な草原に花が咲き乱れ、リンゴの木が点在している。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Orchard_1.png)
 
 &b(){◆Outback}
 専用ブロック「hard sand」で構成された草原。辺りには多くの低木が見られる。
 &ref(Outback_1.png)
 
 &b(){◆Overgrown Cliffs}
 マホガニーの四角く広がった葉が印象的な、カシやジャングルの木の低木がぎっしり詰まった起伏の激しい熱帯森林。&color(blue){&b(){1.8.9〜}}
 &ref(OvergrownCliffs1202.png)
 
 &b(){◆Prairie}
 牧草地。密集度合いが高い雑草と、点々と木が生えている。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Prairie_2.png)
 
 &b(){◆Quagmire}
 Bog以上に荒廃が進んだ沼地。水の色は更に澱んで濁り、周囲には枯れ木しか生えていない。&color(blue){&b(){1.7.2と1.7.10ではSludgepitのサブバイオームで、1.8にはない}}
 &ref(Quagmire_2.png)
 
 &b(){◆Rainforest}
 起伏が激しい地形にカシの木や白樺の木がみっしり生えている丘陵地域。緑が濃い。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Rainforest_2.png)
 
 &b(){◆Redwood Forest}
 セコイアの木で構成された森林バイオーム。低木あり。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Redwood Forest_2.png)
 
 &b(){◆Sacred Springs}
 起伏が激しい地形に低木がみっしり生えている丘陵地域。各地に巨大な樫の木が生えている。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Sacred Springs_2.png)
 
 &b(){◆Seasonal Forest}
 紅葉バイオーム。Boreal Forestと似ているが、黒松が存在しない。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Seasonal Forest_3.png)
 
 &b(){◆Shield}
 多くの黒松、松の木、モミの木やむき出しの石に、砂利の浜が見られる楯状地。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Shield_2.png)
 
 &b(){◆Shrubland}
 雑草があまりなく、点々と低木がある平坦な原野。
 &ref(Shrubland_1.png)
 
 &b(){◆Snowy Coniferous Forest}
 比較的まばらにモミの木が点在した森。それなりの起伏を持ち、降雪と氷結が見られる。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Snowy Coniferous Forest_1.png)
 
 &b(){◆Snowy Forest}
 積雪して葉が枯れてしまったカシの森。&color(blue){&b(){1.8.9〜}}
 &ref(SnowyForest1202.png)
 
 &b(){◆Steppe}
 砂と土がまじりあう草原バイオーム。
 &ref(Steppe_2.png)
 
 &b(){◆Temperate Rainforest}
 多くのシダに背の高い木と柳の木が生えている森林バイオーム。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Temperate Rainforest_2.png)
 
 &b(){◆Tropical Rainforest}
 広葉樹が密集している南国風熱帯雨林。オセロットもスポーンする。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Tropical Rainforest_1.png)
 
 &b(){◆Tundra}
 ツンドラといっても雪は積もってなく、起伏に乏しい地形に低木が生えている地域。ところどころに岩山や砂利の浜が見られる。
 &ref(Tundra_2.png)
 
 &b(){◆Wasteland}
 専用ブロック「Dried dirt」で構成され、小さな尖峰がところどころにある荒地。荒廃しており、水の色が澱んで濁っている他、点々と枯れた木が生えてたり毒沼が発生している。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Wasteland_5.png)
 
 &b(){◆Wetland}
 湿地帯。ダークブルーの水を讃えた湖沼地帯に、黒松・柳の木が生えた陸地が点在する。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Wetland_1.png)
 
 &b(){◆Woodland}
 カシの木だけで構成された森林バイオーム。とこどろころに倒木もある。
 &ref(Woodland_1.png)
 
 &b(){◆Xeric Shrubland}
 砂に土が混ざって草花が生えるようになったちょっとだけカラフルな砂漠。&color(blue){&b(){1.7.10〜}}
 &ref(XericShrubland1800.png)
 
 #region(close,1.10.2以前で追加されるバイオーム)
 &b(){1.10.2以前で追加されるバイオーム}
 
 &b(){◆Heathland}
 ジャカランダの木やカシの木、低木、多くの雑草や花が生い茂っている平原。乾燥気候のため草や葉っぱは茶色い。
 &ref(Heathland_2.png)
 #endregion
 #region(close,1.8以前で追加されるバイオーム)
 &b(){1.8以前で追加されるバイオーム}
 
 &b(){◆Arctic}
 雑草や木々が一切生えておらず、非常に起伏に乏しい雪原。
 &ref(Arctic_2.png)
 
 &b(){◆Canyon}
 専用ブロック「Hard Dirt」で構成され、背が高い木と低い木が生えている峻険な山。
 岩肌には、専用ブロック「Red Rock」も見られる。
 &ref(Canyon1710.png)
 #region(close,1.6.4)
 &b(){1.6.4のCanyon}
 峻険さをより増している。
 &ref(Canyon_3.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Deciduous Forest}
 背の高い木々がこんもり生えている森。
 &ref(DeciduousForest_2.png)
 
 &b(){◆Dense Forest}
 独特の形状をした大きなカシの木が乱立する密集森林。昼間でも木陰や葉の内部の空洞にモブがスポーンすることがあるので注意。&color(blue){&b(){1.7.10〜}}
 &ref(DenseForest1710.png)
 
 &b(){◆Frost Forest}
 普通の森に雪が降り積もった、降雪ありの森林バイオーム。
 &ref(Frost Forest_2.png)
 
 &b(){◆Frozen Desert}
 Cold Desertが更に寒冷化して固い氷がまとまって地表に現れるようになったバイオーム。&color(blue){&b(){1.8のみ}}
 &ref(FrozenDesert1800.png)
 
 &b(){◆Fungi Forest}
 紅葉バイオーム。背丈が高い紅葉樹の他に、巨大なキノコや菌糸がたくさん発生している森。きのこ牛もスポーンする。1.11.2で追加されたネザーの「Fungi Forest」とは別物。
 &ref(Fungi Forest_4.png)
 
 &b(){◆Garden}
 「Long Grass」で構成された平坦な地形に、花や雑草が大量に生息し、巨大な花も生える。また追加Mob「Rosesters」がスポーンする。
 &ref(Garden_3.png)
 
 &b(){◆Glacier}
 氷河。雪タイルの下に固い氷が連なった山地。&color(blue){&b(){1.7.2と1.7.10ではArcticのサブバイオーム}}
 &ref(Glacier_1.png)
 
 &b(){◆Jade Cliffs}
 松の木が群生し、黒松の低木が生えた峻険な山。
 &ref(Jade Cliffs_1.png)
 
 &b(){◆Origin Valley}
 Alpha版時代のMinecraftの木が生えたフラットなテクスチャの平原。1.8.9以降は海のサブバイオーム「Origin Island」となった。
 &ref(Origin Valley_2.png)
 
 &b(){◆Thicket}
 カシの木のほかに低木が群生した森。至る所にとげの木があるので注意。
 &ref(Thicket_1.png)
 #endregion
 #region(close,1.7.10以前で追加されるバイオーム)
 &b(){1.7.10以前で追加されるバイオーム}
 
 &b(){◆Sludgepit}
 より沼地っぽくなった沼地。専用ブロック「Mud」で構成され、周囲にはツタの垂れた木がまばらに生える。
 &ref(Bog_1.png)
 #endregion
 #region(close,1.6.4のみで追加されるバイオーム)
 &b(){1.6.4のみで追加されるバイオーム}
 
 &b(){◆Autumn Hills}
 秋の森。柿の木が点在し、モミの木、枯れた木が生えている。
 &ref(Autumn Hills_1.png)
 
 &b(){◆Badlands}
 粘土や色とりどりの堅焼き粘土で構成された大地。
 &ref(Badlands_3.png)
 
 &b(){◆Birch Forest}
 白樺の木だけで構成された森林バイオーム。
 &ref(Birch Forest_1.png)
 
 &b(){◆Deadlands}
 荒地よりも更に酷い、火山灰と赤い水で構成された汚染地帯。
 空が暗く、昼間でもクリーパーが頻繁に湧き、ところどころに溶岩だまりや、炎、専用ブロック「smoldering grass」、深い穴がある。(defaltでは生成されず、configを書き換えることで生成されるようになる)
 &ref(Deadlands_2.png)
 
 &b(){◆Dunes}
 砂丘。性質としては追加で雑草が生えるようになっただけの砂漠に近いが、前作と比べると起伏が激増している。
 &ref(Dunes_2.png)
 
 &b(){◆Field}
 大草原。多くの雑草やバラの花が生えている。
 &ref(Field_2.png)
 
 &b(){◆Icy Hills}
 すべてが凍りついた森。雪ブロックで構成された地形に原木や葉っぱが凍りついた木が生えている。
 &ref(IcyHills_1.png)
 
 &b(){◆Mesa}
 専用ブロック「Red Rock」で構成された山。Lush Desertと違い木は生えていない。Minecraftバニラにメサが追加されたため、消去された。
 &ref(Mesa_1.png)
 
 &b(){◆Oasis}
 池とヤシの木が点在し、スイカの生えていることもある。砂地の割合は低い。稀に温泉も湧く。
 &ref(Oasis_2.png)
 
 &b(){◆Overgrown Greens}
 多種多様な樫の木が点々と生えている大草原。
 &ref(Overgrown Greens_1.png)
 
 &b(){◆Pasture}
 野生の大麦で一面に覆われた黄金色の草原。
 &ref(Pasture_1.png)
 
 &b(){◆Polar}
 流氷地帯。一面びっしり氷が張ってある。(defaltでは生成されず、configを書き換えることで生成されるようになる)
 &ref(Polar_1.png)
 
 &b(){◆Savanna}
 一面に雑草と紫の花が繁茂し、枯葉色の草地にアカシアの木が点在した、起伏に乏しい草原。低木あり。Minecraftバニラにサバンナが追加されたため、消去された。
 &ref(Savanna_2.png)
 
 &b(){◆Scrubland}
 低木地帯。緑と茶色のカシの木(小)、および低木など、背丈の低い木に埋め尽くされた平原。
 &ref(Scrubland_1.png)
 
 &b(){◆Silkglades}
 大量の蜘蛛の巣が固まって生成された、暗い雰囲気を持つ平地。柳の木、枯れそうな木、枯れた木が生える。
 &ref(Silkglades_1.png)
 
 &b(){◆Snowy Dead Woods}
 もうほとんど木の葉が散ってしまった針葉樹林。降雪と氷結が見られる。 
 &ref(Snowy Dead Woods_1.png)
 
 &b(){◆Spruce Woods}
 黒松だけで構成された降雪のない森林。
 &ref(Boreal Forest_1.png)
 
 &b(){◆Timber}
 今にも倒れそうな背の高い木と背の低い木がびっしりと生えた密林。
 &ref(Timber_1.png)
 
 &b(){◆Tropics}
 高低差の激しく起伏に富んだ土地にヤシの木が生え、様々な雑草や花が生える。また、y64より低い部分が多いため、必然的に景観は島っぽくなる。
 &ref(Tropics_2.png)
 #endregion
 #endregion
 ***追加バイオーム(サブバイオーム)
 #region(close,(開くにはここをクリックしてください))
 &b(){1.12.2以前で追加されるサブバイオーム}
 
 &b(){◆Alps Foothills}
 Alpsのサブバイオーム。Alpsほど高くはない山岳に積雪したモミの木が散見される。&color(blue){&b(){1.11.2〜}}
 &ref(AlpsFoothills1202.png)
 
 &b(){◆Glacier}
 氷原のサブバイオームとなった氷河。1.7.2、1.7.10ではArcticのサブバイオーム。氷とその下にある固い氷で構成されている。&color(blue){&b(){1.8ではメインバイオーム}※}
 &ref(Glacier1202.png)
 
 &b(){◆Mountain Foothills}
 Mountainのサブバイオーム。周囲より標高の高めなカシの樹立している丘陵。&color(blue){&b(){1.8〜}}
 &ref(MountainFoothills1220.png)
 #region(1.10.2まで)
 &b(){1.10.2までのMountain Foothills}
 粗い土が広域に渡り地表に現れている。
 &ref(MountainFoothills1800.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Oasis}
 1.6.4のOasisが砂漠のサブバイオームとなったもの。基本的に面積は狭い。&color(blue){&b(){1.8にはない}※}
 &ref(Oasis1202.png)
 
 &b(){◆Pasture}
 1.6.4のPastureが長い時を経てPrairieのサブバイオームとして復活した、野生の大麦が生い茂る草原。&color(blue){&b(){1.12.2〜}※}
 &ref(Pasture1202.png)
 
 &color(blue){※Glacier、Oasis、Pastureは1.6.4ではメインバイオーム扱いとなっている。}
 #region(close,1.8以前で追加されるサブバイオーム)
 &b(){1.8以前で追加されるサブバイオーム}
 
 &b(){◆Canyon Ravine}
 Canyonの中に生成。見た目はCanyonと変わらないが、このバイオームの標高が低いため、Canyonとの境目で必然的に崖が発生する。
 &ref(CanyonRavine1710.png)
 #region(1.6.4)
 &b(){1.6.4のCanyon Ravine}
 &ref(Canyon Ravine_1.png)
 #endregion
 #endregion
 #region(close,1.7.10以前で追加されるサブバイオーム)
 &b(){1.7.10以前で追加されるサブバイオーム}
 
 &b(){◆Alps Forest}
 Alpsの周辺に生成。1.7.2では1.6.4のAlps Mountainsideにより近いが、1.6.4では穏やかな傾斜で草地に黒松が群生しており、積雪は見られない。
 &ref(AlpsForest1710.png)
 #region(close,1.6.4)
 &b(){1.6.4のAlps Forest}
 &ref(Alps Forest_1.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Mangrove}
 海のサブバイオームとなっているMangrove。砂地の面積が少なり、より水気を増した。&color(blue){&b(){1.7.2〜}※}
 &ref(Mangrove1710.png)
 
 &b(){◆Meadow Forest}
 Meadowの中に生成。平坦な地形に黒松が群生している森。
 &ref(Meadow Forest_1.png)
 
 &b(){◆Land of Lakes Marsh}
 Land of Lakesの中に生成。木立が絶え、沼が口を開いている場所。&color(blue){&b(){1.7.10のみ}}
 &ref(LandOfLakeMarsh1710.png)
 
 &b(){◆Quagmire}
 SludgepitのサブバイオームとなっているQuagmire。形成される環境と面積が小さくなったこと以外はメインバイオームのものと総じて変わりない。&color(blue){※}
 &ref(Quagmire1710.png)
 
 &b(){◆Scrubland}
 サバンナに付随してある程度の広さをもって生成されるようになったScrubland。&color(blue){※}
 &ref(Scrubland1710.png)
 
 &b(){◆Seasonal Forest Clearing}
 Seasonal Forestの中に生成される、樹林の少ない開けた土地。&color(blue){&b(){1.7.2〜}}
 &ref(SeasonalForestClearing1710.png)
 
 &b(){◆Silkglades}
 Sludgepitのサブバイオームとして小さく生成されるようになったSilkglades。&color(blue){※}
 &ref(Silkglades1710.png)
 
 &b(){◆Spruce Woods}
 森林のサブバイオームとなったSpruce Woods。黒松にオークが交じるようになった。&color(blue){※}
 &ref(SpuruceWoods1710.png)
 #region(close,1.6.4)
 &b(){1.6.4のSpruce Woods}
 &ref(Boreal Forest_1.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Tropics}
 1.6.4にあるメインバイオームのTropicsとは若干景観の異なる海のサブバイオーム。&color(blue){&b(){1.7.2〜}※}
 &ref(Tropics1710.png)
 
 &b(){◆Volcano}
 海のサブバイオームとなり、面積は小さくなったが高低差が激しくなった火山。&color(blue){※}
 &ref(Volcano1710.png)
 
 &color(blue){※Quagmire、Scrubland、Silkglades、Spruce Woods、Tropics、Volcanoは1.6.4ではメインバイオーム扱いとなっている。}
 #endregion
 #region(close,1.6.4のみで追加されるサブバイオーム)
 &b(){1.6.4のみで追加されるサブバイオーム}
 
 &b(){◆Alps Mountainside}
 Alpsの周辺に生成。剥き出しの石の上に黒松が群生している。起伏があり降雪が見られる。
 &ref(Alps Mountainside_1.png)
 
 &b(){◆Forested Field}
 Fieldの中に生成。平坦な地形に樫の木と松の木が生えた森。
 &ref(Forested Field_1.png)
 
 &b(){◆Pasture Meadow}
 Pastureの中に生成。ひまわりが群生している草原。野生の小麦が減った代わりに樫の木や雑草の量も増えている。
 &ref(Pasture Meadow_1.png)
 
 &b(){◆Savanna Plateau}
 Savannaの中に生成。点々とアカシアの木が生えた山岳。
 &ref(Savanna Plateau_1.png)
 
 &b(){◆Seasonal Spruce Forest}
 Seasonal Forestの中に生成。黒松がより多く生えている。
 &ref(Seasonal Spruce Forest_1.png)
 
 &b(){◆Thinned Mystic Grove}
 Mystic Groveの中に生成。Mystic Groveに比べると木の密度が減っている。
 &ref(Thinned Mystic Grove_1.png)
 
 &b(){◆Thick Ominous Woods}
 Ominous Woodsの中に生成。柳型の闇の木が生えなくなった代わりに黒松型の闇の木が群生し、中には太い幹を持つ闇の木も生えている。
 &ref(Thick Ominous Woods_2.png)
 
 &b(){◆Thinned Pasture}
 Pastureの中に生成。野生の小麦に草が混じっている草原。
 &ref(Thinned Pasture_1.png)
 
 &b(){◆Thick Shrubland}
 Shrublandの中に生成。Shrublandと比べると、より多く低木が群生している。
 &ref(Thick Shrubland_1.png)
 
 &b(){◆Thinned Timber}
 Timberの中に生成。Timberに比べると木立の密度が低い。
 &ref(Thinned Timber_1.png)
 
 &b(){◆Tropics Mountain}
 Tropicsの中に生成。平均標高が増加し、陸地面積が増えたり、山が形成されていたりする。
 &ref(Tropics Mountain_1.png)
 #endregion
 #endregion
 ***追加バイオーム(川) ※&color(red){1.7.2〜1.7.10のみ}
 #region(close,(開くにはここをクリックしてください))
 
 &b(){◆Dry River}
 砂漠系バイオームで見かけることのある川底が砂で統一されている川。
 &ref(DryRiver1710.png)
 
 &b(){◆Lush River}
 水草や葦が多めの川。
 &ref(LushRiver1710.png)
 #endregion
 ***追加バイオーム(砂浜)
 #region(close,(開くにはここをクリックしてください))
 
 &b(){◆Gravel Beach}
 砂の代わりに砂利で構成された砂浜。&color(blue){&b(){1.6.4}、&b(){1.8.9〜}}
 &ref(Gravel Beach_1.png)
 
 &b(){◆Origin Beach}
 Origin Islandに付随して生成される砂浜。通常の砂浜と大差ない。&color(blue){&b(){1.12.2〜}}
 &ref(OriginBeach1202.png)
 
 &b(){◆White Beach}
 白い砂で構成された砂浜。Tropical Islandに付随して生成されるが、そもそもTropical Island自体がかなりレアなバイオームなので、見かけることはまずない。&color(blue){&b(){1.11.2〜}}
 &ref(WhiteBeach1202.png)
 
 &b(){◆Overgrown Beach}
 砂浜に砂丘の草や短い草、低木が生えた砂浜。(defaltでは生成されず、configを書き換えることで生成される) &color(red){&b(){1.6.4にのみ存在}}
 &ref(Overgrown Beach_1.png)
 #endregion
 ***追加バイオーム(島)
 #region(close,(開くにはここをクリックしてください))
 
 &b(){◆Flower Island}
 大陸にあったGardenの代わりに登場した島。&color(blue){&b(){1.8.9〜}}
 &ref(FlowerIsland1202.png)
 
 &b(){◆Origin Island}
 Origin Valleyの代わりに登場した島のバイオーム。その生成率の低さはキノコ群生島を遥かに凌ぐ。&color(blue){&b(){1.8.9〜}}
 &ref(OriginIsland1202.png)
 
 &b(){◆Tropical Island}
 1.6.4のTropicsの代わりに追加された島版Tropics。また、キノコ群生島と同じく敵対mobがスポーンしない。1.7.10以前では「Tropics」という名称になっている。&color(blue){&b(){1.7.2〜}、&b(){1.8にはない}}
 &ref(TropicalIsland1202.png)
 #endregion
 ***追加バイオーム(海洋)
 #region(close,(開くにはここをクリックしてください))
 ※海中はそのままではうまく撮影できないため、暗視のポーションを使用した状態で撮影しています。
 
 &b(){◆Coral Reef}
 色とりどりの珊瑚(Coral)が自生する浅い海。スポンジが自然生成される。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Coral Reef_1.png)
 
 &b(){◆Kelp Forest}
 海底からたくさんの昆布(Kelp)が生えている海。&color(blue){&b(){1.8にはない}}
 &ref(Kelp Forest_1.png)
 
 &b(){◆Oceanic Abyss}
 非常に深い海。岩盤がむき出しになるほど深く、他の海や海岸との境目に「崖」を生じる。&color(red){&b(){1.6.4にのみ存在}}
 &ref(Oceanic Abyss_1.png)
 #endregion
 ***追加バイオーム(ネザー)
 ※&color(red){ネザーのバイオームは1.8〜1.10.2では追加されない。}
 #region(close,(開くにはここをクリックしてください))
 
 &b(){◆Boneyard}
 脊柱が木のように点々と突き出てる土地。&color(red){&b(){1.7.10までしか存在しない}}
 &ref(Boneyard_1.png)
 
 &b(){◆Corrupted Sands}
 ネザー版の砂漠。表面がほぼ全てソウルサンドで覆れている。ソウルサンドにはイバラが密生し、オークの葉が付属している。
 &ref(CorruptedSands1202.png)
 #region(close,1.7.10まで)
 &b(){1.7.10までのCorrupted Sands}
 ソウルサンドの平原にいばらが時たま生えている。
 &ref(Corrupted Sands_1.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Fungi Forest}
 巨大キノコ含む各種キノコに菌糸ネザーラックも混じった地表が特徴的なバイオーム。1.8以前に追加されるメインワールドのFungi Forestとは別物。&color(blue){&b(){1.11.2〜}}
 &ref(FungiForest1202.png)
 
 &b(){◆Phantasmagoric Inferno}
 地表が全て火山灰ブロック「Ash Block」で覆われている。さらに点々と溶岩だまりがみられ、通常の炎や青い炎も燃えている。
 &ref(PhantasmagoricInferno1202.png)
 #region(close,1.7.10まで)
 &b(){1.7.10までのPhantasmagoric Inferno}
 火山灰ブロックに上に乗ると炎上する燻る草ブロックが混ざっている。
 &ref(Phantasmagoric Inferno_2.png)
 #endregion
  
 &b(){◆Polar Chasm}
 ごく稀にネザーに存在する固い氷で構成された寒冷地。雪ブロックが点在し、氷ブロックの塊や温泉もある。&color(red){&b(){1.11.2にのみ存在}}
 &ref(PolarChasm1102.png)
  
 &b(){◆Undergarden}
 ネザーの楽園(とは言えどネザーであることには変わりない)。天井からツタ「Ivy」が垂れ下がっており、ヘルバークの木やカエンボクが生えていたりと植生が豊か。ネザー版の芝生である成長したネザーラックもある。
 &ref(Undergarden1202.png)
 #region(close,1.7.10まで)
 &b(){1.7.10までのUndergarden}
 キノコを見つけることができる。カエンボクは生えていない。
 &ref(Undergarden_1.png)
 #endregion
 
 &b(){◆Visceral Heap}
 専用ブロック「Flesh」で覆われている土地。1.6.4では名称が「Bloody Heap」となっている。
 &ref(VisceralHearp1202.png)
 #region(close,1.7.10まで)
 &b(){1.7.10までのVisceral Heap}
 &ref(Blood Hearp_1.png)
 #endregion
 
 #endregion
 
 ----
 **追加ブロック・アイテム・レシピ一覧・新ディメンションPromised Landについて
 
 &font(b,150%){[[1ページ当たりの容量制限の関係で、別ページに分割>MOD解説/Biomes O' Plenty/アイテムリスト]]}
 
 ----
 **追加MOB一覧
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightgray):~名前|BGCOLOR(lightgray):~画像|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Bird|&ref(Mob_7.jpg)|Promised Land全域でスポーンする。空を飛ぶことができる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Glob(大)|&ref(Mob_3.jpg)|泥の色をしたスライム。倒すと泥だんご(Mud Ball)を1~2個ドロップし、通常のスライム同様にGlab(中)に2~4匹分裂する。攻撃力: Easy:3 Normal:4 Hard:6|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Glob(中)|&ref(Mob_4.jpg)|泥の色をしたスライム。倒すと泥だんご(Mud Ball)を1~2個ドロップし、通常のスライム同様にGlab(小)に2~4匹分裂する。攻撃力: Easy:2 Normal:2 Hard:3|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Glob(小)|&ref(Mob_5.jpg)|泥の色をしたスライム。倒すとスライムボールを1~2個ドロップする。攻撃力: Easy:0 Normal:0 Hard:0|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Jungle Spider|&ref(Mob_1.jpg)|Jungle、Sacred Springs、Tropics、Rainforest、他南国系のバイオームにスポーンする蜘蛛(敵対Mob)。&br()バニラの蜘蛛よりも大きさが小さい。しかしバニラの蜘蛛よりも足が速く、Normal以上で攻撃された場合、盲目(Blindness)の状態異常を与えてくる。&br()ただ泳ぐことができないのか、うまく水に浮かぶことができず水没する。&br()攻撃力: Easy:2 Normal:2 Hard:3|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Phantom|&ref(Mob_6.jpg)|煙だけの魂。ゾンビのように襲い掛かってくる。(敵対Mob)。さらにNormal以上では、状態異常「Possession」と持ち上げ攻撃を仕掛けてくる。&br()攻撃力: Easy:2 Normal:2 Hard:3|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Pixie|&ref(Mob_8.jpg)|Promised Land全域で大量にスポーンする。空を飛ぶことができる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Rosesters|&ref(Mob_2.jpg)|Gardenにスポーンする赤い鳥。見た目は違うが基本的な挙動は鶏と同じ。倒した際に赤の染料を一緒にドロップする。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Wasp|&ref(Mob_9.jpg)|ネザーの蜂の巣でスポーンする。近づくと飛びながら襲い掛かってくる。(敵対Mob)。&br()攻撃力: Easy:2 Normal:3 Hard:4|
 
 ----
 **追加構造物
 &b(){◆空の蜂の巣}
 ネザー全域で生成されるほぼ立方体状の蜂の巣。
 中にWaspがいることがあるので注意。
 &ref(bop_hive_1.png)
 &ref(bop_hive_2.png)
 
 &b(){◆蜜で満たされた蜂の巣}
 同じくネザー全域で生成される蜂の巣。外見は空の蜂の巣と変わらず、生成率も低い。
 空の蜂の巣と違い、中は蜜で満たされている。
 上部分は満たされていないので入るときは上から入るとよい。
 &ref(bop_hive_3.png)
 
 ----
 **追加される実績
 #region
 ***Biomes O' Plenty実績&color(blue){(1.1.3から追加)}
 Flower Child
 ┃ ''前提条件:''前提条件なし
 ┃ ''解除条件:''花を回収する。
 ┃
 ┣Berry Picking
 ┃┃ ''前提条件:''「Flower Child」
 ┃┃ ''解除条件:''実(Berry)を回収する。
 ┃┃
 ┃┗A Rolling Stone
 ┃ ┃ ''前提条件:''「Berry Picking」
 ┃ ┃ ''解除条件:''苔(Moss)を回収する。
 ┃ ┃
 ┃ ┗Rather Thorny
 ┃  ┃ ''前提条件:''「A Rolling Stone」
 ┃  ┃ ''解除条件:''いばら(Thorns)を回収する。
 ┃  ┃
 ┃  ┗Nutritious
 ┃     ''前提条件:''「Rather Thorny」
 ┃     ''解除条件:''珊瑚礁(XXX Coral)を回収する。
 ┃
 ┣Flower Power
 ┃┃ ''前提条件:''「Flower Child」
 ┃┃ ''解除条件:''花の冠(XXX Flower Band)を作成する。
 ┃┃
 ┃┗Full Auto
 ┃ ┃ ''前提条件:''「Flower Power」
 ┃ ┃ ''解除条件:''吹き筒(Dart Blower)を作成する。
 ┃ ┃
 ┃ ┗Plant Killer
 ┃  ┃ ''前提条件:''「Plant Killer」
 ┃  ┃ ''解除条件:''鎌(XXX Scythes)を作成する。
 ┃  ┃
 ┃  ┗Nutritious
 ┃     ''前提条件:''「Rather Thorny」
 ┃     ''解除条件:''エンダーポーター(Enderporter)を使用する。
 ┃
 ┣Buttersweet
 ┃┃ ''前提条件:''「Flower Child」
 ┃┃ ''解除条件:''満たされたミツバチの巣(Filled Honeycomb)を回収する。
 ┃┃
 ┃┗Decay
 ┃ ┃ ''前提条件:''「Buttersweet」
 ┃ ┃ ''解除条件:''ウィザーウォート(Wither Wart)を回収する。
 ┃ ┃
 ┃ ┗Gravedigger
 ┃  ┃ ''前提条件:''「Decay」
 ┃  ┃ ''解除条件:''墓(Grave)を回収する。
 ┃  ┃
 ┃  ┗Nutritious
 ┃     ''前提条件:''「Gravedigger」
 ┃     ''解除条件:''恐ろしい魂(Ghastly Soul)を回収する。
 ┃
 ┗Movin' On Up!
  ┃ ''前提条件:''「Flower Child」
  ┃ ''解除条件:''Promised Landに訪れる。
  ┃
  ┗Blue Sky
   ┃ ''前提条件:''「Movin' On Up!」
   ┃ ''解除条件:''天界のクリスタルの破片(Celestial Crystal Shard)を回収する。
   ┃
   ┗Drink of the Gods
      ''前提条件:''「Blue Sky」
      ''解除条件:''アムブロシアー(Ambrosia)を回収する。
 
 ***Item実績&color(red){(~1.1.2まで)}
 Biomes O' PlentyのItem実績はどこからでも解除することができるため実績の前提条件はない。そのため例を挙げると、最初から「Sticky Situation」を解除するなんてこともできる。
 
 Alpha...
 ┃ ''解除条件:''Origin valleyにあるOrigin Grassを入手する。
 ┃
 ┣Fields of Gold
 ┃  ''解除条件:''
 ┃
 ┣Ashes,Ashes...
 ┃  ''解除条件:''火山灰(Pile of Ashes)を入手する。
 ┃
 ┣Red Rockey Mountain High
 ┃  ''解除条件:''赤丸石(Red Rock Cobblestone)を入手する。
 ┃
 ┣Rather Thorny...
 ┃  ''解除条件:''いばら(thorn)を回収する。
 ┃
 Flower Child
 ┃ ''解除条件:''光る花(Glowflower)を持ち帰る。
 ┃
 ┣Sticky Situation
 ┃  ''解除条件:''泥だんご(Mud Ball)を入手する。
 ┃
 ┣Trippin'
 ┃  ''解除条件:''マッシュルームパウダー(shroom powder)を回収する。
 ┃
 ┣Flower Power!
 ┃  ''解除条件:''クローバーの冠(Dull Flower Band)を作成する。
 ┃
 ┣A Rolling Stone Gathers No Moss
 ┃  ''解除条件:''苔(Moss)を回収する。
 ┃
 ...Omega
   ''解除条件:''Holy Stoneを入手する。
 
 ***BiomeFinder実績&color(red){(~1.1.2まで)}
 BiomeFinderの実績でも、どこからでも解除することができる。
 
 Biomes O' Plenty
 ┃ ''解除条件:''Survivalモードでワールドを作成する。
 ┃
 ┗全83種類のバイオーム(例:Alps)
  ┃  ''前提条件:''「Biomes O' Plenty」
  ┃  ''解除条件:''各バイオームを訪れる。順番はどこからでも可。
  ┃
  ┗All Biomes Found!
     ''前提条件:''「全83種類のバイオーム」
     ''解除条件:''全83種類のバイオームをすべて埋める(未検証)
 
 #endregion
 
 ----
 **ワールドタイプ「Biomes O' Plenty」について
 Biomes O' Plentyを導入すると、ワールド新規作成時にあるワールドタイプに「Biomes O' Plenty」が追加される。デフォルトの設定と違うところは
 -追加バイオームが生成される。
 -バニラのバイオームが改変される。
 -ネザーが複数のバイオームで構成される。
 -特定の山岳系バイオームでは高度128を超えて地形が生成される。
 -特定のバイオームの中、または周辺にサブバイオームが生成される。
 -海岸が複数のサブバイオームで生成される。
 -Origin Varleyにて水際にBeta1.8以前まであった砂浜が生成される。
 -海洋バイオームの生成をOFFにできる。
 となっている。(ただし追加バイオームの生成、バニラのバイオーム改変、ネザーの改変に関してはConfigファイルでデフォルトのワールドでも設定できるようにすることができる。)
 //-他MODで追加されたバイオームも生成される。
 
 ----
 **村について
 Biomes O' Plenty導入した環境で生成される村は、バイオームごとに村を構成する素材が変化するようになる。
 |BGCOLOR(lightgray):~バイオーム名|BGCOLOR(lightgray):~画像|BGCOLOR(lightgray):~村の変化の説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Frost Forest&br()Glassland&br()Overgrown Greens&br()Tundra&br()Woodland|&ref(bop_vi1.jpg)|MIDDLE:バニラで生成されるものとほぼ変化はない。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Brushland&br()Prairie&br()Scrubland|&ref(bop_vi2.jpg)|MIDDLE:道路が砂利から砂に置き換わる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Lush Swamp|&ref(bop_vi3.jpg)|MIDDLE:井戸以外の丸石がすべて苔石に置き換わる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Birch Forest|&ref(bop_vi4.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:変化なし&br()街灯:&br()各種村人の家・図書館:木材(階段・ハーフ)部分だけ白樺製を使用。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Maple Woods&br()Spruce Woods|&ref(bop_vi5.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:変化なし&br()街灯:&br()各種村人の家・図書館:木材(階段・ハーフ)部分だけ黒松製を使用。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Meadow|&ref(bop_vi6.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:変化なし&br()街灯:変化なし&br()各種村人の家・図書館:樫の原木・木材代わりに黒松の原木・木材を使用。丸石も黒松の原木に置き換わっている。窓は鉄格子が使用されている。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。溶岩の代わりに水をためている。屋根のハーフブロックの部分は黒松の木材を使用。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Grove&br()|&ref(bop_vi7.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:変化なし&br()街灯:変化なし&br()各種村人の家・図書館:樫の原木・木材代わりに黒松の原木・木材を使用。丸石も黒松の原木に置き換わっている。階段製の屋根は黒松の葉になっている。窓は鉄格子が使用されている。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。溶岩の代わりに水をためている。屋根のハーフブロックの部分は黒松の木材を使用。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Coniferous Forest&br()Snowy Coniferous Forest|&ref(bop_vi8.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:変化なし&br()街灯:変化なし&br()各種村人の家・図書館:樫の原木・木材代わりにモミの原木・木材を使用。丸石もモミの原木に置き換わっている。窓は鉄格子が使用されている。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。溶岩の代わりに水をためている。屋根のハーフブロックの部分はモミの木材を使用。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Heathland|&ref(bop_vi9.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:砂で構成される。&br()街灯:&br()各種村人の家・図書館:木材(階段・ハーフ)部分だけジャカランダ製を使用。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Savanna|&ref(bop_vi10.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:砂で構成される。&br()街灯:変化なし&br()各種村人の家・図書館:樫の原木・木材代わりにアカシアの原木・木材を使用。丸石もアカシアの原木に置き換わっている。窓は鉄格子が使用されている。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。溶岩の代わりに水をためている。屋根のハーフブロックの部分はアカシアの木材を使用。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Outback&br()Steppe|&ref(bop_vi11.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:砂で構成される。&br()街灯:変化なし&br()各種村人の家・図書館:樫の原木・木材代わりにアカシアの原木・木材を使用。丸石もアカシアの原木に置き換わっている。階段製の屋根はカシの葉になっている。窓は鉄格子が使用されている。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。溶岩の代わりに水をためている。屋根のハーフブロックの部分はアカシアの木材を使用。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Tropical Rainforest&br()|&ref(bop_vi12.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:砂で構成される。&br()街灯:変化なし&br()各種村人の家・図書館:樫の原木・木材代わりにジャングルの原木・木材を使用。丸石もジャングルの原木に置き換わっている。窓は鉄格子が使用されている。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。溶岩の代わりに水をためている。屋根のハーフブロックの部分はジャングルの木材を使用。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Wetland&br()|&ref(bop_vi13.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:変化なし&br()街灯:変化なし&br()各種村人の家・図書館:樫の原木・木材代わりに柳の原木・木材を使用。丸石も柳の原木に置き換わっている。窓は鉄格子が使用されている。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。溶岩の代わりに水をためている。屋根のハーフブロックの部分は柳の木材を使用。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:変更要素は小屋とほぼ同じ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Arctic|&ref(bop_vi14.jpg)|MIDDLE:井戸:変化なし&br()道路:変化なし&br()街灯:&br()各種村人の家・図書館:ほとんどの素材が雪ブロックに置き換わっている。窓は氷が使用されている。&br()鍛冶屋:変更要素は小屋とほぼ同じ。溶岩があったところは氷になっている。&br()教会:変更要素は小屋とほぼ同じ。&br()農場:作物がない。|
 
 
 ----
 **Configファイルでの設定変更
 MOD導入後に「config」フォルダ下に「biomesoplenty」という名前のフォルダが生成される。
 その中には以下のフォルダ&ファイルが存在する。それをを書き変えることで、設定を変更できる。
 (&font(red){ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意})
 バイオームの生成の許可、不許可の設定変更をしてその変更を反映したい場合は、新規ワールド作成のその他の設定から、ワールドタイプを「Biomes O' Plenty」(「大きなバイオーム」の次にある)に変更すればOK。通常の設定のままワールドを作成してもコンフィグの設定が反映されないので注意。
 また、既に作成したワールドでも、上記の設定で作成した場合に限り、バイオームの出現設定を後から変更が可能。(例えば最初に砂漠バイオームのみ生成を許可し、その後山岳バイオームを許可することで、まだ読み込まれていないエリアに山岳バイオームが出現するようになる)ただし、Minecraft起動中にコンフィグで設定を変更したときはMinecraftを再起動すること。他にも上記の例のような平均高度に差があるバイオーム同士だといわゆる「バージョンの壁」のような絶壁ができたり(特にAlpsで顕著)、全てのバイオーム生成を不許可(要は海洋とテクニカルバイオームしか出現しない)にすると読み込み時にフリーズを起こすなど、二三注意を要しておくことがある。
 
 Configファイルの構成
 >biomesoplenty
 >┣ biomegen.cfg …… 各バイオームの生成on/off
 >┣ ids.cfg …… 全BiomeID&全BlockID&ItemID&その他各種IDの変更
 >┣ main.cfg …… サブコンフィグを纏めたもの。優先度は サブコンフィグ>main.cfg
 >┣ misc.cfg …… 各種レシピon/off、空の色の設定、その他設定
 >┗ terraingen.cfg …… 村生成のon/off・生成設定、バイオーム生成設定、
 
 
 &b(){◆biomegen.cfg}
 |BGCOLOR(lightgray):~項目|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# beach variations to generate|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:○○○=true|砂浜バイオームの出現on/off。falseに書き換える事で出現しなくなる。|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# biomes to generate|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:○○○=true|追加バイオームの出現on/off。falseに書き換える事で出現しなくなる。&br()全78個の追加バイオームで個別設定可能|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# nether biomes to generate|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:○○○=true|ネザーバイオームの出現on/off。falseに書き換える事で出現しなくなる。(デフォルト:全てtrue)|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# ocean biomes to generate|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:○○○=true|海洋タイプバイオームの出現on/off。falseに書き換える事で出現しなくなる。(デフォルト:全てtrue)|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# vanilla biomes to generate|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:○○○=true|バニラバイオームの出現on/off。falseに書き換える事で出現しなくなる。(デフォルト:全てtrue)&br()砂漠、山岳、森林、ジャングル、海洋、草原、湿地、タイガの中から設定できる。|
 
 &b(){◆ids.cfg}
 |BGCOLOR(lightgray):~項目|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# biome ids|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"○○○ ID"=XXX|数値を変更することで対象BiomeのIDを別な箇所へ移す。|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# block|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"○○○ ID"=XXXX|数値を変更することで対象BlockのIDを別な箇所へ移す。|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# dimension settings|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"Promised Land Dimension ID"=20|数値を変更することで対象DimensionのIDを別な箇所へ移す。|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# entity ids|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"○○○ ID"=XXX|数値を変更することで対象EntityのIDを別な箇所へ移す。|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# liquid ids|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"○○○ (ID before this must be free!)ID"=XXXX|数値を変更することで対象LiquidのIDを別な箇所へ移す。&br()&color(red){Block IDと被らないようにする且つ、1つ前のIDは必ず空けること。}|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# item|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"○○○ ID"=XXXXX|数値を変更することで対象ItemのIDを別な箇所へ移す。|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# mob ids|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"○○○ ID"=XXX|数値を変更することで対象EntityのIDを別な箇所へ移す。|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# terrain block ids - must be below 255|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"○○○ ID"=XXX|数値を変更することで対象BlockのIDを別な箇所へ移す。&br()&color(red){これらのブロックは256以上に割り振ってはいけない。}|
 
 &b(){◆main.cfg}
 |BGCOLOR(lightgray):~項目|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# vars|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):S:"Seen Version"=null|trueにすると、新しいバージョンが出た時にメッセージを表示する。(デフォルト:null)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Seen WorldType Msg"=true|trueにすると、Add Biomes To Default World"=falseでワールドタイプがデフォルトで生成した時に警告メッセージを表示する。(デフォルト:true)|
 
 &b(){◆misc.cfg}
 |BGCOLOR(lightgray):~項目|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# crafting settings|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Enable ○○○"=true|trueにすると対象のアイテムレシピを有効にする。|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# hard-coded colors|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Enable Sky Colors"=true|各バイオームの空の色on/off。(デフォルト:true)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"Promised Land Sky Color"=50175|Promised Landの空の色。(デフォルト値:50175)|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# miscellanious settings|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Add Biomes O' Plenty Achievements"=true|trueにすることで実績にBiomes O' Plentyによる実績を追加する。(デフォルト:true)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Add Custom Dungeon Loot"=true|trueにすることで村・ダンジョン・廃坑・ネザー要塞にBiomes O' Plentyによるアイテムを追加する。(デフォルト:true)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Enable Puddles During Rain"=true|trueにすることで雨が降った時の水たまりの生成を有効にする。(デフォルト:true)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Enable Spring Water Regeneration Effect"=true|trueにすることで温泉に入った時の効果「Regeneration」を有効にする。(デフォルト:true)|
 
 
 &b(){◆terraingen.cfg}
 |BGCOLOR(lightgray):~項目|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# allow villages|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:○○○=true|各バイオームの村の生成on/off。falseに書き換える事で村が生成されない。&br()全72個の追加バイオーム+ほとんどのバニラのバイオームで個別設定可能|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# biome settings|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Add Biomes To Default World"=false|trueにすることでワールド設定がデフォルトでもBiomes O' Plentyによる追加バイオームの出現を有効にする。(デフォルト:false)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"Vanilla Biomes Enhanced"=true|trueにすることでバニラのバイオームにも追加要素を加える。(デフォルト:true)|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# biomes o' plenty world type settings|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"Biome Size"=4|バイオームの一つ一つの大きさを変更する。1が最少で6が最大。(デフォルト値:4)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:"Distance between villages"=24|村と村の距離。言い換えれば村の生成率。Minecraftの設定では32に設定されている。(デフォルト値:32)|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# decoration settings|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Generate ○○○"=true|trueにすることで対応する地形のデコレーションが有効になる。(デフォルト:全てtrue)|
 |>|LEFT:BGCOLOR(lightgreen):~# dimension settings|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:"Enable Nether Override"=true|trueにすることでネザーの改変を有効にする。(デフォルト:true)|
 
 ----
 **他のMODとの競合情報
 BlockID 160~172 1920~1943 1947~1969 1971 1973~1977 4095、ItemID 21257~21259 21262~21263 21266~21259 21275~21276 21316~21335にアイテムを追加する他MODを入れていると競合する。
 その場合はコンフィグファイルからどちらかのMOD側のIDを変えることで回避できる。
 (メモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き変える) 
 (&font(red){ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意})
 
 前提に使用する【Minecraft Forge】も非常に競合の原因になりやすいMODである。
 また、単純な競合の他に、【Minecraft Forge】本体との互換性問題もある。詳しくは「[[MOD解説/MinecraftForge>MOD解説/MinecraftForge#forgeinfo]]」のページも参照の事。
 
 &font(blue,b){◆対応している}
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Better Dungeons|MIDDLE:そのままではダンジョンが追加バイオーム内に生成されないが、各ダンジョンコンフィグからバイオーム名を追加することで対応可能(生成高度固定のダンジョンの場合、ダンジョンが宙に浮くなどする場合有り)。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Better Grass & Leaves Mod|MIDDLE:Better Leavesの機能がBiomes O' Plenty追加の葉ブロックに対応。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Better World Generation 4(Forge版)|MIDDLE:同時に導入しても問題ない。またBetter Default機能のバイオーム選択にも対応している。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):BiblioCraft|MIDDLE:対応アドオンあり。追加木材のテクスチャを持ったまま棚やテーブルを作ることができる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):BlockPhysics|MIDDLE:Biomes O' Plenty作者により対応が確認されている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):BuildCraft|MIDDLE:油田や水源ブロックが追加バイオームに対応している。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ExtraBiomesXL|MIDDLE:BlockIDとBiomeIDが重複しているが、コンフィグファイルから書き換えることで共存可能。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Forestry For Minecraft|MIDDLE:蜂箱の動作&蜂の巣生成が追加バイオームにも対応している。&br()またバイオマス発酵槽でBiomes O' Plentyの苗木が使用できる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):GregTech-Addon|MIDDLE:ルビーとサファイアがGregTech-Addonの粉砕機レシピに対応。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):IndustrialCraft2|MIDDLE:追加バイオームでも沼地系のバイオームでゴムの木が生成される。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Millenaire|MIDDLE:Biomes O' Plenty作者により対応が確認されている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MineFactoryReloaded v2.0.0|MIDDLE:ゴムの木、汚泥、汚水が追加バイオームにも生成される。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Mo'Creatures|MIDDLE:追加バイオームでもMo'CreaturesのMobがスポーンする。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Multi Colored Things|MIDDLE:対応アドオンあり。追加木材のテクスチャを持ったままフェンスや梯子を作ることができる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MystCraft|MIDDLE:時代の書のバイオームシンボルが、Biomes O' Plentyの追加バイオームにも対応。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Natura|MIDDLE:樹木とベリーが追加バイオームにも生成される。使用の際はネザーでのクラッシュが対策されているNatura v2.1 Beta 9以降のバージョンを使用すると良い。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Thaumcraft 3|MIDDLE:オーラ節やグレートウッドとシルバーウッドが問題なく生成される。怒れるゾンビのスポーン、追加ブロックの相/Aspectにも対応している。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ThermalExpansion|MIDDLE:追加原木がThermalExpansionの製材機に対応。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):The Twilight Forest|MIDDLE:そのままではBiomeIDが重複してしまい地上世界にTwilight Forestのバイオームが生成されるが、コンフィグファイルから書き換えることで回避できる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Tinkers' Construct|MIDDLE:砂利鉱石、鉱石ベリーが追加バイオームにも生成される。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):TreeCapitator|MIDDLE:木こりの機能が追加樹木に対応(未検証)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):TuxWeapons|MIDDLE:Biomes O' Plenty作者により対応が確認されている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Witches and More|MIDDLE:Biomes O' Plenty作者により対応が確認されている。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):豆腐craft|MIDDLE:追加バイオームでも豆腐石が生成される。また追加された雑草を壊しても大豆を入手することができる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ほぼ全ての新しいMobを追加するMOD|MIDDLE:あらかじめMob Spawn Controlsを利用して追加バイオームに追加Mobをスポーンさせる設定をする必要がある。AtmosmobsやDQMⅡ、Grimoire of Gaia 2で確認済み。|
 
 &font(red,b){◆対応していない}
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):OptiFine|MIDDLE:起動自体は問題ない。Better Snowの機能が追加の草に対応していない。またBiomes O' Plentyの霧が正常に表示されない問題がある。|
 
 ----
 **Biomes O' Plenty Integration Add-Onについて(v0.4.0~v0.4.6環境向け)
 #region
 amnet氏作成による、Biomes O' Plentyのアドオン。主に他のMODと互換性を持たせられるようにすることができる。
 &font(b){v0.5.2からこれらの機能が内包されているため、ダウンロードする必要はなくなった。}
 
 ***主な機能
 -すべての追加バイオームでMo'Creaturesのモブがスポーンするようになる。
 -すべての追加バイオームでThaumcraft 3のオーラ節が生成するようになる。
 -決まったバイオームにてThaumcraft 3のグレートウッドとシルバーウッドが自生するようになる。
 -すべての追加バイオームでThaumcraft 3の怒れるゾンビがスポーンするようになる。
 -新しいブロックやアイテムにThaumcraft 3の相/Aspectを追加するようになる。
 -ForestryForMinecraftのバイオマス発酵槽でBiomes O' Plentyの苗木を使用できるようにする。
 -Biomes O' Plentyの原木、木材、ハーフブロック、階段、葉をForge鉱石辞書に登録し、他MODのレシピに使用できるようにする。
 -Configファイルで上記内容を個別にON/OFFにすることができる。
 
 #endregion
 ----
 **Biomes O' Plenty 0.5.1から0.5.2へ移行する際の注意。
 #region
 &font(red,b){Biomes O' Plenty 0.5.2からBlock IDの大幅削減が行われ、0.5.1以前までのワールドデータの互換性が失われた。&br()そのためアップデートした後にワールドデータを作り直すか、以下の方法を行う必要がある。}
 + ワールドデータをバックアップしてから公式フォーラムから「BOP-Converter-Patch-Generator-1.0.jar」と「mIDasGoldv0.2.4.rar」を同じディレクトリにダウンロードする。
 + ダウンロードした「mIDasGoldv0.2.4.rar」を解凍し、も一つのダウンロードした「BOP-Converter-Patch-Generator-1.0.jar」を実行する。
 + BOP Converter Patch Generatorが起動したら「Import Config」をクリックし、\.minecraft\configから古いコンフィグファイルを開く。(コンフィグファイルを別の場所に移動して開いてもよい。)
 + 「Output Patch」をクリックし、生成されたパッチファイルを置く場所を選択する。
 + 「Start」をクリック。
 + 「Done!」というメッセージが出たら、2.で解凍したフォルダの中にある「mIDasGold.jar」を実行する。
 + 「Add Savegame」をクリックし、変換したいワールドデータのフォルダを選択する。
 + 「Load Patch File」をクリックし、4.5.で生成されたパッチファイルを選択する。
 + 「Start」をクリック。
 + 「Done!」というメッセージが出たら成功。
 
 #endregion
 ----
 **編集用コメント
 #include(コメント欄方針/テンプレート/MOD)
 |BGCOLOR(lightgray):[[コメントログ:MOD解説/Biomes O' Plenty>MOD解説/Biomes O' Plenty/コメント]]|
 #region(close,上記の内容を守れる方のみご利用ください。)
 上記の内容を守れる方のみご利用ください。
 #pcomment(reply,enableurl,10,MOD解説/Biomes O' Plenty/コメント)
 #endregion