「MOD解説/Applied Energistics 2」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

MOD解説/Applied Energistics 2」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 //IC2以外の粉砕機で小麦粉の粉砕レシピが追加されるか要確認
 &font(red,b,140%){現在、情報が不足しています。加筆修正をお待ちしております。}
 &font(red,b,140%){Applied Energistics 2 Revision 2 stable build 10 のものへ編集中です。}
 #ref(Applied Energistics 2 title screen.png)
 
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MOD名|Applied Energistics2|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):製作者|AlgorithmX2|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):配布場所|https://minecraft.curseforge.com/projects/applied-energistics-2/files|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):前提MOD|【Minecraft Forge】|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用BlockID|*~*(*個)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):使用ItemID|*~*(*個 )|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):SMP対応|○|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):関連サイト|http://ae-mod.info/|
 
 ----
 目次
 #contents
 ----
 
 *Applied Energistics2について
 アイテムをデジタルデータ化して貯蔵、運用するといった趣のMOD。
 超圧縮し省スペース化を実現する大容量チェスト、洗練されたアイテム輸送等、''貯蔵&輸送''に特化した装置を追加する。
 
 
 &font(b,u){大容量チェストMODとして}
 MEチェスト1ブロックで最大8128スタック、MEドライブ1ブロックで最大81280スタック(コンフィグ変更により43万8912スタック)まで保存でき、大容量チェストとしても申し分ない。
 また、「ストレージにデータ化して保存する」という性質上、大容量チェストにありがちな「破壊時に大量のアイテムがドロップして大惨事」のリスクが低く、引越しも容易。
 一方で、ストレージセルを紛失すれば大量の在庫をロストするリスクがついて回ることになっている。
 
 &font(b,u){アイテム輸送MODとして}
 他の輸送系MODと比較すると、データ化して転送するという性質上、輸送中のアイテム描画がない分、PCへの負荷は軽くなっている。
 輸送速度は時差ゼロで転送可能であり、自動クラフトや無線取り寄せ、自動搬入出、他MOD輸送系との緩衝装置も備えている。
 輸送系MODはBuildCraftをはじめ競合相手が多いが、むしろそれらと相互利用することを前提に設計されているため非常に相性がいい。
 
 追加鉱石(ケルタスクォーツ)や隕石(スカイストーン)が必須のため、既存ワールドに導入時は新規開拓の必要がある。
 ネザークォーツも必要なため、ネザー開拓も前提条件になる。
 
 &font(b,u){用語}
 :ME|
 このMODの追加アイテムに冠されている''ME''とはMass Energyの略で、訳するなら物質エネルギーとでも言ったところ。
 ちょうどHDDにデータを保存するように、アイテム(物質)をエネルギー化して圧縮保存することがこのMODの骨子となっている。
 エネルギーと言ってもIC2のEUやBCのMJのような動力システムではなく、単に概念的な意味でしかない。
 ややこしいので単に「デジタルデータ」のシノニムだとでも思っておけばいい。&br()
 アイテムデータはアイテム1種類につきストレージの種類ごとに決められた容量を使用、個数が8個増える度に1バイトを使用してストレージに保存される。
 つまり複数種類を入れるよりも1種類に絞ったほうが保存できるアイテム数は多くなる。
 
 :AE(エネルギー単位)|
 かつてEnergy Unitと呼ばれていたもの。
 装置の稼動に必要な電力。IC2のEUやBCのMJのような動力システムと考えて良い。
 各装置の動作やアイテムデータの移送時に消費する。変換レートは&link_anchor(explanation){詳細解説}参照。
 //コンフィグによりUnitを使用しないように変更可能。
 
 :チャンネル|
 AE2より追加された概念。各種装置とMEコントローラを繋ぐ"紐"のようなもの。
 大半の装置はこのチャンネルを通して接続されることでMEネットワークに組み入れられる。
 通り道となる装置やケーブルにはチャンネル上限が定められており、計画的な拡張が必要になった。
 詳細な仕様は&link_anchor(explanation){詳細解説}、&link_anchor(tutorial){チュートリアル}参照。
 Revision 2以降はコンフィグで無効化できるようになる模様。
 
 *更新情報
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 30}
 -GUIを構成するときにクラッシュするのを修正 
 -イタリア語のlangファイルの更新
 
 #region(close,過去の更新情報)
 Applied Energistics 2 rv 2の更新情報
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 29}
 -Fixes #329: Crafting can use items in Storage Bus + Interface Combo 
 -Fixes #456: Fixed interface putting crafting items into itself
 -Fixes #1186: Storage Cells drop upgrades upon disassembling 
 -Fixes #1256: Display stack size dependent on width 
 -Fixes #1264: Does not crash on missing RF API 
 -Fixes #1271: Added missing pack.mcmeta 
 -Fixes #1277: Removed config option for MJ-P2P Tunnel 
 -Fixes #1310: Items stay on NEI Recipe shift-clicking 
 -Closes #1270: Improves NEI grinder overlay localization 
 -Improved exception output 
 -Update it_IT.lang 
 -Update ru_RU.lang 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 28}
 -Fixes #1202: Items need stacks bigger than 10000x before being converted 
 -Update zh_CN.lang 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 27}
 -Fixes #1230: Maintain Order of AE2 items and blocks 
 -Fixes #1222: Crash upon using a Wireless Access Terminal
 -Deobfuscated version for Developers contains no dupes anymore 
 -Update zh_CN.lang 
 -Update ru_RU.lang 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 26}
 -Fixes #889: Prevents duping with portable cells and slot switching crashes on laggy servers 
 -Closes #1219: Further improved localization options 
 -Closes #1054: Adds an Inscriber API for Developers (might be incompatible with MineTweaker) 
 -Closes #1207: Improved localization options 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 25}
 -Fixes #1068: Stops fixtures and similar blocks modifying the state of click on block. 
 -Fixes NPE on random button smashing.
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 24}
 -Fixes #1059 FMP Blocks don't disturb the ME Interface identifier 
 -Fixes #1191 Does not transform Sky Stone Blocks into Sky Stone anymore 
 -Fixes interaction bug between Sky Stone Chest and Inventory Tweaks upon sort via space + click 
 -Fixes #1197 Vibration Chamber does produce AE, not ae
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 23}
 -Fixes #1143 Fixed a NPE for using a feature too early 
 -Fixes #1174 Charged Quartz Ore drops Charged Crystals again 
 -Fixes #1118 Does not crash with invalid ItemStacks anymore 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 22}
 -Fixes #1125 Prevent matrix frames to break from explosions. 
 -Fixes NEI recipe handler crash. 
 -Developer: Now API jars contains classes and source files. 
 -Developer: Better debug information on AEApi access.
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 21}
 -Fixes #1115 Does not crash anymore without RotaryCraft 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 20}
 -Fixes #675 No disabled feature should log spam or crash anymore.
 -For developer: Deprecates the old usage of the AEItemDefinitions via the direct method access of * blocks() * parts() * items() * materials() and thus use the new re-direct via definitions(). All definitions are now initialized, no matter what. But SubItems, Items and Blocks are not registered, if by chance are disabled.
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 19}
 -Fixes #1013 Energy acceptor can receive RotaryCraft V5c Power again 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 18}
 -Fixes #1099 Client crash on load up due to FML quirks 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 17}
 -Fixes #1061 Most recipes are properly registered with new Mekanism. 
 -Potential slight performance increase
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 16}
 -Fixes #1077 Hotfix: Opening a terminal will not crash as fast anymore in systems with many items.
 -Fixes #822 Automation of IO Port works as intended again.
 -Update zh_CN.lang 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 15}
 -Fixes #1076 Crash on shift clicking a recipe from NEI. 
 -Added information for diagnostics. 
 -Fixed typos in en_US.lang.
  
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 14}
 -Fixes #976 Now uses GitHub to retrieve most current version 
 -Update it_IT.lang 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 13}
 -Fixes #1030 Fixes crash when shift-clicking a recipe from NEI into a crafting terminal 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 12}
 -Fixes #1024 Added zinc to the grindstone 
 -Update zh_CN.lang 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 11}
 -Fixes #1015 Pattern terminal destroying a single item when not able to satisfy a NEI recipe 
 -Fixes #1011 skip null values returned by the oredictionary 
 -Update zh_CN.lang 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 10}
 -Fixes #861 Wireless Terminal notifies player, if it is unlinked - thatsIch
 -Fixes #920 Increased GUI close distance to match Vanilla MC distance - thatsIch
 -Fixes #743 Crash with BC plugs
 -Fixes #942 BC builder can build AE networks again
 -Update #319 Now compiled against BC 6.4.2, with that MJ is gone
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 9}
 -Enhancement #817 Crafting CPU GUI now shows a green background on items being crafted, and a yellow background on scheduled items 
 -Enhancement Added an option to disable the colored crafting status 
 -Enhancement Added more information to the security audit 
 -Enhancement Improved performance 
 -Fixes #972 Level Emitter tool-tip now corresponds to the actual behavior 
 -Fixes #982 Auto-crafting lag reduced -Fixes #910 Dense cables render correctly with FMP now 
 -Fixes #943 Reduced lag when breaking multiple blocks at once using Annihilation Plane 
 -Fixes cable render crash and covered cables render as smart 
 -Update fr_FR.lang 
 -Update zh_CN.lang 
 -Updated Texture / Model License to be more specific 
 -Updated Forge to recommended 10.13.2.1291 and other dependencies 
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 8}
 -Update pt_BR.lang - al-myr
 -Improved the logged warning for FailledConnection Now displays to coordinates of the affected tunnels. 
 -Fix #701 - Changed harvest tool to axe 
 -Formation plane can now drop blocks as items 
 -Disable level emitter on offline networks Turns off level emitters if the goes offline because it runs out of power, channels or similar. 
 -Fixes #304 WAILA Integration updated and fixed WAILA offers a new interface to sync the server data to the client. 
 -Removed buffer from annihilation plane 
 -Effects should not collide with anything 
 -Improve code quality
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 7}
 -Fixes #666 vanishing microblocks with Immibis-Microblocks
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 6}
 -Fixes #663 NPE on disabled Facades
 
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.beta build 1}
 -Bump channel to beta
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 29}
 -#549 Fixes missing power event - thatsIch
 -#547 Fixed overstocking items with export bus/interface - yueh
 -Improve performance of the UUID matcher by using a pre-compiled pattern - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 28}
 -#524 Fix RF energy receive logic fixes for BC kinesis pipe - thatsIch
 -#535 Crafted and empty cells are now the same - thatsIch
 -Fix NPE if assemblers are build too high - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 27}
 -Updated korean localization - alvin137
 -Drop crank if fake player (e.g. autonomous activator of Thermal Expansion) uses it instead of doing nothing - TheJulianJES
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 26}
 -#501 Better sounds on Crank and CGA - TheJulianJES
 -#497 3D in hand of powered items but PT and WAT - TheJulianJES
 -#470 Prevent the search box from losing focus in Auto Search and NEI Synchronized Auto Search modes - mstiles92
 -#493 removing the double copy - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 25}
 -Updated chinese localization - sfchipan
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 24}
 -Feature #52 Added skystone, skystone block, skystone brick, skystone small brick, certus quartz, certus quartz pillar, chiseled certus quartz and fluix stars - thatsIch
 -Enhancement #466 Change Crafting card recipe to shapeless Change crafting card to be shapeless, to be consistent with recipe of other cards. - cjo9900
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 23}
 -Updated brazilian, french, korean localization - LorenzoDCC, Mazdallier, anesin1109
 -Added missing updates on item insert, now triggers comparators correctly again, fixes #446 - yueh
 -Fix sound, light level and hardness of tiny tnt - TheJulianJES
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 22}
 -Fix #449, fixes right-click animation and duplicates in the wireless terminal - TheJulianJES
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 21}
 -Fixes #287, portable cells don't dupe and eat items anymore
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 20}
 -HotFix, potentially fixes #260 through catching a null node - thatsIch
 -Fixes condenser dupe bug - yueh
 -Changed the iron facade to the general one Fixes #332 - yueh
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 19}
 -Fixes #354 Changed searge name lead to regressed compability with Immibis-MB - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 18}
 -Fixes #413 Adding removed reflection called constructor - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 17}
 -Potentially fixes #400 where it crashes if you throw charged certus quartz on the ground - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 16}
 -Add oredict entry for pure fluix crystals as crystalPureFluix - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 15}
 -Improved version checker overall performance - thatsIch
 -Fixes #376 IO Port now dropping upgrades properly. - thatsIch
 -Prevent anything but boosters inside WAPs - yueh
 -Potentially fixes Grid-NPE - yueh
 -Fixes bug when CPUs are placed near on 0 or 255 - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 14}
 -Add config option to whitelist dimensions for meteorite gen - Cisien
 -Bumped API to rv2 - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 13}
 -Fixed typos in localizations - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 12}
 -Added Czech localization - nalimleinad
 -Added French localization - Mazdallier
 -Updated Russian localization - Adaptivity
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 11}
 -Fixes dupe bug. #309 - yueh
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 10}
 -Switched to a concurrent collection in ItemList Replaced the TreeMap inside ItemList with a CSLM Formated code to match the current &formatting - yueh
 -Code formatting - yueh
 -Fixes duping of damaged items. #298 - yueh
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 9}
 -Fixed vanishing bottom part (#269, #288) - yueh
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 8}
 -Stopping versionchecker after retrieving the information successfully - thatsIch&
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 7}
 -Migrate rv1 worlds to rv2 api for storage bus mode, fixes #263 - Cisien
 -BugFix for #260 - FireBall1725
 -Code improvements - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 6}
 -More optimizations to speedup interface terminals - yueh
 -Fix crash in interface terminal - yueh
 -Prevent matrix frames from being placeable Formated code and organized imports - yueh
 -Re-enabled unfocusing the search bar in AUTOSEARCH and NEI_AUTOSEARCH mode - thepaperpilot
 -Update TileSpatialIOPort.java fixed the Spatial-IO not being able to read/write custom spatial storage - TrinaryBrain
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 5}
 -Fixes inscriber not dropping upgrade cards. - yueh
 -Fixed #225 Not returning correct size per type of 8, 32, 128, 512 instead of constant 8 in BytesPerType - thatsIch
 -Fixed #209 - Inverted damage bar - thatsIch
 -Adds filter by pattern to the interface terminals Some code cleanup - yueh
 -Adds filter by machine name to interface terminals - yueh
 -Several optimizations - yueh
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 4}
 -Update Localization - thatsIch
 -Update Forge, FMP and WAILA - Akai1
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 3}
 -Downgraded forge to 1208 to fix compatiblity with forge multiparts - FireBall1725
 -Added how to submit issues to the readme, updated in contrib - FireBall1725
 -Resolved conflicts - thatsIch
 -Replaced normal for loops with foreach loops which is less error prone when just iterating over collection/array - thatsIch
 -Resolved conflict - thatsIch
 -Removes unnecessary returns - thatsIch
 -Moving the handling of progress to GuiProgressBar Adds an interface providing data for GuiProgressBar Changed all containers simulating progress to implement the interface - yueh
 -Added information about texture and model license - thatsIch
 -Removed unused and likely buggy class SortedList - yueh
 -Update CONTRIBUTING.md And for pastebin - thatsIch
 -Update CONTRIBUTING.md Removed urls cause they were not parsed in ```sections - thatsIch
 -Update CONTRIBUTING.md - thatsIch
 -Fixed typo in SyncData - yueh
 -Added checks for null and equal class to .equals() Also switched a check for null in OreHelper#sameOre to prevent null == null => true - yueh
 -Removes not needed casts - thatsIch
 -Removes redundant final modifiers of private methods - thatsIch
 -Deleted some parens and fixed indentation - iloveportalz0r
 -Replaces String == comparison with .equals() - thatsIch
 -Replaces while iterators with foreach call - thatsIch
 -Removes not needed Boxing - thatsIch
 -Self assignment - thatsIch
 -Removed redundant array creations just to match varargs operations - thatsIch
 -Adding - Cisien
 -fix formatting - Cisien
 -Added some guidelines around how we will accept PRs. - Cisien
 -Fixed crafting watchers not having the right type - thatsIch
 -Resolved some unchecked Types - thatsIch
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 2}
 -Removed duplicate code This also prevents the storage bus from sending 2 packets instead of 1 when the fuzzy button is pressed - thepaperpilot
 -Removed Chat Spam, replaced with Achievement. - AlgorithmX2
 -Changed Inscriber to be upgradable with Cards Supports up to 3 cards Currently max 3 Acceleration Cards, each reducing the crafting time by 25% - yueh
 -Fix a memory leak with GridStorage - AlgorithmX2
 -Close GUI when Monitor Returns a new Handler, closes Chest GUI when cell is removed. - AlgorithmX2
 -Prevent calling client only localization method on server. - AlgorithmX2
 -Remove pointless ore dictionary registration. - AlgorithmX2
 -Fix for item #1133 - Ongy
 -Feature: #0856 - Whenever a player without "craft"-ing permissions attempts to open a crafting or pattern terminal, they will open the -normal terminal GUI instead - thepaperpilot
 -Fixed Bug: #0880 - ME Chest can't be protected by ME Security Terminal. - thepaperpilot
 -Fixed Typo-s in recipes. - AlgorithmX2
 -Update process.recipe Fixed issue 1138 with oredictionary wheat. - Kolatra
 -Renamed Assets for typo fixes. - AlgorithmX2
 -Various Code Clean up and bulid system setup - yueh, FireBall1725, iloveportalz0r, thatsIch and Cisien
 &font(red,b){Applied Energistics 2 rv2.alpha build 1}
 -Fixed typos in source and API - thatsIch
 -Added stats ItemsInserted, ItemsExtracted, and TurnedCranks - AlgorithmX2
 -Added A fairly sizeable number of achievements - AlgorithmX2
 -Added config option to Disable Channels - AlgorithmX2
 -Increased memory efficiency for a number of things such as facades, parts and tile entities - AlgorithmX2
 
 #endregion
 
 &font(blue,b){既知の不具合}
 
 
 *Applied Energistics2の導入方法
 &b(){◆シングルプレイ}
 前提として「[[MOD解説/MinecraftForge>MOD解説/MinecraftForge#InstallationSSP]]」に従って【Minecraft Forge】を導入する。 
 +指定されているフォルダの中に、ダウンロードした appliedenergistics2-rv*-*-*.jar を&b(){jarファイルのまま}コピー&貼り付けする。
 +マインクラフトを起動、ログインしてタイトル画面まで進めたなら導入成功。
 
 &b(){◆マルチプレイ(他人のサーバーにログインして遊ぶ場合)}
 #region
 +上記の手順に従って、シングルプレイ用に Applied Energistics を導入する。
 +サーバー主側から指定がある場合は、指示通りにコンフィグファイルを修正し、 Applied Energistics 以外のMODも導入する。
 +対象のサーバーにログイン。
 #endregion
 
 &b(){◆マルチプレイ(自分でサーバーを建てる場合)}
 #region
 &font(red){minecraft_server.jarのDL方法や、MOD導入以前の初期設定の仕方については「[[マルチプレイ]]」のページを参照。そもそもサーバー建てが初めての場合は、いきなりMODを導入せずに、バニラの状態で問題なく動作するかを確認する事。}
 前提として「[[MOD解説/MinecraftForge>MOD解説/MinecraftForge#InstallationSMP2]]」に従って【Minecraft Forge】を導入する。 
 +指定されているフォルダの中に、ダウンロードした Applied Energistics 2 を&b(){jar(zip)ファイルのまま}コピー&貼り付けする。
 +サーバーを起動。正常に起動し、MOD内容が反映されていれば導入は終了。
 #endregion
 
 **対応環境
 &font(red,b){Applied Energistics2 Revision 1 stable build 1}
 -◆Minecraft 1.7.10
 -Latest Minecraft Forge
 &font(red,b){Applied Energistics2 Revision 2 stable build 10}
 -◆Minecraft 1.7.10
 -Latest Minecraft Forge
 &font(red,b){Applied Energistics2 Revision 4 alpha build 11}
 -◆Minecraft 1.10.2
 -Latest Minecraft Forge
 
 *&aname(tutorial,option=nolink){チュートリアル}
 &b(){[[旧バージョンの解説>MOD解説/Applied Energistics/チュートリアル]]}
 AE2になって序盤の流れが多少変わった。
 1)ケルタスクォーツ、チャージドケルタスクォーツ、ネザークォーツその他を採掘する。
 2)グラインドストーン(Quartz Grindstone)を作成する。これで各種クォーツの粉が手に入るようになる。手軽な鉱石倍化も可能になる。
 3)チャージドケルタスクォーツ、ネザークォーツ、レッドストーンを水の中にドロップし、フルーシュクリスタルを入手する。
 4)チャージャー(Charger)を作成する。これでチャージドケルタスクォーツやフルーシュクリスタルが比較的容易に手に入るようになる。
 (必要に応じて種結晶とアクセラレータ(Crystal Growth Accelerator)によるクォーツ倍化施設を作る。動力はVibration Chamberから得る。)
 5)隕石探知コンパス(Meteorite Compass)を作成し、隕石を探す。
 6)隕石中心部のチェストから金型4種類を集める。スカイストーンの撤去にはダイヤつるはしが必要。MEコントローラの材料になるのでいくつか集めておく。
 7)刻印機(Inscriber)を作成する。これで各種プロセッサーがクラフトできるようになる。
 以下の流れは旧バージョンとほぼ同様。
 &b(){チャンネル解説暫定版}
 #region(close)
 &b(){①チャンネルとは}
 MEネットワークを構築するには、MEコントローラに装置類をケーブル等で連結する。この点は旧バージョン(AE)と変わらない。
 &ref(TutoChannel101.png)
 
 もちろん機械類を連結させるだけでもネットワークに組み込まれる。これも従来どおり。
 &ref(TutoChannel102.png)
 
 それでは、従来とは違う点とは何か。
 実は、ケーブル・機械類の内部を通る&b(){チャンネル}によって連結されていなければ、
 たとえケーブルが繋がっていようとネットワークには組み込まれない。
 この&b(){チャンネル}は通常目視できないが、&b(){MEスマートケーブルやMEデンスケーブル}によって可視化できる。
 &ref(TutoChannel103.png)
 
 &b(){チャンネル}はケーブル・機械類の内部を通り、MEコントローラと機械を最短距離で結ぶことによって機械をネットワークに組み込む。
 通すことの出来るチャンネルの上限が定まっており、&b(){多くの装置・ケーブルは8チャンネルまでしか通せない}。
 この点は連結さえさせればネットワークに組み込めた旧バージョンとは大きく異なる。
 
 下の例では1本のケーブル(8チャンネルまで)に9個の装置を取り付けると、1つの装置が認識されなくなってしまった。
 &ref(TutoChannel104.png)
 ※Device Missing Channelの表示はNEIのアドオンWailaによる。
 
 従って、本MODではこのチャンネルの配線に大きく苦慮しながら拡張していくことになる。
 
 ネットワークの大きさはMEコントローラの面数に依存する部分がある。
 旧バージョンと異なり、MEコントローラが1ブロックに限らなくなったのはこのため。
 
 各種装置等のチャンネル数上限をここでまとめておく。
 ・&b(){MEガラスケーブル}:一番安価なケーブル。8チャンネルまで。
 ・&b(){MEカバーケーブル}:見た目が違うだけ。上位ケーブルの中間素材。8チャンネルまで。
 ・&b(){MEスマートケーブル}:コストが重いが、チャンネルを目視できる。8チャンネルまで。
 ・&b(){MEデンスケーブル}:コストがとても重いが、チャンネルを目視できるだけでなく、上限が&b(){32チャンネル}まで拡大。ただし、入出力バスやP2Pトンネルなどの装置を取り付けることができない。
 ・&b(){P2Pトンネル}:32チャンネルまで送受信できる。(※仮に上限が無くても他の装置が対応していない。)
 ・&b(){量子リンクチャンバー}:合計32チャンネルまで送受信できる。コントローラ側は1つの面しか使えない。末端側は複数の面を用いることが出来る。
 ・&b(){MEコントローラ}:1面あたり32チャンネルまで受けることが出来る。
 ・&b(){その他のブロック形装置}:8チャンネルまで。
 ・&b(){アドホックネットワーク}:MEコントローラが無いネットワーク。(デンスケーブルを用いたとしても)全体で8チャンネルまで。
 基本的に上手い配線をしない限りは&b(){8チャンネルまで}。
 
 &b(){②チャンネルの経路}
 "チャンネルはケーブル・機械類の内部を通り、MEコントローラと機械を最短距離で結ぶことによって機械をネットワークに組み込む。"
 この最短距離というのがクセモノで、2通り以上の最短経路がある場合、どちらの経路を通るかはほぼランダムになっている。
 
 &ref(TutoChannel201.png)
 端っこを破壊し
 &ref(TutoChannel202.png)
 もう一度ケーブルを繋ぐと
 &ref(TutoChannel203.png)
 経路が変わってしまった
 
 [例1]それぞれが一番良い最短経路を通ってくれれば上手くいきそうなものを、そうはなってはくれない。
 &ref(TutoChannel204.png)
 
 [例2]これもありがちな配線ミス。
 &ref(TutoChannel205.png)
 
 例1の場合、Color Applicator(IC2のペインター等でも可)やクラフトによりケーブルを染色すれば解決できる。
 &ref(TutoChannel206.png)
 
 例2の場合、それぞれのチャンネルがどんな最短経路をとってもチャンネル上限にかからないような配線を心がければよい。
 &ref(TutoChannel207.png)
 このようにすれば、どんな経路をとっても4x4の中央線を通りえない。
 特にこの配置は、分子組み立て機とか
 &ref(TutoChannel208.png)
 MEドライブ倉庫とか
 &ref(TutoChannel209.png)
 様々な用途がある。
 ただし、この形は後述するP2Pトンネル無しでは若干配線しづらい。
 
 最短経路が2通り以上生じないような配線が基本ということになる。
 さらに詳しくは[[公式解説ページ>http://ae-mod.info/Channels/]]へ。
 
 &b(){③P2Pトンネルとは}
 小規模なネットワークならまだしも、本格的な自動化機構を組み立てればデンスケーブルの32チャンネルですら足りなくなってくるだろう。
 
 染色で何とか対応するも、なんとも苦しい配線。
 &ref(TutoChannel301.png)
 MEガラスケーブルでの配線を余儀なくされる最序盤はこんな配線になりがち。
 
 P2Pトンネル(ME)を使えばこの問題をある程度は解決できる。
 
 P2P(point to point)トンネルとは、本来はMEネットワークを経由してアイテムやエネルギーを伝達するのに使うもの。
 [例]液体をネットワーク経由で伝える。
 &ref(TutoChannel302.png)
 
 1ブロックで様々な情報を伝達するEnderIOの導管のような性質があるといえる。(チャンネル制限があるため安直に使える代物ではないが)
 P2Pトンネルの名の通り、基本的に入口と出口が一対一になっている。
 
 しかし、P2Pトンネル(ME)が伝達するものはアイテムや液体などではなく、MEネットワークの&b(){チャンネル}である。
 言葉ではわかりにくいので、画像を交えて説明すると、以下のような感じ。
 
 これはP2Pトンネル(ME)2個のみのネットワーク。
 &ref(TutoChannel303.png)
 この1対のP2Pトンネル(ME)によって&b(){別のネットワーク}のチャンネルを送る。
 &ref(TutoChannel304.png)
 
 これではありがたみがわからないが、32チャンネルの通ったデンスケーブルですら
 &ref(TutoChannel305.png)
 このように送ることが出来る。
 
 ややこしくなるが、同一ネットワークのチャンネルをP2Pトンネルで送ることも可能。
 &ref(TutoChannel306.png)
 
 &b(){④チャンネル束としてのP2Pトンネル}
 &ref(TutoChannel401.png)
 この配線では、入出力バスの192チャンネルをP2Pトンネルの24チャンネルに"纏め"、1本のデンスケーブルで送られている。
 複数のチャンネルをP2Pトンネル自身の1チャンネルに纏めることでチャンネル数の節約が可能なのだ。
 ③のはじめの配線と比べてみて欲しい。
 
 ただのスマートケーブルで256チャンネルを送ることすら可能。
 &ref(TutoChannel402.png)
 
 P2Pトンネル自身が属するネットワークをアドホックネットワーク(MEコントローラを用いないネットワーク)にしてしまうのも有用である。
 &ref(TutoChannel403.png)
 アドホックネットワークでは全体で8チャンネルまでしか使えないこと、エネルギー供給手段(クォーツファイバー等)を用意することに注意する。
 
 他にこんな使い方も。
 &ref(TutoChannel404.png)
 
 なお、P2Pトンネル(ME)のチャンネルをP2Pトンネル(ME)で送る(ネストする)ことは出来ない。
 &ref(TutoChannel405.png)
 P2Pトンネルの末端側のP2Pトンネルは自動的にDevice Missing Channnelになる。
 &small(){※もしもネスト可能ならば、例えば自身のチャンネルを送るP2Pトンネルというものが存在することになりかねない。}
 &small(){チャンネル経路の構築が複雑怪奇なものとならないための技術的な制限と思われる。}
 
 従って、1ブロックで送れるチャンネル数上限は32x32=1024チャンネルとなる。
 (32チャンネルを送るP2Pトンネル32個のチャンネルを纏めたデンスケーブル)
 &ref(TutoChannel406.png)
 //あまりの手間に断念。
 
 &b(){⑤P2PトンネルのペアリングとMEコントローラのチャンネル上限}
 ここで、P2Pトンネルの使い方を思い出そう。
 P2Pトンネルのペアリングにはメモリーカードを用いる。
 その際、「入力側をShift+右クリック→出力側を右クリック」という手順でペアリングを行う。
 入力側1つに対して複数の装置で右クリックを行うことにより、&b(){出力側を複数設定可能}である。
 
 MEコントローラ側を入力側のP2Pトンネル、末端側を出力側のP2Pトンネルとすることで、
 次のように末端側を複数とった配線が可能である。
 &ref(TutoChannel501.png)
 
 MEコントローラ側のP2Pトンネルをコントローラに直付けしてやれば、デンスケーブルなしに32チャンネルを送ることすら可能となる。
 &ref(TutoChannel502.png)
 ただし、このような配線をもってしてもMEコントローラが1面に受けられる上限チャンネル数32を超えることは無い。
 &ref(TutoChannel503.png)
 
 結局のところ、巨大なネットワークにはそれ相応のMEコントローラの面数が必要になることに変わりは無い。
 MEコントローラ集合体の大きさには上限(7x7x7)があるので、ネットワークの大きさ(チャンネル数)にも実は上限が存在することになる。
 
 &b(){⑥巨大倉庫の構築例}
 ②の最後のように、チャンネルの最短経路については細心の注意を払わなければならない。
 基本的に、P2Pトンネルによって送信された部分は距離が0として計算されるので、②の最後の例はこのように配線できる。
 &ref(TutoChannel601.png)
 
 この構造を大量に配置すれば、比較的容易に巨大倉庫を作り上げることが出来る。
 &ref(TutoChannel602.png)
 
 P2Pトンネル自身の属するネットワークを同一ネットワークにするか、別のネットワークにするか、
 アドホックネットワークにするかはケースバイケースといえる。
 
 &b(){⑦補足}
 ・分子組立室やエナジーキューブのように、ネットワークとエネルギー授受のみを行う装置はチャンネルを使用しない。
 
 #endregion
 
 *追加ブロック・アイテム・レシピ一覧
 **[[鉱石・アイテム詳細解説(ページ分割)>http://www26.atwiki.jp/minecraft/pages/1451.html]]
 **[[ブロック詳細解説(ページ分割)>http://www26.atwiki.jp/minecraft/pages/1450.html]]
 
 
 *追加インターフェース一覧
 //ここは全く手付かず
 |BGCOLOR(lightblue):インターフェイス|BGCOLOR(lightblue):説明|
-|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){グラインドストーン&br()(Quartz Grind Stone)}&br()&ref(gui-grindstone.jpg)|左上のスロットに粉砕したいアイテムを入れ、設置した木製のクランクを右クリックする事で動作し、アイテムが中央のスロットに入り粉砕が始まる。&br()粉砕が完了すると生成された粉末は右下のスロットに入る。&br()粉砕中(中央スロット内)のアイテムは取り出し不可(グラインドストーンを破壊する事で回収可能)&br()粉砕するアイテムによってクランクを右クリックする回数が異なる。&br()&br()|
-|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEパターンエンコーダ&br()(ME Pattern Encoder)}&br()&ref(gui-patternterminal.jpg)|ME分子組立室やMEインターフェースにセットするパターンにレシピを登録する装置。&br()右上にブランクパターン用スロット、右下にエンコード済みパターン用スロット、中央にレシピ用グリッドと完成品スロットを持つ。&br()ブランクパターン用スロットにMEブランクパターンをセットして使用する(予めMEブランクパターンを複数枚セットしておく事が可能)&br()レシピ用グリッドにレシピを設定し、完成品スロットにアイテムが表示されている状態でEncodeボタンを押すとパターンが登録され、エンコード済みパターン用スロットへ送られる。&br()(完成品スロットが空白だとエンコード出来ない。レシピ用グリッドは空白でもエンコードは可能)&br()レッドストーン信号を入力する事でもエンコードする事が可能。&br()GUIを閉じても指定している内容は消えず、Clearボタンを押す事でレシピ用グリッド、完成品スロットともに消去される。&br()エンコード済みパターンを専用スロットにセットすると、そのパターンに登録されている内容が表示され、再度編集が可能。&br()&br()設定したレシピが存在する場合は完成品スロットに自動でアイテムが表示される。この際、完成品スロットに手動でアイテムを配置する事で任意のアイテムを登録することができる。&br()存在しないレシピであっても登録が可能であり(レシピ用グリッドに砂:1、完成品スロットにガラス:1を指定する等)&br()MEインターフェースを介してかまど等の外部装置でアイテム作成する場合はこちらの方法を使用する。&br()&br()|
+|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){グラインドストーン&br()(Quartz Grind Stone)}&br()&ref(gui-grindstone.jpg)|左上のスロットに粉砕したいアイテムを入れ、設置した木製のクランクを右クリックすることで動作し(長押しでも可)、アイテムが中央のスロットに入り粉砕が始まる。粉砕が完了すると生成された粉末は右下のスロットに入る。&br()粉砕中(中央スロット内)のアイテムは取り出し不可(グラインドストーンを破壊する事で回収可能)&br()粉砕するアイテムによってクランクを右クリックする回数が(長押しの場合かかる時間が)異なる。&br()&br()|
+|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEパターンターミナル&br()(Pattern Terminal)}&br()&ref(gui-patternterminal.jpg)|分子組立機やMEインターフェースにセットするパターンにレシピを登録する装置。&br()右上にブランクパターン用スロット、右下にエンコード済みパターン用スロット、中央にレシピ用グリッドと完成品スロットを持つ。ブランクパターン用スロットにブランクパターンをセットして使用する(予めブランクパターンを複数枚セットしておくことが可能)レシピ用グリッドにレシピを設定し、完成品スロットにアイテムが表示されている状態でEncode Pattern(矢印の)ボタンを押すとパターンが登録され、エンコード済みパターン用スロットへ送られる。&br()(完成品スロットが空白だとエンコード出来ない。レシピ用グリッドは空白でもエンコードは可能)GUIを閉じても指定している内容は消えず、Clear(×マークの)ボタンを押す事でレシピ用グリッド、完成品スロットともに消去される。&br()エンコード済みパターンを専用スロットにセットすると、そのパターンに登録されている内容が表示され、再度編集が可能。&br()&br()設定したレシピが存在する場合は完成品スロットに自動でアイテムが表示される。この際、完成品スロットに手動でアイテムを配置する事で任意のアイテムを登録することができる。|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){セルワークベンチ&br()(Cell Workbench)}&br()&ref(gui-cellworkbench.jpg)|MEストレージ(1k、4k、16k、64k)に収納するアイテムを登録する装置。&br()右上にMEストレージ用スロット、9x7のアイテム指定スロットを持つ。&br()&br()アイテム指定スロットに収納したいアイテムを配置すると、そのMEストレージには登録したアイテムのみを収納するようになる。&br()左上の×ボタンを押すと設定が解除される。&br()左上2番目のボタンを押すと、現在入っているアイテムが指定される。&br()また、3番目のボタンを押すと、ストレージを入れ替えても表示されている設定が変わらず、コピーできる。&br()登録済みのMEストレージを右上のスロットにセットすると登録済みアイテムが表示され、追加登録、登録削除(削除したいアイテムをクリックする)する事が可能。&br()&br()右上のスロットには、ファジーカードとインバーターカードをセットできる。|
-|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEチェスト&br()(ME Chest)}&br()&ref(gui-mechest.jpg)|MEストレージ(1k、4k、16k、64k)を真ん中のスロットにセットして使用する。&br()セットされたMEストレージに収納されているアイテムを表示し、MEストレージへアイテムを搬入出する事ができる。&br()左上のボタンを切り替える事で表示の並び替えができる&br()&br()MEストレージ優先度設定GUI(下記参照)でMEストレージへの搬入出優先度を指定可能。&br()&br()|
-|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEドライブ&br()(ME Drive)}&br()&ref(gui-medrive.jpg)|MEストレージ(1k、4k、16k、64k)をインベントリにセットして使用する。最大で10個のMEストレージをセット可能。&br()MEチェストと違い、セットされたMEストレージ内のアイテムを直接利用する事はできない。利用する為にはMEアクセスターミナル等の機器を使用する必要がある。&br()複数のMEストレージが格納されている場合の搬入優先度は、左上→右上…となり、搬出優先度は右下→左下…となる。&br()&br()MEストレージ優先度設定GUI(下記参照)でMEストレージへの搬入出優先度を指定可能。&br()ただし、優先度設定はMEネットワーク内におけるMEドライブの優先度指定であり、MEドライブ内にセットされた各MEストレージの優先度ではないので注意。&br()&br()|
-|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEストレージ優先度設定&br()(ME Storage Priority)}&br()&ref(gui-priority.jpg)|MEチェスト、MEドライブ、MEストレージバス、MEファジーストレージバスにクォーツレンチをシフトキー+右クリック使用すると表示される。&br()テキストボックスに数値を入力、又はボタンを押して優先度を指定する(マイナス値も指定可能)&br()MEネットワーク内にアイテムが搬入された場合、優先度数値が高い装置内のMEストレージから搬入する。&br()MEネットワーク内からアイテムを搬出する場合、優先度数値が低い装置内のMEストレージから搬出する。&br()&br()|
-|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){ME IOポート&br()(ME IO Port)}&br()&ref(gui-priority.jpg)|&b(){<基本>}&br()左スロットにセットしたMEストレージとMEネットワーク間でアイテムの転送を行なう。右スロット内のMEストレージにはアイテム転送は行なわない。&br()受け取り側のMEストレージが格納アイテムを指定していると、そのアイテム以外は転送しない。&br()&b(){<転送方向>}矢印の向きに転送される。&br()&b(){<動作モード>}&br()左スロットに置いたMEストレージを設定した条件で右スロットに送る。&br()&ref(IconWorkEmpty-10a.png):空になったMEストレージを右のスロットへ送る&br()&ref(IconWorkDone-10a.png):空でないか容量一杯のMEストレージを右のスロットへ送る。&br()&ref(IconWorkFull-10a.png):容量一杯になったMEストレージを右のスロットへ送る。&br()&b(){<レッドストーン制御>}&br()レッドストーン信号により転送動作を制御できる。&br()&ref(IconRsActive-10a.png):常に転送する。&br()&ref(IconRsWithoutSignal-10a.png):レッドストーン入力が無い間、転送を行なう。&br()&ref(IconRsWithSignal-10a.png):レッドストーン入力がある間、転送を行なう。&br()&br()|
+|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEチェスト&br()(ME Chest)}&br()&ref(gui-mechest.jpg)|MEストレージ(1k、4k、16k、64k)を真ん中のスロットにセットして使用する。セット後、MEチェスト上部を右クリックするとMEストレージに収納されているアイテムを表示し、MEストレージへアイテムを搬入出する事ができる。&br()右上の Priority (スパナのマークの)ボタンをクリックすることでMEストレージへの搬入出優先度を指定可能。&br()&br()|
+|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEドライブ&br()(ME Drive)}&br()&ref(gui-medrive.jpg)|MEストレージ(1k、4k、16k、64k)をインベントリにセットして使用する。最大で10個のMEストレージをセット可能。&br()MEチェストと違い、セットされたMEストレージ内のアイテムを直接利用する事はできない。利用する為にはMEアクセスターミナル等の機器を使用する必要がある。&br()複数のMEストレージが格納されている場合の搬入優先度は、左上→右上…となり、搬出優先度は右下→左下…となる。&br()&br()右上の Priority (スパナのマークの)ボタンをクリックすることでMEストレージへの搬入出優先度を指定可能。&br()ただし、優先度設定はMEネットワーク内におけるMEドライブの優先度指定であり、MEドライブ内にセットされた各MEストレージの優先度ではないので注意。&br()&br()|
+|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){優先度&br()(Priority)}&br()&ref(gui-priority.jpg)|各種装置の右上の Priority (スパナのマークの)ボタンをクリックすると表示される。&br()テキストボックスに数値を入力、又はボタンを押して優先度を指定する(マイナス値も指定可能)&br()MEネットワーク内にアイテムが搬入された場合、優先度数値が高い装置内のMEストレージから搬入する。&br()MEネットワーク内からアイテムを搬出する場合、優先度数値が低い装置内のMEストレージから搬出する。&br()&br()|
+|MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){ME IOポート&br()(ME IO Port)}&br()&ref(gui-meioport.jpg)|&b(){<基本>}&br()左スロットにセットしたMEストレージとMEネットワーク間でアイテムの転送を行なう。右スロット内のMEストレージにはアイテム転送は行なわない。&br()受け取り側のMEストレージが格納アイテムを指定していると、そのアイテム以外は転送しない。&br()&b(){<転送方向>}矢印の向きに転送される。&br()&b(){<動作モード>}&br()左スロットに置いたMEストレージを設定した条件で右スロットに送る。&br()&ref(IconWorkEmpty-10a.png):空になったMEストレージを右のスロットへ送る&br()&ref(IconWorkDone-10a.png):空でないか容量一杯のMEストレージを右のスロットへ送る。&br()&ref(IconWorkFull-10a.png):容量一杯になったMEストレージを右のスロットへ送る。&br()&b(){<レッドストーン制御>}&br()レッドストーン信号により転送動作を制御できる。&br()&ref(IconRsActive-10a.png):常に転送する。&br()&ref(IconRsWithoutSignal-10a.png):レッドストーン入力が無い間、転送を行なう。&br()&ref(IconRsWithSignal-10a.png):レッドストーン入力がある間、転送を行なう。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEアクセスターミナル&br()(ME Access Terminal)}&br()&ref(gui-terminal.jpg)|ネットワーク内の全てのMEストレージにアクセスし、MEストレージに収納されたアイテムを使用する事ができる。&br()検索ボックスに文字を入力する事でアイテム検索をしたり、左列のボタンを切り替える事でアイテム表示内容を変更できる(下記参照)&br()検索ボックスを右クリックすると入力された文字を消去できる。&br()&br()エンコード済みパターンがセットされたME分子組立室・MEインターフェースがネットワーク内にあれば、パターン登録したアイテムの在庫がない場合に「Craft」と表示され、MEクラフティング画面から自動作成をする事が可能となる。(下記のボタンで自動作成可能アイテムのみ表示させれば、在庫があるアイテムでも自動作成が可能)&br()自動作成をキャンセルしたい場合はMEクラフティングモニターにて行なう。&br()&br()&ref(IconSrortName-10a.png):アイテム名順に表示する。&br()&ref(IconItemStack-10a.png):アイテム数量順に表示する。&br()&ref(IconSrortPriority-10a.png):設定されたMEストレージ優先度順に表示する。&br()&ref(IconSrortId-10a.png):アイテムID順に表示する。&br()&br()&ref(IconArrowUp-10a.png):昇順に表示する。&br()&ref(IconArrowDown-10a.png):降順に表示する。&br()&br()&ref(IconItemSingle-10a.png):格納アイテムのみ表示する。&br()&ref(IconItemCraft-10a.png):自動作成可能アイテムのみ表示する。&br()&ref(IconItemCraftSingle-10a.png):格納アイテム、在庫の無い自動作成可能アイテムを表示する。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEクラフティング&br()(ME Crafting)}&br()&ref(gui-crafttermjpg)|MEアクセスターミナルやMEクラフトターミナルから自動クラフトを実行すると表示される。&br()テキストボックスに数量を入力、又はボタンを押して作成数を指定し、Beginボタンを押すと自動クラフトが開始される。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEクラフトターミナル&br()(ME Crafting Terminal)}&br()&ref(gui-craftterminal.jpg)|上記のMEアクセスターミナルの上位互換。&br()3x3のクラフト用グリッドを持ち、ネットワーク内のアイテムを使用してクラフトする事ができる。Unit不足でもクラフト用グリッドを使用してのアイテム作成は可能。&br()クラフト用グリッドの空きスロットをスペースキー+クリックでグリッド内容を消去できる。&br()左列のボタンを切り替える事でアイテム表示内容を変更できる。&br()&ref(IconSrortName-10a.png):アイテム名順に表示する。&br()&ref(IconItemStack-10a.png):アイテム数量順に表示する。&br()&ref(IconSrortPriority-10a.png):設定されたMEストレージ優先度順に表示する。&br()&ref(IconSrortId-10a.png):アイテムID順に表示する。&br()&br()&ref(IconArrowUp-10a.png):昇順に表示する。&br()&ref(IconArrowDown-10a.png):降順に表示する。&br()&br()&ref(IconItemSingle-10a.png):格納アイテムのみ表示する。&br()&ref(IconItemCraft-10a.png):自動作成可能アイテムのみ表示する。&br()&ref(IconItemCraftSingle-10a.png):格納アイテム、在庫の無い自動作成可能アイテムを表示する。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEクラフトモニター&br()(ME Crafting Monitor)}&br()&ref(GuiMECraftingMonitor-10a.png)|自動クラフトを実行すると右上のスロットにクラフト中のアイテムと数量が表示される。&br()複数のアイテムを自動クラフトしている場合はNextボタン、Prevボタンで表示を切り替えられる。&br()&br()ME分子組立室を用いた自動クラフト実行時にはそのアイテムのクラフトパターンをたどり、&br()中央のスロットに中間素材を含め必要なアイテム全ての内、不足しているアイテムを表示する。&br()下のスロットには中間素材の為の素材を含め最終的に必要なアイテムの内、不足しているアイテムを表示する。&br()&br()右上に表示しているアイテムをシフトキー+左クリックする事で、自動クラフトをキャンセルできる。&br()また、中間素材を自分でクラフトしてストレージに格納した場合、中央のスロットに表示されているそのアイテムをシフトキー+右クリックすると、それ以前の自動作成をキャンセルする事ができる。&br()詳しくは[[詳細解説>MOD解説/Applied Energistics#id_253b2007]]を参照。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEインターフェース&br()(ME Interface)}&br()&ref(GuiMEInterface-10a.png)|&b(){<基本>}&br()MEネットワークと外部の機器との間でアイテムの転送を行う。&br()レンチで右クリックをするとDirection面が表示され、自動クラフト時にアイテムを搬出する方向を指定できる。&br()再度レンチで右クリックする事で向きを変えられる。&br()&b(){<搬出>}&br()エクスポートコンフィグスロットにアイテムを指定すると、ネットワーク内からアイテムを転送しエクスポートアイテムスロットへ搬出する。&br()ここに置かれたアイテムはBuildCraftのパイプやRP2の配送器等で吸い出す事ができる。&br()&b(){<搬入>}&br()BuildCraftのパイプやRP2のチューブ等でMEインターフェースにアイテムを搬送すると、MEネットワークに転送しMEストレージへ収納する。&br()&b(){<自動作成>}&br()プロセススロットにエンコード済みパターンをセットすると、そのパターンで作成可能なアイテムと数量が表示され、ME分子組立室にパターンをセットした時と同様にMEアクセスターミナルから自動作成を指示する事ができるようになる。&br()自動作成を行うとME分子組立器とは異なり、パターンに登録した素材アイテムをMEインターフェースに隣接したブロックのインベントリに格納する。&br()これにより、かまどでの精錬等の外部装置によるアイテム作成が可能となる。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){ME基本出力バス&br()(ME Basic Export Bus)}&br()&ref(GuiMEBasicExportBus-10a.png)|1種類のアイテムのみ指定可能。&br()指定したアイテムをMEネットワークから転送し、隣接したブロックのインベントリへ搬出する。&br()レッドストーン制御や搬出数設定はできず、常時1個ずつ搬出する。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEストレージバス&br()(ME Storage Bus)}&br()&ref(GuiMEStorageBus-10a.png)|チェストのような内部インベントリを持つブロックに隣接させて設置する事で、そのインベントリをMEネットワークに組み込む事ができる。&br()9x6のスロットにアイテムを指定することで、フォーマット済みMEストレージのように特定アイテムだけをそのブロックへ搬入させる事ができる。&br()但し、ME精密入力バスのようにMEネットワーク内への搬入アイテムを指定する事は出来ない。&br()&br()MEストレージ優先度設定GUI(上記参照)でインベントリへの搬入出優先度を指定可能。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){ME精密入力バス&br()(ME Precision Import Bus)}&br()&ref(GuiMEPrecisionImportBus-10a.png)|&b(){<基本>}&br()隣接したブロックのインベントリからアイテムを取り込み、MEネットワークに転送しMEストレージへ収納する。&br()スロットにアイテムを指定すると、指定したアイテムのみ取り込む。&br()&b(){<レッドストーン制御>}&br()レッドストーン信号によりに動作制御ができる。&br()&ref(IconRsActive-10a.png):常時アイテムを取り込む。&br()&ref(IconRsWithoutSignal-10a.png):レッドストーン入力が無い間アイテムを取り込む。&br()&ref(IconRsWithSignal-10a.png):レッドストーン入力がある間アイテムを取り込む。&br()&ref(IconRsPerPulse-10a.png):レッドストーン入力がOFFからONに変わった時に一度だけアイテムを取り込む。&br()&b(){<数量設定>}&br()&ref(IconItemSingle-10a.png):1個ずつ取り込む。&br()&ref(IconItemStack-10a.png):1スタックずつ取り込む。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){ME精密出力バス&br()(ME Precision Export Bus)}&br()&ref(GuiMEPrecisionExportBus-10a.png)|&b(){<基本>}&br()スロットで指定したアイテムをMEネットワークから転送し、隣接したブロックのインベントリへ搬出する。&br()複数のアイテムを指定した場合、最初に指定したアイテムがネットワーク内から無くなるまで次のアイテムは搬出しないので注意。&br()&b(){<レッドストーン制御>}&br()レッドストーン信号により動作制御ができる。&br()&ref(IconRsActive-10a.png):常時アイテムを搬出する。&br()&ref(IconRsWithoutSignal-10a.png):レッドストーン入力が無い間アイテムを搬出する。&br()&ref(IconRsWithSignal-10a.png):レッドストーン入力がある間アイテムを搬出する。&br()&ref(IconRsPerPulse-10a.png):レッドストーン入力がOFFからONに変わった時に一度だけアイテムを搬出する。&br()&b(){<数量設定>}&br()&ref(IconItemSingle-10a.png):1個ずつ搬出する。&br()&ref(IconItemStack-10a.png):1スタックずつ搬出する。&br()&ref(IconItemCraftSingle-10a.png):1個ずつ搬出する。ネットワーク内に在庫が無くなると可能であれば自動作成を行う。&br()&ref(IconItemCraft-10a.png):ストレージ内に在庫があっても搬出せず、自動クラフトしたものを搬出する。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEファジー入力バス&br()(ME Fuzzy Import Bus)}&br()&ref(GuiMEFuzzyImportBus-10a.png)|&b(){<基本>}&br()隣接したブロックのインベントリからアイテムを取り込み、MEネットワークに転送しMEストレージへ収納する。&br()スロットにアイテムを指定すると、指定したアイテムやダメージ値の違うアイテム、Forge鉱石辞書を介して指定されたアイテムと互換性を持つアイテムを取り込む。&br()&b(){<レッドストーン制御>}&br()レッドストーン信号によりに動作制御ができる。&br()&ref(IconRsActive-10a.png):常時アイテムを取り込む。&br()&ref(IconRsWithoutSignal-10a.png):レッドストーン入力が無い間アイテムを取り込む。&br()&ref(IconRsWithSignal-10a.png):レッドストーン入力がある間アイテムを取り込む。&br()&ref(IconRsPerPulse-10a.png):レッドストーン入力がOFFからONに変わった時に一度だけアイテムを取り込む。&br()&b(){<数量設定>}&br()&ref(IconItemSingle-10a.png):1個ずつ取り込む。&br()&ref(IconItemStack-10a.png):1スタックずつ取り込む。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEファジー出力バス&br()(ME Fuzzy Export Bus)}&br()&ref(GuiMEFuzzyExportBus-10a.png)|&b(){<基本>}&br()スロットで指定したアイテムやダメージ値の違うアイテム、Forge鉱石辞書を介して互換性を持つアイテムをMEネットワークから転送し、隣接したブロックのインベントリへ搬出する。&br()複数のアイテムを指定した場合、最初に指定したアイテムがネットワーク内から無くなるまで次のアイテムは搬出しないので注意。&br()&b(){<レッドストーン制御>}&br()レッドストーン信号により動作制御ができる。&br()&ref(IconRsActive-10a.png):常時アイテムを搬出する。&br()&ref(IconRsWithoutSignal-10a.png):レッドストーン入力が無い間アイテムを搬出する。&br()&ref(IconRsWithSignal-10a.png):レッドストーン入力がある間アイテムを搬出する。&br()&ref(IconRsPerPulse-10a.png):レッドストーン入力がOFFからONに変わった時に一度だけアイテムを搬出する。&br()&b(){<数量設定>}&br()&ref(IconItemSingle-10a.png):1個ずつ搬出する。&br()&ref(IconItemStack-10a.png):1スタックずつ搬出する。&br()&ref(IconItemCraftSingle-10a.png):1個ずつ搬出する。ネットワーク内に在庫が無くなると可能であれば自動作成を行う。&br()&ref(IconItemCraft-10a.png):ストレージ内に在庫があっても搬出せず、自動クラフトしたものを搬出する。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEファジーストレージバス&br()(ME Fuzzy Storage Bus)}&br()&ref(GuiMEFuzzyStorageBus-10a.png)|チェストのような内部インベントリを持つブロックに隣接させて設置する事で、そのインベントリをMEネットワークに組み込む事ができる。&br()9x6のスロットにアイテムを指定することで、ファジー指定したフォーマット済みMEストレージのように特定アイテムやダメージ値の違うアイテム、Forge鉱石辞書を介して互換性を持つアイテムだけをそのブロックへ搬入させる事ができる。&br()但し、ME精密入力バスのようにMEネットワーク内への搬入アイテムを指定する事は出来ない。&br()&br()MEストレージ優先度設定GUI(上記参照)でインベントリへの搬入出優先度を指定可能。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEレベルエミッター&br()(ME Level Emitter)}&br()&ref(GuiMELevelEmitter-10a.png)|中央のスロットにアイテムを指定し、テキストボックスに数値を入力するかボタンを押して数量を指定する。&br()アイテムのMEネットワーク内在庫が設定数になるとレッドストーン信号を出力する。&br()レッドストーン出力は前方1ブロックのみで、RedPower2の赤合金ワイヤーにも反応する。&br()&br()モードを切り替える事で、レッドストーン出力の条件を変更できる。&br()&ref(IconRsWithSignal-10a.png):設定値以上でレッドストーン出力する。&br()&ref(IconRsWithoutSignal-10a.png):設定値未満でレッドストーン出力する。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){ME無線アクセスポイント&br()(ME Wireless Access Point)}&br()&ref(GuiWirelessAccessPoint-10a.png)|ME無線ターミナルを利用する際に必要。&br()スロットに無線ブースターを16枚(コンフィグ変更により最大64枚まで)セット可能。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){MEパターンプロバイダ&br()(ME Pattern Provider)}&br()&ref(GuiMEPatternProvider-10a.png)|ネットワーク外に単体で設置しても、内部のインベントリにセットしたエンコード済みパターンが作成可能なアイテムを表示する。&br()ただし、自動クラフト機能は無い。&br()&br()|
 |MIDDLE:BGCOLOR(#ddccbb):&br()&b(){ME分子組立室&br()(ME Molecular Assembler Chamber)}&br()&ref(GuiMEMolecularAssemblerChamber-10a.png)|MEパターンプロバイダ、ME組立封鎖壁、ME排熱器、MEクラフトCPU(任意)を正しく組み立てる事で使用可能となる。&br()&br()インベントリにエンコード済みパターンをセットする事で同一ネットワーク内のMEアクセスターミナルからアイテムを自動作成できるようになる。&br()内部に組み込んだMEパターンプロバイダ1個につき最大54枚までパターンを格納できる。&br()パターンをセットすると、そのパターンで作成可能なアイテムと数量を表示する。&br()MEパターンプロバイダを複数個設置している場合、Nextボタン、Prevボタンを押す事でページを切り替えられる。&br()&br()自動クラフト実行時に素材となるアイテムが無い場合、そのアイテム作成用のエンコード済みパターンがセットされていれば素材アイテムも自動作成し、充填した上で自動作成してくれる。&br()素材となるアイテムのパターンが無かったり、大元となるアイテムが無い場合は素材補充待ちになる。&br()&br()MEパターンプロバイダを大量に組み込めば、あらゆるアイテムを自動作成することも可能。&br()&br()|
 
 
 *&aname(explanation,option=nolink){詳細解説}
 
 &b(){チャンネルについて}
 #region(close)
 ※加筆修正求む
 AE2より新しく追加された概念。
 ○基礎知識
 ・各装置はチャンネルを介してMEコントローラと接続されることによってネットワークに組み込まれる。
 ・チャンネルの通り道となるのは各種機械、MEケーブル。
 ・チャンネルは装置とMEコントローラを最短距離で繋ぐ経路を通る。(最短経路を2個以上作ることは推奨されていない)
 ・多くの機械は8チャンネルまで、MEデンスケーブルは32チャンネルまでしか伝達できない。
 ・スマートケーブルやデンスケーブルを使うと、そのケーブルを通るチャンネル数を視覚的に把握することが出来る。
 ・ネットワークとエネルギー授受のみを行う装置はチャンネルを使用しない。(分子組み立て機、エナジーキューブなど)
 
 ○P2Pトンネルについて
 大量の機械を配置しようとすると、デンスケーブルの32チャンネルですら配線困難となるため、&b(){P2Pトンネル(ME)}の使用が推奨される。
 P2Pトンネルは複数のチャンネルを(P2Pトンネル自身の)1チャンネルに纏める効果がある。いわば「チャンネル束」のようなもの。
 これにより、32を超えるチャンネルを1本のケーブルで配線できるようになる。
 P2Pトンネルで束ねたチャンネルを再びP2Pトンネルで束ねる(=ネスト)ことは出来ないため、
 ケーブル1本あたり最大32x32=1024チャンネルまで輸送できる計算になる。
 
 なお、P2Pトンネル自身が属するネットワークは、束ねる元のネットワークと同一である必要は無い。
 従って、P2Pトンネル(とMEコントローラー)のみの、束ねられたチャンネルを管理するネットワークを作ることもできる。
 
 ○ネットワークサイズの上限
 MEコントローラが1面で受けられる最大チャンネル数は32、たとえP2Pトンネルのアウトプット側に複数指定したとしてもこれを超えることは出来ない。
 MEコントローラの大きさに上限(7x7x7)がある都合上、1つのネットワークで使用できるチャンネル数にも上限がある。
 とはいえ、よほど大きな施設を作らない限りは気にすることは無いはず。
 #endregion
 
 &b(){アドホックネットワークについて}
 #region(close)
 MEコントローラを用いないネットワークのこと。合計8チャンネルまでしか使用できない。
 MEドライブとMEターミナル、エネルギーアクセプターのみといった小さなネットワークなら構築可能。
 #endregion
 //&b(){MEチェスト上面のテクスチャ変化について}
 //#region(close)
 //MEチェスト上面のテクスチャはMEチェスト/セットされたMEストレージの状態により色が変わる。
 //|BGCOLOR(lightgray):~画像|BGCOLOR(lightgray):~状態|
 //|&ref(IconMEChestNoSlot-10a.png)|MEチェストにMEストレージがセットされていない状態。|
 //|&ref(IconMEChestNoPower-10a.png)|MEチェストにMEストレージがセットされているが、電源が無い状態。(ConfigのrequirePowerがtrueの場合)|
 //|&ref(IconMEChestNotFull-10a.png)|MEチェストにMEストレージがセットされいて、内部に空きがある状態。|
 //|&ref(IconMEChestWork-10a.png)|MEチェストにMEストレージがセットされて、アイテムが搬入中の状態。(Rev9F時点では一度でもアイテムが搬入されるとこの状態のままになってしまう。MEストレージを再セットする事で復旧可能)|
 //|&ref(IconMEChestTypeFull-10a.png)|MEチェストにMEストレージがセットされいて、内部に空きがあるが、63種類(フォーマット済みMEストレージの場合は登録アイテム全種類)のアイテムが格納されている状態。|
 //|&ref(IconMEChestFull-10a.png)|MEチェストにMEストレージがセットされているが、容量が一杯の状態。|
 //#endregion
 
 &b(){MEドライブのテクスチャ変化について}
 #region(close)
 MEドライブ前/背面のテクスチャはMEドライブ/セットされたMEストレージの状態により色が変わる。
 |BGCOLOR(lightgray):~画像|BGCOLOR(lightgray):~状態|
 |>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){前面}|
 |&ref(IconMEDriveNoSlot-10a.png)|MEドライブにMEストレージがセットされていない状態。|
 |&ref(IconMEDriveNoPower-10a.png)|MEドライブにMEストレージがセットされているが、電源が無い状態。(ConfigのrequirePowerがtrueの場合)|
 |&ref(IconMEDriveNotFull-10a.png)|MEドライブにMEストレージがセットされいて、内部に空きがある状態。|
 |&ref(IconMEDriveWork-10a.png)|MEドライブにMEストレージがセットされて、アイテムが搬入中の状態。|
 |&ref(IconMEDriveTypeFull-10a.png)|MEドライブにMEストレージがセットされいて、内部に空きがあるが、63種類(フォーマット済みMEストレージでは登録アイテム全種類)のアイテムが格納されている状態。|
 |&ref(IconMEDriveFull-10a.png)|MEドライブにMEストレージがセットされているが、容量が一杯の状態。|
 |>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){背面}|
 |&ref(ItemMEDriveTypeFullRear-10a.png)|&b(){種類}(右側の青色ゲージ)&br()MEドライブにセットされているMEストレージ全ての合計に対する使用率を表示&br()使用率が大きいほどゲージが高くなる&br()右画像は限界値まで格納されている状態。|
 |&ref(ItemMEDriveFullRear-10a.png)|&b(){容量}(左側の赤色ゲージ)&br()MEドライブにセットされているMEストレージの合計に対する使用率を表示&br()使用率が大きいほどゲージが高くなる&br()右画像は限界値まで格納されている状態。|
 #endregion
 //&b(){MEクラフトモニターについて}
 //#region(close)
 //分かり難いので、個別に解説する。
 //画像ではディスペンサーの自動作成を実行中。作成に必要となる中間素材である弓、木の棒、木材のクラフトパターンも登録済み。素材アイテムは全て不足した状態となっている。
 //&ref(GuiMECraftingMonitor2-10a.png)&br()自動作成が実行されると、そのパターンを、登録されている中間素材のクラフトパターンを含めた全てのクラフトパターンをたどり、必要となる素材アイテムを算出する。
 //Currently Craftingにはクラフトパターンに登録している&b(){&color(green){丸石}}、&b(){&color(brown){弓}}(→弓の作成に必要となる&b(){&color(brown){木の棒}}→木の棒の作成に必要となる&b(){&color(brown){木材}}→木材の作成に必要となる&b(){&color(green){原木}}、と&b(){&color(green){糸}})、&b(){&color(green){レッドストーン}}の内、不足しているアイテムが表示される。
 //Missing Materialsにはクラフトパターンに登録している&B(){&color(green){丸石}}、弓の作成に最終的に必要な&b(){&color(green){原木}}と&b(){&color(green){糸}}、&b(){&color(green){レッドストーン}}の内、不足しているアイテムが表示される。
 //中間素材である弓を自分でクラフトしてストレージに格納した後、中央のスロットに表示されている弓をシフトキー+右クリックしてキャンセルすると、弓の作成に必要な&b(){木の棒の自動作成}、木の棒の作成に必要な&b(){木材の自動作成}がキャンセルされ、弓は在庫があるものと認識される。逆に言うと、自動作成中のアイテム(今回の例では弓)は手動で充足しても在庫ありとは認識されず、大元の素材である原木の充足を待ち続け、次の自動作成のステップには進まない。
 //#endregion
 
 &b(){各装置の使用エネルギーについて}
 #region(close)
 //このMODにはUnitを生成する装置が無いので、BCの&b(){MJ}かIC2の&b(){EU}を使用する。※Rev10AよりUniversal ElectricityのWattも使用可能になった。
 &b(){【 変換レート:&color(Green){5AE = 1MJ}、&color(green){2AE = 1EU}、&color(green){1AE = 2RF}、&color(green){1AE = 5J(Mekanism)}、&color(green){1AE = 11256Watts/Joules(RotaryCraft)} 】}
 
 エネルギーはMEコントローラ、またはエネルギーアクセプターに対し供給する。
 エネルギーが不足すると、GUIが表示できない、GUIを開いても暗転する、GUIを開いて設定は出来るが動作しない、などネットワーク内の装置が使用できなくなる。
 &ref(GuiMEChestPowerLow.png)
 ネットワークツールで右クリックして表示されるGUIには合計消費AE/t、および接続されている装置各々の消費AE/tが表示される。
 &ref(GuiNetworkTool.png)
 
 各装置には使用AEが決められており、1Tickごとに合計AE(小数点以下切捨て)が使用される。
 装置ごとの使用AEは以下の通り。その他アイテム転送時などに追加のAEが要求される模様。
 |BGCOLOR(lightgray):CENTER:~機器名|BGCOLOR(lightgray):CENTER:~AE/t|BGCOLOR(lightgray):CENTER:~補足説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Vibration Chamber|CENTER:10|エネルギー生産量|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Crystal Growth Accelerator|CENTER:8||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):刻印機(Inscriber)|CENTER:10||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEコントローラ|CENTER:3|1ブロックあたり|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEチェスト|CENTER:1|ストレージセルによる消費がプラスされる|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEドライブ|CENTER:2|ストレージセルによる消費がプラスされる|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):1kMEストレージ|CENTER:0.5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):4kMEストレージ|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):16kMEストレージ|CENTER:1.5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):64kMEストレージ|CENTER:2||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEターミナル|CENTER:0.5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEクラフティングターミナル|CENTER:0.5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEインターフェースターミナル|CENTER:0.5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEパターンターミナル|CENTER:0.5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME入力バス|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME出力バス|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEストレージバス|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME入出力ポート|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEインターフェース|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEストレージモニター|CENTER:0.5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEコンバージョンモニター|CENTER:0.5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEレベルエミッター|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):クラフティングCPU|CENTER:1|1ブロックあたり|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):P2Pトンネル|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Annihilation Plane|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):Formation Plane|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ネットワークブリッジ|CENTER:198|1ブロックあたり22AE/t|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME無線アクセスポイント|CENTER:8+n^(1+n/64)|nは無線ブースターの数|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):イルミネーションパネル|CENTER:0.06||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):アクセラレーションカード|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):チャンネル|CENTER:1/128|長さ1ブロックあたり?|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ポータブルセル|CENTER:0.5|GUIを開いている間は1AE/t|
 以下旧バージョンのもの
 #region(close)
 |BGCOLOR(lightgray):CENTER:~機器名|BGCOLOR(lightgray):CENTER:~Unit/t|BGCOLOR(lightgray):CENTER:~補足説明|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEコントローラ|CENTER:6||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEチェスト|CENTER:1|MEストレージを格納している場合(ストレージ容量に関係なく):&b(){+2}&br()アイテムの搬入出中:&b(){+1}/ 20アイテム(一度に搬入出するアイテム数)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEドライブ|CENTER:2|MEストレージを格納している場合はストレージ容量により追加Unit量が異なる&br()・1k:&b(){+0.5}/ 1個&br()・4K:&b(){+1}/ 1個&br()・16k:&b(){+1.5}/ 1個&br()・64k&b(){+2}/ 1個&br()アイテムの搬入出中:&b(){+1}/ 20アイテム(一度に搬入出するアイテム数)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME入出力ポート|CENTER:1|アイテム転送時に追加Unit消費あり&b(){&color(red){※要検証}}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEアクセスターミナル|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEクラフトターミナル|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEクラフトモニター|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEストレージモニター|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME無線アクセスポイント|CENTER:1|無線ブースター追加時:&b(){+1}/ 無線ブースター2枚|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEインターフェース|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME入力バス|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME出力バス|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEストレージバス|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEレベルエミッター|CENTER:1||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEパターンプロバイダ|CENTER:1|ME分子組立室内部に設置された場合のみ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME組立封鎖壁|CENTER:0||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):ME排熱器|CENTER:0||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEクラフトCPU|CENTER:1|ME分子組立室内部に設置された場合のみ|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):MEケーブル|CENTER:0.0625|合計16本で&b(){+1}になる|
 #endregion
 #endregion
 
 &b(){複数言語サポートについて}
 #region(close)
 Rev10Aからlangフォルダに言語設定ファイルを用意すると、オプションの言語設定を変更した際にアイテム名やGUI表示も他言語に変更できるようになった。
 標準で用意されている英語(US)用設定ファイルなどを変更すれば簡単に日本語化する事ができる。
 +appeng-rv10-x.zipを解凍し「en_US.properties」をメモ帳などで開く。
 +「AppEng.Gui.Controller=ME Controller」の「ME Controller」を「MEコントローラ」に変更する。他の項目も同様に日本語に変更する。
 +「ja_JP.properties」の名前で保存する。
 +同様に「lang.list」をメモ帳などで開き、「ja_JP」を追加して保存する。
 +7Zip等で「ja_JP.properties」「lang.list」の2つのファイルをMOD内のmods\appeng\langフォルダ内に追加する。
 マインクラフトのオプションから言語設定を日本語に変更する。GUI名やアイテム名が日本語表示されていれば成功。
 和製IMEを導入すれば、ターミナルから日本語検索も可能。
 ※ただし、検索ボックスに直接入力は出来ず、チャット欄からコピー&ペーストする必要がある。また、MEストレージに日本語名をつけると、フォーマット時に文字化けする。
 #endregion
 
 &b(){他の輸送系MODとの連携}
 #region(close)
 MEインターフェースを活用することで、MEネットワーク内のアイテムを搬出・輸送したり、MEネットワークにアイテムを搬入したりできるようになる。
 P2Pトンネルでアイテム、各種液体やRF,EU等のエネルギーをMEネットワークを介して転送することができる。
 
 MEパターンエンコーダーにパターンを搬入出できる。ブランクパターン用スロットには上下面から、エンコード済みパターン用スロットには側面からアクセスする。
 MEチェストにセットされたMEストレージ内に直接アイテムを搬入できる。ただし搬出は不可。
 MEドライブのスロットにアイテムを搬入出できる。ただし、MEストレージ以外は搬入しても動作しない。搬入出は左上→右上…の順で行なわれる。
 MEIOポートのスロットにアイテムを搬入出できる。ただし、MEストレージ以外は搬入しても動作しない。左のスロットには上下面から、右のスロットには側面からアクセスする。
 //MEパターンプロバイダにアイテムを搬入出できる。ただし、MEパターンプロバイダ単体では動作しない為、搬入出する意味は無い。
 //ME分子組立室を構築した場合、構成する全てのブロックから内部のMEパターンプロバイダに搬入出できる。ただし、エンコード済みパターン以外を搬入しても動作しない。
 //MEパターンプロバイダを複数設置している場合、搬入出順はf:0を正面とすると下段の右手前側→奥→一つ上の段の右手前→奥→…一つ左の手前側→奥…となる。
 #endregion
 
 *Configファイルでの設定変更
 MOD導入後に生成されるコンフィグファイルの中身を書き変えることで、設定を変更できる。
 (&color(red){ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意})
 
 |BGCOLOR(lightgray):~項目|BGCOLOR(lightgray):~デフォルト値|BGCOLOR(lightgray):~説明|
 |>|>|BGCOLOR(pink):&b(){appeng                        Options for Applied Energistics as a whole.}|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){options}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:enableVersionChecker=|true|新バージョンのリリース通知を有効にする|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:enableWorldGenQuartz=|true|ワールドにクォーツクリスタル鉱石を生成する|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:ore.densityModifier=|0|クォーツクリスタル鉱石の生成頻度を変更する|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:ore.depthModifier=|0|クォーツクリスタル鉱石が生成される座標の高さを調整する(将来のバージョンで削除予定)|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){vesionchecker}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):S:lastStarted=|||
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){bcintegration}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:enableBCtoMEChipRecipe=|false|trueにするとBuildCraftの金orダイヤチップx1・レッドストーンダストx1・シリコンx1から各MEプロセッサがクラフトできるようになる(不定形レシピ)|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:useBuildcraftChips=|false|trueにすると各MEプロセッサを使用するレシピがBuildCraftの金・ダイヤチップを使用したものに置き換わる|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){disablenetherquartzrecipes}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:ore.disableNetherQuartzRecipes=|false|trueにするとツールの作成にケルタスクォーツの代わりにネザークォーツを使用できなくなる|
 |>|>|BGCOLOR(pink):&b(){block                         BlockID's for blocks added by Applied Energistics ( these are not shifted. +256 for Ingame )}|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){block}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:appeng.XXX=|900-3|ブロックID|
 |>|>|BGCOLOR(pink):&b(){features                       Enable / Disable AE Features.}|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){features}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:enableEntropyAcc=|true|エントロピーアクセラレータの有効/無効|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:enableGrinder=|true||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:enableSpaceClickMoving=|true||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:enableVibrationCata=|true|バイブレーションカタリストの有効/無効|
 |>|>|BGCOLOR(pink):&b(){graphics                       Adjust Visual quality of complicated rendering.}|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){graphics}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:gfxCableAnimation=|true||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue): I:gfxCableMinTickRate=|22||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:gfxDrivesHighDef=|true||
 |>|>|BGCOLOR(pink):&b(){grindstone}|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){grindstone}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):S:ores|Copper&br()Tin&br()Silver&br()Lead&br()Bronze&br()Brass|グラインドストーンで粉砕可能な鉱石を指定できる|
 |>|>|BGCOLOR(pink):&b(){item                           ItemID's for items added by Applied Energistics.}|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){item}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:appeng.XXX=|4105-15|アイテムID|
 |>|>|BGCOLOR(pink):&b(){logging                        Enable or disable various logging features, enabling logging features will create large logs.}|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){logging}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:enableLogging=|false||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:logCrafting=|false||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:logGrinderOres=|false||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:logPowerUsage=|false||
 |>|>|BGCOLOR(pink):&b(){me                           Options for Mass Energy Components.}|
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){options}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:automationMinTickRate=|5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):D:base.wireless.range=|16.0|無線のデフォルト距離|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:craftingMinTickRate=|0||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:max.wireless.extenderBonus=|1|無線ブースターを追加した際に広がる利用範囲|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:max.wireless.extenders=|16|無線ブースターのセット数の上限|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):D:powerUsageMultiplier=|1.0|Unit消費量にかかる倍率|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:requirePower=|true|trueにすると装置の動作にBCのMJやIC2のEUが必要になる|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:storageBusMinTickRate=|5||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:terminalAutoSearch=|true||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:terminalSearchToolTips=|true||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):S:terminalSortBy=|Name|MEアクセスターミナル内の表示順(ゲーム内で設定するものと同一)&br()使用可能値:Name/SIZE/Priority|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):S:terminalSortDirection=|ASC|MEアクセスターミナル内のソート方向(ゲーム内で設定するものと同一)&br()使用可能値:ASC/DESC|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:terminalUpdateMinTickRate=|0||
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):B:terminalUseLargeFont=|false|MEアクセスターミナル内の表示に大きいフォントを使用する|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):S:terminalViewItems=|ALL|MEアクセスターミナル内の表示種別(ゲーム内で設定するものと同一)&br()使用可能値:ALL/STORED/CRAFTABLE|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):I:updateMinTickRate=|12||
 |>|>|BGCOLOR(lightgreen):&b(){power}|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):D:tier1Power=|0.5|ME 1kストレージをMEドライブにセットした時の使用Unit量|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):D:tier2Power=|1.0|ME 4kストレージをMEドライブにセットした時の使用Unit量|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):D:tier3Power=|1.5|ME 16kストレージをMEドライブにセットした時の使用Unit量|
 |MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):D:tier4Power=|2.0|ME 64kストレージをMEドライブにセットした時の使用Unit量|
  
 //|MIDDLE:BGCOLOR(lightblue):|||
 
 *他のMODとの提携情報
 Forge辞書機能を介して各種鉱石の粉は互換性を持つ。
 
 他のMODでシリコンが追加されている場合、AE2のシリコンは自動的に無効化される。(例:EnderIO)
 
 染色ブラシは他のMODの染色アイテム(IC2のペインター等)と互換性がある。
 
 レンチ・ネットワークツールは他のMODの各種レンチと互換性がある。
 
 旧バージョンの記述
 #region(close)
 BuildCraft導入時にはconfigファイルを変更することで、一部レシピがBCの追加アイテムを用いたものへと変更される。
 また、装置の動作にMJが代用可能になる。
 更に同MODのレンチはクォーツレンチと同様に向き変更、MEストレージ優先度設定GUIを開く事ができる。
 そして外装板を各種MEケーブルに貼り付けることも可能。
 
 ForestryForMinecraftのレンチはクォーツレンチの様に向きを変更することができるが、MEストレージ優先度設定GUIを開く事はできない。
 
 IndustrialCraft2導入時には装置の動作にEUが代用可能になり、一部アイテムがEU充電を要するようになる。
 クォーツを粉砕機で粉にしたり、%%またクォーツの粉が圧縮機でクリスタルに戻せたり%%(※Rev10Aより圧縮レシピが削除された)できるようになる。
 その他の粉砕機で粉砕できるものも基本的にグラインダーとの互換を持つが、精錬鉄など一部グラインダーでは対応していないものも。
 
 Thermal Expansionの粉砕機でも同様にクリスタルを砕くことができる。
 逆にグラインダーで黒曜石や鉛を砕いで粉にすることも可能だが、合金類などグラインダーでは砕けないものも。
 同MODのモンキーレンチはクォーツレンチと同様に向き変更、MEストレージ優先度設定GUIを開く事ができる。
 また、同作者のOmniToolsの全能レンチも同様にクォーツレンチの代替ができる。
 
 他MODの輸送系ではAEのストレージの中身に直接アクセスできないため、MEインターフェースを間に挟む必要がある。
 (但し、MEチェストはアイテムの搬入のみ可能など、搬入出可能な装置が幾つかある。[[詳細解説>MOD解説/Applied Energistics#id_253b2007]]を参照。)
 #endregion
 
 *他のMODとの競合情報
 BlockID 900~903 、ItemID 4361~4371 にアイテムを追加する他MODを入れていると競合する。
 //その他IDを使用している場合は追記して下さい
 その場合はコンフィグファイルからどちらかのMOD側のIDを変えることで回避できる。
 (メモ帳などで開いて、該当箇所の数字を書き変える) 
 (&color(red){ファイル内におけるItemIDは、実際のゲーム内におけるIDより-256した数値で記載されているので注意})
 
 前提に使用する【Minecraft Forge】も非常に競合の原因になりやすいMODである。
 また、単純な競合の他に、【Minecraft Forge】本体との互換性問題もある。詳しくは「[[MOD解説/MinecraftForge>MOD解説/MinecraftForge#forgeinfo]]」のページも参照の事。
 
 *対応テクスチャパック
 |BGCOLOR(lightblue):~配布場所|BGCOLOR(lightblue):~作者|BGCOLOR(lightblue):~サイズ|BGCOLOR(lightblue):~対応Ver|BGCOLOR(lightblue):~備考|
 |[[【32x32】hek's TexturePacks for MODS>http://forum.minecraftuser.jp/viewtopic.php?f=14&t=11877]]|hekaton|32x32|Rev9F、Rev10A|block、item、materialのみ、GUI画像は無し|
 |[[Faithful 32x32 Pack>http://faithful32x32.wikispaces.com/Home]]|dabuilder303|32x32||Blocks.png not complete|
 |[[Sphax>http://bdcraft.net/forum/128x-ae]]|Quintine|64x64|Rev9F||
 |[[Soartex-Textures>https://github.com/Soartex-Fanver/Soartex-Textures/tree/master/Applied_Energistics]]|Shoeboxam/t3chguy|64x64|Rev9F|3/31時点ではitem.png、material.pngは未完成|
 
 ----
 *編集用コメント
 #include(コメント欄方針/テンプレート/MOD)
 |BGCOLOR(lightgray):[[コメントログ:MOD解説/Applied Energistics 2>MOD解説/Applied Energistics 2/コメント]]|
 #region(close,上記の内容を守れる方のみご利用ください。)
 上記の内容を守れる方のみご利用ください。
 #pcomment(reply,enableurl,10,MOD解説/Applied Energistics 2/コメント)
 #endregion

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
Wikiのガイドライン
必ずお読みください!

基本事項



プラットフォーム


アイテムデータ



生物



ゲームデータ



ワールド



Tips



ADVANCE



マルチプレイ



リンク




Wiki運営



その他



カウンタ


合計
-

トップページ
今日 : -
昨日 : -

更新履歴


取得中です。
※「ログ」「アーカイブ」「コメント」のページはここの履歴に表示されませんので、「更新履歴」および「コメント」から参照してください

人気ページ