※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「やっぱり来たな。お前なら絶対に来ると思ってた。さあ、相方に恥じない戦いをやろうか」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「になしの方(犬士)と同席するのは久々です。あの時は今一の戦果でしたが、今回は派手に行きましょうや」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「…………」(何も言わずにグッドサイン)
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「やばいっ…と、だが、貰ったッ!」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「蒼龍に“乗らずに”こうして並ぶのが夢だった。この忙しさがなければもう少し感慨に浸れるんだがな」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「1機行った!この距離なら残りはこっちが取る!」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「絶技・・・は、まだ温存」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「まさか弾薬の豊富な帝國軍で、弾数を気にする羽目になるとは思わなかった。多すぎだろこれ!」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「甘いなッ・・・ギャー、苦かった!? でも行く」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「当たった!次は!?」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「そっちは無人戦隊が何とかするッ。3時方向にあたるっ!」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「こりゃスコアアタックだ。逃した時点で終了な分、性質が悪いけどな」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「・・・・・・・・・」(口を開く余裕もない)
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「見える…見えた!そしてここで…こう!(トリガーを引く」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「助言聞いてる暇はないな。武装も…後5機は行くッ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「一機そっちに行った!フォロー頼む!」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「なめんなこらぁッ、相方の前で無様にゃできないんだよ!」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「見越し射撃のコツは・・・いつだって、不適に笑うこと(ニヤリ) 嘘か真かは生き残れば判る」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「後どれだけ居るんだ。そろそろミサイル尽きるぞッ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「一機撃墜!次ッ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「そんなもん抱えて……逃げられるかよッ!」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「ドッグファイトなら負けんさ。お前らは“アイツ”より遅い」(修正)
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「(通信を読んで)了解。4時方向の敵機に当たる」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「この空域はクリア。次はっ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「空が、黒からだんだん青になってきたな。確実に減ってるぞ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「おいおいおい、こりゃ最後は体当たりか?(コパイの犬士に)脱出の用意はしといてくだせえ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「燃料も軽くなってきた…よし、ここから加速するかッ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「……くそ、やっぱ向こうほどの撃墜数は無理か。だが、俺だってなあ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「……は。近すぎだっ(コブラ軌道)」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「1、2、3 ロック!」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「一撃離脱! このまま10時方向へ抜ける!」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「防空レーダー来たッ。けどなんか見なきゃよかったような数字が表示されてるッ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「後は機銃でどこまで行けるか。やるだけやらな」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「糞ッ。俺は生きて帰ったら、故郷の幼馴染が作ってくれるクラブサンドを食べるッ」
ポレポレ・キブルゥ@天領 : 「落ち着け…あれを敵と思うな…死亡フラグだと思うんだ…」